緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

未だなお晴れぬ靄

東海社会人1部リーグ 第11節

FC刈谷2-1FC岐阜SECOND


得点者
刈谷 坂本 浜田
セカンド 森(FK直接)

負けなしで首位CUFCを追いかける刈谷。先週鈴鹿を破って初日を出すも未だ背水の陣には違いないセカンド。
位置づけとしてはCUFCへの挑戦権マッチではあるが引き分けたら有玉と藤枝の結果如何ではCUFC一人旅になりかねない状況。つまりどちらも必須は勝点3。「突破」の為に戦う両チームはウェブスタでぶつかりました。

large_image.jpg





始まってすぐはお互いにジャブを出しつつもややセカンドが前3人で中央ゴリ押しに。惜しいシーンもあったがいなして刈谷は3バックの急所、WBとストッパーの脇を突きつつセカンドを攻める。そして左から崩した刈谷は折り返しを混戦になりつつも坂本が足裏で押し込んで先制に成功。セカンドは安直にクリアに逃げれば事なきを得たシーンだっただけに対応が悔やまれる。

その後セカンドは前の3人だけでなく、サイドの2名が攻撃参加して来た時にチャンスランプが点灯する状況だったが右からのクロスをドンピシャで合わせたネットのヘディングはポストに嫌われセカンドは絶好の同点機を逸す。その後もいい形は出来てくるのだけどラストパスでの連携が噛み合わず決定打までは至らず。前半は刈谷リードで折り返し。

正直言って刈谷が1-0で逃げ切れるイメージは皆無だった。僕は追いつくことは可能って思っていたが2点差にされたらどうだかなぁ…と。1つの目安は60分。ここまでで追いつけないならなんらかの手は打つ必要ありだったが64分に次の1点を取ったのは刈谷。セットプレーを皮切りに二次攻撃三次攻撃とセカンド守備陣を振り回して最後は右クロスを原田が叩きつけて2点差に。セカンドはついにこの日精彩を欠いた牧野を諦めて土田を投入して4バックに。それが功を成したか森の「すんげー」FKが文字通り突き刺さって1点差に。セカンドは渡邊を入れる、木田を上げるなどあらん限りの手を打って同点に追いつこうと足掻くも刈谷は上手に時間を使って逃げ切り成功。セカンドはこれで優勝のデッドラインである3敗目。もう本当に後がなくなってしまいました。

刈谷は今のとこリーグ4戦全部見てますが正直「強い」ってイメージはまだ持ててません。僕の目にはまだ靄がこのチームにはかかってます。ただ「巧い」チームにはなってきてる気はしています。派手にぶっ千切る、逆転一気みたいな客受けはしないけどしっかりクビ差ハナ差でも勝ちきれてるのはチームとしては悪い状況でもないのではないかと思います。僕の目にかかってる靄が晴れた時が刈谷は覚醒したと言っていい時だと思いますがその為の風がまだ足りてない気がします。1つの条件として完封勝ちは必要じゃないかな?次週はドのつくアウェイで手負いの鈴鹿を相手にするけどここが前期の山場になるんじゃないかなぁ…と。この試合は観に行くつもりでいます。

妥当な凡戦

明治安田生命J2リーグ 第16節

FC岐阜1-1水戸ホーリーホック


得点者
岐阜 難波
水戸 船谷(FK直接)

勝てない試合ではなかったはずです。ラモスの会見のコメントが掻い摘んで入ってきてたけど「自分達で難しくしてる」ってのは事実でしょう。結局去年の悪癖を再度露呈して勝点2をロストしたって認識でいます。

それにしたって19位vs20位そのものの内容としか言えん凡戦だったかと。どっちもこの位置が妥当であり上位となると相当にキツいなぁってボヤいてしまう内容。後半に入って岐阜はクラゲ2匹が1匹になって多少マシにはなってたんですが…

MOM該当なし。クラゲ2匹は低採点。常澤も正直ガックリくるパフォーマンスでした。

警告状況 第3節終了時

手元の集計による現時点で東海リーグ警告状況です。

次戦で警告を貰うと累積になるリーチ選手をお知らせします。

【1部】

セカンド 土田
矢崎 松村

【2部】

名古屋ク 神野
春日井 磯本
伊勢志摩 高塚

お気をつけ下さい。

東海社会人ニュース2015 Vol4

1部も2部も無傷の3連勝は1チームのみ。2部は早くも2強体勢になりつつあるけどその他6チームの包囲網は形成されるのか?それでは前節の全結果です。

【1部】

藤枝市役所0-1矢崎バレンテ

矢崎 伊村

※矢崎 渡邊が黄2枚で退場。鈴鹿戦停止。

FC刈谷6-1常葉大浜松FC

刈谷 藤井 中野×2 飯塚 大野 原田
常葉 浅野


ChukyoUnivFC4-0長良クラブ

CUFC 坂本 影山×2 澤入

FC鈴鹿ランポーレ0-2FC岐阜SECOND

セカンド レオナルド ネット

1部の順位表はこちら。


試合数勝点得点失点得差
ChukyoUnivFC33009716
FC刈谷32107734
FC鈴鹿ランポーレ32016532
藤枝市役所31114440
矢崎バレンテ31114220
FC岐阜SECOND31023660
常葉大浜松FC3012128-6
長良クラブ3003019-8



【2部】

名古屋クラブ1-1春日井クラブ

名古屋 酒井康
春日井 柴田

※ 名古屋ク秋田が黄2枚で退場。春日井金が一発退場。
秋田は再来週織機戦停止。金は最低でも次週織機戦は停止確定。


TSV1973四日市1-6ヴィアティン三重

四日市 谷
三重 藤牧×3 加倉 青村 野村

※三重野村が黄2枚で退場。 蹴球団戦停止。


豊田自動織機1-6FC伊勢志摩

織機 野口
伊勢志摩 溝田×3 石場×3

※織機東が累積3枚目。春日井戦停止。


2部の順位表です。

試合数勝点得点失点得差
ヴィアティン三重3300915312
FC伊勢志摩321071248
トヨタ蹴球団21013844
豊田自動織機31023715-8
春日井クラブ20202440
名古屋クラブ3021245-1
TSV1973四日市2011149-5
FC川崎20020212-10


得点王レースの状況です。カットラインは1部は2点。2部は3点です。

1部
得点者所属得点数
中野刈谷4
藤田セカンド3
坂本CUFC2
影山CUFC2
澤入CUFC2
北野鈴鹿2

2部
得点者所属得点数
藤牧三重5
溝田伊勢志摩5
野口織機4
加倉三重3
石場伊勢志摩3


補足しますと春日井の金選手は現地より一発理由が「報復」と「乱暴」となってます。1試合だけで済まない可能性もありますし1試合だけで済む可能性もあります。これはわかりましたら再度お知らせします。

さて、今節は東海の魔日程が本領発揮!1部2部共に3試合となってますが、1試合のみ「第4節」ではなく、「第11節」扱いとなります。試合は全て日曜日。計6試合のカードはこの通り!

5月31日(

【1部】

常葉大浜松FCvsChukyoUnivFC
@有玉 12時KO


矢崎バレンテvsFC鈴鹿ランポーレ

停止 
矢崎 渡邊


※第11節扱い

FC刈谷vsFC岐阜SECOND
@ウェーブスタジアム刈谷 13時KO

【2部】

春日井クラブvs豊田自動織機
@織機大府 11時KO


停止
春日井 金
織機 東


FC伊勢志摩vsTSV1973四日市
@合歓の郷 13時KO

ヴィアティン三重vsトヨタ蹴球団
@四日市中央緑地 13時KO


停止
三重 野村


この日は刈谷を予定しています。有玉と最後まで迷っていたのですが、来週は伊勢行く予定を入れてますので泣く泣く諦めます…1部注目は学生対決。3連勝で首位固めに入りたいCUFC。一方同じ学生に負けるわけには行かない常葉。CUFCを止めることが出来るのか!?そして止めるといえば2部の三重も3連勝。昨年1部で前節7得点と爆発した蹴球団を四日市に迎えてのホーム戦です。そして「天然の要塞」合歓の郷でついに東海リーグが!伊勢志摩が迎えるは同じ三重の四日市。刈谷が14時以降なら織機大府とハシゴをするつもりでしたが11時13時で大府→刈谷は物理的に無理です。優先は1部ってのが僕の鉄則なので大府は今回は諦めます。それでは今週は刈谷で東海を愛する皆様とお会いしましょう。

大宮戦私的採点

実力差が有りすぎて怒りはないんだがホームで夢スコ喰らって優しい顔するわけにもいかないよな?

太田岳 4,5  有責失点はあるし反応も×。

深谷 5,0  古巣サポはどう感じてるやら。

高木 4,5  復帰戦だが相手悪かったかね…

岡根 5,0  付ききれないシーンが時間立つにすれ。

益山 4,5  今年は本当にWBで良さが出ない。

太田圭 4,5  中盤の網としては××。
 
宮沢 4,5  同上。

野垣内 4,5  2失点目の有責者。あれで試合は決まった。

高地 5,5  孤軍奮闘。

ロド 5,0  最初だけ。

レオ 5,0   決定機の判断ミスで試合の潮目を変えちゃったなあ…

小野 5,0  全く存在示せず。

清本 5,0  ボランチよりはマシだが…

鈴木 5,5  特段良さも悪さもなかったかと。

ラモス 5,5  流れ戻せず。初手はアレしかなかったとは思うけど。

チームとしての引き出しが一段の収納ボックスか桐の高級箪笥かってくらい違いすぎた。けどこのレベルになれないと上は見たらいけないんだよ?

役割キッチリ!仕事キッチリ!

東海社会人1部リーグ 第3節

FC鈴鹿ランポーレ0-2FC岐阜SEOCCND


得点者
セカンド レオナルド ネット

DSCF1314.jpg

開幕連勝の鈴鹿。連敗のセカンド。ここで鈴鹿が勝てばセカンドは3試合目にしてはやくもリーグ終了の可能性が高くなる。鈴鹿はもうここでセカンドの息の根を止めたいしセカンドはここで鈴鹿を叩くことで息を吹き返さない事には話が始まらない。織機大府の前半だけを見て湾岸飛ばして向かった先はすっかり馴染みの石垣池公園…



DSCF1317.jpg



DSCF1318.jpg



動画アップ者より快諾頂けたので得点シーンの動画も今日はお届け。

前半のダイジェストはホントこの動画のままでして鈴鹿はいきなりセカンドの3バックの脇のスペースを突いてビッグチャンスを作るが詰め切れず。鈴鹿はこの試合最大のチャンスを逸してそこからはだんだんとセカンドのペースに。
そうしたら10分過ぎた辺りで鈴鹿のDFの真ん中がスッポリと空いてしまい、森のスルーパスからレオナルドが抜け出て榊も交わして流し込み先制。

別段慌てる時間でも萎びる時間でもないはずなのに鈴鹿はこれで一気にトーンが下がって立て続けにネットがオフサイドと思われたが副審の判定はセーフ。合わせただけのボールはコロコロとゴールに吸い込まれセカンド追加点。

今年のセカンドはリーグ戦は全てトップ下を配置する形で試合に挑んでる。開幕戦は司令塔タイプの牧野が務めたが市役所戦、この鈴鹿戦とムービングアタッカータイプの森が務めていてこの布陣が鈴鹿DFに対して絶大な効果を生み出した。
DSCF1326.jpg

ポスト役のネット、フリーマンとして相手を撹乱するレオナルド。そして仕掛ける、裏狙う、スペース狙うと縦横無尽の森。そしてこの前3人をコントロールした牧野。先制してからサイドの萩原を負傷で失ったが鈴鹿DFは人の大久保、スペースの榊の役割を分断。大久保を狙い撃ちしてスプリント。これに大久保は走り負けるシーンが目立ち村田まで引きずり出され空いたところをセカンドが進入するシーンが多々。前半にもう一つ決定機をセカンドは迎えるがポストに阻まれ0-2でターン。

後半頭から鈴鹿は特段悪いとも思わなかったパブロを下げて近藤を投入して高さに活路を見出すが今日はセカンドのストッパー2枚にスイーパーの木田の役割がキッチリされて北野も得意の形に持ち込めない。セカンドも追加点を取りに前節ハットの藤田を投入して中盤の配置を変えてまで貪欲に狙ってきたがこれは効果を得たとも言えず鈴鹿にある程度試合は巻き戻ってきたんだけどテンパイまではいたらずいいとこ一向聴。危なげなくセカンドが逃げ切って鈴鹿の連勝はストップ。首位をCUFCに明け渡してしまいました。

試合前に鈴鹿サポから昇格組相手の2試合である程度良化したとの言葉をもらったけど申し訳ないがこの試合を見るに「ホントに~?」って言葉が出てきてしまう。そりゃ確かに伊勢志摩戦や春日井戦よりはマシだったけどさぁ…昨日も書いたけど今年の昇格組は少し力が足りないって印象だったので割引は必要とは感じた。言葉では2割位引くつもりだったが現実には4割引くらいの内容差。文字通りの完敗を喫して出直しを強いられることになりました。

一方セカンド。オプションで3-5-2を持ってた事は知っていた。岐阜全社の川崎戦がそうだったんだもん。負傷者の関係で3-5-2って話だったけど今日はそれが鈴鹿に対してバッチリとハマっての完勝。遅まきながら初日を出して追撃の大勢は作れるようになりました。今日はセカンドのピッチに立ってた一人一人が自分の役割、仕事をしっかりこなした事。鈴鹿がチームとして空回っていた事全てがセカンドに対しての追い風でした。ハッキリ完敗だったので却って傷は浅いとは思いますが今後の対戦相手は厳しくなるばかり。CUFCに走られては面倒になるし食らいついていくしかありません。

とりあえず明日改めて東海リーグニュースの形でお伝えしますが1部はこれで3連勝はCUFCのみに。逆に長良は3連敗となり未だ勝点がない状況です。その他の結果、並びに2部の結果も含めた東海リーグニュースは明日更新!お楽しみに。








嬲り

明治安田生命J2リーグ 第15節

FC岐阜0-5大宮アルディージャ


得点者
大宮 泉澤 菊地 横谷 播戸 ムルジャ

先制されるまではどうにか試合になってたし、相手の2トップに対してストッパー2枚でしっかりマンツーマンでってコンセプトが悪手だったとは思わない。ただあまりに相手の追い越しの動きに対しての対処が無策過ぎたわな・・・岐阜では全然出来てないことだし対策のしようもなかったのかもしれないけど。

残念ですが一人一人のスペックも頭も違いすぎ。僕はこの数字は納得しています。受け入れれるかどうかはまた別問題ですが。

鈴木を除く守備陣は全員×。攻撃陣も×。特にボランチは責任大と感じてます。

なぜそんなにしおれたの!?

東海社会人1部リーグ 第3節

FC刈谷6-1常葉大浜松FC


得点者
刈谷 藤井 中野×2 飯塚 大野 浜田
常葉 浅野

DSCF1278.jpg

今日の常葉大を見ることで今年の東海1部の全チームをひと通り見る事になる。(鈴鹿だけリーグはまだだが明日行く)
去年はぶっちぎりで夏には1部復帰を決めていたが僕が最後に常葉を見たのはウェブスタで大石にダブルハット喰らって二桁失点喰らって大爆死した試合…
あの時とはメンバーがどっちもまるっと違うしどうなるかなぁ…と思ったけど…



DSCF1282.jpg




DSCF1283.jpg

試合はいきなり動いて開始早々に常葉の進藤から出たなんてことないフィードを刈谷の荒川とCB陣がお見合い!エンプティで浅野が蹴りこんでいきなり常葉が先制パンチをかますが刈谷も即座にセットプレーから藤井が頭で叩きつけ同点。このプレーで常葉は左SBの野末が負傷して退場。常葉はいきなり交代カードを不本意な形で使う羽目に。それでも常葉は20分くらいまでは奪ってすぐ前へを繰り返しチャンスは作ったが刈谷の逆襲を浴びて佐藤が中野を両手で突き倒してPK。これを自ら決めて刈谷が殆ど苦労すること無く逆転に成功。前半はこのまま終わって2-1。

構図としては先週のセカンドvs市役所に近いイメージ。突き放せば刈谷の勝ち。追いついたら常葉のメもあるかなぁ?って予想でした。しかし試合はアッサリと動いて、常葉が何気なく与えたファウルから飯塚がクロス気味に上げたFKがそのままインゴールしてしまい3-1に。後で本人に聴いたらミスキックとアッサリ認めたがそれにしたって常葉のGK神道も準備がマズかった。これで試合の大勢は決まってしまい、戦意を喪失した常葉は後半は全くいいとこなし。中田が孤軍奮闘気味にシュートを放つも荒川に阻まれ追撃ならず。それどころか62、63分と連続失点を浴びる有り様。その後どちらもダレた試合になったが刈谷はATに入るか入らないかで途中出場の原田がズタズタに裂かれた常葉DFを嘲笑うかのように流し込んで5点もの大差をつけるトドメを。刈谷が連勝で3試合負けなしの勝点7と伸ばしました。

ただし刈谷には強烈なダメ出しを。

2試合連続で立ち上がり秒殺喰らうってどうゆう了見だコラ?

試合の入り方のメンタルに問題ありすぎやしねぇか?勝ったから事無きを得たって考えならまたやられるぞ。後半の立ち上がりが笑えるくらいにガチガチに慎重だったからとりあえずの処置は出来たとは思うけど。

常葉に関しては正直なんで後半にあんだけ萎れたんだろうって言葉しかありません。特にGK、DFは負傷退場の野末以外全員不合格。そして試合を大きく左右したのは両軍のボランチの捌きの差だったと思います。あんだけサイド釣られて真ん中開けたらそら6失点もしますって。まさに大開放でしたから…

先週の長良、今日の常葉と2週連続で昇格チームを見ましたが正直言って家賃高いかなぁ…と。現段階で8チーム見た上での感想としては昇格即お帰りコースかなぁ・・・と。その予想を裏切る奮闘を期待したいです。

DSCF1312.jpg

それでは明日は石垣池です。その前に織機大府に少しだけ顔出すつもりです。起きれなかったらそのまま石垣池直行です。それでは明日は鈴鹿でお会いしましょう。

昨日の訂正、補完とお知らせ

東海2部リーグ第3節 TSV1973四日市vsヴィアティン三重の会場が変更となりました!

三交鈴鹿第4グランド
     ↓
三交鈴鹿メインスタジアム


KO時間に変更はありません。

そして2部第2節、ヴィアティン三重vs豊田自動織機の豊田自動織機の得点者は福松選手でした。

そして順位表で得失点の誤記がありましたので再度掲載します。


試合数勝点得点失点得差
FC鈴鹿ランポーレ22006514
ChukyoUnivFC22006312
藤枝市役所21104431
FC刈谷21104321
矢崎バレンテ2011112-1
常葉大浜松FC2011112-1
FC岐阜SECOND2002046-2
長良クラブ2002015-4
試合数勝点得点失点得差
ヴィアティン三重22006927
FC伊勢志摩21104633
豊田自動織機2101369-3
TSV1973四日市10101330
春日井クラブ10101330
名古屋クラブ2011134-1
FC川崎1001025-3
トヨタ蹴球団1001014-3

今日は以上です。

東海リーグニュース2015 Vol3

1部は連勝が2チーム、連敗が2チーム。2部は魔日程発動で早くも「暫定」が頭に付く有り様。会場確保の課題は東海リーグの課題と言っていいでしょう…では前節の全結果。

【1部】

矢崎バレンテ0-1ChukyoUnivFC

CUFC 澤入

長良クラブ1-2FC刈谷

長良 丹羽
刈谷 中野 冨ヶ原


FC岐阜SECOND3-4藤枝市役所

セカンド 藤田×3
市役所 高橋祐 中島 斉藤 鈴木侃


常葉大浜松FC1-2FC鈴鹿ランポーレ

常葉大 中田
鈴鹿 山之内 北野


常葉大 増柴がイエロー2枚で退場。刈谷戦停止。


【2部】

ヴィアティン三重7-1豊田自動織機

三重 藤牧 岩田×2 佐光×2 加倉×2
織機 不明(分かり次第更新します)


FC伊勢志摩2-2名古屋クラブ

伊勢志摩 高塚 長島
名古屋ク 浦部×2


順位表はこのようになってます。

試合数勝点得点失点得差
FC鈴鹿ランポーレ22006514
ChukyoUnivFC22006312
藤枝市役所21104541
FC刈谷21104321
矢崎バレンテ2011112-1
常葉大浜松FC2011112-1
FC岐阜SECOND2002046-2
長良クラブ2002015-4
試合数勝点得点失点得差
ヴィアティン三重220061239
FC伊勢志摩21104633
豊田自動織機2101338-4
TSV1973四日市10101330
春日井クラブ10101330
名古屋クラブ2011134-1
FC川崎1001025-3
トヨタ蹴球団1001014-3


そして1部2部の得点レース状況です。なお1部、2部共に既にシーズン初ハットトリック達成者が居ます。
1部は岐阜セカンドの藤田大喜選手。2部は豊田自動織機の野口和弘選手が今シーズンリーグ最初のハットトリック達成者となりました。おめでとうございます。なお1得点の選手は割愛しています。現時点で2点以上の選手のみとなりますのでご了承を。

1部
得点者所属得点数
藤田セカンド3
北野鈴鹿2
中野刈谷2

2部
得点者所属得点数
野口織機3
岩田三重2
藤牧三重2
加倉三重2
佐光三重2
溝田伊勢志摩2
浦部名古屋ク2


はい、では今週のカードを。1部2部共に4試合ずつ。計8試合組まれています。1部は土日開催。2部は全て日曜です。

【1部】
5月23日(

藤枝市役所vs矢崎バレンテ
@藤枝市民 14時KO

FC刈谷vs常葉大浜松FC
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO


5月24日(

ChukyoUnivFCvs長良クラブ
@中京大 11時KO

FC鈴鹿ランポーレvsFC岐阜SECOND
@石垣池公園 14時KO 


【2部】

名古屋クラブvs春日井クラブ
@織機大府 11時KO

豊田自動織機vsFC伊勢志摩
@織機大府 14時KO

TSV1973四日市vsヴィアティン三重
@三交鈴鹿第4 13時KO

トヨタ蹴球団vsFC川崎
@中京大 14時KO


土曜は志太榛原ダービーがあるけど1部8チームで今季唯一未見の常葉大を優先。刈谷vs常葉大です。
日曜は2部の四日市vs三重と鈴鹿vsセカンドのハシゴが出来ればベストでしたが時間が被るので不可能。石垣池のみとなります。これで1部全チームをリーグ戦で一度は観戦済となります。石垣池が15時なら織機大府の名古屋クvs春日井を見てからでも石垣池は多分間に合うのですがしょうがないですね。それではプレビュー。

FC刈谷(勝点4)vs常葉大浜松FC(勝点1)
刈谷はこれで3節連続(多分31日も見るので4節連続)になるがこの2戦見る限りは正直エンジンがかかってるとは言い難い。2試合共に先制には成功してるが追いつかれている。まだチーム全体の完成度って面で難があるのは否めないけど2試合連続得点の中野を中心にまずは先制して試合を優位に進めたい。常葉大は全く未見だが市役所戦は無失点。鈴鹿戦も敗れはしたが一度は追いつくなど地力の高さは伺える。こちらは逆に先制を許すこと無く我慢の展開に持ち込むか殴り合い上等で討って出るかはまだ読めない。刈谷に取っては追撃の為には落とせない1戦。

FC鈴鹿ランポーレ(勝点6)vsFC岐阜SECOND(勝点0)
開幕前に泣きがサポーターから入っていた鈴鹿だが昇格組2つを退け連勝発進。石垣池に迎えるは連敗の最悪スタートとなったセカンド。鈴鹿に取っては真価を問うにはうってつけの相手だと言っていいでしょう。保崎、小澤が万全とは言えないコンディションですが北野は2試合連続得点と早くも量産体勢。守備に難があるセカンドを相手にまずは早い時間帯で先制を狙いたい。一方セカンドは2試合連続で逆転負けと負けの内容もかなり芳しくない。開幕戦は先制した後逆転。市役所戦は前半でハットを決めて2点差をつけながら後半5分までに追いつかれ結局逆転負け。劣勢になると一気にサッカーが弱気になる傾向があるので勇気を持って前に出てほしい。ここで敗れると鈴鹿と9差となり優勝は黄信号どころか赤信号になってしまう。どうにか勝点3を奪いたいし奪えない攻撃陣ではない。セカンドは守備陣の出来と勇気がカギになるでしょう。

それでは今週も東海のどこかでお会いしましょう。
続きを読む

悪夢は2回やってくる。

東海社会人1部リーグ 第2節

FC岐阜SECOND3-4藤枝市役所


得点者
セカンド 藤田×3
市役所 高橋祐 中島 斉藤 鈴木侃

続いての第2試合。この合間に僕個人だけの悲劇があったが割愛。

開幕を逆転で落としたセカンド。ホームで仕切りなおしたいが相手は爆発的攻撃力と爆発する守備の市役所。撃ち合いを予想してたがまさかHTの僕の言葉が現実になるとは…






開始早々からセカンドが相手のミスを突いて藤田が先制。立て続けにまたも藤田がCKを風に乗せて直接沈めて追加点。これで楽になったはずなんだけど市役所も昨年の最多得点だけあってワンツーでアッサリ崩して高橋祐が追撃。これが後の伏線になるんだけどセカンドはセットプレーの流れから藤田が「前半で」ハット達成。前半はこれで終わって3-1。数字的にはセーフティなはず…だけど僕は「例の件」が頭に残ってどうにもいや~…な予感が…月並だけど「次の1点」。セカンドが取れば問題ないはず。市役所が取ったらひっくり返すまで行く予感が。前半の失点があまりにアッサリし過ぎていてこれだけで済む感が皆無だった。って事を呟いたら後半はそれが大的中…

「次の1点」を市役所が左から崩して中島が飛び込んでゲット。それを呟こう思ったら市役所は後半から入った斉藤が決めてしまい次の1点どころか2点が入って同点に。こうなってしまったら潮目は完全に市役所に。セカンドは牧野を入れて3バックにするも流れを変えれること無くまたも交代で入った鈴木侃に逆転を許してしまいこれで終了。なにもこんなことまで地トップを見習わなくてもよくねーか?悪夢の逆転負けでセカンドは開幕連敗です。

市役所。芸風は今年も一緒でしょうね…そしてこんな試合はお手の物でしょうね。後半の風上での勢いを最大限活かしての逆転は他チームに大きなプレッシャーを与えるでしょう。

セカンド。重症。次の鈴鹿戦が正念場でしょう。勝って3差にするか負けて9差になるかは天国と地獄。後者ならリーグはほぼ終了と言って差し障り無いでしょう。詳細は書かないが試合後話した市役所の中の人が言ってたセカンドの穴選手が僕の思ってたそれと違ってたのが結構驚きでした。一番怖いのは攻撃陣と守備陣の気持ちの乖離。「一緒や!取っても!」ってなったらもうオシマイ。どうなることやら…来週の鈴鹿戦も行きます。それで真価問われるでしょう。

これで連勝は鈴鹿とCUFCのみ。これは想定内でしたがセカンドの連敗だけは想定外。その辺も踏まえての東海リーグニュースは月曜夕方です。

青と赤の壁

東海社会人1部リーグ 第2節

長良クラブ1-2FC刈谷


得点者
長良 丹羽
刈谷 中野(PK) 冨ヶ原

岐阜県から4チーム目となる東海1部リーグに挑む長良。(過去は西濃、岐阜トップ、セカンド)
母体なし、ホーム箱無し、ホームだからってなんかイベントやるでもなし、マッチデイも放送も何もない手作り街クラブが努力を重ねてJクラブのセカンドや全国を目指すと鼻息荒いクラブと共にリーグに挑むって姿は地域ならでは…の物。初のホーム戦は味も素っ気もないない笠松のオン・ザピッチ。迎えるはリーグ最高の運営力を持つ刈谷。記念すべきホーム初戦の結果は…





前半はもうボコボコのハーフコートマッチ。ボランチもDFに吸収され6バック状態でボックス内で壁を作って跳ね返すばっかの長良はどうにか前線で時間作って反攻に出たいが前線に出るボールは苦しいクリアが多く丹羽も篠田も刈谷のCBにフィジカル負けして収まらない。刈谷も攻めるはいいがシュートに至るまで手数を一手間かけすぎて長良の守備が間に合ってしまい決めきれない。どうにかPKを獲得して中野が先制したがこれでウノゼロでは内容差見たら看過は出来ん。HTでも後々の事考えたら取れるときに取らんと後で泣くぞ…って話をしてたんだが後半開始早々にこの試合で初めて長良がカウンターで形が出来て、ラストパスが丹羽に通ってこれを決めてなんと長良が同点に。息を吹き返した長良は前半ほど籠城戦程引きこもりではなく塹壕戦くらいには討って出れるくらいには戦況を回復させてきて試合は膠着。それでもどうにか一瞬の隙を冨ヶ原がゲットして刈谷はどうにか逃げ切り。先週の矢崎戦同様に先制して追いつかれるって嫌な展開でしたが2戦目で初日を出しました。

長良は残り12試合も恐らくこのような試合が続くでしょう。正直言って戦力面での家賃の高さは拭えません。少ないチャンスをどのように活かすか。苦しい時間が続くであろう1部の戦いでどこまでチームが意思を統一させて守るか。初日が出れば変わる可能性もあります。まずはワンゴール。そして1勝。今後に期待です。

刈谷。もっと楽に勝てたんじゃない?と思います。前半で2点取れば楽勝だったはずです。そしてそれが出来ない差ではなかったと思います。自分達で勝手に試合を難しくしちゃいましたがシュートまでの道筋をしっかり構築させることで手数を減らして行けばよりチャンスは出来るでしょう。

この後はセカンドvs市役所…

反省を生かして…

明治安田生命J2リーグ 第14節

ロアッソ熊本1-2FC岐阜


得点者
熊本 斉藤
岐阜 岡根 難波(PK)

※ヘニキと阿部が累積ツモ。大宮戦停止。

帰宅後に録画をさらっと。
去年散々得点後即座の失点でどんだけの勝点落としたかわからんが今日は失点後即座の同点ゴールで試合を巻き戻せれたのが大きかったですね。アレがないまま試合進んだら同点に出来たかもどうか…

強烈に酷いピッチでドカンドカンの蹴り合いになったのは仕方ないし現実的な判断だった思います。本意でないのも確かだろうけど理想に殉じてやられるよりは万倍マシ。それに今の岐阜なら小難しいパスサッカーよりこのほうがまだマシ。レオにある程度メドが立ってきたから言えるのですが。

ヘニキと阿部が仲良く累積ですがバラバラに累積なるよりマシだし次が大宮でその次が水戸って考えたら不幸中の幸いって割り切ったほうがいい。最悪なのは水戸戦で2人仲良く居ないってパターンだと思ってましたので。

採点は今日は無し。MOMは同点ゴールを演出した高地。

ふと心配になった話。

10日の北信越2部、中野エスペランサvs09経大FCでの試合中に中野エスペランサの岸田幸実選手が倒れて意識を失い、AEDによる処置を経て一命を取り留めたって一件がありました。

まずは一命を取り留めたって事で非常に安心したのですが、これは現地にAEDがあって尚且つ専門医が居たって幸運も手伝ったとも思うのです。北信越…と言うか長野県では松田直樹氏の件もあってそういった意識がより高かったのかな…?とも思います。

所変わって東海の話。松田氏の件だけに限らずAEDの設置はある程度の施設では相当設置率が上がってると思います。それは東海リーグを行われる会場でもそうだと思う…のですが正直そこまで意識をしてチェックしたことがないので東海リーグ全会場にAEDはあります!とは自信持って言えないです。スタジアムと言えるとこは間違いないでしょうけどそうでない会場も東海は少なくありませんので…

よしんばあったとしてもそれを使える人がいるのか?って話にもなります。今回は専門医が居たって事でスムーズに処置が出来たはずですがそういった人が居ない、講習を受けたけど実践経験はない人しか居ないとかだとちょっと怖いなぁ…とも。いるはずなんですけどね。ただ僕が知らないってだけで。実は僕も一度だけ講習を受けたんですが正直言ってもうハッキリとは覚えてません。定期的に講習受けてるわけでもないですし…ですので万が一そんな現場に今出くわしたら何が出来るか…ってなります。そう思ったらちょっとゾッとしたって一件でした。

そして同じ10日には広島のサポーターの方が観戦後に交通事故に巻き込まれてお亡くなりになったって件もありました。選手もそう。サポーターもそう。命あってこそのサッカーを楽しむって事なんじゃないでしょうか。最近は車ばっか使ってますが改めて気をつけよう思います。事故るのはするのもやられるのも嫌だ。来月は伊勢のナイター行く予定あるし、明日は仕事で朝から滋賀です。

命あってこそのサッカーです。みなさんも健康にも事故にも気をつけましょうね。

東海リーグニュース2015 Vol2

開幕節全8試合が終わりました。正直予想外の試合も若干ありましたがとにかくこれでスタートです。
まずは1部2部の全結果。1部は得点者までお伝え可能ですが2部はまだ不明の試合があるのでご容赦ください。

【1部】

藤枝市役所0-0常葉大浜松FC

FC刈谷1-1矢崎バレンテ

刈谷 中野
矢崎 井口


ChukyoUnivFC2-1FC岐阜SECOND

CUFC 坂田 森田
セカンド 木田


FC鈴鹿ランポーレ3-0長良クラブ

鈴鹿 北野 小澤 久保

【2部】

名古屋クラブ1-2ヴィアティン三重

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩

TSV1973四日市3-3春日井クラブ

豊田自動織機5-2FC川崎


今の段階でなんですが順位表です。
試合数勝点得点失点得差
FC鈴鹿ランポーレ11003303
ChukyoUnivFC11003211
FC刈谷10101110
矢崎バレンテ10101110
藤枝市役所10101000
常葉大浜松FC10101000
FC岐阜SECOND1001012-1
長良クラブ1001003-3



<
試合数勝点得点失点得差
豊田自動織機11003523
FC伊勢志摩11003413
ヴィアティン三重11001211
TSV1973四日市10101330
春日井クラブ10101330
名古屋クラブ1001012-1
FC川崎1001025-3
トヨタ蹴球団1001014-3


さて、今週は1部4試合、2部は魔日程発動で2試合のみとなります。1部は土日併催。2部は2試合とも日曜になります。ではカードはこの通り!

5月16日(
【1部】

矢崎バレンテvsChukyoUnivFC
@藤枝陸上 14時30分KO


5月17日(

【1部】

長良クラブvsFC刈谷
@岐阜フットボールセンター 11時KO

FC岐阜SECONDvs藤枝市役所
@岐阜フットボールセンター 13時30分KO

常葉大浜松FCvsFC鈴鹿ランポーレ
@有玉グランド 正午KO


【2部】

FC伊勢志摩vs名古屋クラブ
@伊勢フットボールヴィレッジ 13時KO

ヴィアティン三重vs豊田自動織機
@NTN桑名運動公園 13時KO


今週末は笠松の2試合を予定しています。ではプレビューを。

長良クラブvsFC刈谷
正直言って家賃の高さを感じずにはいられない長良。しかしながらCUFCや中京大所属経験者が集まり個のタレント力は向上されているはず。1部での初ゴール、初勝点を奪うためにも記念すべき1部初のホーム戦をいい結果で終わらせたいとこ。刈谷は矢崎戦が消化不良で終わってしまいいきなりの取りこぼし。悲願の優勝、地域決勝の為にはもう取りこぼしは厳禁。エース中野の爆発に期待したい。

FC岐阜SECONDvs藤枝市役所
開幕戦を逆転で落としたセカンド。エースと目される藤沢ネットが軽いケガで開幕戦は欠場したが復帰すれば大きな戦力になるはず。W司令塔の牧野、角からの配球で大きな展開を作りたいセカンドに今季初見の市役所。開幕戦をスコアレスドローとまずまずの発進だが昨年の爆発力がいきなり湿気るとも思えない。撃ち合いになれば市役所のほうに分があると見ますが今年のセカンドは試合運びも上手そうなのでいい勝負になると思います。

それでは今週も東海のどこかでお会いしましょう。

愛媛戦私的採点

例の件のダメージはまだ選手もラモスも僕含めサポも抜けてねぇなぁ…と。75分からのAT込み20分のまぁ長くてキツかったこと…

太田岳 6,0 完封できればベストだったけど…

阿部 6,5 1アシストで勝利に貢献。手癖の悪さも無し。

深谷 6,0 良い時を知ってるからなぁ…

岡根 6,0 だいぶサポやラモスの信頼を得るようになったかと。

ヘニキ 6,0 栃木戦のような深追いはなかったが効いてたかとなると…?

宮沢 6,0 なかなかフル出場とは行かないねぇ。

益山 6,0 6,5に近い6,0。いいタメで先制をお膳立て。

野垣内 6,0 えらくまともなWBに映ったが…

高地 6,5 大きな2点目の貢献度。ケガの影響は…

難波 6,5 MOM。先制点と前線の守備で貢献度第一。

レオ 6,5 だいぶチームにフィットして前線で頑張れるようになりましたね。

ロド 5,5 こっちはまだフィットしない…

小野 6,0 高地次第だけどトップ下先発で見てみたいですね。

太田圭 -- 短い時間でも「わかっていた」。

ラモス 6,0 レオの交代だけがちと疑問。最後は鼓舞しまくりで勝利を引き寄せた。

次の熊本に勝てばとりあえず勝点でもビリ争いから少し抜けれる。大きな一戦です。

もう一つの三重からの刺客

東海社会人2部リーグ 第1節

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 片山
伊勢志摩 溝田×2 飛騨 山本

DSCF1185.jpg

引き続いて2部も開幕戦も見ていったので…
今年から2部で闘うことになった2チーム。1つは1部から降格の蹴球団。対するは今季より東海に挑む伊勢志摩。
どうしても派手なことばっかやってるヴィアティン三重のほうがクローズアップされがちで伊勢志摩のほうは2番手扱いをされがちなんですが先日の鈴鹿戦も敗れはしたものも互角以上のパフォーマンスを見せ第3勢力って扱いからさらに上を目指すってギラギラ感溢れる新興クラブ。さて、初の県外アウェイ公式戦はいかに…



DSCF1187.jpg



DSCF1186.jpg

鈴鹿戦でもそうだったんだけど伊勢志摩は前からガシガシとプレスをかけてショートカウンターを狙うのが第一で、比較的中盤は省略がち。それでもしっかり作るとこは作るんだけど決め手はやはりカウンター。前線で奪ってDFの裏へ抜けだした溝田が金谷との1対1を制して流し込み早々に先制。あまりにアッサリと決められてビックリしたんだが蹴球団は鈴木に奥村とテクに優れる中盤からチャンスメイク。これに突貫タイプの片山にバランス型FWの田村亮も絡んでくるのだが伊勢志摩はGK大岩根のコーチングとリベロの金守のポジショニングで決定打は許さない。しかし蹴球団は金守の苦しい体勢でのバックパスを片山が掻っ攫い飛び出した大岩根も交わしてエンプティネット。これで追いついたはいいが蹴球団は溝田と大野の位置取りからの裏狙いに手を焼いてるのがアリアリ。そしてそれを意識し過ぎてSBが絞りがちになるもんだから状況はさらに…それでもどうにか互角程度には戻して前半終了。

互角だとは書いたが勝ち越す可能性は圧倒的に伊勢志摩から匂ってきた。3トップに対してマークが定まらず、2列目の辻に山本が絡んだら一気にパニックを起こしそうな気配は十分感じた。そうしたら後半早々に蹴球団は頼みの鈴木がケガで退場。これで伊勢志摩に一気に風が向いて先制点と同じような形で溝田に独走を許し勝ち越し。続けざまに今度は右からの折り返しを飛騨に詰められ3点目。これで気持ちが折れたか蹴球団は攻めも淡白になりだしトドメにまたも裏を取られ山本に決められジ・エンド。想像外の大差になって試合は1-4で終了。蹴球団の1部復帰はいきなり暗雲立て込むものとなりました。

ハッキリ書いちゃっていいと思ったので書くけど蹴球団はSBの裏、SB、CBの間がスカスカ…伊勢志摩のワイドに張ったウイングへの対応が全然出来ずに4失点の内3つが完全に破られてGKが丸裸にされたもの。これではGKが気の毒だ。幸か不幸か蹴球団は来週が試合無し。再来週のホーム戦が今日同じく大量失点を喰らった川崎。立て直すチャンスはある。この1敗がいい薬になるのであればそれでいいのかな…とは思いますが正直これはまじぃぞ…って印象のが強かったってのが本音です。当分蹴球団を見る機会はないはずですが次の機会があれば向上してる姿が見れると信じてます。

伊勢志摩は鈴鹿戦でも思ったけど前からの圧力は1部でも通用するレベルかと。目についたのはとにかくやかましい上に暑苦しいキャラのGK大岩根に位置取りが良く小さい体でもパワフルな推進力の大野。大岩根はこれだけではただの悪口になるんで補足するととにかくコーチングが通るのです。それで味方を動かすことでピンチを事前に防ぐタイプなんでしょう。3バックが全員対人に強いタイプですしある程度スピードがないとこのDFは突破出来ないでしょうね。去年鈴鹿のレギュラーだった徳地や元横浜FCの北村をベンチに控えれる層の厚さも兼ね備えた伊勢志摩。今後が楽しみです。ホーム戦は天然の要塞で戦えますし…

うまいこと日程が合えばこのように今年は2部もリポート出来ればと思います。今年も東海リーグの現場を出来る限り伝えて行こう思ってます。

あぶねぇあぶねぇ…

明治安田生命J2リーグ 第13節

FC岐阜2-1愛媛FC


得点者
岐阜 難波 レオミネイロ
愛媛 西田

例の件があるもんで2点差でも安心出来ねぇ上に75分に1点差にされたもんでフラグは完全に発動してましたわな…
さすがに2度も3度も繰り返したらアホバカボケクズカス何言われても文句は言えないとこでしたが何とか体張って時間も使ってくれましたね。辛勝でしたが次の重要な熊本戦に向けて大きな勝点3だったと思います。

不覚にも知らんかったんですが恩田社長のバースデーだったんですね。どうにかいい結果をプレゼントするために選手もよく頑張ってくれました。とりあえずこれでビリ脱出なので1週間で逆戻りにならないためにも勝点を地道に積んでいきましょう。

MOMは先制点と守備の貢献度が高かった難波。次点は高地。採点は明日。

オートメーション

東海社会人1部リーグ 第1節

ChukyoUnivFC2-1FC岐阜SECOND


得点者
CUFC 坂本 森田
セカンド 木田

DSCF1178.jpg

昨日の刈谷vs矢崎に続いて今日は中京大で密かに本命視されてる2チーム同士の戦い。攻のセカンド。バランスのCUFCと踏むも展開は読めず。直前追い切りの川崎戦の後半がすこぶるよかったセカンドを若干有利とは踏んでいたのですが…



DSCF1182.jpg



DSCF1183.jpg

セカンドは司令塔牧野にボランチ3枚がサポートしつつサイドも狙い、2トップのレオナルドと藤田がポイントになって崩しに入るんだけどCUFCのDF陣と中盤がうまく挟み込んで決定打を許さない。CUFCはその中盤に攻撃時はSBも絡んで厚みを増してきて1トップの影山が的になり囮になりと。若干劣勢のセカンドだったけど先制は角のFKを木田が頭で合わせ先制。これで少しは楽になったかと思いきや間を置かずにCUFC坂本のFKが直接決まって即同点。今思うとこれが後々効いたかなぁ…結局マージンを保てず前半は1-1。

セカンドサポとも意見は一致で前半は10-9でCUFCのラウンド。特に中盤を完全に制圧されていたのが気になって気になって。後半が始まっても大勢は変わらず。ただどちらも決定打が出てこない。そうゆう時に怖いのがセットプレーでコーナーから長身の森田を泳がせてしまいドンピシャであわされ突き刺される。リードを許したセカンドは中盤をボックスに変えて打開を図るも最後に惜しいシーンをクリアされて時間切れ。CUFCが逆転勝利で開幕戦を取りました。

CUFCの攻守の切り替えのオートメーションがセカンドよりもより優れ終始圧倒した内容でした。2-1のスコアは納得です。知多戦が正直イマイチな感想だったんですがそこからバランスの修正をしたとのことでしっかりとチームが向上されてました。刈谷、鈴鹿両サポが本命視していたセカンドですが今日の試合見る限りCUFCも有資格者じゃないかなぁ…と。楽しみではあります。

セカンドは内容面で完敗でしたがまだ取り返しは効く差だったかと。セットプレーの守備に課題が出ましたがまぁ大丈夫でしょう。1失点目はどうしようもなかったですし。若干負傷者もいるので復帰待ちですね。とりあえず次週のホーム戦でしっかり勝ち切ることでしょう。落としたらズルズルって悪感もあるんだけど…

とりあえずセカンドは来週その次と3戦連続観戦です。31日は刈谷vsセカンドがあるけど実況人としては常葉vsCUFCもあるので少し迷い中です。今日はこの後蹴球団vs伊勢志摩、岐阜vs愛媛と合わせてお届けします。

期待よりも不安

東海社会人1部リーグ 第1節

FC刈谷1-1矢崎バレンテ


得点者
刈谷 中野
矢崎 井口(PK)

DSCF1121.jpg

全国9地域の中で8番目となる開幕になる東海リーグ。(ラストは北海道)
2011年に藤枝MYFCが全国への扉を自らこじ開け、2013年にマルヤス工業とアスルクラロ沼津が時流に乗って全国へと旅立ちました。2015年。東海リーグ。全国へ歩を進めるチームは現れるのか?そのための第一歩となる開幕戦。愛知社会人を制して新体制の下JFLへ帰るべく戦いを始めるFC刈谷。対するはこちらも新体制。ここ数年下位に低迷するもかつてはJFLに指を引っ掛ける程の活躍を見せた矢崎バレンテ。我がホームタウン刈谷での開幕戦は涼しい夕方よりキックオフとなりました。



DSCF1161.jpg



DSCF1159.jpg

4-4-2の刈谷と3-6-1の矢崎。刈谷はボランチの大野と司令塔になる飯塚を中心にサイドを大きく変えながら矢崎を揺さぶりにかかるがいきなり安藤が接触プレーで負傷退場。伏木が入って冨ヶ原が前線へ。矢崎は厚めの中盤がプレッシャーをかけてショートカウンターを狙いに行くが奪ってからが雑で攻撃が連動しない。それでも若干矢崎が優勢ではあったのだけど先制点は刈谷。飯塚のFKを直接中野が頭で合わせて矢崎のGK大石よりも先に触りインゴール。これで先制して畳み掛けに行ったのだがこちらも仕上げの雑さで1点止まり。試合が中盤に入って矢崎のストロングポイントと刈谷のウィークポイントがピッタリ噛み合ってきてリードを許す矢崎が押し込んでくるのだがラストパスが全く井口と合うこと無く前半終了。
DSCF1163.jpg

2-0に刈谷が出来れば多分大丈夫だとは思ったがそれよりも矢崎が追いつきひっくり返す可能性のが高いなぁ…って印象のHT。特に刈谷の右サイドの守備を修正しないとマズいかなぁ。。。と。井口に前半は全然合わなかったがいいのが入れば井口は一発で仕留めれる。木戸の追い越しにも手を焼いてたし予断を許さんまま後半KO。

大きな動きがないまま後半も半ばに入るが刈谷がピンチを招くのはだいたい自分達のパスミスが原因になってた。そうでなくたって矢崎がショートカウンター狙いだったのは明らかだったんだけどボランチの中途半端な横パスを奪われ井口がエリアに侵入したのを荒川がたまらず倒してPK。これを井口が自ら決めて矢崎同点。DSCF1172.jpg
中盤を制圧された刈谷は星を投入してアンカーにして跳ね返すもやはりサイドの守備が甘く、幾度とピンチを招くが矢崎も以降決定機を欠いて時間切れ。優勝を狙う刈谷はいきなり負け同然のドローで取りこぼし。今後に不安が残る開幕戦となりました。

この試合目を引いた選手は矢崎のGK大石。
DSCF1174.jpg

先制こそ許しましたがハイボールの処理の安定感に優れ、後半は刈谷に決定的なシーンすら許しませんでした。去年MYFCで出番こそありませんでしたが東海においては大きな守護神としての活躍が見込まれます。

刈谷ですが正直言って拍子抜けする出来だったなぁ…と。もう少し動けると思ってたのですが。ここにチーム状態のピークを持ってきてないは間違いないと思いますが、短期決戦の東海では今日みたいな取りこぼしは致命傷になりかねません。来週の笠松での長良戦で仕切り直しになると思いますがもう一度チーム内で話し合って相互理解も深めないとこの先も肝心なとこでやらかしちゃいそうだなぁ…と心配のが強かったです。

矢崎はシーズン前のTMで結果が出ていないのが相当に心配ではあったのですが今日は判定なら10-9で勝ちって言えるくらいの内容でした。ラストパスの精度に問題がありましたが精度が上がってくれば十分リーグを沸き立たせてくれるだけの物は見せてもらえると思います。

明日は中京大です。直前の市場調査では本命とされたセカンド。迎えるは昨年躍進のCUFC。こちらもシーズンの行方を大きく左右しそうな一戦になると思います。2部の開幕戦、蹴球団vs伊勢志摩と合わせて明日は2本立てで送らせてもらいます。



レジェンドがカポックを脱ぐ日。

現役生活56年、競艇界のレジェンド加藤峻二選手引退。

5月1日に自身16年ぶりのフライングを犯した事が引退のトリガーだったと記者会見で仰ってましたが16年もフライング切らないで走り続ける事だけでも十分レジェンド級ではあるんです。それ以上に56年間もボートレーサーって職業を全うした上にSG優勝4回記念優勝25回、生涯獲得賞金が16億円と素晴らしい物。還暦を超えて尚SGで優勝戦に乗ったり71歳の時に一般戦といえどシリーズ優勝を果たすなど年齢での劣化ってのを感じさせない生涯現役すらあり得ると思わせる素晴らしいレーサーだったと言い切れます。本当にお疲れ様でした…



このレース、黄色のカポックで5コースから5着に負けたんですがさっきも書いたSG優勝戦での勇姿です。ええ、舟券は外しましたよ。けどなんか涙が止まらないレースだったってのはよく覚えてます。今まで色んなレースを見てきたけど個人的にベストレースの1つにずっと覚えていたいレースだったです。繰り返すけど本当にお疲れ様でした…

京都戦私的採点

大黒のホントあの一瞬だけだったとは思うんだけど後半になってあんだけ攻勢だったのが劣勢になったのは京都の対応に対してうまくいなせなかったからだと思うのです。

太田岳 6,0 失点以外に特にポカもファインプレーも無し。

阿部 6,0 手癖を指摘する声がチラホラ聞こえ出したぞ。

深谷 6,0 久々の割にはまぁまぁ試合にも入れてたかと。

岡根 6,0 跳ね返しに徹すれば大きな戦力にはなりつつ。

ヘニキ 6,0 ベンチでラモスに激しい口調でなんか言われてたが内容がわからんからなぁ…

宮沢 6,5 京都があまりに泳がせ過ぎてたがあんだけ自由効けばねぇ。。。

益山 5,5 去年このWBの位置ですごくよかったんだが今日は精彩欠いてたなぁ。

野垣内 6,0 キックが向上すればもっとSBとしてもWBとしても格が上がるんだけど…

高地 6,5 宮沢と同じ。京都がビックリするくらい泳がせてくれていた。

遠藤 6,0 得点以外のシーンはダメダメ。そりゃあの時間でも下げられるわ。

レオ 6,5 得点こそ出来なかったがレオのとこで踏ん張れたのがある程度収穫。

ロド 5,0 遠藤以上にダメダメ。前で守備するのとボールを追いかけ回すのは別物。

水野 5,0 一体何言われてピッチ出たの?

ラモス 5,5 交代のタイミングはともかく人選は結果的にミスでないかい?特に水野。

怪我人の状況次第だけど残りたいなら補強は避けれんなぁ…財務の件あるから可能な限り回避したいし補強したって残れる保証はないんだけど…外人のチェンジはリスクデカ過ぎだし枠もあるので日本人限定になるがCFか左利きのサイドアタッカー。

未だ底は抜けず。

明治安田生命J2リーグ 第12節

FC岐阜1-1京都サンガFC


得点者
岐阜 遠藤
京都 大黒

金沢戦でブチ切れてしばらく行かねぇ!と言って1ヶ月ぶりの長良川での生観戦でしたがあの時よりはマシだと思うけどじゃあ底は脱したかと問われると「まだ」としか言えないなぁ…って試合だった思います。前半の京都はドン底の岐阜レベルかそれ以下のひでぇ有り様だったんですがあそこでもう一点が取れないのが今の岐阜の現実ですよね…とも。2点目取れてれば間違いなく勝てた相手だったと思います。

試合後に京都サポが居残り討論会をされたそうですが岐阜にどうこうではなく、これまでの成績と内容の積み重ねによる爆発だったんだろうな…とも。和田さん、神戸ではもうちーとコンパクトなカウンターサッカーしてたはずなんだけどなぁ…

話を岐阜に戻すけど一昨日大学の公式戦をフル出場してる鈴木をベンチとは言え登録するくらい危機的な状況ではあるんですが変わるきっかけの光くらいは見えたかな…ってのが精一杯のポジ要素だったと。17日の熊本戦が6ポイントマッチになるんで愛媛にはなんとか勝点をもぎ取って熊本には必勝で行きたいとこですね…ここで連敗なら前半戦のビリでのターンは覚悟したほうがいいかと。

MOMもMBPも該当者無し。栃木戦以来に試合を90分見たので採点はしますが高採点者は居ませんでした。

東海リーグニュース2015 Vol1

GWたけなわ、いよいよ今週末より東海社会人リーグが開幕となります。

今年よりFC伊勢志摩、ヴィアティン三重が加わり「J」を目指すチームが更に増えてきました。この2チームはまだ2部になりますが1部のチームが目指してないって言ったらNOですよね。JFLをJを。それだけでなくこのステージで自らを高める事。選手スタッフ一人一人想いは違うでしょう。そんな東海で己を律して高める者の頑張りを今年も伝えて行きたいと思います。
その前に昨日のセカンドvs川崎の結果を持って今年の全社東海予選の組合せが確定した「はず」です。と、言うのも例年東海予選は組合せは各県何位vs各県何位でってテンプレが偶数年、奇数年であって今年は奇数年になるのでこうなるはずってまだ「想定」のものです。だいたい一番早いのは三重協会なんだけど最近だと各クラブのツイッターやFBでもこっそり出てる場合があるので確定次第再度出しますがテンプレにはめ込んだ組合せはこうなります。

【愛知】

FC刈谷vsBLACKKITTY

芙蓉クラブvsFC川崎

【岐阜】

FC岐阜SECONDvs富士通沼津

名古屋クラブvs常葉大浜松FC

【三重】

TSV1973四日市vsフォンテ静岡FC

矢崎バレンテvsコニカミノルタSC豊川

【静岡】

藤枝市役所vsChukyoUnivFC

VOLARE浜松FCvsヴィアティン三重

です。日時日程は確定までお待ちを。それでは東海リーグに話を戻します。

5月から10月までの半年間。全14節において行われますが東海名物魔日程は今年も健在で昨日入手した公式パンフレットからの変更が早くも漏れ伝わってます…変更が正式に発表になったらこちらでもお知らせしますのでご観戦、応援の際にはくれぐれも直前の確認をお願いします。それでは1部、2部合わせて今週は8試合!全カードをお知らせします。

まずは1部。

5月9日(

藤枝市役所vs常葉大浜松FC
@藤枝総合 14時KO

FC刈谷vs矢崎バレンテ
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO


5月10日(

ChukyoUnivFCvsFC岐阜SECOND
@中京大 11時KO

FC鈴鹿ランポーレvs長良クラブ
@三交鈴鹿 16時KO


続いて2部。こちらは全部日曜日です。

5月10日(

名古屋クラブvsヴィアティン三重
@柳川瀬公園 12時KO

豊田自動織機vsFC川崎
@織機大府 12時KO

TSV1973四日市vs春日井クラブ
@四日市中央緑地 13時KO

トヨタ蹴球団vsFC伊勢志摩
@中京大 14時KO



今年から2部も可能な限りお伝えしよう思いますが得点者等まではさすがに2部は追い切れないかなぁ…と。1部はなんとかします。去年も一昨年もなんとかなりましたし。

今年も前もって観戦予定カードは前週にお伝えしますが今年はプレビューも出来ればやろうかな…と。
今週は3試合を予定してます。土曜が刈谷vs矢崎。日曜が中京大の2試合です。

FC刈谷vs矢崎バレンテ
体勢変更に伴い大きな血の入替えを断行した刈谷。J経験者は少ないけれどもJFL、各地域で実績を積んだ名より実の編成で挑む今シーズン。地域リーグを知り尽くした若き名将石田監督が率いる2015verの刈谷。挑むは長きに渡って東海を牽引したイグハギ2トップの一角を引退で失い監督も新たに迎えてこちらも心機一転となる矢崎。開幕前のTMが全然結果出てないのが気がかりですが特に同じ東海1部勢の静岡2つに勝ててないのは…怪我人が多いとの情報もあるので心配ですがそこは東海歴戦のクラブ。どうにかしてくるでしょう。

ChukyoUnivFCvsFC岐阜SECOND
昨年はJFLへ個人昇格を果たした澤藤をはじめとした4年が引っ張って3位で終えたCUFC。今年は新たに1軍3軍ともシャッフルを行いメンバー表見ると覚えない名前もチラホラ…残った選手が中心にはなると思いますが、そこはタレントの泉の中京大。若き智将吉田監督が率いる自在派集団は若さイケイケ。それが表に出るか裏目に出るか…対するはラモスジュニアの話題が先に来るけど岐阜社会人の復権を果たしたセカンド。日曜の40分しか見てないけど強力な2トップに絡む中盤の破壊力は40分見ただけの僕にも強烈なインパクトを。あれを毎試合出来れば優勝も絵物語では無い代物だったけど相手強化でどうなるかな?

トヨタ蹴球団vsFC伊勢志摩
無念の降格となった蹴球団だが引退の中田の他には大きな離脱はない雰囲気。全社予選は不覚を喰らってパーになったがその分リーグに一心不乱となって1部復帰、そして2部優勝以外目標はないはず。そのためには絶対落とせない開幕戦となるが相手は元JやU17代表などを擁するただの昇格クラブではない伊勢志摩。全社予選で鈴鹿に追いついてPKまで持ち込むなど既にその実力の片鱗は見せているが初の県外アウェイ戦となるこの試合。果たしてその実力を試合巧者蹴球団にどこまで見せれるか!?

それでは今年も東海から全国を目指す旅路が始まります。僕は今年も「東海を伝える者」としてリーグを伝えて行こうと思います。今年もよろしくお願いいたします。

ほぼほぼ無駄な一日だった…

岐阜県社会人サッカー選手権決勝

FC岐阜SECOND3-0FC川崎


得点者
セカンド ネット×2 渡邊

練習試合 (45×2)

春日井クラブ1-5FC鈴鹿ランポーレ


TMにつき得点者は割愛。

朝8時過ぎに刈谷出てメドウ着いたのが11時45分…GW渋滞ナメてました…清洲から22号線全く動かないんだもん…
したがってこの試合は後半しか見れなかったのですがセカンドの仕上がりの良さがよーく伝わってくる内容でした。
特に2トップはこれまで見た今年の東海1部でも最上位級かと。少なくとも去年の二の舞にはならんでしょう。40分しか見れなかったですが見た中では一番好印象でした。

メドウから知ってる限りの裏道使って小牧のKOに間に合って春日井vs鈴鹿。こっちは開幕前のTMなんでメンバー等の詳細は書かないので短評だけ。

鈴鹿は昨日蹴球団と戦ってるのもあって今日はあからさまにメンバーが入れ替わっていてハッキリ言えばリメインチームだったかと。そして今日の試合は開幕に向けてスタメン抜擢、リザーブ入りのための最終アピール会場だったはず…なんだけど果たしてその気概で今日に挑んだ選手がどれだけいたでしょうか…甚だ疑問。練習量不足が明らかな春日井の足が止まった後半に畳み掛けて大量点は取ったはいいけど「んでもって収穫は…?」となると回答にすごく困る内容だったかと。ガチメンバー公式戦のセカンドとリメインメンバーTMの鈴鹿で同じ土俵目線で見てはいけないんだけど今日の出来を単純比較しちゃうとセカンド>鈴鹿としか言えないです。鈴鹿は全社を既に落としているんでリーグしかもう活路は無いしその為の底上げは不可欠なんだけどそのテーマで収穫の有無を問われたらNOでした。この1週間でレギュラーのコンディションがどうなるかわかんないですけどね。無駄足とまでは言わないにせよ今日の疲労と得た収穫を測りにかけたら大赤字の一日だったなぁ。。。としか言えないです…もうやだあの渋滞…

さていよいよ来週は東海開幕です。明日の東海1部ニュースは開幕特集でお送りします。

勝利の女神はまだ子供!

JFL 1stステージ 第10節

FCマルヤス岡崎1-0ファジアーノ岡山ネクスト


得点者
マルヤス 地主園

DSCF1088.jpg

昨日のPCトラブルのバタバタで本当なら港で2つ見る予定がJFLだけに。2試合負けなしで勝ち点を積んだマルヤスに開幕8連敗から前節のドローで今季初勝ち点を得てようやく反撃ムードの出たネクス。外野的にはただの下位戦にすぎないかもしれんが当事者からすりゃ残留に向けての大きな6ポイントゲーム。負けは断じて許さん。いつになく必勝の気持ちで迎えた試合でしたが港の風は気まぐれで…



DSCF1098.jpg



DSCF1097.jpg

3-4-3のシステムで来た割にはネクスは中盤が攻撃に絡みきれず風上の前半は大きく縦一本を狙う単調な攻めに。マルヤスは朴に福ヶ迫の大型CBで跳ね返して熊澤、澤藤のボランチから佐野を経由して組み立て…なんだけどこちらもパスミス、トラップミスのオンパレード。地主園が切り込むシーンもあったけどクロスの精度を欠いてサイドから決定機を生むシーンは無し。前半は大きな見せ場はなく0-0。

後半風上に立ったマルヤスは開始序盤から絨毯爆撃のシュートを浴びせるがネクスの中盤もエリア内でブロックをしてGKまでボールが届かない。そうしたら隙を突かれてネクスの選手に抜けだされて藤井とタイマンになったが藤井がタイマンに勝利してネクスの決定機を封殺。ネクスのハイボールは風で戻され風上のマルヤスが完全に優勢に。さらに杉山投入で中盤活性化に成功してペースは完全にマルヤスに。しかしクロス精度やラストパス、アタッキングサードでのトラップなど肝心なとこの精度が無く福ヶ迫の突進も不発。これだけ押しまくって0-0ではマルヤスとしては許される試合ではない…そう思いながらも時間は過ぎていったのだが、足の止まったネクスのゴールを打ち抜いたのは地主園!右サイドから崩してエリア内から撃たれたシュートは鋭くグラウンダーで打ち抜かれてネットを揺らして90分に劇的な先制。これが決勝点になってマルヤスが3試合連続で勝ち点を積み上げ、中位も視野に入る貴重な勝ち点3をゲットしました。

さて、この試合だったのですがマルヤスはいつもの声出しの人が今日は試合には来てたけどお休み。マルヤスの応援でずっと声援を送っていたのは3歳か4歳くらいかの可愛い女の子1人でした。覚えたてであろう普段の応援のコールを一生懸命出してメガホンも叩いて健気に応援してる姿を見てたら「なんとかあの子のためだけでいいから勝ってくれ…」と願うばかりだったので内容はともかく、結果もそのプロセスも満点の試合だったと言っていいでしょう。サポーターを名乗る者ならあの子の姿見て感じ取れんって事はないはず。応援とは姿形ではなく真摯な想いを伝えることなんだと再確認。後で選手何人かに聞いたらあの声はちゃんと届いていたと。それを聞いてすごく僕は嬉しかった。今日のあの子がこの試合のMVPであり勝利の女神だったのだろうと。

来週から東海が始まるのでマルヤスはしばらくお休み。セカンドステージまで難しいかな…ファーストステージ残り6試合、中位~下位戦ばかりなのでなんとか勝ち点積み上げて中位をまずは目指して欲しいとこ。その前にまず残留ってのが一番現実的な目標には違いないんですが…その意味では今日の6ポイントゲームの勝利、そしてあのちっちゃな女神の姿はとてもとても僕にとって嬉しい代物でした。

わからん…

昨日の件でショップへ持って行ったが「異常無し」!
現在は普通に稼働中。なら昨日のうんともすんとも言わないアレはなんだったんだ…わからん。
(可能性としてマザーボードの劣化は上げられた)
とりあえず再クラッシュがないように祈るしかないですね…

またしても!

PCクラッシュ。

症状 いきなり異音とともに画面暗転。操作不能で一旦電源落として再起動後画面右下に99の数字。
再度電源落としたら以降電源入らず。

詰んだなあ…
明日朝一で大須逝くとします…。゚(゚´Д`゚)゚。
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR