2010-10-31 00:11 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第32節


FC岐阜0-1横浜FC


得点者

横浜 久木野


※菅が4枚目の警告で柏戦出場停止


終了間際に失点をして負けたのは東京V戦以来ですがあの時みたいに「最低のクソ試合!」ってことはなかったです。見せ場はそれなりにあったんじゃないかなぁと。


ただね・・・


今の戦い方、今の選手での限界はうっすらと見えちゃったのかなぁ・・・と寂しい気持ちにもなった試合でもありました・・・


今の選手達で戦えるFC岐阜はあと5試合を残すのみです。選手達も倉田さんもサポーターもいい年だったと言える締めくくりを期待してます。






2010-10-29 20:49 | カテゴリ:ブログ

台風来るみたいですね・・・


明日試合なんで不安なんですが・・・


クラブから明日の開催の可否についての発表があるので御確認ください。


最終決定は明日朝9時とのことです。


これ見る限りは雨は避けようなさそうですが・・・


よほどのことがない限り試合はあると思います。ただ電車やバスの遅れや最悪運休も覚悟しとかないとダメかも。


基本的には明日は行きます。ただギリギリまで天候情報にはみなさんも留意してくださいね。

2010-10-28 21:43 | カテゴリ:ブログ

ハンカチ王子はまさかの日本ハムかぁ・・・


ロッテファンの僕としてはクジ外したのは残念ですが、最後に引いた西村監督の前に引かれていたのでどうしようもないですね。それでもスカウトの方が1年かけて見極めた選手達を指名してくれたと思うので無事に契約済ませて入団して欲しいですね。


日本シリーズは取れませんでした。www第2戦しか考えてなかった(第1戦は横浜FC戦と被る)のですが日曜では取れないわなぁ。ヤフオクも見たけどそんな金額は出せないなぁ・・・って値段ばっかでした。


とりあえず僕が欲しいチケットは11月にならんと発売されないんでねぇ。取れたらブログで書きます。w宿だけは先に確保しました。


・・・


今年もそろそろ・・・ですね。

2010-10-24 15:22 | カテゴリ:未分類

今日は朝起きれたら都田行くつもりだったんですよ・・・


起きたら11時回ってました・・・間に合いません・・・


てなわけでPCの前で戦況を見守るしかなかったのですがJFLも佳境に入ってきました。


結果はこうなりました。


HondaFC0-3松本山雅FC


得点者

松本 石田×2 今井


現在4位のホンダを直接倒して5位松本との勝ち点差は「3」。得失点差でも+8と+9で引っ繰り返したので松本は実質1ゲーム差まで追い込んできました。


JFLも残り5試合。4位5位の攻防戦の残りはこのような感じです。


ホンダ A栃木U A長崎 H草津 A琉球 H流経大


松本 H印刷 H町田 A栃木U H鳥取 Aソニー 


うーん・・・松本のほうがかなり厳しい感じ。ホンダが落とす勝ち点は多くて5~6って感じかな・・・かなり楽観的に見ての話ですが。松本はまずは町田戦。それをクリアしたら鳥取のホームでの準会員対決が鍵なんかな。例年の4位のボーダーは勝ち点60だから4勝1敗がデッドライン。結構厳しいよ。


・・・


それでも松本だと届いてしまうのでは・・・って気持ちがするのは僕だけなんですかね?


そしてJFLを制して来年まず確実にJ2に殴りこんでくるライバルが1つ増えました。


ガイナーレ鳥取2-1栃木UVAFC


得点者

鳥取 服部 鶴見

栃木U 高橋


最後に優勝でJFLを卒業したのは愛媛FC以来かな。岐阜も熊本も栃木も岡山も富山も北九州も門番に遅れ取ったままの昇格だったし・・・


今年はアウェイ自重しましたが鳥取はJFL時代も含めて行った事ないので何とか行きたいですね。京都からスーパーはくとが一番早いんかな?




2010-10-23 14:57 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第31節


ファジアーノ岡山2-2FC岐阜


得点者

岡山 後藤 岸田

岐阜 押谷 朴基棟(J初ゴール!)


後半どうにかこうにか帳尻合わせた形になって引き分けには持ち込めたけど、納得の行く引き分けって書いた札幌戦や愛媛戦とは違い不満の残る内容であり結果でした。


特に前半はここ数試合では最悪と言っていい出来でしたね。もっと言えば中盤。


徳島戦でもあったけど先発のボランチを前半半ばで怪我や退場絡みではなく替えるってのは倉田さんのセッティングのミスとしか言いようがないわけでして。この辺りは倉田さんも反省すべきところは反省して次に繋げてくださいとしか今は言えないですね・・・


失点が2つともCKからってのも気になるとこですね。特に2点目。小柄な岸田が二アにいたからって完全にないってきめてかかってた節があった。完全に裏をかかれた失点。昔読んだ歴史の兵法の本であったのですが、
「奇襲ってのは相手が少しでも奇襲があると疑ったら絶対に成功しない。相手の奇を完全に突いて初めて成功する。」って一文がありました。あの岸田のアレはまさしく奇襲だったかと思います。


本心を言えば愛媛、岡山の瀬戸内アウェイ2つで勝ち点4は最低でも欲しかったのですが・・・この辺りの勝ちきれなさも含めての今の順位なんでしょうね。あー、煮え切らない。現地応援組の皆様、お疲れ様でした。気をつけて帰ってきてくださいね。



2010-10-20 22:10 | カテゴリ:未分類

今日の全社決勝の結果です。


カマタマーレ讃岐2-AC長野パルセイロ


讃岐は全試合無失点の完全優勝。お見事です。これで本番でもマークされる立場になるのでしょうね・・・


んでもって・・・今日の全社終了を持って、ついに地域決勝の組み合わせが決まったので記しておきます。


【ひたちなかブロック】

Y・S・C・C

レノファ山口

HOYO Atletico Elan

SC相模原


【藤枝ブロック】

藤枝MYFC

グルージャ盛岡

三洋電機洲本サッカー部

札幌大学GOALPLUNDERERS


【高知春野ブロック】

カマタマーレ讃岐

AC長野パルセイロ

福島ユナイテッドFC

さいたまSC


どー考えたって一番キツいのは高知春野。なんせ全社4強の内3つが固まってしまったからなぁ・・・

決勝ラウンドへ進めるのは各グループ1位の3チームと、全組の2位の最上位。最低でも2位抜けするには勝ち点6は必要。出来れば7欲しい。(2勝1PK負で7になる)このワイルドカード採用で予選リーグの戦いも微妙に変化が出るかもしれません。もっともPKで負けたら一気に崖っぷちになるので結局は3つ勝ちに行く以外ないのでしょうけど。

僕、千葉にはどうしても行きたい。予選の藤枝か千葉の決勝かの2択なら迷わず千葉を取ります。

日を改めて各グループの分析をしたいと思います。





2010-10-19 19:08 | カテゴリ:未分類

全社準決勝の結果です。


カマタマーレ讃岐2-SC相模原


AC長野パルセイロ4-2福島ユナイテッド


そうゆうわけですので明日の決勝は讃岐vs長野の権利持ち同士の対戦となりました。

相模原と福島は3位決定戦回りです。


さて、4日連戦でしかも長野は連日延長。明日はメンバーをどうするか見物ですね。讃岐はこの大会を無失点で来ています。地域最強の攻撃陣の長野か地域最強の守備の讃岐か?決勝は明日13時KOです。

2010-10-18 21:36 | カテゴリ:未分類

今日の全社全結果です。


tonan前橋0-2カマタマーレ讃岐


トヨタ蹴球団0-SC相模原


阪南大クラブ0-2福島ユナイテッド


新日鐵大分0-AC長野パルセイロ


明日の準決勝が讃岐vs相模原、福島vs長野。


この時点でまず福島の全社枠ゲットが確定しました。東北1部最終戦で盛岡に敗れて崖っぷちでしたが見事な復活と行っていいでしょう。


残り1つつか最後の枠ですがtonan、蹴球団どちらかが勝ってればゲットだったんですが敗れたので関東2位のさいたまSCにお鉢が回ってくるみたいですね。正直言って僕はさいたまSCについて全くわかんないです。組み合わせ見た時点でさいたまにお鉢回る可能性は十分考えれたんですが・・・


YSCCを除く8地域のチャンプが出張ってきてそのうち2つが4強入り。権利持ちって見方なら3つ。所謂「負け抜け」って考えは間違ってるのか?とちょっと考えてしまう結果でした。


2010-10-17 21:23 | カテゴリ:未分類

今日の全社全結果です。


tonan前橋2-2ヴォラドール松江

(PK5-4)


カマタマーレ讃岐1-0アイン食品


トヨタ蹴球団4-3ノルブリッツ北海道


SC相模原6-0矢崎バレンテ


阪南大FC3-0SC鳥取ドリームス


福島ユナイテッド1-0ヴェルフェたかはら那須


新日鐵大分5-3レノファ山口


AC長野パルセイロ2-1ASラランジャ京都


勝負駆けで目の色変わってるのが前橋、福島かな・・・?新日鐵大分も色気はあるんだろうけど・・・正直言ってこのメンツでの8強に蹴球団がいることにものすごい違和感があるのは否めないです。蹴球団で8強なら岐阜セカンドでも行けたろうなぁ・・・まぁたらればなんでこれ以上は言いませんが・・・

明日の結果如何で地域決勝のメンツが出揃います。福島は首の皮一枚で繫がったかな・・・?

2010-10-17 21:05 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第30節


愛媛FC-0FC岐阜


評価別れる試合ではないでしょうか。


個人的にはOKなんですが・・・


前半に完璧に崩したシーンを川北に止められてイヤーな雰囲気はあったのですが、それを割り引いても今日の攻撃は淡白で単調だった気がします。押谷不在を言い訳にはしたくないのですが・・・


以前もどっかの試合の時に書いた覚えがあるのですが、攻撃の後詰めがいればなー・・・と嘆いてしまうシーンを散見しました。特にアウェイ戦でこの傾向は強いです。厚みのある攻撃をするにはある程度のリスクを負うシチュエーションもあります。常にリスクを負って攻める必要性はない、そんな試合をしてたら成績は安定なんかしないんだけど、行くときは行く。引くべきところは引く。の意識がもう少し向上して欲しいと感じる試合ではありました。

2010-10-16 19:30 | カテゴリ:未分類

全国社会人が今日から始まったとは刈谷vs浜松大の記事でも触れたけど大会初日の全結果が判明したので書き記しておきます。


tonan前橋2-1FC鹿児島


ヴォラドール松江3-0テイヘンズ


ヴォルカ鹿児島0-5カマタマーレ讃岐


新日鐵室蘭0-4アイン食品


坂戸シティーFC3-4トヨタ蹴球団


FC大阪2-4ノルブリッツ北海道


SC相模原1-0デッツォーラ島根


矢崎バレンテ2ー2グルージャ盛岡

(PK5-4)


阪南大FC1-0tonanサテライト


藤枝MYFC-4SC鳥取ドリームス


ヴェルフェたかはら那須1-0マルヤス工業


福島ユナイテッド6-0三洋電機洲本


新日鐵大分2-1札幌大GP


三洋電機徳島1-2レノファ山口


市川SC0-2ASラランジャ京都


HOYO大分0-AC長野パルセイロ


色付きが既に権利持ちのクラブです。うーん。思ってた以上に権利持ちが負けてますねー・・・特にMYFCは・・・これ、「戦略的撤退」でなくガチ負けであれば相当まずい。今日、刈谷サポが口を揃えて言ってたが課題はまず間違いなくアレだろう・・・


明日の注目カードは相模原vs矢崎かなぁ・・・?PKとは言え権利持ちの盛岡に勝ったことで勝負強さを思い出して欲しいんだけど・・・






 

2010-10-16 18:59 | カテゴリ:FC刈谷


GREEN-WIND-CA3C0002.jpg

東海社会人1部リーグ 最終節


FC刈谷10-2浜松大学FC


得点者

刈谷 大石×7 原賀 福田 加藤

浜松 鈴木 内藤


※浜松大GK杉山がイエロー2枚で退場


全国社会人が山口県で今日から始まりました。地域ウォッチャーでの世間的にはこの試合は消化試合になっちゃうんかな・・・

それでも今日の刈谷は先日の報道も消化試合って空気もなく、いつもの刈谷そのもの。特段変化も感じられない空気だった。


もちろん選手の表情もサポの士気も変化はない。むしろ精気のない表情してるのは浜松大か・・・?降格順位確定ってのが影響してるのか。それは試合が始まってすぐに結果で現れた。


いきなりファーストCKを原賀が頭で合わせ3分で先制。浜松のDFは棒立ち。その後に刈谷のDF陣の真ん中の裏を縦1本で抜け出され追いつかれたがここからは浜松大は蹂躙されまくった。特に大石に。


僕はサッカー観戦を始めて15年くらいになるが、1試合で1人の選手が7得点なんて記憶にない。公式戦で10得点も初めてだ。その大きな理由が浜松大全体の緩さに他ならなかったのだがあの緩さではハナっから戦意喪失だったって責められてもおかしくない。福田のCKからのゴールや加藤の無人のゴールに流し込んだのも浜松大DFの無抵抗ぶりが顕著に出てたシーンだった。


逆に刈谷も大量得点ばかりが映えるが失点シーンは綺麗に崩されたものばかりだった。特に後半の2失点目。こうゆう試合ではDFも集中しにくいのかなぁ・・・勿体ない失点だった。


先日の存続微妙?やら規模縮小?やらの記事の影響は全くなかったと思っていい。ただ来年どうなるかは全く不透明って感じではあった。少なくてもクラブ消滅だけは絶対ないとは思ったが・・・


この後少し刈谷や水島のサポーターとも話をしたんだがクラブとサポーターの関係、関わりってのを考えさせられるものだった。未だ僕の中での正解はない。

2010-10-12 22:26 | カテゴリ:未分類

藤枝MYFCの優勝となった東海1部。まずはMYFCの関係者並びにサポーターの皆様おめでとうございます。地域決勝でのご活躍を期待します。


そして東海1部は今週末の2試合を持って全日程が終了いたします。


残り試合はこの2試合です。


10月16日(


FC刈谷vs浜松大学FC

@刈谷 14時半KO


10月17日(


FC鈴鹿ランポーレvs藤枝市役所

@石垣池 14時KO


順位の変動に関してですが結果を問わず、刈谷の2位、浜松大が降格圏となる7位は確定です。鈴鹿vs市役所は鈴鹿勝利なら鈴鹿は3位フィニッシュ。4点差以上で負ければ市役所に逆転されて5位フィニッシュです。引き分けor3点差以内の負けならば変わりなく4位フィニッシュになります。土曜の刈谷は行くつもりですが日曜は愛媛vs岐阜が16時KOなんで多分行きません。市役所が7月の自治体大会後からどうも調子落ちしてるようだし鈴鹿は勝って3位で終わらせたいとこですね。



2010-10-12 22:11 | カテゴリ:ブログ

ザッケローニ新監督での日本代表の2試合が終わりました。


アルゼンチン、アウェイでの韓国戦を無失点で終えれたことで守備への信頼性は格段に向上したのではないでしょうか。


もう一段フィジカル的ではなく判断、決断の意味でのスピードのギアが上がればこのチームは世界でも戦えるかな?と思う2試合ではなかったかと思います。


そして攻撃面での「縦に速く」がこんなに早く浸透したことに驚いてます。シュート意識も高まってますし。プレースキックって絶対の武器もありますしアジアカップでもいい線行くのではないかなぁと思ってます。


心配なのは中東対策ですね。気温、時差、何よりも「中東」って特殊極まりない環境。(言わんとすることはお察し下さい)


久しぶりに真剣に代表と向き合おうかなぁと思える指揮官ですね。こんど東海圏内で代表戦あったら見に行きたいと思えるサッカーでした。大丈夫です。このサッカーの方向性を信じて行けばきっと日本はもっと強くなれます。

2010-10-10 10:11 | カテゴリ:未分類

昨日の四国リーグ、九州リーグの結果を持って各地域リーグの優勝クラブが出揃いました。


四国代表

カマタマーレ讃岐

http://www.kamatamare.jp/


名前が話題になりがちですが四国リーグを何度も制すように実力も兼ね備えてるクラブだと思います。過去にFC岐阜とも戦っててその時は2-0で岐阜が勝ってます。

監督は去年熊本を率いた北野さんですね。


九州代表

HOYO Atoletico ELAN大分

http://www.hoyoatleticoelan.com/


激戦区九州を昇格初年度でいきなり優勝。これだけでも十分な実力を表してますね。元J、JFLも数多くいますね。天皇杯でホンダロックに敗れましたがロックともいい勝負が出来てるのであればJFLでもやれる力はあるのかな?


これをもって残った地域決勝=JFL挑戦権への切符はあと2枚。そう全社枠の2枚のみです。その全社は山口県で来週から始まります。

そしてこの全社枠が既に権利を持ってるクラブが埋めたらどうなるか?

答えは各地域で登録クラブの多い地域のリーグ2位のクラブが繰り上がります。つまり関東と関西の2位クラブです。




2010-10-07 20:25 | カテゴリ:FC岐阜

早稲田大学よりDF野田明宏選手来期加入内定。


広島ユース育ちの右SBみたいですね。冨成の2個下になるんかな。


軽く調べてみたら早稲田では右サイドの基点となり、プレースキックも任されてたみたいです。モロに岐阜の補強ポイントと合致してますし即戦力としての期待は十分あるかと思います。シーズン通して右SB(倉田さんの現役時代のポジション)は固定されてないですからね・・・


7月に練習参加してたとのことです。5月には別のJ1クラブにも練習参加してたようなので出場機会に恵まれる可能性の高い岐阜を選んでくれたのかな。


岐阜に入ってくれる以上は岐阜でずっと頑張って欲しいけど、岐阜で成り上がってもっと条件のいいクラブにのし上がるんだ!って気概を持って頑張って欲しいです。結果としてそれが岐阜の向上に繫がればそれでいいと僕は思ってます。


2010-10-05 19:40 | カテゴリ:FC刈谷


GREEN-WIND

※本日の朝日新聞名古屋版より


今年JFLから東海に落ちてきて1年での復帰を目指していたFC刈谷。


ご存知の様に藤枝MYFCの後塵を拝して優勝を逃し、全社出場権もMYFCに取られたことで今年のJFL復帰の目は完全に断たれました。


JFLから地域に落ちて帰ってきたクラブといえばホンダロックがそうですがあそこは企業クラブであって刈谷のケースとは違います。あそこはあそこでよく会社も理解を示してJFL復帰を後押し出来たなぁ・・・とは思ってますが。


この中で「プロでないから盛り上がらない」ってコメントがあるけれど、岐阜でも似たようなこと言われた経験がある身としては非常にキツいもんがあります。グランパスがあるから満足なのか?なんか切ない想いモあります。僕なんかはむしろそんなチームを上に押し上げたい、もっと知ってもらって見てもらいたいって気持ちのが圧倒的にあったのですが・・・


今月で公式戦は全て終わるので刈谷は半年近くオフになります。チームの体力も選手のモチベーションも心配です。何か手伝えることがあればいいんだけど肝心の僕自身がまだ不安定な環境下なのが・・・同じことは鈴鹿にも言えます。まだここまではなってないだろうけど・・・



2010-10-04 21:17 | カテゴリ:ブログ

実は今日は会社を休みました。


家は出たんですが行きの電車の中で急に気分が悪くなり、駅の係員詰所で横になって休んでました。


結局ロクに回復もせず会社を休み、午前中に医者に行って診てもらってきました。


結果は寝付けないことによる過労と風邪だろうと。1日養生してたので明日はきちんと行ける思います。つか行かないとダメですよね。


これ上げたらもう今日は寝床につこう思います。睡眠薬も出してもらったので今日はそれ使って無理矢理にでも寝ます。


季節の変わり目です。みなさんも体には気をつけてくださいね。

2010-10-03 21:02 | カテゴリ:未分類

昨日記事を上げてからツイッターで漏れを指摘されたので修正をします。


関西から2年連続で名乗りを上げました!


関西代表

三洋電機洲本サッカー部

http://www.kansaisl.jp/ksl/disp/team_data.jsp?teamid=8


淡路島って地理的なハンデを克服しての2年連続関西制覇は立派です。けど昇格したらどこ使うんだ?


四国も今日決まるはずでしたが徳島セカンドvs讃岐が大雨で途中中止となって讃岐優勝はおあずけ。


そして北海道も「とっくに」決まってたの忘れてました・・・(苦笑)


北海道代表

札幌大学GOALPLUNDERERS

http://www.sapporounivfc.com/gpi.html


東海地区の人なら中京大FCや浜松大FCみたいな位置づけなクラブだと言えばわかりやすいかな。これまでは北海道と言えばノルブリッツだったんですがねぇ。


そして中国も決定しました。


中国代表

レノファ山口

http://www.renofa.com/


一昨年の初挑戦でいきなり優勝候補の松本を競り落として石垣島まで進みましたが、去年はその松本にお礼参りを喰らって予選敗退。来年の山口国体までにJFL昇格!との目標でしたがそれには今年がラストチャンス・・・


これで残りは四国と九州ですね。九州は次の土日のセントラル開催で決まるけど四国はどうなるんだ?徳島セカンドvs讃岐を平日ではもったいないなぁ・・・


2010-10-03 20:32 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第29節


FC岐阜2-1徳島ヴォルティス


得点者

岐阜 嶋田 押谷

徳島 津田


※押谷が4枚目の警告で愛媛戦出場停止


今日もスカパー観戦でした。

画面からもわかる大粒の雨の中で先制されながら逆転しての勝ち点3。地力のないチームでは出来ない勝ち方だったのではないかと思います。


悪いピッチコンディションを味方に出来たって言い方も出来るかな。岐阜が優位に出来たって訳ではなく徳島がやりたいこと出来なかったって意味で。


ただし村尾君。君は新井に焼き土下座で謝るように!


あれはGKとして絶対やったらダメなミス。失点にならなかったから良しではなく1つ1つのプレイの処理精度を高めないと野田を完全に越えたとは言えない。おそらく今期はずっと村尾で行くんじゃないかな?ああいったミスはサポは忘れてもチームメイトは忘れんもんだぞ。だからこそもっと向上してほしいのです。


2010-10-02 17:54 | カテゴリ:未分類

各地域リーグも佳境に入ってます。


新たに今日2つのチームがJFLへの夢の架け橋を架けました。


東北代表

グルージャ盛岡

http://www.grulla.jp/index.html


東海代表

藤枝MYFC

http://myfc.jp/


これまでに決まっている各代表は次の通りです。


関東代表

Y・S・C・C

http://www.yscc1986.net/


北信越代表

AC長野パルセイロ

http://www.naganoelsa.jp/


JFA推薦枠

SC相模原

http://www.sc-sagamihara.com/


明日には他地域もほぼ出揃うのかな?


・・・

結局東海はMYFCでした。刈谷は市役所戦の負けと鈴鹿戦のドローが最後まで重しになったのかな・・・明日は雨らしいし雨でグリーンフィールドは辛過ぎる。明日は多分引きこもりですね・・・