FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

わずかの差。けど大きな差。

東海社会人1部リーグ 第4節


マルヤス工業1ーFC岐阜SECOND


得点者

マルヤス 杉山

セカンド 松江×2(1PK) 深山



GREEN-WIND

共に開幕ダッシュに成功したと言っていいマルヤスとセカンド。勝ち点7と9の首位攻防戦は豊田スタジアムのサブグランドと言う東海リーグ最高の芝で行われた。


マルヤス(スタメンのみ)

GK木下

DF成瀬 河本 山村 松井

MF松下 日下 香川 濱崎 杉山

FW築館



GREEN-WIND

セカンド

GK本田

DF柳澤 田中 倉田 吉崎

MF中村 片山 松井 村松

FW深山 松江

Sub山崎 鈴木 金誠吉 安西 栗本 田端 遠藤



GREEN-WIND

試合開始序盤は中盤の差し合いが続きどちらも主導権を取れない時間が続くかな?と思ったのだがこの日まさかの右SBで先発に入った柳澤からの縦パス一発がマルヤスDFのギャップの位置にピタっと落ちてそこに信じて走りこんだ松江の豪快なボレーが突き刺さってあっさりとセカンドが先制。その10分後に同じような位置への今度は松井からの縦パスに深山が反応してゴール右上にズドン。拮抗した試合になるかと思いきやセカンドが20分までに2点を先行するマルヤスには非常にツラい戦況となる。


マルヤスは鈴鹿戦と全く同じスタメンでセカンドに挑んだがやはりセカンドの中盤を捕まえきれない。ボールを奪った際の2列目のアタックはセカンド相手にも通用していた部分もありチャンスを作るまでは至っているのだがこちらは如何せんシュートが枠に入らない。マルヤスの前半最大の山場は裏を完全に抜けた日下が本田と1対1に持ち込んだシーンだったのだがシュートが枠を捕らえられないシーンだったろうか。前半はシュート数こそ差はなかった思うが枠内シュート数の差がそのまま点差になった前半だった。


HTでマルヤスは築館と香川に変えて平野と田中を投入。4-4-2に変える?思ったがシステムはそのまま。高さを捨てて裏を狙うサッカーに変化してきた。


セカンドはリーグ戦に入ってから後半頭10分以内に必ず失点を喰らってきた。その悪癖は今日も出てしまい左からのクロスを本田とDFが被ってしまってキャッチミス。ガラ空きのゴールに杉山が蹴りこんで後半早々に1点差に詰める。これで試合はわからなくなる。


マルヤスは2列目だけでなく、1トップにそのまま入った平野も裏を積極的に狙うがセカンドもしっかり対応をしてオフサイドを取ることで対処。それでも2列目との連携ですわ同点か!とシーンを作るがここは片山が必死に戻ってカバーリング。こうした後は得てしてピンチを招くんだがそれが的中。セカンドの逆襲からエリアギリギリの所で松下の足が松井を引っ掛けてPK判定。足を掛けたって言うよりは引っかかっちゃったって感じだったのだが足が掛かって倒したのは事実。エリアギリギリって点も含めてマルヤスには気の毒なPKではあったがこのPKを松江が決めてこれで勝負あり。セカンドが開幕4連勝で独走態勢を築き出した。


数字こそ先週の鈴鹿vsマルヤスと同じ1-3だったんだが鈴鹿vsマルヤスの1-3で感じた差と今日のマルヤスvsセカンドで感じた差がイコールだったとは思わない。内容に大きな差はなかったと思う。


けど・・・この対戦をまたやってもこれに準ずる結果になるだろうなぁ・・・とも。内容に大きな差はなかった。けどその差はちょっとやそっとでは埋まらないだろうなぁ・・・とも。組織ではマルヤスはセカンドと遜色なかったんだが個の力の差はどうしようもないレベルだった。組織力だけでの限界を感じる差と言ったら乱暴過ぎるかもしれないけど・・・


セカンドですが先に書いたように個で圧倒的に凌駕した試合でした。特にJ経験者組との差が歴然だったんですがその中でも右SBを務めた柳澤のパスセンスは図抜けていたと思います。先制点のアシストのパスには腰が抜ける思いました・・・近代サッカーのトレンドにSBの位置でポイントを作ってビルドアップしていくってのがありますがそれに当てはめれば柳澤は適役だったかと。守備面ではまだ不安もあったけど無難と言えば無難でした。ここから起点作られたらセカンドの攻撃力はさらに上がってくるでしょうね。その反面今日も凡ミスでの失点が。被決定機もそれなりにありましたしまだ守備面での課題が残ったまんまとも言えます。


マルヤスですが去年よりも確実に進化してます。特に2列目の変化の攻撃は見ていて面白いです。ただ失点はDFのギャップをセカンドに見事に突かれました。こちらもまだ向上の余地が十分ありますしそれが叶えば上位争いに相応しいチームだと言えるでしょう。


来週は鈴鹿vsセカンドに行きます。早くも正念場の鈴鹿。ここで落とせば8差になってほぼ終戦になりかねない。セカンドの独走を止める為にも熱い戦いを望みます。

千葉戦私的採点

とにかく中盤の選手の守備に対する貢献度が高い試合でした。


その反面GKとDFはおっかなびっくりな選手が・・・


恭平 5,0 見ちゃおれんかった選手その1。久々だったとは言え不安定過ぎ。


明弘 5,5 今日は良かった。クロスがもっとよくなれば・・・


田中 5,5 あやうくOGのプレーもあったが我慢してよくラインを上げてくれた。


関田 5,5 見ちゃおれんまではいかんが怖いプレーが幾つか・・・


野垣内 5,0 見ちゃおれんかった選手その2。どんだけ井上に尻拭いしてもらってたんだよ・・・


ハンジェ 6,5 MOM。ミドルの精度の高さが決勝点に結びついたし守備も◯。


服部 6,5 運動量も守備の貢献も◎。MOMは迷いました。


井上 6,5 野垣内の尻拭いにカウンターでの貢献。MOM候補でした。


染矢 6,0 ファウル目立ったけど攻守に頑張った。


樋口 5,5 やっぱり切り替えの遅さが気になる。守備自体はしてたけど。


佐藤 5,5 決勝点こそよかったがキープは×。ただ守備は頑張った。


橋本 5,5 変に下がる悪癖も矯正されてきたかな。無難でした。


三田 6,0 よく役割を理解して忠実に実行しました。野球で言えばセーブ相当の働き。


村上 -- 時間短かったので評価不可。


行徳さん 6,0 交代のタイミングもよかった思います。それ以上によく準備したのが伝わってくる試合でした。


まだツモった選手は岐阜ではいませんがボチボチ他所のチームでは累積停止が出始めてます。次の愛媛は2名停止が発生してます。こういった時はチャンスなんですがそういったチャンスを悉くフイにするのが岐阜の悪癖なのが気がかりです。


カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR