2011-11-30 21:50 | カテゴリ:FC岐阜

昨日の8千万の内訳を少し考えていた。


まずは大口スポンサー2つの撤退。これで推定6~7千万。これは既存スポンサーの増額もあったろうから多少は圧縮出来ただろうけど全額はとても無理。


次にメモリアルに移ったことでの運営費増加。ボラだけでなく外注スタッフの増員もあったはずだしメドウからメモリアルに移ったことでのスタジアム使用料増加。


人件費は多分そんなに去年から変化はないと思うのです。増えてはいるだろうけど少なくても直因になるような増え方はしてないと思う。移動手段は殆どバスだったけどホテルはアップグレードしてる(夏くらいの洸一ブログ)からこれも多分微増。


収入の見通しは絶対甘かったと思う。シーチケの売上が伸びたとは聞いてないし有料入場数も去年と変わってない。つまりFC岐阜に金を落としていいと考えてる人間が増えてない。今年の体たらくでむしろ減ってるだろう。


今言うことではないかもしれないが率直に言って全てにおいて見通しが甘すぎたとしか言い様がない。成績面も興行面も。勝てない上に魅力ないクラブに地元ってだけでお金落とせる人は少数派ですよ。事ここに至っては正直言って詰んでしまってる感もあるけど本当にFC岐阜の存在意義が試されてるのかもしれません。個々に出来ることなんか限られてるけどその個々を増やさないことにはどうにもならんでしょうね。

2011-11-29 19:56 | カテゴリ:FC岐阜
NHKのニュースで8千万の赤字&今後2年は昇格不可の報道がされたとか…

赤字と昇格不可は覚悟してたが赤字の金額は知った瞬間倒れそうになる額だった…どうすんだ一体…

地域決勝前に気持ちが折れそうになる出来事が公私に続いてます。もう嫌だ…



Android携帯からの投稿
2011-11-28 20:53 | カテゴリ:未分類

岐阜が今年は最下位20位で終わるのは既に確定だけど幸いなことにJ2の定員は22。したがって来年岐阜がJFLに落ちることはないわけだが22枠埋まった上でこんな体たらくではいよいよJFL落ちも現実味を帯びてしまう。で、その残り2枠を町田ゼルビアと松本山雅がつばぜり合いを続けている。当然阻止しようとする佐川を筆頭とする門番連合の抵抗も相当なもんですでに優勝は佐川かまだ準加盟を果たしてない長野に絞られている。ただまぁJ2に上がるには4位以内でいい。昨日のJFLの結果で数字上町田か松本のどちらかが上がってくることは確定した。ここで状況を整理したい。


松本山雅 勝ち点56 得失点差+20 

残り Aロック Hソニー(※)


町田ゼルビア 勝ち点55 得失点差+30 

残り A高崎 H讃岐 


V・ファーレン長崎 勝ち点55 得失点差+21 

残り A栃木 Hジェフ


一見松本有利・・・なんだけど松本は最後のソニー戦は震災復興支援試合扱い。つまり松本は勝っても勝ち点は加算されない。したがって松本は今週のロック戦に勝って勝ち点59にして相手待ちの立場になる。負けor分けならほぼ終了だろう。町田は連勝すれば文句なし。けど最後は讃岐だし高崎には昨日負けた。そして長崎だが連勝すればどちらかは引きずり落とせる。1試合でも落とすと両方逃げられる可能性が高いが・・・気合を入れて阻止に来るだろうねぇ・・・正直一番相手関係は楽だし・・・


うーん。両方上がってくる確率は40%くらいかな・・・どっちかだけなら町田のほうのが有利でしょうね。松本はとにかくロックに勝たないと話にならない。まさに競艇で言うところの「勝負駆け」です。それも自力ではなく他力祈願の。タイトルは競艇用語です。1着=勝ち。なおかつ町田か長崎がコケないとダメ。けどねぇ・・・松本ってクラブはこの手の勝負駆けは滅法強いってイメージしかないんだよなぁ。なんか突破しそうな気がしてならない。数字上はいいとこ40パーだと思うんだけどね。


そして2チーム抜けるか1チーム止まりかは地域決勝にも関わってきます。両方抜ければ08年石垣島同様に3チーム上がれます。(ジェフが脱退するからね)1チームだけなら3位はレギュレーション通り入替戦。相手はソニーです。正直言ってまともならソニーは入替戦に来るチームではない。ハッキリ言って去年の高崎より強いので3位ではちょっとキツいぞ。したがって地域組は2チーム抜けを期待して我々J2ボトムズは1チームだけで何とか・・・て願うばかり。全ての鍵は長崎が握っている・・・ロックといい長崎といい06年の因縁なんだろうか・・・


 

2011-11-27 18:28 | カテゴリ:ブログ

J2リーグ 第37節


FC岐阜1-1カターレ富山


得点者

岐阜 西川

富山 船津


木村さんの退任が発表になったけどそれがカンフル剤になるのであるようであればそれより前になんらかの変化はあったはず。したがって今日の試合に影響があるとは思ってなかったし実際それはなかったと思う。前半のDFの不安定さは見ておれんレベルだったかと・・・


ところがどっこい富山が後半にユルユルになって追いつけたけどその後はどっちも順位相当のツメの甘さ。見せ場なしとまでは言わないけど妥当なスコアだったかなぁ・・・って印象です。


今のシステムになってだいぶ攻撃に関しては光明が見えてきたのですが守備はとうとうどうにもならんかったですね。新監督が誰でどのようなサッカーを指向するかわかんないけど守備の立て直しは誰であろうと急務になると思います。これで今年のFC岐阜を生で見れるのは最後です。(京都戦は僕は長居なので録画しか見れない)正直言ってストレスしか感じない1年でしたが最後くらいは現地組やスカパー観戦のサポの鬱憤を晴らせる試合を望むばかりです。




2011-11-27 10:00 | カテゴリ:FC岐阜

木村監督今期限りで退任。


昨年の倉田さんの一件から貧乏くじ引かされて可哀想だった一面もなくはないですが育成でも采配でもこのような無残な結果になってしまった以上お引取り頂くことは至極当然の結果だとしか思いません。少なくてもプロである以上はね。草津戦(どっちのだ?)の後に辞任を申し出て慰留したとのことですがそこで辞任を認めて浮氣さんを昇格させる選択肢もあったはずだがそれをしなかったってことは浮氣さんの評価も推して知るべし。おそらく浮氣さんもセットでサヨウナラの可能性が高いと思います。


そうなると来季の監督人事の話になるのですがJFLにも劣る練習環境に金銭的な制約も多々ある。こうなると実績のある監督を呼ぶことは現実的には難しい。したがって実績のない若い監督に賭けるしかないと思うのです。北九州が三浦ヤスに賭けたように。


これは僕の考えに過ぎませんが「Jリーグ」でプレーをして「Jリーグ」の指導を受けた選手が20年近いJの歴史の中で少しずつ指導者として芽を出してきてます。今西さんの人脈で言えば旧世代の実績のある監督のほうが知己はあるんでしょうけど前述の理由でそのような監督を呼ぶのは難しい。したがってJでプレーをしていてなおかつS級を取ってこれから指導者として名を上げようとする人が一番望ましいです。個人名は挙げないけど

①強固なサッカー観を持ってる。

②今の若い選手連中を黙らせれるカリスマ性。指導力でも可。

③内外へのプレゼン力。

この辺りの能力は持ってて欲しいなぁ・・・贅沢とは承知の上ですが。


とりあえずまだ2試合ありますが木村さんにはお疲れ様でしたと言って木村さんに関しては〆。


さて次は服部さん。木村さんばかりに火の手が上がってしまってたが本来なら服部さんも今季の成績に関しては相当に吊るし上げられなければ筋が通らない。今西さんにしたってそうだ。少なくても倉田さんから木村さんへのスイッチの際の不手際は外野の素人からしたって不自然過ぎた。そこに何があったかなんて知らないし関心もないが結果だけ取ってしまえばこの交代は失敗でしかない。倉田さんだったらどうだったろうって仮定の話をする気もない。あくまでも木村さんに交代したことでこのような結果を招いた総括は絶対にしないといけない。服部さんにはどこかで自分のお言葉で説明をして欲しいもんです。もちろんこれから今西さんと新監督を探さないといけないってのはわかってますが。


選手連中に関しては今更言う事はありません。今日の時点でXデーは来てないけど粛清がないわけがない。去年末期から今年の言動行動(特に言動)にはホトホト呆れていたので評価で自分の甘さに気がついて欲しいのですが。


最後に次の監督は誰だろう?と気になる話ですがこの中に間違いなくいると思いますよ。中には絶句してしまう名前もいくつか混じってますが。




2011-11-25 21:07 | カテゴリ:FC岐阜

ホーム最終戦前最後の平日の今日こそがXデーと睨んでいたのですが今日もお別れの発表は無し。したがってホーム最終戦で退団選手とのお別れが出来る可能性は限りなく低くなったと思っていいかと。


08年からずっとホーム最終戦前には発表があったのですが今年はどこも示し合わせたように動きが鈍く現時点でクラブからリリースが出てるのは草津と横浜FCのみ。よっぽど去年の松田の件で各クラブビビったんでしょうかねぇ・・・選手をヘタな扱いしたら大炎上するってのを実践しちゃったわけですし・・・


いずれにしても最終戦も現時点では「行かない」方向でいます。あくまでも本番は来週なんで・・・今週辺りから急激に寒くなりましたので皆様風邪にはご用心ください。



2011-11-24 21:21 | カテゴリ:FC岐阜

更新案内が来た。


年々Jクラブっぽい特典がついてきてるが現状では更新は微妙。まだ決めかねているのが現実です。


日曜の富山戦もまだ決めかねてます。どうしようかなぁ・・・最終戦くらいは行っておいたほうがいいわなぁ・・・こんな有様です。


とりあえず僕の場合はメイン自由なので37500円です。継続、持株会、後援会。どれでも割引対象だ。わはは。もうちょい考えます。


追伸

事故の件はまだ何も決着してません。

2011-11-23 22:54 | カテゴリ:ブログ

地上波の番組なんぞもう集中して見るのはニュースとスポーツ中継くらいのもんでした。もう昨今のドラマやバラエティのまぁつまらんのなんの。


以前も僕は高校の時はクイズに青春捧げてたと書いたけど今夜つか今までやってたこの番組は久しぶりに「本格」のクイズ番組でしたね。


バラエティ要素を可能な限り削ぎ落してクイズプレイヤーにフォーカスしたやり方は番組本来のクイズを見せるって主訴の沿ってたのではないでしょうか。


クイズってのはスポーツなんですよ。頭のね。けど見た人ならわかる思うけど年齢制限はない。16歳vs72歳なんて対戦は普通スポーツではない。年齢も肩書きもない。そこにあるのは知識を引き出しからより早く引っ張り出す能力が問われることのみ。無論引き出しの中身は問われるけどね。5ステージのルールもよく練り込まれていたと思います。思ったのは時事とスポーツがほとんど出なかったな・・・ってくらい。(編集か?)


優勝した青年は確か僕の地元愛知県で高校生クイズ優勝した子のはず。なんか記憶に残ってたんですよね。愛知の優勝はあの時が初めてだったはずだし。(岐阜は2回(加納、岐阜)。三重(川越)も静岡(静岡)も1回優勝してる。)僕が現役だったときは未曾有のクイズブームだったのもあるけどこれだけ番組が下火になった中でこんな若い力の台頭があったのも嬉しいもんです。10代が8強の2人だもんな。司会の唐沢寿明も変に我を出さないよい司会だったなと。あとの芸能人はどうだったろう・・・個人的には必要なかったかな。


ともあれ第2回を見たいと切に思いましたね。このスタイルなら予算もそこまでかかってなかっただろうし。久しぶりに良い番組をみた思いです。



2011-11-22 23:06 | カテゴリ:ブログ
本当にネタがないんでこれでお茶濁しますw
大丈夫だとは思うけど…




Android携帯からの投稿
2011-11-21 22:10 | カテゴリ:ブログ

地域決勝ファイナルの顔ぶれも出揃いましたがそのファイナルが終わると入替戦が12月17と24(のはず)で組まれてます。その合間の週に東海昇格トーナメントがあるのです。


まだ県リーグが終了していないところもあるので現時点では出場チームが確定していません。顔ぶれが分かり次第またこのブログで紹介するつもりでいます。


県リーグと東海リーグでは全然運営体制が変わります。かかるお金も当然ながら・・・


ちなみに今年は愛知県開催です。会場はあの口論義と港。久しぶりにあのグランド行ってみようかな・・・ちょっとノスタルジックな思いもあるんです。


追記訂正

あれから色々ツィッターで調べたらどうも震災の影響で県リーグの消化が著しく遅れているようで東海昇格トーナメントは年明けになりそうです。また分かり次第更新します。

2011-11-20 17:58 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ第36節


大分トリニータ2-1FC岐阜


得点者

大分 森島 西(訂正)

岐阜 地主園


前半の大分がハッキリ言ってタルイ出来だったので後半修正するのは目に見えてた。HT明けてのスカパーでのアノ人のコメントで絶句した。


「後半相手はやり方変えるかもしれないけど」


するに決まってるだろうが!!


後半はやることなす事裏目にハマって逆転負け。今シーズン何度も見た前半と後半でまるで違うチーム。もう呆れて物も言えん。こんな試合見るために大分まで行った現地組が不憫でしょうがない。涙目になってたじゃねーか。


来週はホーム最終戦ですがどうにも行く気しないなぁ。16時半KOでは寒いだろうしなぁ・・・これから考えます。長居行く前に寒空のサッカーに慣れておきたいし。





2011-11-20 15:52 | カテゴリ:未分類

HOYOACERAN、C組突破!Y・S・C・Cもワイルドカードで長居行き決定!!


これで「約束の地」大阪長居第2に出揃う4チームが出揃いました。正直言って大きな波乱はなく比較的実力通り決まったかなぁ・・・って印象です。ともあれこれで12分の2,5が4分の2,5のなりました。ここまで来た以上はあとは気持ち。去年も書いたけど上手いサッカーが見たいんじゃない。気持ちの強いサッカーを期待してます。

2011-11-20 12:58 | カテゴリ:未分類

藤枝MYFC並びにSC相模原の長居行き決定!!


残るはC組とWCですがHOYOはまず間違いなく90分で勝つでしょう。したがってHOYOが勝ち点7でC組首位はほぼ確定。残るはWCですがこれから行うYSCCが90分で勝てばこちらも勝ち点7になるのでBとCの結果関係なく決まりです。


Bの奈良と福島のWCへの条件はYSCCPK突入or90分負け。なおかつ奈良は5点差以上。福島は3点差以上勝ちが条件。(C組の23FCが勝ち点6得失点差プラス5総得点6で終わったのでこれを上回る必要がある。)


万が一HOYOが90分で勝てないとまたややこしくなるけど多分ないでしょう・・・すべて決まったらまた更新します。

2011-11-19 23:12 | カテゴリ:未分類

加古川、北海道、黒潮の3チームが敗退決定となりました。


今日は明日の結果でどうなるかを。


【A組】


午前の試合でMYFCがJSCに90分で勝てばもう決まり。PK勝ちだとYSCCが90分勝ちしたらひっくり返される。PK負けだとYSCCはPK勝ちでも逆転進出。JSCは90分で勝ってなおかつYSCCが90分で負けないと厳しい。現時点で得失点差がマイナスなのでYSCCとの兼ね合いを考えたら4点差以上勝ちが求められるので少し苦しいかな・・・


【B組】


ここも午前で相模原が北海道に勝ったらそれで終わり。PK負けでもOK。90分で負けると午後の奈良vs福島の結果待ち。得失点差は福島が有利。奈良は総得点も不利なので最低2点差勝ちが条件。けど相模原が北海道に負けはないわなぁ・・・ここは事実上決まりかな・・・


【C組】


午前が島根vs23FC。どちらも90分で勝たないとダメ。島根はPK勝ちなら午後のHOYOが何点黒潮から取るかの勝負。23FCは90分で勝ってなおかつHOYOが90分にせよPKにせよ負けないとダメなのでかなり苦しい。基本的にHOYOは間違いなく7まで持ってけると思ったほうがよい。そのため島根vs23FCは打算もクソもないガチ戦になること必至。島根はツメの甘さが気になるし23FCは今日の負けで気落ちが心配。HOYOが漁夫の利で突き抜ける可能性も十分。


【WC】


C組でHOYOがまず間違いなく7まで持ってく。午前で島根が90分で23FCに勝てば自動的にWCボーダーが7になるのは決定的。したがって奈良と福島は23FCに90分で勝ってもらわないとダメ。A組は現時点でどうなるか読めないが黒潮相手に得失点差稼げるHOYOがWC最有力なのは否めない。


こんなところかな・・・個人的には奈良がかなり苦しい立場になったのが心苦しいのですが・・・MYFCだけでも何とか長居に来れたらと思ってます。ともあれ明日で予選は終わります。皆様後悔のないプレーとサポートを・・・



2011-11-18 21:31 | カテゴリ:ブログ

今日の結果です。


【A組】


JSC2-5Y・S・C・C


バンディオンセ加古川1-2藤枝MYFC


【B組】


奈良クラブ1-0ノルブリッツ北海道


SC相模原2-1福島ユナイテッド


【C組】


デッツォーラ島根1-1HOYOACERAN

(PK7-6)


東京23FC5-0黒潮FC  


明日の組み合わせです。


【A組】


JSCvsバンディオンセ加古川


Y・S・C・Cvs藤枝MYFC


【B組】


ノルブリッツ北海道vs福島ユナイテッド


SC相模原vs奈良クラブ


【C組】


デッツォーラ島根vs黒潮FC


東京23FCvsHOYOACERAN


全グループ午後の試合がすごい重要になるでしょうね。今日負けたチームは明日負ければ終了です。明日は法事で午後から出かけるのでツイッターで流れ追いたい思います。

2011-11-17 21:04 | カテゴリ:未分類

地域決勝開幕前夜。


懐かしき06年の高知入り前夜の夜。別に自分が戦うわけでもないのに妙に高ぶってたような気がします。その辺りの顛末は去年の3月に弊ブログに記してますのでご一読を。


1年が報われるか無駄に終わるかがたったの3日(or6日)で決まるという残酷なレギュレーションですが勝ち上がったチームはすべからくこのレギュレーションで突破してきた以上泣き言は通りません。どのチームもポテンシャルを出し切ることを願います。


明日のカードです。


【A組】


JSCvsY・S・C・C


バンディオンセ加古川vs藤枝MYFC


【B組】


ノルブリッツ北海道vs奈良クラブ


福島ユナイテッドvsSC相模原


【C組】


デッツォーラ島根vsHOYOACERAN


黒潮FCvs東京23FC


KOは全て上が10時45分。下が13時半です。繰り返しますが全てのチームが力を出し切ることを切に願います。チームもサポーターも短くそして長い戦いが始まります・・・

2011-11-16 21:06 | カテゴリ:ブログ

アルビレックス新潟0-1松本山雅FC


これで松本山雅の次戦は横浜Fマリノスに。言うもでもなく故松田直樹の前所属チーム。


巡り合わせってのはあるんですね。偶然なんて言葉で片付けたくない。


横浜vs松本は12月17日。




2011-11-15 21:08 | カテゴリ:ブログ

どうやら北に負けたようで。(まだ録画見てない)


内容見ないとなんとも言えない部分はあるけど感覚としては傷は浅いと思うし負けることで再度洗い直せる部分が見えてきたって言い方も出来ます。


とりあえずまずは関わった全員が無事に帰ってくること。これが肝要。話は全てそこからです。

2011-11-14 20:53 | カテゴリ:ブログ

いよいよ今週金曜日から地域決勝が始まります。


僭越ながら昨年今年とこちらのサイト での予想大会に参加させていただいてて昨年は大変に悔しい思いの2着でした。


僕の基本線は勝負である以上は勝ちに行く。勝ち目がないならハナから勝負しない。なんで勝負になった以上は常にガチ予想。そういえば競艇場での僕を見たことある岐阜サポは1人だけのはず・・・スタジアムとはまた全然違う顔するんですよ。


一応投稿した本文をそのまんまコピペします。


【A組@福井】
YSCCが◎背負うのかな・・・全社でも関東勢が大暴れしましたがその関東の真の王者であり2年連続であのPKの悲劇を見てるものとしてはいい加減報われて欲しいって思いもあります。先日横浜FC相手にTMで勝利したとのことで仕上がりは上々かと。対抗になりそうなMYFCですがここはレギュラー11人がきちんと揃えばYSCCに勝てる力はあります。昨年より地味なメンツになりましたが名より実を取った編成で東海は大楽勝で制してます。決め手勝負なら本命はここ。JSCは岐阜から修行出してるフラビオがいますがリーグ全体の弱体化が否めない北信越でモタモタしたのは減点だなぁ。加古川は昨年のさいたまよりかは見せ場は作れるだろうけどYSCCにMYFCの壁は乗り越えれない。したがってこの組は土曜のYSCCvsMYFCで大勢は決まるかと。昨年はバッサリと切りましたが今年はMYFCで勝負します。MYFC→YSCCで。

【B組@淡路島】
一瞬激戦区?とも思いましたが拮抗具合なら福井のが上かな・・・福島とノルブリは正直言って買える要素がない。したがってここも土曜の奈良vs相模原でまず確実に決まると思います。この2チームは幸いにしてどちらも観てますが奈良は我慢強いられる戦いになるかなぁ・・・日野が90分キレずにクールに守備を仕切れればチャンスはあるとは思うのですが。GK対決なら問題外で奈良に分があるのですが・・・現時点では奈良はKSLカップで実戦感覚をどれだけ戻せるか次第ですね。いらんカード貰わなければいいが。相模原は明確にGKが穴なんでFWがしつこくチェイスすれば必ず綻ぶはず・・・ここは人気に逆らいます。奈良→相模原です。

【C組@高知】
本当の最激戦区はここではないでしょうか?申し訳ないが黒潮という草刈場が明確に存在するのでまず黒潮からどれだけ取るか。そして3つ巴の戦いをどこが制すか?が焦点ですね。おそらく人気は全社を都1でありながら制した23FCに集中するのではないかなぁ。けど地域1次R→関東社会人→地域ファイナルR→関東社会人って超絶過密日程が待っている。去年の相模原は欲望丸出しで一足飛びを狙っていてこっちに集中してたけど23FCは本来なら一歩一歩で歩みを進めるのを是としていた。このチャンスが巡ってきたことでチームとしてクラブとしてブレないとよいのですが・・・そこが見えないのであんまり23FCは買いたくないなぁ。初日が黒潮で土日がHOYOと島根ってのもマイナスだと思うんです。そうなるとHOYOと島根ですがどっちも北信越までとは言わないがリーグの力落ちてるよなぁ・・・特に九州。どっちかではないかなぁとは思いますがどっちを長居で見たい?と聞かれたら島根。手負いの状態でMYFCといい勝負出来ていたのであれば買える要素にはなるでしょう。J2相手にも善戦出来てましたし。島根→HOYOで。

【ワイルドカード】
ボーダーは最低でも6。欲言えば7欲しいところですね。6確実に取れそうなのは淡路島の奈良と相模原かなぁ・・・福井の2つも大丈夫だとは思うけど。昨年は「見たいのは長野」で当てたので今年もそれに倣い「見たいのはYSCC」。これで勝負させてもらいます。



だったんだけど・・・まさかまさかの23FC関東昇格失敗。(浦安JSCに負けた)23FCはこっちに集中出来る立場ゆうかこれしくじったら来年も都1足踏みになってしまいました。それでもC組の予想は島根→HOYOを変える気はありません。つか穴で当てるならここしかないと思うんだ・・・人気はまず間違いなく23FCに集中するだろうし・・・この関東昇格失敗がどう影響するでしょうかね。B組の奈良もアミティエに負けたってのも気になるけど伝わった話では極端にリスク回避した戦いぷりだったようで・・・実戦勘どこまで戻しただろうか・・・


この大会、別に何も「握って」ないですよ。w(投稿者の中には会ったことない人だっているくらいだ)ただ予想を投稿してからも「あーあれもこれも気になる・・・」的な馬や舟やる人なら必ずわかるこの感覚。けどもう窓口は閉まってあとは出走のファンファーレを待つばっか。願うのは予想の的中もそうだけど全チームがポテンシャルを出し切ること。長居で歓喜に溢れる姿を見せてくれるのはどこになるか・・・今から楽しみです。

2011-11-13 14:56 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第35節


FC岐阜0-1ザスパ草津


得点者

草津 中村


引き続き攻撃陣は好調だったと思うんです。ただいかんせんどうしようもないくらい引きが弱かった。リーチかけてもちっともツモれない麻雀打った経験、一度や二度あるでしょ?そんな試合でした。


いまさらだけど今日の出来の草津に勝てないから最下位なわけですし最下位である以上過度の期待はしてはいけないんですがホームでこんな試合してはいけません。悪くはなかったけど結果出てない以上ダメ。

2011-11-12 20:54 | カテゴリ:未分類

マルヤスが今日代表ウィークで試合のない名古屋とTMをやったとのこと。


試合は1-3で名古屋だったそうです。


先日のあの噂ですが何にも調査なんかしてません。今日行ける様なら調査したかったですが午前だけ会社に用事あったんでどうにもならんかったです。


個人的には存続して欲しいですが企業の決めること故どうにもならないってのが現実です。多分今年はこれで終わりだろうけど・・・

2011-11-11 22:08 | カテゴリ:FC岐阜

地主園秀美選手来期より新加入のお知らせ。


現状レギュラー級の働きが出来てますし岐阜が契約しないのは考え難い。怖いのは他クラブの横槍でしたがアミーゴス-東海学園大のラインは強固だったか無事に内定と相成りました。


正直申し上げまして今年は指導陣も選手陣もフロントも「粛清」を免れることはないでしょう。つか無風なんてなったらあらゆる意味でこのクラブは終わってると内外に発信することになる。個人的に一番罪が重いのは選手陣だとは思ってますがどういった粛清になるかは想像がつきません。


08年の大量解雇から3度目のオフ。また大量解雇となったらまた色々と荒れるかもしれませんねぇ。けどクラブは生き物である以上新陳代謝も外科手術も必要だと考えます。そしてそれは今必要なんではないでしょうか?


鳥取戦の時に書いたけど今の岐阜で数少ないタメを作れる選手です。サイドより真ん中で見てみたい思いもあるけど現時点ではSHがベストでしょうね。来年いきなりのレギュラー抜擢でもおかしくありません。期待しましょう。もちろ今年の残りもね。

2011-11-10 21:20 | カテゴリ:未分類


今年もありがとうございます。これが11月の風物詩になってきましたね。
2011-11-09 21:59 | カテゴリ:ブログ

保険屋から昼に連絡がありました。


結果は僕にとっても相手に取っても非常にキツイ結果でした。


切り替えないといけないのですがなかなか切り替えれるものでもありません。この後に待ってるのは・・・です。


現実問題シーチケだのなんだの言える状況ではありません。最悪来年しばらくは長良川はなしにするかもしれません。僕が想定している最悪はそのレベルです。

2011-11-08 22:58 | カテゴリ:ブログ

ツイッターで夕方少し呟きましたが昨日、停車して扉を開けたところに車道を走っていた自転車が突っ込んできて怪我を負わせてしまい人身事故となりました。


過去に何度か事故はやったりやられたりしましたが人身は初めてですし加害者側となったことで気が動転して昨日は何も出来ませんでした。


これで免停は免れそうにありません。何とか30日で済んで欲しいのですが・・・それ以上に怪我負わせた方の怪我の内容が軽いことを祈ってます・・・

2011-11-06 14:54 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第34節


ファジアーノ岡山1-FC岐阜


得点者

岡山 妹尾

岐阜 押谷×2


※染矢が累積で草津戦停止。


前半のあのグダグダぷりっからしたらこの勝ち点3は不思議でしょうがないんですが・・・強いて言えば三田out橋本inで新井がやりやすくなったかなぁとも。けど押谷の個人技だけで勝ったって印象は拭えないなぁ。川浪のファインセーブは多々あったけど。


あと今日に限って言えばあの主審に助けられたと言っていいでしょう。いつもあの主審は判定があやふやになるんで岡山のほうがナーバスになっちゃいましたね。あの決勝点なんかまさしくそれでして。


手放しで褒めてはいけない内容ですねぇ。とにかく勝たないと最下位脱出が叶わないのは変わらないわけですし・・・

2011-11-05 19:53 | カテゴリ:FC岐阜

村尾全治1年。


練習中のミニゲームで交錯した際の負傷だそうです。不可抗力でしょう・・・


膝の靭帯2つやったとなると単に怪我治すだけで1年としてもそこからリハビリ等々考えるとさらに半年近く見ないとならないかと・・・


こうゆうのは本人が一番ツライもんです。今はただ快癒を祈るばかりです。



2011-11-03 20:24 | カテゴリ:ブログ

各チームリーグ総括はこれで最後。残念ながら最下位となり2部に逆戻りとなったトヨタ蹴球団です。


開幕でいきなりMYFCにコテンパンにされてその次も鈴鹿に逆転負け。開幕ダッシュには完全に失敗したがその後は結果こそ出なかったけど粘りのある戦いを続けてきました。結局引き分けで勝ち点は積めたけど初勝利が後期のアウェイ鈴鹿戦までなかったって辺りがチームとしてやはり1部としては少し足らないってのを表していたかなぁ・・・とも。


正直言ってどこかが致命的に弱かったとは思いません。全体的に少しずつ足らなかった。粘りのある戦いで勝ち点を積めたと思ったら集中切らして惨敗を喫した試合も。それで受けたダメージは結果重たく最終戦に2点差勝ちが必要って事態になってしまいました。マルヤスみたいにとにかく勝てばOKってシチュエーションならまた変わってた可能性はあったんじゃないかなぁ。


それでも1部への再挑戦で一定の存在感は示せたとは思うのです。少なくても去年の芙蓉クラブみたいなことにはならなかった。
(あのチームはあのチームであの環境下で東海を維持出来てるのが凄いのだが)ここもラス前の矢崎戦に追いつかれてのドローが痛かったなぁ・・・矢崎は眼下の敵にはしっかり勝ち点取れたから・・・


これで再々度2部で戦うことになります。中京大がワンツーを果たして学生が浜松大のみに。社会人同士であれば1部と2部の差の大きい東海ではアドバンテージはあると思うのです。敵はマルヤスが最大のライバルで浜松大が対抗格でしょうか。(MYFCとマルヤス次第で浜松大も1部って可能性はあるが)強いて言えばFWの大型化が出来れば・・・ってとこでしょうか。スピードの豊かな2トップでしたがそれだけではじゃんけんで言えばグーとチョキだけでパーが出せないようなもんです。今のチームでも2部ならどうにかできるでしょうけど1部となると・・・ね。ともあれ来期1年で帰ってくることを願います。


これで各チームの総括は終わり。後はリーグ全体と僕個人の総括並びに独り反省会を残すだけです。他にも地域決勝の展望予想があるし(これは他サイトにて載ります)この土日はパソコンとにらめっこかなぁ。こないだ足ツボマッサージ受けたときに眼が疲れすぎって指摘受けたのですが仕方ないですね。仕事も今きついけど頑張ろう・・・



2011-11-02 21:42 | カテゴリ:未分類

リーグを総括する中で一番困ったのはここです。昨年の好成績から今年は一気に降格へ。開幕前の下馬評では○か△の評価はあったと思うのですがとうとう立て直せなかったですね・・・


まず開幕に連敗。これであっさり優勝争いからは脱落。刈谷に大勝したけど出遅れは取り戻せず。MYFCをあと一歩まで追い詰めたが個の能力で押し切られて逆転負け。鈴鹿やセカンドには電車道で負け。気が付けば7位が定位置に。最後に何とか抜け出したが最終戦で蹴球団と共倒れ。矢崎にハナ差交わされてよもやの降格。鈴鹿の次にこのチームを見てきたがずっと言って来た台詞があったような気がする。


攻撃の二の矢がない。


去年はサイドアタックが多かったですが今年はCFをポストにしての基本に忠実な戦術。けどそこから先がなかった。早い話、CFにぶつけるコース切られたらお手上げに近かったかと。


補強の目玉は何と言っても刈谷の10番だった日下。彼がマルヤスに移籍すると知ったときは驚愕しました。刈谷は確実に戦力ダウンでマルヤスはMFの強化に成功したと。新卒も積極的に採用した。木下や稲熊はポジションを確保できてたしチームの活性化は図れていた。


けど結果はしつこいようだが降格。降格したのには降格する理由が必ずある。僕の中ではこの答は出ている。


個の強化がチームの強化とはイコールになってなかった。


サッカーとは難しいもんで単純な足し算でチームは強くなるもんではないんです。それにドップリ嵌ってしまったのが今年のマルヤス。タイトルに書いたが結果として去年から積み重ねてきたものが今年は全然なかったんだと思う。震災の影響で勤務体系が変わったなどの擁護材料はあるんだがそれにしたって去年からの成長を一番感じ取れなかった。どっかで立て直すチャンスはあったと思うんだけど今年は全部裏目に出ちゃったかもね。好きなチームだっただけに残念で仕方ないです。


僕のブログへのコメントでもありましたが不穏な噂が出ているようです。正直申し上げて僕は何一つ真実を知りません。よしんば真実を知ったところで1企業の決定することに外野の1ファンが出来ることなんか何にもないんです。「絶対に有り得ない!」とは言えないです。昨今景気はアレですし・・・業種的に円高はマイナス材料でしかないし・・・けどその噂が噂どまりであることを僕は望んでます。



2011-11-01 20:01 | カテゴリ:ブログ
中途半端な時期ですが異動ってほどのことではないですが部署が変わり今日が初日でした…
今がた仕事終わらせて帰るとこです…昼飯は抜きでした…(;つД`)
帰ったらすぐに休みます…明後日は祝日だ…頑張ろう…
早くマルヤスと蹴球団の総括もせなならんが…



Android携帯からの投稿