緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

機動力vsフィジカル

東海社会人1部リーグ 第2節

名古屋SC2-1トヨタ蹴球団


得点者
名古屋ク 原田 征矢
蹴球団 奥村

引き続きの第2試合。開幕を大敗の名古屋ク。僅差の勝利の蹴球団。戦前予想は試合巧者蹴球団が名古屋をいなして先制して逃げ切り…かな?だったのだが…





試合は序盤から蹴球団ペース。配球力の高い鈴木にMIOから移籍で愛知に里帰り(名古屋ユース→駒沢大)の奥村の運動量+長短のパスで再三再四チャンスを作るが名古屋クも長身CBの三宅、原田を中心に当たり負けすることなく蹴球団の攻撃を耐える。前半に抜けだした奥村が朴と1対1になるがシュートを右に外してしまい、ここから少し潮目が名古屋クに。蹴球団は北川、中田とこちらも真ん中がしっかりしていて名古屋クの迫力不足もあって決定機無し。徳重(不在)、秋田(ベンチ)が居ないとこんなもんか?と思いきや前半終了間際に連続で得たセットプレーの2本目を長身の原田をなぜかどフリーにしてしまい豪快にヘッドをぶち込まれて名古屋ク先制。第1試合同様にこれで前半が終わってしまい予想外の蹴球団ビハインドの折り返し。

蹴球団はとにかく奥村が中盤どこにでも顔を出しボールに触る。これで中盤は活性化されてるんだがどうにもこうにも最後のパスにクロスが精度不足。豊橋で観た時と変わってない。あの時は地力で捲ったけど同カテ相手でどうだろうなぁ…と。後半も基本線は変わんなかったけど名古屋クは絶対にどっかで投入すると思ってた秋田をFWで投入。そうしたら秋田のポストプレーを起点に右から崩して最後折り返しを征矢に決められて2-0。こうなると火力不足の蹴球団は一気に苦しくなって、全体的に守備的になった名古屋クを完全に攻めあぐねて時間を消費してしまう。なんせ秋田が前線から追い回してくるもんだから蹴球団もたまったもんじゃない。ただ守備的になる=消極的気味になった名古屋クはだんだん押し込まれだしてとうとう奥村に決められ1点差。それでも蹴球団の追撃は時既に遅し…でどうにか逃げ切り。名古屋クは1部復帰初勝利。蹴球団は連勝ならずで双方勝ち点で並ぶ結果となりました。

試合見てた感想はどう考えたって蹴球団の試合だったはずだったんだがなぁ…と。高機動MF奥村の加入で蹴球団の中盤の構成力は高まってきたのですが点取り屋の不在が浮き彫りになったとも。逆に名古屋クラブは当たり負けしないでしっかり守って少ないチャンスを生かして2得点で勝利。秋田が入ってから攻撃にスイッチが入った感もありました。オフサイドにこそなったけど豪快なダイビングヘッドでネットを揺らしたシーンもありまだまだ健在を感じました。ただ徳重に関しては登録は間違いなくされてるんですが試合会場での目撃情報が一切ないのが気になります。正確には先週土曜の刈谷vs市役所のスタンドには居たのですが…

とりあえず開幕2週で8チーム中7チームは見れました。来週鈴鹿見れればとりあえず一回りは観たとこになります。2週7チーム見た感想としては強いと感じたとこはきちんと連勝したなと。特に矢崎。2週間での印象で…ですが矢崎>刈谷>蹴球団>CUFC>市役所>名古屋ク>セカンドです。当然このまま終わるとは思ってないしこの中のどこに鈴鹿が入るかはわかりません。不等号通りにサッカーが決まるとも思ってないしシーズンの中での成長でこんなもんどうとでも変わります。そして変わってもらうことを切に望んでいるんですけどね…開幕のセカンドがあまりに大丈夫か…?となったので…

縦と横

東海社会人1部リーグ 第2節

ChukyoUnivFC1-2FC刈谷

得点者
CUFC 澁谷
刈谷 山崎(PK) 橋爪

中京大ダブルヘッダーの第1試合。開幕を僅差で落としたCUFCに逆転勝利の刈谷。巻き返したいCUFCと連勝で弾みをつけたい刈谷。5月にしては暑い人工芝での試合はスタミナにも影響する。ポテンシャルは間違いなく刈谷だがCUFCががむしゃらに前突っかけれれば面白いかなぁ…と試合前の予想でした。





刈谷はすぐに5バックに出来る3-4-3。CUFCはダイヤの4-4-2。試合はJクラブユース出身者がスタメンに4人居るCUFCが足元の技術に優れてショートパスを面白いように繋いでビルドアップしながら攻め上がる。しかし刈谷は相手ボール時にはサイドの2枚が必ずDFラインまで下がって5バックを組んで相手に侵入を許さない。一方刈谷は3トップに早めに入れてそこからシンプルに前へ運ぼうとするがCUFCも名古屋ユース出身のGK渕上を中心にシュートまで持ってかせない。膠着するかな?と思ったら刈谷の石田監督が試合中ずっと指示を送っていた川上を業を煮やして下げて酒井投入。豊永を右ストッパーに下げてシステム自体は変わらないが守備のテコ入れを図った。
ただ刈谷は攻撃チーム、守備チームの融合が上手く行って無く、攻撃チームの前5人、特に3トップだけでしか攻撃が出来てない状態。連動した攻撃は出来なかったのだが左サイドの突破をエリア内でCUFC石田がたまらずラグビータックル。赤でもいいと思ったが運良く黄色で済んだが当然PKでこれを山崎が決めて先制…と思いきや、直後のキックオフのボールを掻っ攫って橋爪が渕上と1対1。さすがに渕上も抗えずあっと言う間に2-0。これで前半終了。

PKの1点だけならいざしらず、2点目はあらゆる意味でダメージがデカすぎる。正直CUFCに2点取る絵は描けないなぁ…ってのが前半の感想だった。と、言うのもCUFCの攻撃はショートパスばっかで楔の縦パスもサイドチェンジも殆ど無い。刈谷の5バックは確かにスペースはないがそれを引き釣りだそうって工夫に欠けてる節があった。そうしたらHTでCUFCも動いて宮越を入れて2ボランチにして出しどころを増やす手法を取ってきた。

これが当たって後半のCUFCは攻撃の手数自体は増えた。状況に応じて宮越が3バックの真ん中となってサイドも高い位置を取って厚みも出てきたんだが、技術は優れど判断の速度に刈谷に叶わずどうしてもあと一歩が遠い。最後ようやく澁谷のミドルが突き刺さるも刈谷は逃げ切って2連勝。CUFCは2連敗となりました。

前半の43分44分で連続得点を挙げて逃げ切った刈谷ですが、結構に消耗度の高いサッカーをしてるなぁ…ってのが2試合見ての感想です。このサッカーを続けたら夏はサイドの選手は保たないだろうと思うのですが…その辺りはこのカテゴリーを知り尽くした石田監督。どうチームを作っていくか見ものです。一方CUFCは戦い方に幅がなかったかなぁ…と。変化をつける縦パスが殆どなかったってのが残念です。スピードもフィジカルも特色が無いなぁって印象ですが足元はしっかりしてるな…と。もうちょっとチャレンジすることも出来るようになれば面白くなると思います。

引き続き第2試合。
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR