緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

もう一つの三重からの刺客

東海社会人2部リーグ 第1節

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 片山
伊勢志摩 溝田×2 飛騨 山本

DSCF1185.jpg

引き続いて2部も開幕戦も見ていったので…
今年から2部で闘うことになった2チーム。1つは1部から降格の蹴球団。対するは今季より東海に挑む伊勢志摩。
どうしても派手なことばっかやってるヴィアティン三重のほうがクローズアップされがちで伊勢志摩のほうは2番手扱いをされがちなんですが先日の鈴鹿戦も敗れはしたものも互角以上のパフォーマンスを見せ第3勢力って扱いからさらに上を目指すってギラギラ感溢れる新興クラブ。さて、初の県外アウェイ公式戦はいかに…



DSCF1187.jpg



DSCF1186.jpg

鈴鹿戦でもそうだったんだけど伊勢志摩は前からガシガシとプレスをかけてショートカウンターを狙うのが第一で、比較的中盤は省略がち。それでもしっかり作るとこは作るんだけど決め手はやはりカウンター。前線で奪ってDFの裏へ抜けだした溝田が金谷との1対1を制して流し込み早々に先制。あまりにアッサリと決められてビックリしたんだが蹴球団は鈴木に奥村とテクに優れる中盤からチャンスメイク。これに突貫タイプの片山にバランス型FWの田村亮も絡んでくるのだが伊勢志摩はGK大岩根のコーチングとリベロの金守のポジショニングで決定打は許さない。しかし蹴球団は金守の苦しい体勢でのバックパスを片山が掻っ攫い飛び出した大岩根も交わしてエンプティネット。これで追いついたはいいが蹴球団は溝田と大野の位置取りからの裏狙いに手を焼いてるのがアリアリ。そしてそれを意識し過ぎてSBが絞りがちになるもんだから状況はさらに…それでもどうにか互角程度には戻して前半終了。

互角だとは書いたが勝ち越す可能性は圧倒的に伊勢志摩から匂ってきた。3トップに対してマークが定まらず、2列目の辻に山本が絡んだら一気にパニックを起こしそうな気配は十分感じた。そうしたら後半早々に蹴球団は頼みの鈴木がケガで退場。これで伊勢志摩に一気に風が向いて先制点と同じような形で溝田に独走を許し勝ち越し。続けざまに今度は右からの折り返しを飛騨に詰められ3点目。これで気持ちが折れたか蹴球団は攻めも淡白になりだしトドメにまたも裏を取られ山本に決められジ・エンド。想像外の大差になって試合は1-4で終了。蹴球団の1部復帰はいきなり暗雲立て込むものとなりました。

ハッキリ書いちゃっていいと思ったので書くけど蹴球団はSBの裏、SB、CBの間がスカスカ…伊勢志摩のワイドに張ったウイングへの対応が全然出来ずに4失点の内3つが完全に破られてGKが丸裸にされたもの。これではGKが気の毒だ。幸か不幸か蹴球団は来週が試合無し。再来週のホーム戦が今日同じく大量失点を喰らった川崎。立て直すチャンスはある。この1敗がいい薬になるのであればそれでいいのかな…とは思いますが正直これはまじぃぞ…って印象のが強かったってのが本音です。当分蹴球団を見る機会はないはずですが次の機会があれば向上してる姿が見れると信じてます。

伊勢志摩は鈴鹿戦でも思ったけど前からの圧力は1部でも通用するレベルかと。目についたのはとにかくやかましい上に暑苦しいキャラのGK大岩根に位置取りが良く小さい体でもパワフルな推進力の大野。大岩根はこれだけではただの悪口になるんで補足するととにかくコーチングが通るのです。それで味方を動かすことでピンチを事前に防ぐタイプなんでしょう。3バックが全員対人に強いタイプですしある程度スピードがないとこのDFは突破出来ないでしょうね。去年鈴鹿のレギュラーだった徳地や元横浜FCの北村をベンチに控えれる層の厚さも兼ね備えた伊勢志摩。今後が楽しみです。ホーム戦は天然の要塞で戦えますし…

うまいこと日程が合えばこのように今年は2部もリポート出来ればと思います。今年も東海リーグの現場を出来る限り伝えて行こう思ってます。

あぶねぇあぶねぇ…

明治安田生命J2リーグ 第13節

FC岐阜2-1愛媛FC


得点者
岐阜 難波 レオミネイロ
愛媛 西田

例の件があるもんで2点差でも安心出来ねぇ上に75分に1点差にされたもんでフラグは完全に発動してましたわな…
さすがに2度も3度も繰り返したらアホバカボケクズカス何言われても文句は言えないとこでしたが何とか体張って時間も使ってくれましたね。辛勝でしたが次の重要な熊本戦に向けて大きな勝点3だったと思います。

不覚にも知らんかったんですが恩田社長のバースデーだったんですね。どうにかいい結果をプレゼントするために選手もよく頑張ってくれました。とりあえずこれでビリ脱出なので1週間で逆戻りにならないためにも勝点を地道に積んでいきましょう。

MOMは先制点と守備の貢献度が高かった難波。次点は高地。採点は明日。

オートメーション

東海社会人1部リーグ 第1節

ChukyoUnivFC2-1FC岐阜SECOND


得点者
CUFC 坂本 森田
セカンド 木田

DSCF1178.jpg

昨日の刈谷vs矢崎に続いて今日は中京大で密かに本命視されてる2チーム同士の戦い。攻のセカンド。バランスのCUFCと踏むも展開は読めず。直前追い切りの川崎戦の後半がすこぶるよかったセカンドを若干有利とは踏んでいたのですが…



DSCF1182.jpg



DSCF1183.jpg

セカンドは司令塔牧野にボランチ3枚がサポートしつつサイドも狙い、2トップのレオナルドと藤田がポイントになって崩しに入るんだけどCUFCのDF陣と中盤がうまく挟み込んで決定打を許さない。CUFCはその中盤に攻撃時はSBも絡んで厚みを増してきて1トップの影山が的になり囮になりと。若干劣勢のセカンドだったけど先制は角のFKを木田が頭で合わせ先制。これで少しは楽になったかと思いきや間を置かずにCUFC坂本のFKが直接決まって即同点。今思うとこれが後々効いたかなぁ…結局マージンを保てず前半は1-1。

セカンドサポとも意見は一致で前半は10-9でCUFCのラウンド。特に中盤を完全に制圧されていたのが気になって気になって。後半が始まっても大勢は変わらず。ただどちらも決定打が出てこない。そうゆう時に怖いのがセットプレーでコーナーから長身の森田を泳がせてしまいドンピシャであわされ突き刺される。リードを許したセカンドは中盤をボックスに変えて打開を図るも最後に惜しいシーンをクリアされて時間切れ。CUFCが逆転勝利で開幕戦を取りました。

CUFCの攻守の切り替えのオートメーションがセカンドよりもより優れ終始圧倒した内容でした。2-1のスコアは納得です。知多戦が正直イマイチな感想だったんですがそこからバランスの修正をしたとのことでしっかりとチームが向上されてました。刈谷、鈴鹿両サポが本命視していたセカンドですが今日の試合見る限りCUFCも有資格者じゃないかなぁ…と。楽しみではあります。

セカンドは内容面で完敗でしたがまだ取り返しは効く差だったかと。セットプレーの守備に課題が出ましたがまぁ大丈夫でしょう。1失点目はどうしようもなかったですし。若干負傷者もいるので復帰待ちですね。とりあえず次週のホーム戦でしっかり勝ち切ることでしょう。落としたらズルズルって悪感もあるんだけど…

とりあえずセカンドは来週その次と3戦連続観戦です。31日は刈谷vsセカンドがあるけど実況人としては常葉vsCUFCもあるので少し迷い中です。今日はこの後蹴球団vs伊勢志摩、岐阜vs愛媛と合わせてお届けします。

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR