緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

明日の準備

明日は今年最初で最後の岐阜のアウェイ遠征です。これから支度しますが男独りの一泊旅行なんかリュックにテキトーに必要なもん放り込むだけです。


カメラにレプユニ、替えの下着に携帯の充電器。あとは眼鏡とワンデーのコンタクト2日分。そしてチケット。必須はこんだけかな。身軽なもんです。さっき博多から大分への電車の切符も買いました。あとは忘れ物ないようにするだけです。


それでは明日は朝早いので早めに休みます。

今はまだ。

ツイッター上で看過出来ない情報が飛んでます。
クラブから正式発表が出た所で考えを書くつもりです。



Android携帯からの投稿

代償

J2リーグ 第5節


栃木SC0-FC岐阜


得点者

岐阜 嶋田


※野田明が累積で。田中が警告2枚で退場。共に北九州戦出場停止。


DF2枚が次節出場停止ってたっかい代償を払う羽目になりましたが今年最初の完封勝利を収めれました。


岐阜もこれまでにはない集中というかコンパクトさがあったのですが、栃木がかなーり悪かったですね。昇格レースで消耗が激しかったのでしょう。この負けでほぼ脱落・・・じゃないかな。


まぁ本音で書くか・・・


栃木に勝ってメシウマー♪



このあたりが適正数だと思うけど・・・

来年から関東リーグは1部も2部も10チームで行われる と発表されました。


これでH&Aで計18試合でのリーグ戦となりますね。やはりこのくらいの数はこなして欲しいなぁ・・・ってのが率直な気持ちです。14試合では紛れも起きないですよ。結局は東海は独り旅でしたし。


試合数が増えるってことは会場の確保の問題も出るのですが関東はグランドの確保も容易いしなぁ。東海だと常時行けそうなのは藤枝市民Gと中京大学くらいしか浮かんでこないもん。方々の大学に頭下げればまた話は別だろうけど。以前は中京大学使う前は愛知の集結開催の場合はあの口論義だったわけですが最近は見てないが当時はとんでもないコンディションだったしなぁ・・・あれはダメだってば。


でも関東ってあんまり集結開催のイメージはないなぁ。関西と九州はほとんどセントラルだけど。中国もそうかな。東海は今は藤枝くらいか。愛知は今年はトヨスポで1回あっただけかな。


ただ関東って上からの降格が出てきそうなんで色々なパターンは想定されますね。YSCCは地決で確実に印打たれる立場だろうし・・・(ジェフリザーブスは既にJFL退会宣言済みだが関東に降りるとは言ってないはず。つまり・・・)リーグ編成はまだこれからですね。


季節の問題とか会場確保等々で各地域でいろんな差が出るのは仕方ないんだけど少しでもリーグのレベル向上のために関係者には力尽くして欲しいのです。下の充実も日本サッカーの繁栄には欠かせないはずですからね。



東海1部ニュース2011Vol18

佳境を迎えた東海1部も残りはたったの2試合となりました。


この連休での試合を持って全日程を終えたのが静岡勢とセカンドの4チーム。残りの2試合は順位確定戦となるのですが残ったのが2位決定戦と残留決定戦・・・今年は2位は意味ないのかもしれないが来年のために絶対に2位になりたいだろうし残留決定戦はもう言うまでもないはず。まずは先週のおさらいを。


FC刈谷0-0藤枝MYFC


矢崎バレンテ2-0藤枝市役所


FC鈴鹿ランポーレ2-1マルヤス工業


FC岐阜SECOND3-1トヨタ蹴球団


2位争いはこのような感じ。


2 鈴鹿 勝ち点22 +1 得点21失点20


3 刈谷 勝ち点20 +4 得点27失点23


そして今週唯一のカードはこの通り。


10月2日(


FC刈谷vsFC鈴鹿ランポーレ

@グリーンフィールド刈谷 13時KO


ええ、駆けつけますよ。九州からね。僕、前日は北九州アウェイでその日の夜は大分泊なんでこの日は大分朝1のIBEXでセントレアから直行する構えです。土産は期待しないでね・・・

とりあえずですが刈谷は勝たないと3位止まり。鈴鹿はドローでも2位確定です。ここに来て刈谷がやっと復調してきたので白熱の試合になると期待しています。これ、来年もこのシチュエーションなら勝った方が地域決勝行きってパターンも十分ありえます。だから気を抜くことなく「その時」の為にもね。


少し早いですがリーグの本当の最終戦はこの組み合わせです。


10月9日(


マルヤス工業vsトヨタ蹴球団

@中京大学グランド 14時15分KO


現状はこのようになってます。


6 矢崎 勝ち点13 -13 得点19失点32 ※全日程終了


7 マルヤス 勝ち点10 -4 得点20失点24


8 蹴球団 勝ち点10 -14 得点13失点27


それぞれの残留条件を。


矢崎→マルヤスvs蹴球団の結果待ちになるがドローor蹴球団1点差勝ちなら残留。ただし蹴球団が6-5で勝利の場合は勝ち点、得失点差、総得点、当該チーム成績、勝率全て同じとなるため順位決定戦。7-6で蹴球団勝ちなら総得点で負けるので降格。


マルヤス→点差は不問。勝つ以外に活路なし。負けは論外。ドローもダメ。


蹴球団→矢崎の所でも触れたが基本的には2点差勝ち以上が条件。2-1とか1-0ではダメ。 1点差でもOKなのは7-6以上。6-5の場合は矢崎の所でも書いたように決定戦。


蹴球団勝ちの場合のみ得点差が問われます。マルヤス勝ちならどんなスコアでもOK。ドローなら仲良く降格。まとめるとこんな具合です。正直言って順位決定戦はないと思います。6-5って条件はまず有り得んでしょうね。ただ東海リーグはちゃんと不測の事態も想定して日程と会場の確保は絶対にしておけよ!?蹴球団は全社控えてるから最低でも10月22日以降になるとは思うけど。


ここで1つ確認事を。東海リーグの順位決定方法は次の通りです。上から優先される事項です。(東海リーグパンフレットより)


1 勝ち点


2 得失点差


3 総得点


4 当該チームの勝敗


5 勝率


6 順位共有。順位付けが必要な場合は再試合。


4まではまぁまぁ想像がつくことなんですが勝率は盲点でした。もっとも今回の件の場合は蹴球団が6-5勝ちとなっても矢崎と共に3勝4分7敗なので問題なかったのですが。万が一の事が起きたら岐阜ホーム戦だろうとお構いなしで蹴っ飛ばして駆けつけます。


ともかく各チームこれが最終戦です。各々悔いのない戦い、そしてサポートを・・・








マルヤス工業絶対絶命

東海社会人1部リーグ 第14節


FC鈴鹿ランポーレ2-1マルヤス工業


得点者

鈴鹿 矢野 伊藤兄

マルヤス 日下(CK直接)
※OGに訂正されるかも



GREEN-WIND



GREEN-WIND

今後の為にも絶対に2位で終わりたい鈴鹿。この試合になんとか勝って残留に繋げたいマルヤス。今年はないが来年は輪番で2位でも地域決勝に出れる可能性があるので今年も2位で終わらせることで来年に繋いでいきたいのだが、モチベーションとしてはどう考えたってマルヤスのほうのが上。ただの消化試合にはならないはずだと信じて石垣池まで足を運んでまいりました。


鈴鹿

GK水谷

DF曽根 大久保 榊 村田

MF黄優勝 矢野 伊藤兄

FW中川 中村 伊藤弟


マルヤス

GK木下

DF成瀬 山村 西嶋 稲熊

MF日下 西森 田中 杉山

FW鳥井 浜崎


試合なんだが前半はひっさしぶりにダメダメな鈴鹿が帰ってきてしまった。1アンカーの黄優勝はクラッシャータイプでバランスを取るタイプではない。その横の空いたスペースを日下、田中、杉山が自在にポジションを変えて鈴鹿のサイドから切り崩しを狙う。それを受ける鈴鹿なんだがどうにもDF陣の集中不足が目に付く。時として信じられない処理ミスを犯して自分から勝手にピンチを招くシーンも幾つかあった。失点もそこから取られたCKからだ。先制後も鈴鹿を攻め立て浜崎のスライディングボレーが無人のゴールを襲ったのだが辛うじてバーに助けられる。これが鈴鹿には後から考えると大きかったかもね。



GREEN-WIND

この試合、コイントスで勝ったマルヤスがボールではなくエンドを取り鈴鹿は前半は向かい風で戦う羽目になった。(試合後に大久保に確認した)けど長いボールをマルヤスはそんなに使ってなかったはず・・・空中戦は大久保が勝ってたんだが前半で追い風を取ったのならなぜマルヤスはロングボールを活用しなかったんだろうなぁ・・・確かに日下の得点は風もうまく活用した技ありゴールだったがそれだけが狙いだったわけでもないだろうし。マルヤスの狙いも?だったがそれを差し引いても前半の鈴鹿は開幕戦の市役所戦以来のミスオンパレードでの自滅コースの内容であった。


後半も変わらずマルヤスのペース。けど決めきるまでは至らず。鈴鹿は相変わらずバタバタしていて良化の兆しはあまりない。マルヤスはスタミナに難があるので我慢すれば目はあると思っていたが高木成太は思い切った2枚替えを敢行した。


大久保→原 中村→関


主将でCBの要の大久保とエースの中村を同時に下げてCBとボランチを投入。システムを4-1-2-3から4-4-2に変更した。これの狙いはおそらく黄優勝の負担を減らすこととチームのバランスを再度立て直すことだったと思う。得てしてこんな状況だとOFに手を入れたくなるんだけどね。これでマルヤスの中盤の封鎖に成功して徐々に鈴鹿がペースを掴みだしてCKからの混戦を矢野が押し込んで同点。間をおかずに中央をフリーで抜け出した伊藤兄がしっかり流し込んで逆転に成功。マルヤスも築館を投入して3トップ気味に勝負を賭けたのだが時既に遅し。タイムアップでマルヤスは痛すぎる勝ち点0。矢崎が市役所に勝利したのでマルヤスは再度降格圏に足を突っ込んでしまった。もっと言っちゃえばラス1前で降格圏なんて棺桶に片足突っ込んでるのと変わりない。蹴球団もセカンドに負けたようなので最終戦はとんでもないデスマッチになることが確定してしまった・・・これはまた後日に。



GREEN-WIND

マルヤスのエアポケットを突いて見事にホーム最終戦を逆転勝ちで収めた鈴鹿だがとても褒めれた出来だとは思えなかった。まだ刈谷戦が残っているのだがその先の名古屋戦のことしか頭ないのか?ってくらいいろんなリスクを嫌ってた節があった。まぁ悪いときの鈴鹿はいつもそうなんだけど・・・僕だってベストメンバーで名古屋とどのくらいやれるか見てみたいがにしたってねぇ・・・もっと行くところでは行って欲しかったですね。おそらく名古屋は相当メンバー落とすはずですが今日の出来では控え組でも・・・って出来でしたよ。


マルヤスはもう最終戦に全てを賭けるしかない。運命の蹴球団戦は10月9日。







激甘大開放モード

J2リーグ 第29節


FC岐阜1-1愛媛FC


得点者

岐阜 佐藤(PK)

愛媛 東


正直申し上げましてこの試合に行くこと自体がすごいエネルギーを強いられたのですがいざ行ってこれでは・・・って内容でした。熊本戦を大凡戦と評しましたがあれよりも更に酷い内容になるとは・・・


愛媛のサポの方には申し訳ありませんが今日の愛媛はスカスカガバガバのパチ屋で言うとこの大開放モード状態でした。特にボランチのルーズっぷりは「指示!?」と思うくらい嶋田や地主園を泳がせてました。岐阜も岐阜でいつも通りだったわけですが岐阜より酷い中盤見るのも久しぶりだったような・・・もっとも釘が甘くたってかからないときはちっともかからないのはパチンコもサッカーもさして差はないわけでして。そうゆうわけで退屈なサッカーでしたよ。


帰って確認したら愛媛のシュートってあれ一本だったんですね。それをきっちり決められる辺りもうね・・・何をいわんやって感じ。見事な崩しでした。シュートも完璧だったし。


正直言ってなんで勝ち点1取れたかわかんないです。PKの判定自体は極めて妥当だったんですが。ちょうど位置的に野垣内が突き飛ばされたのハッキリ見えましたし。突き飛ばしたのが誰かまではわかんなかったなぁ。


とりあえず改めて宣言。次のホーム戦は行きません。天皇杯の北九州戦も多分行きません。理由はさんざ説明してるので割愛します。






残りは北海道と九州。

中国リーグの優勝がデッツォーラ島根に決定しました。おめでとうございます。


これで残りはあと2地域となりましたが九州は日曜日に決まるのかな。


このチーム名では初めてですが07年にセントラル中国って名前で地域決勝に出てます。確か為す術なく松本の地に散ったと記憶してますが・・・


全9地域の中でも1、2を争う混戦を制しての地域決勝進出。その勝負強さは本番で発揮されるのか?神話の国からの挑戦はこれから始まります。

ねむねむ

とんでもなく忙しい1日でした・・・


明日は温泉で疲れ癒しにいきます・・・

自助・共助・公助

ようやく東海地方は大雨も台風も峠を越えました。関東のほうはまた帰宅難民が発生しそうですが大丈夫でしょうか・・・


前回の震災、先日の台風12号。そして今回の15号。僕が影響を受けたのは15号だけでしたが災害の対応においてこのような言葉があるのを学びました。


自助・共助・公助


まずは自分の安全を確保するための行動。周りの人の安全を確保すること。そのための協力。そして自治体の避難場所確保。災害救助対策。これらは三位一体です。


今回名古屋市は100万人以上の人(僕も含む)に避難勧告を出しました。10年前の東海豪雨の際は僕の住む緑区も大概な被害を食いましたがその教訓もあったのでしょう。全名古屋市民の半分近い人間に避難勧告を出したことに対して今後是非を問う声も出るかもしれません。実際に避難したのは3000人程だったかな。現実問題100万も避難できるだけの各区の設備はありませんしね。


けどね、僕は今回の市の対応は正しかったと思ってます。被害出てから何で出さなかったと批判されるよりかは全然いい。空振りだったかもしれないけど県を通しての自衛隊への災害救助要請も迅速でした。庄内川も大した被害なかったようで何よりでした。行方不明者や犠牲者は結局出てしまったみたいですが・・・


自治体としてのやるべきことはやったと思います。そこからは個人の責任になってしまうわけで。僕は爺ちゃん婆ちゃんと住んでますが二人は妹に頼んで妹の家に逃がしました。昨日の昼の時点での雨は目の前が川の僕の家では危ないと判断したからです。結局昨夜は泊まってもらいました。妹には申し訳ないことしました・・・僕は帰宅時間の時点で水も引いていたので留守番も兼ねて帰りました。何もなくて幸いでした。


結局のところ、自分の身を守るのは自分でしかないんです。まずは自分で考え正しい情報を取捨してその上で動く。あくまでも初手はそれからだと考えます。自治体等に助けを求めるとかはその次。例えば昨日の僕は雨や交通状況次第では帰らないって選択肢もありました。帰れると判断したから帰りましたけど。今回は自助・共助・公助の言葉の意味を改めて考えさせられました。けど多くの会社員の人らはわかっていてもなかなかできんよなぁ・・・今回の関東も直撃しそうになってから帰宅命令では遅いってば・・・予報でどうなるかわかってたでしょうに。半年前のあれは何だっただろうなぁ・・・


とにかくこの台風での被害が少しでも少ないことを祈ります。

みなさん大丈夫でしたか?

なんとか無事帰宅しました・・・


明日が山場みたいですが無事に通り過ぎて欲しいです・・・

頭使おうよ

J2リーグ 第28節


ヴォルティス徳島4-FC岐阜


得点者

徳島 柿谷×2 津田(PK) 西嶋

岐阜 菅


※菅が4枚目の警告で愛媛戦停止


試合開始直後に荒天でスカパーが映らなくなったんだけどできればずっとそのままのがよかったのかも・・・相変わらずの負け方に溜め息しか出ません。


前半押し気味だったのは確かですが、徳島側のバイタルがすごく水が溜まってボールが何度も止まるシーンがありましたよね?にも関わらず岐阜はそこにグラウンダーで出してばかりで勝手に自分達の流れを壊して相手にリズムを渡して失点。もう様式美といっていいくらいのパターンでした。


徳島の得点に至ったシーンのラストパスはそんなグランドを嫌っての浮き球ばかりでした。グラウンダーよりも浮き球のほうがコントロールは難しいけどそれも含めてのプロの技術でしょうに。結局何も成長も進歩もしてないのを証明しただけでした。


昨日夢スコでも食わん限りは長良川って書いたけど気持ちはかなり萎えてます。当日まで考えます。

東海1部ニュース2011Voll18(訂正あり)

いつもは月曜更新の東海1部ニュースですが今日は日曜に。


今日の全結果です。


藤枝MYFC2-1マルヤス工業


藤枝市役所3-FC岐阜SECOND


矢崎バレンテ3-3トヨタ蹴球団


残留レースはこのようになってます。


6 マルヤス 勝ち点10 マイナス3 得点19失点22 残り2試合


7 蹴球団 勝ち点10 マイナス13 得点10失点23 残り2試合


8 矢崎 勝ち点10 マイナス15 得点17失点32 残り1試合


一応、5位のセカンドも数字上はまだ残留が確定してないんだけど降格条件が非現実的なんで割愛。(最終戦で蹴球団に7失点差以上で負ける&蹴球団がマルヤスに勝たない限り大丈夫。この場合マルヤスと得失点差勝負


※ツイッターで指摘がありましたがマルヤス、蹴球団の「両方が」セカンドの勝ち点16を上回る可能性はゼロでした。したがってセカンドの残留は「確定」です。失礼しました。


まぁごらんのようにとんでもないことになっております。勝ち点で全て並んだのですが以前残り試合の関係で矢崎の不利は変わりません。願わくば優勝争いがこのようになって欲しかったのですが・・・これもいたし方ありません。では次節の組み合わせです。いくつかのチームはこれがリーグ最終戦となります。


9月24日(


FC刈谷vs藤枝MYFC

@グリーングランド刈谷 13時KO


9月25日(


FC鈴鹿ランポーレvsマルヤス工業

@石垣池 14時KO


矢崎バレンテvs藤枝市役所

@藤枝市民 13時KO


FC岐阜SECONDvsトヨタ蹴球団

@各務原スポーツ広場 14時半KO


静岡勢が全て最終戦になりますね。矢崎は勝たないと降格決定です。(最終戦がマルヤスvs蹴球団なので勝ち点1では得失点差で必ずどちらかに負ける)つか矢崎の残留条件って・・・


1 市役所に必ず勝つ。


2 マルヤス、蹴球団共に負けor分け。なおかつ最終戦ドローの結果待ち。


ようするに勝ち点13にして相手待ちしか望みなしです。これはかなり厳しい条件ですが絶対不可能ってほどでもない微妙なところです。1995年からずっと東海社会人のトップリーグの座にいた名門が意地を見せるかが今節の一押しではないでしょうか。


24日は岐阜vs愛媛が16時からなんで刈谷行ったら長良川は無理。逆も然り。明日の徳島vs岐阜次第で考えます。夢スコでも食らわん限りは長良川ですが・・・


25日は石垣池で考えてます。各務原でもいいんだけどマルヤスの意地を見たいってのが理由かな。どうも今日は築館が不在だったようなんですが仕事か停止か・・・そういえばマルヤスはホーム戦は会社が融通利かせてくれるがアウェイはこの限りでないって言ってたなぁ・・・(試合運営責任があるかららしい)そうだとしたら何枚かメンバー落ちがあるかもなぁ・・・うーん。


ともあれ東海1部もあと最大2試合です。どのチームも後悔のないように・・・














プレーを楽しむ&観るのを楽しむ。

いい加減ネタがないなぁ・・・と案じながら徘徊してたら鈴鹿がこんな試み。


岐阜でも定期的にあるんですが鈴鹿は天然芝でやれるってのが岐阜との違いですね。


残念ながら鈴鹿のこれ、僕も参加したかったのですがこの日は僕は九州にいるんだなぁ・・・つか次の日鈴鹿はアウェイで刈谷戦だぞ!?レギュラーはさすがに参加せんだろうけどこういった試みは継続して行って欲しいのです。スポーツに触れる機会を提供するのは地域のクラブの義務だと思ってます。


そして観戦に関しては長良クラブからこのようなお知らせも。


行ったことある人ならわかる思いますが各務原スポーツ広場は決してたくさんの車を捌ける施設ではないです。かと言って電車で来いともちょっと言い難い場所。どうしても車で来ないとしょうがない場所ですがこのようなご好意を無にするようなマナー違反をすることなく楽しくサッカーを楽しむためにルールやお願いを守ってお越しくださいね。この日は僕は各務原ではなく石垣池を予定してます。


これからスポーツの秋が始まります。スポーツを楽しむ方法は色々あるからみんなエンジョイして欲しいですね。



地域決勝概要

JFAの公式に「こっそり」と地域決勝の概要が上がってました。


当初は宮城県、福井県、兵庫県って予定だったのですが震災で宮城から高知に変更。この決定自体は仕方ありませんが妥当でしょう。高知は毎年開催で協会にノウハウあるし。


そしてファイナルは大阪長居「第2」競技場。どうせならキンチョウか第1使って欲しかったが長居なら例年になくアクセスは便利です。大阪なら以前は鶴見緑地だったんですがあそこは鳴り物例外なく禁止だし確か人工芝張ったからもう使えないんじゃなかったけなぁ・・・関西は洲本と長居で連続で見れますので関西地区のサッカーファンの皆様も是非是非お越しくださいませ。


そしてこの中の一文で絶対無視してはいけない条項がこれ。


参加チーム数はつぎのとおり12チームとし、原則として2011年10月16日(日)までに出場チームを決定する。
本大会は下記の区分により選出されたチームによって行う。

  1. 9地域リーグより1チーム
  2. JFA優遇措置を承認された1チーム(JFA理事会承認された場合)
  3. 全国社会人サッカー選手権大会より最大2チーム (本大会の出場権を得ていない、社会人大会4位までの上位2チーム)

※なお、(1)~(3)で12チームに満たない場合は、下記の優先順位で出場チームを決定する。
2010年度6月末の全社連登録数の多い順
(関東・関西・九州・東海・北海道・中国・北信越・東北・四国)で巡回し輪番とする。
(2010年関東出場、2011年は関西・九州・東海の順、2012年は2011年に出場した地域の次から)
※(2)については9月JFA理事会承認決定、(3)については全国社会人サッカー選手権大会終了時決定。


ファイナルが関西だからってわけではないけれど今年は全社次第では「関西」2位が地域決勝に出れるってことです。つまりバンディオンセ加古川。来年以降は例の飛び級が廃止になるので輪番で各地域2位が地域決勝出れることになります。甲子園の記念大会みてーだな。


つまり今年は各地域で9。相模原で10。全社で12が揃うってことになりますが全社枠で権利持ち(相模原含む)が上位に入れば加古川も出れるってことになります。個人的には飛び級廃止もこの輪番ルールもOKです。可能な限りの公平性を模索した結論だったんでしょうね。


これ、九州2位も場合によっては準決勝がこの組み合わせになれば出れるのかな・・・?


相模原vs加古川  



MYFCorYSCCorHOYOvs福島


こうなる可能性は決して低くはないんだよなぁ。そうなると来年は東海2位でも地決に出れるのでやっぱり全社も無視できなくなる。とりあえずはまずは全地域が出揃うのを待とうかな?いまんとこ半分は決まってるんかな。


北海道 ノルブリor札大GP



東北 福島(ほぼ決まり)



関東 YSCC(決定)



東海 MYFC(決定)



北信越 JSC(決定)



関西 奈良(決定)



中国 島根(山口、岡山も可能性有)



四国 愛媛しまなみ(決定)



九州 HOYO(まだ両鹿児島も可能性有)



推薦 相模原(決定)


ちょうど半分でした。もう地域リーグも佳境なんですよね・・・早いなぁ・・・

無視出来ない話

来期のJ1は土曜に。J2は日曜に。ナビスコ杯は水曜に原則開催とする。


歓迎できる部分と勘弁してくれ・・・って部分と両方ありますね。この決定。


まず歓迎出来る要素は日程が固定されることで予定は組みやすくなるってこと。HとAの違いはあれど日曜はFC岐阜の日って印象付けることも不可能ではないでしょう。デメリットはアウェイ動員には確実に響きますね。特にナイターの場合。そしてこっちがアウェイ行くのも躊躇うシチュエーションが増えるでしょう。


そしてナビスコにJ2も参加出来るって話ですがこれH&Aで試合やるの?ノックアウト方式としかないですが一発勝負ではJ2側にあんまりメリットない気がします。特にJ2がアウェイで初戦敗退ではなんの意味も見出せないわけでして。けどH&AではJ1、特にACL組は文句も出るかもなぁ。この辺りはもうちょい待たないとダメかな。


個人的な話ですがこの決定、来年以降の僕の活動には影響が出るのは否めないです。理由は1つ。東海リーグと被るのが格段に増えることが目に見えてるから。以前僕は活動の優先順位を岐阜H>東海>(行ける場合)岐阜A>その他としてましたが来年以降は「行きたい試合優先」にしちゃうかもしれないです。したがって岐阜より東海が増える可能性も否めないです。その逆だって有り得ますが。


ずっとナイターが続いていたせいもありますが今の岐阜のあの体たらくな試合見た後に1時間ちょっとかけて家路につくのは精神的にも肉体的にもツライもんがあります。岐阜の試合に行く行かないに関わらずシーチケは買うつもり。けど正直木村続投なら来年のシーチケを積極的に買いたいとは思わない。チームが良化する要素ゼロですもん。


ちょっと考えます。基本の方針は変えたくはないんですけどね・・・


肉離れだとは思ってたが…

何をどうしたら腹筋が肉離れするんだよ!?
呆れて物も言えません…



Android携帯からの投稿

人事なんかじゃない

ジェフリザーブス活動終了のお知らせ。


JFL時代に長良川で煮え湯を飲まされたのを覚えてるサポもいるんじゃないかなぁ・・・あの時はまだトップから修行に来てた選手がいたような覚えがあります。


本文にもあったんだけど千葉がこのようなチームを持ったのは真剣勝負での育成の場を求めてだったと認識してます。事実それが機能して今のトップのGKである岡本なんかは実戦経験を積めたのではないでしょうか。


結論から言っちゃうと未だ過渡期にあるJの歴史においてはこのようなチャレンジは時期尚早だったのかもしれません。非常に意義を感じるグッドチャレンジだとずっと思っていたのですが残念です。


現在Jクラブでこのような下部チームがあるのは・・・


千葉→ジェフリザーブス


新潟→JSC


岐阜→岐阜セカンド


岡山→ファジアーノネクスト


愛媛→愛媛FCしまなみ


これだけかな?もし漏れがあったら指摘してください。この中で明確に育成目的って言えるのは岡山だけかな・・・?セカンドは国体チームだしジェフはこの通り。JSCとしまなみもトップと積極的に関わってるかと言えばどうだろう・・・って感じだし・・・ハッキリいってしまえば登録ルールの変更でこのようなセカンドチームを持つ意義は薄れてきてるのではないかと感じてます。ザックリ言うと野球で言う1軍と2軍の関係だったのが移籍扱いになった。)トップからだけの視線で見ればね。


けどね。このチームで頑張ってる選手、スタッフを蔑ろにするのと変わんないんですよ。その視点は。企業クラブが会社の都合でクラブ畳むのとこれじゃ大して変わんない。どちらかと言えば仕事あるだけそっちのがマシ。下手をすれば生活の糧まで奪う行為と変わらないんですよ。プレーする環境を奪うのは可能性を奪うのと変わんない。


話を岐阜セカンドに限るけど来年の国体が終わったら岐阜セカンドがどうなるかは僕が聞きたいくらいだ。ただ相変わらず母屋がこんな有様なんで個人的には見通しは明るくはないと感じてる。少なくても岐阜セカンドって名前ではね。けど先に書いたようにクラブの都合だけで簡単に切り離したり切り捨てるようなことはして欲しくない。FC岐阜の看板を外すなら外すでもいい。チームは絶対になくして欲しくない。なくすのは簡単かもしれないけどこのチームを失ったら結局岐阜サッカーに取っては後退することになってしまう。なんとかいい着地点を見つけて欲しいのです。

東海1部ニュース2011Vol17

MYFCの優勝は既に決まってますが東海1部は終わってない!はい、今節の全結果です。


FC刈谷2-4マルヤス工業


トヨタ蹴球団2-1藤枝市役所


FC鈴鹿ランポーレ1-5藤枝MYFC


FC岐阜SECOND1-1矢崎バレンテ


まず驚いたのは優勝決めてもアランがいなくても手綱緩めることなくMYFCが鈴鹿を木っ端微塵に粉砕したこと。そして降格圏2チームが揃って勝利してとうとう矢崎が最下位に転落したこと。最終戦までは残留争いの順位表だけを。


6 マルヤス 勝ち点10 -2 得点18 失点20 残り3試合


7 蹴球団  勝ち点9  -13 得点7 失点20 残り3試合


8 矢崎   勝ち点9  -15 得点14 失点29 残り2試合


ごらんのように数字上はマルヤス若干有利。しかしマルヤスは相手がキツい。蹴球団はマルヤス戦も矢崎戦も残している。矢崎は数字上は厳しいが残りの相手は比較的楽。正直どうなるかわかんないです。10月9日のリーグ最終戦がとんでもない激アツのシチュエーションになるのは確実と思われますが・・・それでは今節の組合わせ。今週は3試合になります。


9月18日(


藤枝MYFCvsマルヤス工業 

@藤枝市民 正午KO


藤枝市役所vsFC岐阜SECOND

@藤枝市民 14時15分KO


矢崎バレンテvsトヨタ蹴球団

@藤枝総合陸 14時KO


全試合藤枝開催!!困ったなぁ。藤枝行ってる金銭的余裕は多分ないぞ。3連休中日だから時間は無問題なんだが。多分行きません。ツイッター頼りになっちゃうだろうなぁ。個人的には矢崎vs蹴球団のデスマッチがすごく見たいんですけどね。どちらかが勝ち点3を取ったら負けたほうは一気にヤバくなるこの1戦。この試合は目が離せない・・・けど多分この試合が1番情報入手に手を焼くんだろうなぁ・・・


反省せなならん。

東海社会人1部リーグ 第12節


FC岐阜SECOND1-1矢崎バレンテ


得点者

セカンド 細野

矢崎 河井


トップに先立ってメドウで行われた今年最後の親子開催。相手は降格圏崖っぷちの矢崎。一方セカンドも2名停止の松江、村松、中村と主力が怪我。決して磐石とは言えない2チームの対戦。


セカンド

GK本田

DF安田 倉田 東間 吉岡

MF佐光 栗本 角 安西

FW北川 細野


矢崎

GK宮城

DF大森 松尾 杉本

MF田中 鈴木 前川 河井 渡邊

FW井口 萩田


先に言ってしまうと今日の前半のセカンドは個人的にはこれまででワーストに見えました。とにかくパスが繋がらない。攻撃はたまたま高い位置で奪えた時の北川の単騎突破くらい。トップでも同じこと言えるんだけどやっぱりポイント作れないと速攻にせよ遅攻にしても出してなくなっちゃいます。矢崎は松尾をはじめとしてよく声が出ていてうまく後ろからコーチングできてたんですがそこから先が続かない。前半は0-0で折り返し。


後半早々に矢崎の河井の右からのクロスがそのままゴールに吸い込まれ矢崎先制。本田は目測誤ったのかな?風ない割にはよく伸びたボールではあったのですが。ただ後半10分過ぎから吉岡が割と高い位置でポイントを作れるようになり徐々にセカンドのペースに。ただ今日はどうにもシュートが入らない。宮城が割と当たっていたのもあったのですが・・・


セカンドも焦りが見え出し矢崎はいつものようにファウルが目立つようになってきて試合は荒れ気味に。審判団がだんだんコントロールを失いつつあって両軍の選手も不満を露に。見るに耐えずスタンドから怒声を発したのですがどうも審判にバッチリ聞こえてしまったようで・・・確実に目が合いました。聞こえたのが確かだから言うわけではないが客の罵声でジャッジに影響出せれたらたまらんしなぁ。この辺りは反省せねばならないです。


結局試合はAT突入直前に細野がなんとかねじ込んでドロー。矢崎は目の前の勝ち点3をすんでのところで逃がすという藤枝での試合の逆を行く結果になってしまいこれでなんと最下位転落。(詳しくは明日)名門矢崎がついに崖っぷちどころか転落寸前まで追い詰められてしまいました。残りが比較的楽な相手とは言っても最低あと1つは勝たないと脱出は難しい。(残りは蹴球団と市役所)名門は意地を見せれるか。とは言ってももう今年は矢崎見る機会ないだろうなぁ・・・今日の出来見る限りでは残留確率は50もないと思う・・・


 

貴様と俺は同期の桜~♪

J2リーグ 第27節


FC岐阜1-1ロアッソ熊本


得点者

岐阜 嶋田

熊本 武富


大凡戦。


岐阜はいつもの出来でしたがそんな岐阜相手に勝ちきれない熊本もここ数試合の絶不調振りもさもありなん。同期のよしみで勝ち点1をもらえたと思うことにします。


にしてもねぇ・・・あんまり個人名出して言いたくはないんですがブルーノ。これで途中で出てきて負傷で退場って3回目ですよ?ハッキリ言ってプロサッカー選手としてのフィジカルじゃありえんでしょう。もうこんなコスパだったら来年はいらない。助っ人として体をなしてないもん。日本人以上に外国人には目に見える結果が要求されるのに・・・


もうこれから彼は一平くんとよぶことにします。


もし意味がわかんないなら「愛媛FC 一平くん」で検索すれば多分わかります。


しかし熊本。前半30分までのタコ殴りタイムで点取れないってのは重症ですねぇ・・・いつもの観戦メンバーでの会話で「天皇杯でJに挑む県代表くらいな差がある内容だぞ・・・」って言葉が出て納得の行く差があったのですが・・・(どっちがどっちかはあえて言わん。)って相手のこと心配してる余裕なんて1ミクロンもないわけでして・・・


未だ光見えず。どうすんだこのチーム。


最後に熊本サポーターの皆様へ。


GREEN-WIND


どんな経緯があったかわかんないけどこの段幕張ってくれてありがとうございました。彼は元気で頑張ってますか?




あれから半年

あの日から半年たちました。


未だ多くの方々が苦しんでおられます。国の対応が政局ばかりで遅々として進んでないことに苛立ちを感じます。


少しずつ平常の日々に戻っては来てるんだろうけど個人的にはまだ何も解決してないと思ってます。


改めて多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈りします・・・1日でも早く復興が叶いますように・・・

高校生クイズは死んだ

昨日の夜は高校生クイズを見てました。


もう見ないつもりだったんですけどね。


僕は高校時代あの番組に出るために学問以外の勉強のほうがはるかに時間が多く、またそのせいもあっていらんことばっか頭に入っていきました。その影響は今も色濃く残ってます。


僕が現役の頃は世がクイズブームなのも手伝って今年の全参加者数よりも多い数の高校生が中部大会だけで集まってたくらいでした。3年間全部1万人超えてたんじゃなかったかな。もちろん全てが全て勝ちに来た高校生ばかりではなく遊びに来たゆうかひどいのになるとナンパしてたようなのもおりました。けどねぇ、それでもそこに来てた高校生はたとえ1問目で負けても楽しんでたし充実して顔してましたよ。


高校生クイズだけでなくウルトラクイズでもそうでしたがこの2番組は所謂「クイズ屋」さん以外でも勝てる可能性のあるクイズだったんですよね。体力の要素や運。そしてチームワーク。進学校の頭のいい子らを運と勢いだけでなぎ倒していく姿が爽快だったんですけどね。


けど今はもうただ単に勉強の出来る子以外は用なしになっちゃいました。それも東大京大当たり前レベルの学校に限定されて。そこらにいる普通の高校生ではもはや土俵にすら立てないようになってしまいました。


そんな高校生クイズに普通の高校生が参加すんの?僕が現役なら絶対出ない。勝負にならないもん。参加者激減になった一番の要因はこの路線になったことではないかと考えてます。確かこのやり方で4年目くらいだったかな?どうやら数字だけはいいようなのでこのやり方はTV局的には「あり」なんでしょう。けど肝心の参加者が激減してるって現実をどう受け止めてるんでしょうかね。


昔は良かったなんて言いたくはない。時代と共にニーズは変わるってことくらいは理解してるつもりだ。けどこれが今のニーズなんであればもう僕は二度と見ない。自分の青春を汚されてる気分だ。思い出は思い出のままそっとしておいたほうがいいってよく言うがまさしくそうだ。あの時の青春を捧げた高校生クイズはもう死んだ。今ある高校生クイズは僕が愛したそれではない。

相模原の件

昨日の時点でわかっていたんですが相模原がいわゆる「飛び級」申請を認められて地域決勝への切符をゲットしました。


まぁ去年もそうだったんですが与えられた権利を行使したのが相模原だけでそれが認められただけなんですよ。ただ多くの人が釈然としてないのは相模原が関東2部でも圧倒してるとは言い難い成績故・・・なんですよね。(現在2位。首位は全社にも出てくるエリース東京。)


本音としてはこんな成績でよくもまぁ恥ずかしげもなく申請しやがって・・・って部分はあります。けど去年は全社で3位に入ったので優遇関係なく地域決勝への権利を取ったのと同じです。それもあってこの件に関してはあんまり文句は言わなかったのですが。今年も全社でそれ相応の結果を出せばこれ以上は何も言うつもりはありません。ただみっともない結果であったときにはネチネチ嫌味言うかもね。それもあって今現在の時点では全社開幕日の浅中での六花亭戦を見ようかなぁ・・・って思いはあります。できればセカンドとベスト8で見たいのですがその日は月曜なんで手も足も出ません。


ただこの飛び級制度、今年で廃止なんですよねぇ。(PDF)結局この制度、相模原制度って言っても過言ではないと思うんですよ。相模原が今年も失敗して来年関東1部になったとしても関東は全地域ナンバーワンの激戦区必至。そういった意味では相模原は今年がラストチャンスって言い方も出来るのです。


とりあえず静観します。岐阜での全社なんで大垣養老コースの有力チームは見ておきたいんだがなぁ・・・


よかったよかった

ふぅ・・・なんとかOGのおかげで今日なでしこがロンドン行きを決めました。


中国の前半最初の決定機を決めてればこうはならんかったでしょう。そういう意味ではWOMはOGのGKだったかな。


なでしこは北朝鮮戦見直しましたがコンディションはさらに悪化してたかと・・・だから中国戦まで引っ張りたくなかった。vs日本となると韓国と中国は目の色変えてくるから・・・ただこれで中国戦は主力を休ませることできるんかな?つか休ませろ。タイ戦で見た控え組は経験不足を感じました。少しでも経験積ませる為にも中国戦は控えも積極的に使うべきだと考えます。ただしアジア予選の順位が五輪の組み合わせに影響するのであればこの限りではありませんが。


ともあれホッとしました。今日の試合後に近賀がだいぶ凹んでいたようですがこれで少しでも傷が浅くなればよいのですが。

聖域

なんか天皇杯の決勝の日程を来年度以降から前倒しするって報道が出てますねぇ。


結局のところ代表選手の日程過密による疲弊を考慮するってことなんでしょうけど・・・今年はアジアカップがあったし年末はACLや場合によってはCWCだってある。そういう変化の中で「聖域」と化してた元日国立も無理が生じてきたんかなぁ・・・って印象です。正直言って寂しい話なんですけどね。


ただ決勝を前倒しするってことは=各県予選も前倒しってことですよね・・・?そうなると地域リーグや県リーグにもしわ寄せが来てしまって結局歪みが生じてしまわないでしょうか?東海に限って言えば愛三岐の3県はほぼ同じスケジュールなんでこの3つは大丈夫だと思うのですが静岡はこの3つとはちょっと違うやり方なんですよね。各地域どころか各県単位で色々調整するのは大変だろうなぁ。ここ数年は県決勝をNHKが中継してくれてたしそっちも調整いるだろうし。


ひょっとしたら47都道府県代表ってやり方も変えるかも。各地域代表プラスJクラブで計64チームくらいになっちゃうかもなぁ。これなら決勝まで64→32→16→8→4→2で6試合。リーグやナビスコ、代表の狭間でこなしていくならこのくらいの数が妥当なのかもとも思ったりします。


まぁいずれにしても決定には従う以外にありません。どのような形になるかもわかんないです。この大会に限って言えばプロアマオープンのトーナメントである以上プロだけの都合で弄くって欲しくはないなぁってのが僕の今の気持ちです。

最低限・・・

アウェイですし最低限勝ち点1を取れたことでOKとしましょう・・・


ただ中盤の間延び感とボールの摂られ方の悪さが目立ったかな。清武の投入でリズムが変わって内田-岡崎で追いついたわけですが北朝鮮戦同様にヒヤヒヤさせられる試合だったですね。けどなぁ・・・本田不在を言い訳にしたくはないけどボールが収まらないなぁ・・・こんなピッチでは香川も生きないわなぁ。


北朝鮮とタジキスタンは1-0で北朝鮮みたいですね。これで次のタジキスタン戦をしっかり叩けば前半は首位で折り返せます。つか勝たないとアウェイ2つがマジにキツイのでしっかり勝ちましょう。いや、勝ってくれると信じてます。


悪いなりに結果を残す

昨日のなでしこの五輪予選、ワンセグで結果はわかっていたのですが20時からの再放送で改めて見直してました。


結論から言っちゃうとW杯を100としたらせいぜい6~70のコンディションじゃないでしょうか。


11日間で5試合って条件は6チーム全て同じなんですが間にタイって一段力が落ちて言い方悪いですが中休みが出来るチームと違って既に初戦でタイ戦を消化してる日本はもうノンストップで走るしかありません。次の北朝鮮戦でドローならほぼ当確。勝てば当選なわけですが・・・コンディション的にはもういっぱいいっぱいでしょうけど頑張って欲しいです。相手も相応にへばっているはずですし。(北朝鮮はタイ戦をまだ消化してない。)


そんな中悪いコンディションでも悪いなりにきちんと結果を出すのは大したもんです。地力のある証拠です。どんなチームでも波はあるんですが強いチームはきちんと状態が悪くてもまとめてくるもんです。今のなでしこはそれが出来てると思います。


岐阜に関してですが繰り返し言いますがもう競艇で言うところの全バラ整備しか手立てはないと思います。小手先の整備ではもうダメでしょう。もっともあの監督は整備すらしてないように見えますが。ホントたまたま調子良い時に相手が絶不調ならどうにか・・・しか勝ち目ないかも・・・ほんとポジティブになれる要素が欲しいんですが・・・


東海1部ニュース2011vol16

藤枝MYFC,東海1部連覇!


昨日の市役所戦に勝利して藤枝MYFCが東海1部連覇を果たしました。MYFCの選手、並びに関係者サポーターの皆様おめでとうございます。地域決勝での奮闘を期待します。


そして結果はこの通りです。


藤枝MYFC6-0藤枝市役所


うーむ・・・リザルト見たら後半5失点とは・・・去年も市役所はこの時期に息切れしてたとはいえ・・・しかもアランが例の自主ルールで3試合休み。アラン抜きでどうなるか注目してたのですが・・・うーん・・・


ともあれこれで優勝が決まった以上残りは最終順位並びに残留争いです。残り少なくなった今、1試合1試合をこれまで以上に大切に戦って欲しいもんです。それでは今節の組み合わせです。


9月11日(


FC鈴鹿ランポーレvs藤枝MYFC

@石垣池 14時KO


マルヤス工業vsFC刈谷

@港 正午KO


トヨタ蹴球団vs藤枝市役所

@トヨスポ 14時KO


FC岐阜SECONDvs矢崎バレンテ

@メドウ 15時KO


19時にメモリアルで熊本戦があるんで普通にメドウのハシゴになるんじゃないかなぁ・・・港→メドウも考えたけど1時間で港→メドウはどう考えても無理があるしなぁ。メドウ行かない=熊本戦も行かないってことになるけどさすがにこの日はハシゴを選択すると思います。カード的に行きたいのはMYFCvs鈴鹿なんですが。


もしお時間があるようでしたら是非岐阜サポの皆様にはハシゴをお勧めします。トップとセカンドの違いを知るには自分で見るのが一番だと思いますよ。


J1と戦える!

天皇杯の東海対決の結果です。


FC鈴鹿ランポーレ1-0中京大学


FC岐阜SECOND2-1静岡産業大学


よーし!東海1部勢が共に勝利!!これで共にJ1と戦うことになりました。

ハッキリ言ってJ1と東海1部では勝負になりません。少なくても向こうがベストメンバー出してきたらね。けど少しでもメンバー落としてなおかつ心に緩みがあれば・・・ひょっとしたらがあるかもしれないですよ。両チームの天皇杯次戦はこの通りになります。


10月12日(水)


名古屋グランパスvsFC鈴鹿ランポーレ

@瑞穂 19時KO


10月8日(


清水エスパルスvsFC岐阜SECOND

@アウスタ日本平 13時KO


名古屋が平日なのはナビスコかACLか?日程見たら清水もナビスコ次第で変更ありえる?とりあえず12日の名古屋vs鈴鹿は行くつもりでいます。こんなときに変な残業が入らないといいんだけど・・・

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR