緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

クラシコを見てきました

お盆休み初日。以前から地域リーグウォッチャーとしては絶対外せないと思っていた映画「クラシコ」を見てきました。休み初日だったせいか知ってる顔もいくつか・・・


この作品は2009年の「地獄の北信越」を題材にしたドキュメントですが松本vs長野の信州ダービーを中心線としてその周りの人間を描いてます。まぁかなり松本寄りではあるのですが。


個人的にはこの作品は泣かせるとか感動させるって映画ではないですね。けどサッカーが好きでなおかつ下部カテゴリーを見る人間からすれば共感というか共有できる感覚の部分が多かったかなぁと。


チームを取り巻く絵図そのものは松本や長野が特別ってわけではないです。取り巻く絵図だけなら岐阜でも刈谷でも鈴鹿でも同じような絵図はある。けど松本と長野って対立構造は僕のようなよそ者では分からない歴史構造やその他の要素も交えての言葉だけでは言い表せない物があるのでしょうね。それはスクリーンからも伝わってきました。地域リーグで例えば言えば岐阜vs静岡がこういった映画に出来ます?無理ですよ。松本vs長野だから成り立ったのでしょう。


不謹慎な書き方になるかもしれないが松本山雅ってクラブは陳腐な言葉では表せない「ドラマ性」を持った稀有なクラブだと思う。岐阜と同じ年に地域2部から1部に上がりチームカラーも同じ緑であるのもあってずっと注視してきてアルウィンにも何度か足を運んだ。少なくてもカテゴリーに限ってはずっと岐阜がリードしてきた。天皇杯での直接対決でも一蹴した。けどずっと松本山雅の持つポテンシャルに僕は恐怖を感じていた。スタジアム?サポーター?それだけではない。絶対ない。なんと言うか・・・何かに魅入られてると言うか・・・今回の松田直樹の訃報もそのドラマに組み込まれているのではないか・・・?って不謹慎な錯覚さえおこしたくらいだ。プロのクラブだってここまでのドラマを描いてきたクラブなんか殆どない。ここまで街と相思相愛なクラブだってない。そうゆう意味で僕は松本山雅が怖い。このクラブが持つポテンシャルは僕の想像を遥かに超えてるのかもしれない。あの1万人のアルウィンにいた1人として感じたのはその1部に過ぎなかったんだ。


例え話になるが岐阜もJFL昇格を地元メドウで決めた。あの試合は当時のメドウのキャパ一杯の約2500人程度だったと記憶しているが仮にメモリアルであの入替戦をやったとして1万入ったろうか?多分NOだ。せいぜい今のJ2での動員程度だったろう。あの決して大きい街とは言えない松本で松本山雅がどういった未来を描くか・・・映画を通して感じたのはその部分でした。うまく言えないけど地域リーグを伝える者の1人として色々考える部分の多い映画であり1日でした。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR