FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

新監督

新監督は今日いきなり報道があったゼムノビッチ氏。

岐阜の歴史で初の欧州人監督になるけど指導歴の大半が日本でのもの。欧州人指導者って概念はもたないほうがいいと思います。

木村さんが統括のポジに就いた段階でこの新監督の名前は周りで挙がってたのは確かです。僕は年齢的にないだろと否定的だったんですが…この時点で考えたのは2つあります。

1 木村さんが持ち得るカードの一番いい監督がゼムノビッチ。

2 ゼムノビッチしか「アテ」がなかった。

1だと思いたい。2なら先行きもかなり暗い。なので1を前提として話します。

考えれるメリット

1 日本での指導経験が豊富。これはJ3監督の中でも屈指だと言っていい。

2 地域リーグの指導経験を持つくらいなので下のカテゴリーって物に対する理解も高い。

3 通訳いらずで日本語堪能。

4 若い選手を登用する監督。競争意識は高まると思われる。

考えられる懸念点

1 海外指導者だが指導歴はほぼほぼ日本限定。引き出しのアップデートがどこまであるかは未知数。

2 17年での市原でのCL昇格失敗。これはハッキリとやらかしと言い切れる。

3 2に追従する形になるが勝負強い監督とは到底思えないって点。

4 年齢による健康リスク。

J2ならちょっと文句言います。けど我々はJ3です。J3なら実績面でも文句言ったらダメだろうとも思ってます。
それよりもなによりも統括就任時でまだ監督がまっさらだったであろう段階で就任と同時に新監督の名前を素人に読まれる時点で…ってなったほうのが遥かに強いです。

ともあれこれで来期に向けて話は始まりました。あとは選手の出入りだけになります。

繰り返すけど僕は1チームの適正人数は30人±1だと思ってます。現在33名。新加入の人数がどのくらいいるかはわかんないけど6~7人入ると仮定したらあと10人近くとお別れです。僕は特定の推し選手を作らないようにしてるから選手個サポの心情は正直判りかねます。けど言えるのは後悔無き行動を。これだけです。


続きを読む

第3弾 そして東海トーナメントの件

藪内満了

※レンタル先の盛岡も満了

前も書いたがが行った先でちゃんと結果残さないと岐阜は戻すことはない。したがってそうなる予感つか確信はあったがやっぱりでしたか…盛岡も満了になったのは…

古橋移籍後に同じ位置で同じような使われ方されたの見て…となったのが最後の思い出です。後は水戸戦の一撃かな…
まだ若いしどこかしらで続けてくれるといいのですが…

GK 岡本 原田 ビクトル 

SB 会津 柳沢 

CB 阿部 竹田 甲斐 藤谷 北谷 

DM 三島 ハム 宮本 長倉 

OM 永島 中島 

FW 村田 ライアン 前田 富樫 粟飯原 

貸出中 風閒 青木 石川 

レンタル ヤン タビナス イヨハ 當間 塚川 川西 市丸 バホス 馬場

現在33名 更新は1人も発表無し。

ただ新卒は基本的には2年って聞いてるけど真偽はわかりません。出す物出せば持ってけますしね。今日は岐阜はここまで。


昨日は中京大にTSV四日市vsAS刈谷の東海昇格戦1試合だけ見てきました。
結果だけ言うと延長までもつれ込んで足攣りまくってるAS刈谷が決勝点を執念でねじ込み初の東海昇格。
土曜日は開始10分で1人退場となり70分間(東海昇格戦は40ハーフ)10人で戦いながらテクノ渡辺を2度突き放しての勝利。地力はあるんでしょう。これで刈谷市からまた新たに東海の扉を開いたチームが現れました。そして刈谷市にはまだ矢は残っています。そのチームは来年のこの舞台に乗る可能性は十分あると思ってます。

僕はこの試合だけで帰ったので第2試合は見てないけど四日市大FCが大同を3-2で下してこちらも初の東海昇格。そして東海リーグ16チームの中で5つめの大学生チームとなりました。これに関してはみな思うとこはあると思います。ただ時間をかけて正規の手順を踏んで上がってきた以上きちんと迎えないといけないのも確かです。余談ですが元岐阜の鈴木潤が四日市大のコーチをしてるそうです。僕は知りませんでした。

この大会、今年は上へ行きたいと公言してるチームが2チームいました。三重のTSV四日市と静岡の岳南。
結果として両方とも昇格はなりませんでした。TSVに関しては昨日見た感想としては正直なんで負けたの?ってなったら一言で言っちゃえば火力不足でスマートすぎた。ってなるんかな…先制して突き放せばASに2点差を追いかける余力は多分ありませんでした。追い付かれた事で相手に勝てるって気持ちがより強くなった分屈したのかな…とも。残念です。東海に帰ってきて欲しいチームだったんですが…

そして岳南。僕は土曜は裏で30分遅れになったASvsテクノを見てたので結果だけ確認しに降りたのですがそこでの風景は誤解を恐れず書けばとても違和感のある光景でした。

選手よりも応援に来てた人の方がはるかに悔しそうな表情だったのです。選手からは普通に笑顔も混じってました。

これがいい悪いを問うつもりははありません。ただ昇格を賭けた試合ってのは人によってはチームによっては未来そのものを決めるって言っても大袈裟ではないはずです。CLでの敗戦後。全社勝負駆けチームの勝負駆け失敗後の姿も当然見たこと何度もあるんだけどそれと比べたら明らかに異質だったとだけ記しておきます。考えすぎでなければよいのですがチームと選手とサポの間の温度差が結構あるんじゃないかな…とも感じました。けれど諦めずに何度も扉を叩けばいずれその扉は開くはずです。意思あるところに道は出来るんです。

これで東海リーグ2020の全16チームが揃いました。

【1部】

FC刈谷 愛知県刈谷市
FC伊勢志摩 三重県志摩市
TokaiGakuenUniv 愛知県みよし市
藤枝市役所 静岡県藤枝市
矢崎バレンテ 静岡県島田市
中京大学FC 愛知県豊田市
ChukyoUnivFC 愛知県豊田市
常葉大浜松FC 静岡県浜松市

【2部】

トヨタ蹴球団 愛知県豊田市
FC岐阜SECOND 岐阜県岐阜市
リヴィエルタ豊川 愛知県豊川市
名古屋クラブ 愛知県名古屋市
FCBonboneraGIFU 岐阜県関市
長良クラブ 岐阜県岐阜市
AS刈谷 愛知県刈谷市
四日市大学FC 三重県四日市市

来年の東海昇格トーナメントは岐阜県開催です。その岐阜にも恐らく新たな刺客が現れるでしょう。先述の愛知つか刈谷の次の矢。岐阜の新たな刺客。決して東海の扉は軽くはない。健闘を祈ります。今日はここまで。

第二弾

フレデリックとミシャエル満了。

でしょうねぇ…って言葉以外出てこない。仮に残留できててもこの2人は満了だったと思います。

フレデリックは春先の出遅れが全て。そして去年のエセキエルもそうだったんだけど大きな怪我をして長いブランクを経ての選手は岐阜では難しいと思う。これは外国人に限らずの話。トップコンディションでのプレーを見たかったけど残念ながらプレーを見た限りでの感想は妥当です。

ミシャエルは…ムラッ気がありすぎて計算立ちにくいって印象でした。それでもバホスより結果残したし金額もそこまで高くないはずだからどうかな…?とも思ってましたが…やっぱり満了でしたね…

GK 岡本 原田 ビクトル 

SB 会津 柳沢 

CB 阿部 竹田 甲斐 藤谷 北谷 

DM 三島 ハム 宮本 長倉 

OM 永島 中島 

FW 村田 ライアン 前田 富樫 粟飯原 

貸出中 風閒 青木 藪内 石川 

レンタル ヤン タビナス イヨハ 當間 塚川 川西 市丸 バホス 馬場

まだ34人います。既にプロパーだけど5人いなくなりましたが改めて分けると一気に薄くなる位置がありますね…

第一弾

小野、横山、サネが満了。

サネは鈴鹿も満了とのこと。

小野は今年になって出番が激減。危ないとは思ってましたがやっぱり…って印象です。
とは言ってもまだ老け込む年でもないのでどっかしら引き合いはあると思います。出来れば敵で会うのは嫌だなぁ…

横山は北野さんの伝手もあったようだけど一番期待してた野は精神面の部分でした。けど時間が足りなさすぎたかな…

サネ。鈴鹿で何度か見たけど正直J2では厳しいかな…ってのが率直な感想でした。鈴鹿ではチャンスは貰えてたのですが生かし切れなかった印象です。恐らく帰国でしょう。兵役がありますし。韓国の若い選手はどうしてもこれが付いて回るのがネックなんですよね…

で。わかっているとは思うけどこれで済むわけがない。明日以降第2弾、第3弾くらいまでは普通に考えられる。長野なんか第4弾まで出してるくらいだ。そして今日現在で貸し出し中も含め36人も所属してる。多すぎます。ちょっと整理しましょう。

GK 岡本 原田 ビクトル ヤン

SB 会津 柳沢 タビナス

CB 阿部 竹田 甲斐 藤谷 イヨハ 北谷 當間

DM 三島 ハム 宮本 長倉 塚川

OM 川西 フレデリック 永島 中島 市丸

FW 村田 ライアン 前田 富樫 粟飯原 バホス ミシャエル 馬場

貸出中 風閒 青木 藪内 石川 

レンタルが9人もいたのか…そりゃチームの根っこもできませんって…貸出中は風閒は諦めましょう。絶対帰ってこないと思っておいていいです。J3組の3人は双方の判断次第ですが…3人とも行った先で去年の甲斐のような結果を残せてないしなぁ…

個人的には適正人数は30人±1くらいだと思ってます。編成もかなり歪ですし大鉈は必至かと。もしもごひいきが危ないって予感があるなら後悔なき行動を。

内部昇格

木村哲昌氏、チーム統括本部長就任。

ユース監督からチームの総責任者的役職ってのも正直あまり聞いたためしがない。
内部昇格ってのも外から呼べなかったってネガティブに取る向きもあると思います。
ただ監督経験もGM経験も持っていて尚且つ若い。関わってるチームが地域レベル(相模原も当時は関東~JFL)でJクラブとのパイプが弱いって懸念はあるけどそこはまず編成でどうするかを見届けたいと思います。
部署は違えど同じチームにいて全く外部を招聘するよりは多少なりチームを把握してるアドバンテージはありますし。
そしてユース監督からの抜擢って事はホームグロウンによる生え抜きプロパーを育てないといけないと言う命題にも向き合うって事なんでしょう。ただ未だ今の岐阜ユースからJに耐えうる才能が出てきてないってのは心配事ではあるのですが。
そして木村氏は関東リーグの市原のGM経験があるのですがその市原の練習場がこちら。ハッキリ言うけど岐阜より遥かに上。練習環境の大切さもよくわかっているだろうしその辺りの整備も含めて期待したいのです。率直な感想としてはJ3クラブの統括職としては決して悪くないと思ってます。

監督はどうするんだろうなぁ…正直わかんないけど一両日中に決まる気はしてます。盛岡が今日秋田豊を新監督にと発表あったけど…
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR