緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

パフォーマンス

僕は定期的に死刑事案事件を調べたりしてる。


って言っても裁判記録や裁判傍聴記録を見たりする程度だが。


民主政権になって死刑執行は止まっていた。死刑反対派の千葉法相が就任したからだ。


先日の参院選で落選して辞めるもんだと思ったが、よっぽど痛い腹探られたくないの菅内閣は辞任を慰留して法相は残った。


これで胸を撫で下ろしていたであろう死刑囚連中に戦慄が走った!


民主党政権で初の死刑執行。


ふーん・・・まさか千葉法相が死刑執行にGOを出すとはねぇ・・・しかも本人が執行に立ち会ったって・・・


政治的臭いがプンプンする執行だな。おい。


被執行者の篠沢、尾形両死刑囚の人選に問題はない。この2名に関しては冤罪の可能性はないしね。


僕は死刑制度に関しては消極的な賛成ってスタンスです。終身刑を整備すれば死刑廃止OK。けど現行の無期懲役制度では死刑やむなし・・・って考えです。従って執行に関しての異論を唱える気はありません。死刑になる人間は死刑相当の罪を犯してるわけだしね。


この執行に関して僕が「?」な点は死刑廃止議連に名を連ねる法相がなぜGOを出したか。考えれるのは次の理由だ。


1 落選して民間人となってなお大臣職に就いていることの批判交わし。


2 落選して人気回復のための政治的パフォーマンス。


いずれにしたって前回の落選が引き金なのは疑う余地はない。


そして廃止議連に名を連ねておきながらの変節・・・しかも30日から特別国会・・・


パフォーマンスだとしかやっぱ思えんわ。


政治家の信念として死刑反対ならそれ貫こうや・・・人気回復やパフォーマンスで死刑を利用すんなよ・・・執行された死刑囚に同情する気はないが、パフォーマンスの生贄とされた点1点だけは同情するわ・・・


死刑制度はデリケートな話です。存続にせよ廃止にせよ慎重な審議は必要です。なによりも命を扱う刑罰である以上、間違いはあっては許されない。法で決められた刑罰は粛々と執行せねばならないし、厳格なものです。政治的意図での執行はあってはならない。


 

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR