緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

仲間であり敵であり同志であり

今日のJリーグ理事会でJリーグ38番目のクラブが誕生しました。


ガイナーレ鳥取です。

http://www.gainare.co.jp/


岐阜とは2007年にJFLで戦ってます。


ホーム長良川での試合はちょうど戸塚さんが解任されて松永さんに交代しての初戦でした。先制されたけど片桐のハットトリックで逆転して突き放し勝った試合でした。

あの時は人数はさしていなかったけどえらく気合の入った遠征サポさんだったと記憶してます。


アウェイのバードでの試合は僕は病気を患い行ってません。そのせいもあって、新たな土地の土を踏めるってワクワク感みたいなのがあったりします。愛知、岐阜からは京都まで出て特急スーパーはくとが多分一番早いのかな。車では行きにくいとは聞いてるのですが・・・


鳥取だけに限った話ではないけど、全てのJクラブはJリーグって舞台で共に戦う仲間だと思ってます。クラブごとに目的は違えど主とする存在意義に違いはないはずです。鳥取県は日本で最も人口の少ない県です。その鳥取県でJクラブを発足させるための苦労は内外共に大変だったでしょう。だからこそ達成感は大きかったんじゃないかなぁと。


もちろんJリーグに入ることがゴールではないし、Jリーグに入ったことでむしろ大変なことは増える思います。それでもやっぱりJリーグに来たんだって思える日はきっとくるはずです。


改めてガイナーレ鳥取のみなさん、Jリーグへようこそ。共に戦い、共に楽しみましょう。


追記

鳥取の塚野社長は実はJリーガー経験もあり、神戸に在籍してたんです。

当時神戸サポだった僕はその塚野選手のJリーグでの唯一のゴール(97年vsV川崎戦@神戸ユニバ)の生き証人の1人だったりします。

その後東京ガスに移籍した後、西が丘でサインもらったりしたんですがまさか鳥取でこんな大仕事成し遂げるなんて・・・

そういった意味でも鳥取には注目したいです。けど岐阜は負けないからね!




笑顔で終われてよかった

J2リーグ 第37節


FC岐阜4-2栃木SC


得点者

岐阜 田中 佐藤×2 嶋田

栃木 水沼 廣瀬


2008年 vs鳥栖 1-0


2009年 vs徳島 2-1


去年一昨年のホーム最終戦の結果です。

どっちも勝って終わらせることが出来ました。

08年は言うに及ばず、09年も最後に息切れして勝ちきれない試合が続いていて最後を勝つことで上手く締めれたって感じでしたね。


特に今年は息切れ感が半端なく、ここ数試合ストレスばかりが溜まる試合をしてたので何とか結果を出して欲しい想いがあった。残りリーグ戦は正確には今日入れて2試合だけど多くのファン、サポーターは今日が今年最後のFC岐阜の試合って人のが多いだろう。僕もその中の1人だ。僕がそうだからではないけど(ホーム)最後の試合なんだから何とか無様な試合は勘弁してくれ。ましてや高木和正にやられて負けるようなことだけは絶対に勘弁してくれ・・・ってネガティブな想いで試合に入った。


福岡戦は僕は15分でギブアップだった。今日は「点、取れるぞ・・・」って確信はあった。栃木の最終ラインが不安定なのだ。


栃木は今日は停止やら帰国やらで外国人が3名欠けてた。そのうち1名はCBだが彼1人欠けただけでこんなに脆くなるとも思えない。ハッキリ言っちゃえば全員足技に難があって、岐阜の選手が前線から突っかけていけば慌てて処理をミスったりラインを下げて中盤との間にスペースを提供してくれるシーンが多かった。先制点もせんでもいいシーンでのFKから。特に栃木DFの脆弱性を如実に出したのは4点目のショートカウンターのシーンだったろう。


試合後の「勝てば常に饒舌」な倉田さんのインタビューでもあるが、しっかり前からプレスをかけて効果的な奪取からカウンターってのがチームのコンセプトであれば攻撃面ではようやく形が実ったんだと思う。ただそうゆうコンセプトであるなら4-1で終わらせないといけなかった。4-2となったことでイマイチ最後締まりがないなぁ感は若干あった。まぁ水沼のアレは仕方ないんだが・・・


「あくまでも現時点での」退団選手2名を勝利の余韻残る笑顔で送り出せた。今年最後のホーム戦を勝利で終わらせ多くの人が笑顔で帰路に着いた。長いことサッカーを見続けて来てるが、ゴール、勝利に勝る笑顔の材料は何もないんだ。それを改めて感じた試合であったし、これで満足してもいけないんだって厳しい想いと背反する気持ちを持った試合でした。


最後に小言つーか怒りの声を。


「今日のスタジアムDJ、いつもの人と違ったね?つかあんだけ不勉強で準備不足のDJを本番で使うな!!」

試合前の紹介のミス、選手交代でのミスも酷いが極めつけは俊慶と基棟を勝手に引退させるな!!少なくても基棟はもう次のクラブ決まってるんだぞ!!誰がやったか判らんし知りたくもないが、もう二度と岐阜の試合でやるな!と言いたくなる酷い代物でした。



退団選手へのメッセージをゲーフラに書いて選手に届けよう! 

11/26 朴俊慶(パク ジュンキョン)選手と朴基棟(パク キドン)選手の退団がクラブから発表されました。
http://www.fc-gifu.com/news/post-760.html

これまでの両選手の活躍に感謝を表すため、今年も「寄せ書きゲーフラ」企画を実施したいと思います。

サポーター有志で、退団する選手の背番号と名前を書いたゲーフラを用意いたします。このゲーフラに、多くのサポーターの皆さんにメッセージを書いていただき、退団する選手に手渡したいと思います。

 日時と場所は以下の予定です。

 11月28日(日) 第37節 栃木SC戦(キックオフ13:00)
 10:00~12:00頃まで  長良川球技メドウ メドウパーク(FC岐阜グッヅ売り場の東)

 公式練習時間中や試合中には適宜、このゲーフラを掲出し、試合終了後のサンクスパレードの際に、選手に手渡します。
 当日は、メッセージゲーフラの近くでサポーター有志が呼びかけを行いますので、それを目印にして、お気軽にご参加下さい。
 また、皆さんにメッセージを書いていただく場所は、雨などの都合で急遽変更する場合がありますのでご了承ください。
 皆様のご協力を、よろしくお願いいたします。


転載ここまで。


俊慶も基棟も岐阜できちんと能力を出し切れなかったかなぁ・・・って忸怩たる想いがあります。基棟はKリーグの光州にドラフトで指名されたので帰国なんでしょう。

俊慶はお母さんのいる関東に移るのかなぁ・・・2人ともまだ若いし、サッカーを続けて欲しいって思いがあります。こういった別れは必然のこととは言え、できれば回避したいもんです・・・


ここからは僕の憶測にすぎませんが、引き抜きや貸し出し等でのoutは今後発生する可能性は高いでしょう。inはoutの数によって変わると思います。現状でin確定は1名のみなのでひょっとしたら無風オフって可能性も否定できないとこです。


こうゆう形でクラブを去ることになっても彼らも僕らと共にFC岐阜で共に戦った仲間です。だから最後は笑顔で送り出してあげましょう・・・


サカマガ

FC岐阜特集読みました。


押谷と嶋田のトークは可もなく不可もなく。


倉田さんのインタビューは自分の課題を客観的にわかってるんだと思いました。


ただ・・・その後の2人のアレはちょっと・・・


ファンやサポの人達がそうゆうこと知りたがってるって思ってるんかなぁ・・・少なくても僕は違う。


トータルすると「ガックリ」です。折角8ページも割いてもらったのですが・・・


市原で会いましょう。

地域決勝の予選が全て終わり、夢のJFLへの希望の橋を架けた4クラブが今日出揃いました。


【A組】

NPO 横浜スポーツ&カルチャークラブ(Y・S・C・C)

http://www.yscc1986.net/


嘘でもお世辞でも何でもなく僕が市原で一番「逢いたい」クラブでした。

理由?去年の松本でのあの勝者なきPK戦を目の当たりにしたからに他無いです。

昨日相模原に0-3で「あかんかなぁ・・・」と思ってましたが1人少ない中でHOYOに逆転勝ちを収め、なおかつ死んだはずの山口が相模原を道連れにすると言う幸運も手伝っての2年連続でのファイナル進出です。

一度死んで生き返ったクラブはなんか「持ってる」のかもしれません。あの涙ではなく歓喜の涙を見せてください。


【B組】

三洋電機洲本サッカー部

http://www.kansaisl.jp/ksl/disp/team_data.jsp?teamid=8


東海リーグを見ててMYFCはない。盛岡も矢崎に今年2回負けてるのはどうなんだ?そうなると未見ではありながらもこのチームに期待する向きはあったのですが勝ち抜けるまではどうなんだろう?と思ってのですがMYFC戦での5得点が最後まで効いて今日盛岡に敗れながらも逃げ切っての市原行きです。

去年の日立栃木のポジションになりますね。日立栃木と同じB組代表でファイナル初戦はYSCC・・・ここ勝ったら一気に台風の目になるような気がします。現状では4チーム中では最低人気になっちゃうんだろうなぁ・・・


【C組】

カマタマーレ讃岐

http://www.kamatamare.jp/


FC岐阜が唯一「公式戦」で戦った経験のあるクラブです。(2006年地域決勝予選@高知で2-0岐阜勝利。)

その時にある讃岐サポの方と試合後に「いつかまた戦いましょう!」と握手して別れたのを今でも覚えてます。

あの方は今でもきっとサポをしてるはず。そして市原にもきっと来ると思う。あの時の約束を果たすにはここは避けて通れないです。おそらく本命を背負うことになるでしょう。初日の長野戦、ここが勝負所だ!


【ワイルドカード】

AC長野パルセイロ

http://www.naganoelsa.jp/


4チームの中で唯一FC岐阜所属経験有の選手が在籍してるクラブです。(GK海野剛)

松本山雅との「信州ダービー」をJFLでもその先でも!の為には当然避けては通れません。岐阜サポーターはどちらか言えば松本寄りが多いのですが海野がいるってことで長野寄りのサポーターだっています。松本サポの方々には申し訳ないけど僕は全国リーグでの「信州ダービー」がどうなるかを真剣に見てみたい。

そして長野は今回の出場12クラブで最も「市原への想い」が強かったクラブだと思ってます。なぜなら去年、夢が潰えた地が市原でしたから・・・1年越しの忘れ物、市原にもう一度捜しに行きましょう。自分達の力をきちんと出せばきっと忘れ物は見つかりますよ。


僕にとってはほぼ理想通りの顔ぶれが出揃いました。ここから先は技術だけでも戦術だけでも気持ちだけでもダメ。全ての想いを昇華させてなおかつその力が強かったクラブに凱歌は上がると思ってます。繰り返して書くけど僕がこの大会で見たいのは上手なサッカーなんかじゃない。「強い想い」が見たいんです。

いつから無抵抗主義になったんだい?

J2リーグ 第36


FC岐阜0-2アビスパ福岡


得点者

福岡 永里×2


※橋本が4枚目の警告で栃木戦出場停止。


サポとして失格なんですが、開始15分で勝てない=2点は絶対取れないと確信しました。

ハッキリ言ってしまえば10分で試合の大勢は決まってしまってました。


大雑把に言えば鳥栖戦と同じ負け方。試合に上手く入れず相手のラッシュを浴びて失点を喰らい後はしっかり守られボールは持たせどシュートは許さず無為に時間は過ぎ完封負け・・・そもそも今日の岐阜、枠内シュートありましたっけ?


「いつからFC岐阜は無抵抗主義に宗旨替えしたんじゃ!」


試合後にいつもなら負けても一生懸命応援するコアゾーンから声援はおろかブーイングすらなかった。僕もコアゾーンにいたからわかるけど、無視、無言はブーイング以上の不満の表れですよ。


当然メインの雰囲気も殺伐としたもんでした。そりゃ4試合連続、ホームで3試合連続で完封負けなら当たり前な話です。しかし中2日の福岡相手に中10日開いた岐阜が走り負けてフィジカルで弾き飛ばされ・・・これが一番ガックシきました。倉田さんに対する不満ももちろんあるんだけど、それ以上に選手に不満があります。次のホーム最終戦は「終わりよければ全てよし。」って言えるような試合であって欲しいですがそれはちょっと難しそうな雰囲気でもあった試合でした。


最後にアビスパ福岡の関係者並びにサポーターの皆様J1昇格おめでとうございます。またいつか会う日まで。


4チーム脱落。

地域決勝予選2日目全結果です。


【A組】

HOYO Atletico Elan1-0レノファ山口


SC相模原3-Y・S・C・C


【B組】

藤枝MYFC2-5三洋電機洲本


グルージャ盛岡0-1札大GP


【C組】

福島ユナイテッドFC0-0AC長野パルセイロ

PK7-8

カマタマーレ讃岐3-2さいたまSC


この結果、各組の順位はこうなります。


【A組】

1相模原 勝ち点5 +3

2HOYO 勝ち点4 +1

3YSCC 勝ち点3 ±0

4山口  勝ち点0 -4


【B組】

1三洋洲本 勝ち点5 +3

2札大GP  勝ち点4 +1

3盛岡    勝ち点2 -1

4MYFC   勝ち点1 -3


【C組】

1讃岐  勝ち点6 +2

2長野  勝ち点5 +3

3福島  勝ち点1 -1

4埼玉  勝ち点0 -4


黒字の4チームは今日の時点で敗退決定です。正直言って2日目でMYFC敗退は驚きました。「MYFCは勝ち抜けない」と予想はしてましたが流石に2日目で終了は予想だにしてませんでした・・・これで来期の東海1部の顔ぶれも確定しましたがまたこれは折りを見てとして・・・


明日の組み合わせはこうなります。


【A組】

HOYO Atletico Elan(4)vsY・S・C・C(3)


SC相模原(5)vsレノファ山口(0)



【B組】

藤枝MYFC(1)vs札大GP(4)


グルージャ盛岡(2)vs三洋電機洲本(5)


【C組】

福島ユナイテッドFC(1)vsさいたまSC(0)


カマタマーレ讃岐(6)vsAC長野パルセイロ(5)

 

各組の勝ち抜け条件を出来る限り整理してみます。

【A組】

HOYOvsYSCC。最大勝ち点はHOYO7、YSCC6。まず大前提としてどちらも90分勝ちが絶対条件。その上で相模原の結果待ち。どちらも90分勝ちで相模原90分負けなら市原行き。

相模原vs山口。相模原は90分勝ちなら文句なし。HOYO90分勝ちだとPK勝ちではHOYOの得失点差次第。PK負けだと相手待ち。YSCCは4点差以上勝ちで相模原PK負け以下ならひっくり返る。


【B組】

札大は90分勝ちで最大7。90分で勝って相手待ちにしたい。逆に90分で負けたら終わり。PK負けでも盛岡と洲本の得失点差の関係でアウト。洲本は札大90分勝ち以外ならPK突入で市原行き決定。盛岡は札大とにかく負けが絶対条件でなおかつ洲本に3点差以上勝ちが条件。


【C組】

とにかく讃岐vs長野の勝者が市原行き。長野はPK勝ちでもOK。


【WC】

勝ち点7の得失点差がWCの目安になるかな。午前のA組HOYOvsYSCCとB組MYFCvs札大である程度WC争いも決まる思います。


明日は僕は岐阜なので携帯片手に試合も追う形になるかと思います。どのチームも悔いのない戦いを・・・

地域決勝初日

いよいよ地域決勝が開幕しました。


今日の全結果です。


【A組】

HOYO Atletico Elan2-2SC相模原

PK(5-6)


Y・S・C・3-0レノファ山口


【B組】

藤枝MYFC1-1グルージャ盛岡

PK(3-4)


三洋電機洲本1-1札大GP

PK(3-0)


【C組】

カマタマーレ讃岐1-0福島ユナイテッドFC


AC長野パルセイロ4-1さいたまSC


B組がいきなり2試合PK戦。A組も相模原が目前の勝ち点3を逃がした形になってしまいました。C組は攻撃の長野、守備の讃岐の色が濃く反映されたような結果なんかな・・・

明日の組み合わせです。間の平日開催ってのがどうなんかなぁ・・・


【A組】

HOYO Atletico Elan(1)vsレノファ山口(0)


SC相模原(2)vsY・S・C・C(3)


【B組】

藤枝MYFC(1)vs三洋電機洲本(2)


グルージャ盛岡(2)vs札大GP(1)


【C組】

福島ユナイテッドFC(0)vsAC長野パルセイロ(3)


カマタマーレ讃岐(3)vsさいたまSC(0)


()内は勝ち点。


最注目カードは相模原vsYSCCになるんかなぁ・・・福島vs長野も気になりますね。

今日負けたチームは明日も負けたらほぼ終戦です。

現地にいるサポの方々はおそらく有給取っての応援なんでしょう。それが報われる結果になるような試合を期待してます。


残念でならない

昨夜、藤枝MYFCから残念なニュースが発信されました。


所属選手が飲酒運転発覚で解雇というニュースです。


記事本文にもあるので名前を出しますが横山です。


MYFCの試合の際に幾度か名前を出してますが試合中の態度はとてもじゃないけど褒めれたもんではありませんでした。


けどそれは闘争心の裏返しって好意的な見方も出来なくはないってものでした。


けどね・・・これはダメ。絶対にダメ。事故をおこしたわけではないみたいだから検問にひっかかったかスピード違反とかとの合わせ技ってとこなんでしょうけど事故を、ましてや人身事故なんて犯していたらもう本人だけの話では済まなくなる。ましてや地域決勝が始まるまで1週間を切っているこの大事な時期にこんな愚行を犯すなんて・・・ただただ残念だとしか言いようがありません。


MYFCへの戦力的、精神的ダメージはそれ相応に出るでしょう。前線の豊富なMYFCですが、トップとサイド両方こなせる横山が欠けるのは影響がないとはとても言えない・・・


明日から地域決勝です。MYFCはこの試練を乗り越えれるのでしょうか?

あーゆーれでぃ?




もう地域決勝開始まで48時間を切りました。



出場12クラブの関係者及びサポの皆様に至ってはそろそろアドレナリンが分泌しだすころではないでしょうか。



僕は風邪の回復が思いのほか遅く体調が万全ではありません。2006年のこの時期に風邪ひいてたらそれこそ気合とアドレナリンでどうにかしたんでしょうけど。



そんなわけで藤枝には多分行きません。ただし市原はもう完全に全て手配済みなのでよほどのことが無い限り決勝の市原ラウンド土日には出没します。



この大会はあらゆる意味で疲弊します。チームの体力、財力、サポの体力、財力、そして精神力。生きるか死ぬかのそんな刹那な空気に感化されてしまって僕はあの年以来ずっとこの大会を注視しています。一昨年の石垣島は流石に無理でしたが2006年の大分以来、熊谷、松本と決勝ラウンドには行かせてもらいました。今後もよっぽどの場所で無い限りは行くんでしょうね。

Jリーグを目指すクラブとそうでないクラブで温度差は多少はあるんだと思います。僕は完全に前者に該当するクラブのサポなので言いきっちゃいますが、JFLを抜けるよりここ抜けるほうのが苦しいはずです。1敗が命取りになっちゃうからね。

けどやっぱり全国リーグは世界変わります。それは絶対間違いない。各々の力でこの重たい扉を開けるために全力で頑張ってください。

僕がこの大会で見たいのは上手なサッカーじゃない。

ひとまずは安心・・・

http://www.katch.co.jp/community/katchtime/detail.html?id=234


携帯の人のためにこのニュースを転載します。



財政難から存続が危ぶまれていた市民サッカークラブ・FC刈谷が、
来期も存続し、活動していくことを、今日、発表しました。

FC刈谷を運営するNPO法人「かえるスポーツクラブ」の星野勝利会長は、
今日、刈谷市役所で記者会見を開き、
「地域の方々の希望に応え、FC刈谷は来期も存続します」と
話しました。

FC刈谷は、活動を中止したデンソーサッカー部の後を継ぐかたちで、
2006年に市民サッカークラブとして誕生しました。

アマチュア全国リーグ・JFLで活動してきましたが、
去年、東海社会人リーグに降格しました。

FC刈谷は今期、JFL復帰を目指して戦ってきましたが、
東海社会人リーグで2位に終わり、復帰はなりませんでした。

さらに景気後退などの影響で、今年度の収入が昨年度から1400万円ほど減少する
およそ3300万円になると見られています。

星野会長は、来年度は人件費や経費を削減し、
およそ2000万円の費用で運営していくことを発表しました。

また、スポンサー収入を増やすため、刈谷市外の企業にも
積極的に営業することも話しました。

さらに、地域からの支援を得るために、選手が小中学校を訪問して
コーチをするなど、これまで以上に地域貢献活動を行なうことを発表しました。


転載ここまで。


最悪の結果だけは免れたけど中身自体は厳しい内容には違いありません。


FC刈谷が刈谷の街にどれだけ必要とされてるかの試金石になるんじゃないでしょうか。


チームがある限りは可能性はあります。けどなくなったら全てが無になってしまう。

これで来期の東海1部の楽しみが1つ残ったことになりますね。今後を見守ろうと思います。

何も変わらない

J2リーグ 第34節


FC岐阜0-1サガン鳥栖


得点者

鳥栖 豊田


結局風邪の回復が思ったより遅かったので自重しました。

したがってスカパー観戦でした。

一言で言ってしまえば「全部ダメ」。

倉田さんの采配、攻撃、守備の連携、アイデア、引き出しみんな0点。


負けて当たり前です。ホームの東京V戦以来のクソ試合でした。


幸か不幸か次節は休みになります。約10日開くのでもう一度今出来るベストはなんであるかを見直してやり直しです。

あだっちーがやってくる!

http://www.jsgoal.jp/photo/00068600/00068619.html


J特命PR部のマネージャー足立梨花さんが鳥栖戦に来場するってことらしいです。


彼女目当てでもいいからメドウに1人でも多く来て貰いたいとこですが・・・


どうやら風邪は悪化してるようです・・・このままなら日曜は無理っぽい・・・

本気

http://www.fc-gifu.com/news/post-717.html


あえて多くは語りません。


ただ1つだけ言えるのはクラブが何が何でも黒字達成するんだ!って強固な意志を持ってるのがハッキリ伝わってきたってことです。


みんなでスタジアムへ!と言いたいとこですが昨日辺りからどうも風邪をひいたようで体調もメンタルも低調そのものです。日曜までには何とか治したいとこなんですが・・・


前も言いましたが黒字達成はクラブのJ1昇格の必須条件になります。各々の出来る範囲内での目一杯のサポートをしていきましょうね。

こういった経験もいつかの糧になるはず

J2リーグ 第33節


柏レイソル3-FC岐阜


得点者

柏 北嶋 大谷 レアンドロ・ドミンゲス


※新井がイエロー2枚で退場。鳥栖戦出場停止


これまで岐阜は昇格を重ねてここまで上がってきた。


その裏で岐阜の昇格を見届けてきた豊田自動織機、ホンダロック、アルテ高崎の姿が思い浮んだ。


きっと彼らも今の僕らと同じような心境だったろう。


「悔しい」


ある程度今日目の前で昇格される覚悟自体は出来てました。それでもやっぱ悔しいんです。TVの前の僕でそうなんだからいわんや現地組の想いやたるや・・・


まだ昇格の可能性を持っている福岡と甲府戦をまだ残してる。もう2度と目の前での昇格を許しはしない。この悔しさをいつかの糧にするために進化し続けねばならないんだ。



彼は帰ってきた

数日前の話ですが、鈴鹿が新監督を発表しました。


新監督の名前は高木成太。FC岐阜にも在籍していたまだ若い新監督です。


そして彼の現役最後のチームはMIEランポーレ。そう、今の鈴鹿です。


ちょうど今の時期でした。彼は地域決勝の登録メンバーに漏れて橋元圭一郎と2人でランポーレにレンタルに出されました。三重県リーグを2位で終えたランポーレは東海リーグ昇格を賭けての東海社会人トーナメントでの助っ人として請われての移籍でした。


岐阜がJFL昇格を決めて、年が明けてからの東海社会人トーナメント。会場は鈴鹿SGでした。

この年のこの大会で注目を浴びてたのは伊勢ペルソナ。今の伊勢YAMATOです。スポンサーをつけて、三重TVで6部から5部への昇格トーナメントをローカルとは言え地上波でなんて思い切ったことをしてきたんですが・・・


土曜に愛知のトヨタ蹴球団に0-2の完敗。実際に見てましたがスコア通りの内容。そして中継は日曜のみ・・・つまり伊勢のために用意された放送枠は蹴球団vs藤枝ネルソン(今のMYFC)ってマニアック極まりないカードに・・・


そんな伊勢の扱いとは裏腹にランポーレは地味な扱いでしたが土曜はFCゴールを4-0で一蹴。僕は第4グランドで大垣コーガンズvsヤマハ見てたので土曜のランポーレは見てないけどSGのメインから高木と橋元のために岐阜から来た岐阜サポの歓声が何度も聞こえたので「あー、勝ったんやな・・・」と。そして日曜はランポーレvsヤマハとなったのでした。


日曜の試合は一進一退でした。まさしく互角。絶対に上がりたいって闘志剥き出しの好ゲームでした。延長か・・・?と思ったATのラストプレー。混戦の中をランポーレの選手が押し込んで先制したと同時に試合終了の笛。敗れたヤマハの選手は倒れこみ一歩も動けず号泣する選手も。「上がれなかった」だけとは思えない悔しがり方だった。一発勝負の怖さを改めて知った試合でした。


そして岐阜からの助っ人としてランポーレに移籍してた2名は昇格ってミッションを達成して高木は引退。橋元は富山へ移っていったのでした。そして高木は指導者としてランポーレに帰ってきたのです。


まだ彼は若いです。そしてトップの指導歴は初めてとなります。指導者としては未知数ですが未知数ってことはいくらでも可能性があるってことです。岐阜と鈴鹿。両方に縁のある男が新たなステージへ挑戦します。どうやら来年も鈴鹿とは向き合っていかないといけないみたいですね。


あと少しなんだ・・・

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20101105-OHT1T00190.htm


残りホーム3試合、オール3000人台なら黒字・・・


他のクラブなら大して高いハードルではないんだけどいかんせん今年はメドウ・・・つまりほぼ満員がノルマってことです。


福岡戦のアウェイ側が売り切れたとのことですが鳥栖戦、栃木戦はまだ余裕あるみたいです。黒字化はJ1への絶対条件なんで何とか達成したいのですが・・・

ナビスコカップ

テレビで観てました。


すごい点の取り合いでしたね。


J2ではナビスコ出れないけれどカップ戦独特の空気は去年の天皇杯でも肌で感じてわかってる。けどファイナルはさらに特別なんですよね。


僕はまだサポの世界に足踏み入れて優勝を味わったのは東海1部のみです。Jでタイトルを取れるとき、僕はいったいいくつなんだろうな・・・それでも「その時」が来たら絶対にスタジアムにいたい・・・そう感じる決勝戦でした。


ジュビロ磐田の関係者及びにサポーターのみなさん、今日はおめでとうございます。

いいお酒飲んでくださいね。



P・S

ご祝儀に押谷そのまま完全でください・・・


なんだよ・・・それ・・・


GREEN-WIND


朝日新聞の記事です。


最後の一文にものすごく失望してます・・・


責任と覚悟をもって。

http://www.fc-gifu.com/news/post-695.html


岐阜に限らずシーズン中の入籍ってあんまり聞いた記憶無いかなぁ・・・


だいたいオフにって印象があったのですが。


ひょっとして2人のなんかの記念日とかかな?とか思っちゃいました。


これで奥さん(将来は子供も)を養う立場になったし、強い覚悟と責任を持って今以上にサッカーに取り組んで欲しいと思います。


・・・


僕も結婚したいなぁ・・・・°・(ノД`)・°・

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR