緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

自助・共助・公助

ようやく東海地方は大雨も台風も峠を越えました。関東のほうはまた帰宅難民が発生しそうですが大丈夫でしょうか・・・


前回の震災、先日の台風12号。そして今回の15号。僕が影響を受けたのは15号だけでしたが災害の対応においてこのような言葉があるのを学びました。


自助・共助・公助


まずは自分の安全を確保するための行動。周りの人の安全を確保すること。そのための協力。そして自治体の避難場所確保。災害救助対策。これらは三位一体です。


今回名古屋市は100万人以上の人(僕も含む)に避難勧告を出しました。10年前の東海豪雨の際は僕の住む緑区も大概な被害を食いましたがその教訓もあったのでしょう。全名古屋市民の半分近い人間に避難勧告を出したことに対して今後是非を問う声も出るかもしれません。実際に避難したのは3000人程だったかな。現実問題100万も避難できるだけの各区の設備はありませんしね。


けどね、僕は今回の市の対応は正しかったと思ってます。被害出てから何で出さなかったと批判されるよりかは全然いい。空振りだったかもしれないけど県を通しての自衛隊への災害救助要請も迅速でした。庄内川も大した被害なかったようで何よりでした。行方不明者や犠牲者は結局出てしまったみたいですが・・・


自治体としてのやるべきことはやったと思います。そこからは個人の責任になってしまうわけで。僕は爺ちゃん婆ちゃんと住んでますが二人は妹に頼んで妹の家に逃がしました。昨日の昼の時点での雨は目の前が川の僕の家では危ないと判断したからです。結局昨夜は泊まってもらいました。妹には申し訳ないことしました・・・僕は帰宅時間の時点で水も引いていたので留守番も兼ねて帰りました。何もなくて幸いでした。


結局のところ、自分の身を守るのは自分でしかないんです。まずは自分で考え正しい情報を取捨してその上で動く。あくまでも初手はそれからだと考えます。自治体等に助けを求めるとかはその次。例えば昨日の僕は雨や交通状況次第では帰らないって選択肢もありました。帰れると判断したから帰りましたけど。今回は自助・共助・公助の言葉の意味を改めて考えさせられました。けど多くの会社員の人らはわかっていてもなかなかできんよなぁ・・・今回の関東も直撃しそうになってから帰宅命令では遅いってば・・・予報でどうなるかわかってたでしょうに。半年前のあれは何だっただろうなぁ・・・


とにかくこの台風での被害が少しでも少ないことを祈ります。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR