緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

指導者と指揮官は似て非なる物…

JFL 1stステージ 第14節

FCマルヤス岡崎0-1ヴィアティン三重

得点者
三重 OG

どちらも東海リーグを戦ってこのJFLに来た両チーム。けど岡崎は地域決勝を勝ち抜いてはいなくって、三重はそもそ東海リーグを獲ってない。どちらも王道の昇格コースを歩んでないってのが共通項ではあるんだけどこの両チーム、TMでは三重が岡崎を常にボコってる。そして今年両方見た上での試合前の予想は「どう考えても岡崎の勝ちの画は描けん」。良くて引き分け。まともにやったら十中八九三重勝ちが僕の正直な予想でした。



ゴベッチ

岡崎は毎回来る度スタメンが入れ替わっていて並びも何も予想が立たないんだけど澤藤の右以外は概ね納得行く並びだった。(澤藤は真ん中の方が生きるって意味で)三重はほぼ予想通りだった。

試合はピッチが上から見てる以上に悪かったんでしょう。とにかく三重はドッカン前蹴り。しかし藤牧がCB2名をまとめてやっつけてるので後は後詰めがしっかり詰めれば…ってシチュエーションだったんだけど枠を捉えきれないシーンが続く。むしろ岡崎の方が繋げてるって印象だったくらいだ。けどゴール前の精度はどっちもどっち。前半はスコアレスだったけど前半の感想は「先にミスった方の負け」。理想は寺尾兄弟がそれぞれ決めて1-1ドロー。繋げてるとは書いたがやっぱり岡崎が先に点取って逃げ切るって画は僕には描けなかった。

「先にミスった方が負け」ってのはピッチは無論の事。ベンチワークも含めてミスった方が負け。そうゆう言葉が出た時点で僕は岡崎負けを予感してたって部分がある。ただ三重も今日は大概出来が良くなかった(特にDFライン)のでワンチャンはあるとは思った。しかし交代のタイミングを岡崎が後手踏んでしくじって試合の潮目が三重に行ったところでこの日サイドで大人しかった田中がエンドラインまで抉ってマイナスを上げたらまっていたのは岡崎のOGによる先制点。この後岡崎はレオジーニョを投入するも5分でどうこう出来る訳もなく終わりの笛。三重が虎の子の一点で勝ち点3をゲットしました。

岡崎の監督の大江さんは試合毎にスタメンをいじって色んな選手にチャンスを与えつつ成長を促してる。この手法そのものは間違ってない。長い目で見ればだ。けど実際は岡崎は現在残留争いのいつもの席しか座ってない。つまり即効性のある「結果」も同時に問われる。この部分で岡崎は非常に勝負弱い。少なくとも今日の三重なら勝ち点1は取れた。つか最低1は取らないとならんかった。しかし結果はゼロ。

ハッキリ書いちゃおう。大江さんは色んな選手にチャンスを与えて成長をさせるって意味では優れた育成の手腕を持ってると思う。けど試合での交代が常に後手踏んでる感がどうにも拭えない。今日に関してもレオジーニョの投入が遅すぎた。いくら何でも5分そこらで結果出せは無茶苦茶です。この試合で確信しました。大江さんは優れた指導者だと思うが優れた指揮官ではないと。結果って意味では相当に我慢を強いられるだろうし今現在の位置では悠長な事は言ってられない。全く気にしてないことはないだろうけどこのままでは降格は十二分にありえる。交代は言わないけど変わる必要はあるんじゃないかと感じた試合でした。

ヴィアティン。出来は良くなかったです。特に後ろ。岡崎の火力不足で助かった部分が大きかった思います。ピッチの悪さを嫌がってる節はあったけどそれにしてもとにかくドカーンで藤牧を目掛けた作戦は最終的にボディブローとなって岡崎を消耗させる事に成功してたのかな…これまで見てた印象ならもうちょっと楽に勝てる思ってたけど…

覚悟をしよう…

JFL1stステージ 第10節

FCマルヤス岡崎1-2FC今治


得点者
岡崎 正治
今治 小野田 桑島

去年の地域決勝で煮え湯を飲まされた今治。三重がやられて鈴鹿もやられてこの東海において3回も同じ相手に負ける事はあってはならない。しかも頼みのホンダまでこの今治に勝てなかった(0-0)。ここで叩かなければ今治に取って東海勢は組み易し…となる。そんな事は許しちゃならん。って思いで港へ足を運んだわけですが…





試合始まってすぐに今治のサッカーが「劣化岐阜」とわかった。庄司も居ない。シシ-ニョも居ない。さらに選手のレベルは岐阜より1~2段階下。このレベルでポゼッション重視は無理がないか?さらに前半の今治は攻撃時に両SBが高い位置取り過ぎていて2バック状態に。その脇のサイドを寺尾と松本の両サイド、さらに左は安藤にも突っつかれてくるがクロスの質やラストパスがどうにもアレでシュートへ持ってけない。しかし前半の終わり間際に松本の上げたクロスを正治がごちゃつきながらも押し込んで岡崎先制。(OGだと思ったが…)前半は押されながらも岡崎がリードで折り返し。

HTに僕は「今治大した事ねぇ…」と本気で思った。両SBがガバガバで岡崎にサイドを簡単に突かれる程度なんであれば後半の早い段階でレオジーニョ先にぶち込んでスピードでかき回せば2点目は取れるし先に2点目を取れれば詰みに出来ると思っていた。しかし百戦錬磨の岡田武史が今日は何故か今治のベンチに入ってる(開幕以来とか?)との情報もあって一抹の不安はあった。岡田武史ならこの前半の今治の出来なら間違いなく修正してくるしそれは高確率で成功する。それに岡崎はどう対応するか。それに成功すれば岡崎の勝ち。出来なきゃどうなるか…だったが先に手を打ったのは案の定今治。2枚換えで前線をフレッシュにするのかと思ったが1枚はCBの佐保を下げて左SBの選手を入れて左に居た中野をCBにスライド。そしてその入った左SBは攻撃封印。これでサイドに蓋をされて岡崎は攻め手を1つ失う。そして岡崎も盛例良を入れて前線のテコ入れをしてきたが中盤の運動量が目に見えて落ちてきた岡崎は盛例良のサポートまで手が回らず。「やべー…後手踏んだ…」思った時にはもう遅く、足の止まった岡崎守備陣を中央から力攻めでぶち抜いてアッサリと逆転した今治。慌ててレオジーニョを投入するも時既に遅し。今治が逆転勝利で岡崎はこれで降格圏内に…

今日に関しては僕はベンチの差で負けたと思ってる。百戦錬磨の岡田&吉武相手にトップチーム初采配の監督相手では荷が重いってのはわかってはいるけどあまりにも後手を踏みすぎた。あの今治の2枚換えの時点で無策だったのが本当に悔やまれる…まだ1stステージで残留どうこうは早いって思うかもしれないが今年はハッキリ残留争い行きを確信した。龍ヶ崎戦で評価保留としたけど今日で確信した。今年はかなり弱いと。今日小澤見たさ(怪我で不帯同)に来てた鈴鹿サポよ。今年上がれんかったら来年は「9」チームで東海戦る可能性も視野入れとけよ?それが嫌なら今年上がれ。そして岡崎の各位よ。ほんっとうに今年はヤバいぞ?わかってるとは思うけど。幸いにして残留の当座のライバルになりそうな相手がまだ未消化のとこが多い。

1st残り(括弧内は勝ち点。岡崎の勝ち点は現在6。)
A奈良(8) H武蔵野(12) A栃木U(5) H三重(9) A浦安(7)

先に書いておくが今の岡崎で三重に勝つのは正直かなり厳しい。奈良、栃木U、浦安で6取りたい。つか取れなきゃマジで降格圏内折り返しになると思って間違いない。4年目のJFL生活。僕は今年は最大のピンチだと思ってる。

雷か鉄拳か。

JFL1stステージ 第6節

FCマルヤス岡崎3-0流経大ドラゴンズ龍ヶ崎


得点者
岡崎 寺尾 OG 米沢

今年唯一の瑞穂開催。13時なら18時の長良川とハシゴ余裕。東海始まると岡崎に割ける時間も減る。てなわけで瑞穂に足を運んでの岡崎vs龍ヶ崎。並びこそ一緒だけどメンツを随分とロック戦から変わってるなぁ…って印象だったがやっぱり結構変わってた。



前見たロック戦から熊澤以外中盤全部変わってやんの。まだセッティングの正解出して無い感ありありでイケイケの学生相手にどうなんだろうなぁ…と不安のが大きかったけど試合開始して数分でその不安は消えた。

もうね、とにかく龍ヶ崎の出来が酷かったんですわ…

具体的にどこが酷かったと言うと3ラインの距離感、中盤の選手の距離感。そして学生最大の強みであるはずの運動量。これ全部岡崎に負けてた。特に最初の2つは「なんじゃこりゃ!?」と声が出たくらいに。とにかく走れないのか走らないのかわからんが龍ヶ崎の選手の運動量の無さ故に岡崎の中盤の活き活き感たるや凄まじく、何本も浴びせたCKから高卒ルーキー寺尾が決めて先制。これで目が覚めなきゃ龍ヶ崎の勝ちは無いと思ったがその後も一切パフォーマンスは向上無し。それどころかGKのミスでOGを献上したらそのわずか3分後にロングカウンターをモロに喰らって長駆駆け抜けたボランチの米沢にボレーを叩き込まれ前半だけで岡崎は望外の3得点。どっかのJ2でもあるまいにこれで岡崎の勝ちはさすがに堅いだろうと思いつつHTに入ったが龍ヶ崎の選手が出てくるのがかなり遅かった。この時一緒に見てた岐阜サポ古株同士での会話は「(龍ヶ崎の)監督からカミナリで済んでりゃいいけどな…僕なら鉄拳飛ばしてるわ…」ってな物。思わず龍ヶ崎の選手の顔にアザでもないか見ちゃったよ…本当に鉄拳レベルの前半だった。龍ヶ崎は。記録は見てないがシュート0コーナー0だったはず。

HTに2枚換えと龍ヶ崎も打てる手は打ってきた感があったが如何せん3点差はキツすぎる。岡崎も後半は受けに回ったのか龍ヶ崎の前掛かりか攻め疲れを待ったのか随分控えめになって龍ヶ崎にペース取られる時間帯もあったが淀みなく時間は過ぎて後はクロージング…になった73分に突然の雷雨と突風で審判団が試合を中断。結果としてこれは正解。けどこの中断で1時間取られたので最後まで見るのは叶わず。15時過ぎには中座したのでその後の流れはわかんなかったけど結局そのまま終わって岡崎今季初勝利。ようやく岡崎に初日が付きました。

ロック戦でボロクソに叩いたけど今日は龍ヶ崎が余りに酷かった故岡崎の真価についてはまだ保留。正直後ろは結構おっかない。それでも今は専守防衛だったサッカーから自分たちでアクション仕掛けれるサッカーへ。その過渡期においてまだ四苦八苦してるんだろうねぇ…

とりあえず寝ます。岐阜vs金沢は明朝にでも…

厳しい現実

JFL1stステージ 第2節

FCマルヤス岡崎1-1ホンダロック


得点者
岡崎 地主園
ロック 佐々木

去年は東海があまりに忙しくて岡崎まで手を回しきれず、春先にチョロッと観た程度で終わった岡崎。
まだ東海の日程が出てないけどヴィアティンとの兼ね合いもあるしどのくらい観れるかは正直未知数。
去年は割と余裕を持って残留を果たせたがなら今年もそれが出来るかは定かでは無い。開幕節でヴィアティン相手にドローだったロックはそうゆう意味では査定対象として申し分無い。てなわけで港まで足を運んだんですが…



こんな並びで挑んだわけだが前半はまず1トップの盛礼良の裏をめがけて縦パスを出してそこから2列目を押し上げてくる戦術。これが不安定なロック守備陣の混乱を招くのに成功して前半序盤は岡崎のペース。18分にロックが不用意なファウルで与えたセットプレーからこぼれたボールをフリーだった地主園が豪快に蹴り込み岡崎が先制。理想的な試合運びで岡崎のペースに持ち込んだ。

前半の岡崎は中盤の底の位置の熊澤、大庭の関係が良く特に大庭がボールを刈り取るシーンが目立ちそこからカウンターってシーンを何度も演出。しかし追加点は無く前半終了。2点目取れば余裕で詰みに出来るが追いつかれたら捲られるんじゃねぇかなぁ…って印象の前半だった。

後半。向かい風になった岡崎は前半と大きく戦い方は変えてなかったがやはりロック守備陣の不安定さは消えずミスにつけ込んで決定機を得るが杉本のシュートはポストに嫌われ失敗。なんか潮目変わった感があったが岡崎の交代の初手が地主園→澤藤。「!?」となったがやはりこれは悪手だった…地主園のようなスピードと運動量では無く、足下とバランスを取るタイプの澤藤では全然特性が違う。案の定左サイドの守備が薄くなってそこから崩れて交代で入った佐々木に頭で叩き込まれ同点に。ここからは前述した予感が半分当たりロックの絨毯爆撃。しかし藤井を始めとした守備陣がどうにか踏ん張ってドローで済んで勝ち点1。しかしながら気分的には殆ど負けと変わらん中身だった。

率直に言う。今日のロックの出来なら前半で勝負付け出来てたはず。前述したように2点目を先に取れれば余裕で勝てたしもっと言えば3-0に出来なきゃダメな試合だった。正直言って1-0でも僕はブーブー文句垂れるつもりでいたがそれどころかドローで勝ち点2を失う有様。負けていたら大爆発必至の内容。疑問視の付く采配もあったがそれ以上に追加点を取って詰みに出来ない辺りに今年の岡崎の詰めの甘さが見え隠れレベルではなくハッキリと映ってしまった試合だったと思います。申し訳無いけど現実目標は今年も残留でしょうね…

当初は26日の八戸戦も行くつもりでしたが方針変更。26日は四日市に行きます。早めにヴィアティンも観ておくことにしました。
とりあえずは東海が始まるまでは岡崎も観るつもりですが変わり身が無いと厳しいシーズンになる悪い予感しかしません…

欠乏症は軽度か重度か…

JFL1stステージ 第2節

FCマルヤス岡崎0-2FC大阪


得点者
大阪 浜中 ジュニーニョ(FK直接)
DSCF1955.jpg

岐阜関係なく岡崎のホーム開幕&相手が昨年末に交流のあったF大阪って事で今日は港をチョイス。
先日のヴィアティン戦が正直アレな内容で開幕もロックに最後踏ん張り切れずにウノゼロ負け。この2試合ゼロだったんだけどヴィアティン戦見る限り攻撃陣の熟成不足はうーん…ってなるレベル。ロック戦もゼロってことは恐らく好転はしてない可能性が高い。んで今日のF大阪戦。なんだけど…



DSCF1944.jpg



DSCF1942.jpg

岡崎はベンチにレオジーニョ、佐野、平野と攻撃の弾を多く残してスタメンのボランチに守備型の2名をチョイスする辺りプランは前半我慢で後半に佐野、レオジーニョをぶち込んで1点もぎ取って逃げ切る…だったんだろうし大筋では間違ってないはず。実際試合も前半はどちらも凡庸な蹴り合いっぽくなり大きな見せ場はどちらもなし。

つまりは岡崎の目論見通りに前半は終わった。後はどこまで我慢をして大阪がヘタった所でレオをぶち込むか…だったんだけど後半早々に濱中のミドルがブラインドで藤井が反応できずに失点。この時岡崎の選手でかなりガクッとへたり込んだのが何人か居たがいくらなんでもへたり込むには早過ぎる。恐らく岡崎の選手も現状では1点取るのがやっと…って攻撃力って自覚があるんじゃねぇか…?と。この後予想通り佐野とレオジーニョを投入したら岡崎の攻撃が途端に活性化。佐野や同じく交代で入った熊澤のミドルから詰め切ればゴールってシーンもあったんだけど詰め切れず、逆に終了間際にF大阪のジュニーニョにFK一発を喰らいオシマイ。開幕連敗。得点2試合ゼロは岡崎と浦安のみ。ヴィアティン戦で感じた不安はそのまんまこの試合でも露呈。1つ取る。1つ勝つで好転しそうな気配もあるんだけどその産みの苦しみにはもうちょいかかるかもなぁ…って試合でした。

とりあえず守備に関しては個の能力はともかくどっかのJ2よりは遥かにマシ。問題は明白に攻撃。2トップを丸替えしてるので連携面でアレなのは覚悟はしてたけど…次のホームは長良川と被るのでどうしたもんだか…なんだけど…(一応予定では長良川)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR