緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

2012東海1部総括その7 FC岐阜SECOND編

今日は最後の最後で鈴鹿に差されたセカンド。
前期の時に書いた危惧が現実になってしまったのが…

2位 FC岐阜SECOND
9勝3分2敗 勝ち点30 得点40失点21


今期観戦数 12試合(vs若鮎 vs各務原 vsリベルタ vs矢崎 vsCUFC×2 vs中京大×2 vsマルヤス×2 vs鈴鹿×2)

※若鮎、各務原、リベルタは全社予選。

あれ?12試合?もっと見てる思ったがマルヤスと一緒か…後期はどっちか言ったらマルヤスを中心にシフトしてたしこんなもんか…

2敗が共に後期で、負けた相手が刈谷と鈴鹿。被失点数の少なさの1位2位だったんですよね。ダントツの得点数でしたが失点21は1試合平均すると1,5。いくらなんでも優勝するにはこれは多すぎる。リーグ14試合で完封が1試合だけだったってのもなぁ…(vs市役所 2-0)

前期総括で攻撃は水物。チームのベースは守備って書いたのですが結局それがそのまま。得点力の低下はイコールでチーム力の低下となってしまいました。ちなみに後期成績は4勝1分2敗。勝ち点落としたのが先述の2つプラスマルヤス。上位クラスに限れば3試合で勝ち点1でした。しかも負けた2つも逆転負け。この辺りはマルヤスと同じですね。

ちょっとキツい言い方になりますが素材任せのサッカーだった感は否めないです。個で勝り組織で劣る。

伊藤監督の指導は個の能力アップは促したけど組織力アップって意味では一息。夜練で練習時間にも限りがあったので仕方ない部分はあったのですが…最後まで組織的な強固な守備は見られず終わってしまいました。

後出しになっちゃうけど、チームとしてのピークが早すぎた。夏場の荒行も効果はあんまりなかったかヘタすれば逆効果だったのかも。天皇杯や国体は見てないけどあまり芳しい話は聞こえてこなかった。どう考えても仕上げが早すぎたと結論付ける他ないのです。プラス守備を確立出来なかった。鈴鹿に差された原因はこれでしょう。

行く先々で「セカンド来年どうなるの?」と聞かれます。正直に言います。知りません。
ホントに知らないんです。万が一の事があったらリーグ編成にも関わってくるので早く決着つけて欲しいんだけど…

2012東海1部総括その6 マルヤス工業編

今日はマルヤス。4-1-4-1って攻撃的なシステムでリーグを盛り上げたけど最後は失速。
その原因を考えてみました。

3位 マルヤス工業
7勝2分5敗 勝ち点23 得点33失点25


今季観戦数 12試合(vs刈谷×3 vs鈴鹿×2 vsセカンド×2 vs中京大×2 vs矢崎 vs市役所 vs愛知学院)

※刈谷は全社予選と天皇杯予選込。愛知学院は天皇杯予選。

12試合か…よーけ見てるのぉ…間違いなく今年ベストパフォーマンスは前期の鈴鹿戦(3-1◯)だったんだけど前期に関してはほぼその鈴鹿戦に近いクオリティのゲームが出来ていたと思います。

ただ問題は後期。後期に限って言えば2勝1分4敗と負け越し。後期は得失点も-3と完全に失速と言っていい状況でしたが追加点を取れずに逆転負けが2つ。終始リードを奪いながら3度も追いつかれた試合もあった。と思ったら0-3から1点差まで追い詰めた試合もあったりと後期はなんかチグハグした試合が多かったと記憶してます。

このチーム、戦術面に関しては東海で一番洗練されてると感じてました。ただレギュラーと控えを結構明確に線引きしてた部分が少しあってレギュラー離脱時に出た控えが危なっかしい試合ってのも見ています。正直言ってそこまで個々の選手の力量差は大きくはないとは思うんですが試合を積む度に経験と試合勘の差がついていった感が…

ここはTMは常に大学生でいわゆる「上」との試合は今年はなかった。以前は名古屋のTM相手も務めていたはずだけどピクシーはどうにも東海を軽く見てる節があるしなぁ…同じ4-1-4-1や4-2-3-1の岐阜とTM組めば双方にメリットはあったと思ったんだけど接点ないしなぁ。

あとは矢崎程ではないけどここも選手の平均年令が地味に上がり続けてます。特に前目はフレッシュな人材の出現が早期に求められるとこ。後ろは2年目の木下、ルーキーの河本と血の入れ替えは進んでますが…闘将山村が元気な内にもう1つ上の結果が欲しい所。天皇杯のPK負けはそう言う意味ではダメージでかかった思うし全社予選の浜松大に惨敗に至っては意味不明。夜練のチームでベテラン多いって事は暑さに対する弱さはあったかもなぁ。

これでマルヤス3年計画でのJFL昇格って目標は失敗となりましたが継続的にチーム作りを続ければJFLってのも決して大風呂敷でもないと感じてます。問題はそこまで色んな意味で体力が持つか?なんでしょうけど…



2012東海1部総括その5 FC刈谷編

はい、折り返し過ぎてここからは上位組。今日は東海で3年目を迎えた刈谷。
帰るべき場所は見えどその場所への鍵は未だ見つからず…

4位 FC刈谷
5勝3分6敗 勝ち点17 得点23失点17 


今季観戦数 9試合(vsマルヤス×3 vsCUFC vs岐阜トップ vs矢崎 vs中京大1軍 vs鈴鹿 vsV鹿児島)
※マルヤスは全社予選と天皇杯予選が2つ。中京大1軍は天皇杯。岐阜トップはTM。V鹿児島は全社。

上位組と言っても結局負け越し。しかも4連敗のオマケ付き。これでは帰るべき場所への鍵なんて砂漠の中から一粒の砂金を探しだすようなもん。道は未だ険しいと言わざるを得ません。

水谷、東間と実績のある守備陣を補強して大石、中山と実績のある攻撃陣を配して優勝候補に挙げられながら失点数が2番目に少なかったのはともかく得点23ってのは平凡な数字。中京大、市役所と2試合で9得点と爆発したはいいが結局その花火で終わり。23の内2試合で9なんだから残り12試合で14。これでは少し苦しいかな。

大石の離脱の原因が岐阜トップとのTMだったので申し訳ない気持ちもあるがちょっと怪我人多すぎたな。大石の他にも中山にフラビオ。特にフラビオは会う度に松葉杖。部位が同じか別かはわかんないが知ってる限り2回手術してる。ちょっと選手生命が心配なレベルではあるんですが…

この成績の主たる理由はチームとしての軸が定まってなかったって点ではないかと思ってます。リーグ終盤になって5バック気味のカウンターって戦い方がようやく定まったはいいけど4連敗最後のマルヤス戦なんか何したいのか意味不明なサッカーしてたもんなぁ…全社ではあと一歩でしたがネクスに力尽きたか大爆死。結局中堅どころって印象は拭えなかったです。

決してポテンシャルは低くないんだけど現状ではパンチ不足。まずはチームの芯の確立からかと。サポの忠誠度は東海でもナンバーワン。芯さえしっかりすればこんな数字で来年終わることはないと確信してるのですが…

町田戦私的採点

ここを勝てば決まりだったのに勝てる気配は皆無に近かった。
ハッキリ言って低調な内容。

時久 5,5 失点はノーチャンス。

野垣内 5,0 いまさらだがパスが雑過ぎ。井上へのクロスだけ。

田中 5,0 ここ数試合千切られるシーンが目立つ。

関田 5,5 疲労が蓄積してるのが伺える。

尾泉 4,5 意図のあるプレースキックがあったとは思えない。

服部 5,0 3試合連続イエローは本人だけの責任ではないが…

ハンジェ 5,0 疲労によるプレー劣化が…

井上 4,5 とにかくパスがデタラメ過ぎ。決定機も外してMBP。

樋口 5,0 らしさは見せたがそれだけ。

染矢 5,5 2列目でどうにかなりそうなのが染矢だけなんだよなぁ…シュート意識低いのはなんともならんが。

佐藤 5,0 ポイントになれず。1トップなんだから…

アブダ 5,0 上手いんだが昨日はスピード不足。

山崎 5,0 久しぶりだが攻守ともに半端。

梅田 5,0 存在感なし。

行徳さん 5,0 アルディレスに完全にイニシャティブを取られた。

昨日も書いたけどあと勝ち点1取ればどうにか逃げきれると思ってます。出来ればホーム最終戦で決めたいのですが…

ダメな時の典型をここでやるか…

J2リーグ 第40節

FC町田ゼルビア1-0FC岐阜


得点者 
町田 ドラガン・ディミッチ

※町田 三鬼がイエロー2枚で退場。
※岐阜 佐藤が累積。徳島戦停止。

後半開始時と同時に2枚替え&システム変更で様子を見ようとしたらガツンと来られていきなり失点。
悪いことに「相手に」退場が出てしまい相手が完全に守備にシフトしてしまってジ・エンド。スカパーで見てるだけでもイライラが募る展開だったので現地のイライラや焦燥感たるや…

具体的に言えば奪ってからが雑通り越していい加減過ぎ。特にミドルやロングレンジパスはほとんどダメ。クロスも言うまでもなく。失点はポカと言うより完全に崩されてしまっていたので相手を褒める以外ないんだけどブロック作られたら足下繋いだってしょうがないでしょうに。ただでさえ個人技では劣るチームなんですから。

これで勝ち点差は「3」。残りは2試合。

岐阜 H徳島 A横浜
町田 A水戸 H湘南

ほぼ相手関係は互角かな。後はより力を出せるかだとは思うのですがが…あまり強気には出れない自分がいます。
MBPは2名。井上と尾泉。

2012東海1部総括その4 藤枝市役所編

憂鬱な雨の日曜朝。おはようございます。
町田戦あるんで朝の内に書いておきます。今日は「最強公務員軍団」藤枝市役所。今年は随分と苦戦をしたのですが現場で聞いた声からその理由はうっすらと見えてきたのです。

5位 藤枝市役所 
4勝3分7敗 勝ち点15 得点19失点24


今季観戦数 2試合(vsマルヤス vs中京大) 

ここはこの2年は前期がよくて後期がダメって成績でした。それで前期が未勝利の勝ち点2ターン。これはヤバいと思ってたのですが後期に思い切り盛り返して結局指定席の5位で終わり。今年は一番観戦数が少ないチームだったけど見た2試合で勝ち点4。矢崎や鈴鹿とはえらい違いだ。

前期観戦数0だったので中京大の鈴鹿、刈谷集結を蹴ってでも豊川だ!と思って見たマルヤス戦ですが確かにあの試合見る限り前期未勝利もさもありなんでした。チームの連動が油切れた機械みたいでしたもん。その試合はマルヤスが勝手に自爆して逆転勝ちをして今季初勝利。それでも苦戦すんだろなぁ…と思いつつ後日藤枝で中京大相手とは言え連動性が戻っていたんだから驚いた。

豊川でえらく貫禄のある御老人がいて話を聞いたら市役所の長老格。そら貫禄あるわけだ。その人曰く前期の不調には原因があって新加入ばかり使い過ぎでチームの熟成不足だったとのこと。監督批判もあったけど新加入を必要以上に重宝したってのは旧来のメンバーとの関係にも疑問が出る。
ちなみに前期成績。0勝2分5敗。得点5 失点17。後期は4勝1分2敗。得点14 失点7。よく立て直したな。しかも最終戦の刈谷に勝てなかったら降格になるってシチュエーションで完勝。なんか一皮剥けた感すらします。毎年自治体大会で灰になって帰って来てたのに…

新加入選手と旧来の選手との融和が出来れば地力あるチームですし来年以降もキーパーソンとなるクラブになるのではないでしょうか。

2012等海1部総括その3 矢崎バレンテ編

朝買ったtotoが既に紙屑になっててやさぐれてるとこですがきちんとやることはやらねば。

はい、今日はギリギリ残留を果たした矢崎。このチームの問題点は明白なんですが…

6位 矢崎バレンテ 
5勝9敗 勝ち点15 得点18失点40


今季観戦数 5試合(vsセカンド vsCUFC vsマルヤス vs刈谷 vs鈴鹿)

失点は言うに及ばず実は得点数も最下位。よく残れたもんだ…
しかも僕の観戦試合での総計が…

0勝5敗。得点2失点20!!

鈴鹿の連中にジュニア来たら塩撒け!なんて言われてるがこれでもまだ言うか。矢崎の連中に言われたら塩撒くどころか袋ごとぶつけられても文句言えん。改めて見ても酷い数字だ。ホントよく残れたもんだ。

2年連続崖っぷち残留の理由は明らかにチーム全体の経年劣化に他ならんのですが新しい血が入ってくる気配が全く無いんですよねぇ…ここは東海の社会人クラブでも唯一HPがないもんで情報もまるっきりわかんないし。ホント若返りを図れない限り浮上の目なんかないぞ。とは言っても血を入れ替えてもその血の質によってはなんの意味も為さん可能性も否定は出来ないのですが。

ひょっとしたら会社サイドからこれ以上の強化はNGが出てるのかも…って疑念も。少なくてもマルヤスも市役所も新しい血はきちんと入れてるんだけど…その疑念が当たりであれば今度こそ持ち堪えきれないかもなぁ…とあまりこのチームに関してはいい未来を描きづらいのも確かです。08年のあのPKを勝っていれば矢崎はJFLに居た可能性は高かった。そしてそのPKを制したのは明日の決戦の相手である町田。せめて矢崎の無念を明日野津田で晴らさん事を…そして岐阜の未来の為に…

2012 東海1部総括その2 ChukyoUnivFC編 

1日挟んでの東海1部総括再開です。
今日は「2軍より強い3軍」なんて微妙な表現で評されたCUFC。
実際見てても中京大より印象いいチームでしたしなんで落ちたのか正直理由がわかんない部分もあります。

7位 ChukyoUnivFC
4勝2分8敗 勝ち点14 得点21失点28


今季観戦試合 5試合(vs刈谷 vs鈴鹿 vsセカンド×2 vs矢崎)

得点数も失点数も6位。
後期1試合しか見てないが前期も後期も2勝だったんですね。僕が見た試合に限って言えば1勝1分3敗でしたが。
前期の時も書いたのですが中京大よりもチームとしての幹がしっかり出来てたと思います。鈴鹿相手に1人少ない状況から2点差追いついた試合があったしセカンド相手にしてもひっくり返すシーンもあった。少なくても上位相手に無抵抗で負けた試合を見た覚えはない。けど改めて勝敗表見ると同門対決で勝ち点1しか取れんかったのがなぁ…中京大の時も書いたけど皮肉なことにこの結果がこの2チームが「ガチ」だったってのを結果で証明したわけで。

このチームの監督はまだ20代。まだ十分選手でやれる年代から指導者としての道を歩んで元Jリーガーの監督もいるこのリーグを戦ったってのは選手はもとより彼も貴重な経験を得たと思うのです。試合見てると結構まだ感情が強く出すぎるきらいはありましたが若いうちはあんなもんでしょ。選手と年代が近いことでやりやすい面もそうでない面もあったでしょうけどこの経験を今後にも生かして欲しい思うのです。

ちょっとだけ競り弱かったかな。カタにハマれば爆発力のあるチームでしたがそのカタにハメないやり方を上位は心得てたわけで。卒業でまた幾名か抜けることになるでしょうけど大幅に力が落ちない限りは2部なら上位張れるんじゃないかなぁ…また1部に帰ってこれたとしても半分はいないわけだから今後につながるのかはなんとも言えないけど…

個人的には例の中京大ルールは仕方なかったかなと思ってます。やはりJまで一直線につながってる1種のリーグで同門が同じカテにいるのはどう考えても不自然さが拭えないですから。去年2部でワンツー決めちゃったもんでどうにもならんかったんだろうなぁ。東海の大学で社会人に参入してきそうなチームは今んとこ東海学園大くらいですかねぇ…(今は愛知県2部だがぶっちぎり優勝で来年は1部)来年は中京大vs東海学園大が愛知県1部かぁ…これもどうなんだろうなぁ。学生リーグだけではもう選手賄いきれないから社会人参入ってのはわかるんだけど…

いずれにしても好チームではあったんですが少しずつ足らない部分を総合した結果が1年での逆戻りって事だったんでしょう。また1部に帰って来る日を待ってます。


今日は何もなし

ちょっとバタバタ私事で忙しくて…
今日の総括はなし。明日に回します。

2012 東海1部総括その1 中京大学FC編

もういい加減手をつけないと忘れてしまうので地域決勝前までに終わらせないと…

てなわけで東海1部8チームの総括をしていきたいと思います。まずは最下位に終わった中京大編。

8位 中京大学FC
3勝3分8敗 勝ち点12 得点22失点34


今季観戦数5試合(vsセカンド×2 vsマルヤス×2 vs刈谷)

結局2部で優勝出来ても生半可な力では1部では通用せず。最下位に終わって鈴鹿に運命を託すことになるが現状では「県落ち」となってしまった。
得点数28は全チーム中5位と決して悪くなかったがワースト2位の失点が足を引っ張ったか。ただ後期に限って言えば得点も失点も13のプラマイ0。3勝は全て後期に上げたもので刈谷、マルヤスと上位を食ったって事を省みても前期の数字が悪すぎたのかなぁと。最下位でありながら得点王レースの上位に杉浦が食らいついてましたしね。

結果として最下位になってしまったのですが、チームとしては成長が出来た1年だったのではないでしょうか。3クールあればおそらく降格圏脱出出来てたチームだったと思います。マルヤスを逆転で下してマルヤスの希望を断ち切った試合を生で見てましたが勢いに粘りがくっついてきたと感じたので余計に前期がなぁと。

中京大に関して外野から言われていた事に「互助会」たる言葉がありました。身内同士で情報を交換し合う事で優位性を持ってるのではないか?って疑念ですよね。ですがそれは最終戦の中京ダービーでそんな事は一切無いってのを結果で持って示しましたからねぇ…あの試合、CUFCが勝ってたらCUFCは降格免れたんだもん。

学生チームの宿命で卒業でのメンバー強制入替えがあるのでなかなか継続したチーム作りが出来ないって問題点はあるのですが有り余る練習環境で己を磨ける貴重な時間でもあるんです。彼らの今後のサッカー人生に幸あれ。



仮免だったんかよ!

V長崎に債務超過解消の根拠説明を求める…?

J2ライセンスがここも条件付き発行だったのか…
債務超過となると岐阜も大概な金額あるんだよなぁ…人事ではないんだけど…

ただこれで昇格不可となるかどうかはどっちとも言えない。少なくてもこの結果の是非を問わず残留を決める必要があるんだけど。そのための町田戦が今週末。こないだ買ったtotoがあと5分で3等がパーとなった。佐藤勇人のドアホ。千葉のドアホ。3等当たってれば参戦しようと思ってたんですが…

大一番ではあるんですが残念ながら留守番です。遠征組、関東組、そして選手達に託すのみです…

京都戦私的採点

どう考えても中2日アウェイ連戦でvs京都は今の岐阜には家賃高過ぎだったか…
とは言ってもあと3試合。次のアウェイ3連戦目となる町田は今年の運命決める試合と言っても過言ではない。
この試合で次への停止が出なかったのは幸いか。

時久 5,0 3失点では…

野垣内 5,5 普通。むしろDF陣では良かったほうか。

関田 5,0 秀人とあまり連携した守りが出来てなかったか。

田中 4,5 1点目も2点目も駒井とのタイマンで負け。CBとしては許されまい。

尾泉 5,0 ストロングポイントは出せたが本来の仕事は?

ハンジェ 4,5 2失点の起点。特に一つ目は岡山戦レベルのポカだった思う。

服部 5,5 3点目は競り負け。セットプレーでの競り合いで負けたのはあまり見ないが…

井上 5,0 守備で追われながらも何とかリンクしようとはしてた。

樋口 5,0 点こそ取れどそれ以外の存在感は…

染矢 5,5 最初のアレはPK貰えた思うが…日頃の行いか。

佐藤 5,5 アシスト残したがポイントにはなれんかった。守備で追われたから仕方はないが。

廣田 -- 評価なし

森安 -- 初出場。彼が左SB出来れば尾泉を前で使えるが町田戦でその博打は打たんだろう。

橋本 -- 評価なし。

行徳さん 5,5 さすがに今日は致し方なし。

町田は平本が停止。これは相当痛いはずだが代役は誰だ?むしろ気合入ったデータ不足の代役に一発浴びるなんて事のなきようしっかり対策と休養を取って万全を期して挑んで欲しい。

中2日だけが原因ではないんだろうけど…

J2リーグ 第39節

京都サンガF・C3-1FC岐阜


得点者
京都 駒井×2 安藤
岐阜 樋口

やはり中2日はキツい感じたがそれ以上にデーゲームが堪えた印象。チームとしての戦い方は出来てたけど個々の素軽さが違ってた。確かに駒井の個人技には参らされたが…

同じ負けでも3-0か3-1かでは数字上も違うし今後の士気にも関わってくると思うのです。そう言う意味でも後半開始早々の樋口のゴールは次に必ず繋がると思います。

残念ながら2失点に絡んだハンジェと秀人は低採点。特に秀人は駒井に千切られすぎ。

遅くなったけど中津案内

すいません。鈴鹿サポの方々はもう調べ付いてる思いますが…大分中津へのアクセス案内です。

主だった手段としては…

1 自走

2 鉄路

3 航路

4 空路

5 陸路

この5つでしょうか。それでは順追って。

1 陸路コース
多くのコアサポーターのメイン移動手段。気合と体力とクラブ愛さえあれば!って方向けでしょうか。個人的はあまり薦めませんが…
仮に鈴鹿ICから高速に乗ってひた走るとおよそ8時間で中津最寄りの苅田北九州ICへ。無論道路事情で話は変わりますが。ルートはこんな感じになるんかな。分岐間違えたら悲惨なパターンもあるからね。
苅田北九州から降りたら国道10号でおよそ1時間程度でしょうか。休憩仮眠も考えたら12時間コースですかねぇ。ただ人数揃えばこれが一番安いでしょうね。

2 鉄路コース
時間制約はあるが金に余裕があるならこれですかね。特に鈴鹿は土曜が朝の試合なので…
結論から言ってしまえば名古屋を朝一番ののぞみに乗れば中津には理屈上は試合開始にギリギリ間に合います。
ただ鈴鹿や四日市スタートではアウトなので金曜夜の内に名古屋泊りする必要はありますが…(車で名古屋駅に行くのであれば話は別ですが)
名古屋6時20分のぞみ95号→小倉9時23分着→小倉9時48分ソニック9号→中津10時18分。
これで中津駅からタクシー使えばギリギリでしょうか。つか朝1で間に合わす方法はこれだけです。
乗り継ぎ含めておよそ4時間でしょうか。運賃は往復4万程度。

3 航路コース
大分であればこれを勧めるとこですが…中津だとどうなんだろうなぁ。
有休さえ取れればこれが多分一番消耗はしないです。だって平に寝れて風呂入れて食事も好きなタイミングで取れるもん…
コースは2つ。北九州上陸大分上陸か。どちらにしても最低午後半休ですね。月曜は午前半休か少しの遅刻の可能性出ますが。
車組はこれで上陸するのが一番ラク。身一つ組は門司or別府からの自力到達が必要です。まぁどっちも駅近いし駅さえたどり着けばまず大丈夫でしょう。リスクは3つ。欠航と船酔い。あと車有り前提だけどそれだと結構お金も…って点かな。

4 空路コース
うーん…今回に関してはあまり積極的には薦めれない。理由は2つあって、鈴鹿サポの場合はほぼセントレア一択になるって前提で考えますが大分行きの便が朝も夕も微妙な時間。一応伊丹も確認したけどこっちも変わんない。セントレアからも伊丹からも北九州行きは飛んでないからなぁ。中津には大分空港より北九州空港のが全然近いんです。

5 陸路コース
ズバリ言うとバスです。名古屋からは中津に直接行けるバスがあります。
鈴鹿からなら小倉まではこのバスがあります。小倉でソニック乗り換えですね。
身一つ組なら名古屋からの名鉄バスが一番ラクですかねぇ。10時間車内で何すんの…って話ですが。しかも中津に朝6時に着いてどうすんだ…って話でもありますが。行きだけでもこれで帰りは鉄路ってパターンもありですね。少なくても帰りは鉄路を薦めます。だって試合全部終わってから中津で5時間以上何すんの?まぁ中津は唐揚げで有名な街ではありますが…

ちなみに中津駅周辺はそこそこにビジネスホテルはありますが予約は早め早め。今からでもいいくらい。それでは初めての地域決勝。ドキドキが止まらんでしょうが頑張ってください。

何もない。何にもない。

何にも言葉が出てこない。

正直色々と上の空です。

正確には考えてることはあるんだけどそれが全然言葉に出来ない。

ですので今日は何もなし。鈴鹿の人達への大分案内は明日こそやります。

ちくしょう!ちくしょう!!ちくしょう!!!

J2リーグ第36節

松本山雅FC1-0FC岐阜


得点者
松本 アリソンリカルド

帰宅時後半開始だったので前半は未見。
この試合は勝ち点1取れればほぼ町田を追い詰めれる事が出来たしその試合運びは出来た。
ただ悲しいかな勝ち点3となると攻撃の精度不足がどうにもこうにも…したがって勝ち点1がミッションだったんだが最後の最後でセットプレーで堕ちた。

何が悔しいってずっと岐阜を追いかけてたはずの松本の今年2タテ食ったばかりでなくまた反町に負けたって事。ほんといつか奴をキャン言わせたいんだが…

試合全体見てないんで採点なし。ただ時久は最後の失点は仕方ないにせよ奮闘が目立った気がします。

地域決勝組み合わせ

まずは全社決勝結果。

福島ユナイテッド0-1FCKOREA

二年続けての関東勢の優勝となりました。FCKOREAの皆様、優勝並びに地域決勝進出おめでとうございます。

そして夕方には地域決勝組み合わせが発表されました。このようになってます。

A組@福島郡山
福島ユナイテッド
サウルコス福井
アミティエSC
デッツォーラ島根

B組@高知春野
FC今治
ノルブリッツ北海道
FCKOREA
バンディオンセ加古川

C組@大分中津
FC鹿児島
SC相模原
FC鈴鹿ランポーレ
ファジアーノ岡山ネクスト


鈴鹿は大分中津ブロックになりましたが、率直に言って最悪の組って印象です。三敗も充分有り得る思います…東海の代表として頑張っては欲しいのですが…

鈴鹿の対戦相手となる3つの考察は明日以降にしよう思います。東海一部の総括もありますし…

言うほど差はないとは思ったが…

日本代表0−4ブラジル代表

点差ほど絶望的な差はなかったと思います。ただ日本とブラジルではベースとなるものが違いすぎ。特にフィニッシュに持ってくための速さが段違い。
先制点のミドルが最たるもので、あのシュートは確かにコースが開いた。けどJは元よりアジアレベルであそこから撃つのはいないし、居てもあのシュートはない。その差だったかなぁと。

代表も久しぶりの大敗ですが負けて得るものってのは必ずあります。この負けから次は何を学ぶかではないでしょうか。

爆弾投下

佐川滋賀廃部へ

噂自体は先月くらいから出てたようですね。僕がこの噂を初めて知ったのは東京居る時でしたが。内容を聞いて「まぁありえん話ではないかぁ…」ってくらいの感想でした。企業クラブって企業の都合でどうとでもなるってのは今に始まった話でもないんで…

僕がパッと思いつくだけでも西濃、デンソー(刈谷に移管)、ジャトコ、コスモ四日市…佐川だって東京と大阪を整理して滋賀に統一してるからその際の佐川の東西のサポは置き去りだった。去年だとマルヤス廃部って怪情報が出て僕のとこに何故か問い合わせがあったりもした。知るわけ無いだろそんなもん。

とは言っても「あの佐川」が辞めるってのはそれ相応にインパクトや波及の及ぶ話なのも確かかと…かけてるお金が段違いだった(岐阜がJFL時に佐川は4億使ってた)とは言え他のサッカー部持ち企業やスポンサードしてる企業からしても影響がないとは言い切れない話です。

これが真実となるなら地域決勝での昇格枠にも関わってくるしJFLの降格争いにも波及する。噂を黙らせるにはとっとと正式なリリースを出すのが一番手っ取り早いんですが…

そして僕は昨日も早退をしたのですが今日も熱があるので後で病院に行ってきます…



東海リーグ2013

ツイッターでリクエストがあったので来年の東海の陣容を整理します。

まずは1部。鈴鹿が昇格成功か失敗かで変わりますが成功の場合はこうなります。

FC岐阜SECOND

マルヤス工業

FC刈谷

藤枝市役所

矢崎バレンテ

ChukyoUnivFC

トヨタ蹴球団

アスルクラロ沼津


んで失敗の場合はこうなります。

FC鈴鹿ランポーレ

FC岐阜SECOND

マルヤス工業

FC刈谷

藤枝市役所

矢崎バレンテ

トヨタ蹴球団

アスルクラロ沼津


ただしセカンドが来年どうするかの正式なアナウンスがまだ出ていません。それによってもまだ左右される要素はありますが…とりあえず間違い無い話は蹴球団と沼津の昇格は決定って事だけ。空きが出れば下から埋めるだけです。

んで2部。こっちも鈴鹿の動向で変わります。成功の場合。

中京大学FC

長良クラブ 

春日井クラブ

FC川崎

浜松大学FC

伊勢YAMATOFC

昇格T勝者1

昇格T勝者2


そして失敗の場合。

ChukyoUnivFC

長良クラブ

春日井クラブ

FC川崎

浜松大学FC

伊勢YAMATOFCFC

昇格T勝者1

昇格T勝者2


例の中京大ルールはあるので中京大とCUFCは同居不可。鈴鹿が昇格失敗した場合は中京大は2段階落下の愛知県1部行き。成功の場合はCUFCは1部。中京大は2部。この2チーム間の入替えはありだけど2013にCUFCが残留成功の場合は中京大は2位以内でも昇格不可。

そして2部最下位の豊川に関してはここは鈴鹿どうこう関係なく愛知県リーグ降格決定。1部2部問わずリーグ脱退が出た際のみ残留可。こうなります。

ちなみに来年度の東海昇格トーナメントは岐阜県内開催だとしかわかってないです。県リーグの動向は全くアンテナ立ってないんでタレコミをお待ちしてます。えーとこれでよろしいでしょうか?

12の挑戦者

今日の全社準々決勝結果

福島ユナイテッド7-0札幌蹴球団

ファジアーノ岡山ネクスト6-1FC刈谷

FCKOREA3-0海邦銀行SC

バンディオンセ加古川1-0アミティエSC


この結果を持って4強での権利持ちが福島のみとなったので残りの岡山ネクスト、コリア、加古川の3チームが全社枠となりました。ただし12チームの大会参加意志の有無の確認を持っての確定となりますのでこれで完全に確定とはなってません。くれぐれもご注意ください。

とりあえず暫定ではありますがこれで12チームが揃ったので改めて紹介します。

北海道リーグ代表
ノルブリッツ北海道

東北リーグ代表
福島ユナイテッド

関東リーグ代表
SC相模原

北信越リーグ代表
サウルコス福井

東海リーグ代表
FC鈴鹿ランポーレ

関西リーグ代表
アミティエSC

中国リーグ代表
デッツォーラ島根

四国リーグ代表
FC今治

九州リーグ代表
FC鹿児島

全社枠
FCKOREA

全社枠
ファジアーノ岡山ネクスト

全社枠
バンディオンセ加古川


あくまでも暫定です。確定の赤ランプは水曜になるまで点きません。望んではいないことですがこの中で「降りる」クラブが出た場合はこのような措置になるはずです。

1 9地域代表が「降りる」場合。→この場合は各地域の2位に出場意志の確認を持って決まります。昨年のしまなみ→黒潮がこのパターンです。

2 全社枠3チームのどこかが「降りた」場合。→正直言ってわかんないです。08年に全社枠ゲットのNECトーキンが「降りた」際は全社4位の松本が出場しましたがその時のすったもんだを覚えている地域リーグファンは多いでしょう。そうなった際のルールが公表されてないのでいらん憶測や願望混じりのデマが飛び交うのもこのパターンなんですが…


とりあえずはまだ準決勝、決勝と残ってますしこの件は一旦ここまでとして残り2日間4チームは頑張ってもらう以外ありません。確定のランプが点いて12チームの組み合わせが決まったらまた触れよう思います。

山形戦私的採点

勝てる気はほとんどしなかったけど負ける気もほとんどなかった。凡戦だったかもしれないけど今の岐阜には内容以上に目先の勝ち点1のが大事。したがってこの結果はOKだと思ってます。

時久 5,5 ポジショニング◯

野垣内 6,0 本職の明弘を差し置いて出てるだけの事はしてるかと。

関田 5,5 跳ね返しはいいけど攻撃の初手の意識も欲しい。

田中 5,5 上に同じ。

尾泉 5,5 キック以外の粗が目立った。試合経験でどうにかなるとは思うけど。

服部 6,0 何とか来年も残って欲しい…ただ後継者はオフに何とかする必要も。

ハンジェ 5,5 守備に追われたかな。

井上 5,0 うーん…

樋口 5,5 無理目でも撃つ姿勢は評価していいと思う。

染矢 5,0 良かった時と比べるとなぁ…確変終了してる。

佐藤 5,5 消されたかなぁ。逃げる癖は矯正されつつあるけど。

梅田 5,5 洸一と比べて優位性のあるのが出せなかった。

アブダ 6,0 明らかに入ってから攻撃が変わった。先発で見たいんだが…

廣田 -- 評価なし。

行徳さん 6,0 結果はともかく勝ちにいくって意思を示せる采配だったと思います。

もうターゲットは町田に絞っていいでしょう。現時点で6差なんで直接叩いて残留を決めたいです。

町田(28) H愛媛→H岐阜→A水戸→H湘南

岐阜(34) A松本→A京都→A町田→H徳島→A横浜

アウェイ3連戦ってのはかなり悪条件。しかも台風で流れた松本戦もある。どうにかどちらかで最低勝ち点1ですね。町田に直接対決で仮に負けても4差あれば町田は水戸と湘南に連勝条件しかない。松本か京都、どちらかに勝てればもうさすがに大丈夫だとは思うのですが…

念のため長崎と長野の残りも。

長崎(59) A佐川→A印刷→HMIO→AYSCC→Hソニー

長野(54) AHOYO→AMIO→H秋田→AMYFC→HYSCC

うーん…長崎逃げ切り優勝の可能性のが高いかな…佐川に負ければ少し面白くなるけど佐川に勝てばほぼ決まりかとも。とにかく一番大事になるのは町田戦で間違い無いと思います。



水際

J2リーグ 第38節

FC岐阜0-0モンテディオ山形


山形は仕留め損ねたっていい試合だったんじゃないかなと。ツメの甘さに助けられたと思います。
岐阜は跳ね返すのはいいけど跳ね返すだけでそれが攻撃の初手になってないって大野先生の指摘通りだったと。行徳さんがいつになく早く仕掛けたのは「勝ち目がある。」と見越しての打開を図っての物だったんじゃないかなと。

アブダが入って明らかに攻めに変化が生じたんだけどあの時間で入れたから効果あったのかそれとも最初からでもあのくらい効果あったのかはなんとも言えないです。先発で使うべきだと思うのですがそれが出来ん理由があるんでしょう。

特段ダメだしが必要な選手はなし。割とよく見えたのが野垣内。そしてアブダ。行徳さんも今日は明確に勝ちにいく采配だったと思います。

アシスト王は誰だ?

セカンドの松江が東海得点王ってのは既にこのブログでも記してますがアシスト王は正確な数字を掴んでなかったので記しませんでした。(東海は得点王、アシスト王、ベスト11が個人表彰の対象です。)

中村と柳澤の2人が5アシストで2位。となるとアシスト王は6以上って事になるけどそうなるとマルヤスの日下くらいしか思い浮かぶ選手いないなぁ…優勝した鈴鹿は特定のパサーがいるわけではないし…そんなわけで個人タイトルが分かり次第お知らせいたしますので今しばらくお時間をください。

全社8強

朝ホテルが目が覚めたらチェックアウト時間間近…
土曜寝れなかった反動は相当の物だったようで…目が覚めても体調がいいとはとても言えない状態だったので2日目はパスして昼までには名古屋に帰って来ました。

ですので今日の試合は一切見てないです。結果だけ。

福島ユナイテッド1-0東京23FC

札幌蹴球団3-2横浜猛蹴

ファジアーノ岡山ネクスト1-0アイン食品

FC刈谷1-0レイジェンド滋賀FC

FCKOREA1-1(PK5-4)FC大阪

海邦銀行SC3-0レノファ山口

アミティエSC2-1さいたまSC

バンディオンセ加古川3-2FC鹿児島


権利持ちがあっという間に5つ消えました。残る権利持ちは福島とアミティエの2つだけ。B組とC組はすでに権利なしの4強確定なので補充2位(暫定)のセカンドの地域決勝への道は閉ざされました…では明日の正念場となるベスト8の組み合わせはこの通り。

福島ユナイテッドvs札幌蹴球団

ファジアーノ岡山ネクストvsFC刈谷

FCKOREAvs海邦銀行SC

アミティエSCvsバンディオンセ加古川


明日で全ての地域決勝出場枠が決まる条件。

1 福島、アミティエ両方4強進出。


この場合はB組とC組の勝者は即決定。残りは補充1位(暫定)のV鹿児島か?

2 福島、アミティエのどちらかのみが4強進出。

この場合は札幌蹴球団or加古川、B組とC組の勝者で決定。

ただしこのパターンなった場合は最終日まで決まりません。↓

3 福島、アミティエ両方負けで4強全て権利なし。

この場合は火曜の準決勝に勝ったチームがまず決まり。残り1枠は水曜日の3位決定戦待ちです。

刈谷があと一息で権利ゲットです。何とかここまで来たら権利を取って欲しいと願ってます。昨日のサッカー見る限り自分達のサッカーは確立出来てた感はあったので…

駒沢初日

025.jpg

全国社会人サッカー選手権1回戦

FC刈谷2-0ヴォルカ鹿児島

レイジェンド滋賀FC3-2(EX1-0)東邦チタニウム


実はどうゆうわけか一睡もできずにフラフラの状態でした。結局朝のフランス戦も見れちゃったし…

そうゆうわけで何とか結果は追えたけど細かくどうこうは言えないです。特に2試合目は。

とりあえず刈谷の勝因はV鹿児島があまりに攻撃が一辺倒過ぎたって点でしょうか。一人の選手に愚直に放り込んでましたが斉藤と東間と言う刈谷の誇るガチムチコンビ相手はちと厳しかったかなぁと。後は自滅の2失点目だったかと。これで切れたかな…

すいません。ほんとにキツかったので滋賀と東チタは殆ど覚えてないです。ただ滋賀の弱点は見えた気がします。

明日も駒沢の予定ですが体調が全く戻らないかまた寝付けなかった場合は朝の新幹線で帰ります。今夜はもうおとなしく休みます…

全社前日



既に東京居ます。
旧知の友人(バツ1再婚)としこたま飲んでます。
明日は朝起きた時点で小石川か駒沢か決めます。以上終わり。

パッキング

明日出発です。
仕事終わり次第車中の人です。金曜土曜と宿は大井町です。
全社は土曜は駒沢か小石川かまだ未定。鈴鹿が権利取れたので上柚木はパスです。土曜小石川、日曜駒沢かなあ。日曜は上柚木にする可能性もあるけど。
とりあえず支度したら早く寝ます。未だに飛んでる蚊の羽音のせいで昨夜は三時間程度しか寝れず体力もストレスも結構やばいレベルですんで…

またもジャイキリ

新潟が福島にやらかしてビッグスワンで2年連続の下克上での首を差し出す羽目に。

J2勢がJ1相手に善戦してますが地域、JFL勢は福島と長野or武蔵野だけになるんかな?今治が町田相手に随分と抵抗したようですが…福島に今治は共にホームブロックで戦える可能性大なんで地域決勝でも印背負う立場になるかもなぁ…

正直J1相手にしてもここまで戦った福島や今治に鈴鹿が太刀打ち出来るのかすんげー不安。仮に大分行きとなってもF鹿児島が確実に待っている。そう考えるとどこ行っても地獄だよなぁ…けどその地獄こそが地域決勝そのものなんです。あー思い出してももう二度と当事者なるのはイヤだ。

最終順位と得点王

リーグも全日程が終わりました。

最終順位はこの通りです。

1 FC鈴鹿 31 9-4-1 +13
2 セカンド 30 9-3-2 +19
3 マルヤス 23 7-2-5 +8
4 FC刈谷 17 5-3-6 +6
5 藤枝市  15 4-3-7 -5
6 矢崎   15 5-0-9 -22
7 CUFC 14 4-2-8 -7
8 中京大  12 3-3-8 -12


得点王は岐阜のトップでも活躍したこの選手。

松江克樹 (FC岐阜SECOND) 10得点

今年で引退って報道が出てたそうですが残念です。まだやれる年齢なんですが…

これで鈴鹿は地域決勝進出。JFLと言う目標に向けての本当の戦いが始まります。
そして2位のセカンドもまだ全社の結果待ちですが地域決勝への道が残ってます。ただし条件は下記の通り。

1 A組から福島or島根が4強へ。
2 B組から鈴鹿が4強へ。
3 D組から福井orアミティエorF鹿児島or今治が4強。


これを全て満たす必要があります。C組は権利持ちが1つも入ってないのでどうしても全社枠は1つ発生するのが確定です。

しかし鈴鹿が途中で負けた時点で終わりってのも皮肉な話でして…1と3は十分達成可能なんですが、B組はV鹿児島と刈谷と言った勝負駆け組がいますしそもそも鈴鹿の初戦アイン食品も侮っていい相手ではない。そしてさらに先日発表になった地域決勝出場枠に輪番の記載が全くない。ヘタをしたら補充枠の概念自体を根本からひっくり返される可能性も。08年の全社枠でNECトーキンが辞退した時に松本山雅が補充で出たけどあの時のすったもんだを覚えている地域リーグファンは多いでしょう…あの再来が無いとは限りません…全てが終わり確定を待つまで最後の3つはわかんないです。地域リーグってそんなとこですから。

今日はここまで。地域決勝の事はまたおいおい書いて行きます。
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR