2012-07-31 20:27 | カテゴリ:ブログ
ブログタイトルにあるように僕は名古屋市緑区生まれの緑区育ち。現住所も緑区です。
そして緑区は今悪い意味で話題になってる名古屋市の区です。

その理由はこの人。つかこの輩でいいと思う。

なんか勘違いしてるだろこの人。市議の身分を特権階級かなんかと。そうでなければあんなみっともない会見は出来ん。絵に描いたような逆切れやないかい。そうしたら返す刀で今度は自分とこの選挙区で当て逃げって…普通に犯罪だろうが。しかも相手を恫喝してるって問題外なんですが。どうやら今夜にでも除名処分が下るとのことですが普通の感覚の持ち主であれば自ら辞職するでしょうよ。除名食ったら政治家として完全終了だけど自ら辞めればまだ僅かながらも再起の目もあったでしょうに。もうこれで政治生命は絶たれたと断じていいと思います。つかそうなってほしい。この人はダメだ。議員以前に人間として。そして緑区民としていいます。

とっとと辞めろ。この緑区の面汚しが!!

議員の資質ってなんなんですか?と逆切れ会見で謳ってたけど僕なりの考えを。

議員ってのは民意を持って選ばれた市民の代表だと考えてます。つまり我が町の代表とも。そして市民の生活の向上の為に奉公することが第一だと思うのです。滅私しろとまでは言いませんが。
そして我が町の代表として恥ずかしくない人間性を持ち合わせることが大事だとも思うのです。この一件で名古屋市議全体のイメージ低下は不可避だし減税日本のダメージはもっと酷い。こんな人間性の持ち主を公認した河村市長にも責任はあると思うけどやっぱりこの人は議員つかリーダーとして不適格だとしか思えない。怒るとか呆れる通り越して哀れみすら感じる人間性の持ち主ってそうはいませんよ。

ちなみに僕は減税日本には入れてないです。今後も入れることはないと思います。ホント緑区民として恥ずかしい。
2012-07-30 22:30 | カテゴリ:東海リーグ
はい、FC2に移行して最初の東海1部ニュース。まずはセントラルウィークの全結果。

藤枝市役所2-2中京大学FC

市役所 前上 井上
中京大 杉浦 山本

矢崎バレンテ0-2FC刈谷

刈谷 北野 福谷

マルヤス工業2-3FC鈴鹿ランポーレ

マルヤス 日下×2
鈴鹿 矢野 伊藤兄 ブルーノ
※マルヤス山村が一発退場。セカンド戦停止。

ChukyoUnivFC1-2FC岐阜SECOND

CUFC 牧野
セカンド 松江 深山
※CUFC池滝がイエロー2枚で退場。市役所戦停止。

順位はこの通り。



1 セカンド 26 8-2-0 +20

2 FC鈴鹿  21 6-3-1 +7

3 マルヤス 19 6-1-3 +10 ここまで優勝可能


4 FC刈谷 14 4-2-5 +7

5 CUFC  11 3-2-5 -5 

6 藤枝市  9 2-3-5 -9 残留ライン


7 矢崎   9 3-0-7 -20

8 中京大  6 1-3-7 -13
 

得点ランクは次の通り。

8得点 深山(セカンド)松江(セカンド)
6得点 日下(マルヤス)大石(刈谷)井口(矢崎)杉浦(中京大)
5得点 中村(セカンド)築館(マルヤス)
4得点 遠藤(セカンド)伊藤弟(鈴鹿)北川(鈴鹿)高橋(CUFC) 


一応今節は全試合見たけど警告状況はまだ正確に確定してないです。いくつかわかってる次節停止者はいますが…そして順位に線を引きましたが昨日の結果を持って刈谷から下のチームの優勝の可能性は完全に消滅しました。

優勝の可能性があるのはマルヤスまで。しかしそのマルヤスも今週の北西部決戦に敗れれば終戦…そして今週のカード…つか8月唯一の東海1部公式戦はこのカード!!

8月5日(

FC岐阜SECONDvsマルヤス工業
@北西部運動公園 15時KO

言わずと知れた北西部。FC岐阜のメイン練習場。日陰の逃げ場なんて生ぬるい物はないと思え!18時から福岡戦があるんで気軽にお越しくださいとはちょっと言い辛いっちゃ言い辛い。つかなかなかタイトだしオススメはしない。こっち来たらメモリアルは遅刻する可能性も視野に入れてください。僕はこっちだけにする可能性もあります。元気ならメモリアルも行きますが。さらに元気なら11時から各務原スポーツ広場で2部のFC川崎vs春日井クラブがあります。これ見て北西部って可能性もあります。こっちとメモリアルは楽勝でハシゴ可能ですね。

ちょっと2部に触れておくと、蹴球団の復帰はほぼ確定。早ければ次節9月2日の伊勢戦に勝てば1部復帰です。2着は大混戦でしてまだ数字上はどこも可能性はある。個人的にはどこでもいいです。物好きの人は沼津希望なんだろうな。2部も機会見て動きがあればこのブログでも触れたい思います。

そして北信越リーグは全日程を終えて優勝は初優勝のこのクラブ!

北信越リーグ代表
サウルコス福井

http://www.saurcos-fukui.jp/

常連JSCを最終戦で捲って初制覇。地域決勝へようこそ。ハッキリ言って地獄ですからね。

そして今年は2枠の九州も出場クラブは確定しました。優勝はまだ決まってません。

九州リーグ代表
ヴォルカ鹿児島

http://www.volca-kagoshima.jp/
FC鹿児島
http://www.k-sapo.com/

FC鹿児島は山内がレンタルで所属してますね。ヴォルカも地域決勝常連です。両鹿児島もなんとか悲願の全国進出に気合パンパンでしょうね。東海代表もこの2チームは大きな壁になると思います。
8月はミニ国体と天皇杯予選がメインです。ミニ国体も組合せはわかってるんで来週にでも触れようと思ってます。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-30 08:25 | カテゴリ:FC岐阜
昨日も書いたけど勝たないといけない試合って気概は全然見えなかった。そんな余裕あるチームではないぞ。

時久 6,0 勝ち点無しでもこの採点にしたいくらいビッグセーブ連発だった。

明弘 5,5 3バックでは構想外になるんか?放り込みに残して欲しかったが。

関田 5,5 ロイ・スミスのプレーは参考なった思う。身体能力では無理があるが。

田中 5,5 失点時のクリアしきれなかったのは仕方ない。

野垣内 5,5 そこまで酷くもなかった。

服部 5,5 削られたのは影響あったか。

ハンジェ 5,5 特段触れるべきプレーなし。

井上 5,5 持ってない男1号。前半のアレが昨日の全てだった。

廣田 5,0 トップ下よりサイドのがいい。キープできない。

染矢 5,5 失点につながるロスをしたがあそこまでよく戻った。だからこそ他の選手にも戻って欲しかった。

アブダ 5,5 まだ相手に研究されきってないが昨日はロイ・スミスに封殺された。けど間違いなく今の岐阜なら1トップの筆頭。

中島 5,0 持ってない男2号。MBP。

新井 5,5 怪我明けと聞いたが使ってきたか。川島と池田はツラいのぉ。

三田 ーー 時間短かったので評価なし。

行徳さん 5,0 最後の三田は納得できん。使うなら山崎だったと思う。

洸一に関しては怪我で別メって情報もあればそもそも練習参加してなかったと2つ情報があります。前者なら問題ないですが後者なら覚悟だけはする必要があると思うし、その可能性は0ではないと思ってます。
2012-07-29 20:56 | カテゴリ:FC岐阜
J2リーグ 第26節

ガイナーレ鳥取1-0FC岐阜

得点者

鳥取 森

今更岐阜のここ一番での勝負弱さをどうこう言っても仕方ないわなぁ…
もう様式美のレベルで勝負弱すぎる。
アブダは引き続き好調だったと思うが前も書いたようにアブダを他の日本人が活かせなかったと思う。アブだと染矢に頼りっきりだったとも。失点は不運な要素もあったけど戻りきれなかったのが主因だと思う。誰のせいってわけではない。
ただしっかりとMBPは選出しないといけないし、各人に対する思いはそれぞれある。したがってこっちでも採点は続けます。MBPは中島。持って無さ過ぎ。時久とアブダくらいかなぁ…よかったと言い切れるのは。後は総じていつもくらいだったかと。けど今日はいつもくらいで挑んではいけない試合だったと思うのです。だから勝負弱いのかもしれないのですが。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-29 20:39 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第10節

ChukyoUnivFC1-2FC岐阜SECOND

得点者
CUFC 牧野
セカンド 松江 深山

※CUFC池滝がイエロー2枚で退場。市役所戦停止。

引き続いての結びの一番。首位セカンド堂々と登場。相手は全社予選で不覚を食ったCUFC。
マルヤスが敗れたことで勝てば一気に首位固め。CUFCもセカンドに連勝となればチームとしての自信の根拠になる。セカンドは元Jの田中に片山が停止。セカンドにとっては試練の試合を迎えた。





同じ相手に。ましてや学生相手に連敗なんぞ許されないセカンド。先述したがセカンドに連勝して自分達の自信の根拠にしたいけどCUFCはどうもミスも目立つし覇気もない。審判に対してのいらん文句もよく聞こえるのなんの。終始劣勢で試合を進めてきたがとうとう連続CKで持ち堪えきれず松江に頭で押し込まれ失点。セカンドは停止の穴をしっかり埋めて余りある試合運び。CUFCに攻撃の隙を与えず、今度は左サイドの柳澤を起点に吉岡のピンポイントクロスが深山にドンピシャ。競り勝った深山のヘッドが突き刺さってこれで2点差。得点王レーストップの2トップ揃い踏みと言う理想的な前半を終えて僕のすぐ側にいたCUFCの青年監督は怒り心頭の表情。まぁあの前半では仕方ないわなぁ…

とは言ってもセカンドも毎試合失点を当たり前のように喰らう現況では2点でもまだセーフティとは言えない。HTで1枚替えてネジ締め直したCUFCは縦1本から牧野の綺麗なループが本田の頭を越えて1点差。ここまではよかったのだがその後前半で1枚貰っていた池滝が公式記録で距離不足ってしょうもなさすぎる2枚目を頂戴してサヨウナラ。これでCUFCは3バックに移行して放り込みに入るが放り込みなんてそうそう成功するもんでもない。最後はCBを上げてまで同点を狙いにいったがセカンドも最後の一線を許すことなく試合終了。首位固めに成功、そしてリベンジを果たした。

ちょっとCUFCの若さ青さが露呈した試合だったかと。今日の主審は「愛知にしては」マシな部類だったぞ。昨日の静岡の主審ほどコミニティ取れてなかったけど。いらん言葉吐く前に足動かせ。頭働かせろ。セカンドも幾つか言わんでいい文句が聞こえたがCUFCは感情が過ぎた。気持ちはわからんくもないが勝てん相手とケンカしたってしょうがないぞ?
セカンドも2トップ揃い踏みの文句なしの前半に比べて後半のタレ方が少し気になった。この暑さではある程度省エネやむ無しだけど失点時の棒立ちは要反省かと。優勝の確率は跳ね上がったし2着以内は確保した。ここからは地域決勝も見添えないといけないが今のままではとても強気には推せない。もう最低でも1ランク上の成長が必要。まずは来週マルヤスの息の根を完全に止めることが最初の課題になるかと。(マルヤスにセカンドが勝つとマルヤスの優勝は数字上完全に消滅する)来週の北西部決戦がリーグ最大の山場と睨んでますがどうなるやら…

しかし2日で4試合+TVで1試合。タフな土日でした。けどこのセントラルウィークで全チーム見ましたけどほぼ順位とサッカーは比例してるなぁと。後期の台風の目は市役所になるかも。ただ全国自治体で毎年灰になって帰ってくるからなぁ…全国自治体は8月4日から8日まで。会場は堺のJーGREENです。(PDF)



【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-29 19:25 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第10節
マルヤス工業2-3FC鈴鹿ランポーレ

得点者
マルヤス 日下×2(1PK)
鈴鹿 矢野 伊藤兄 ブルーノ(直接FK)

※マルヤス山村が1発退場。(機会阻止?)セカンド戦停止。
※鈴鹿大久保と木下が累積で市役所戦停止。

藤枝から名古屋帰って最初に発した言葉が「あちぃ…」。暑いの。マジで。昨日の藤枝が涼しかったから余計に。

セントラルウィーク後半戦は上位グループ戦。1~3位が揃い踏み。特に2位vs3位の対戦は今年は東海2位が高確率で地域決勝に出れる事もあり前座と呼ぶにはもったいない第1試合。むしろこっちのが個人的には意味合いは強い試合でもあったのですが…





試合はマルヤスのパスワークvs鈴鹿の推進力って構図に。1トップは刈谷戦に引き続き平野が務めたが本来平野は前向いたほうが活きる選手だと思うのです。そのせいだけとは言ってはいけないけどマルヤスが2列目の飛び出しって本来のストロングポイントが少し弱い。しかし基本的には拾えるし最終ラインも山村のコーチングに河本の当たりの強さで鈴鹿の快速FW陣に対してしっかりと対応。膠着した試合になったんだけど入る時はあっさりしたもの。左サイドで受けた矢野がフリーでエリアに侵入して難しい体勢になったが逆サイドに流し込んで先制に成功。いい内容で試合を進めてきたが決定打に欠けたマルヤスとは対照的なヒキの強さで先制したと思ったら集中を欠いてしまったマルヤスの隙を見逃さず伊藤兄のロングがマルヤスネットを揺らしてこれで前半終了間際のわずか5分で0-2に。0-1と0-2では全然重みが違うのだがマルヤスは2試合続いて2点のビハインドを負う展開に。

士気が疑わしい刈谷と違い鈴鹿の士気は非常に高い。強さの大久保とクレバーな榊のCBの安定感はなかなかのもの。マルヤスはやはり攻めの圧力が足りずに決定機を作れない。そうしたら裏を取られて山村が危険ではあるがそこまで深い位置ではないとこで倒してしまい何と一発退場。イエローは仕方ないがあの位置で一発は…そして得たFKをブルーノがゴール右隅にズドン。木下一歩も動けずこれで絶望的な3点差。

マルヤスの勝利はこれで絶望的になったが1点ずつ返さないことには始まらない。怪我のせいかようやく築館を投入したがマルヤスは10人。しかし築館が入ることで2列目が活きるようになって、鈴鹿の足が止まりだしたのもあって一転攻勢に。そして築館が関に倒されて得たPKを日下が決めたら試合の流れは完全にマルヤスに。濱崎、杉山の両翼にもボールが回りだし日下が今度は個人技を生かしてコントロールミドルを右隅に決めて完全に鈴鹿はアップアップに。この後も1人少ないマルヤスにタコ殴りにされるもポストに助けられたのもあり何とか逃げ切り。マルヤスと入れ替わって2位に浮上した。

まずマルヤスに触れたいがここに来て選手層の課題にぶち当たった感が。怪我人も増えたし累積も怖い。そしてあろうことかマルヤスの象徴山村が退場でセカンド戦に出れない。マルヤスは今季最大のピンチを迎えたがこれまでなかなか出番のなかった選手にチャンスが回ってくるって意味でもある。セカンド戦に山村抜きは厳しいが2位争いに生き残るためにも頑張って欲しい。

鈴鹿は3点差つけるまではよかったがそこからのアップアップ具合ったらもうね…しかも次のリーグ戦は大久保と木下が出れない。1ヶ月以上空くので怪我人の回復待ちでもいいがなかなか厳しい状況でもある。ここで鈴鹿とマルヤスの残り試合の整理を。

マルヤス
アウェイセカンド→アウェイCUFC→ホーム中京大→アウェイ矢崎

鈴鹿
ホーム市役所→アウェイ刈谷→ホーム矢崎→アウェイセカンド

共通してる相手はセカンドと矢崎。どっちもフルマークは無理だと思う。セカンド戦がカギになるんじゃないかな。セカンドから勝ち点取れたほうが2着に入るんじゃないかと思ってます。



【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-28 20:46 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第10節

矢崎バレンテ0-2FC刈谷

得点者
刈谷 北野 福谷

引き続いての第2試合。市役所目当ての目の肥えた厳しい客が捌けて刈谷のにぎやかなサポ連が入れ替わり。優勝争いからは完全に脱落と言い切っていいがまさか降格もありえないとは言えない位置まで置いて行かれるとは思わなかった。今日の相手はケチのつき始めとなった矢崎。同じ相手に2つは負けてはならない。赤襷のプライドと1部死守を賭けてでも・・・





阪本がえらい気合の入った髪型で出陣してきたが残念ながらプレーでは惜しいスルーパスが1つあったくらいか。まだ刈谷で馴染んでるとは言い難いなぁ。馴染む頃にはシーズンは終わる思う・・・ハッキリ言って前半は先の市役所vs中京大よりもしょっぱい内容だったかと。アンカーに松尾を置いて引いて守る矢崎を刈谷も大石が居ないとはいえ工夫のない攻撃で無為に時間を消費するだけ。先の阪本のスルーパスから北野のシュートが宮城に阻まれたのがただひとつの見せ場だった。

とは言っても矢崎も引いて守ってそこからがない。井口と萩田がいないとはいえ攻撃の薄さは刈谷以上。松尾の1アンカーもスタミナ面で不安があるし、これで0-0で終わることはさすがにないだろうと思っていたら中央をショートパスでこじ開けて最後は北野のシュートがクロスバーに跳ね返ってゴールイン。副審が確信を持ってゴールインを認めたので間違いなく入ってたんだろう。僕の位置からでは自信持ってどっちとは言えない。このプレーで矢崎は異議でイエローを喰らったが勿体無いよね。判定が変わることなんてないんだから。

これで少し余裕を持った刈谷だが如何せん先週のマルヤス戦での前科がある。矢崎もようやく萩田を投入して活性化を図りこれがある程度は機能をするんだが刈谷のDFは今日は慌てない。そうこうしていたらサイドがお留守になって空いたスペースに酒井からドンピシャでパスがあった福谷が冷静に流し込んで0-2に。ここまではマルヤス戦と同じだったが今日の矢崎ではとてもじゃないが2点は無理。大森をCFに上げてのパワープレーも試みて打開を図るのだが付け焼刃でどうこうなるわけもなく結局そのまま試合は終わり。矢崎はついに降格圏に落っこちてしまい、刈谷は降格圏はさすがに回避に成功した。

だが刈谷はまだ不調だと言い切っていい。大石抜きで勝ったのは良かったが攻撃の迫力は上位3つとは比べ物にならん。明日セカンドが引き分け以上で刈谷はリーグ優勝が完全消滅なのだが今のままではおそらく2着も無理。中位で終わることになるだろう。全社に向けては攻守共にまだ足らない。そのためにもリーグ残り3つ(セカンド、鈴鹿、市役所)を全勝するくらいでないとダメだろう。結構無理な要求だってのはわかってるんだが。

2試合の総評としては下位グループにいる理由はそれぞれわかるわ・・・って内容でした。強いて言えば市役所がようやく復調してきたかなぁ・・・ってくらいか。あの縦の2トップは周りが上手く絡めば面白いかも。明日は港です。マルヤスvs鈴鹿、CUFCvsセカンド。2位争いの山場でもあり、マルヤスは逆転優勝のためにはもう1つも落とせない。ましてや来週は北西部決戦。激戦必至。セカンドも全社で不覚を食ったCUFCにリベンジ戦。優勝のためにはリベンジあるのみ。打算も働く上位シリーズは見逃せない!





【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-28 19:39 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第10節
藤枝市役所2-2中京大学FC

得点者
市役所 前上 井上(直接FK)
中京大 杉浦 山本

東海集中開催セントラルウィーク前半戦は下位グループが集まっての藤枝開催。もっとも下位にいるのが不可解なチームも混じってはいるんだけど・・・まずは第1試合の市役所vs中京大。7位vs8位とどちらも降格圏。脱出を図るには勝ち点3は必須条件なんだけど・・・





ブービーvs最下位って対戦のせいなのかどうなのかはわからんし、正直言って名古屋と比べたら全然「涼しい」藤枝でこの運動量では・・・って両チーム。特に中京大からは若さもはつらつさも感じない「加齢臭」漂うプレーっぷり。いわんやたったの3分でセットプレーのマークがおざなりになって市役所のSB石上をフリーにして簡単にゴール前を合わされ失点。あっという間にビハインドを負ってしまった。

市役所は4-4-1-1で林内の1トップと言うか平と縦並びの2トップって言うべきか。この2人の間のスペースはボランチとDFでケアしないといけない所をどっちもサボってここから市役所は基点を作り放題なんだがどうにも攻めの厚みがない。シュート以前にパス精度がアレ過ぎて・・・悪質なファウルもなくサクサクと試合は進んでいくが裏返せばどっちもフィジカルコンタクトを殆ど仕掛けないって言い方もできるんですよね。結局このまま前半は1-0で終了。どっちもジジ臭いサッカーだなぁ・・・ってのが率直な感想だった。

中京大に関しては前半セーブって考えもなくはなかったがそれにしたって前半はアレ過ぎたしその思いは後半開始してすぐに取り消した。動けてない。目立ったのは各務原高出身の纐纈のオーバーラップくらいだ。そうしたらゴール前の井上のFKが誰も触れずにそのままインゴール。セカンド戦同様に後半間も無く追加点を食らってしまった。

このまま市役所3連勝濃厚かと思ったのだが市役所は交代でわざわざリズムを悪くする。スタミナに不安のある林内を下げたのはわからんでもないが・・・入れた選手がまるで機能しないわイエローもらうわ・・・そうこうしていたら中京大がセカンド戦同様に息を吹き返して短い時間で左サイドのクロスからあっという間に同点。そうしたら市役所は完全に売り切れてしまってATだけで杉浦に決定的なのを2つ作られたがどちらもモノに出来ずに時間切れ。降格圏対決はどちらも痛い痛み分け。特に中京大は残り3試合(矢崎、マルヤス、CUFC)で最低でも勝ち点5取らないと降格。絶対不可能とは言えない相手ではあるけど・・・これまで見てきた試合の内容から考えると可能性はないとは言わんが低いと言わざるを得ない。市役所は後期負けなし。前期での矢崎との勝ち点差を一気に埋めて得失点差で引っくり返した。これが次の試合の矢崎にどう影響したか・・・矢崎vs刈谷は次の記事で。






【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-27 21:05 | カテゴリ:ブログ
明日の準備はもう済んでるんだけど寝不足のせいか少し体調に不安が。
そのために無理ない泊りを選択したんですけどね。
あと決まってないのは明日の晩飯くらいでしょうか。まぁ出たとこ勝負なんですけど。いつも僕が遠出する時はいつもそうだ。
今夜は早めに寝ることにします。それでは明日藤枝で。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2012-07-27 01:17 | カテゴリ:ブログ
Twitter全体が落ちてるのにNHKには続々とツイート届いてるな。おかしくねぇか?
2012-07-27 00:48 | カテゴリ:ブログ
日本五輪代表1-0スペイン五輪代表

日本 大津

恐れいりました。支配率では劣っていたかもしれないけど決定機数は圧倒的に上。
内容でも勝利と言っていい内容でした。
欲を言えば後半のあんだけ崩しきった決定機のどれか1つでも決めていれば・・・だったでしょうか。先制→スペイン1人退場でイケるかな?と思ったけど逃げ切るどころか内容で圧倒するとは・・・

僕は以前このチームを上手いが強くないって書いた。その気持ちは変わらない。けど今日は強かったし、スペインがちょっとアレでもあった。ラフが多かったですよね・・・

モロッコも1名退場で日本戦に出れない。ひょっとしたら風が吹いてるのかもしれない。
2012-07-26 20:33 | カテゴリ:携帯より
携帯投稿テスト。
ぶっちゃけ今日はネタなし。
とりあえず土曜の支度はある程度終了。
2012-07-26 00:12 | カテゴリ:ブログ
すいません、テストなんで気にしないでください。

アメブロではこれ使えなかったんでテストで貼ってみます。

とりあえず日曜のマルヤスvs鈴鹿の予想スタメンです。







マルヤスはまず間違いない思うけど鈴鹿は前線は確信持てない。ブルーノも停止明けるし。
そしてマルヤスはフィジカルで勝るブルーノをはじめスピード豊かな鈴鹿OF陣を前の4でどれだけプレスかけれるかだと思います。刈谷戦は築館なしで勝ったけど築館は怪我なのかなぁ?最悪でも次のセカンド戦には使ってくるとは思うけど・・・
2012-07-25 20:19 | カテゴリ:ブログ
てなわけでFC2への引越しが済んだわけですが、まだこっちのシステムを全く理解出来てないのが現実です。
プラグインとか頭沸いて来そうだし。
基本的には僕は物凄いアナログ人間でしてPCに対するスキルって素人以下かもしれないレベルに過ぎないんです。

どうしてもこっちに馴染めなかったらまた考えますが少し頑張ってみよう思います。夏休み使って勉強するかも。

あ、この土日の予定はほぼ決まりです。土曜は藤枝行きます。静岡か焼津に宿を取るつもりです。日曜の朝に名古屋戻ってその足で港に向かいます。ですのでこの土日は全チーム見れることになります。結構楽しみです。けど土曜の事をなんにも決めてないんでこれから考えます。つか宿結構埋まってるぞ・・・清水泊りは出来れば避けたいし日帰りはもっと避けたい。さわやかが僕を待っている・・・ダメなら焼津で魚と酒を堪能してやる。もう時間ないし今晩中になんとか決めます。
2012-07-24 21:57 | カテゴリ:FC岐阜

細江市長が社長交代を望む会見。


岐阜市は(株)岐阜フットボールクラブの大株主。その首長が公式に社長のクビのすげ替えを要求したって解釈でいいでしょう。


個人的に2つの思いがあり、まずひとつは会社に対する措置として大株主として至極真っ当な発言だと感じたこと。少なくても今の会社の状態はとっくに終わってる状態である以上誰かが経営の責任を問われないとならないしその役目は普通は社長。つまり今西さん。ここまではいい。


けどボトム4から頭1つ抜け出す最大のチャンスの鳥取戦を前に雰囲気に水をさしかねない発言は勘弁してくれよ・・・って思いもある。つか要求するだけでなく、今西さんの後を継げる経営者を探してくれよ・・・って思いも。理想は岐阜人なんでしょうけどそれに拘る必要はないと思うのです。正確には岐阜に顔の利く経営者。鳥栖の前社長みたいに熱意のある岐阜人ならなおいいんですが・・・こればっかは愛知人の僕がどうこう言えた話でもないと思ったりもします。


これまでも再三書いてきたけど僕はFC岐阜の存続には拘るが(株)岐阜フットボールクラブと言う会社にはそんなに拘ってない。あくまでも岐阜フットボールクラブが立ち直れるのであればそれが一番理想だけど。現実的には難しい思う。それも踏まえての発言だったと思うのですが。ハッキリわかったのは自体が好転してるって気配はないんだなってこと。予断なんか全く許せない状態なんでしょう。

2012-07-23 22:54 | カテゴリ:東海リーグ

刈谷が終戦。優勝並びに2着での地域決勝出場(これは全社待ちだが)争いは事実上3チームに絞られました。それでは今節の全結果。確定情報が入ってないとこもあるんで少し歯抜けになります。


藤枝市役所5-0矢崎バレンテ


市役所 海野 平×3 井上


中京大学FC2-3FC岐阜SECOND


中京大 早川 杉浦

セカンド 松江×2 中村


FC鈴鹿ランポーレ3-1ChukyoUnivFC


鈴鹿 伊藤兄 安 矢野

CUFC ?


FC刈谷3-4マルヤス工


刈谷 大石×2 鈴木

マルヤス 田中 河本(訂正です) 日下 濱崎


順位はこの通り。


1 セカンド 23 7-2-0 +19

2 マルヤス 19 6-1-2 +11

3 FC鈴鹿 18 5-3-1 +6

4 FC刈谷 11 3-2-5 +5 

 CUFC  11 3-2-4 -4

6 矢崎    9 3-0-6 -18

7 藤枝市   8 2-2-5 -6

8 中京大   5 1-2-7 -13


得点ランクは次の通り。


7得点 深山(セカンド)松江(セカンド)

6得点 大石(刈谷)井口(矢崎)

5得点 中村(セカンド)築館(マルヤス)杉浦(中京大)

4得点 遠藤(セカンド)日下(マルヤス)伊藤弟(鈴鹿)北川(鈴鹿)高橋(CUFC)


※CUFCの得点者だけまだ不明なのでこれは分かり次第反映させます。


刈谷から下は残留レース。後期に入って市役所が連勝で話がややこしくなってきました。去年の残留カットラインは矢崎の13。15取れば残留はまず大丈夫だけど今年は下がダンゴだしなぁ。もう少しライン下がるかも。一応13で考えますが。どこもあと1勝できればってとこなんでしょうね。さて今週はセントラル開催ウィーク。土日分散2会場で4チーム集結戦です。カードはこうだ!


7月28日(土)


藤枝市役所vs中京大学FC

@藤枝総合 12時KO


矢崎バレンテvsFC刈谷

@藤枝総合 14時15分KO


7月29日(日)


マルヤス工業vsFC鈴鹿ランポーレ

@港 11時KO


ChukyoUnivFCvsFC岐阜SECOND

@港 13時半KO


まだ確定はしてないですが日曜の港は当たり前として土曜の藤枝も行く構えでいます。藤枝行く行かないは水曜か遅くても木曜には決めます。藤枝行かない場合は土曜は栄で乃木坂観てると思って下さい ・・・グリーンエンジェルス出身の伊藤寧々ちゃん も土曜は栄に来るそうです。岐阜トップは18時に鳥取なんで居残り組も港なら終わってすぐ帰ればスカパー間に合いますよ。


てなわけで今週も始まりますが藤枝か乃木坂で明日明後日はうーん・・・と頭抱えるんでしょうね・・・今週も頑張って行きましょう。





 



2012-07-23 20:16 | カテゴリ:FC岐阜

アブダが入ったことで他を生かせた感が。課題はこれからアブダが対策をされてからだと思うのです。


時久 5,5 PK案外強いのか?


明弘 5,5 まぁ無難かなぁと。


関田 5,0 あのイエロー、チームになんか利する物あった?


田中 5,5 補強(後述)の対象の1人だろ。正念場だな。


野垣内 5,0 他におらんのか?ちっとも成長を感じない。


服部 6,0 9年ぶりのゴール。存在感は変わらない。


ハンジェ 5,5 ここで引っ掛けれると攻撃にスムーズに行くよね。


井上 5,5 悪くないけどホント持ってないなぁ・・・


染矢 5,5 アブダとの相性が一番いいか?ちょっと今は外せないなぁ・・・


樋口 5,0 これで2度めのPK献上。個人守備の練習が必要。あれは間違いなくPKだ。


アブダ 6,5 ご祝儀込でMOM。ストライカーってよりチャンスメーカーって表現はあってる思う。課題はこれから出るでしょう。


中島 5,5 手癖の悪さ、いい加減どうにかせぇ。


橋本-- 時間短いので評価不可。


三田-- 同上。


行徳さん 6,0 アブダをいきなり使う勇気を評価したいです。これは同時に孝平にチャンスを与えてるって事なんだけど未だ使われてない選手は意味を感じ取って欲しい。


アブダに関しては最初にも言ったけど対策を練られるこれからが大事になります。アブダにマークが付けば必然的に空く選手が出る。それを活かせるかどうかになると思うのです。アブダの個を活かすってよりはアブダの存在を利用するイメージで戦って欲しいです。そして名古屋からCBの新井をレンタルで獲得しましたが僕は野垣内以上に田中の評価がアレなの?って最初に感じた。誰もが補強は左SBだろ!ってツッコミ入れそうなもんだったけど・・・ここは日本全体で薄いからなぁ。関田を左回すのか新井をバックアップにするのか田中を外すのか・・・関田外すって選択肢もあるけどね。いずれにしても選択肢は多いに越したことはないです。来た以上は期待したいし応援したいです。


2012-07-22 22:35 | カテゴリ:東海リーグ

東海社会人1部リーグ 第9節


FC刈谷3-4マルヤス工業


得点者

刈谷 大石×2 鈴木

マルヤス 田中×2 日下 濱崎


中京大からハシゴでの本日2試合目。リーグははや終戦モードでもう全社に望みを賭ける以外ない刈谷。逆に全社を逃してリーグに望むを繋ぐ以外ないマルヤス。とは言ってもマルヤスも豊川での市役所戦を逆転で落として全社もあろうことか2部の浜松大に社長御前試合で惨敗って体たらく。どちらもあからさまに下げ調子なんだがリーグに賭ける思いはマルヤスのが上だよなぁ・・・と思いつつ刈谷へ。待っていたのは出入りの激しいシーソーゲーム・・・


刈谷

GK水谷

DF征矢 東間 川上 福谷

MF庄司 高橋 中山 北野

FW鈴木 大石

Sub緒方 斉藤 酒井 松葉 阪本 西原 北川


マルヤス

GK木下

DF成瀬 河本 山村 松井

MF松下 濱崎 日下 田中 杉山

FW平野

Sub木村 森 稲熊 香川 築館 片山


中山はかなり大きい怪我をしてたと伝え聞いてたが・・・まさかいきなり復帰でスタメンは驚いた。それ以上に大石の速攻ゴールには驚いたわけですが・・・これは河本のとんでもない凡ミスによるもの。僅か2分で刈谷先制。決して爆発力があるわけではないマルヤスにこれはキツい。しばらくの間マルヤスは浮き足立ってしまい立て直せぬまま鈴木の個人技で追加点を喰らって前半半ばで2-0に。けどどうにも刈谷が完封で勝てる絵を描ける試合内容ではなかった。とにかく守備がとんでもなくルーズ。動き緩慢連携皆無。水谷、東間とJ2経験者を添えながらこれはちょっとどうなのよ?ってレベル。しばらく見ない間に随分と酷くなったなぁ・・・と。まさか前半で田中の2ゴールで追いつかれるとは思ってもいなかった。その後に河本のまたミスで大石に勝ち越されるが後半も色んな意味でただでは終わらんだろうって空気は蔓延してた。


そう思わせる主因は刈谷のルーズさに他ならんのだがHTの修正くらいではどうもならんレベルに感じた。特にあのDF全体の緩さは・・・案の定綺麗なワンツーで崩されて日下に同点弾を許したらマルヤスは僕の記憶にある限り今季リーグ初出場の片山を投入。マルヤスはこれが「サイン」だったって意見が同席した岐阜サポ連の意見だった。片山が決定的な仕事をしたってわけではないけど、片山を入れたことで「ここが勝負どころ!」ってメッセージを伝える事は出来た。そしてマルヤスは濱崎が右から単騎で持ち込んで水谷をぶち破って逆転に成功・・・刈谷は最早取り返す気力もなくそのまま終わり。刈谷のリーグ戦は数字上も完全終了。(正確にはセカンドがあと5試合で勝ち点1取った時点で終了)なんとも寂しい終戦劇でした。


リーグ開幕以来の刈谷の公式戦を見ましたがずっと言葉に出来ないまま感じてた違和感の理由がようやく言葉に出来た。ただこれを書くと刈谷の連中は怒るだろうなぁ・・・まぁいいや。書こう。


今の刈谷って去年の岐阜とおんなじなんですよ。ピッチ上に秩序がどこにもない。


守備がどうにもルーズって再三書いたけどこれは基本コンセプトがないから。人かボールかゾーンか。各々がバラバラ。見切りも変に早く追いつけるボールに食らいつかない。ルーズなプレーに喝入れ出来る選手もいない。あぁ・・・去年の悪夢が蘇る・・・重症だぞこれ。本当に。もうリーグは終わった以上全社に全てを賭ける腹積もりなんだろうけどこんな体たらくで全社どうにかなると本気で思ってるんか?ならそれは大間違いだ。いきなり他地域の勝負駆けなんか引いたら土曜でお帰りだぞ。どっかで真剣にチームを見直さないと取り返しつかない。そのくらい酷いぞ。


一方のマルヤス。こっちも大量点で逆転したが春先の鮮烈さはないな・・・鈴鹿戦の鮮烈な4-1-4-1のイメージで今は見てはいけない。4-5-1でもそうなんだけど1を使うシステムは1がダメなら機能しない。まして1が2つある4-1-4-1ではアンカーとトップの出来がそのままリンクする。その理屈で今日の松下と平野は少し残念だった。それ以上に残念だったのは河本だったわけだが・・・いい授業料になればいいんだが。こっちもこれから立て直し急務だが次は2位争いの正念場となる鈴鹿戦。石垣池でのあの衝撃を与えた4-1-4-1は再び蘇るのか。それが叶えば鈴鹿を退けるのも可能だ。来週は土日セントラルです。詳しくは明日。


あ、そうそう。こっちも書いておかねば。


J2リーグ 第25節


大分トリニータ2-2FC岐阜


得点者

大分 村井 三平

岐阜 アブダ 服部


まだ録画見てません。したがって全部明日。明日は大分戦採点と東海1部ニュースの2本立てです。






2012-07-22 15:49 | カテゴリ:東海リーグ

東海社会人1部リーグ 第9節


中京大学FC2-3FC岐阜SECOND


得点者

中京大 早川 杉浦

セカンド 松江×2(1PK)中村


※中京大遠山が1発退場。セカンド田中、片山が累積で次節停止。


全社予選や東日本社会人でリーグに間が開きましたが今週から再開。首位のセカンドと最下位の対戦は中京大グランドで行われました。


中京大

GK小田

DF五百崎 原田 遠山 纐纈

MF鈴木 菅野 相場 和田

FW早川 杉浦


セカンド

GK本田

DF吉崎 倉田 田中 吉岡

MF片山 栗本 柳澤 中村

FW松江 深山


試合は地力の差があるはずのセカンドが少し慎重に入り過ぎたか思っていたより膠着した状況に。端的に言うとシュートまでなかなか持っていけない。中京大は2トップのどちらかは必ず前線に残してカウンター狙いだが全体的に深いので人数不足で迫力がない。少しずつセカンドが押し込んでいくが先制点はパス交換で抜けだした松江がエリア内で遠山に突き飛ばされて得たPK。あからさまな得点機会阻止により遠山は1発でサヨウナラ。前半はこのPKの1点だけで終了。ただ地力の差は明らかな上に一人ビハインドを負った中京大に反撃のメがあるかと問われるとう~ん・・・となってしまう。後半の焦点はセカンドがどの時間で突き放すかだったと思う。


後半始まってすぐに感じたのが中京大のタレ方。明らかにタレてた。セカンドがそれを見逃すわけもなく、松江と中村が立て続けのゴール。これで勝敗は決したはず・・・だったんだけどここから話がおかしくなった。


試合中に田中が遅延(弁護の余地は十分あったが)で警告。これで田中はツモって次は停止。その後に倉田も貰って倉田もリーチ。これで伊藤監督は次を見越して金を投入しようとしたがここで田中ではなく倉田を下げようとしたが田中が次出れないってことで急遽田中に変更。このプレーと柳澤が決定機を2本フイにしたのが引き金になって潮目が完全に中京大に変わってしまった。


中京大の追撃弾は1つは完全に抜けだしたファインゴール。もう一つはヤケクソ気味のロングがそのまま入っちゃったもの。1点差になってからは一人少ないのもどこへやらの押せ押せでしたが流石に3点のビハインドは厳しく、セカンド何とか。本当に何とか逃げ切り成功で勝ち点3を積み上げることに成功。それ相応の代償を払うハメになったが・・・


今日に関してはセカンドのベンチワークミスが招いたドタバタ劇だったと思う。田中が下がってから統率を失ったチームもアレだったけど。中京大の息の根を止めることは難しいミッションではなかったと思うんだがなぁ。3-2ってスコアは全く想定外でした。そして来週のCUFC戦は田中と中盤の軸の片山が揃って停止。セカンドは優勝に向けて最大の正念場と言っていい試合になると思います。この後は刈谷で刈谷vsマルヤスを見てきます。この試合も今夜中に書きます。


ところでアブダ、いきなりスタメン!?行徳さんもぶっこんだなぁ・・・












2012-07-21 19:32 | カテゴリ:ブログ

1試合だけでは惜しいよなぁ・・・どっか本気で取って欲しい選手です。


ただし名古屋は除く。理由はムカつくから。以上。


野球界はWBCへの参加を回避。Jリーグは若手の海外進出が止まらず空洞化の兆候が。不況の波は確実にスポーツ全体に波及してます。


デルピエロは多分アメリカに行くでしょう。MLSね。それでもJで見たいって思うのは僕だけではないはず。正確に言うと名前だけで客を呼べる存在が欲しい。今のJでは無理があるのはわかってますが。なんか刺激が欲しいつか必要。


話を岐阜に変えますが、アブダは若い割には相当の数のクラブを渡り歩いてます。ドイツ、フランス、ベルギー、UAE・・・キャリアだけ見ればこれまでの岐阜の外国人でも一枚抜けてるけどどうしても早熟疑惑が拭えない。とりあえず1試合見ないと何とも言えんとこですね。んで移籍ウインドウが8月17日まで。根拠はないけどもう1人くらいあると踏んでる。多分MF。外国人の練習生がいると聞いてるけど彼とは限らない。J1からのレンタルかもしれない。なければないで構わないけどね。無理を言える立場でもないし。けどパサーが居ないのはどうしても気になる。アブダは昨日も書いたけどパサーが居ないと生きない可能性が高い。そして今の岐阜にパサーは居ない・・・



2012-07-20 21:52 | カテゴリ:FC岐阜

FWアブダ選手加入。


ご丁寧に例の募金を流用して獲得って一文があったけどこれでハズレだった日にはもう今西さんも服部さんも庇えないぞ。しかも阪本の26もブルーノの28も空きでありながら岐阜にとって救世主を意味する32を与えたって意味を重く受け止めてます。


32の意味は樋口加入時に書いたんで割愛しますがアブダがそれに相応しい活躍が出来るかは何とも言えん。YouTubeにアブダのプレー集があったんで見てみましたがパサーが居ないと持ち味出ないぞ・・・これは・・・端的に言えばゴール感覚に優れたストライカーなんですが・・・1人でどうにか出来る選手かと問われるとなぁ・・・


理屈上は大分戦からOKだけど・・・どうするんだろうな。僕は福岡戦からだと睨んでますが。どうしても練習見学組やTM観戦組からのクソミソな感想が気になってしょうがないんだけど・・・

2012-07-19 22:42 | カテゴリ:東海リーグ

ひっそりと愛知が天皇杯予選組合せを出していた。


http://www.aifa.jp/08_tournament/081_category1_non_pro/H24aichiken-sensyuken.pdf


瑞穂北ねぇ・・・アクセスはいいけど見やすさは最低レベルなんだよなぁ。刈谷のJFL最後の年に長崎戦を見たがあの時のピッチはかなりアレだったし・・・8月の真昼間に日陰無しの観戦!日焼けと熱中症対策は忘れないように。


正直言って今の刈谷とマルヤスの調子ではあんまり強気には出れん。特に刈谷。1ヶ月あるから立て直し不可能だとは思わないけどどうだろうなぁ・・・普通に去年と同じ大学決戦の可能性大だと思ってます。

さて、あとは岐阜なんだが・・・ここはまともな手段で知り得るのは難しいだろうな・・・なんせ岐阜協会のHPがアレなわけでして・・・多分FC岐阜の公式が一番早い。知り得る為のアテは2つ3つあるけど・・・とりあえず生温かく待ちます。期待なんかしてません。





2012-07-18 22:06 | カテゴリ:FC刈谷

刈谷の新人、阿部が移籍ではなく「退団」。



この時期にこれはどうゆうこと?


サッカーを続けるのかどうかも含めて?な事が多すぎる。


サッカーが原因なのか。仕事か家庭か。考えてももうこの事実は動かないから考える事はしないけど・・・残念な話です。


結局愛知社会人のあの交代出場での逆転弾が一番の見せ場になっちゃいました。彼が刈谷JFL復帰への最後のパーツだと思ってたんですけどね。


ちょっと刈谷に関してはネガティブな話が目立ちすぎ。クラブの士気面が心配です・・・

2012-07-17 21:01 | カテゴリ:FC鈴鹿

東海3県で一足早く三重が天皇杯予選組合せ発表。


ソースは実はとっても役に立つ伊勢公式。


携帯では多分見れんから再度書いておきます。


8月19日(日)会場は全て鈴鹿SG

鈴鹿vs大学代表 13時KO


伊勢vs四日市中央工業 16時KO


決勝は8月26日(日)13時5分KO。


どうせ大学代表=四日市大に決まってるんでそれを前提にする。

恐らく岐阜も同じ日程。そして決勝が15時。愛知が決勝が8月25日のはず。これは例年NHKが東海3県で放送しているスケジュールに沿ったもの。愛知協会がまだ出してないんで推測に過ぎないですが。ちなみに愛知予選も4チーム。刈谷、マルヤス、中京大「1軍」、愛知学院大。岐阜はセカンド、川崎、岐阜経済大、大垣工業。静岡はJFLのスーパーシード2つだから少し例年とは変わるはず・・・


てなわけで準決勝が事実上の決勝と化した三重予選ですがどっちにしたって四日市大を叩かん限りは全国はないし、ハッキリ言って四日市大を叩けん程度のチームが全国なんぞ片腹痛いわけで。どうせなら去年同様TV中継の下で叩きたいとこだろうけどもうこれは仕方ない。四中工がどういったメンツで来るかわかんないけどインターハイ優先だろうしなぁ・・・鈴鹿vs伊勢の再戦を見たいとこだがなぁ。


岐阜はセカンドvs?です。経済大か川崎か。大垣工業はさすがにないと思う。愛知はどうだろうなぁ・・・刈谷は絶賛大不調だしマルヤスもこないだの市役所戦以降強気に推せる材料がない。大学決戦なんか見たくないなぁ。愛知は2種の参加がないんです。








2012-07-16 18:46 | カテゴリ:東海リーグ

三重国体選抜の東日本社会人は埼玉国体選抜にPK勝ち。ノルブリッツに90分負け。石川県国体選抜にPK負けで4位って成績で終わりました。ノルブリッツって地域決勝常連クラブと戦った事で地域決勝に来るクラブのレベルを自分の体で染みこませれたのではないでしょうか?


そして先週の結果はこの通り。刈谷はこの敗戦でリーグ制覇は99%絶望・・・


FC刈谷1-2中京大学FC


刈谷 OG

中京大 早川 菅野

※刈谷小林が累積でマルヤス戦停止。


順位はこの通り。


1 セカンド  20 6-2-0 +18

 マルヤス 16 5-1-2 +10

3 FC鈴鹿  15 4-3-1 +4

4 FC刈谷  11 3-2-3 +6

5 CUFC   11 3-2-3 -2

6 矢崎     9  3-0-4 -13

7 藤枝市   5 1-2-5 -11

8 中京大   5 0-2-6 -12


※刈谷と中京大は1試合消化数が多いです。


得点ランキングはこの通り。


7得点 深山(セカンド)

6得点 井口(矢崎)

5得点 松江(セカンド)築館(マルヤス)

4得点 中村(セカンド)遠藤(セカンド)伊藤弟(鈴鹿)北川(鈴鹿)大石(刈谷)杉浦(中京大)高橋(CUFC)


さて今週は土日で分散。ナイターがあるので日曜日にハシゴを敢行するつもりです。藤枝行くのも考えたけど来週にします。


7月21日(


藤枝市役所vs矢崎バレンテ

@藤枝市民G 13時KO


7月22日(


中京大学FCvsFC岐阜SECOND

@中京大G 12時30分KO


FC鈴鹿ランポーレvsChukyoUnivFC

@石垣池公園 15時KO


FC刈谷vsマルヤス工業

@ウェーブスタジアム刈谷 18時KO


土曜が残留を賭けた志太榛原ダービー。日曜が上位食らいつきを賭けた三河ダービー。今節はダービーウィークです。

僕は日曜に中京大→刈谷で考えてます。時間は間違いなく楽勝です。鈴鹿はパンフレットでは14時KOですが、今季のホーム戦は全て15時KOに変更となってます。

さて、来週の話を先にしておきますが土日セントラルです。土曜が藤枝。日曜が港。ここは両方行く構えで考えてます。さて藤枝か焼津で魚美味い居酒屋を探す作業に入るとすっか・・・「さわやか」も行っておきたいしな・・・







2012-07-16 07:00 | カテゴリ:FC岐阜

いつも長良川の試合見るとやたら滑ってコケる選手が目立つ。ピッチに問題あるんだろうけどそれも踏まえてのホームだと思うのです。


時久 5,0 無回転の対処の練習してなかったんだろうなぁ・・・蹴れる選手も限られるし。


明弘 5,5 染矢との関係は◯。


三田 5,5 90分やれたがやはりスタミナ面はキツいかな。


田中 5,5 いつも彼には言葉困るんだが良くも悪くもなかったんじゃないかな・・・


野垣内 5,0 パスミスからのカウンターの逆起点になり過ぎ。


橋本 5,0 MBP。4,5にしようかと思ったくらいだ。悪い意味でパスに拘り過ぎ。まだトップ下のがマシ。ボラではもう無理。行徳さんは評価してるみたいだけど・・・


服部 5,5 若い連中は彼のプレイから何を学んでるんだろ?最後まで走ってたのが服部って結構な問題だぞ?


井上 5,0 最初にガツンと削られてからずっと精彩無し。もう少し早く下げても良かった思う。


樋口 5,5 ミドルは◎だったけどシャドーの動きとしては△だったかと。


染矢 6,0 依然好調維持。けど熊本戦同様にここしかないのはやはりマズイ。


佐藤 5,5 今日はよく体張った思う。春先の底は完全に脱したはず。


中島 5,5 何の印象もなし。何もプレーから伝わってこなかった。


ハンジェ 5,5 疲れあるんだろうなぁ・・・


梅田 -- 時間短かったから評価せず。ただ5分持たんスタミナでは・・・


行徳さん 5,5 井上を引っ張りすぎたのが気になった。けどそれ以外は仕方ない思う。ただ中島ではなく山崎のほうが良かった気はします。


これはチーム全体に言えるんだけど剥がす為の無駄走りを惜しんでるなぁと。真ん中で崩すには真ん中に人がいればいいってわけではないと思うのです。は春先からやれてないことが今この時期にやれるわけもないんですが・・・




















2012-07-15 23:43 | カテゴリ:FC岐阜

J2リーグ 第24節


FC岐阜2-2カターレ富山


得点者

岐阜 佐藤 樋口

富山 木村 ソ・ヨンドク


開幕戦以来の1試合2得点でしたが結局それだけ。勝てた試合だった思うし勝たないといけない試合だったと思うのです。


失点が2つともミドルを豪快に叩きこまれての物でしたがどっちも蹴った選手は褒めないといけないけどコースをガッツリ開けた岐阜DFの罪は重い。そしてどっちも開始間もない時間だったってのも心証はめちゃ悪い。


工事でスタンドの一部が使用不可なのが良い方向に向いてスタンドの雰囲気が良かったから余計に勝ちたかったなぁ・・・


少なくても良かったとは絶対に言う気ない。悪くはなかったが精一杯。負けてたらもっと辛辣な言葉並べる用意あったけどね。


採点は明日朝。MBPだけは先に書いときます。橋本。もう潮時かもしれない。




2012-07-14 20:05 | カテゴリ:東海リーグ

家の事をバタバタとやっていたら刈谷に行けずしまい。


ツイート追っていたら最下位の中京大に1-2で負け。


これで刈谷のリーグ優勝は99%消滅。7月で終わりとはいと悲し。


鈴鹿つか三重国体選抜は首都高の渋滞で東日本社会人の開会式に遅刻ってアクシデントがあったけど埼玉国体選抜にPKで勝利。これで明日は北海道代表のノルブリッツと対戦。

2012-07-13 21:08 | カテゴリ:ブログ
ばあちゃんの件で病院から電話。
リハビリ専門の病院に移る必要があると。
非常に頭が痛い。どうしたもんだか…



Android携帯からの投稿
2012-07-12 22:44 | カテゴリ:FC岐阜

会場未定になってた岡山戦はメドウ開催に決定。


岐阜県内開催に拘るなら仕方ないわな・・・浅中や多治見、中津川はスタンド自体はメドウより入れれるだろうけど運営設備面でダメ出しされるのは確実なわけだし・・・それに設営の為の金も岐阜市内でやる以上かかるしなぁ・・・金ない!メモリアルダメならメドウでしかやれん!ってJに逆切れしたんじゃねぇだろうなぁ?愛知県開催なんて問題外なわけだし。光明寺も最近はピッチ見てないがどうせ改善なんかされてるわけがないし。消去法でメドウだったんでしょう。現実的には仕方ないです。


これで10月の山形戦もメドウほぼ確実でしょうね。山形×メドウだと古参の山形サポはいや~な思い出があるはず。岐阜工業に危うく負けかけた天皇杯。ふっるい話ですが。


けどなぁ・・・メドウ開催はこれっきりにして欲しいってのが偽りなき本音。臨場感は桁違いだけどその他のあり得なさも桁違い。岡山は一昨年もやってるから岡山サポも免疫はあるだろうけど・・・山形サポ来たら面食らうだろうなぁ・・・柏戦の時のようなトラブルが起きないことだけを祈ります。