緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

母校、決勝で散る。

愛知黎明1-2愛工大名電

配達中にラジオで一部始終聞いてたけど負けるべくして負けた試合だったなぁ…
とにかくランナーを貯めてからが名電は粘り強かった。母校もよく頑張った思うけど失点がミス絡み(些細なレベルのミスだったけど)と2死からのランナーでは…

土曜に愛産大工業とのベスト16の試合を観て来たんですが今日の決勝も打ち合いなら勝てる目もあるかなぁ…って印象でした。逆にロースコアゲームなら分が悪いって予想だったんですが。一番マズい展開に嵌められちゃったって感想です。初回のゲッツーで潮目が向こう行っちゃったかな。けど初回1死1,2塁で4番じゃ誰がどう考えたって強攻一択だしゲッツーも結果論なんですが…

これで3年は引退。みんなお疲れ様。この先の未来に今日の思い出がずっと残りますように…

静岡県国体選抜

安定の静岡新聞、静岡国体選抜を発表。

随分今年は変えてきたなぁ…ここ数年、市役所矢崎連合軍だったのが…

個人的には真野の名前があるのがかなり気になります。沼津の高校出身だし問題はないんですけどね。
三重選抜のメンバーはまだ把握してませんが鈴鹿の去年も居たメンバーが中心じゃないかなぁ…
ちなみに愛知も岐阜も把握してません。岐阜はある程度想像はつくんですが。愛知は刈谷が2名派遣と公式で出してる以外は知りません。

とりあえずミニ国体は今年はスルーかなぁ…結果だけは触れよう思います。

アキラメナイ人達が報われた

デズモンド延長確定。

帰国時に書いたけど僕は帰国した時点でもう帰ってこないと思ってた。というより諦めてた。

こないだの岡山戦で特に挨拶らしき物があったとも聞いてなかったので「?」とは思ってたんだけど…
諦めずに信じてた人が報われた結果になってよかったです。僕はこの件で喜ぶ資格はありません。

東海1部ニュース2013 Vol14

はい、まず先週の2試合の結果を。

アスルクラロ沼津0-2マルヤス工業

マルヤス 正治 太田

トヨタ蹴球団4-2FC刈谷

蹴球団 松本 鈴木 加藤 片山
刈谷 松葉 中島

順位はこのようになってます。

試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
FC鈴鹿ランポーレ96211710207
FC刈谷1060426151811
マルヤス工業8602168188
アスルクラロ沼津11515141815-4
FC岐阜SECOND105052014156
トヨタ蹴球団84131715132
藤枝市役所920710186-8
矢崎バレンテ91086283-22

ゴールランキングもある程度絞られてきたかな…

得点者所属得点数
大石刈谷10
松葉刈谷7
田中セカンド6
北川鈴鹿5
太田マルヤス5
真野沼津5
遠藤セカンド5
中島刈谷4
正治マルヤス4
セカンド4
鈴木蹴球団4
林内市役所4

優勝争いから沼津はほぼ脱落と言っていいでしょう。マルヤスと蹴球団は直接対決の連戦次第。鈴鹿が労せずして足場固まった感じですね。
さて、今週の2試合が終わるとミニ国体、そして天皇杯予選が始まります。したがって8月はこの週だけがリーグ戦。そして土曜はナイターになるがリーグを左右する大一番…カードはこの2試合!

8月3日(

FC刈谷vsFC鈴鹿ランポーレ
@ウェーブスタジアム刈谷 18時KO


8月4日(

トヨタ蹴球団vsマルヤス工業
@トヨタスポーツセンター 14時KO


日曜も大事な一戦には違いないけどどう考えたってこの週のメインは土曜のナイター決戦。刈谷vs鈴鹿の首位攻防戦です。蹴球団に完膚なきまでに叩き伏せられてどこまで立て直せるか刈谷!やはり蹴球団に苦しめられたがなんとか退け1週開いてコンディションはどうか鈴鹿!鈴鹿はナイター慣れしてないのが(鈴鹿は午前練)気がかりです。引き分けてしまって日曜にマルヤスが勝てば「1試合少ない」マルヤスが勝ち点でも首位に立ってしまう。どちらも勝ち点1で良しとするわけがない。刈谷は負けたらほぼ終戦になるのでナイターの利をどうにか活かしたいとこですね。

個人的には優勝は鈴鹿、刈谷、マルヤスの3つのどこかだろうと思ってます。ここで残り試合を整理します。

鈴鹿 A刈谷 Hマルヤス Aセカンド A矢崎 H市役所
刈谷 H鈴鹿 Hセカンド Hマルヤス H蹴球団
マルヤス A蹴球団 H蹴球団 Hセカンド A鈴鹿 A刈谷 H矢崎

どこも直接対決が残ってるけどカギはvsセカンド戦でしょうね。身贔屓無しで言うけどセカンドが3つ全部に負けるとは思ってないぞ。直接対決は言うまでもないけどセカンドに落としたとこはかなり厳しくなるんじゃないかなぁ。
さて、土曜は試合前にステーキ三国志なんて訳分からん面白そうなイベント(クラブとは関係ないぞ!!)があるそうで…少し早めに朝飯食べてお腹空かせて刈谷に行くとするか…

強化月間最終日

東海社会人1部リーグ 第10節

アスルクラロ沼津0-2マルヤス工業


得点者
マルヤス 正治 太田

沼津強化月間最終日は沼津ホームゲーム初観戦となる御殿場での試合。相手は隠れ首位のマルヤスだがマルヤスもここで負けたら相当苦しくなる。当然沼津はもう負けれない。ピッチが良好とは言い難い状態の御殿場。気温は午前は涼しかった。ところが試合が近づくと共に…移動の疲労が気になるマルヤス。試合前は7ー3で沼津有利と見ていたが…





沼津は真野が居ない。ベンチにすらだ。なぜならユニ着てメインでなんかしてたんだもん… 刈谷戦でイエロー貰ってないから累積ではない。したがって怪我なんだろう…そのせいだけとは言わないが沼津の動きに素軽さが無い。特にボランチ同士のセカンドボール争いは松下と日下に負けまくり。マルヤスの攻撃の軸の杉山を対面の鈴木康仁が捕まえきれず沼津の右が荒らされまくってすんでのシーンが再三続く沼津からするとつらいシーンが続く。

しかし沼津も新加入の山下と組んでから安定しだした奥田とのコンビがマルヤスのシュートを許さない。マルヤスもマルヤスでラストパスの精度を欠いて合えば1点…のチャンスをフイにするシーンが続く。沼津はやはりカウンターにもキレを欠いて前半は松井からのクロスのこぼれを前川が押し込もうとしたのをマルヤスの守備陣にライン上で阻まれるシーンがあっただけ。前半はどう見てもマルヤスのペースでスコアレスとなった。

沼津の死んだふり?が最初に浮かんだが沼津はそんな小細工出来るチームでもない。松下が負傷で退いてからも日下と杉山を抑えれないとこを顧みても「沼津が今日はダメ」って結論になるのに時間はかからなかった。もっともマルヤスもどうにもツメが甘いとこがあってイマイチ自信持ってマルヤス勝つとは言い切れない部分があった。

後半に入ってもやはり沼津は重たさが残っていてマルヤスにずっとポゼッションを許す苦しい流れ。前半と大きく展開は変わらなかったが正直時間の問題には感じた。つかこの沼津に勝てないならマルヤスはどのみち優勝は無理とも。

そうしたら先に動いたのは沼津。芹沢を投入してどうにか中盤のリズムを変えようと仕掛けてきた。ところが直後にマルヤスが杉山からのクロスを正治が倒れ込みながらもボレーで押し込みようやく先制。沼津はさらに横田を投入して中盤をボックスからダイヤに変えて打開を図るのだが逆にマルヤスに完璧に制圧されて逆効果。戦意を削がれたか足も止まって、エンドラインギリギリで止まりそうなボールを追いかけることもせずただ一人頑張って抑えた太田がそのまま切れ込みサイドネットに蹴りこんでチェックメイト。この沼津の失点は客も萎えてしまう代物で試合はそのまま終わって0-2。沼津は優勝が絶望的な5敗目をホームで喫してしまった。

全てにおいて今日はマルヤスが上回った試合だったと思います。沼津は先週までの切れ味はどこに行ってしまったのか…重たいの一言でした。真野の不在だけが原因ではないでしょう。しばらく試合も無いのでコンディションを戻すのに専念して残り試合を戦って欲しいです。一方マルヤス。鈴鹿、刈谷に連敗した時の悪い流れは断ち切ったか。2試合連続完封で首位戦線に踏みとどまりました。来週は春に負けてる蹴球団との初戦。蹴球団は今日刈谷を4得点で沈めたので勢いも戻ったでしょう。そして首位鈴鹿は次週刈谷を完全に終わらせるためにホームウェブスタに出陣。上位3チームの中でも刈谷が一段厳しい立場になりましたが次週も東海1部から目は離せません。

やったぜ!この野郎!




J2リーグ 第26節

ファジアーノ岡山1-2FC岐阜


得点者
岡山 桒田
岐阜 中村 樋口

やったぜ!この野郎!!
岡崎で母校の8強進出を最後まで見れなかったのが心残りですがFリーグも見れたし浜松餃子に浜松ホルモン食ってご機嫌な1日でした。

試合はゴールシーンくらいしかまだロクに見てないんで割愛。採点は早くても月曜かなぁ…見ての通り超久しぶりに大ジョッキ2杯なんて奢ったので今日はこれだけ。明日は御殿場です。

バージェのプレー集





シュート結構上手い。スピード並。ヘッド身長相応に強い。前線守備は思ってたよりはサボらない。

春先に見たファビオの映像を見た時よりかは期待していいと思います。問題は言葉。英語出来るかどうかでしょうね。英語圏のクラブ所属経験がないので少し不安があります。

ルーマニアで戦ってる日本人選手のツイート見る限り向こうでも点は取ってたとの事なんでもう一つの懸念事項はコンディション。高温多湿の日本の環境は韓国とはまた違いますし…



染矢が停止。杉山も負傷とのことでこのような予想スタメンになってます。4CBでスペース消してリトリート。攻撃は前4人でどうにかして…って感じでしょうね。ただこの4人ならどうにかなるんじゃないかなぁ…って根拠のない楽観論をしてみますが開けてみないとわかりません。てかやってもらわないと困ります。本当に。

明日は浜松です。この試合はライブでは見れません。宿戻ってからオンデマンドでもいいから見たい!って言える試合であるのを望みます。

不安だ。

補強が2名新たに発表。

どちらも一定の実績があるしこれは補強と言っていいと思う。

しかしなぁ…例の寄付、それなりに切り崩したろ。4人で1000万切ってるとは思えない。もっと言えば春の分も込みなら2000万前後あるはずだ。いくら今年は黒字だからって後手踏みすぎじゃないか?

事のはじまりは開幕前から散々指摘のあった編成の甘さに他ならん。負傷者の多さって不確定要素もあったがそれにしたって…だ。

岡山戦もスカパー観戦すら出来ない環境なのでとりあえず静観。中村の登録出来なかった理由は多分だけど移籍証明が届かなかったからだと思います。

権利行使



今日もウェルビー。先日の選挙を投票したら貰える証明書を持ってくとサウナ無料!明日までなのでしっかり権利行使。しっかり汗流してビールで癒してる最中です。
選挙については色々思いはあるけど、やはり投票率が50パーをウロウロしてるようでは話しならないかな…白票はまだアリかな思うが棄権で政治に文句言うのはナイわ。棄権は白紙委任に他なりません。
贅沢は言わない。仕事終わったらサウナ入ってビール飲むことが贅沢にならないくらいの稼ぎは出来る社会にしてください。

集金ツアー

マンUやアーセナルの集金ツアー中のようですがどっちも超満員だったとか?

豊田や日産が満員ってプレミアブランドってすごいですねぇ…(棒)

当方全く関心なし。去年相模原に居たファビオが点取ったってのには少し心沸いたけどw

今日は特にネタ無し。さっさと寝ます。

東海1部ニュース2013 Vol13

この節からしばらく全チームが揃うことがなくなります。そんな第9節の全結果です。

マルヤス工業1-0藤枝市役所

マルヤス 正治

FC刈谷0-1アスルクラロ沼津

沼津 松井
※刈谷高橋が一発退場。

FC岐阜SECOND3-0矢崎バレンテ

セカンド 田中 遠藤✕2
※矢崎萩田がイエロー2枚で退場。

FC鈴鹿ランポーレ4-3トヨタ蹴球団

鈴鹿 北川 嶋田 蔭山✕2

順位はこの通り。消化数で開きがありますがこれは後述。
試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
FC鈴鹿ランポーレ96211710207
FC刈谷960324111813
アスルクラロ沼津10514141616-2
FC岐阜SECOND105052014156
マルヤス工業7502148154
トヨタ蹴球団73131313100
藤枝市役所920710186-8
矢崎バレンテ91086283-22


得点王レースは刈谷勢が一息ですが大石の一人旅はまだ続いてますね。
得点者所属得点数
大石刈谷10
松葉刈谷6
田中セカンド6
北川鈴鹿5
真野沼津5
遠藤セカンド5
太田マルヤス4
セカンド4
林内市役所4


今週は市役所が自治体大会で金曜日から秋田県遠征。セカンドと矢崎、鈴鹿がお休み。従って2試合です。カードはこの通り。

7月28日(

アスルクラロ沼津vsマルヤス工業
@御殿場 14時KO

トヨタ蹴球団vsFC刈谷
@トヨタスポーツセンター 14時KO


宣言通り僕は御殿場。噂の沼津のホーム運営を確かめてきます。そして沼津強化月間の締めとなるのでしっかりこの試合を観てこようと思ってます。
ところで現在最大で3試合の消化数差が生じてます。最大がセカンドと沼津の10試合。最小がマルヤスと蹴球団の7試合。単純な足し算だと9試合の鈴鹿が首位ですが、「落とした勝ち点」で考えるとこうなります。

鈴鹿 1敗2分でマイナス7。
刈谷 3敗でマイナス9。
沼津 4敗1分でマイナス14。
セカンド 5敗でマイナス15。
マルヤス 2敗でマイナス6。
蹴球団 3敗1分でマイナス10。
市役所 7敗でマイナス21。
矢崎 8敗でマイナス24。

つまり本当の暫定首位はマルヤス。当然未消化試合で勝ち点を積み上げれなければ陥落するだけなんですが。絶好調の沼津相手、しかもアウェイ戦ですが優勝争いに残るには負けられないマルヤス。そして沼津に不覚を食らって実は崖っぷちの刈谷。2試合ですがどちらも白熱した試合になると思います。
8月はミニ国体、天皇杯予選でリーグは第一週のみです。リーグは休みになりますが随時各チームの情報は出していこうと思ってます。

ファストブレイク

東海社会人1部リーグ 第9節

FC岐阜SECOND3-0矢崎バレンテ


得点者
セカンド 田中 遠藤✕2

まーとにかく暑いのなんの…フラフラになって帰ってきてしばらくひっくり返ってたくらいですから…
今節3試合目のこの試合。笠松で試合見るのは初めてだけど仕事の合間に下見をして感じた印象。「観る側の視点ガン無視してやがんなぁ…」仮設スタンドなし。日陰も無し。挙句に飲料自販機も無し。正直言って準備不足でした。実況用のPCも日光で液晶が見えないしスマホも熱でえらいことに。実況は諦めて試合観戦に集中したんですが昨日のダメージと今日の寝不足のダブルパンチで体力メーターは赤寸前。そんなことなんでいつも以上に見れてません…





開始早々のファーストプレイで得たCKでいきなり先制のセカンド。さらにオフサイドトラップのかけ損ないで遠藤に独走食らって早くも2失点を喫した矢崎。超久しぶりに見たイグハギ2トップも中盤のフォローが少なく攻撃は単発。刈谷戦同様にダイヤの中盤だったがSH2名が運動量が少なく、1ボラ河井への負担が厳しくなってセカンドの中盤やSBにタコ殴りを喰う始末。

しかしセカンドも速攻で2点取ってからがあまりよくなく、先述の理由で保持は出来るが詰めのアイデアを欠いてゴール前を固める矢崎にトドメを刺せない。前半は2点リードで終わったが満点とは言えない内容だった。

後半に入って矢崎もどうにか取り返すためにイグハギを中心にセカンドを襲うがセカンドのDF陣もまだ一段の余裕を残して対応。この辺りから暑さと眠さで頭が朦朧としてきて試合に集中出来なくなるが矢崎はやはり単発の印象しかない。セカンドも3点目を早く取りたいのだが精度も集中力も欠けてきて逆襲も受けるが滝の好セーブで失点を許さない。どうにか遠藤が3点目を奪って試合を決めたがゴール前の精度に欠けてた故の自ら招いた苦労で試合を難しくした印象が強かった。あの矢崎の運動量のない中盤なら夢スコも決して出来ない差ではなかったと思う。そんなに変なジャッジしてた審判ではないと思ったが終了後に萩田が主審になんか言って2枚目となり退場。全く何をしてるんだか…セカンドの選手にも聞いたが内容はわかんなかったなぁ…記録が暴言でなく異議での2枚目だったから1試合で済むとは思うけど…


身も蓋もない言い方だが中位vs下位の内容だった気がします。セカンドがまだ完成度低いなぁ…てのと矢崎の残留が内容的に絶望的って印象が全てでした。8月は天皇杯、国体でリーグは一休みになりますが、残り4試合となったリーグ戦、その後の全社、勝ち進めば天皇杯と実戦の経験をどこまで積み上げれるかがセカンドの来年以降を決めるんじゃないでしょうか?





3強 3タテ

東海社会人1部リーグ 第9節

FC刈谷0-1アスルクラロ沼津


得点者
沼津 松井

※刈谷高橋が乱暴行為で一発退場。蹴球団戦だけで済めばいいけど…

先日のメドウでとんでもないスコアになったこのカード。

まさかその再来はないと思うが鈴鹿、セカンドと東海の強豪2つを立て続けに倒して現在絶好調と言っていい状況。これで刈谷を倒せば一気に東海のキャスティングボートを握ることになりかねない。1部今季初のナイター戦は涼しい刈谷で行われた。





ケガで大石を欠く刈谷。補強や入れ替えでDFラインの再構築を図る沼津。前期総括でDFは1部レベルにあらずと書いたが後期に入って2試合での失点はわずか1。もともと攻撃力はあったので守備が良化すれば相当のチーム力上昇となるんだけど…

試合に入ると大石が居ない影響は露骨に出ていて刈谷は攻撃のポイントが全く出来ない。開始早々に高橋のスルーパスから松葉が抜けだしたがシュートは枠外。刈谷の今日一番惜しいシーンは今思うとこれだったかもしれない…
マルヤスvs市役所でもそうだったんだけどやはりこの時期は中盤の選手の消耗は春よりも大きく、刈谷は2列目のフォローがあまりなく、前4人の誰かが単騎ってシーンが目立つ。一方沼津は真野と内藤って地上戦特化の2トップが当たりには強いがスピード面では一息の刈谷CBをうまくかいくぐって裏を狙う。2列めが飛び出すのでなく開いてボランチを飛び込ませる広く使う攻撃は刈谷にボディーブローとなって効いてくる。30分過ぎに沼津がスローインから中央を一気に駆け上がって鈴木が中途半端に飛び出したら松井のループが弧を描いてインゴール。崩されたわけではないがぐうの音も出ない失点でメドウの時同様にビハインドを背負う展開に。ただ前回と違ったのは刈谷に攻め手が全く無いこと。大石が居ないだけでここまで攻め手がないってもアレではあるんだけど…前半は刈谷はいいとこなしで終わった。

HTに刈谷サポんとこで話したんだけど沼津はそのうち止まるって声は正直「うーん…」だった。昼の試合なら考えれたんだけどこれだけ快適に涼しい夜ではなぁ…交代やら何やらで逃げ切られる可能性のが前半の出来からしたら可能性は高いと思った。ただ後半は刈谷が強烈な追い風になる。もし刈谷に可能性を見出すとしたらこれしかないかなぁ…とも。HTで北野から征矢にスイッチしたのはサイドを活性化させたいからだったんだろうな。

そうしたら後半開始早々にあわや刈谷OGか!?って危なっかしいスタート。こらまずい。立ち直りを計ったところでミスで失点なんかしたらズルズルになるのが目に見えてる。沼津は変わらず真野と内藤がラインを突っつきまくって刈谷は押し上げきれない。60分過ぎで沼津は真野を下げて横田を。内藤が引き気味になって2トップから1トップ1シャドーに。この頃から沼津は逃げ切り姿勢を見せだしたが立て続けに佐藤を投入。内藤は完全に右SHに。前線から刈谷にプレッシャーを与え続け刈谷は形が作れない。

刈谷はちっとも自分達の形が出せずイライラが募ったがそれが小競り合いから高橋が乱暴行為(報復?)を副審にバッチリ抑えられて一発退場。これで刈谷は戦意もしぼんでオシマイ。沼津が鈴鹿、セカンド、刈谷と昨年の上位を3タテ食らわせてしまった。

沼津は攻撃はカウンターか裏抜けと中央に依りがちな攻撃パターンなんだけどその自分達の形に自信を持ってやってるってのは開幕の鈴鹿戦で感じたままだった。それはメンバーが変わってもだ。得点は完全な個人技だったがボランチまで絡めるとやはり厚みが違ってくる。次がマルヤスだがここも倒せば後期全勝も現実味が出てくる。そうすれば既に4敗だが可能性は僅かながらだが生じてくる。次の御殿場でのマルヤス戦は思ってた以上に意味が生じる試合になりそうです。しっかり見てこようと思ってます。

日付変わりましたは今日はセカンドvs矢崎を予定してます。起きれるかなぁ…朝は京都居ないといけないんです。

耐え忍び耐え忍び…

東海社会人1部リーグ 第9節

マルヤス工業1-0藤枝市役所


得点者 
マルヤス 正治

真夏と言える時期になりただでさえ暑い愛知の夏も本格化。
先週の3連休を山形で3連戦と言う荒行を優勝と言う結果で終えたマルヤス。
残留の為にはどうしてもここで勝ち点が欲しい市役所の試合は人工芝の照り返しもキツい東海学園で行われた。





開始早々に鈴木大のオーバーラップから上がったクロスで決定的なシーンが生じたがサイドネット。この先制パンチで後手に回ったマルヤスはしばらくの間、市役所の攻撃に晒されるのだが危なかったシーンはその最初だけで少しずつマルヤスも試合に入り出せれた。
この試合の何が心配だったって山形で3連戦をこなして帰って次の日から仕事。なおかつコンディションを回復しきれたとも思えないマルヤスがどこまで動けるか?だった。案の定春先の運動量なんかない上にコンディション面を重視したかスタメンも結構動かしてきた。とは言え試合には出てたメンバーだったので大きな混乱にはならなかったが。
市役所は前半はとにかく鈴木大。彼が絡まないと攻撃にすらならないような状況。こっちもどっかで連戦したの?ってくらい運動量に欠けてたがバス移動&気温と人工芝のコンボでは仕方もないか。頼みの林内も先日の全社予選で負傷したとかでキレがない。

そうなると1つカギになるのがセットプレーになるんだけど、今日の試合を左右したのはスローイン。鈴木大が半端な位置で上がっていた際に左サイドのスローインから正治が千切ってサイドネットに流しこんでマルヤスが先制。どちらかと言うと劣勢だったマルヤスが先制をしたことで市役所は前掛かりにならざるを得なくなった。

この先制の直後にコーナーの跳ね返りからマルヤスが大チャンスを迎えたのだが最後のトラップをしくじって追加点はならず。これを物にできればマルヤスはもっと楽になれたのだけど…ともあれワンチャンスを物にしたマルヤスがリードで折り返しとなった。

先述したように市役所は鈴木大が絡まないと攻撃が成り立たないんだが後半もそれがスタミナ面で出来るとは思えない。当然やり方は替えるはず。マルヤスがそれに対応できるかがカギかなぁ?と観戦仲間内で話はしていたのだがやはり市役所は後半は鈴木大をほとんど使わず中央戦に出てきた。

ただいかんせん運動量に乏しい市役所はボールは動かせても人が重たく、ゴール前の厚みに欠ける。マルヤスも途中から河本を入れて松井をFWに上げ本職CBでコンビを組んで森と二人で空中は制圧。サイドを使ってきても釣り出されることなくゴール前で対応したことでゴールを固め市役所に決定打を許さない。市役所もラストパスとシュートで精度を欠くのが続いてついに時間切れ。マルヤスが優勝争いにしがみつく貴重な勝ち点3をもぎ取った。

正直見せ場に乏しい試合ではあったんですがマルヤスの粘りが勝った試合だったと思います。夏場の暑さでは常にフルスロットルでは戦えない。上手に試合の中で押し引きが出来たと思います。市役所は運動量の乏しさと淡白さが目立ちました。残留の為にはもう負けられない試合だったのですが…

これより刈谷に向かいます。刈谷vs沼津のナイターです。その試合のレポは今夜までお待ちください。

あ~…イライラする…

メイン機絶賛絶不調…

十中八九原因はグラボなんだが…どうしていいのか皆目わからん。

ストレス溜めてもしょうがないんで明日あるから早めに休みます。それでは明日会場で。

いろいろとあったようで…

補強が2名におもろいハッシュタグ作ったりとまぁいろいろあったようで… 

ドンヒョン
http://www.fc-gifu.com/news/post-2345.html

ケイン
http://www.fc-gifu.com/news/post-2346.html


#アキラメナイ
http://www.fc-gifu.com/news/fc-61.html

#アキラメナイが既に大喜利と化してたがまぁこれはしょうがない。岐阜の中の人がきちんと拾ってくれるのを信じるしかないなぁ…
補強2名は現時点では過度の期待は出来ない。端的に言えば補強ポイント違う。中村獲得前ならケインへの反応は違ったろうけど…ドンヒョンは左SHとの事。19歳って年齢考えてもなぁ…もう今更な話なんだけどそれなら正賢残しとけよぉ…とりあえず試合で見ないことには結論出せないけど…(現時点での補強ポイントは運動量のあるボランチとストッパー)

福岡戦から使えるの?ならケインはベンチには入れるかもなぁ。ドンヒョンはホントに意図がわかんない。今は将来への投資を外国人にしてる場合ではないと思うんだけど…



東海4県の県リーグ途中経過

東海4県の県リーグ上位2つずつが東海リーグへの登竜門となる東海社会人トーナメントへの扉を叩けるわけですが、ここで東海4県の県リーグ情報を。

【愛知】
http://www.aifa.jp/08_tournament/081_category1_non_pro/2013-1bu.pdf

東海所属経験有りの豊田自動織機にコニカミノルタSC豊川が上位を占めてます。
本命視していた中京大、東海学園大の2つは苦戦を強いられてる状況ですね。

【岐阜】
http://www.gifu-fa.com/university/pdf/%E7%9C%8C%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%EF%BC%91%E9%83%A8%E6%98%9F%E5%8F%96%E8%A1%A820130630.pdf

昨年、すんでのところで東海の扉に阻まれた可児とLIBERTAが無敗レース中。同じ勝ち点でテクノ渡辺も並んでますが1試合多い分不利かなぁ…と。FC・K・アルマ大垣が例の事件で大垣FCコーガンズにチーム名が戻ってるのが寂しいな…

【三重】
http://www.fa-mie.jp/category1/2013/mfl/2013_mfl_div1_res.pdf#page=1

東海4県で唯一2回戦総当りの三重。既に無敗が一つもなく、大本命のマインドハウスもKMEW伊賀に敗れてます。
もっともマインドハウスの首位に動きはなく、それを追いかけるのが東海経験もあるホンダ鈴鹿にヴィアティンの影が迫ってる桑名FC。KMEWが既に3敗してますが2位までにはまだ間に合う気配。奇数リーグなので計算がめんどくさいですね。

【静岡】
http://www.shizuoka-fa.com/contents/game/2011/society/pdf/25syakai_r1.png

他と較べても消化数が遅いのでまだ断言は出来ないんですがここも去年の上3つで固そうな雰囲気ですねぇ…
ただ現在は上位が下位を叩いてるだけで上位対決がまだ無い状態。東海1部に3年前に所属していた芙蓉クラブがここでも苦戦をしてるのを見ると教員クラブの苦しさが見え隠れしてきますね…

今年の東海昇格トーナメントは12月7日8日。会場は静岡県ですが藤枝ではなく、磐田のゆめりあって説が濃厚だそうです。こっちは確定ソースが掴め次第発表します。

東海1部ニュース2013 vol12

まずは土日に行われた2試合の結果を。

藤枝市役所2-3FC刈谷

市役所 後藤純 林内
刈谷 東間✕2 中島

FC岐阜SECOND1-3アスルクラロ沼津

セカンド 遠藤
沼津 内藤 真野✕2

もう終わるまでずーっと暫定になりますが順位表です。
<
試合数勝ち分け負け得点失点勝ち点得失点差
FC刈谷860224101814
FC鈴鹿ランポーレ8521137176
アスルクラロ沼津9414131613-3
マルヤス工業6402138125
FC岐阜SECOND94051714123
トヨタ蹴球団6312109101
藤枝市役所820610176-7
矢崎バレンテ81076253-19


得点王争いはこの通り。
得点者所属得点数
大石刈谷10
松葉刈谷6
真野沼津5
田中セカンド5
北川鈴鹿4
太田マルヤス4
セカンド4
林内市役所4
東間刈谷3
中島刈谷3
北森鈴鹿3
川崎谷鈴鹿3
遠藤セカンド3
鈴木蹴球団3


今週の試合に入る前に先ほど入った速報。
マルヤス工業が東日本社会人決勝でグルージャ盛岡を破って優勝!

ぶっちゃけ東日本社会人は何一つ見返りは無い上に真夏に3連戦と言う迷惑極まりない大会なんですがこれまで目に見える結果を残してきたとは言い切れないマルヤスにとってJ3を目指す東北の雄、グルージャ盛岡を破っての優勝と言うのはチームに取って大きな自信になるのではないでしょうか。早速今週末にリーグ再開ですがこの勢いをリーグに活かしたいですね。おめでとうございます。

そしてもう一つ。
藤枝市役所が今年も全国自治体大会に挑みますがその組み合わせが発表されてます。

この大会も真夏の5連戦でしかも見返りは無し。今年はまだ比較的涼しそうな秋田での開催ですがそれでも全社ばりの5連戦は相当にキツい。市役所は毎年優勝か準優勝ですが今年もいい結果を残せるのでしょうか?期待したいですね。

それでは今週の組み合わせ。この週が終わるとしばらくの間4試合全てが組まれるって状態がなくなります。毎週1試合なり2試合って状況となるので順位は常に暫定となります。それではカードはこちら。

7月20日(

マルヤス工業vs藤枝市役所
@東海学園大学 13時KO


FC刈谷vsアスルクラロ沼津
@ウェーブスタジアム刈谷 18時KO


7月21日(

FC岐阜SECONDvs矢崎バレンテ
@岐阜フットボールセンター 12時KO


FC鈴鹿ランポーレvsトヨタ蹴球団
@鈴鹿SG 14時KO


土曜はハシゴするつもりです。日曜は一応笠松の予定だけど正直微妙。と言うのもこの日は朝から京都なんです。用事自体は1時間もあれば終わるんですが…8時には伏見稲荷に居ないとあかんから10時半までには岐阜羽島に戻ってたいなぁ…多分刈谷vs沼津が終わったらその足で京都入って泊まりでしょうね…それか日曜5時起きの二択…ツラいなぁ…

個人的なボヤキですいませんがこれまでもこの京都行きは何度もしてるんでまぁどうにかなるでしょう…一応3試合見るつもりでいます。

熊本戦私的採点

もうホント負ける思った。内容はどう考えても引き分け相当のどちらもアレな内容だったんですが…

時久 5,5 この試合よりも前日の全国放送での羞恥プレイのほうが…(アレはねーだろ…)

デズモンド 6,0 対人スキルで圧倒。

益山 5,0 失点シーンで逃しただろ。

新井 5,5 高さ勝ち。スピード負け。

杉山 5,0 やはり失点に関与した罪は重い。

森安 6,0 勝ち点ゲットの立役者。

野垣内 5,5 ポカはなかった。個人的には攻撃的なボランチと組んでのこの位置がベストと思う。

水野 5,0 ダメな時はホント消えちゃうなぁ…

美尾 5,5 最後の精度だけ…

染矢 6,0 なんだかんだで攻撃の生命線。

樋口 5,5 次からはシャドーかベンチ…なはず。次からはもっと持ち味出るはず。

清本 5,0 存在感無し。

田中 5,5 ミッションは達成してるはず。

行徳さん 5,5 いろいろ難しい試合だったと思うが最低限の結果は出した。

これまでの傾向からしたら福岡戦で中村は1トップで先発の可能性が高い。樋口もよく頑張ってたがどう贔屓目に見ても1トップ向きではなかったが中村は体躯的にも務まりそうな感じはある。杉本とツインタワーも選択肢に入る。どんな化学反応起きるか楽しみですが僕は東海ハシゴなんで録画見か結果如何では無視です。出来れば無視するような結果にならんことを祈るばっかなんですが…

ダメならダメなりにやれるのが真に強いチーム

東海社会人1部リーグ 第11節

FC岐阜SECOND1-3アスルクラロ沼津


得点者
セカンド 遠藤
沼津 内藤 真野✕2

先週の刈谷との激闘を制して長崎全社行きを決めたセカンド。一方先週のメドウで刈谷に散々な目に遭わされた沼津。先週の嫌なイメージを沼津が払拭できてるかどうかがこの試合の焦点の一つだと思ってました。

今年再構築を計ってるセカンドは率直に言ってまだ未熟な面が多い。ホームで既に3つ負けてるのも…(市役所、マルヤス、刈谷)そして沼津も内弁慶なチームでアウェイでの勝ち点は未だ1のみ。既に宣言してるように今月はアスルクラロ沼津強化月間。今日は第二弾だが先週とどう切り替えるのかな…?と。





試合が始まって10分はセカンドが中盤で優位に立って緑の惜しいシュートもあったりで優位に立つんだが時間が立ちだすと沼津が中盤では不利と感じたか中盤の争いを避けて縦のシンプルな攻撃に切り替えだした。そうすると途端に試合は沼津のペースとなってDFラインが安定しないセカンドは途端に受け身に回ってしまった。

縦1がハマる時はオフサイドが取れない時なんだけどセカンドのラインは今日はデコボコな傾向があって真野にいいように裏を突かれるシーンが。とうとうクリア仕切れなかったボールを内藤に奪われ滝との1対1を流し込まれ沼津先制。まだこれだけならよかったのだが10分もしない内にまた裏を抜けだされ今度は滝までも交わされて無人のゴールに真野が蹴りこみ前半で2点のビハインド。セカンドはやり方変えないとどうにもならん雰囲気で前半終了。

案の定HTで遠藤を投入して田中を1列下げて後半に入ったのだがなんと真野が秒殺ゴール…あまりにあっさりで経緯がわかんなかった…セカンドの右を切り裂いて持ち込んだのはわかったんだけど…3点ビハインドのセカンドなんて記憶がないんだがケガ明けの鈴木梓を投入して木下を1列上げたのと遠藤が機能しだしたことが功をなしてセカンドも攻撃が回りだし遠藤の追撃ゴールが決まったら沼津はアゴが上がりだす選手も出だして売り切れの様相。ここからは完全にセカンドの試合になったのだが3点のビハインドを背負って引っ繰り返せるまでの勢いは無し。惜しいシーンは再三再四あったが沼津が逃げ切ってアウェイ初勝利を飾り、暫定ながら3位に浮上した。

後半になって沼津のガス欠から流れを掴んだセカンドだったけどそこまでが悪すぎた。結局失点は全部裸単騎にされてのどうしようもないのばっかでしたもん。つまり裏のケアが全く出来てなかったってこと。この日のメドウはピッチコンディションがとんでもないことなっててお叱りを偉い人から受けたほど。中盤省略の沼津の判断は正解だったと思います。セカンドは自分の形にハマればすごいポテンシャルを発揮するんですがそれが出来ないor殺されるとすごく試合が淡白になる傾向が。僕が見た試合だけでも既に2試合が3失点負け。DFの個ではなくDFの組織に課題が集約されてると思います。自分の形だけでしか勝てないチームはせいぜい大関までですよ。横綱の相撲がなぜ横綱相撲と言われるかって意味を感じ取って下さい。横綱になれるポテンシャルは「ある」と感じるが故の言葉です。

沼津強化月間の第2弾でしたが今日の沼津はこれまで見た中でベストパフォーマンスだったかと。セカンドがハマらなかった分余計に型にハマった試合とも言えますが先週のキレ方とは全然違うチームでした。スタメンを大幅に変えた事と新加入のCB山下の効果は一定レベルであったと思います。けど先週の酷いイメージを払拭するまでは行ってないなぁ…来週もアウェイ。しかもナイターで首位刈谷。これで刈谷を止めれば東海の行方は一気にわからなくなる。そうゆう意味で今の沼津は目が離せなくなったな…と思うメドウでの一戦でした。

追記
メドウの今のコンディションは口論義レベルです。とてもまともに使用可能な状況だとは思えません。しっかりとメンテをしないと取り返しつかなくなる可能性もあるんで一旦使用禁止にしてでもピッチの回復に努めるべきだと思ったのは僕だけだったのでしょうか…?

これでよしとせなならん悲しい現実

J2リーグ 第24節

ロアッソ熊本1-1FC岐阜


得点者
熊本 堀米
岐阜 森安(直接FK)

凡戦ですな。

暑さもあったろうけどおぉもぉ…って凡ミスばっか。特に岐阜のパス精度の低さったらもう…もう!ってレベル。
森安の価千金の一発で追いついたからまだよかったけどこれまでの岐阜なら間違い無く完封負けだったろうと。

この間J2マガジンを買ってきて服部や美尾が口揃えて言ってた事に自分達の時間が無さ過ぎってのがあった。この試合でも実際そう。その理由はパスの精度と貰う側の動き。精度も大概だが「次」の為のもらい方が悪いから考える時間取られた挙句奪われるの繰り返し。見る側はストレス溜まるぞ~。

悲しいかなこの内容での勝ち点1ってのでも貴重であり大切なものなんです。けどこの結果で満足するような志の低いような事では困るのです。幸いな事に下位はあらかた負けか分け。特に群馬との差を一つ詰めれた。今日はこれでよしとせなならんのですが我ながら本当に情けないレベルの話です…

次節は見にいきません。東海ハシゴします。生観戦はTVも出来ないので福岡戦には結果如何に寄っては「一切」触れない可能性もあるので悪しからず。今日はMVPで。森安です。

プランニングこそ旅の楽しみ

28日に沼津vsマルヤスを富士山トレイン371使って行くってのは既に決定済だったんですが28日朝5時前起きってのは少々キツいかなぁ…27日に都田でJFL無いかなぁ…と見てみたがホンダは28日に福島でアウェイ。

J1様は東アジア選手権でお休み。(この大会、意味あんの?)

何も無いなら5時起き以外無いなぁ…と思っていたがあったわ。1つだけ。

Fリーグです。昨年からFリーグに参入したアグレミーナ浜松がエコパアリーナで湘南と試合が組まれてた。
浜松-愛野ならそう苦になる距離でも無い。豊橋から御殿場まで先に乗車券だけ買って浜松で途中下車して宿入って身軽な状態でエコパアリーナで観戦して浜松戻って次の日の朝、余裕持って浜松駅から御殿場へGO。

昼は豊橋で豊橋カレーうどん食ってから浜松向かえばいいわけだし浜名湖はこの日はレース有り…(多分浜名湖寄ってる時間は無いが)

もう退路は無い…しかも29日は有休ゲット済み。目一杯使うぞ。この2日間は。

しかし一つピースがハマると凄い速度でプランと言うか予定はハマってきますね。恐ろしいもんです。さて27日まで緊縮財政だな…無駄遣いせんとこ…

今朝の新聞?

今朝の新聞にこのようなクラブの折込が入っていたそうな…(中日?岐阜?)

http://www.fc-laselva.com/

多くは申しません。とりあえず元気でいるようで何より。

全国デビュー?

時久がすぽると!デビューだそうで。

誰がどう考えたってあの件だわなぁ…それ以外推される要因なんてどこにもないんだし。

それはどうあれ全国地上波の放送でFC岐阜が取り上げられる滅多にない大チャンス。せいぜい1~2分程度なんだろうけど思いっきり胸スポ等々のアピールができれば…

全国地上波デビューは橋本以来かな。さてさて、放送が楽しみですね。

夏の新戦力その1…?

中村 祐輝選手、新加入のお知らせ

岡山一成と同時期に練習参加目撃情報があった清水ジュニアユース育ちの逆輸入FW。
岐阜は逆輸入選手をよく受け入れるし清水育ちは行徳さんのツテで誘いやすい土壌もある。
そして体躯に恵まれ年齢も脂の乗ったいい年齢。当然即戦力を見越しての獲得さんでしょう。



公式にこうやって声を載せるのは非常に良いこと。どんどんやって応援してもらえるように努力をしましょう。
けど練習生は外国人も含めて複数いるとか…?え?ってなる名前もあったので気にはなってるんですが。

確信はないけど多分まだある。つかないと正直厳しいと思う。前も書いたけど泥水すすってでも絶対残留。後期の目標は勝ち点20。これだけ取れないとまずダメでしょう。開幕時に僕が上げた目標にはそれでも届かないんですけどね…


うだる…

7月頭でこの気温…
名古屋特有の湿度も重なって体調は急降下。

昼休みは食事せんとひたすら寝入ったくらいだし…

食欲はまだあるんでまだ大丈夫だけど正直今年は熱中症が相当怖い。僕もそうだがエアコンを頑として使わないジジババには本気でビビってる。お願いだからエアコン使ってくれ。ババさまは去年病院で快適生活してたから余計に怖い。言っても聞かないから諦めてるけど…

とりあえず今日は何も無し。自分の体調のリカバーもしないと…

東海1部ニュース2013 vol11

全社予選も終わりリーグ再開ですが7月8月は変則的なリーグ日程となって各チーム消化数がまちまちになります。
勝ち点計算はゆめゆめお間違いのないよう…

今週は土日それぞれ1試合です。

7月13日(

藤枝市役所vsFC刈谷
@藤枝総合 12時KO


7月14日(

FC岐阜SECONDvsアスルクラロ沼津
@長良川メドウ 14時KO


セカンドに苦杯を飲まされ全社ルートが絶たれた刈谷。もはやリーグ制覇以外道は無し。
既に4敗を喫し優勝は極めて苦しくなったが後期に向けて立て直しを誓うセカンド。
そして残留の為に勝ち点を積み上げたい静岡勢。

各々の想いが錯綜する2試合になるでしょう。ちなみにメドウでは11時から長良vs川崎の岐阜ダービーです。熊本戦はナイターですのでお時間のあられる岐阜サポの皆様はこちらに是非来られてはいかがでしょうか?

僕はメドウ。会った人には告げてますが今月はアスルクラロ沼津強化月間として全試合沼津の試合を見るつもりでいます。

京都戦私的採点

内容の酷さだけで言えばガンバ戦よりも輪をかけて酷かった。
中3日の言い訳は許さない。

時久 5,0 2点目はともかく1点目はもうちょいなんとかならんかったかなぁ…

デズモンド 5,0 帰国後荒々しさが悪い部分でしか出てない。

益山 5,0 動けてなかったなぁ…

新井 5,0 うーん…厳しい。

服部 5,0 熊本戦停止。ここでガンバ戦の時書いた「脱服部」のきっかけになるか…

森安 4,5 ボール大切にしなさ過ぎ。

杉山 5,0 強い相手になると初手からベタ引きなるのは勘弁して欲しい。

染矢 5,0 シャドーでの起用は誰もが期待してたんだろうけど…

美尾 4,5 古巣京都の人はどう思ったんだろうね?

野垣内 5,0 うーん…WB適正なくね?

樋口 4,5 森安以上にボール大切にしなさ過ぎ。

清本 5,0 存在感無し。

レモス -- 短時間過ぎ。

行徳さん 4,5 選手のコンディション悪化はわかってたはずなのにこの先発陣は…層が薄いのは重々承知だが…

戦術、攻撃守備の再構築以前にまずはコンディションのリカバーのが先かな…次も九州アウェイな上に順位的に負けが許されない熊本。この状況では引き分けがやっとだろうけどそれでもそのやっとってタスクを背負わせないといけないんです。

何一ついいとこなし。

J2リーグ 第23節

京都サンガF・C2-0FC岐阜


得点者
京都 山瀬 三平

昼見たいい試合の余韻がぜーんぶふっ飛んでったわ!
この試合をホームで仕出かしたら3桁単位で客が飛ぶぞ!!

中3日のアウェイ戦だなんて言い訳は許さない。ただただ無抵抗に90分噛ませ犬になったって事が許せない。以上。

胸を張って長崎へ行こう!

全国社会人サッカー選手権東海代表決定戦

FC岐阜SECOND2-1FC刈谷


得点者
セカンド 柳澤 田中
刈谷 中島

勝てば楽しい長崎行き。負ければリーグに全てを賭けるしかない両チーム。

とにかく昨日は最低最悪のコンディションで戦う羽目になった刈谷。
降ったり止んだり蒸したり滑ったりともうね…いくらか楽な相手と当たったセカンドは何名かターンオーバーも敷けた。しかし現時点でのチームの地力は贔屓目無しで刈谷のが上。しかしセカンドも2度も同じ相手にホームで負けは許されない。東海代表決定戦ダントツの注目度を持たれた対戦は良質ピッチとは言い難いメドウで行われた。





先述した理由でどうにも刈谷は動きが重い。良馬場ならまだしも昨日の極悪馬場+この気温ではさもありなん。
セカンドが柳澤、比嘉のドリブルを起点にして刈谷を襲う。刈谷のエンジンがかかる前に角からのロングクロスがファーの柳澤にピッタンコで合わせてセカンド先制。

ようやくエンジンがかかりだした刈谷だがやはり昨日のダメージは無視出来ない。特に松葉辺りはどうにもキレがない。鈴木梓がケガで木下が1列下がってCBを務めるのだが大石や中島相手はいささか分が悪い。きちんとFWに入ればやはり刈谷の攻撃は怖さがありとても逃げ切り勝ちは出来なさそうな感じはした。

どうにかこうにか凌いでHTを迎えるがHTで双方カードを切ってきた。セカンドは北村。刈谷は北野と川上を入れて、庄司を1列上げてきた。これが功を奏したわけでもないんだろうけど後半開始数十秒で江口からのタテ一本から中島に独走を許して1対1を流し込まれはや同点。これでふりだしになったが勢いは若干刈谷に傾いたか。

とにかくセカンド目線で見たら北野の運動量が鬱陶しい事この上なく、セカンドの中盤、DFを突っつきまくる。セカンドの北村は昨日フル出場した影響かミスが目立ち機能してるとは言い難い。北野と中島にセカンドDFはキリキリ舞いさせられるがどうにかDFも頑張って失点は許さない。

セカンドは遠藤を投入して田中を1列下げて柳澤と2列目を形成。ドリブルとキープに長けた柳澤とゲーム全体を見れる田中の2列目は刈谷との中盤とのマッチアップに勝り出す。そして延長も視野に入った77分に刈谷のクリアを拾った田中が右足一閃で刈谷ゴールに突き刺して勝ち越し。しかし刈谷も諦めずオフサイドとはなったがネットを揺らしてセカンドを追い詰めるが程なくタイムアップ。セカンドが長崎行きを決めた。

拙い書き方なのは百も承知なんだがトップも含めても今年見た試合の中では一番のベストマッチだった。試合の事もその後のことも含めてね。

これで東海代表として長崎行きを決めたセカンド。刈谷は去年8強まで残った。セカンドもそれ以上を目指して欲しい。それでは他会場の結果です。

トヨタ蹴球団1-0NK可児

マインドハウス四日市1-5矢崎バレンテ

藤枝市役所2-0芙蓉クラブ


今年は全て東海1部勢が代表と相成りました。しかしセカンド以外は下位グループ。しかも現在降格圏内の2つが揃って代表となったのが目を引くとこですね。全社は東海が全て決着してからの開幕。リーグの結果如何では全社で死に物狂いになるかも…よ?

さぁ東海代表の4チーム!胸を張って長崎に乗り込もう!!
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR