緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

偶然と必然

東海社会人1部リーグ 第7節

マルヤス工業1-2FC刈谷


得点者
刈谷 大石×2
マルヤス 日下(直接FK)

※マルヤス河本がイエロー2枚で退場。全社予選矢崎戦が停止。

第2試合は三河ダービー、マルヤスvs刈谷。どちらも鈴鹿を追いかけるため落とせれない。特に刈谷はここ落としたら終戦になりかねない。マルヤスも前節の鈴鹿戦がぐうの音も出ない完敗だったのが気がかり。立て直しに時間かかるかもなぁ…って負け方だったのが…そんな三河ダービーは涼しいながらも湿気のあるトヨスポの夕方の戦いでした。





のっけから言っちゃうけどこれだけ酷いマルヤス見るのも久しぶりだった。チーム全体に運動量が乏しく良かった時のピッチを広くサイドチェンジを図るパスワークは皆無。ひたすら加藤に当てての展開しかしてこないんだが加藤に築館と同じレベル要求するのもまだ酷な話。無理筋な中央からの展開なぞ功を奏すわけもなく刈谷は余裕を持った守備から大石、中島が好き放題にマルヤスDFを荒らしまくる。

ところがマルヤス守護神木下が前半は鬼神の如く刈谷のシュートや抜け出しを好セーブ、好飛び出しで止めまくる。1度だけ飛び出しを交わされるもDFが間に合って無失点で凌ぐ。前半はほぼ一方的な刈谷ペースで終わり。

けどこのパターンでセットプレーやカウンター一発で沈められたチームなぞ星の数ほどあるって話で後半半ばになんてことない日下のゴール前に入れたFKを平原が足滑らかせてそのままインゴール。(゚Д゚)ハァ?って形でマルヤスが先制したがいくらなんでもこれで刈谷が負けたらサッカーの神様は酷すぎる。その後も刈谷のペースで試合は進めどマルヤスも体張って失点を許さない。

けど今日の刈谷とマルヤスの出来の差からしたらマルヤスの失点は時間の問題だった。程なく交代で入った征矢のクロスを大石がダイナミックなヘッドで木下の手を弾きながらボールはゴールへ。これで同点。それどころかマルヤスは河本が大石とのマッチアップで大石のファウルを誘う動きにまんまと引っかかkって2枚目を頂きサヨウナラ。それだけでなく攻撃のキーマン杉山も足を傷めてリタイア。慌てて森を投入して4-3-2としてあくまでも勝ちを狙いに行く姿勢を見せたが時間は消化されていってATも3分に入ったその時に大石が決勝弾を1点目と同じような画で決めてこれで終了。先日の岐阜vs長崎に決して負けない劇的さで刈谷が逆転勝利を収めた。

刈谷のゴールは必然と言える流れでのゴールだった。マルヤスのゴールは偶然としか言い表せない。今日の試合の差はこの言葉に集約出来たと思う。いい試合が出来る出来のマルヤスならもう少し違う内容になってただろうけど先週の鈴鹿戦の負け以上に堪える負け方だったと思うのです。退場に怪我人とこの先も不安一杯な試合でしたが幸い来週は試合無し。全社予選までの2週間でどうやって立て直すかでしょう。若いチームだから浮き沈みが出るとチーム力ぶれちゃうんだよなぁ…去年も後期はダメダメだったのですがそこから進歩を見せないといつまでもいいとこ止まりで終わってしまう。マルヤスは正念場です。

刈谷はギリギリで踏みとどまったって感じですね。途中加入選手も思ってた以上にフィットしてました。鈴鹿との直接対決を落としたのが痛いですが後期に倒せばまだ十分狙える位置。東海は混戦模様が収まらない感じです。

明後日から前期総括に入ります。矢崎以外は最低1試合は見させてもらいましたがめちゃくちゃ大きな差はない印象です。


ダークホースはここにあり

東海社会人1部リーグ 第7節

トヨタ蹴球団2-1アスルクラロ沼津


得点者
蹴球団 田村亮 秋山
沼津 佐藤

今日で一回りとなる東海1部。前期最終戦はいつも行くだけでムカつく事この上ないトヨスポでの集結戦。第1試合は昨年2部で戦った同士の対戦。蹴球団も沼津も前回見た時はそれなりに満足の行く試合を見せてくれたけど、昨年の対戦は蹴球団2勝。沼津はリベンジなるか?





どちらも前回見た時と微妙にメンバー変わってるが沼津はGKまで替えるとは思わなかった。
試合ですが中盤の差が思ってた以上に大きく、沼津は前線の真野に効果的なボールがちっとも入らない。必然的に引いてカウンターになっちゃうんだけど蹴球団のボランチ、前鳥取の熊澤の網にかかって逆襲食らう始末。熊澤は決して運動量豊富ってわけではなかったけど居て欲しいとこには必ず居たって感じでしたね。そうこうしてたら左からのクロスを田村亮が頭で決めて蹴球団先制。これで前半折り返し。
とは言え沼津も鈴鹿戦、マルヤス戦と追いつくことには成功してる。決して1点差では安心は出来ない。そう思ったら案の定後半早々から沼津は佐藤と川村の位置を変えて攻勢に出る。決して厚みがある攻撃ではなかったけどゴール前まで手数をかけずにもってけるようになりこちらも左サイドから最後はFWに位置を変えた佐藤が蹴りこんで同点。けど沼津はこれが精一杯だったかな…結局地力に勝る蹴球団がセットプレーから押し込んで勝負あり。蹴球団vs沼津の3度めの戦いも蹴球団の勝利に。

2試合少ないながらも前期を上位で終えた蹴球団。未消化の刈谷、マルヤスとの結果次第では優勝争いも決してありえない話では無いでしょう。後期のカギはこのチームで間違いないと思います。全社予選でマルヤスと刈谷を連続で倒した力はフロックでは決して無いです。2部で力と自信をつけて1部に帰ってきた蹴球団。補強も効果あったし台風の目として目が離せなくなりました。



札幌戦私的採点

ミスの見本市。特にDFの安直なバックパスなんて失点直結ミスの最たるもんでしょうに。

高木 5,0 孤軍奮闘も4失点では…3点目の直因なったし…

新井 5,0 90分やれたことだけが収穫だったか。

益山 5,0 大きな責任はないが統率って意味では全然。

野垣内 4,0 繰り返して言う。泣きたいのはこっちだ。

森安 5,0 奪取も多かったがロストも多かったか…

服部 5,5 攻撃の2の矢になった。

杉山 5,5 パス精度以外は良かった。

水野 5,0 全く存在示せず。使われたり下げられたりで可哀想ではあるけど。

美尾 5,5 うーん…最後まで使って欲しかったなぁ…

染矢 5,0 対面に大分警戒されて持ち味出せず。

樋口 5,0 封殺されて無理撃ちばっか。ここで頑張れないと…

清本 5,0 正直言ってまだJ2はキツいと思う。

中島 5,5 彼が帰ってきたことで攻撃の選択肢は増えた。

行徳さん 5,0 どうもこうもならんでしょ。あんだけミス乱舞されたら…

中島が帰ってきた。漢宰もそろそろ帰ってこれるはず。関田はもうちょいの辛抱かなぁ…
岡山をはじめとして現在何名かの練習生がいるようで。そのうち何人加入するかはわかんないけど7月に入ってからになっちゃうでしょうね。いずれにしても厳しい状況には何の変わりもないですね…



カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR