fc2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

剛気なギャンブル

明治安田生命J3リーグ 第4節(コロナ順延分)

FC岐阜3-0ガイナーレ鳥取


得点者
岐阜 ンドカ 藤岡 窪田

今週半年に一度の棚卸し週間で残業となりリアタイ観戦が出来ずに見直し。DAZNの強みですね。
それにしても「何人か」はTOするってのは多くの人が予想してましたし僕もそうだったのですが「FP全員」TOするとはさすがに思わなかった。隙を見てスタメン確認だけしたが思わず変な声出ましたもん…こんな剛気なギャンブルに打って出れる監督だったんですね…

これ、勝ったから言えるけどまぁまぁ危険な賭けだったと思います。失敗したらチームの中に明確に「序列」が出来てしまい今後のチーム内でのポジション争いにおいて歪が出来てしまうって事が考えられました。その分成功した際の見返りもそれ相応にはあるのですが。これまで先発機会のなかった大西や吉濱、一旦ポジションを失ったンドカ辺りは目の色変えてるのが目に見えてわかりましたしね。その吉濱の縦パスからンドカが個の力でねじ込んだ先制点なんかはこれまで綺麗な見た目に拘ってたサッカーをあざ笑うような無慈悲な物理の暴力でしたからね…

で、今日は3-6-1でした。1が田中だったと思いますが田中がどうにもまだ岐阜のサッカーに馴染みきれてない気がします。ただ少し噛み合えば量産する気配も同時に感じるんですけどね…このまま埋没する選手ではないとは思っていますが。あと3枚にしてことで窪田を真ん中で使えた。そして結果を出した。3-6-1をオプションに使える可能性も出てきたと思います。申し訳ないけど現在絶不調と言わざるを得ない鳥取相手だから成功したのかな…ともまだ思っていますが4で手詰まりになったら3で打開を図る選択肢が出来たって意味で収穫1。出番に恵まれてなかった選手達で完封勝ちって事で収穫2。そしてこの結果を持ってさらなるポジション争い激化によるチーム内の戦力向上効果って意味で収穫3。3得点だけでなく、これだけの成果は出た試合だと思います。ただ途中出場で負傷したまま引っ込んだ藤谷のケガの具合が心配です。恐らく87分のスライディングで左足のもも裏をやったと思います。肉離れなら2ヶ月近くダメになるので軽微なケガであることを願うしかありません。幸いにして週末はリーグ戦ではなく天皇杯です。天皇杯の中京大戦を乗り切ればまた試合ペースは週1に戻ります。この約10日間の過ごし方、練習方針は今後にまぁまぁ影響を及ぼすと思ってます。まだようやく借金返して5割に戻っただけです。前期残り8試合、全部勝つくらいの気持ちで望まないと反撃にはならないでしょう。そのつもりでやると信じてますけどね。だからこそみっともない試合したら容赦しませんが。

第4節 vs鳥取

FP全員TOでなおかつ3-0って文句なしの結果を出した横山監督をMOMに。選手でMOM上げるならチャーリーになっちゃうのかなぁ…チャーリーはもっとインパクト残してほしいし残せると思うからあまり甘い顔したくないんだけど…

出来ることから

明治安田生命J3リーグ 第9節

FC岐阜2-0SC相模原


得点者
岐阜 石津 藤岡

HTにも呟いたがとてもじゃないが1-0で逃げ切れる気がしなかった。未だ尚守備に関しては整備中って認識でいいと思う。
とりあえず守備を直すにあたって真っ先に手を入れたのが柏木と庄司の併用をスパッと止めた点。もっともすぐ水曜に鳥取戦もあるので仮メンバーなのかもしれないですが。

監督交代からまだ10日程度なのでまだ新しいやり方云々の段階ではないと思います。とりあえず補修をしながら枠を組むやり方になるのでしょう。それで上手くいくかは自信ありませんがそこはもう横山監督に託す他ありません。一つずつ今いるメンバーでやれることをやる。サボることをしない。ミスは発生することが前提として見ていくべきでしょう。底はさすがに脱したと思いたいですがここから勝ち癖つけるのも平坦な道のりとは言えない思います。それでも結果としてクリーンシートに出来たことで自信に繋がってくれればそれでよいと思います。

それにしてもよくあれだけ滅多打ち食らって完封出来たな…局地戦でもボコボコにされてたエリアもあったし…ぶっちゃけ相手の決定力に助けられた部分は大きいです。それでも今は内容云々言えない結果最優先な状況なので…ひとまずは安心したってのが本音です。水曜の鳥取戦は今週が残業多くなるのでリアタイで見れない可能性が高いですが後追いでも書ければいいなと思ってます。多分天皇杯も行けないつか東海リーグを選択するでしょうし。長野戦か鹿児島戦、どっちかは生で観たいなぁ…八戸戦は日曜ナイターなので選択肢に入れづらいです。

第9節 vs相模原

7点上げたくなるほど際立った選手はいなかったですが良い働きが目立った複数の中からリーグ初先発ながら落ち着いた働きを見せてくれた本田をMOMに。中盤の守備のところも再構築課題になるのでボランチのセットは早く正解を出したいところです…




昨日の訂正

昨日の更新で大垣vs四日市大は無観客と書きましたが、「有観客試合」となりました。


KO時間、会場等の変更はありません。

東海リーグニュース2022 Vol4 出直しの赤襷

すっかりGWにどっかのJ3千葉の野球チームのせいでストレス溜めまくって先週の更新を忘れていました。すいません。

とりあえず先週は東海2部1試合と東海4県の天皇杯代表決定戦が行われました。まずはその結果を。

【2部】

リヴィエルタ豊川2-1AS刈谷

【愛知決定戦】

FCマルヤス岡崎1-2中京大学

【岐阜決定戦】

FC岐阜5-0岐阜協立大学

【三重決定戦】

鈴鹿ポイントゲッターズ0-0(PK4-2)ヴィアティン三重

【静岡決定戦】

アスルクラロ沼津0-1藤枝MYFC


これで21日の天皇杯初戦はvs中京大に。岡崎と戦りたかったけど嫌な予感はあったんですよね…さすがに逆転負けは予想してなかったですが。(負けるなら一発先に食らっての負けだと思ってた)そしてリーグの方は豊川が今季初勝利。初戦で0-9食らったときにはどうなるか思いましたがそこからの2戦で勝ち点4と巻き返しています。逆にASも連敗スタート。ちょっと僕の中で出来てた相場が狂ってる感はありますがどうなるんでしょうね…

今週は1部2部それぞれ4試合組まれています。1部は全て有観客となりますが2部は2試合無観客となりますのでご注意下さい。

試合は全て15日の日曜日となっています。

【1部】

矢崎バレンテvsChukyoUnivFC
@藤枝総合 11時30分KO

中京大学FCvsFC伊勢志摩
@中京大 13時KO

藤枝市役所vsTokaiGakuenUnivFC
@藤枝総合 14時30分KO

常葉大学FCvsFC刈谷
@有玉 15時KO

【2部】

FC岐阜SECONDvsリヴィエルタ豊川
@メドウ 11時KO

FC大垣KOGANSvs四日市大学FC
@浅中球 12時KO 無観客試合

AS刈谷vs名古屋クラブ
@グリーングラウンド刈谷 13時30分KO

長良クラブvsWyvern
@メドウ 14時KO 無観客試合


長良vsワイヴァンが無観客となったのでメドウ2試合からの長良川が不可に。相模原戦、19時KOだったんでしたね…15時だと勘違いしてた…今月まぁまぁ忙しくなるので日曜ナイターはちょっとパスしないと持たないので行くとしたら中京大かGGですね。余程の天気にならない限り中京に行くつもりです。

刈谷がリーグ初戦です。地獄のような1年を過ごしほぼほぼ全ての選手を入れ替えたと言っても過言ではない刈谷。しょっぱなから中京大1軍に逆転負けを食らうなど幸先は不安しかありません。正直今年の1部は2強、3強って形にはならない思います。一つ負けたら終わりって事にもならないはずです。岡崎が優勝した時が4敗で優勝でした。その辺までラインは下がると思ってます。長良川キツいって言ってるのに有玉言っては整合つかないので行かないですけど刈谷は早いうちに見ておかないといけない思ってます。その前にやっぱり伊勢志摩かなぁ…そんな感じです。

寒暖差激しく、未だコロナの脅威も去ったとは言えませんが日常を取り戻すべくやるべきことをやって、やった上でサッカーを楽しみましょう。それでは。

やっぱり…でしたか…

三浦監督退任。事実上のクビ。公認は横山HC。

リリースが15時で僕が知ったのが16時過ぎ。最初に出た言葉が…

「ほれみぃ。言わんこっちゃねぇ…」

ゼムノビッチで懲りたと思ってたんですけどねぇ。ブランクある監督ってのは現代のトレンドに対応できない可能性が高いってのは就任時にも書いたはずですが。結局結果論になってしまうけど同じ過ちを3年の間に2回もやっちまったことに。以前も監督人事にテキトーな部分がある、妥協してる部分があるって指摘をしたことがあるけど監督選びってクラブの根っこを決める一番肝心な要素のはずなんですけどね…ラモス以降攻撃的な人、守備的な人と失敗するたびにコロコロ変えてきて一貫性がないってのが今のクラブの一番の弱み。クラブの方向性に芯がないから選手選びもそれに見合ったものではなく、ネームバリューに帰属する。率直に言って戦力「だけ」で言えばJ3屈指なのは今でもそう思っています。けど食材の調理においていい部分が出たのは山内寛のSB起用くらい。守備的な戦術で結果出してきた人でしたが中途半端に攻撃的なサッカーを志向したのが大裏目。就任時に不安視していたことが全部的中してしまいました。
タイミングとしてはもうここ逃したら心中と思っていたので妥当だと思っています。本当は昨日発表があると思ってたんですけどね。藤枝戦の負けをもって帰岐後一旦解散して昨日監督をクラブに呼び出し話し合ってこうなって今日発表。こんな流れだろうと思っています。妥当とは書いたけど実際はギリギリです。昇格するために許される負け数は6~7と想定していますがもう残機殆どありません。引き分けも勝ち点1ではなく、勝ち点マイナス2と考えるともう本当に10何連勝が必要になると言っても過言ではないです。それが出来るのか…と言われると正直自信はありません。ですが「やれ」としか言えないし言っては行けないと思っています。今年これだけのお金をかけた理由は何のためですか?帰るためですよね?でしたらやってください。出来ないメンツだとは思っていません。

差し当たって明日の岐阜協立大戦ですが僕は多分見れないです。ですので現地の人に様子や雰囲気を見定めてもらうしかないです。本来なら余裕持って出番少ない選手にチャンスをあげる場であって欲しいと思ってましたがそんな事言ってられません。1試合でも多く新しいやり方をなじませる必要が生じた以上考えうるベストメンバーで望む必要はあるでしょう。もちろんコンディション優先で無理はさせてはなりませんが。とりあえず4-4-2を諦めるか柏木と庄司のダブルボランチを諦める。どちらからは必要でしょう。このダブルボランチだと守備の強度がガクンと落ちてるんですよ。3連敗中の平均失点が3ってのはDFだけの責任とは言えません。チーム全体の守備意識の問題です。幸いにして点は取れているし点を取るための手段は複数持ってます。後はどれだけ走れるか。守れるかです。相模原戦は行く方向で考えます。
カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
東海のクラブの公式HP