緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

塹壕突破

明治安田生命J2リーグ 第33節

レノファ山口0-1FC岐阜


得点者
岐阜 難波

※山口 ラモスが一発退場

前半半ばでラモスの退場で文字通りのワンサイドゲームになって「負けはない。さすがにない。けど0-0は十二分にあり得る。」ってのが率直な前半での感想だった。ただ一方的に攻め立ててるのに体感時間が妙に遅かったので(いい試合の時は体感時間を総じて早い)流れの悪さは感じた。9人全員戻って引いてるもんな。そりゃ攻めあぐねても無理は無いし一方的に支配して当たり前。

前期と比べて明らかにサイドを使う意識は高まってますね。ピタッと合えばってシーンも幾つかあったけどこの辺りがまだJ2の中堅下位なんだな…ってなるシーンのが多かった。まだ向上の余地はあると思いますけども。

決勝点は小野の縦に出したスペース裏に飛び込んだ難波が頭ねじってコースを変えただけのシンプルなアタックだったんだけど縦パスの正確さ以上に難波の感覚の凄味が溢れ出てた…鳥肌立ったぞマジで。これで4連勝。借金も1となって得失点差は0に。残留ももう100パーセント大丈夫と言い切っていいでしょう。2ヶ月前の町田戦見たときには降格まで覚悟するくらい内容に上がり目がなかったんだけどここに来て中身のある勝利で4連勝出来たのは大きいです。

残りが…
H福岡 H名古屋 A大分 H徳島 H東京V A松本 A金沢 H湘南 A山形
※色つきは今日現在昇格圏内もしくはPO圏内

岐阜より下は金沢のみ。残りは岐阜より上位との対戦。けど50台に乗っけたいなぁ…来年以降の事考えても。出来ない相談ではないはずだけど…

勝ちの価値

明治安田生命J2リーグ 第32節

水戸ホーリーホック1-2FC岐阜


得点者
水戸 前田
岐阜 OG 青木

今年初の逆転勝利。(先制されてから追いついたり逆転もあったけど逆転勝利はマジで初)
こういった試合を前期の内で出来ればもう少し順位も上がってるんでしょうけどようやくこれまで言われ続けられてた「先制されて中で固められたら終わり」の岐阜殺しの定石を打ち破れた試合だったと思うのです。ホントこれまで先制されたら真ん中でブロック作られたところをパス回しばかりで網に引っかかる試合ばっかしてたのでフラストレーションも溜まっていたのですが今日は撒き餌だとしてもミドルの意識が高まってるのを実感したし、低く速いクロスでのOG誘発とセットプレー崩れからの決勝点共に最後はクロスが点に結びついた物。パスワーク+アルファが実を結んだ逆転勝利。偶発やミス待ちではなく、自分達で課題に向き合って回答を出しての勝利ってのに意味があるのです。勝ち点も40に到達したしむ残留は99パーセント大丈夫だと思っていいです。後はこのサッカーの精度をさらに高めていくことのみ。それと同時にプレーの選択肢を増やす、フィジカル的なのではなくプレーの判断速度を上げる。これは練習でしか積み重なりません。降格の可能性がほぼ無くなり、昇格の可能性も同じくらいに無い。けど残りの10試合を漫然と戦うのではなく来年、その先に向けての意味と目標を持って戦える事は残留の為に汲々とする事よりも得るものがあるはず。残り10試合を前向いて戦えるようになったこと。目に見える結果を出したこと。それをこれまでに少なかった形で取った事。全てに意味があった勝利。今日の勝利の価値は3以上の価値があったと思います。

やっぱりすんなり行かなかった…

明治安田生命J2リーグ 第31節

FC岐阜2-1愛媛FC


得点者
岐阜 風間 難波
愛媛 有田

前半は全くケチつける内容ではなかったが後半もこのまますんなり行かせてくれる相手とは思わない。って思ってたら案の定後半にサイド修正されて後半は逆の展開に。そして追いつかれるまではいつもの岐阜だったけどそこからセットプレーで押し切った辺りは成長と進歩なのかなとも思います。引き分けまでは許容できたけど負けてたらさすがにぶっ叩くつもりでいましたけどね。

懸念されるのは後半早々に退いたシシ-ニョと足を大分痛そうにして退いた小野の状態。どちらも最終的には自分の足で歩いてたらしいんで怪我だとしても軽度だとは思いますが…そして阿部が8枚目との事なのでコレで2試合停止。恐らく第一選択肢は青木でしょうけど…

磐瀬が途中出場したことで今年岐阜でまだプレー時間がゼロなのはGK2名を除くと甲斐、鈴木、藪内の3名だけ。まだ1~2年目なので猶予はあるにせよ…奮起して欲しいとこです。

先手必勝

明治安田生命J2リーグ 第30節

ジェフユナイテッド千葉1-3FC岐阜


得点者
千葉 アランダ
岐阜 風間×3

あんまり今年は個人については触れないようにはしてたんだけど僕が試合行くときいつも一緒になる「口の悪いメイン族」の中でも今年はツキに見放されてるなぁ…1つ取れば全然潮目変わると思うんだけど…ってずっと言われてたのが風間。まさかのハットとは恐れ入りました。千葉が弱点ガバガバにしてたのもあったけど3つ全部文句なしにプロセスから綺麗な得点でした。

ただ試合自体のイニシャティブ持ってたのは千葉だったんじゃないかなぁ…これは組織面では無く個の能力の問題で。秒殺先制だったけど開始早々にこっちも秒殺喰らうんじゃないか?ってくらいアッサリ撃たれたシーンがあったけど逆に秒殺喰らっていたらスコアは逆かそれ以上に負けてたんじゃないかなと思います。サッカーにおける先制点の大きさをマジマジと思い知らされる試合であったし岐阜はそこの部分でのゲームメイクがヘタなんだなぁ…今でもずっと。と思ってます。ともあれこれで残留って意味では大分目処は立ってきました。(21位山口と12差。22位群馬とは19差)とりあえず40で8割9割大丈夫なんじゃないかなぁ…山口はともかく群馬は40まで持ってくのは相当厳しいだろうし…

ただまだ大木さんの中での最適解には達してない感じだったなぁ。あのインタビュー見ると。それがチームの向上心として正の方向に向かって行ってくれればこのチームの伸び代はまだあるのかな…とも思います。個人的には結構天井が見えてきてる感があったのですが。それを破ってくれればそれでいいだけの話なんですけどね。

心身の疲労

明治安田生命J2リーグ 第29節

FC岐阜0-1カマタマーレ讃岐

得点者
讃岐 木島弟

典型的なスミ1試合だったわけですがこれまで同様に先制されたらホントダメですねこのチーム。
昨日久しぶりに練習見に行ったんですがどうにも仕上がりに不安があったのでどうだろうなぁ…とは思ってたんですが…

最後のイメージの共有がまだ全然ダメ。各選手共心身の疲労がピークに来てる感が強いです。これを乗り越えれば一枚剥ける気はするんだけどこの皮剥けるのはちょっと大変だなぁ…いくら3連勝中とはいえボトム2の讃岐に何にも出来ずに負けはかなり心証が悪い。とは言っても継続してくしかないんですけどね…
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR