緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

もっと参考ならん…

愛知県社会人サッカー選手権準決勝

ChukyoUnivFC1-2名古屋クラブ


得点者
CUFC 坂本
名古屋ク 三宅 酒井亮

※CUFC 坂田が機会阻止で一発退場。3位決定戦豊川戦が停止。

続いて準決勝第2試合。昨年リーグ3位のCUFCと7位で降格となった名古屋ク。名古屋クは刈谷の体勢変更に伴って退団となった選手が何名か入団。そして鈴鹿を3年前に退団してる曽根も現役復帰。スーパースター徳重は退団も岐阜サポおなじみのマッチョファイター秋田は未だ健在。めんどくさいとこが東海に殴りこんできたためこれまで牧歌的だった2部も決して楽勝ムードとは言えない様相に。それも踏まえての補強だろうし、1部に帰るためもあるし…で昨年のリベンジを果たしたいとこ。

一方CUFCは2週間前に見てるがここはメンバーをあまり固定しない。それでも軸になる選手は不動であるんだが出るメンバーによってやることは色々手が変わってくる。そこは若き智将吉田監督の腕の見せ所になるわけですが…



DSCF1069.jpg



DSCF1070.jpg

試合は戦前の予想が外れて名古屋クのペース。特にベテランダブルボランチとなる刈谷から移籍の酒井康に3年のブランク持ちの曽根のコンビが思った以上に効いてCUFCの中盤を好きにさせない。しかしアンラッキーな形で坂本に先制を許して追いかける形になるが気温の上がらないこの時期なら運動量でも大きな差が出なくペースは変わらない。そうしたら前半のうちに右SB三宅のキャノン砲が火を噴いて30m級のスーペルロングが突き刺さって同点に。

後半のっけから名古屋クは秋田をぶっ込んで勝つ気満々。筋肉の鎧はCUFCのDFを返り討ちにする健在っぷり。それでも両軍決定機に欠け2試合連続PKか?と思った矢先に試合が動く。

カウンターの形になり、曽根が相手を交わして右サイドを駆け上がってアーリークロスを入れる。受け手の秋田が中央でトラップしてエリアに侵入するかしないかのとこでCUFC坂田が秋田を倒してこれがPKの判定。坂田はこれで一発退場。このPKを途中交代の酒井亮がキッチリ決めてこれが決勝点。ベテランの経験に勝る名古屋クがCUFCを逆転で下して決勝に駒を進めました。

名古屋クはともかく、CUFCはなんか収穫あったっけ…?僕が見た2試合両方で一発退場を出すなど危ないプレーも多々あったしなんとなくフワッと試合してたって印象でした。退場の停止は水曜日の3位決定戦で消化できるとは言えリーグに向けて課題は結構ある感じでしたね…次見るのはセカンドとの開幕戦。直っているか壊れたまんまか…さぁどうするかな。

名古屋クはリーグ開幕がいきなりめんどくさいとこなんで結構早めにいい状態まで上げたいとこ。ここで叩けばリーグはグッと面白くなるのですが…その前に決勝戦。今日の刈谷の出来なら勝ち負けになるとは思うけど、刈谷がここでベスト出してくればどうだろうなぁ…?刈谷の試合の時に天皇杯のことは書いたけど、決勝に負けたら全社予選は高い確立で相手は岐阜セカンドになるはず。その先も考えたら決勝も勝ってより楽な相手関係で東海予選に挑みたいとこでしょうね…

とりあえず愛知の2チームはこれで開幕前に見れた。岐阜セカンドも今日勝ったようなので来週見れる。開幕前に半分はどうにか見れそうだけど今んとこ正直推せるだけの差はない。僕は今年も混戦になるんじゃないかなぁ…と思ってます。一昨年ほどではないにせよ…ですが。そしてカギになるチームは多分あそこだろうなぁ…とも。

それではまた。

参考ならん…

愛知県社会人サッカー選手権準決勝

FC刈谷2-2コニカミノルタSC豊川
(PK5-4)


得点者※刈谷のみ
中野 冨ヶ原

先週までの結果で既に全社東海予選の出場権は確保した4チーム。今日勝てば天皇杯の予選出場権もプラスされる。
また後日書くけど愛知は予選の結果によって愛三岐静の4県に分けられるので可能な限り優勝して愛知で戦いたいって思惑もあるはず。4チームの中でも地力は一番あるはずの刈谷だが相手は東海2部の春日井を倒してここに来た県1部上位の豊川。元々東海1部にも顔を連ねていた東三河の強豪相手にでもサクッと勝って決勝へ行きたかったはずだったんだけど…



019_20150426201513373.jpg

020_20150426201510e0b.jpg

試合は15分までに刈谷がサイド崩して2点取って楽勝ムードと思いきや後藤の3点目と思われたボレーがオフサイドでノーゴールになった辺りからどうにも間延び感が出だして緊迫感の無い展開に。刈谷はそれでも守備では常に数的優位を作って奪うまではいいがそっからが単調過ぎて追加点の匂いはどっかに消えてしまいそれどころかセットプレーから藤井が相手を倒してPK献上。これを決められ1点差の折り返し。
026.jpg

後半になっても試合の流れは変わらない。今年刈谷の公式戦を初めて見たので確信が前半では無かったが後半でようやく確信。

ベスメンじゃねーだろこれ。

どう考えてもおかしかったのがSB登録の後藤FWに本職とは思えない星ボランチ。相手がパスを多用する分には数的優位で囲い込むも突っかけられるとズルズル下がるのがどうにもおかしい。とうとうコーナーから豊川に決められ同点のままPK戦に。

豊川○○○×○ 4
刈谷○○○○○ 5

平田が4人目の中途半端なキックをしっかり止めて最後5人目で自ら決着を付けたがその4人目が同点弾の選手。明暗と言うかなんというか…ともあれ刈谷が決勝へ進み天皇杯予選の権利も獲得。決勝2位だと去年通りなら土日連戦、土曜勝っても日曜がシードのマルヤス。勝っておきたいとこですけどねぇ…

正直言って収穫はあまりない。強いて言えば昨年東北得点王の中野のプレースタイルがわかったってくらいか。飯塚に至ってはメンバー外だったし。先日見た鈴鹿もそうだったけど刈谷も泣き所になるポジションは同じっぽいなぁ…鈴鹿は補強した。刈谷は今日のメンバーがベスメンでないって考えればまだ伸びしろはある。それがどこまであるのか…じゃないかなと思います。とりあえず次刈谷見るのは開幕矢崎戦。その時にはベストの刈谷を見れると信じてます。今日の刈谷ならこないだの鈴鹿とどっこいです。
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR