FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

もはや大勢は決してしまったのだろうか・・・

東海社会人1部リーグ 第6節


マルヤス工業1-2藤枝MYFC


得点者

マルヤス 日下(PK)

MYFC 石田祐 アラン


帰宅して1時間以上になるが未だにため息しか出てこない。蹴球団vs矢崎の記事もかなり端折ってしまったのはこの試合で受けたショックのでかさ故だ。述懐していく。


マルヤス

GK木下

DF森 山村 大下 稲熊

MF西森 日下 片山 杉山

FW築館 浜崎


MYFC

GK豊瀬

DF奈良林 内田 望月 斎藤貴

MF洪泰日 皆川 石田博

FWアラン 西山 石田祐


MYFCが序盤からポゼッションしていくが決定打のないまま前半は流れていく。前半の半ばからマルヤスはポストの築館に少しづつボールが入るようになり低い位置からゲームを作る日下のパスも通るようになり逆にMYFCを慌てさせる時間が増えてきた。そんな中、築館のポストが基点となり浜崎が左サイドの裏を抜けてエリアに侵入したところを内田が後ろから倒してしまいPK献上。内田はこのプレーで一発退場となってしまう。先ほどの試合の矢崎松尾の退場と違うのは松尾の赤は納得の行く赤だったが内田のこの赤はアンチの僕ですら気の毒に思える退場だったことだ。このPKを日下が左に蹴り込みマルヤス先制。豊瀬もコースは当てたんだけどね。このまま前半はマルヤスリードで折り返し。


マルヤスの前半はプラン通りだったのではなかったかと思う。ベテランの山村をCBに添えて中盤の底から好配球を見せる日下。そしてポストとして一皮剥けた感を感じさせた築館。前節刈谷をボコボコにしたのも頷けるだけの前半の出来ではあった。


HTで一人欠けたMYFCが何らかの手を打ってくるのは必定。その答えは4-2-3であった。ただしDFラインが右から斎藤貴 奈良林 望月 石田博だ。セカンド戦では石田博は頭から左SBだったしこのこと自体に驚きはなかったがDFラインをここまで弄るのはかなりリスキーなはずだ。そして後半始まってから西山を下げて清水を投入して4-3-2に。これでマルヤスはマークがずれだしたのと同時に足が止まりだした。


マルヤスは前半からボールホルダーに常に二人以上でプレスに行きMYFCの3トップを完封していた。けどこのプレスがMYFC相手に90分持つとも正直懐疑的でもあった。そうしたらセットプレーから打点の高いヘッドでとうとう同点。返す刀で左サイドをアランを爆走されてGKと1対1になりこれを流し込み逆転に成功。マルヤスにこれを引っ繰り返すだけの底力は既になくMYFCは10人での戦いでありながらマルヤスを引っ繰り返しての勝ち点3をゲットした。


MYFCが前半で退場を出したのはセカンド戦でもそうだった。そしてセカンド戦もビハインドを負いながらも追いつき勝ち点を得た。この試合に至っては勝利まで至った。10人でだぞ!後半の途中でセカンドが市役所に敗れたことを知った。今日の結果でセカンドは自力優勝が消えた。もちろん優勝の可能性自体は消えてはいないのだがセカンドがアウェイでMYFCに勝ったとしてもその他のどこかがMYFCに引き分け以上に持ち込む必要がある。得失点差を考えたらセカンドが勝つ+どこかに負けor2引き分けが条件になるが・・・この条件はかなり厳しいと言わざるを得ない=MYFCの優勝確率が格段に跳ね上がるという結果となってしまった。


まさか前期でこんなことになるとは思ってなかった。MYFCが走るのは想像していたがセカンドなりマルヤスなりが好位追走は出来ると思っていた。けどこれでは単騎逃げだ。後ろがガチャガチャしてるうちに一人旅で逃げられてはたまったもんではない。東海1部優勝争いはMYFCが抜け出したと断じていい。そしてそれを止めれそうなクラブは・・・思い浮かばない。10人で60分以上だ70分以上だのの試合を2試合もありながら追いつき逆転って試合を眼前で見せられては・・・


悔しいが今年のMYFCは隙がない。個人技頼みで押し切るだけだった昨年は隙があり、それは地域決勝で露呈して惨敗を喫した。その反省をきちんとした今年のチームは底力も証明して東海ではもう決着つけちゃった感がある。それを認める以外ないのが凄まじく悔しいのだ。今年1番サッカーで凹まされた1日であった。明日の鈴鹿vs刈谷は少し違う視点で見ようと思ってる。




タイマーは確実に存在する

東海社会人1部リーグ 第6節


トヨタ蹴球団2-2矢崎バレンテ


得点者

蹴球団 鈴木×2(内1PK)

矢崎 萩田 前川


※矢崎松尾が一発退場(?) 7節市役所戦停止


東海リーグは現在サポグループがあるのはMYFC,刈谷、鈴鹿、セカンドの4チーム。蹴球団と矢崎は所謂声出しグループは現存してない。したがってこの組み合わせは応援グループもなく選手の肉声がハッキリ聞こえる試合となりました。


試合は矢崎がセットプレーで萩田、前川と2ゴールを奪い前半半ばで2-0のリードを奪う。蹴球団はボールの収め所がまるでなくシュートもロクにないまま前半を終える。


だが以前も書いたように矢崎は後半になるとパタッと止まる。その目安は65分だ。そしてそれは今日も露呈した・・・セットプレーのこぼれ球からクロス気味のボールが直接入った鈴木の1点目は不運もあったかもしれない。けど終了間際の裏を取られての宮田の独走を確信を持ってであろう松尾の後ろからのチャージは赤を出されて当然のプレーであった。そして得たPKを鈴木が右に決め蹴球団は今期初の勝ち点をゲットした。


昨年の芙蓉ほどではないが蹴球団はちょっと1部では家賃が高いか?と思わせる内容であり成績ではある。けど2点のビハインドを背負いながら諦めずに勝ち点1をゲットしたことは今後に向けての自信になると思う。1部残留には勝利は欠かせないがそれも決して不可能では言い切れない物を見せてくれた。


矢崎は6試合連続で後半2失点。5試合勝ちなしはこれまでの実績を考えると寂しい成績である。これから暑くなる前からこの後半での止まり方では正直残留争い行きだろうなぁ・・・と思わざるを得ない。08年にJFLまで後半歩まで足を進めたチームだしこのままって事はないとは思うんだけど・・・



カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR