2012-06-30 21:44 | カテゴリ:ブログ

明後日から職場に復帰。心とカラダの準備をしないといけないです。


のはずなんですが久しぶりに飲んだハイボールが回ってもうフラフラ・・・何をしてんだか。


明日は雨予報。豊川は逃げ場ねぇぞ。どうすんだ・・・早速こないだ買ったタブレット使おうかな・・・まだ自分の手の中に入りきってないんだけど・・・


甲府戦は録画だな。出来れば勝ち点1は欲しいけどダヴィはとても止めれんだろうなぁ・・・


2012-06-29 20:15 | カテゴリ:東海リーグ

駆け足でやってきた前期総括。今日は勝ち点差わずか1でしのぎを削るマルヤスとセカンド。下馬評で◎も目立ったセカンドに対してマルヤスは昨年の事もあってほぼ無印。マルヤス贔屓の僕でもよくて4番手って評価でしたが・・・


2位 マルヤス工業

5勝1分1敗

勝ち点16

得点18 失点7


今季観戦数 5試合(vs刈谷※全社予選 vs鈴鹿 vsセカンド vs中京大 vs矢崎)


チーム得点王 築館秀飛 4得点


警告状況 警告7枚 退場1枚


採用システム 4-1-4-1


得点も失点もリーグ2位。2位って成績もさもありなん。前期最大のサプライズはこのチームの躍進で異論はないはずです。そのくらい昨年から一変してます。

これまではボックスの4-4-2で2年見てましたが今年はじめて観た刈谷との全社予選では円山の1トップ。この日は4-2-3-1だったと記憶してるけど・・・けっこう初見の選手が多く、この1トップはあくまでもオプションだと思ってたんですけどね・・・リーグ最初の鈴鹿戦で1トップだったのには本気で驚きでした。

この成績の主な要因はボールの取り方の徹底と取ってからに迷いが無い事が大きいかなと。ボールホルダーに複数で常にアタックして奪ったらサイドに開く。攻撃のパターンは決して豊富ではない。ただやることに迷いが無い分速いんですよね。今の岐阜でも参考にしたい部分は割とある。特に岐阜も4-1-4-1をやったので余計に。


一昨年は片山がすごく光ってた。去年は築館がすごく伸びたと感じた。今年は矢崎戦で濱崎に触れたけどそれ以上に平野が良くなってきてると感じてる。セカンドトップとして開花しつつありますね。去年まではゴール前で落ち着きないなぁって印象だったんですが。そして唯一の加入選手の河本もポジションを確保して闘将山村としっかり強固な壁を作ってます。個々の力って意味ではクラブ勢には劣るかもしれないけど組織力ではリーグ1の力があります。後期はマークされる立場になり、特に刈谷と鈴鹿は眼の色変えて向かってくるのは必至。これをいなせば8月5日にセカンドとの大一番@北西部が待っている。この試合の勝者がリーグ覇者になるかもね・・・その前に刈谷と鈴鹿をクリアするってのは決して楽ではないんですが。


懸念材料は選手層が少し薄いって点。特に山村は絶対替り効かんぞ。入念にケアをしてコンディションは良好のようですしCBで全試合出ながら警告0は素晴らしいの一言。チーム全体でも警告はリーグ最少です。06年のTDKにダブる部分が結構あるんですよね。今年のマルヤス。


日程見る限り後期はマルヤス中心の観戦予定になるかな・・・全部って事にはならんししないけど。少なくても7月のリーグは全部マルヤス絡みだな。


1位 FC岐阜SECOND

5勝2分0敗

勝ち点17

得点23 失点9


今季観戦数 8試合 (vs若鮎 vs各務原 vsリベルタ※以上全社予選 vs矢崎 vs中京大 vsCUFC vsマルヤス vs鈴鹿)


チーム得点王 深山翔平 5得点


警告状況 警告10枚 退場1枚


採用システム 4-4-2 ただし市役所戦は3-5-2だったとのこと。 


ダントツの得点数なんですがここ3試合は1点1点2点と一息状況。

そして気になるのが失点数。首位でありながら1試合平均1失点オーバーはハッキリ言っていただけない。刈谷の時に触れたけど攻撃は水物。守備はベースって考えからしたら危なっかしい要素はなくはないんですよね・・・


しかし得点23は1試合平均3点オーバー。これだけの得点力あればそりゃ1位だわなぁ・・・と。チーム得点王はルーキー深山ですが4点でエースの松江に意外性の遠藤もいる。そして復活のファンタジスタ中村も。どこからでも点が取れるチームです。鳥栖から加入した柳澤も複数のポジションで既に試合に出ています。


そのかわり失点数が表すように隙も相当にあるチームとも。現時点では地域決勝ではまだ怖い。もちろん後期に向けてセカンドにも包囲網が敷かれるのは間違いない。つかそれを突破出来ないのであればそもそも優勝出来ない。少なくてもMYFCは去年東海で無敗だ。そしてそのMYFCが地域決勝が地域決勝でどれだけ苦戦したかはみんなよくご存知でしょうに。まだセカンドはMYFCのレベルに至ってない・・・と思う。


母屋のアレでアレな状況もあってセカンドに対しても色んな思いや雑音が聞こえます。まずは目先のリーグに集中。国体総決算の年ですし何らかの結果が欲しい。そのための第一冠がこの東海制覇になるはず。セカンドは包囲網を破れるか?


前期総括はこれで終わり。今週の豊川から僕の後期も始まります。



 



2012-06-28 20:59 | カテゴリ:東海リーグ

今日は第2グループの2つ。まだギリギリ差せるかな?って位置だがこれ以上離されたらまずアウト。後期は全勝するくらいで挑まないと届かないだろうなぁ・・・そしてそこにいるのはなんと刈谷と鈴鹿・・・


4位 FC刈谷

前期成績 3勝2分2敗

勝ち点11

得点13 失点5


今季観戦数 3試合(vsマルヤス※全社予選 vsCUFC vs岐阜※TM)


チーム得点王 大石治寿 4得点


警告状況 警告9枚 


採用システム 4-4-2


いかん・・・観戦数がいくらなんでも少なすぎる。実況屋さんに任せすぎたかもしれん・・・リーグ1試合だけはさすがになぁ・・・

そんなわけで数字で追いかけますが失点が最小でありながら2敗。実は得点数も鈴鹿より上の3位なんだが市役所、中京大で9点ではあんまり参考にならないかも。vs鈴鹿はともかく守備がアレな矢崎にホームで負けたのが本当にキツい。

もう終わった話だから書くけど、岐阜トップとのTMで大石が怪我してます。実際そこから2試合欠場で1試合先発落ち。これによる得点力低下は否めないかなぁと。と言っても大石の4点の内3つが中京大戦なんでなぁ・・・トータルするとこの成績の主因は攻撃にあるんかなぁと。守備は水谷と東間の加入は確実に+になってる思います。あとは個の力をまとめあげれるかどうかでしょうね。阪本も来月半ばには試合出れるので彼が救世主になってくれるといいんですけどね・・・フラビオは・・・ちょっと難しいかもなぁ・・・隠してもしょうがない。書こう。フラビオは岐阜戦で松葉杖ついてました。詳細はわかんないですが結構長引きそうな感じで歩いてたので心配してます・・・

とにかく攻撃は水物だけど守備がベースであれば大きな破綻にはならないはず。ここは後期に向けてやるべきことはしっかり出てるはずなんで後はそれをやりきるだけだと思ってます。


3位 FC鈴鹿ランポーレ

前期成績 3勝3分1敗

勝ち点12

得点12 失点9


今季観戦数 4試合(vs奈良※TM vsCUFC vsマルヤス vsセカンド)


チーム得点王 伊藤竜二 4得点


警告状況 警告13枚 退場1枚


採用システム 4-1-2-3と4-2-1-3の併用。


昨日僕は矢崎の疫病神って自分で書いたが鈴鹿に対してのインケツ具合も大概なもんで2分2敗と未だ勝ち試合を見てない状況です。その中でもマルヤスに本当に何にも出来ずに完敗した試合の印象が悪すぎる。CUFC戦で観た時に?だった部分が一気に露呈したって感じ。ストレートに書いちゃうけど去年から成長を一番感じない。むしろ退化してるって印象すらある。僕の観たリーグ戦3つは去年の悪かった状態の鈴鹿のまんま。引き分けた3つも先制しながら追いつかれたのばかり。しかもその失点も2点リードを追いつかれたりキックオフリターンゴールを喰らったりと内容も殊更悪い。3分の内2つが下位グループに対する取りこぼし。刈谷とセカンドに限定すれば勝ち点4なんでこれは決して悪くない数字。要は取りこぼして自滅してこの順位なんですよ。

あと気になったけど警告が地味に多いな。内2枚が合流2試合で2枚貰ってるブルーノってのもアレですが・・・手元にある資料でリーチが4名。ブルーノはともかく残り3人は守備の軸になる選手が多い。恐らく誰かはツモる。最悪なのは順繰りに1人ずつツモって常にベスメン組めない状態・・・ってなることだね。それなら1試合でまとめて消化のほうがまだいくらかマシ。(ちなみにマルヤスは既に1名ツモだが他はまだ1枚か無傷。セカンドは1名リーチがいます。)

話はそれたけど鈴鹿は去年浮き出た課題をまだクリアしてないって印象が強いです。現場もフロントも含めて。努力してないとは言わないけど結果が出てない以上はこう言う以外ないです。ラファエルとブルーノが戦力となりきれてないので申し訳ない気持ちも多大にあるんですが・・・7月に全社予選も含めてマルヤスと2試合あります。2部時代に鈴鹿SGでマルヤスに勝って全国に名乗りを上げた鈴鹿。なんとかそれを思い出して巻き返して欲しいとこではありますが・・・返り討ち喰らったらダメージは底知れないだろうなぁ・・・


明日は前期総括最後。マルヤスとセカンドです。






2012-06-27 19:13 | カテゴリ:ブログ

今日は降格圏には勝ち点差があるけど油断はならない5位6位グループ。

まずは6位CUFCから。


6位 ChukyoUnivFC

前期成績 2勝2分3敗

勝ち点8

得点11 失点14


今季観戦数 4試合(vs刈谷 vs鈴鹿 vsセカンド vs矢崎)


チーム得点王 高橋迪郁 3得点


警告状況 警告8枚 退場1枚


採用システム 4-4-1-1


4試合。結構見てるな。勝ちも負けも分けの試合も見てるけど矢崎相手に爆勝した試合とセカンド相手に最後に決壊した試合がおんなじチームなんだから面白い。間違いなく同じ中京大でもこっちのがいいチームです。

パンフレット見るとわかるんですが割と出身がばらけてる中京大に対してこっちは中京大中京高を始めとして岐阜工業、帝京可児といった東海圏出身選手が多いです。特に中京大中京出身が半数を占めてるってのは連携面とかの優位性はあるのかもしれないですね。

中京大FCと比べたらメンタル面は強いかな。セカンド戦の最後のキレ方は閉口ものでしたが。矢崎戦のように自分達の形にハマれば爆発力はあるんだろうし、鈴鹿戦のようにビハインドを負っても追いついた試合もある。ちょっと掴みどころが無い感じですね。

優勝するためにはこことの対戦は落としてはいけないんですが既に鈴鹿がやらかした。その他の3チームは勝ってるがセカンドは一度は逆転を許してる。そういう意味ではここが東海のリトマス試験紙になるんでしょうね。


5位 矢崎バレンテ

前期成績 3勝4敗

勝ち点9

得点10 失点19


今季観戦数 3試合(vsセカンド vsCUFC vsマルヤス)


チーム得点王 井口大輔 5得点


警告状況 警告10枚 退場1枚


採用システム 4-4-2


こないだも触れたが僕が観た3試合で得点2の失点14。これだけ見たらよくも3つも勝ってるなぁと驚きなんですが・・・しかも1つは刈谷のアウェイ。ちょっと信じられん結果だったんですが結果は事実。観た中ではダントツに印象が悪い。市役所を見てないので何とも言えない部分はあるけど内容だけ見たら落ちたって全然不思議ではない。ただ7位と勝ち点差7ってのは危険領域ではないんで下にさえ負けなければ残留に限って言えば望みは叶うかなぁとも。

ただ去年も同じこと言った覚えがあるけどこのチームは新陳代謝が不全状態。井口と萩田が昨年よりも動けているので得点こそ取れてるが失点数がワースト2位ってのが表すように後ろの方はもう限界近い状態だと思う。抜本的な若返りが必要だとは思うけどそんなに事は簡単ではない。ちょっとジリ貧状態かなぁってのが今の状況だと思います。


明日は刈谷と鈴鹿。どっちもこの位置では厳しいんだけどねぇ・・・





 

2012-06-26 18:12 | カテゴリ:東海リーグ

今週は東海1部の前期総括。まずは降格圏折り返しになった未だ未勝利の2チーム。


8位 藤枝市役所


前期成績 0勝2分5敗 

勝ち点2

得点5 失点17


今季観戦数 0試合


チーム得点王 1得点で5名 


警告状況 警告17枚 退場2枚(内1枚は一発)


採用システム 4-4-2(?)


前期見れなかったのは少々心残りではあるんですが数字の上では惨憺たる物ですね。点もさることながら警告と退場がリーグワースト。恐らく守備が後追いばっかなのではないだろうかと思われます。去年はクリーンな守備の上で前期最小失点だったのですが・・・

開幕前はJFLともTMを組んだりカテを問わない試合をこなしていつになく準備をしてきた感じがあったのですが・・・開幕のマルヤス戦が先制して相手に退場が出たにも関わらず逆転負け。しかも決勝点はATでの出来事だったそうです。これでミソがついたのが原因とは言わないけどなんかのトリガーになった可能性はあるかと。にしたって大学生にも未勝利ってのはさすがにいただけないかなぁ・・・


刈谷に5失点。矢崎に4失点と大量失点での負けが2つ。どちらも決して攻撃力があるわけではないんだがなぁ。セカンド戦は退場を出しながらもGKの踏ん張りで後半は0に抑えたそうですがこれで復調のきっかけになるといいんですけどね。ちょっとこの成績は予想を大きく裏切る結果です。ただここ2年ただでさえ後期は成績が良くないのでこのままズルズルって可能性も十分です。立て直せれるかどうか見ものですね。


7位 中京大学FC


前期成績 0勝2分5敗  

勝ち点2

得点9 失点21


今季観戦数 2試合(vsセカンド vsマルヤス)


チーム得点王 杉浦一樹 4得点 


警告状況 警告16枚 退場2枚(内1枚は一発)


採用システム 4-4-2


市役所は見てないが中京大は2試合見てる。観た上で言うがこの数字もさもありなんな内容です。失点がワースト。警告もワースト2位。退場はワーストタイ。マルヤス戦見た限りでは夏の暑い時期なったら社会人より先に足止まるぞ。体力面も技術面もそうなんだけどこのチームは決定的にメンタル面がダメ。キレるのも諦めるのも早すぎる。随所随所で上手いなって感じるプレーはあるんですがそれが試合の中で生きてる感はない。なんかもったいないなぁって感じもあるんです。

あとこれはCUFCも共通ですが「ホーム」なんであんまりグチグチは言いませんが観戦の学生のマナーに眉を潜めてる大人は少なく無いです。仲間に対する声援であるならばいいんですが必ずしもそうでないのもありますんで・・・どうしてもその中のコミニティで完結しちゃうんかな。プレー以外の面も見られてるって意識はあったほうがいいと思うのです。それがメンタル向上にも繋がるはずなんで。


対外的には2軍3軍って言われ方をされてますが個人的はCUFC戦のほうがほぼ全てにおいて良いチームになってると思います。ですので2軍3軍って表記は極力使わないようにしてるんですが編成の基準も全然わかんないんですよね。年功序列ってわけでもないでしょうし。


正直言って市役所以上に浮上の目を感じないです。ちょっとこれでは厳しいかなぁってのが率直な感想です。


明日はCUFCと矢崎です。





2012-06-25 22:02 | カテゴリ:東海リーグ

折り返しとなる第7節が終わって首位のセカンドと2位マルヤスの勝ち点差は僅か1。3位の鈴鹿が5差。4位の刈谷が6差。ここまでかなぁ・・・優勝争いって言えるのは。それでは第7節の全結果です。


中京大学FC2-2ChukyoUnivFC


中京大 相場 山下

CUFC  澤藤 内木


FC岐阜SECOND2-0藤枝市役所


セカンド 村松 遠藤


※市役所松浦が一発退場。マルヤス戦停止。


マルヤス工業4-0矢崎バレンテ


マルヤス 築館 杉山 円山 濱崎


FC鈴鹿ランポーレ1-0FC刈谷


鈴鹿 伊藤弟


順位はこの通り。


 セカンド 17 5-2-0 +14

2 マルヤス 16 5-1-1 +11


3 FC鈴鹿 12 3-3-1 +3

4 FC刈谷 11 3-2-2 +8

5 矢崎   9  3-0-4 -9

6 CUFC  8  2-2-3 -3

中京大学 2  0-2-5 -12

8 藤枝市  2  0-2-5 -12


※中京大と市役所の順位は「総得点」での差です。


得点ランクはこの通り。


5得点 深山(セカンド)井口(矢崎)

4得点 中村(セカンド)松江(セカンド)遠藤(セカンド)築館(マルヤス)伊藤弟(鈴鹿)大石(刈谷)杉浦(中京大)

3得点 平野(マルヤス)濱崎(マルヤス)日下(マルヤス)北川(鈴鹿)高橋(CUFC) 

2得点 栗本(セカンド)杉山(マルヤス)松下(マルヤス)松田(刈谷)西村(鈴鹿)萩田(矢崎)秋本(矢崎)牧野(CUFC)澤藤(CUFC)


4得点が一気に増えましたね。4得点が複数のセカンドと3得点が複数のマルヤスが1位2位って辺りやはり数字は正直なんだなと。それでは後期最初の第8節の組合せです。呉越同舟。鈴鹿と刈谷が中京大で中京大、CUFCとぶつかります。


7月1日(


ChukyoUnivFCvsFC刈谷 

@中京大学G 12時半KO


中京大学FCvsFC鈴鹿ランポーレ

@中京大学G 15時KO


矢崎バレンテvsFC岐阜SECOND

@藤枝陸上 14時KO


マルヤス工業vs藤枝市役所

@豊川サッカー場 14時15分KO


昨日も書きましたが僕は豊川です。だって中京大も藤枝も実況職人絶対いるけど豊川はまず僕しかいない・・・それに今のマルヤスなら続けて観る価値はある。そういうわけで中京大も藤枝もパスです。

セカンドは静岡アウェイを苦手にしてるんだけど今の矢崎の守備の壊れ方は相当だからなぁ・・・どっちかと言うと追うマルヤスのがツラいとは思う。中京大は双方の打算渦巻く黒い空気が蔓延するんだろうなぁ・・・w

前期総括は明日から。下からやろうと思ってます。








2012-06-25 10:03 | カテゴリ:FC岐阜

昨日も書いたけど全体で見たら凡戦。ただ個々に関してはそれなりに評価していい試合だった思います。


時久 6,0 2試合連続完封の立役者。守備範囲広いですね。


明弘 6,0 MOM。ようやくこの形だ!ってアシストを見せてくれました。


関田 6,0 怖いパスミスもあったが良く体入れて踏ん張ってくれた。


田中 5,5 関田との関係が良かったかと。


野垣内 5,5 相変わらず危なっかしいが重篤なミスはなかった。


服部 6,0 アルディレスも褒めてたが安定感が1枚も2枚も違う。


ハンジェ 5,5 もう少し前への圧力を見たかった。


井上 6,0 よくキープして起点になった。


樋口 5,5 良くも悪くもなく。


染矢 6,0 松本戦以降確実に変わった。余程あの服部の言葉が効いたか。


佐藤 6,0 得点したからオマケ。90分出来ないのは減点材料だぞ。


梅田 5,5 スピード以外は佐藤より全部上だがそのスピードのなさでは・・・


廣田 -- 時間短かったので評価不可。


三田 -- 同上。


行徳さん 6,0 試合ごとに微妙にやり方をかえつつチームを良化させてます。采配面も大きな問題なし。強いて言えば三田の投入を渋った理由がわかんないくらい。


7月の5戦。絶対落としてはいけない試合が2つ。できれば勝ち点3欲しいがどっちかだけでもOKなのが2つ。勝ち点1で御の字なのが1つ。勝ち点10取れれば大分残留争いも楽になるはず。少なくても絶対に落としてはいけない相手2つでの6は絶対条件。個人的には8くらいかなぁと踏んでますが。個人のしょーもないミスはともかく組織で破綻する守備が改善されたのであとは継続と進化だと思ってます。

2012-06-25 00:55 | カテゴリ:東海リーグ

東海社会人1部リーグ 第7節


マルヤス工業4-0矢崎バレンテ


得点者

マルヤス 築館 杉山 円山 濱崎



気がつけばセカンドを差せる位置まで迫ってるマルヤス。4-1-4-1がすごく機能して鈴鹿に完勝。刈谷も止めた。セカンドにこそ完敗ししてるが負けたのはそれだけ。まさかの2着通過も有り得るか?って勢いですが前期最終戦は昨年2敗して本来なら降格圏に叩き落としていた矢崎。一度死に目を見た者は強いって話もあるけど今のマルヤスの強さはある程度裏打ちされてる物もあると思うのです。そんなわけで2週続けてマルヤスを選択。前期首位も夢物語ではない位置での前期最終戦は港で行われました。


マルヤス

GK木下

DF成瀬 山村 松井 稲熊

MF松下 濱崎 平野 日下 杉山

FW築館

GREEN-WIND

矢崎

GK宮城

DF荻野 松尾 前川 田中

MF白石 田中 鈴木 秋本

FW井口 櫻井


GREEN-WIND

予想はしてたんだが開始からマルヤスが前からガシガシと矢崎にプレッシャーをかけて奪って早くサイドから展開。攻撃のパターンは決して豊富ではないんだけどある武器をしっかり磨いてきてるんですよね。そんな中で今マルヤスで一番光っている選手はこの人。主将の右MF濱崎。

ケレン味のないアタックで攻撃陣を引っ張ってます。


GREEN-WIND


先制点は1トップのエース築館の技ありシュート。前半の早い時間での先制でマルヤスは気持ちが楽になったか更にマルヤスを攻め立てるのだが宮城のファインセーブもあって追加点とはならず。



GREEN-WIND


GREEN-WIND

結局前半は1-0だったんだけど戻ってくるマルヤスの選手の表情がイマイチ冴えない感じだったのが気になった。決して1-0リードは悪くない結果なんだけど正直今日の矢崎なら前半だけでももう1点は取れたし取らないといけなかったと思うのです。それが選手らも同じ考えだったのかはわかんない。けど僕はそう感じた。


HTでどんな話があったかはわかんないけど後半も頭からマルヤスが押し込む一方。矢崎は奪ってカウンターに活路見出すしかない展開だったけどクリアもままならないくらい。結局杉山に押し込まれて2-0になったところで勝敗は決して後はマルヤスがどこまでセカンドに勝ち点差を詰めるか?って焦点になった。


先週も同じ事書いたんだけど今日のマルヤスも結論から言えば「4点止まり」って厳しい言い方になっちゃう。宮城が当たってたってのもあるが詰めの甘さもちょっと気になってくる。少なくてもあと2点は取れたと思ったけどねぇ・・・


そんな中交代出場で結果出した円山や円山のゴール直後にロングループを決めた濱崎など光るプレーも随所にあったし、日下、築館と得点ランク上位の選手も相変わらず好調です。市役所以外の全チームを見ましたが前期2位ってのはフロックではないです。実力相応の2位だと思っていいです。


先に言っておきます。来週は豊川です。カードはマルヤスvs市役所。これでマルヤス3週連続になるんで9節以降は考えよう思ったけど少なくても9節もマルヤスだw(vs刈谷アウェイのナイター。この日は中京大からハシゴです。)


矢崎について触れておくけどこの日はCUFC戦から結構メンバーを弄ってた。怪我でもないのに萩田を外すとかビックリしたわ。先週は右がダメで今日は左がまるでダメ。つか前期で僕は矢崎を3回観たことになるが3試合で2得点14失点!もう僕は矢崎の疫病神扱いでも文句言えん。矢崎の関係者は僕見ても塩撒かないでね・・・冗談はともかくこの守備はマズすぎる。3バックでも4バックでも全体のスピード不足はもう看過出来んぞ。市役所、学生との直接対決次第だが落ちてもなんら不思議でない。少なくても上位相手ではもう厳しい思う。7月21日の志太榛原ダービー行こうか真剣に考えてます。まだ確定しませんが。この試合落としたほうが高確率で降格になると思います。去年以上の危機感で後期に挑んで欲しいです。もう強豪でも古豪でもないです。1降格候補にすぎないです。


そんなわけで今週使って前期総括をしたい思ってます。市役所だけ見てないんでそれだけはデータだけ分析になりますがご容赦ください。





2012-06-24 22:43 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第21節


FC岐阜1-0FC町田ゼルビア


得点者

岐阜 佐藤


思うとこは各々あるだろうけどとにかく眼下の敵を直接叩いたのは非常にデカい。ただ今日はそれだけだったんだけどその得た物が大きかったのは異論はみんなないはずです。


けど良いゲームだったかと聞かれるとちょっとツラい。好みの差もあるけど昼に見たマルヤスのほうが僕はいいサッカーをしてた思う。とにかく町田が緩く遅かった。それ故に岐阜まで色んな面でのスピード感の足りなさが出てしまった。


J2ってのは良くも悪くも「せわしない」サッカーが特徴だと思うんです。そうゆう中で今日の町田のあのポゼッションに拘る形ってのも1つの形だとは思うのですが、あれだけプレス緩いサッカーではなかなかツラいもんがあるんじゃないかなぁ・・・とも。そんなのにお付き合いさせられた岐阜もまだまだだなぁ。。。って感じです。


ただ悪くてもしょっぱくても結果を出した残したって部分はきちんと褒めないといけないとも思うんです。とにかく降格圏から少しでも差をつけないとダメ。勝てる試合は勝つ。勝てない試合はなんとかドローにする。これの繰り返しだと思ってます。



2012-06-23 21:08 | カテゴリ:ブログ

会社と話し合って7月復帰で話がまとまりました。


今回は即座に「ダメ!」って判断が出来たんですぐ医者行って事無きを得ましたが・・・なかなかこういった医者にかかることに抵抗持ってる人が多いのも確か。それでも大分市民権得たと思うんですけどね。


あと1週間しっかり心身整えていこうと思ってます。

2012-06-22 16:19 | カテゴリ:FC岐阜

阪本が刈谷に期限付き移籍。


http://www.fckariya.jp//info/news_release.php?no=898


http://www.fc-gifu.com/news/post-1743.html


ブルーノの時ほどではないがこのコメントを武者修業として受け止めるのは無理がある。彼も高確率で片道だろうと思われます。


今年の日本人最初の放出ですが、残念ながら実力どうこう以前に行徳さんの構想から漏れてたとしか思えなかったので・・・もし第2弾の放出があるなら本命だろうと思ってたので驚きもさしてないってのが現実です。


こうやって移籍する以上行った先ではとりあえず出れるチャンスはあるでしょう。ブルーノも出場可能となる最初の試合でいきなり出てきたが結果を出せなかった。阪本も多分7月14日の中京大戦から出れると思うのでその間にどれだけチームに馴染めるかだと思ってます。


しかしなぁ・・・岐阜から東海に4人もレンタルで放出はやっぱ歪だ。今レンタルで出してる中でも阪本は一番試合に出れてたんでそのぶん活躍出来る可能性も高いと思いたい。ただ刈谷は阪本のポジションはライバルが割と強い。すぐに出れる保証なんかどこにもない。少なくても即先発は考えれん。チャンスは自分で掴んでください。






2012-06-21 20:53 | カテゴリ:FC岐阜

今頃の話ですが・・・特段光った選手もダメだった選手もいなかったですねぇ。


時久 5,5 初めての完封で自信つけばいいですが。


明弘 5,5 もうちょっとなんだよなぁ・・・彼が攻撃にもっと絡めるようになれば・・・


関田 5,5 まぁまぁ。


田中 5,5 東京V戦よりは全然体寄せれてた。


村上 5,5 野垣内より絶対いい。


服部 5,5 今の4-1-4-1は彼の存在が前提なんだよなぁ・・・


廣田 5,5 このシステムをまだ消化してない感じ。


井上 5,5 東京V戦での怪我は影響なかったかなぁ?


樋口 5,5 廣田とは逆にこのシステムが合ってるかも。


染矢 5,5 ここ数試合良い感じ。


佐藤 5,5 良く守備もしてたけどねぇ・・・やっぱ物足りない。


中島 5,5 気の毒な累積だがこれを機にカード癖治そう。


ハンジェ 5,5 彼の投入が今はサインなってるね。


行徳さん 5,5 システムの併用がもっと消化出来るようになれば・・・


この4-1-4-1は守備時は4-3-2-1のクリスマスツリーシステムなんですね。したがって肝になるのは2列目の4の選手。ここがスムーズになれば4-4-2よりもショートカウンターが機能するはずです。とにかく今週の町田戦は勝ち点3しかあり得ない。そのつもりで戦って欲しい。

2012-06-20 21:50 | カテゴリ:FC岐阜

1億5千万不足って・・・呆れて物が言えんのですが・・・


1億は地元財界からの援助が望めそうらしいですが結局まだ5千万足らない。以前月2千万ペースの赤字って出てたのが月1千万切る赤字になるって程度に過ぎない。残り5千万のスポンサー見つけないと今年も数千万の赤字でしょう。


どうせこの1億で補強(ただの補充になる可能性も十分あるが)する気なんでしょ?全部使うってことはないとしても。補強が必要なのは認めるけど今はそんなこと出来る立場でないでしょうに。


どう考えても最初からなんかの金をアテにしてたとしか思えない。結局この措置って輸血であって治療でもましてや手術でもないんですよねぇ・・・もちろん出してくれる地元財界に文句を言う気はないんですが・・・これではなんの解決にもなってないんですよね・・・

2012-06-19 18:24 | カテゴリ:ブログ

6月の台風なんて記憶にない。やっぱり温暖化の影響はあるんでしょうね。


名古屋は今夜から明日が暴風域ですね。とりあえず雨戸閉めて停電だけは注意だな。恐らく水害にはならない思う・・・感覚的な話だから断言出来ないけど。


なんかやな感じだなぁ。大事にならんといいけど。

2012-06-18 22:07 | カテゴリ:東海リーグ

セカンドが連続ドローで足踏み。急追したのは伏兵マルヤス!混沌模様の東海1部第6節の全結果です。



藤枝市役所1-1FC鈴鹿ランポーレ


市役所 林内

鈴鹿 矢野

※市役所松下が累積でセカンド戦停止。


中京大学FC1-5マルヤス工業


中京大 佐野

マルヤス 濱崎×2 日下×2 松下

※中京大坂井が一発退場。

※マルヤス河本が累積で矢崎戦停止。


FC岐阜SECOND1-1FC刈谷


セカンド 安田

刈谷 松田


ChukyoUnivFC4-0矢崎バレンテ


CUFC 牧野 小木曽 澤藤 高橋

※矢崎青木がイエロー2枚で退場。マルヤス戦停止。


順位はこの通り。


1 セカンド 14 4-2-0 +12

2 マルヤス 13 4-1-1 +7

 FC刈谷 11 3-2-1 +9

4 FC鈴鹿  9 2-3-1 +2

5 矢崎  9 3-0-3 -5 

6 CUFC   7 2-1-3 -3

7 藤枝市  2 0-2-4 -10

8 中京大  1 0-1-5 -12          


得点レースはこの通り。


5得点 深山(セカンド)井口(矢崎)

4得点 中村(セカンド)松江(セカンド)大石(刈谷)杉浦(中京大)

3得点 遠藤(セカンド)築館(マルヤス)平野(マルヤス)日下(マルヤス)北川(鈴鹿)伊藤弟(鈴鹿)高橋(CUFC)

2得点 栗本(セカンド)濱崎(マルヤス)松下(マルヤス)松田(刈谷)西村(鈴鹿)萩田(矢崎)秋本(矢崎)牧野(CUFC)


セカンドとマルヤスの勝ち点差がわずか1に。前期首位折り返しの可能性があるのは3位の刈谷までです。それでは前半戦最終節となる大7節の組合せです。

6月24日(


中京大学FCvsChukyoUnivFC

@中京大学G 12時半KO


FC岐阜SECONDvs藤枝市役所

@赤坂スポーツ公園 13時KO


マルヤス工業vs矢崎バレンテ

@港 13時半KO


FC鈴鹿ランポーレvsFC刈谷

@石垣池公園 14時KO


奇しくもセカンドもマルヤスも昨年は2敗した市役所に矢崎が前期最終戦。どちらも現在下位グループですが「地雷処理」に失敗したほうが首位争いから遅れを取ることになるでしょう。3位の刈谷も昨年は全社予選込みで全くの互角だった鈴鹿が相手。鈴鹿ももう1つも負けられない戦いが続くのでここも白熱した試合になるのは間違い無いです。同門対決の中京ダービーも盛り上がるでしょう。そんで僕ですが・・・今んとこ気持ちは港です。ただ市役所だけまだ1度も観てないんだよなぁ・・・それが引っかかってるんです。実は刈谷も開幕戦以来公式戦は観てないし・・・ちょっと観戦バランスが悪いことは反省してます。


とりあえずはこれで前期も終わります。去年のような独り旅の様相にはならんでしょう。東海1部は最後までわからないですよ。



2012-06-17 22:56 | カテゴリ:東海リーグ

東海社会人1部リーグ 第6節


中京大学FC1-5マルヤス工業


得点者

中京大 佐野

マルヤス 濱崎×2 日下×2(1PK) 松下


※中京大坂井が得点機会阻止(著不正かも?)で一発退場。CUFC戦停止。


ChukyoUnivFC4-0矢崎バレンテ


得点者

CUFC 牧野 小木曽 澤藤 高橋


※矢崎青木がイエロー2枚で退場。マルヤス戦停止。


本来なら需要が一番ありそうなセカンドvs刈谷@大垣赤坂に行くのが本筋なんでしょうけどそれをやると6試合連続セカンド絡みになってしまう。それはさすがに僕の立ち位置ではやってはいけないこと。ですので2試合見れる中京大にしました。今日はメンバーも省略してレポします。


※写真は使い物になるのが1枚もありませんでした。ごめんなさい。


まずは未だ未勝利の中京大vsマルヤス。継続して4-1-4-1で戦ってるマルヤスですがこの日も2列目のプレスが高いんで奪えば即ショートカウンター。逆に中京大は若いのに動きが前半から緩慢でこっちはマルヤス相手に当たりにいけない。したがって前半からほぼではなく完璧なマルヤスペース。特に前半は右のSB成瀬もやりたい放題。積極果敢なアタックで中京大をズタズタに。開始早々の濱崎先制弾に坂井の退場で得た日下のPKで2点差はつけたが誤解を恐れず言うなら「2点しか取れんかったの?」ってくらいのワンサイド。後半開始秒殺(手元時計では30秒切ってた)での濱崎の3点目のゴールで中京大の何かが「ブチッ」と切れてしまったようだ。以後はマルヤスのプレス&サイドからのシュート練習時々思い出したような中京カウンターって構図の試合となって試合としては面白みは殆ど消えた。中京大は佐野のゴールは見事な個人技だったけどそれ以外は論外。未だ未勝利もさもありなん。逆に言ってしまうとマルヤスは「5点しか取れんかった試合」と断じていい出来でした。普通なら5点取れば十分だけど今日の中京大相手でで5点では全然物足りない。最低でもあと3点は取れたし二桁だって非現実的な試合ではなかった。後々の事考えたら今日の+4ではなぁ。。。って試合でした。


続いてCUFCvs矢崎。この試合も開始2分でCUFCが牧野の鮮やかなゴールで矢崎の出鼻を挫いたんですがそれが影響したのかそれとも最初から調整がアレだったのか矢崎がどう見ても浮き足立った試合をしてる。この試合矢崎は4-4ー1-1っぽいシステムだったけど両SBが絞りすぎでボランチとも関係が良くなくサイドをCUFCに制圧されてこっちも好き放題。前半こそ1-0だったが矢崎が後半どうこう変わるとも考え難い内容。どんだけ良くても1-1だろうと思っていたが後半開始これも2分でCKから小木曽が決めてこの試合も何かが「ブチッ」と切れる音が。後半の矢崎は前半以上に酷かったですねぇ・・・セカンドに6点取られた開幕戦以来だったがどうも僕は矢崎の疫病神のようだ。開幕戦の守備の壊れ方も酷かったが壊れ方って意味では今日の方がはるかに酷かった。SBどうにかせんとまずいぞこれは・・・

CUFCは今日は全てが上手く入った試合でしたね。特に鈴鹿戦で退場を喰らった左SBの林がすごく生き生きとサイドを駆け上がってくのが印象的でした。対面の青木をズタズタにしてましたからねぇ・・・この試合もマルヤスもそうだってけど1トップの下の2列目のプレスが効くとショートカウンターが効果高くなりますねぇ。東海のトレンドなんですかねぇ。


明日また書きますが前期折り返しでの首位ターンの可能性があるのはセカンド、マルヤス、刈谷の3チームのみです。鈴鹿は厳しいなぁ・・・ブルーノも不発だったようで・・・








2012-06-17 20:03 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第20節


アビスパ福岡0-0FC岐阜


※中島が4枚目のイエローで町田戦停止。


前半途中で帰宅したんで、イマイチ試合に入りきれず。明日また録画見直しますが危なっかしいながらも及第点の結果だったかと思います。


町田が引き分けだったんで今日の勝ち点1はそれ相応に意味はある。鳥取が負けたんで降格圏もとりあえず脱した。


したがって今日の結果はOK。中島の最後のアレはどっちとも言えない。どうしてもどっちか意見言え言うならアウト。当たってた。故意かどうかはわかんない。これで勝ち点2失ったって意見も当然あると思いますが僕はこの1でとりあえずはOKだと思ってます。ですので次の町田戦の意味がものすごくデカくなる。これで負けたら今日の1はパー。何の意味もなくなる。前期折り返し戦が天王山になりました。


未だ家事が解決してないんで町田戦も微妙ですがなんとか行きたいとこだなぁ・・・

2012-06-17 02:17 | カテゴリ:ブログ

夕方から体調悪くなって横なってたら起きたのが今さっき・・・もう最低ですね。


雨は朝方には止むようですが中京大は体調次第では1試合だけにするかもしれないです。



2012-06-15 19:43 | カテゴリ:ブログ

オウムの逃亡犯がこれで全員捕まったわけですが・・・


少なくても僕は全員死んでいる思ってた。それも日本ではなく海外で。僕の他にもそう思ってた人はいるんじゃないかな。まさか東京近辺に潜んでるとは思いませんでした。木を隠すには森って発想だったんでしょうね。


これから3人は法によって裁かれる運命が待ってますが既に死刑が確定しているオウム幹部も証人として出廷する可能性が高いので執行は当分先送りになるでしょう。ただしそれは「まともな」状態の人間のみ。


心身に異常のある死刑囚は執行できないんです。完全に拘禁症状で狂ったって噂の麻原は多分執行できません。他の幹部は恐らく執行可能なんでしょうけどこの3人の裁判が決着付くまでは誰も執行できません。


けどこれで完全解決なんかなぁ・・・根拠はないんだけど不安が残ります。



2012-06-14 10:58 | カテゴリ:FC岐阜

よく踏ん張った思うけど結果は大量失点。最終的には個のスキルの層の差が浮き彫りになった試合だったかなぁと。


時久 5,0 失点1つ1つが彼のせいとは思わないけど・・・


明弘 5,0 1対1はそこまで負けてなかったが連携は・・・


田中 5,0 パフォーマンスが落ちてる。ホントは外して欲しいけど・・・


関田 5,0 スキル差は如何ともならず。


野垣内 4,5 MBP。何も言いたくない。


服部 5,5 岐阜で1ボラが出来るのは彼しかいないんだけど負担デカすぎ。


廣田 5,0 存在感無し。ちょっと相手が悪かったか。


樋口 5,5 ミドルは良かったが決勝点のPKは軽率過ぎ。


井上 5,5 彼の負傷がデカかッた。プレー1つ1つに気持ち入ってるのが伝わってきたんだが・・・


染矢 5,5 悪くはなかったがここしか攻め手ないのが今の現状の遠因。


佐藤 5,5 前半で替えられるほど悪いとは思わなかったけど・・・信頼度が窺い知れるよね・・・


三田 5,0 フィルターになりきれなかった。


中島 5,0 またイエロー。これでは先発なんて怖くて無理。いつか赤もらうぞ。こんなプレーでは。


行徳さん 5,0 4-1-4-1は付け焼刃にしては悪くなかったけど・・・


Jsのコメント見る限り数名パフォーマンスが落ちてるのは確かなようです。リメイン組はここでアピール出来ないとダメなんですがあの刈谷戦見た身としては前向きにはとてもなれんのが正直なとこです。福岡戦は多分ハンジェ戻して4-4-2だとは思いますが・・・

2012-06-13 21:00 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第19節


東京ヴェルディ4-1FC岐阜


得点者

東京V 西 小林祐(PK) 高橋 阿部(PK)

岐阜 樋口 


※野垣内が4枚目のイエローで福岡戦停止。


開始10分まではどうなるか思ったが樋口のビックリミドルで追いついてからは粘り強く戦えてんですが・・・小林にジョジマールと岐阜では絶対出来ない層の厚い投入でとうとう持ち堪え切れず決壊。75分までは戦えてたけどあのPKで終わりでしたね。


2点目はまず取れないチームなんだから1-1のまま終わりたかったんですけどねぇ・・・樋口のミドル以外は得点の匂いすらなかったですし。野垣内が停止なのはどうでもいいけど井上の怪我がなぁ・・・脱臼でなければいいんだけど。


幸いなことに当座の下位は全部負けた。熊本が引き分けたから少しずつ18位が遠くなってるけど。


しかし4-1-4-1で入ってくるとは以外だったなぁ。攻めれないなら前で厚み作るって発想はなかった。そこまで悪くなかったけどやっぱり「1」の部分の2名の出来が良くないと機能はしないですね。佐藤がHTで替えられた辺りこのシステムはちょっとキツいかも。ここで強いFWって存在が問われるのもなぁ・・・とは言っても今ある材料でしか料理は出来ないんですが。


MBPは野垣内。久しぶりの全部ダメ。採点は明日。






2012-06-12 20:56 | カテゴリ:ブログ

まぁひでぇ主審だったwww東海でもここまでカード荒ぶる主審はそうはおらんぞ。


ただカード乱舞する傾向の強い主審だったみたいですね。ワールドカップやACLでも大暴れしてたとか。ミリガンが消えたとこで帳尻あるかも思ったけど内田のあのファウル見逃さんかったあたりヘタではなかったかなぁと。案の定栗原が2枚目貰ってしまったし・・・


まぁアウェイだし結果はOK。ただイラク戦DF3人停止ってのは非常にツラい。まぁ3ヶ月あるんで考える時間は十分あるかな。新しい戦力の台頭は現実的ではないけど。


まぁアラブ人のメンタリティは日本人で理解は無理。まさにインシュアラー。

2012-06-11 19:22 | カテゴリ:東海リーグ


ようやくセカンドも止まって刈谷とマルヤスが1ゲーム差まで詰めて来ました。ただ未だセカンドの得失点差の貯金はデカい。第5節の全結果です。


矢崎バレンテ2-0中京大学FC


矢崎 井口 萩田


マルヤス工業2-0CyukyoUnivFC


マルヤス 築館 平野


FC刈谷5-0藤枝市役所


刈谷 酒井 OG 松葉 鈴木 阿部


FC鈴鹿ランポーレ1-1FC岐阜SECOND


鈴鹿 西村

セカンド 松江

※鈴鹿 木下がイエロー2枚で退場。市役所戦停止。


順位はこの通り。


 セカンド 13 4-1-0 +12

2 FC刈谷 10 3-1-1 +9

3 マルヤス 10 3-1-1 +3

4 矢崎    9 3-0-2 -1

5 FC鈴鹿  8 2-2-1 +2

6 CUFC   4 1-1-3 -7

7 中京大学 1 0-1-4 -8

8 藤枝市   1 0-1-4 -10


得点ランキングはこの通り。


5得点 深山(セカンド)井口(矢崎)

4得点 中村(セカンド)松江(セカンド)大石(刈谷)杉浦(中京大)

3得点 遠藤(セカンド)築館(マルヤス)平野(マルヤス)北川(鈴鹿)伊藤弟(鈴鹿)

2得点 栗本(セカンド)西村(鈴鹿)萩田(矢崎)秋本(矢崎)高橋(CUFC)


※先週のマルヤスvsセカンドのマルヤス得点者は杉山ではなく平野でした。訂正します。


井口が深山に並びました。東海での実績者とルーキーの得点王争いに他クラブのエース級が追いかける形ですね。それでは次節の組合せです。ストップ・ザ・セカンド第2弾は大垣赤坂での首位攻防戦!試合は全て日曜日です。


6月17日(


藤枝市役所vsFC鈴鹿ランポーレ

@藤枝市民 11時30分KO


FC岐阜SECONDvsFC刈谷

@赤坂スポーツ公園 14時KO


中京大学FCvsマルヤス工業

@中京大学G 12時半KO


CyukyoUnivFCvs矢崎バレンテ

@中京大学G 15時KO


中京大でダブルヘッダー。鈴鹿移籍のブルーノも出場解禁です。(昨日の様子ではまず無理だが・・・)ここはやはり赤坂ですかねぇ。ひょっとしたら中京大に行く可能性もありますが。(実況者がいるとは思えんもん。)まだ決めてません。藤枝がこんな早い時間なのはJFLのMYFCvsホンダのJFL静岡ダービーが15時から同じ藤枝市民グランドであるからですね。MYFCvsホンダは有料試合になりますんで市役所vs鈴鹿終了後は一旦退場する必要があるんでご注意を。


この節のセカンドvs刈谷は大一番ですね。セカンドが勝てば刈谷は大きく遅れを取るし刈谷が勝てば一気に混沌の東海1部。前期の大一番は見逃せない!







2012-06-11 13:31 | カテゴリ:FC岐阜

ダメな前半とそこそこよかった後半。このムラッ気が成績にも現れてるのかと。


多田 5,5 PKは仕方ない。


明弘 5,5 PK判定は冤罪だがその前のプレーが軽率。


田中 5,5 悪くはなかったかなと。


関田 5,5 そろそろセットプレーで決める予感。


野垣内 5,5 こんなもんでしょ。


服部 6,0 居ないと困るがそろそろ疲労が怖い。


ハンジェ 5,5 守備に忙殺されちゃったかな。


染矢 6,0 迷ったがMOM。クロス一辺倒の悪癖は治ったかな?


井上 6,0 よく決めてくれた。


樋口 5,0 怪我を押して出てくれてもあのパフォーマンスでは・・・


佐藤 5,5 底は脱したか。


廣田 6,0 彼が入って活性化した。


中島 5,5 後は結果か。フィジカル頼り過ぎるのは気になるが。


三田 -- 時間短かったので評価不能。


行徳さん 5,5 HTでの修正が功を奏した。


誤解を恐れず言えば東京V戦は服部とハンジェのどちらかを温存して欲しい。もっと言えば「捨ててもいい。」ハナっから引き分け狙いでもいいけどそれでも今の東京V相手に勝ち点取るのはキツいと思ってます。




2012-06-10 20:09 | カテゴリ:東海リーグ

東海社会人1部リーグ 第5節


FC鈴鹿ランポーレ1-1FC岐阜SECOND


得点者

鈴鹿 西村

セカンド 松江


※鈴鹿木下がイエロー2枚で退場。市役所戦停止。



GREEN-WIND

1人旅状態を作りつつあるセカンド。この試合を落としたら勝ち点差8になりほぼ終了になってしまう上にホーム戦連敗など許されない鈴鹿。ストップ・ザ・セカンド第1ラウンドは石垣池公園で行われた。


鈴鹿

GK本多

DF村田 原 大久保 安

MF曽根 西村 伊藤兄

FW矢野 北川 伊藤弟

Sub松上 榊 木下 久保田 中村 小宮山 関


GREEN-WIND

セカンド

GK本田

DF安田 田中 倉田 吉崎

MF片山 松井 中村 村松

FW松江 深山

Sub山崎 金誠吉 瀬古 安西 栗本 柳澤 遠藤


GREEN-WIND
 

試合はどっちが主導権とるかなぁ・・・って感じで始まって最初は鈴鹿がイニシャティブ取った感があった。セカンドのクリアやDFのパスが雑に感じたんだがそこから奪った西村が振りぬいたシュートがポスト当たって跳ね返りがゴールに入っちゃって鈴鹿が先制。さぁこれでどうなるかと思いきや・・・


セカンドがキックオフリターンゴール。鈴鹿は一切触れず秒殺失点。これで先制はあっさりパー。11分12分で先制同点と忙しい試合に。ここからはほぼセカンドペ-スの試合に。


鈴鹿はマルヤス戦がとんでもない不出来であんな出来のまんまセカンドと戦ったら惨殺されると思っていたんだがこの試合は縦パスが多かったにしても2列目がFWと絡んでの攻撃は出来ていたと思う。中盤を△にしてくる思いきや▽で挑んでくるとは以外でした。ラファエルの怪我とかで原を下げざるを得ないとは言ってもセカンド相手なら2ボランチで守備厚めにする思ったんですけどね。先制してからは鈴鹿も決定機は作れず前半はセカンドペースで折り返し。


GREEN-WIND

GREEN-WIND

HTでセカンドは村松から瀬古に交代。推進力欲しかったんだろうな。この交代が機能して中村がよりボールに絡みだしてセカンドが前半以上にペースを掴んで押し込みまくる。


しかし今日のセカンドはどうにもポストやバーに嫌われる。松江だけで3つはあったかなぁ・・・鈴鹿は完全に繋げなくなってカウンター頼りのみに。伊藤兄弟や矢野が連動しだすとカウンターにも厚みが出るがシュートまでなかなか持って行け無い。木下を投入して安を右ワイドにポジションを変えてサイドも使いたかったって意図は感じたがその木下が交代で出てきて30分も持たずに黄色2枚でサヨウナラ。これで鈴鹿のタスクは勝つことから負けないことにシフトされた思う。


1人少なくなることで数的不利は生じてもそれがそのまま不利だけを被ることにならないのがサッカーの難しいとこ。鈴鹿は10人になったことでやることが1人1人ハッキリしたのが功を奏して守備のブロックを強固に。セカンドも柳澤の惜しいFKなど最後まで押し込みにかかるが時間切れ。セカンドの連勝は4で終わり鈴鹿はセカンドとの差は詰めれないドローとなった。



GREEN-WIND

終了後のセカンドの選手が総じて負けたって表情だったのが印象的でした。客観的に見てもセカンドは勝てた試合をドローにしちゃったって感じでした。ただ鈴鹿もポストやバーに助けられたとは言ってもホームでの声援も大きな助けになってたと思います。運だけで持ち込んだドローだったとは思いません。けどそれ以上の結果までとなるとどうだったろうなぁ・・・木下の退場がなくても勝ち越しは難しかった思います。


これで差は詰まらず5のまんま。また明日触れますが鈴鹿はマルヤス、矢崎、刈谷と勝利を納めたので5位に落ちました。前期の残りは市役所と刈谷。後々考えたら最低でも勝ち点4。セカンドを追いかける事考えたら6欲しい。連勝して勝ち点差を広げられないようにしたいですね。


あぁそうそう。聞き込み捜査をしてわかったんですがブルーノは怪我してます。どうも合流2日目で肉離れをしたってのが正解のようです・・・こんな事で期待に応えんでくれ。お願いだから・・・聞いた時クラっと来たわ・・・

2012-06-09 20:57 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第18節


FC岐阜1-1愛媛FC


得点者

岐阜 井上

愛媛 赤井(PK)


粘り腰を見せてどうにか最下位は脱出。いつもの岐阜なら0-1で終わりだったでしょうけど・・・とりあえずは今の岐阜ではこれでOKだと思います。


PKは不運だったと思います。VTRでは完全に外でした。それもサッカーなんですが。


ただ次の週はアウェイで強いとこ2つ相手。正直言ってどっちかで勝ち点1拾えればOKだと思います。当座のターゲットは町田になるんですが町田は水曜がアウェイ岡山。日曜がホーム山形。こっちも岐阜と同じでどっちかで勝ち点1がやっとでしょう。つまり大事になるのは24日の直接対決。町田戦を迎える時点で21位はキープしたいとこです。


ぼちぼち累積が気になる時期です。いまだツモった選手がいないのはそこまでラフのない守備をしてるって裏返しなんですがリーチはそこそこいるんですよね・・・心配ではあります。


MOMはどうしようかなぁ・・・候補は服部、染矢。採点まで保留。採点は月曜か火曜。

2012-06-08 15:02 | カテゴリ:ブログ

弱音・・・ってわけではないんですがここ数日夢見がすこぶる悪いです。


寝てる間ずっと夢を見てる=眠りがずっと浅い状態が続いていて、仕方なく再度睡眠薬を出してもらう羽目になりました。


いわゆる欝状態は大分楽にはなってますが家族の自分の今後を考えるとたまにずどーんと来ることも。あんまり考えないようにはしてるんですけどね。


とりあえず代表戦の日程を勘違いしてました。今日なんですね。今日勝ってある程度楽な立場になりたいとこですが・・・すんなりはいかないかもなあ。最終的には大丈夫だと思いたいけど。

2012-06-07 22:54 | カテゴリ:ブログ

まぁまぁ本命決着だったわけですが・・・


結局ずっと見入ってました。特段所謂「推しメン」はいなかったのに。


名古屋では結構な視聴率だったようで。やっぱりSKE抱えてる分ですかね。


けどやっぱりCDをが大事にされてないってのは確かみたい。CD<投票券、握手券ってのは商売としてはアリかもしれないけど作る側からしたらどうなんだろう。やっぱり寂しいですね。


え?なんで今頃昨日の話って?ネタがないんですよ。明日は病院。回復は結構順調です。

2012-06-06 11:25 | カテゴリ:ブログ

言うまでもなくAKB総選挙の事ですが・・・


芸能ニュースやワイドショーならいざ知らず、一般ニュースでやることか?


彼女らが今、日本においてそれ相応の影響力を持ってる事は確かではあるけどこれにはさすがに違和感を感じたりします。


僕も男性である以上可愛い女の子にはどうしたって目が向いてしまうんですが、じゃあだからってCDを何枚も購入して尽くそうと思うか?言われたらNO。けど中には1000枚以上=(100万円以上)も突っ込んでるファンがいると聞いてドン引きしたりもします。


見返りを求める愛情って下衆い考えだと思うけどあまりに見返りを望まないって言うか与えられない愛情ってのも違和感が。勿論本人たちが納得して行ってる行為なんで是が非かには言及しませんけど。


こういった行為で経済が回るのであればそれはそれでアリなんかもしれないけど僕はちょっとイヤだな。けどなんだかんだで結果は見てしまうんだろうなぁ。正月に見たSKEの娘らで上位にいる娘もいるようですし・・・

2012-06-05 13:39 | カテゴリ:FC岐阜



練習試合(45分×2)


FC刈谷0-0FC岐阜


刈谷が何故か中1日でありながら受けてくれたTM。当然岐阜はリメイン組がメインで挑んだわけですが・・・


中京大戦を90分戦ったメンバーばっかだった刈谷相手に攻めあぐねてのスコアレスドロー。攻撃陣の不甲斐なさはこっちにも蔓延していました。


TMなんでスタメンが誰だったとかは書きませんがツイッターで呟いたように本当にダメだったのだが中島と地主園。東間相手に何も出来なかった中島も大概だったけど地主園は本当に重症。プレーに迷いがありありな上にフィジカルコンディションも落ちてる。何で今メンバーに入らないか一番如実に現れてた選手でした。


この試合で一番良く映ったのが三田ってのが若手のだらしなさを余計に際立たせる要因だったんですがそれではダメなんですよね。若手が若手って呼ばれる間は短いんですから。その短い期間、少ないチャンスを絶対に掴むんだってギラギラした思いは皆無に近かった。淡々と90分やって終わりってのはあまりに寂しいし情けない。ましてや中1日で90分やってる刈谷相手にこれでは・・・現実的な話ではないにしても新しい力が欲しくもなるわなぁってのも理解は出来てしまう。とてもじゃないが前向きな気持ちにはなれないTMでした。