緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

堪え忍び堪える時

JFL 1stステージ 第2節

ヴィアティン三重2-3FC今治


得点者
三重 加倉 北野
今治 玉城 桑島 OG 有間

港を1試合だけで撤収して湾岸走って四日市へ。1号線入るのが早すぎて富田で渋滞引っかかったけどどうにか間に合い観戦場所も確保。

昨年後期、岡崎と三重が揃って降格か?って危機に陥ったけど岡崎はリュージが直して一桁残留。一方三重は前期の貯金でどうにかこうにかの青息吐息残留。で、その三重はこれまでのような派手な補強は無く地味な新体制。強いて上げれば野垣内くらい。もっとも今日四日市行った理由は野垣内でもあったんだけど・・・

こっちも箇条書きで。

1 試合は終始今治ペースも前半に三重がリーチ一発ツモを2つ決め内容からは完全に想定外の2-0折り返し。

2 しかし一緒にいた「口の悪いメイン族」からは今治はまだ全然余力ありのジャッジ。僕はそれに半信半疑だった。

3 後半25分過ぎに今治の玉城が「すんげぇ」ミドルをぶち込んで2-1。ここで三重は選択肢として「3点目を取りに前に出る」or「籠城で逃げ切り」の2つの選択肢があったが交代も含めて明確なメッセージが伝わらず。

4 挙げ句ATで追いつかれただけに飽き足りずOGで逆転まで許して1000人以上の観客の8割強は呆然自失。

口の悪いメイン族を近鉄四日市まで送ったので三重のサポとは話せなかったけど開幕の大阪戦も逆転で落としてる辺りチームの雰囲気も相当に悪い事が想像出来る。試合後の見送りコーナーで北野とだけ話せたがいつもの歯切れの良さはまるで無し。苦悩を窺える。ただ今日に関しては戦犯の1は海津さんだ。交代の人選のミスっぽい事を言っていたがそれ以上に2-1の時点でおよそ残り15分。籠城の選択肢もあったはず。半端に打って出た挙げ句に逆転負けとは采配としては最低の結果だ。2試合続けて先制したにも関わらずの逆転負け。苦難は耐えるしかないし打破するのは結局自分達の努力でしかなし得ない。それが出来なきゃ東海に帰ってきて僕の嫌味をさんざ浴びるだけの話だ。それで鈴鹿と入れ替わった日には笑い話にもならん。

結構に厳しいことを言ったが危機感を持って取り組まないと結構まずい事になる予感がした。同期の今治との差はちょっと埋めがたい状況。ハード面のハンデを昨年も触れたけどそれは言い訳には出来ない。これを乗り越えればクラブとして一歩成長出来る。この試練はどこも通ってるはずの道。頑張って乗り越えて欲しい。

今治についても少しだけ。
今治と岐阜のサッカーは似てる。しかし相手のレベル差があるってのは差し引いても縦に勝負する意識は今治のほうが上だ。
そして2-0から15分でひっくり返すまで至ったトリガーはこの動画の3分55秒過ぎの玉城のミドル。



見えたら打つは鉄則のはず。口の悪いメイン族は終始今治と岐阜の勝負の意識の差を嘆いて帰って行ったがこれに関しては僕も言い返しようが無い。ただ経験上優勝する、昇格するチームってのはその年に必ずこういった試合を1つ2つ経験する。今治は今年は昇格出来るかなぁ・・・って印象は持った。

来週は岡崎のホーム戦行きます。詳しくは明日の東海リーグニュースプレシーズン号で。それでは。

どこも一度は通る道

JFL2ndステージ 第7節

ヴィアティン三重1-2ヴァンラーレ八戸


得点者
三重 北野
八戸 谷尾 村上(PK)

東海リーグをパスして今日は東員へJFL。久しぶりのヴィアティンでしたがソフト面での全国リーグ感はほぼ完成に近づいてる。けどハード面は四日市よりはマシにせよこの東員も全国の会場って意味では最底辺でしかない。一目見ただけで何がダメか見抜いた人結構いたぞ。そんなこの試合を選んだ理由は八戸の誇るティガーさんにまだ会ったことがなかったので挨拶に。お会いできて何よりです。

試合の話。八戸の3バックは守備時はきっかり5バックになりWBに結構な運動量と上下を要求する物。そりゃスタミナお化けの野垣内を重宝するわけだわ…と思ったがその野垣内は今期2度目の退場で2試合停止を喰らいこの試合は帯同も無し。それは置いておいてこの2ndステージで全く結果を残せてないヴィアティン。1stの貯金があるのでさすがに降格云々は大丈夫だとは思うけどちょっと心配だったのもあったんですよね…この試合選んだ理由は。

八戸は今年初見だしヴィアティンも継続して見てるわけではないんでボンヤリとしかわかんなかったけどヴィアティンはちょっと悪循環にハマりつつある。まだハマってはない。けどこのままならハマる。チーム全体から自信のなさが伝わってきてるんですよね…けど卵が先か鶏が先かの話で結果が出ないことにはこの現象は解消できない。試合後何人か選手と話したけど結果1つで好転する気配があるのはわかってるけど…って表情だった。どこも一度は通る道なんだよなぁ…・これ。正解は無い。強いて言えば結果しかないんだけどね。

八戸の話。僕はJ3未見なのでJ3とJFLの比較が正直出来ない。断言出来るのはJ2では話ならんって事くらい。やっぱり遅い。J2と比べると全部が。けど刈谷、鈴鹿には高確率で勝つかなぁ…って印象はあった。今日だけの印象で言えば少ないチャンスをしっかりゲットした勝負強さはあったと思う。一番遅いと感じたのは切り替えの部分。後はアウェイ+気温もあっただろうけどフィジカル面。でもJFLを余裕でクリアしたわけではない沼津が今J3で躍進してるの見ると八戸も上がりさえすれば化けるのかなぁ…とも。上がって貰わないと東海サッカーとしてひっじょうに都合が悪い。八戸も今治もダメ。岡崎降格ってのが一番最悪のシナリオなんだけどどっちかは何とかなりそうな数字ではあるんですよね…けどビリはさすがに助からないでしょう。この辺は来週もうちょい詳しく触れればと思ってます。

勝敗ついたけど個人的な感想で言えば引き分けでもおかしくはなかったかなぁと。ヴィアティンは後半開始早々のPKが結果として致命傷でしたね…ヴィアティンは見れて今年あと1回かな…24日は東海決戦あるから無理だし…11月5日のホーム最終は岡崎も被ってる。10月のどっちかしかチャンスないかぁ…もうちょい考えます。
続きを読む

絵に描いたような自滅劇

JFL1stステージ 第4節

ヴィアティン三重6-3FC大阪


得点者
三重 北野×2 寺尾 藤牧×2 高田
大阪 OG 川西 西岡

※F大阪江坂が一発退場

野垣内vs地主園の港に最初は行くつもりだったんだけど先日のロック戦が…な内容で急遽こっちに変更。その罰が当たったのかどうかわからんが朝からしとしと雨で冷たい空気。成り行きでこの日は観戦だけでなく設営のボラもやる事になったので8時過ぎには四日市にいた僕。今週ずっと5時6時起きだぞ…惰眠貪りたい…

四日市の陸上は実は初見だったんだが…ボロい。ピッチも論外のレベル。最初はここをどうにか改修して…と思ってたが撤回する。無理。壊して更地にして作り直さないとあかんレベル。ヴィアティンのJ入りはハード面で相当時間食いそう…ってネガティブな印象しか持てなかったがそれならそれでクラブを根付かせる時間と割り切って活動してく他無い。幸いにして運営のレベルは十分あるのでホスピタリティ的な部分は十分いいんだけど…とりあえず試合の件に。

先週の八戸戦でゴベッチが左足を負傷して欠場。GKはルーキーでデビュー戦になる美野。一度処理して落ち着けば…と思ってたが最初のピンチでクロス処理をしくじってOG誘発。大阪は労せずして先制に成功したが大宮の江坂の弟となる大阪の江坂が足裏タックルで一発退場。リードして1人減った大阪はリスク冒さず守備に重きを置けばいい物を攻めか守りか主眼の無い戦いぶりになり数的優位も手伝って試合はだんだんヴィアティンペースに。退場から10分ちょいで左から攻められて高田のミドルを大阪GK原も弾くが北野に詰められ同点に。これで試合の潮目は完全にヴィアティンに。大阪はジュニーニョを始めとして攻撃に迫力はあるも二次攻撃に繋げれず。それどころか自陣で奪われて逆襲を浴びて寺尾に勝ち越し弾を喰らい前半でビハインドを負うハメに。退場はこれまでも何度も観たが退場でここまで崩れた試合になるのは珍しい。HTに大阪サポに「勿体ねぇ試合しとんなぁw」と冷やかしに行ったが先述のジュニーニョの対面の田中がジュニーニョに全く歯が立たなかったのでここ突ければ何とかなんじゃね?的な話を。ヴィアティンサポにも同じ話をしたがもう一つ「GKやべぇぞ…わりぃ意味で…」とも。正直HTでの印象は「大阪の逆転は可能」って物だった。率直に個のポテンシャルは大阪>三重だった。

ところがさすがに海津さん。田中をあっさり引っ込めて右SBにルーキーの水野を。それが当たったって訳でもないんだろうけど後半開始早々に高田に豪快なミドルを喰らってこれで3-1。2-2にすれば全然大阪の試合になると思ってたんだがこれでそれも霧散。しかも大阪は前半左でボコボコに無双してたジュニーニョを下げる不可解さ。「!?」と思ったらその替わりで入った川西が挨拶代わりの一撃を見舞って3-2。おかしな空気が流れ出したが攻守のバランスが崩れだした大阪のスペースをヴィアティンは蹂躙しだして和波→藤牧のホットラインで4-2。しかし直後にセットプレーで大阪も詰め寄って4-3。もう滅茶苦茶だ。結局大阪の反撃はここまで。この後距離も空きだして前掛かりになってたのも災いした大阪はヴィアティンの猛攻をモロに浴びてしまい藤牧、北野に2ゴール目を許して6失点。ここまで退場で潮目が変わった試合も珍しいがヴィアティンが大量点で雨の中駆けつけたサポにホーム連勝をプレゼント。大阪は初黒星となりました。

繰り返すが退場が全てでした。11vs11なら高確率で大阪が勝ってたと思います。ただその退場で生じた隙をヴィアティンが逃さず大量点に結びつけた部分は評価せねばなりません。やはりゴールシーン以上の盛り上がりはサッカーではないですしね。ただ10人相手に2失点はいただけないですけどね…とりあえずチーム云々でなくヴィアティンのJ入りには相当ハードルがキツいって印象だけは拭えそうにありません。ここまでボロいとは思わなかったよ…

とりあえずJFLは次週その次と天皇杯県予選で中断。ヴィアティンは2週間後に十中八九鈴鹿と戦る事になるでしょう。そしてその会場はこの四日市。岐阜は土曜。しかも僕は仕事。多分この試合に僕は行く。あれから約半年。それぞれの立ち位置を僕は確かめないといけないのかもしれないです。

最後に岐阜の件。東京V戦は映像を全く見てないので抽象的な話のみに。
結果が出ないですね。方向性にブレが出だすのを一番恐れてます。観戦者からはシュート意識は松本戦、横浜戦から確実に向上してるって事なんで1つ勝てば…って思いに変わりはないです。今度の町田戦には行きます。日曜は…ちょっと考えます。今んとこ日曜はどこもなしが基本ですが…

願わない結果

SP京都のJFLの退会が決定的な件。

不謹慎上等で書くがこの一報を見た時の感想は「これで(マルヤスは)助かる…」だった。J3に昇格が発生すれば…の条件付きではあるんだけど。

どうやらこの件は和歌山国体や岩手全社の現場では流れていた噂だったらしい。少なくとも僕は「全く何一つ」知らん話だった。そういう意味では人の口に戸口は立たんとはよく言われるが地域、JFLウォッチャーの口と結束の固さは一定以上のレベルはあるなぁとも。

んで話を戻す。サッカーに限らず企業スポーツって言うのは「会社の都合でどうとでもなっちゃう」ってのはもう嫌って言うほど現実を突きつけられた。デンソー→刈谷みたいなソフトランディングが出来りゃまだマシなほう。SPも全く無策ではなかったと思いたいがこの件が致命傷だったんだと思います…

最初に書いたように「これで助かった…」って思ったのは事実。けどどうにもこうにもモヤモヤしてしょうがない。明日は我が身?仮に2年連続ドベでも残留?いや違う。多分モヤモヤの理由は「また仲間が居なくなる…」なんだろうな…僕がサッカーに関わってからだけでも幾つのチームがこんな形で消えていったか。書き出したくもない。

僕は企業クラブを全否定する気はない。企業の保護が有ることで成り立つチーム、競技があるのも確かだからだ。けど先に書いた「企業クラブは会社の都合でどうとでもなっちゃう」ってのはキレイ事なしの事実だ。それが故のJリーグの誕生だと僕は思ってる。けど全てが全てプロになれるわけじゃない。アマチュアであっても競技を続ける土壌は必要だ。けど現実としてプロでも青息吐息のクラブがあるってのがあるし「アマチュアクラブには基本的にリターンはない。」ゼニは出てくばっか。それでは当然限界は来るんですよ。その現実に抗えないってのにもモヤモヤしてるんだ。そしてこのモヤモヤの対象がどこかはもう言うまでもないと思う。スッキリしない。全然スッキリしない。今も前も絶対にドベ回避!には違いないけどなんか糸が切れた感は僕の中にある。とりあえず今は正式なアナウンスが欲しい。今日は特にとっ散らかった文章で申し訳ない。
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR