緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

豊田の練習試合

まぁ所詮親善試合。ダメ出し出来ることがあるならそれに越したことはないかなぁと。

いい加減3-4-3は諦めなはれ。早い段階で先制されて攻撃が真ん中真ん中に集中すると相手も守備はしやすかったと思います。

もっともこういった展開はアジア相手でも十分有り得ること。守備的な相手を剥がすってのは対アジアにおいての恒久的な課題になるんですし。そういった意味でアイデアは感じたけど結果に出なかったのが残念だったかな。

とりあえずはオーストラリア戦で決めちゃいましょう。本番どう戦うかはまず出場を決めてからでも遅くはないはず。

得点記録修正

第2節 市役所vsマルヤスの3点目が河本ではなく平野とマルヤスの公式に発表されてました。

したがって得点ランクも変動が生じるので改めて得点者ランクの修正版を記しておきます。

得点者所属得点数
太田マルヤス3
田中セカンド3
真野沼津3
平野マルヤス2←NEW!
セカンド2
北川鈴鹿2
松本蹴球団2


関係各位の皆様、大変失礼いたしました…こうしてまたお詫びと訂正の日々が続いていく…記録人への道は遠い…

梅雨

シケタ天気ですなぁ…

今日の内にやることしといて正解だった。

どうやら今週末は東海地方は全般的に下り坂の空模様ですね。屋根ありの長良川はまだしも藤枝陸上はツラいだろうなぁ…富士も真ん中に申し訳程度の屋根があるだけなので応援組には厳しい環境になるかも…

どうにも気分が上がって来ませんね。去年のこの時期に再発したし気をつけないといけないんですが…

東海1部ニュース2013 vol5

3節が終わって土付かずが3連勝がマルヤス1チームのみに。

今年は予想通り混戦模様になりそうな感じがしますがマルヤスは3試合で9点と絶好調。

マルヤスを止めるのははたして…?今節の全結果です。

FC岐阜SECOND0-1藤枝市役所

市役所 平

マルヤス工業3-2アスルクラロ沼津

マルヤス 加藤 正治 太田
沼津 真野 佐藤

FC鈴鹿ランポーレ1-0矢崎バレンテ

鈴鹿 嶋田

試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
マルヤス工業33009396
FC岐阜SECOND32017265
FC鈴鹿ランポーレ31204351
アスルクラロ沼津31115540
FC刈谷21013132
藤枝市役所3102163-5
トヨタ蹴球団2011341-1
矢崎バレンテ3003180-7

得点者所属得点数
太田マルヤス3
田中セカンド3
真野沼津3
セカンド2
北川鈴鹿2
松本蹴球団2

セカンドも刈谷も既に1敗。鈴鹿は負けこそないけど2分とスタートダッシュはどこも出足がつかない感じの中、マルヤスのみが静岡勢を3タテして土付かずの首位に。まだ3節とはいえ1節、2節、3節と首位が変動しているなかなかの混戦模様です。

今週は全試合静岡開催。蹴球団が2周連続の休み。3連勝のマルヤスも一休み。カードはこの通り!

6月2日(

藤枝市役所vsFC鈴鹿ランポーレ
@藤枝陸上 12時KO

矢崎バレンテvsFC刈谷
@藤枝陸上 14時15分KO

アスルクラロ沼津vsFC岐阜SECOND
@富士 14時KO

富士をすごく迷ったけど今後のこと考えると沼津に偏りすぎるのもアレだしなぁ…なんせ7月はヘタしたら「全部」沼津の試合になりかねん。てなわけで今節は自重。この組み合わせなら確実に情報は入ってくるので大丈夫と確信してます。現地に向かわれる皆様、よろしくお願いします。m(_ _)m














福岡戦私的採点

悪くなかったと思う。結果以外はね。

採点放棄するくらい酷かった水戸戦と比べたら一週間で随分向上したとは思うけど…結果だけがなぁ…

高木 5,5 失点がPKとDF完璧競り負けのCKではあまり責めれない。

デズモンド 5,5 どう見ても万全ではない…休ませてあげないと取り返しつかなくなるかも…

益山 5,5 だいぶこの位置にも慣れたか?

田中 5,5 見事なシュートだった。

服部 5,5 同点弾の起点。しかしいい時を知ってるから…

森安 4,5 ハッキリ書くわ。愚かな退場だった。

杉山 5,0 後半消えてたかな…

柴原 5,0 まだパーツになってない。

染矢 5,5 ようやくWBっぽくなってとこで…

樋口 5,5 ホントは美尾か柴原の位置のが活きるんだけど…

野垣内 5,5 スクランブルの割にはまぁまぁかと。

杉本 5,0 ターゲットとしては機能仕切ってなかった。

新井 -- 短すぎ。

行徳さん 5,0 退場で修正仕切れなかったかな…

次の岡山戦は東海が行ける試合ないんで長良川に久しぶりに行こう思います。今日の試合のような気持ちを見たいです…

追記
美尾 5,0 そろそろ目に見える結果が問われる。 

 
続きを読む

「直後」こそチャンス。

東海社会人1部リーグ 第3節

マルヤス工業3-2アスルクラロ沼津

得点者
マルヤス 加藤 正治 太田
沼津 真野 佐藤

002_20130526192956.jpg

連勝発進、しかも2試合連続3得点と好調のマルヤス。昇格初年度でありながら昨年王者、JFL経験クラブ相手に負けなしの沼津。上り調子と思われる2チームの対戦は東海リーグ初となる東海学園大での開催。日差しを避けてバック側の木立に陣を構えたら涼しくて快適な環境下に。けど戦う選手は炎天下…しかもここは人工芝。スタミナ勝負の色合いを感じた。


003_20130526195930.jpg




008_20130526195934.jpg

試合はピッチを広く使ってサイドチェンジを交えながら小気味よく回すマルヤスに沼津はカウンターの図式なんだが沼津はカウンターの位置を高めに設定してた。つまりマルヤスのDFの安直な横パスを狙ってた。わかっていながらそれをやらかすマルヤスDF陣が慌てるシーンもあったが佐川から移籍の守護神藤井が通る声でコーチング。山村がいないので最後方からの仕切りは彼が担うことになるがここは問題無し。

010_20130526194917.jpg

先制点はこの写真の高卒ルーキー加藤によるもの。去年の高校選手権愛知決勝で岡崎城西を決勝まで導いたFWが岡崎のクラブでこうやって戦うとは思わなかった。普通に進学すると思ったんだけどね。その加藤が左からのクロスをボレーで蹴りこんで先制。その後も今度は右からのクロスを東海学園大卒の正治がドンピシャヘッド。これで前半半ばで2-0となったが沼津はやり方を特に変えた風でもない。マルヤスのパスカットを狙ってのカウンター狙いは変わらずジャブを放つのだが前半終了間際についにマルヤスがミスを犯してバタバタになったとこを真野が押し込んで1点差。前半はこれで終了。

時間も取られ方もシチュエーションも最悪な失点だったがまだリードはある。けどこうゆうリードを守れないのがマルヤスの未だ甘い部分でもあるんだけど…って危惧が的中。沼津ゴール前で得たFKの跳ね返りからカウンターを食らって最後は佐藤に押し込まれてこれで同点。ところが直後に右サイドの太田がまさにキャノン砲と形容するような豪快なミドルを右から叩き込んで即座に勝ち越し。その後マルヤスは点を取った2トップが揃って足を攣って交代するなど運動量で沼津を凌駕してどうにか抑えこんで逃げ切り。開幕3連勝で首位に立った。

しかしながら攻撃の好調さと裏腹に今日のマルヤスはDFの不用意なパスを狙われすぎた節がある。沼津もしっかり見てきた感じはあったんだけどね。沼津の失点もそんなに周到なクロスではなかったにも関わらず2つとも撃った選手をフリーにしてた辺りやっぱりこのチーム、DFは難ありだぞ…それでも技術力はあるしメンタル面も割としっかりしてる。少なくても即座に落ちるようなチームには感じないな。力つけてきたらその上も決して無いとは言えない地力を感じたな。

ともあれ僕の記憶にある限りマルヤスが3節とはいえ首位に立ったのは初めてだ。そしてマルヤスが首位ってことは首位のセカンドは…詳しくは明日!

いつまでも「惜しかった」では通らない。

J2リーグ 第16節

アビスパ福岡2-1FC岐阜

得点者
福岡 坂田(PK)西田
岐阜 田中

※森安がイエロー2枚で退場。岡山戦停止。

前半途中で帰って来たけどTVつけた時点で前半30分。その段階でシュートが2本1本なら岐阜は多分思惑に近いサッカーしてたと思う。

前の試合のサポとの会話は効果あったと思う。今日は戦ってた。けど不用意な退場や不用意なDFで負けた。

いつまでもそれではダメなんだよ?

結局のとこ選手も自分含めてサポも自信喪失状態なんだろうね。行徳さんもそう。

全てにおいて負の連鎖に入ってる。それを払拭するには結果しかないんです。たとえどんな内容だろうと。
だからこそ今日は内容に応じた結果が欲しかった。それが出来ないのが現状なんでしょう。

MBPは本日はいます。不用意な退場の森安。無傷ならまだしも1枚貰ってる選手がしていいプレーじゃねーだろ。

ギャンブルウィークエンド

明日はダービー。そして笹川賞の優勝戦。

最近競艇の事書いてないですけどレースはちゃんと見てますよ。けど4000番台の選手が競艇界を引っ張りつつある中で4000番台半ば以降は正直よくわからんなぁ…って選手が多いです。

顔はいいわ稼ぎはいいわで少し嫉妬もあるのですが。

優勝戦メンバーも6人中5人が4000番台。唯一の3000番台が服部幸男。カド4ならノーチャンスではないけど内3人(エンジン)出てるでなぁ…

多分買わないけど買うなら1-3の裏表8点かな。大きいの狙うなら1-3-4のボックス。

ダービーはよくわかんない。ロゴタイプが1番人気になるんかな?

とりあえずこの週末はギャンブル目白押し。僕はtotoが明日まで希望がつながった…もうおしいはイヤだ。

… 何があった…

去年の九州王者のFC鹿児島で今度は騒ぎが。

今まで色んなクラブの退団挨拶見てきたがこんなセリフ前代未聞だ。

鹿児島の内情はわかんないけどこのセリフが出るなんて以上「まともな」状態って考えるのは少し無理がある。

去年の東海王者鈴鹿の例の件も未だ解決の兆しがありません。鹿児島といい鈴鹿といい、J3って言葉に惑わされすぎなんじゃないかなぁ…部外者である以上深くは追求しないけど。

うーん…それでも現在九州リーグ首位を走るだけあってチームそのものの地力はあるんだろうけど…
この騒ぎの共通ワードは「渦中の人間が監督」。うーん…

なんか色々な歪を感じるなぁ…最近になってロック総統の考えも理解できるようになってきた。

今後の予定

東海がはじまり岐阜トップはあの体たらく。

正直今の気持ちは東海にかなり針が向いてるってのが正直なとこです。

正確には今のトップを金払って見る価値あんの?なんですが。

東海の日程とトップの日程をすりあわせてました。今年は例年以上にトップ蹴るかも…

【6月】

2日 H岡山戦 東海は静岡3試合のみ。この日は多分長良川。

8日 H長崎戦 鈴鹿vs刈谷@鈴鹿SGとまだ迷ってる。9日は無問題で中津川。

15日 A鳥取戦 いつかは行きたいけど今年は無理。16日は無問題で笠松。

22日 A札幌戦 無理。つか行ったらすすきので散財するに決まってるから自重。23日は石垣池かトヨスポか未定。

29日 H北九州戦 この日は無問題。30日は港。

【7月】

7日 A京都戦 全社予選あるのでパス。

14日 A熊本戦 この日はメドウ。

20日 H福岡戦 長良川行こう思ったら刈谷vs沼津は無理。マルヤスvs市役所@東海学園かな?21日は多分笠松。

27日 A岡山戦 僅かながら行く可能性有。ただし28日は沼津vsマルヤス@御殿場でほぼ決定。

8月以降はまたその時考えます。とりあえず向こう2ヶ月はこれが基本線なるはずです。
最後の岡山アウェイは岡山→東京のサンライズ次第ですね…








総選挙

AKBの総選挙が始まったようですが個人で今年も100万単位でぶっ込むお大尽が複数名みえるようで…(´・ω・`)

アホと違うか?ってのが普通の反応なんだろうけどこういった消費が経済を社会を回すって考えもあるからひとえに否定から入るのもどうなんかなあ…?とも少し思うように。けど僕が同じようにお金使える立場でもこの選挙にそんな大金突っ込もうとは思わないな。それなら他地域の地域リーグ見に行く金に使うわ。

結局の所、後になってその使い方を後悔するか否かだと思うのです。生きた金の使い方か死んだ金の使い方かは。その時なんて後悔するわけないんだから。

しかしある意味尊敬もするがなあ…よう稼ぐなあと。よう貯めるなあとも言うべきか。生まれながらのキリギリス気質の僕にはなかなか難しい。稼ぐのはともかく貯める必要あるのはわかってんだけど。

さて、今週もあと2日。ボチボチしんどい木曜ですが頑張って参りましょう。

迷走

秋春制、2ステージ制(J1だけだろ?)とJのエラい人が色々と目先小手先の改革案を小出しにして大多数のJサポから反発を食らってますね…

当然ながら僕も反対なんですが、こういう改革案って誰が入れ知恵してるんだろ?どうせ広告代理店の連中なんだろうけど。

秋春に関しては「全て解決可能なら」導入でもかまわない。けどそんな原資どこにもない。地域リーグ以下はどうすんの?昇格したら半年も塩漬けか?だから無理。したがって反対。2ステージ制に至っては意味わからん。2ステージ制にしたって効果なんてせいぜいその年か次の年まで。プロ野球のクライマックスのせいでレギュラーシーズンが予選扱いにされてるのを知らんわけでもないだろうに。

昨日ツイッターで共感した呟きに新規ばかり目を向けて既存客ガン無視って主旨のコメントが。ホントこの言葉につきる。確かに新規客を呼び込む必要はある。これは間違いないがそのために基礎のレギュレーション弄るのは本末転倒だ。どうしてエラい人らは変える必要ないものまで変えようするかなあ…ひとえに自分が変えたって実績欲しいだけなんだろうけど、それは後世に「悪名」しか残らないと思うんだ。

天皇杯

もう天皇杯の組み合わせ。早いですなぁ…

もっともここ数年、ほとんどの場合9月で僕の天皇杯は終了なんですが…

トップも東海地区代表も初戦か良くて2戦目で負けておしまいなんで基本的には予選が主な観戦ポイント。
三重がほら…あんなことなったんで愛知と岐阜がメインなっちゃうかな…

てなわけで東海4県の組み合わせ。

長野代表vs愛知代表
@佐久 
勝てば名古屋と港で。

岐阜代表vs大阪代表
@メドウ
勝てばC大阪とキンチョウで。

三重代表vs新潟代表
@鈴鹿SG 
勝てば新潟とビッグスワンで。

和歌山代表vs静岡代表
@桃源郷
勝てばアイスタで清水と。

勝てば名古屋とか清水とか相変わらず変わり映えしない組み合わせだなぁ…と。
セレッソや新潟は記憶に無いけどさ。

とりあえず相手側の予想を…

【長野】
長野パルセイロがJFLシードを取れるか否かが焦点になりそう。
取れればアルティスタ東御やアンテロープ塩尻と言った北信越1部のチームが浮上するし失敗して県回りになったらどこも太刀打ち出来ないかなぁと。2部の上田ジェンシャン、FCアビエスも居ますし長野は1種のチームが多いなぁ…

【大阪】
関西リーグ勢は4チーム。もっとも2部の2つは大学クラブなのでFC大阪とアイン食品vs大学勢の構図になると思います。嶋田のいるアイン食品がメドウに来れば岐阜サポとしては嬉しい限りだけど難しいかもなぁ…

【新潟】
どう考えたってJSCでしょ?他にどっか出せと言われてもなぁ…

【和歌山】
昨年セカンドを破ったアルテリーヴォが最有力なんだろうけどここは関西1部で大苦戦中。とは言ってもここは有力な大学はないしなぁ…高確率でアルテリーヴォでしょう。

一方東海勢。愛知はすでに予選出場4チームは確定済み。岐阜と三重は2種、つまりインターハイ代表待ち。一応大学代表決定戦もあるけどどうせいつものあの2つでしょうよ。つか三重はその大学が本命になるんじゃないかなぁ…ヴィアティンがマジになるかどうかわからんけど。静岡はJFL2つなんで普通に考えればこの2つで決定戦なはずなんだけどここ数年なぁ…岐阜はさすがに鉄板だと思ってます。
とりあえずは8月なるまではひとまずこの話題は触れてもしょうがないかな。まずは目の前のリーグ戦です。

え?トップと岡山、勝てば柏の件はって?

今、そんなこと言っとれる状況か??

9月までに浮上の兆しが見えればいっちょやったるか!とも言えるけどこの状況では「残留」に全ての精力を注ぎ込む以外無し。多分去年の熊本戦みたいな感じになるんじゃないかなぁ…事こうなっては仕方ない。残念だが天皇杯は捨てるべきと言う以外ないですね。

そんなわけで2014年元日を目指す戦いが始まります。一応言っておくけど前倒しになるのは「2014年度」だからね。2014年元日は2013年度なんでお間違えなきよう。

東海1部ニュース2013 Vol3

1部初参入の沼津が刈谷を破る番狂わせがあったりしたけど連勝が2チームに連敗が2チーム。
早くも明暗が分かれる形ですがある程度予想通りの結果とも。今節の全結果です。

藤枝市役所0-3マルヤス工業


マルヤス 杉山 平野 河本

※市役所久保野がイエロー2枚で退場。次節セカンド戦停止。

矢崎バレンテ0-4FC岐阜SECOND

セカンド 田中 緑 馬場 林

トヨタ蹴球団1-1FC鈴鹿ランポーレ

蹴球団 松本
鈴鹿 北川

アスルクラロ沼津1-0FC刈谷

沼津 前川

試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
FC岐阜SECOND22007265
マルヤス工業22006155
アスルクラロ沼津21103241
FC刈谷21013132
FC鈴鹿ランポーレ20203320
トヨタ蹴球団2011341-1
矢崎バレンテ2002170-6
藤枝市役所2002060-6



得点者所属得点数
田中セカンド3
セカンド2
太田マルヤス2
真野沼津2
北川鈴鹿2
松本蹴球団2

1得点者は多数のため割愛。

まだ2節ですが鈴鹿のスタートダッシュ失敗と沼津の初勝利がいまんとこのトピックス事項かな…?
セカンドとマルヤスの連勝発進はある程度予想がついてましたがどちらも攻撃陣が火を噴いてますね。2トップで荒稼ぎのセカンドと中盤含めてどこからでも取れるマルヤスと色も出てるかなと。

さて、今週は3試合。刈谷vs蹴球団が10月とまたも東海迷物魔日程の発動。ホント勘弁してよ。噂ではウェブスタの工事があるって話だけど…港町グランドで東海なら出来るじゃんかよー。カードはこの通り。

5月26日(

FC岐阜SECONDvs藤枝市役所
@岐阜フットボールセンター 12時KO


マルヤス工業vsアスルクラロ沼津
@東海学園大三好グランド 13時KO


FC鈴鹿ランポーレvs矢崎バレンテ
@石垣池公園 15時KO


今週はもう決めてます。東海学園大です。理由?家から近いもん。刈谷ほどではないけど車なら3~40分で着くんじゃないかな?問題は中入ったこと無いから中で迷子なる可能性があるってことだけど…予習だけしておこ…

しかしマルヤスのグランドジプシーも困ったもんだな…それもこれも岡崎市に全く全国はおろか東海レベルすら出来る入れ物がないのが原因なんだけど…愛知県は大学の設備は恵まれてるとこ多いのでこういった形も今後生じるかもしれないですね。

先に連勝が止まるのはセカンドかマルヤスか。それとも直接対決まで続くのか?答は来週の日曜日!

オレンジシグナル

東海社会人1部リーグ 第2節

トヨタ蹴球団1-1FC鈴鹿ランポーレ

得点者
蹴球団 松本
鈴鹿 北川(PK)

004_20130519184133.jpg

開幕戦を昇格組の沼津相手にやっとの引き分けと言うだらしないスタートとなった鈴鹿。
今日の相手の蹴球団は先日の愛知社会人を見る限り沼津よりも強く感じた。先週の出来からすると正直言ってヤバいなぁ…って感じだったけど、繰り返して言う。君等は王者だ。王者は王者の戦いをせねばならん。



001_20130519184154.jpg




開幕同様に3トップで挑んだ鈴鹿。今日は初手から縦に早い攻撃だが北川単騎になりがちで両ウイングが連動しきれない。したがって攻撃が単発になりがち。むしろ蹴球団のほうがしっかり繋いで作ろうって意識を高く感じた。
とは言ったものの前半はほぼ互角だったかなぁ…蹴球団に絶好の決定機が1つあったけどあれを詰め切れない辺りはまだ蹴球団も甘い部分あるのかもね。

正直言ってこの試合を「昨年優勝vs今年昇格」ってフィルターをかけて見たら不満しか出てこない。と言うかどっちが王者やねんと。この試合を一緒に見てた岐阜サポとのHT時の試合結果予想は一致。1-0蹴球団勝ちだった。

後半に入っても試合の流れに大きな変化は無し。しかし先制は鈴鹿。ゴール前でもつれた際に熊澤だと思うがエリア内で足をかけてPK献上。蹴球団GK北川vs鈴鹿キッカー北川と言う北川対決はキッカー北川が難なく蹴りこんで鈴鹿が先制したがそこから5分もせんうちにカウンター一閃であっさり同点。これは確信が持てないんだけど今日の鈴鹿は妙にラインを高く設定してた気がする。そのせいで蹴球団に裏を取られるシーンが散見。鈴鹿と較べても蹴球団のほうがきちんと試合作りをしてたって印象が拭えないまま鈴鹿視点で見たらロクに見せ場なく試合終了。昨年王者が2試合連続で昇格組相手にドローと最悪に近いスタートとなってしまった。

とは言っても2試合見た印象からすると2試合のドローはどちらも「まぁドローだわな…」って試合でしかない。14試合って短期戦において早くも勝ち点を4も失ったって結果と事実は大きく重たい。去年の前期成績が3勝3分1敗。分けた相手がCUFC、市役所、セカンドと下位相手の取りこぼしが多かった。去年も絶望的な位置からセカンドを差し切ったって実績はあるけどもう首位と4差つけられてるのは…苦しいし厳しいですね…

詳しくは明日書くけど刈谷が今日沼津に負けました。そして蹴球団も勝ち点は1だけど先週はセカンドを追い込んだ。今年の昇格組は一味違うのか。それとも鈴鹿や刈谷がだらしないだけなのか。沼津が気になります。ですので来週は鈴鹿は一旦パスしてマルヤスvs沼津を見に行くことにします。疫病神は来週は行かないんで鈴鹿は次の矢崎戦は勝てる…はずだよ…?

けど先週今日の鈴鹿を見る限り優勝は「限りなく赤に近い黄信号」。だからオレンジシグナル。

何も言いたくない

J2リーグ 第15節

水戸ホーリーホック4-1FC岐阜

得点者
水戸 鈴木 山村 橋本 尾本
岐阜 染矢(PK)

蹴球団vs鈴鹿から帰ってスカパーつけたらいきなり失点&デズモンドの負傷退場。
その後の展開も見るに耐えず。

完敗ではない。惨敗だ。

試合後にコールリーダーが険しい顔で何かを伝えていたけどこれは現地の人でないとニュアンスも含めてわかんないだろうなぁ。けどなんか変わらないといけないしそのきっかけになってくれれば良いのですが…

正直採点するためにこの試合をもう一度見ようって気持ちにはなれない。したがって採点は無し。ただ前半の失点は両ボランチの甘さが原因だと思います。



そのまま…

何にもしない1日。たまにはこうしないと持たない…

totoが久しぶりに「明日まで希望が残る」結果に。って言っても明日全部正解でも3等なんですが。たまには当てたいなぁ…基本的にBIG買わないし。

晩メシのチキンカツが美味い思ったらアソコ負けたのね。もちろんtotoでもここは正解。気分は直線そのまま…ですわ。

明日は予定通り豊田。3試合あるけど見ても2試合ですね。



鈴鹿の方々へ

明後日の蹴球団戦。曇り予報ですが降水確率50パーとなってます。

確か鈴鹿は豊田サブの試合は初めての少し案内を。

1 サブグランドだ。屋根?んなもんあるかい。カッパ持ってきたほうがいいよ。

2 すぐ北側が高校。しかも住宅地なので多分鳴りもんはNG。

3 ここの芝をそのまま隣に移植するだけあってピッチはいいぞ。

4 車は隣のデカイ方の駐車場に停めればOK。

5 段幕貼るスペースは殆どない。貼るなら工夫して貼ってね。

6 観るだけなら絶好の場所があるけど応援となるとなぁ…

こんなとこですかね。選手にはいいけど観る側には結構厳しい環境かも。
僕はここで雨観戦の記憶がない。行くたんびに焦げそうなくらい暑かった覚えしか無い。だもんで天気悪い時どうなるかはなんとも言えないなぁ…繰り返すけどピッチはいいはず。結構ボール走るかもね。

愛知の全社の刈谷戦見た限りではこないだの沼津戦のパフォーマンスでは苦しい気がするけど鈴鹿はあくまでも「王者」だ。王者は王者の戦いが求められる。万が一ここで負けたら2節にしてはや終了になりかねん。そうならないような試合を望みます。


創造

そう‐ぞう〔サウザウ〕【創造】

[名](スル)
1 新しいものを初めてつくり出すこと。「文化を―する」「―的な仕事」「―力」
2 神が宇宙・万物をつくること。「天地―」

何のことだと?
信長の野望の新作ですがな。

このシリーズは毎作プレーしてます。
けど前作「天道」は正直言ってクソゲーでした…その前の「革新」がよかっただけにちょっとねぇ…「革新」の焼き直しが「天道」だろう?って感じだったので…

さらにその前に買った三国志12がおぉもぉ…ってなもんでして…これには本気で参った。しかもコピー対策してるもんで中古にも出せないでやんの。それならそれでいいからずっと保持してたくなるもん作れっての。

歴史好きです。特に戦国時代。僕の住む愛知県は所謂三英傑が居ます。信長、秀吉、家康。そのせいもあるけど色々とこの時代の事は勉強してたりして色々と吸収してたりしてます。実生活にはまず役に立ちませんが…

このことに限らず知識の欲求、吸収ってのは第一に「好き」になることですよね。知識だけに限らず仕事においても全てにおいてもそう。嫌いなことは身につかないですよ。

最近になって学ぶことは好きになることと悟りました。あと20年早く気がついていれば…




20歳の誕生日



20年前のこの日にJリーグは始まりました。
当時僕は高校生。どっちかって言うとJリーグって物に対して冷めてたような覚えがあります。
一過性の作られた物って印象が拭えなくってね。

けど縁あってグランパスの試合でのスタッフのバイトをする機会があったんです。
そこで見た光景はこれまで見てきた世界と違ってました。サッカーを本格的に見るようになったのはそのバイト辞めてからかな…(グランパスを決定的に嫌いになったのもこの時)

静岡に住んでた際に阪神大震災の復興ボランティアやってた当時の友人に勧められてヴィッセル神戸と清水エスパルスの天皇杯を見に行ったのが運のツキ。当時2部相当だった神戸がジャイキリしでかしましてねぇ…「サポーター」の世界に足を突っ込んだのは間違いなくこの試合がきっかけでした。そこから先は説明する必要ないですよね…

サッカーに、Jリーグに出会った事で今の僕が形成されてるのは間違いないです。20年前の僕に20年後の僕が岐阜の弱小Jクラブを応援しながらさらに2カテ下の東海社会人リーグなんか追っかけてるなんて言った所で鼻で笑われたろうなぁ…そして今現在知己のある人とは誰一人として縁がなかっただろうなぁ…とも。

サッカーが作ってくれた縁がある。
Jリーグが作ってくれた出会いがある。
東海リーグでよりサッカーを深く愛した。

いつまでどこまでこの活動が出来るかわかんない。正直昔みたいに体は無理効かない。けどこれからサッカーをプレーする子。僕みたいに応援をする子らに少しでも過去を伝え未来に紡ぐ活動は出来る限りしていきたい。
それが僕の日本サッカーに出来る僅かな仕事だと思うのです。未来に今を過去を伝えることは今生きてる人間の義務です。僕はそう考えてます。

よりよい縁と出会いがこの先もありますように…

出入りの話

まさか刈谷で買えなかったとは思わなかった東海のパンフレット。
鈴鹿でどうにか買えたのですが気になるのは選手の出入り。

特に矢崎と市役所、蹴球団はHPが無いor更新が…なのでこのパンフレットがないと正直お手上げなのです。
てなわけで自分用の覚書も兼ねて市役所、矢崎、蹴球団、沼津の出入りを纏めることにします。

市役所
OUT 無し!(ホントかよ…)
IN DF鈴木侃太(藤枝明誠高)
監督 河村憲生→鈴木貴繁

矢崎
OUT 大森敬之 中村宏昭 池田末廣 重富充 鈴木孝博
IN FW提坂俊介(JSC)MF大場皓史(大阪学院大)FW大川拓巳(藤枝北高)GK杉山慶(藤枝北高)
監督 深尾健→松尾昌則(選手兼任)

蹴球団
OUT 佐竹佑斗 深谷朋宏 好末玲 野口大輔 野口滉太
IN DF中田智久(佐川滋賀)MF水本駿吾(岡崎城西高)MF吉田雄介(清水商)FW中島大地(三好高)GK宮木亨(磐田東高)MF片山雄大(阪南大)MF熊澤圭祐(ガイナーレ鳥取) 

沼津
OUT森川英樹 安倍量太 堀健一 鈴木康平 駒形真 鍋田康洋 森野彰斗 伊藤大地 樋口知行 若林洋平 渡辺忍 大場嵩史 脇野隼人 光安優佑
IN FW真野直紀(駒沢大)DF松井優人(明治大)DF鈴木康仁(愛知学泉大)GK後藤大輝(桐陽高)MF岩尾瑞貴(九州総合スポーツカレッジ)DF松尾佳紀(JSC)

※全て敬称略。名鑑に準じて記しましたが間違いがあればお詫びして訂正します。

書いてて感じたこと。
市役所以外無茶苦茶入れ替わってるやないかい…ここ数年変わった印象のなかった矢崎まで…
そして昇格組の蹴球団に沼津。特に沼津はちょっと侮ってた感が強い。けどこないだの鈴鹿戦見た限り守備はかなり1部では怪しいとは思ったけど… 
矢崎も若返りを図ってきた感があります。そして松尾主将が監督兼務…これがどう出るのでしょうかね。
そして蹴球団の元J2名の名前はやっぱりインパクトあるかなぁ…優勝候補セカンドを追い込む戦いをしたようですしいまだ調子の上がらない鈴鹿相手なら…って予感もあります。
とりあえずは生で見てプレーの印象を持ちたいな。全てはそこからだと思います。

万が一このブログ見た当事者の選手の方でなんか間違いがあれば容赦なくツッコミ入れてください。
 



東海1部ニュース2013 Vol2

とりあえず各チームの初戦が終わりました。
まずは全結果。

矢崎バレンテ1-3マルヤス工業

矢崎 萩田
マルヤス 香川 太田×2

FC刈谷3-0藤枝市役所

刈谷 東間 松葉 大石

FC岐阜SECOND3-2トヨタ蹴球団

セカンド 田中×2 緑
蹴球団 松本 杉本

FC鈴鹿ランポーレ2-2アスルクラロ沼津

鈴鹿 北川 川崎谷
沼津 真野×2

まだ初戦ですがとりあえずの順位表。
試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
FC刈谷11003033
マルヤス工業11003132
FC岐阜SECOND11003231
FC鈴鹿ランポーレ10102210
アスルクラロ沼津10102210
トヨタ蹴球団1001230-1
矢崎バレンテ1001130-2
藤枝市役所1001030-3

んでどこまで集計しきれるか自信がないけど得点ランク。

得点者所属得点数
太田マルヤス2
田中セカンド2
真野沼津2
香川マルヤス1
萩田矢崎1
東間刈谷1
松葉刈谷1
大石刈谷1
セカンド1
松本蹴球団1
杉本蹴球団1
北川鈴鹿1
川崎谷鈴鹿1


はい、今週はきっちりきっかり4試合。全試合第2節ですよー。(矢崎vsマルヤスは「第8節」扱い)
静岡3試合、愛知1試合。したがって僕の居場所は必然的に決まるわけですが…カードはこの通り。

5月19日(

藤枝市役所vsマルヤス工業
@藤枝陸上 12時KO


矢崎バレンテvsFC岐阜SECOND
@藤枝陸上 14時15分KO


アスルクラロ沼津vsFC刈谷
@愛鷹 14時KO


トヨタ蹴球団vsFC鈴鹿ランポーレ
@豊田スタジアムサブ 12時45分KO


市役所、矢崎のいつもの併催と沼津の1部ホーム初戦。そしていつかは「あっち」を目指してのいつものサブグラウンドの蹴球団。前節アウェイの前年下位グループのホーム初戦、並びに2戦目ですね。
さっきも書いたけど僕は豊田。鈴鹿の例の騒動は解決の糸口見えなかったけどチームはどこへ向かうのか…?沼津よりもさらに強い蹴球団相手にしでかしたら黄信号が赤になりかねない。鈴鹿、試練のアウェイ戦です。

弊ブログは試合情報は常にウェルカムです。直接見た試合、サポのツイートが望める試合ばかりでもないのでこの試合はこうなったとかの結果のタレコミがあればお願いしたいのが現状です。特に静岡方面が苦戦必至なので…

熊本戦私的採点

とりあえずGWのガンバ戦や千葉戦みたいな絶望感はなかった。けどこの熊本に勝てないってことはやっぱ弱いぞこのチーム。

時久 5,5 慌てるシーンは殆どなく安定。

デズモンド 5,5 ちょっと前に出るタイミングを計ったほうが…

益山 5,5 そろそろ疲れで重たくなるだろうけどよくカバーリングした。

田中 5,5 粘り強くやれたかと。

服部 5,5 良かった時と考えるとなぁ…

森安 5,0 攻撃で迷いありあり。

杉山 5,5 少し4バック気味に下がるシーンが目についたが運動量面で貢献。

美尾 5,5 ボランチよりこの位置。当面のライバルは水野。

山崎 5,0 チャンス貰ったんだからもっとガッツケよ…

染矢 5,5 ベタ引きしないとWBとしてやろうって意識があった。高い位置で戦えないと意味が無い。

樋口 5,0 数少ないチャンスを決めてこそFW。

新井 5,0 役割は単純なれど相手も対策してるわねぇ。

柴原 5,5 後半からでも活きる。けど先発で見たいなぁ…

行徳さん 5,0 なんぼ弾がない言ってももうあれは対策されてるってば…

どうにか普通に戦えたけどやっぱりあの熊本なら勝ちたかった。それが出来んからビリなんだろうけど…

未だ混沌

東海社会人リーグ第1節

FC鈴鹿ランポーレ2-2アスルクラロ沼津

得点者
鈴鹿 北川 川崎谷
沼津 真野×2

001_20130512220742.jpg

例の騒動で今地域サッカーファンで1、2を争うホットな話題となってる鈴鹿。
もっともこんなネガティブな話題でホットになられても困ったもんなんだが…

鈴鹿のサポの方々も知らないわけではないし気になって早めに鈴鹿に向かったんだけどやっぱりどっか空気がおかしい。さすがに応援禁止とまではならなかったけど結構な縛りをかけられてる模様。まがりなりにも去年のこのリーグチャンピオンでありながら「選手の応援段幕ゼロ」はおかしかねぇか??

大旗もない。段幕もない。サポはいるけど「あの人」が居ない。試合前のゆるキャラ祭りや子供達のサッカーもなんか空々しい。それでも試合は待ってくれない。止まってもくれない。ホームでありながらホーム感の薄さは否めなかったけど昨年王者の戦いは始まった。



007.jpg


005.jpg

鈴鹿は4-3-3に戻したな。沼津はオーソドックスな4-4-2。試合始まってすぐに思ったこと。

沼津のDF、裏がお留守過ぎ…

ビックリするくらい裏への意識が薄い。向き合った対人は決して弱くはないんだけど…
縦1本で北川が簡単に抜けだして北川が先制するはいいが直後にコーナーから真野に豪快に蹴りこまれてあっさり追いつかれる。それでも試合は終始鈴鹿のペースだった。

理由としては沼津の守備がアレ過ぎたのと鈴鹿の去年知ってる選手らとの経験の差。球際の強さなんかはやはり経験値の差があったと思うのです。それでも撃てども撃てども入らない…枠は外す、ポストに嫌われる…挙句に相手GK安藤の好守も…一方沼津は攻撃パターンはワンパターン。FWに当ててサイドに。これの繰り返しなんだけどこれに自信を持ってFWに預けて機能するからどうにかなってしまう。正直鈴鹿の守備もあれれ?となるシーンが幾つかあったんだけどね…

後半から鈴鹿はボランチを1枚削ってアタッカーの川崎谷を投入。2点目を狙いに行くが沼津のカウンターがハマって真野に逆転弾を食らう有様。昨日の市役所DF並みに鈴鹿DFが棒立ちだったのは…

ここからケツに火が点いた鈴鹿は小難しいこと抜きに縦に急ぐが精度が欠けるプレーが続く。沼津も3点目を狙いに行くが松尾がフリーで受けてループ気味に狙ったシュートが枠を外れて命拾い。あれが決まったら完全に終わってた。

話が前後するが後半開始直後に鈴鹿のCKで交錯した沼津GK安藤が傷んだシーンがあった。5分近く立ち上がれず、立ち上がってからも終始痛そうに苦しそうにしてたのだが鈴鹿の猛攻を痛みを無理やり忘れてるがの如きセーブで沼津を守る。鈴鹿もいよいよ土壇場の90分に混戦となり安藤が2度止めるも最後は川崎谷に詰め切られてこれで同点。ATが6分と長い戦いは鈴鹿は連覇に向けていきなり黄信号となるドローとなった。

025_20130512230107.jpg

最後まで沼津ゴールを守った安藤だったが試合終了と同時に力尽きて担架で退場。試合中はどうにかアドレナリンで痛みごまかしてたかしてたんだろうな…それでいてあのセーブは見事としか言えません。2失点ではあったけどこの試合のMOMでいいと思います。交錯時に脇腹を打ち付けたからあばらがイッてないか心配ではありますが…退場時に鈴鹿サポが安藤に向けてのコールを送ってた事はきちんと伝えておきます。大きなケガでないことを祈るばかりです。

んでもって例の騒動の件。思ってたよりかは会場の雰囲気は悪化してなかったです。この件知らないお客さんも結構居た感じ。ただしサポの方々の空気はもうね…諦め感も戸惑い感もあったし、会場に来て最初普通にしてながらも途中から涙流す女性もいたりと…この件が落とした影は決して小さくないかなと…
そしてクラブは個々の考えはともかく、クラブとして解決する意思は感じれなかった。したがって和解はあり得ないとほぼ確信に近いもんも感じた。どうすんだ?鈴鹿は。このまま「何も知らない人だけ相手する」商売するおつもり?それにはハッキリ言う。「舐めるな!!」と。

正直他の地域ファンとも話した印象はほぼ一致。「連覇?J3?JFL?このレベルでか?」と…

この間の最低極まりなかったヴィアティン戦と比べたらだいぶよくはなってるけど矢崎以外の7チームを見た身としては「他はもっとよくなってるわ。」で終わり。もっと、さらにもっと向上させない限り連覇は無いよ。

来週のカードは明日改めて書くけど次も鈴鹿の試合を見ます。鈴鹿の混沌は未だ続く。

未だ遠いゴール

J2リーグ 第14節

FC岐阜0-0ロアッソ熊本

久しぶりに勝てる可能性をある程度感じたんだけど…

やっぱり「テンパイ」まで持ってけないですね。せいぜい「イーシャンテン」までか。それでもGWの2試合の絶望的な内容考えれば幾許かマシにはなったかなぁ…樋口が抜けだして南に阻まれたシーンだけだったかな。「リーチ」かけれたのは。今日はどうにかきちんと3バックで戦えてたかな。まだやっぱり後ろに重心かかってるシーンは目立つしパス精度は相変わらずだけどなんらかのきっかけになる内容では無かったんじゃないかなと思います。

それでも今日の熊本なら勝たないとあかんよ…向こうが交代で活性化に成功したけどこっちは交代で硬直化しちゃったからなぁ…最後のドウグラスのアレは覚悟しちゃったよ…

アウェイが2つ続きます。できればどっちも引き分け以上に終わらせたいけどどうだろうなぁ。今日の試合を出来れば決して不可能ではないと思うけど…

MOM、MBPどっちも該当なし。ただ行徳さんはいい加減万馬券狙いはやめれ。もう相手に対策寝られてるってば。

ロケットスタート

東海社会人1部リーグ 第1節

FC刈谷3-0藤枝市役所

得点者
刈谷 東間 松葉 大石

001_20130511210605.jpg

東海1部もこの週末から本格開幕。今日は雨中の試合となったけどウェブスタなら雨も関係なし。
屋根ありはやっぱりありがたいですねぇ…

愛知社会人は蹴球団に負けたけど的確な補強で上位候補と挙げられる刈谷。新監督を迎え巻き返しを図る市役所。静岡勢のチームは今年初見。どうしても見る機会が限られるからなるべく静岡のチームは優先して見ておきたいけど…さてスタメンはこの通り。



013_20130511210611.jpg




010.jpg

刈谷は間違いないが市役所は3枚と4枚を状況に応じて前半は切り替えてたなぁ。どっかのJ2のような3バックって名の5バックではなく正しく3バックの戦いだったかなと。
試合始まっていきなり市役所が前への圧力を強めてセットプレーからいきなり決定機を迎えるがこれはポストに阻まれ詰め切れず。その後も両ボランチやサイドが連動してプレスかけまくって刈谷を圧倒。しかし決定打に欠ける展開。刈谷は正GK平原をアクシデントで欠いてルーキーの鈴木がいきなりゴールを守ると言う厳しい状況下だったが最終ラインが押し込まれながらも混乱はせず凌ぎ切った。同じ中盤5枚でも1ボラか2ボラかで守備も変わるしね。前半はスコアレス。

HTに何人かの刈谷サポと話したが「きっつ~…」って反応。正直降格候補の市役所がこんなに仕上げてくるとは思いもせんかった。ただちとプレスが高すぎるしこのまま90分持つの?って疑問はあったけどこのまま先制されたら勝てない。カウンターでもなんでも先制絶対条件って意見は一致してたかな。

後半に入ると市役所は鈴木大が右SBの位置で固定になって4-4-2となった。この意図はわかんないなぁ。前半の3-5-2が機能してたのに…?刈谷はそのまま。

市役所もやはり前半飛ばしてた影響か前半ほどにキツいプレスはかからなくなり一進一退の攻防に。刈谷は後半入ってから安藤に変えて酒井を投入。これで守備が少し落ち着いて少しずつ刈谷ペースになったのだが先制点は意外な形で。

ゴール40mくらいの位置で刈谷がFKゲット。松葉が長いボールをゴール前に放り込み東間と長谷川が競ったら長谷川が被って見失ってボールはゴールへ転々と…ゴールが入れば歓声が沸くもんだが一瞬皆が黙りこくったような面妖なゴール。アナウンスは松葉でしたが実際は東間が頭ですらしてのゴールだったようで公式記録は東間に。
これで市役所はガックリ来たか以降はずっと刈谷のペースに。市役所はオーバーペースだったんだろうなぁ…DF陣がエリア内に侵入した松葉を棒立ちで撃たせた2点目で試合は決したかと。
2点目の取られ方が結構酷いもんだったので3点目もあるな…と思ったが終了間際に2点目と近い感じで今度は大石が決めてこれで3-0。前半の苦戦から一転して刈谷が快勝で開幕を飾りました。

刈谷の我慢勝ちでしたかね。市役所のオーバーペースを見切ってた感もあります。けどあの前半のラッシュで失点してたら結構厳しい試合になってたんじゃないかなぁ…市役所はボクサーで言うといい左はあるけどKOパンチに欠く印象。上位相手でも膠着した試合を作れれば見せ場は十分作れるのではないかなと。んで明日は鈴鹿ですがどうやら動きがあったようです。

悪い方向でね…

リフレッシュ


全くネタ無し。
休み明けから心身共々下り坂。仕事上がりにサウナ寄ってリフレッシュしてから帰ります…
しかしどうにも調子上がらんなあ…まるでどっかのJ2だ…
行徳さんも苦しんでる。せめてサポもその苦しみは理解しよう…完全に迷路にはまったチームになっちゃったけど必ず出口は見えるはず…

鈴鹿の例の騒動

あっという間に日本中のサッカーファンにこの騒動が広がってしまったようで…

鈴鹿の中の人もこんなしょーもないことで日本中の耳目に晒されるなんて本意でもなんでもないでしょうに。

公式は未だ沈黙。そらそうだわな。この件を公式が出す時は「全て片付いた時」だけでしょう。それがどのような形でケリがつくのかは全くわかりませんが。

前も書いたけどこの件についてはわからんことが多すぎる。したがって僕からどうこうは現時点でなし。ただ12日までにケリつけないとまずいだろうな…ってのだけは言えますが。

そんな鈴鹿は12日に新たに東海1部の門を叩いたアスルクラロ沼津をホーム鈴鹿に迎えて開幕です。雑音は結果で振り払う以外に無し。ここでやらかしたらもう知らんぞ。

こんな形で東海リーグが注目されるのは僕だって本意でない。どうにかいい形で決着付いてほしいけで難しいかもなぁ…時間的にも感情的にも…

千葉戦私的採点

戦評でも書いたけど専守防衛の試合してたって結局こうなるわけで。
弱いチームである以上守ってカウンターで戦う事自体を否定する気はないけど、カウンターの時には勇気持って前に重心を持ってって欲しいです。今年ずっと不満に感じるのはその部分。

時久 6,0 そろそろ違う意味でお祓いが必要かもしれない。もはや狂気のPKストップ。

デズモンド 5,5 前半のPK献上からナーバスになってた。確か累積リーチなはず…

益山 5,5 カバーリングはよかった。古巣相手で期するものもあったんだろうね。

田中 5,0 染矢と合わせて狙われすぎ。関田戻ったらベンチだろうなぁ。

服部 5,5 守備面での貢献度はホントに高い。

森安 5,0 ボランチやるならもうちょいパス精度が…守備面は合格なんだけど。

杉山 5,5 染矢と比べたらWBとしての意識はあった。

柴原 5,5 切れはあったがまだ連動出来てない。

水野 5,0 フィジカル負けするシーンが多々。ボランチで使われない理由はこの一点だろうなぁ。

染矢 5,0 守備はよー頑張ったと思う。けどあの位置では怖くもなんともない。

樋口 5,0 孤立するシーンが多かった上にあの決定機逸は…

美尾 5,5 3-6-1のインサイドは◯だと思う。如何せんボール回って来ないから…

新井 -- 何も無し。

行徳さん 5,0 動けない展開だった上に交代の弾もアレだしなぁ…美尾出したタイミングはよかったけど結局先制されてから新井では…ちょっと硬直化してる気もします。

カウンター時にサイドのどちらかがフリーランで相手引き付けるって約束事徹底するだけでも相手引きつけられるわけど守備に重心かかり過ぎて結局間に合わないって展開が多すぎる。水野と柴原は間違いなくJ2ならやれる技量はあるけど如何せんまだ経験足らな過ぎ。もう既にシーズンの3分の1近く消化してるわけでもうボチボチ危機感を持ってほしい。そうゆう意味では今週の熊本戦は非常に重要になると思います。長良川には行かないけどね。

決壊

J2リーグ第13節

FC岐阜0-1ジェフユナイテッド千葉

得点者
千葉 ジャイール

失点がミスジャッジを引き金に集中切らしてからのCKからだったけどどう頑張っても勝ち点1がやっとの内容だったかなぁ…結局いつもの負けパターンだったわけで。こんだけ前からこられたら持ちこたえきれないわなぁ…
とにかく攻撃で慌てすぎ余裕無さすぎ。こないだも言ったけど結局今日も実質5バックだったわけでどうしてもカウンター時に枚数が足らない。うまくカウンターのチャンスが出来ても走るだけで頭が息切れしてプレーの精度がない。レンタル組の3人で攻撃丸投げに近いけど樋口はともかく柴原と水野はまだ色んな意味で青い。この2人をサポートして樋口にボール入らないと形できないだけではなぁ。この2人を同時に使うなら3-6-1しかないだろうし4バックに戻すってのも多分行徳さんの中では「ない」。しかし枠内シュート多分1だろ?ガンバ、千葉と地力で完全に劣るとは言えさすがに深刻な攻撃力不足だなぁ…審判のせいで負けたって喚く以上にこの攻撃の精度と枚数の足りなさの改善のほうのが先決かと。3バックって名の5バックでは難しいだろうなぁ…サイドの2名もアップアップだったし。

ここからは上位は岡山と長崎。後は中位以下が相手になるけど特に鳥取、北九州が直近のターゲットですかね…この2つに勝てれば前期最下位は回避出来るとは思うけど他の試合でもこういった我慢を強いられる試合で勝ち点取れないと後々厳しいですねぇ…

MBPはなし。審判はクソだったけどまぁ仕方ない。繰り返すけど攻撃の薄さのほうがはるかに問題。
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR