2015-07-31 23:28 | カテゴリ:携帯より
HTCからHTCに換えたのに大苦戦中…
これが老いか…
2015-07-30 22:40 | カテゴリ:東海リーグ


ホントたまたま偶然だったんだけど今朝の仕事の途中に口論義のすぐ側に行ったもんで休憩がてら覗いて来てピッチの視認をしました。それで撮ったのがこれ。

正直な感想として頑張って育ててるのは間違いないけどこのピッチでは怖いなぁ…と。日曜までに苅り揃えればまた違う印象も持つでしょうけどこのままだとなぁ…って感じです。ましてや3つとなると…

そして寄ったのは10時少し過ぎくらいだった思うけど木曜朝でもプールあるせいか駐車場は結構な入りでした。日曜はサッカー場の駐車場も開けるだろうけど万が一開けなかったら(or関係者のみだと)日曜は停めれないもしくは苦労する可能性も…特にヴィアティン伊勢志摩の応援で来られる方は可能であるなら乗り合わせを推奨します。サッカー場の駐車場がオールOKなら多分大丈夫だとは思うけど公式見る限り可能性は低そう…

あと園内には喫茶店があるので暑さに堪えれなかったらそちらに避難を。スタンドには日陰は確保できるとこは皆無に近いです。
コンビニは歩ける距離にローソンがあります。飲料は自販機が入口にあります。そちらをご利用ください。

そして再三繰り返すけどホントマジで熱中症と日焼けの対策は万全でお願いします。せっかくの日曜の楽しいサッカー観戦を台無しにしないよう、くれぐれも皆様自衛出来ることは自衛して楽しみましょう。

【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
2015-07-27 22:08 | カテゴリ:東海リーグ
しかしまぁ暑い。今日仕事で客先行ったら「松崎しげる」扱いだ。

毎週のように灼熱の下で東海リーグ見てたらそりゃ焼けもするか…20年前(サッカーにのめり込む前)は色白美男子言われた時期もあったがまぁいいや。それではまずは土日に行われた「1部」の結果から。

FC岐阜SECOND1-2FC鈴鹿ランポーレ

セカンド OG
鈴鹿 柿本 小澤


長良クラブ1-5藤枝市役所

長良 蓮池
市役所 鈴木侃 村松 高橋祐×3



試合数勝点得点失点得差
FC鈴鹿ランポーレ107122219910
FC刈谷96212019712
ChukyoUnivFC95221715105
藤枝市役所105141622166
FC岐阜SECOND10415131516-1
常葉大浜松FC1023591320-7
矢崎バレンテ102268919-10
長良クラブ81073621-11

得点者所属得点数
高橋祐市役所9
北野鈴鹿7
中野刈谷7
坂本CUFC5
鈴木侃市役所5
浅野常葉5
藤田セカンド4


続いては愛知と静岡の天皇杯予選結果。

【愛知】

名古屋クラブ2-4東海学園大学


FC刈谷2-0中京大学


FC刈谷1-2東海学園大学


【静岡】

常葉大浜松FC1-0静岡教員芙蓉クラブ

この結果、愛知は社会人が敗れて代表決定戦は東海学園大が。昨日ツイには貼ったがJ1松本に内定出ている岐阜ユース育ちの志知にキッツーイ一発を喰らってしまい沈没…願わくば岡崎vs刈谷が日曜の時点での希望でしたが仕方がない。

では先に静岡の天皇杯予選と市役所の全国自治体大会の件に。

静岡予選は参加チームも東海随一でシードだけでなくスーパーシードも。

そしてなかなか東海ではレアな同門対決に…

8月2日(

常葉大浜松FCvs常葉大浜松キャンパス
@草薙球 12時KO

矢崎バレンテvs静岡産業大学
@草薙球 14時30分KO


有名なとこだと茨城の流経大同門対決があるけど茨城決勝が流経対決になるのが既に決定済みとか。すげーなぁ…

そして市役所の全国自治体大会。
35分ハーフとは言え真夏の5連戦と言う狂った日程ですが2000年以降の優勝回数が10回…2011年が震災で中止となってるので14回開催で優勝10回の準優勝2回。連対率85%…正に絶対王者藤枝市役所。そしてその記録を更に伸ばすべく東海リーグで3連勝と威勢を上げて北海道に乗り込みます。最強公務員の座は譲ってはならない。期待しましょう。

さて…

今週はそうゆうわけで1部の試合はございません。その代わりと言ってはなんですが…今週は…

「東海2部 タンポポセントラル開催」!!

東海サッカー、そしてFC岐阜の歴史の中で外してはならない聖地口論義。正しくは名古屋外国語大学・名古屋学芸大学口論義運動公園。ここ数年ピッチコンディションの劣化が酷く(それ故タンポポフィールドと揶揄されるわけですが)東海リーグでの開催はなかったのですが久しぶりに口論義に東海リーグが帰ってきました。しかもこの真夏の空の下1日で3試合!観る者殺す気か!!さすがに5月から使用を断って養生に勤しんだのが効果あったかこれ(7月4日記事)見る限りでは随分回復はしてるようだけど…

さすがにあの口論義でこの暑さの中3つも見たらマジに生命に関わりかねない。悪いことは言わないから全部観ようって考えはやめておいたほうがいいですよ…それではカードはこの通り!ホント観に行く人は熱中症とUV対策絶対だよ!

8月2日(

豊田自動織機vsヴィアティン三重
11時KO

名古屋クラブvsFC伊勢志摩
13時15分KO

春日井クラブvsFC川崎
15時30分KO


僕に与えられた選択肢は5つあります。

1 口論義全部見る。

2 最初の2つだけ見て港で岡崎vsSP京都の3つ。

3 最初2つのどっちかだけにして+港。

4 港パスで2試合目3試合目の2つ。

5 口論義パスで港だけ。


気持ち的には3か4ですね…出来れば3試合は避けたい。1は絶対にしない。本当に死んでしまう。今現在で考えてるのは2試合目の名古屋クvs伊勢志摩見て港に移動です。春日井vs川崎の実況状況がちょっと怖いので4もまだ選択肢として残してはおこう思います。

それでは今週は聖地口論義でお会いしましょう。くれぐれも暑さ対策は抜かりの無いように!
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-26 21:49 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第26節

大宮アルディージャ5-0FC岐阜


得点者
大宮 横山×2 ムルジャ 福田 家永

夢スコなるほど絶望的に酷い差はなかった思うけどなぁ…しかし結果は見ての通りホームもアウェイも大宮には夢スコ。風間か益山のどっちかでも決まっていればもうちょっと違う展開もあったろうけど取られ方がどれもこれもぐうの音も出ないやられ方。申し訳ないが勝てる画は全然全く描けなかったですね。

シュート数で上回ったように全く攻めれてないわけではなかった。しかしやっぱり最後の部分の運動量やアイデア不足は否めない。精度不足は言うまでもなく。ただ大宮相手にこれだけ攻撃の形を示せるのであれば、この先大宮より強い相手はもうないしまだどうにか残留のメはあるかなぁ…とは思ってます。その為には今日の事は今日の事でさっさと切り替えて次の群馬、熊本に備えて準備するほうが健全でしょうよ。(岐阜が「交代」って選択を出来るとは思えないし。)

正直言って群馬と熊本は両方勝ちたい。その次が桜大阪なんで3つで考えれば最低限は4ないし5。できれば7欲しいが桜大阪はなぁ…ダニエルロビーニョが群馬戦から起用可なんで恐らくいきなりぶっ込んで来るだろうと。難波と2トップかどうかはなんとも言えないとこですが。


2015-07-26 00:23 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第10節

FC岐阜SECOND1-2FC鈴鹿ランポーレ


得点者
セカンド OG
鈴鹿 柿本 小澤

もうこの暑さは殺人的なレベル。僕は比較的暑さには強い方だと自負してたがそれでも試合始まる2時間近く前に笠松着いたはいいが空の下で耐える自信はなかったので河川環境楽園で涼んで試合前30分まで逃げこむ有様。

正直言ってセカンドが鈴鹿を叩くならもう今日しかチャンスはない。って絶好の日に試合となったがそれには理由が。

1 鈴鹿は北海道帰りでまともにチーム練習出来たのはおそらく金曜のみ。

2 その北海道にレンタル組は帯同せず、連携面での不安があり。

3 保崎が停止。

特に3の影響は絶対にあるはず。そして1の影響で間違いなく鈴鹿はコンディションに問題があるはず。ここでセカンドが鈴鹿を叩けばリーグは更に混沌と化すし、鈴鹿がそれでもセカンドを倒せれのであるなら鈴鹿は優勝出来るだけの底力が現状付いて来ていると言っていい。鈴鹿は勝ってまずセカンドを蹴落としたい。セカンドも勝って鈴鹿を泥沼に引きずり込みたい。引き分け厳禁勝利絶対!のシチュエーションの真夏の笠松の陣は灼熱の空の下始まった…





案の定鈴鹿は見るからに動きが重たく、キックオフからしばらくずっとセカンドの時間帯に。特に北海道で3日間出ずっぱりだった選手は特に重たくセカンドの森や古市に振り回され、塚本に突っつき回され防戦一方。それでもセカンドもケガでFWとGKに怪我人が立て続いているのが影響してるのか決定力ではなく、決定打を欠いてなかなか先制を出来ない。それでもこの重たい鈴鹿なら前半の内に取らないと…と思っていたら森の突破から放たれたシュートが藤田がクリアし切れずにOGとなってセカンド先制。そこからさすがに鈴鹿も試合を巻き戻してきたはいいが同点ゴールと思われたヘッドはオフサイドで取り消し。セカンドリードで折り返した。

しかしこのまま1-0セカンドの画は正直あまり現実味を感じない。鈴鹿は控えにレンタル組の残り2名にFWだけで3人、OM1名とベンチのタマはどう考えても鈴鹿のが上。特に小澤と北脇は絶対にぶち込んでくるに決まってる。問題はその時間帯だったんだけどHTで前半の内にイエローを貰った鈴木をあっさり見切って小澤を投入。中央に布陣したがボランチってよりはトップ下に近い位置取りで鈴鹿は早い時間で同点を狙いにいった。セカンドは何とか2点目を先に取って逃げこみを図りたいだろうなぁ…と思いながら後半に。

どういうわけかセカンドが前半ほど前に出れなくなって後半は一転鈴鹿ペース。特に小澤はセカンドの選手とのタイマンはほぼ全勝で攻撃を一気に活性化に成功。セットプレーの崩れた流れからセカンドDF陣も堪え切れずに真ん中を空けてしまい柿本に豪快に蹴りこまれ鈴鹿は勝利の絶対条件だった早い時間での同点に成功。さらに鈴鹿はリーグ得点王の北野すらアッサリと下げて2トップは柿本と北脇のJ2経験者コンビ。しかも北海道行ってないフレッシュな状態の…さらに鈴鹿はセレッソからレンタルの温井を左SBに配置して大村を1列上げてひっくり返す気満々の試合運び。セカンドもネットのポストを起点にゴール前まで迫るも決定機を逸するシーンが多々。引き分けでは鈴鹿は今後がキツいしセカンドは勝たない限りほぼ終戦。最後まで引き分けはない!絶対勝点3!って強い意思を感じる熱戦の結末は…

凱歌が上がったのは鈴鹿。同点時と同じ形で右サイドを鈴鹿が崩して低いクロスを足立が弾いた先にはフリーの小澤…外すわけもなくボールはセカンドゴールを突き刺しこの時既にAT1分経過…セカンドの粘りも最早残って無くそのまま終了。鈴鹿とセカンドの差が残り4試合で「10」…これでセカンドは事実上「リーグ」は終戦。全社に向けて、そしてリーグ2位に向けての戦いって方向にシフトすることになるでしょう。

セカンドの敗因は「取れるはずだった2点目を結局取れなかった事。」2-0にすれば鈴鹿はコンディション面で折ることは可能だったはずです。勿体無い決定機逸もあったし、柴田の好セーブも有りました。それでもセカンドの時間帯の時に決めきれなかった試合だったって印象です。

鈴鹿の勝因は「後半の早い時間に追いつけた事」が第一。そして惜しげも無くフレッシュな戦力を早期に投入してセカンドのDF陣に圧力をかけたこと。そしてその結果をまず柿本が出してチームに勢いがついたところに開幕のケガでリーグの戦力として欠けていたいた小澤が逆転ゴール。鈴鹿としては後々に必ずつながる勝点3の取り方だったと思います。天皇杯を逃しているので8月は公式戦無し。2度の合宿(行き先は聞いたがとりあえず伏せる)で3連戦対策をもう一度するとか。新戦力とのシナジーがこの1ヶ月でどこまで効果を得るか。結果こそ今日は出なかったけど北脇もちょっとここではスペック上位だな…って片鱗も見えました。でなきゃ北野を50分でサクッと下げるなんて決断は出来んはず。鈴鹿の質量は個々の選手の残像をセカンドに刻み込ませて戦力差を結果として見せつけた試合となりました。

とりあえず7月のサッカー生観戦はこれで終わり。次は8月2日のタンポポセントラル。2試合ないし1試合見て港の岡崎vsSP京都の予定です。それでは熱中症もそうだけど日焼けにも十分気をつけて夏のサッカーを楽しみましょう。僕は日焼けで火傷して脚がヒリヒリしてます…おーいて…
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-22 22:51 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第25節

FC岐阜2-0ジュビロ磐田


得点者
岐阜 ヘニキ OG

こんなコンディションだったし磐田は最初から決めにかかってたけどそれを凌いで自分達の時間に巻き戻して行って「ひょっとしたら…」くらいに思って晩飯の支度してたらヘニキのゴール。ったく僕も持ってないな…

高地を出すのが早すぎる思ったけど結果として正解だったのかな…確実に言えるのはプロパーメンバーだけでは勝てんかったろうなぁ…と。風間の補強はもちろん渡邊の補強がかなり効いてる印象を持った試合でした。

これで勝点ゼロ必至言われた金沢→磐田→大宮の3つで勝点4。大宮から取れればかなり今後にも効いてくるんだけど…

とりあえずボトムズ整理をば。

水戸 26 -5
栃木 26 -9
熊本 26 -9
京都 25 -10
岐阜 23 -20
大分 22 -8


率直にいうけど未だ圧倒的不利な状況には変わりないです。理由は言うまでもなく得失点差。実質的には野球で言うとこの1,5ゲーム差はあると思っていいです。正確に言えば「勝点で上回らない限り順位は上がらない。」したがって最優先は負けないこと。次の大宮を凌げば群馬、熊本と前期で勝点取れた相手。大宮、群馬、熊本で最低4。出来れば7欲しいとこです。

個人的な残留争いにおいて心がけてるのは「ターゲットとするチームの位置を常に見てそこより上に居ればOK」ってのがあります。とりあえずターゲットにすべきチームは決めてます。そこより最終的に上に居れば最悪でも入替戦で済みます。それがどこかは言いませんが。

MOMはヘニキ。次点は風間。採点は無し。(メシ作ってたもん)
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-21 22:15 | カテゴリ:東海リーグ
東日本と平行開催になった今節。まずはリーグの結果から。

【1部】

常葉大浜松FC0-1FC刈谷

刈谷 坂本

矢崎バレンテ2-4藤枝市役所

矢崎 中島 望月陽
市役所 横山 高橋祐 鈴木侃 斎藤
  

※矢崎 納本がイエロー2枚で退場。長良戦停止。

試合数勝点得点失点得差
FC刈谷96212019712
FC鈴鹿ランポーレ9612191789
ChukyoUnivFC95221715105
藤枝市役所94141317152
FC岐阜SECOND94141314140
常葉大浜松FC1023591320-7
矢崎バレンテ102268919-10
長良クラブ71063516-11


得点者所属得点数
北野鈴鹿7
中野刈谷7
高橋祐市役所6
坂本CUFC5
浅野常葉5
鈴木侃市役所4
藤田セカンド4

【2部】

春日井クラブ4-6名古屋クラブ

春日井 渡辺 深澤 OG 高野(日曜の記事で高塚と書きましたが訂正します)
名古屋ク 酒井亮 小林 磯部×2 曽根×2


FC川崎2-9トヨタ蹴球団

川崎 OG 餅田
蹴球団 渡邊 金山 片山×2 鈴木×3 冨山 奥村


FC伊勢志摩4-0豊田自動織機

伊勢志摩 石場×2 溝田 北村知

ヴィアティン三重5-0TSV1973四日市

三重 青村 石川 高田 荒木 山田

試合数勝点得点失点得差
ヴィアティン三重98012440733
トヨタ蹴球団961219371225
FC伊勢志摩953118291217
名古屋クラブ8323111519-4
豊田自動織機730491526-11
TSV1973四日市80353725-18
春日井クラブ703531534-19
FC川崎50242427-23

得点者所属得点数
鈴木蹴球団14
藤牧三重12
溝田伊勢志摩12
片山蹴球団8
野口織機7
石場伊勢志摩6
岩田三重5
石川三重5
深澤春日井5


今週は愛知勢、そして常葉は天皇杯予選にかかります。そして2部は試合がありません。1部2試合のみとなります。そして会場変更がございます。ご注意を!

7月25日(

FC岐阜SECONDvsFC鈴鹿ランポーレ
@岐阜フットボールセンター 13時30分KO


7月26日(

長良クラブvs藤枝市役所
@浅中陸上 13時30分KO

長良vs市役所が北西部→浅中陸に変更となってます。ご注意ください。
では天皇杯予選の話に。

愛知は社会人枠2と大学枠2がトーナメントを行い、その勝ち上がりがスーパーシードの岡崎と。今週は土日両方使って岡崎との挑戦者決定戦となります。カードはこうです。会場は土日とも港です。

7月25日(

FC刈谷vs中京大学
15時30分KO

名古屋クラブvs東海学園大学
13時KO

日曜は土曜の勝者同士で26日の15時30分KOです。中京大は岐阜の特指2名を擁する「1軍」。東海学園はJ1松本に内定が出ている志知が居ます。どちらも一筋縄では行かない相手ですが…岡崎戦はNHKで放映されるので名前を少しでも売るために社会人2チームには頑張って貰いましょう。

そして常葉。静岡予選はMYFCがスーパーシードとなり、JFLのホンダ、沼津がシードで3回戦から。常葉は1回戦から。矢崎は2回戦からの登場になります。カードはこうなります。

7月26日(

常葉大浜松FCvs静岡教員芙蓉クラブ
@藤枝市民 10時KO

最後に鈴鹿の東日本社会人の3日間の結果です。

FC鈴鹿ランポーレ3-0十勝フェアスカイFC

FC鈴鹿ランポーレ5-2長野県国体選抜

FC鈴鹿ランポーレ1-0FCガンジュ岩手

昨年の地域決勝に出てきた2チームを倒しての東日本優勝は立派な物だと言っていいでしょう。行きも帰りもフェリーと言う長丁場の遠征ですがこの都合5日間で同じ空間を共にしたことで結束が高まっていれば良いのですが。そして補強組3人は帯同しませんでしたがセカンド戦で出番はあるのでしょうか?そして一番気になるのは…台風。台風12号が週末に日本に近づいてくるとの予報です。台風の場合、試合開催の可否に関わってきます。このブログでも情報が入り次第お知らせしますので今週末の観戦予定を立ててられる方は台風の動向にはくれぐれもご注意をしていただくようお願いします。

台風がやりそごせそうなら土曜の笠松は必ず行きますが日曜は体調次第かなぁ…それでは今週もサッカーのある場所でお会いしましょう。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-20 23:31 | カテゴリ:東海リーグ
DSCF1616.jpg


東海社会人リーグ2部 第10節

ヴィアティン三重5-0TSV1973四日市


得点者
三重 青村  石川 高田 荒木 山田

昨日の蒸し暑さと違って今日は単純に「暑い」。10時KOははえーよ…と思ったけどこの判断はGJと言う他にない。13時KOとかだったら熱中症の子供が出かねない暑さだった。

そんな酷暑の中、今年の東海リーグ公式戦観戦「15」チーム目となるヴィアティン。(残りは川崎)2部の本命であり、全社でもダークホースと目される可能性大ですがここまでリーグ戦も快調に首位を走ってます。相手は春に不覚を喰った四日市。リーグ戦では倍返しどころか半殺しの憂き目に遭わせてるけど四日市も全社予選で矢崎相手に金星を挙げて楽しい岩手行きを決めて意気は上がってるはず…もあれ?あれ??あれ???15人しかいねーぞ…?四日市サポに聞いたら仕事で相当数のメンバーが本日NGとのこと…あかん…これはあかんで…





申し訳ない。正直言って勝敗ではなく「点差」が焦点になるとしか思えなかった。四日市は1トップとトップ下の2名以外の8名でギッチリ引いて守ろうとするけど15分にコーナーからのこぼれ球を拾われ青村に単騎で切り込まれて先制を許す。こうなると行く以外ないんだけど太田に預けて押し上げようにもそこまでまず行き着かない。ヴィアティンのチェックにまず潰され、太田に出そうとするもジブリンに弾かれと打つ手無し。しかしヴィアティンも慎重に試合を進めてまずは四日市の消耗を待つ形に。惜しいシーンもヴィアティンはあったが結局意外にも1-0で前半は終わり。

後半のヴィアティンの選択肢は2つあったと思う。

1 頭から「ガツン!」と仕掛けて早急に追加点を奪う。

2 前半同様に慎重に入って追加点が取れればOK。取れた上で四日市がタレレば「殺し」に行き、そうでないなら最悪1-0でもいいから勝点3最優先。

僕は99%「2」と確信。「1」選んだら四日市にもまーだメはあるかなぁ…思ったけどやっぱり東海唯一の「S級」監督海津さんはんな愚策は打たず。前半と同じ入り方をして追加点もチームで崩しでもなく石川の単騎突破でのもの。ただこれで最低でも3点が必要になった四日市をへし折るにはお釣りがくる追加点だったのも事実。この後気持ちは折れてなかったが身体は折れた四日市をヴィアティンはしっかり蹂躙して結局夢スコ。きちんと四日市をリスペクトした上で容赦なく殺しに行ったヴィアティンのここでの器の違いが嫌ってほど伝わってくる内容でした…(余談ですがシュート数は25-0。コーナーも四日市は0と言う「完全試合」でした…)

試合の事はもういいとして僕がヴィアティンとの試合で見たかったのは「ヴィアティンスポーツフェスティバル」なるホーム戦イベント。要は試合前(今日は試合後だった)にその日のメンバー外の選手と試合をするピッチでボール蹴って遊ぼうってのが主題ってだけなんだけどこれを毎試合開催するってのは結構大変な事だと思います。そして今日はたまたま「試合後」開催だったので試合を終えたばかりの選手らがダウンもソコソコに子供らと触れ合う姿っては見ててこの先の未来のための「投資」に必ずなると確信を持てる物でした。大勝したばかりの目の前のプロ選手とボール蹴って触れ合える経験は得難い代物ですよ。この先もこのイベントは継続して行きたいとのコメントも取れたし僕もグランド事情が許す限り継続して欲しいし、他クラブでも出来れば行って欲しい。「経験」と「時間」と「記憶」は子供達の財産です。願わくば今日の子供らの一人でも未来のこのクラブのユニを纏い未来の子供達の相手をして欲しい。それがクラブの財産に必ずなるはずです。

追伸
月曜に試合があったので東海リーグニュースは明日火曜更新とします。ご了承を…
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(2) | トラックバック(0)
2015-07-19 22:55 | カテゴリ:東海リーグ
DSCF1575.jpg

東海社会人2部リーグ 第10節

春日井クラブ4-6名古屋クラブ


得点者
春日井 渡辺 深澤 OG 高塚
名古屋 酒井亮 小林(FK直接) 磯部×2 曽根×2

暑い。

正確には蒸し暑い。

海沿いの湿った空気が生暖かく風になって吹いてきてただでさえ蒸し暑い名古屋の夏での不快指数は高まる一方。
本当は出歩くつもりなかったが「強い要望」があってしゃーねぇなぁ…と港まで。昇格は正直厳しいが残留は容易なミッションっぽい名古屋クを迎え撃つのは未だ2部の未勝利3兄弟の一角を占める春日井。先週と続けて見るが先週は蹴球団に木端微塵に粉砕されて6失点。とは言えあの芸風ではしっかり守ってカウンターって手は打たねぇだろうなぁ…と。先週同様に勝点取るには「先制」尚且つ「その後のらりくらり」しかないとは思ったが…



DSCF1584.jpg



DSCF1585.jpg

そんな思いも「あっ…」と言う間にズルズルと下がってしまい酒井亮に5分で先制を喰らい、立て続けに小林にFKをぶち込まれて10分も持たずに0-2。即座に春日井も猛攻を仕掛けて渡辺のゴールで1点差に迫るも昨年岐阜セカンドに居た磯部に前半だけ2ゴールを浴びて前半だけで1-4。小林のFKはともかく、残り3つは崩された言うか「お留守」の状態で余裕持って決められた代物。手元にスタッツがあるが前半だけでシュート数は春日井7に対して名古屋クは13。正直名古屋もコンパクトに守れてるとは言い難い状態だったが春日井は清々しいまでに守備を捨ててるとしか形容の仕様がない有様。ボールを持って前を向いた時は迫力も圧力もあるんだけど失ってからが他人事過ぎ!ただ前半1-4でも名古屋クに対して「絶対に」大丈夫と言うには若干の抵抗が…

5点目を先に取りゃさすがに大丈夫だとは思ったが2-4になったら春日井の攻撃力なら2点差なら可能性は有る。出来れば60分までに2-4に…と思ったら前刈谷の安藤のパスから深澤が決めて2-4に。さらに安藤のゴールかと思ったが公式にはOGとなるゴールで3-4に。ここから一気に名古屋クの控え組の空気が険悪に…これで凌げればいいが、4-4になったらまず確実に5-4になる。そんな展開で名古屋クは耐える後半。後半の名古屋クは春日井の猛攻をモロに浴びる形になってアップアップになったがその要因の1つは前半CFだった秋田が後半に岐阜に居た時以来のCBに。あれなんでだったんだろうなぁ…よーわからん。それでもどうにか堪えた名古屋クは攻め疲れで力尽きた春日井の戻りきれない守備を嘲笑うかのように前鈴鹿の曽根に2つ決められ万事休す。ATに高塚が一矢報いるのが精一杯。4-6なんて大味な試合が終わった時には選手もグッタリキてたが名古屋クサポ3名もグッタリとしてたと記しておきます。

春日井は2試合連続6失点でいよいよホントにヤバい状況だがとりあえず未勝利3兄弟の中では一番点は取れているので2つ残ってる川崎に必勝で構えてどうにか織機から勝点取れればどうにかなるかな…と言う状況。正直ヴィアティンと伊勢志摩はどうこうなるとは思えない。試合後に春日井のマネージャー娘(可愛い)と取り留めもない会話してたんだけどその中で彼女は今の春日井の一番至らない点をピンポイントで射抜いてたよ。それはここでは書かないけどね。自分達で考えてね。

名古屋クは前期の判定トラブルがよほど懲りたか今日は判定に対して神経質になるシーンはなかったですがこっちも春日井程ではないにせよ攻守のバランスには疑問符が付く内容。微妙に主力を欠いてたので微妙と言えば微妙ではあったんだけど…とりあえず来週の天皇杯予選に向けて考えれば上々だったのかなぁ…と。なんとも言えねぇぞ僕は…

とりあえず明日は噂のヴィアティンのホーム戦に向かいます。今、日本で一番アツい6部所属のヴィアティン。あの会場でどんな運営するのか楽しみにします。それでは。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-18 23:57 | カテゴリ:FCマルヤス岡崎
JFL2ndステージ 第5節

FCマルヤス岡崎4-2FC大阪


得点者
岡崎 地主園 日下 レオジーニョ×2
F大阪 フィリピーニョ(PK) 岩本

1st最終戦から絶賛5連敗中の岡崎。試合後に山村が「クマに追い回される夢」見てたと言うほど追い込まれていたそうだが「降格」がリアルにチラついてるってのはこうゆうこったよなぁ…岐阜といい岡崎といい難儀なシーズンだ…

岡崎を前回見たのは2nd開幕の栃木U戦だったけどあの試合は岡崎では初めての「回顧拒否」を敢行する程ひでー有様。そこからMIO、岡山ネクス、ロックとアウェー3連戦でしかも下位相手に3連敗!2nd未だ勝ち星どころか勝点すらない状況で1stでタコ殴りにされたF大阪…絶望的な状況だがなりふり構わず補強を敢行してそして「最大の補強」も間に合った。反攻体制は出来上がったのかな…?



DSCF1567.jpg



DSCF1566.jpg

岡崎は随分と様変わりをした印象。「最大の補強」=日下の復帰なんだけど昨日発表があったばかりの梅村までいきなりぶっ込むとは思いもしなかった。そして相模原から来たレオジーニョ。J3ダイジェストでも見た覚えあるしそこそこ出てた選手なんだよな…相模原が出した理由がよくわかんないけどこの選手がフィットしてこないとキツいなぁ…とも。そうこう思いながらキックオフ。



F大阪が最初の5分メチャクチャ緩い。特に中盤のルーズボールは殆ど岡崎が支配して日下と佐野から効果的なサイドチェンジやロングパスがビシバシ通る。これは行けるぞ!思ったらロングボールに熊澤が深追いし過ぎて菅原康を倒してPK。これをフィリピーニョに決められF大阪先制。結局いつものパターンかよ…('A`) 思ったらやっぱりF大阪の守備はハッキリとルーズで岡崎の攻勢は止まらない。そして失点からあまり間を置かずに地主園が切り込んでシュート性の高いクロスを入れたら朴昇利が弾いた先がゴールネット。ラッキーも手伝い岡崎がアッサリと同点に。そしてこれに動揺したか朴昇利の位置取りが前過ぎると見た日下が右足一閃。40M級のロングが朴昇利が見送った先に突き刺さって岡崎が前半の内に逆転に成功。その後も日下、佐野の砲台から精度の高いボールが前線の鉄砲玉3人に入りまくるも追加点にはならず。そうしたらセットプレーでマークを剥がされ岩本に決められて同点に。前半は出入り激しく2-2。

ただ同点とは言えこの試合は岡崎の試合。取れると確信はあった。F大阪のあのルーズな守備が「撒き餌」とは到底思えなかったしレオジーニョをF大阪は捕まえきれずに日下に至ってはどフリーに泳がせるシーンも。決める人が決めれば絶対取れると思ったが後半の頭にF大阪は岡崎の守備の継ぎ目を見つけてチャンスを掴むも藤井の好セーブもあって試合は膠着気味に。岡崎は佐野を下げて砲台を減らす替わりに築館という灯台を投入して極端な地上戦セットから空中戦対応も可のセットに。この采配が当たって築館のクロスがレオジーニョに繋がって撃たれたシュートはF大阪ゴールの中に。これで勝ち越し。これでノリノリになったレオジーニョはさらにもう1点を加えて岐阜の天敵こと御給を投入してまで喰らいつくF大阪を振りきって2ndステージ初勝利。残留争いに踏みとどまりました。

DSCF1572.jpg

DSCF1574.jpg

レオジーニョの2ゴールで勝ったわけですが今日の岡崎の勝利の立役者は彼だけに非ず。前節から抜擢されたFW吹田の前線から追い回し、レオジーニョが入ったことで切り込み役がもう1枚増えたことによる地主園の攻撃力の増加。そして日下と佐野のパスセンス。全てが上手く回った上にF大阪の中盤がルーズ過ぎた故の勝利だったと思います。よく頑張りましたよ。3人の鉄砲玉。今日のサッカーが出来ればまだ勝てます。守備面での不安は消えませんでしたけどね…

とりあえず次のホーム戦(タンポポセントラルの日と被ってんだよなぁ…)も行きます。決定です。開幕前に挙げたノルマの1つはどうにかなる気がします。あとは残留。もうホントマジに頼む。イリーガルな手段以外何してもいい。絶対残ってくれ。今日のサッカー出来ればそれは不可能ではないと信じます。
2015-07-17 21:23 | カテゴリ:FC岐阜
散々これまで痛い目に遭わされた砂川がまさか岐阜に来るとはなぁ…

年齢面の事もあってフルでの出場には疑問符が付いてます。しかしJでの実績は高地以上の代物。服部年宏氏レベルとまでは行かないにせよ相当の実力者が岐阜にやってくるのに驚いてます。

しかしながら今季は札幌は監督が変わって出場機会を失ってたのですね。それ故に自らがまだ輝けると証明するためにこのオファーを受けたってことなんでしょう…レンタルで札幌戦は今季は不可の約定付きですが少なくとも帰ることはないだろうしその覚悟で来るのでしょう…札幌サポからナザリト返すから砂川だけは勘弁して!なんて叫びもあったようですがこれ実績だけなら砂川以上の小野や稲本が仮に来るとしてたらこんなセリフ出たかなぁ…とも。多分出てないだろうな。ナザリトが向こうでフィットしてないってもあるけどこれで札幌サポには嫌われたかなぁ…とも。それでも足掻いて足掻いて残る為に口説き落としたのでしょう。使い方がわかんないけど岐阜の若手の触媒になってくれればとも思ってます。

しかし札幌に12年居たのか。そりゃそれだけ愛されもするわなぁ…岐阜で一番在籍年数長い野垣内でも7年ちょいか。仮に野垣内がどっか持ってかれたとしてここまで岐阜サポが嘆き悲しむのかなぁ…僕はちょっとその図が浮かんでこないんだよなぁ…

いずれにしてもFWを連れてくるって予想は外れましたが財政面もあるんでもうないと思います。後はもう神のみぞ知る話。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-13 21:14 | カテゴリ:東海リーグ
リーグも再開されて例の3分の1ルールの期限もいよいよ今週となるチームも。もうないとは思いますけどね…
それではまず先週の結果を。

【1部】

藤枝市役所4-0FC岐阜SECOND

市役所 斎藤 高橋祐×2 村松


FC鈴鹿ランポーレ3-3常葉大浜松FC

鈴鹿 北野×2 村田
常葉 進藤 中田 浅野


ChukyoUnivFC2-0矢崎バレンテ

CUFC 坂居 坂本

試合数勝点得点失点得差
FC鈴鹿ランポーレ9612191789
FC刈谷85211718711
ChukyoUnivFC95221715105
FC岐阜SECOND94141314140
藤枝市役所83141013130
常葉大浜松FC923491319-6
矢崎バレンテ92258715-8
長良クラブ71063516-11

得点者所属得点数
北野鈴鹿7
中野刈谷7
坂本CUFC5
高橋祐市役所5
浅野常葉5
藤田セカンド4
近藤鈴鹿3
ネットセカンド3
セカンド3
鈴木侃市役所3

【2部】


トヨタ蹴球団6-2春日井クラブ

蹴球団 鈴木×3 増田 杉山 片山
春日井 阿南 深澤


TSV1973四日市0-0FC川崎

試合数勝点得点失点得差
ヴィアティン三重87012135728
トヨタ蹴球団851216281018
FC伊勢志摩843115251213
豊田自動織機630391522-7
名古屋クラブ72238915-6
TSV1973四日市70343720-13
春日井クラブ703431128-17
FC川崎50232218-16


得点者所属得点数
藤牧三重12
鈴木蹴球団11
溝田伊勢志摩11
野口織機7
片山蹴球団6
岩田三重5


累積ツモの選手は以上です。

鈴鹿 保崎(25日セカンド戦)
常葉 杉山(19日刈谷戦)


さて今週末は楽しい3連休ですが東日本社会人が北海道で開催される関係で鈴鹿がそちらに参加するため不在になります。
ぶっちゃけこの大会、なーんのメリットもないんですよね…ただ鈴鹿は全社出れないのでここでしか連戦経験を積めないのでしっかり土曜に十勝にまずは勝って3連戦を戦いたいとこ。十勝に負けたら日曜で終わりです。とりあえず鈴鹿に課すノルマは「月曜にガンジュ岩手と戦る。」これを達成出来なきゃ北海道まで行く意味は大してないような気がしています。しかし北見市かぁ…どうやって行くつもりだよ。一番近い空港は女満別だけどセントレアからは1日1往復だし。千歳だと着いてからだけでもエラい時間かかるけど…

と言うわけで今週は1部は2試合。2部は4試合になります。今週は「日月」開催です。お間違いないように!カードはこれ!!会場アンド時間も変更もあるからね!!

【1部】

7月19日() 

常葉大浜松FCvsFC刈谷
@有玉 12時KO


矢崎バレンテvs藤枝市役所
@藤枝陸上 14時30分KO


【2部】

7月19日(

春日井クラブvs名古屋クラブ
@港 11時KO


FC川崎vsトヨタ蹴球団
@岐阜フットボールセンター 13時30分KO


FC伊勢志摩vs豊田自動織機
@伊勢フットボールヴィレッジ 18時KO


7月20日(

ヴィアティン三重vsTSV1973四日市
@NTN桑名運動公園 10時KO


今週は2部2日になるかも…月曜の三重vs四日市は確実に行くけど日曜はまだわかんない。笠松行けば今週で16チーム全部見たことになるけど…(残ってるのは三重と川崎)ちょっと疲れが抜けにくい体になってるんで出来れば1日まるっと休みたいのが本音です。土曜は港で岡崎vsF大阪のJFLです。岐阜がヤバイ状況だけど岡崎のヤバさも大概な状況。どっちもどうにかしてほしいとこだけど…それでは今週もサッカーのある場所でお会いしましょう。それでは。
2015-07-12 23:42 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第9節

ChukyoUnivFC2-0矢崎バレンテ


得点者
CUFC 坂居 坂本(PK)

続いての中京大第2試合。2週間前にセカンドに大逆転負けのリベンジを喰らい、先週の全社予選で土曜に市役所とガッツリ延長まで戦った挙句に日曜にヴィアティンに完封負けと流れがかなーり悪いCUFC。一方矢崎も全社予選で未だ2部で未勝利の四日市に延長まで戦った挙句に逆転負けとリズムの悪さはどっこいどっこい。立て直しの為には特効薬は勝利以外に無し。特にCUFCは優勝の為には確勝の構えで望まないといけないが理由はわからんが知将吉田不在。指揮を取るのは元岐阜の河野直人と昨年まで蹴球団で現役だった中田智久。ひっさしぶりに「中京ガヤ集団」も現れ(のっけのカマシで矢崎の選手は失笑してた)どうなるかさっぱりわからん試合は始まりました。



DSCF1557.jpg



DSCF1556.jpg

気温に湿度の高さもあってオープンな展開を予想したけどどっちもかなり慎重に入って中盤でも結構に激しい奪い合い。得点機って意味での見せ場はないにせよ、さっきの2部の試合とはやはりレベル差は歴然。締まった試合で時間は進み前半はスコアレス。

スタミナ勝負ならCUFC。決め手勝負なら矢崎かなぁ…1点勝負と踏んで後半に入ったら秒殺でCUFCがゴール前で細かく繋いで坂居が押し込み先制。完全に意外な先制点だった。そしてそのダメージはあったのか矢崎は前半程プレスが効かなくなって徐々にCUFCの展開になって行き、セットプレーの流れでPKを与えてしまい、坂本に決められて2点差に。矢崎は3トップにするなどどうにか1点返そうとするも畑も中島もガス欠になって退き打つ手無し。結局CUFCが完封で矢崎を下して優勝戦線に生き残りました。

CUFCはDFとGKを少し手を入れてきましたが前線のメンバーはほぼ定まった感があります。リサーチしたけど入替に関しては確信を得れなかったです。このメンバーで行くんじゃないかなぁ…入れ替えるならもう次の週しかないんだけど…
矢崎は今年は上位には勝点取ってたんだけど今日は完敗。けど落ちるようなサッカーはしてなかったし今は降格圏だけど多分最終的には帳尻合わせると思います。

とりあえず鈴鹿が取りこぼしをしてしまったので鈴鹿とCUFCの差は「2」。自力優勝が復活しました。その辺の解説は明日の東海リーグニュースで。それでは。

2015-07-12 22:10 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人2部リーグ 第9節

トヨタ蹴球団6-2春日井クラブ


得点者
蹴球団 鈴木×3(1PK) 増田 杉山 片山
春日井 阿南 深澤

DSCF1558.jpg

1部も相変わらずの激戦だけど2部の2着争いも相当なマッチレースになるのは間違いなさそうな雰囲気。その片棒を担ぐのは1年復帰の為に1つも負けれない蹴球団。伊勢志摩との直接を終えたので「取りこぼした方が脱落」。そしてヴィアティンとの対戦も1つのカギになるのは間違いないでしょう。今日の相手、春日井は春に小牧で鈴鹿と戦った試合を見たけど明確な弱点があったので勝点取るのには絶対条件があったんだけど…



DSCF1546.jpg




DSCF1548.jpg

蹴球団は今年結構見てるが春に見た春日井ではぜってー勝てねぇだろうなぁ…と。勝点取るための絶対条件は「先制」だったんだけどそれには成功。加藤駿のCKから阿南が頭で合わせて蹴球団のネットを揺らし春日井が先制。

もう一つ必要だったのは「追加点」or「リード時間を可能な限り長く」だったけど先制してすぐに蹴球団の逆襲を浴びてPKを与えてしまい鈴木に決められアッサリ同点。こうなると厳しいなぁ…と思ったらゴール前で鈴木にキープされて落としたボールに増田が突っ込んで豪快なミドルを叩き込んで想像以上にアッサリと逆転を許してしまい2-1に。そこからはもう蹴球団の無慈悲な虐殺が始まり前半だけでさらに杉山、鈴木の2ゴール目と追加点を重ね前半終了時で4-1。もうこの時点で勝敗は決したも同然。伊勢志摩とのマッチレースの事を考えるともっと欲しいとこだけど…

冒頭に書いた春日井の弱点はズバリ「スタミナ」。普段の練習量を聞いてるのでむしろ今までずっとこの東海のステージで生き残ってるってのが賞賛に値するレベル。上手いんですよ。みんな。足下なんか特に。その筆頭が蹴球団「前」No10の加藤駿。
DSCF1552.jpg
蹴球団に居た時も正確なプレースキックで多くの得点を生み出していたけどこの日も前半のアシスト。そして後半もクイックリスタートで深澤の追撃弾をアシスト。しかし試合中に本人が言うように「走れない」。普段走れてない=練習量が足りない。個人の質もチームの質も練習量×練習の質で決まると思ってる。どうしても職業選手でない以上仕方ない部分はあるにしてもチームとして積み重ねている物の蓄積量の差はもうどうしようもないレベルで鈴木の「うめぇ…」としか言えない華麗なトラップボレーでのハット弾や片山のゴール等で春日井を終始圧倒。結果6-2で一蹴となりました。

とりあえず蹴球団に関してはヴィアティン以外には負けることはないでしょう。ドローで取りこぼす可能性があるとしたらあそこかなぁ…ってのはあるけど。それは伊勢志摩も同じことなので今日の2失点目のようなつまらん失点が命取りにならんように可能な限り取れるとこから取るの姿勢で挑みたいとこでしょう。春日井は未だ未勝利だけど残留に限って言えばどうにかなるかなぁ…とは感じてます。「ある事情」で春日井に落ちられては「僕が」結構困ることになるのでどうにかして欲しいとこだなぁ…

それでは次はCUFCvs矢崎です。
2015-07-12 20:47 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第23節

FC岐阜0-1横浜FC


得点者
横浜 小池

揶揄でも比喩でも無く、試合途中で「寝落ち」してしまう低調な代物。
大分勝利で最下位転落。個人的にはもう庇いきれないと思ってます。「交代」の決断待ちです。

2015-07-12 08:39 | カテゴリ:東海リーグ
東海社会人1部リーグ 第9節

藤枝市役所4-0FC岐阜SECOND


得点者
市役所 斎藤 高橋祐×2(1PK) 村松


年1で必ず行くようにしてる藤枝遠征。聖地藤枝市民はどこよりも優しくプレイヤーを迎えるピッチ。そしてそこを鎮護する市役所はこの東海の大いなる門番。ここをクリア出来ずして全国なぞ笑止!ではあるんだがセカンドは2節でトップと同じ失態を演じる大逆転負けを喫して未だ首位争いに食いつけど絡めてはいない。8月に自治体選手権を控える市役所。大一番に向けて「アガって」来てるのは間違いないとこ。そう言えば去年も似たような時期に市役所とアウェイをやってボコられたなぁ…




DSCF1535.jpg

DSCF1536.jpg


市役所は後半頭に「ガン!」と畳み掛けてくるんだけど今日は前半頭からセカンドの1ボランチの脇を使いサイドや斜めのパスを上手く使ってセカンドを押しこみ、高橋祐の突破から得たチャンスを最後は斎藤がプッシュして先制。
そこからようやくセカンドも1トップのネットのポストから森と牧野がチャンスメイクをするも最後の詰める部分でトップ同様のノッキングが起きて詰め切れず。そうしたら市役所のコーナーをネットが手ではたき落としてPKは。これを高橋祐が余裕で決めてはや2点差。ここからがセカンドは一気に攻撃の圧力が強くなり市役所ゴールを襲うもリーチも掛かること無く前半終了。

HTでセカンドをネットと工藤を下げて渡邊と古市を投入して布陣も大幅に変更して挑んだ後半。前半2失点してからのセカンドは完全に試合の主導権を取っていたがとにかく1点返せない限りは意味は無い。渡邊や森のミドル、萩原の攻撃参加などセカンドは1点を取るために力攻めで攻め立てるも市役所の門扉は一向にヒビを見せない。ついに攻め疲れで力尽きたセカンドは後半終了程近い時間に市役所の逆襲を浴びて連続失点。シュートミスに助けられたのもあって夢スコの屈辱だけは免れたが笠松でのリベンジ、優勝争い継続も全て吹っ飛ぶ見事なまでの返り討ちを喰らって絶望的な4敗目。鈴鹿が取りこぼしたので二重に痛恨の敗戦だったと思います。

セカンドは2失点目が致命傷だったかなぁ…0-1の状態で攻撃継続なら多分取れた。2点差の重圧があったのじゃないかなぁと思います。勝つには3点が必要になったわけですし。まず1点でいい状況だったはずなんだけど早く2点取らないと!的な焦りも感じました。鈴鹿との差が残り5試合で「6」は直接が残ってるにせよ絶望的に近い。と言うか次が鈴鹿との直接なのでそこで喰らいつくのか引導を渡されるのか…

市役所は自治体前で「アガって」たなぁ…この日は完勝でした。このサッカー出来れば最終的には悪くても中位にはなれるはずですが…刈谷、鈴鹿とも前期は敗れてますが後期の市役所は去年ばりの強さが披露されるかもしれないです。そうなれば東海のカギはここになる。ダイヤの4-4-2は市役所では初めて見たけど出来ればこれ継続して欲しいなぁ。

2015-07-08 21:16 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第22節

FC岐阜0-2東京ヴェルディ


得点者
東京V 杉本×2

絶望感しかない。試合をコントロールしてた?アホか。終始向こうは余裕持って戦ってたっつーの。

失点は2つとも前掛かってカウンター喰った時にズルズルディレイしか出来ずに簡単にマーク剥がされてフリーで撃たれての物。2つとも外したのは阿部。ポジションは被る、パスミスは数知れず。挙句あの失笑もんの失点。仕事の都合付けて水曜夜に長良川行った人が気の毒だわ。

今日はもう何も言いたくない。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-07 20:17 | カテゴリ:FC岐阜
あえて言おう。大分、アホとちゃうか?

眼前の残留争い(岐阜19,大分15)のライバルに貸すか普通!?大分戦出場不可の特約は当然のように付いてはいるけど…だよ。正直朝知った時に出た言葉は「大分アホや…」でしたもん。臆面もなく大分にオファー出したこっちの面の皮の厚さも大概だけどちょっと理解に苦しむなぁ…風間出すとは思いもしなかった。

岐阜はレオが6週間のケガと発表があったので実質的には2ヶ月はダメと思っていいでしょう。そうなると取ってくるのはFWだと思ってたのですが補強は現在CBとOMF。多分あと1人あるでしょう。それで終わりじゃないかな思います。ポジションはFW以外考えれないけどなぁ…

んで鈴鹿が今日になって東京V秋田からFWをレンタル。昨日C大阪からSBもレンタルしたとは既報済ですが中盤は手付けず。GKも枚数は不安だが2名ともJ2試合経験者と5部にしては相当にいい質を揃えてるしこれで終わりかなぁ…高級車1台分くらいはこれで使ったはずだし。ただこの3名の東海リーグへの登録がどうなってるかは不明です。今日現在では刈谷の古澤のみ登録が発表となってます。

そして最後に時間変更のお知らせ。またやられたよ。

四日市vs川崎のKO時間が変更になりました。正しくはこうなります。

7月12日(

TSV1973四日市vsFC川崎
@四日市中央緑地 11時KO


13時から11時に変更となってます。観戦予定の方はくれぐれもお間違えのないようにお願いします。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:プロ野球
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-06 22:35 | カテゴリ:東海リーグ
全社予選も終わってリーグ再開。今週は刈谷と鈴鹿で補強の報告があります。

まずは今週末のカードから。今週は「6」試合のみです。1部は刈谷と長良がお休み。2部は三重と名古屋ク。川崎と織機がお休みです。

【1部】

7月11日(

藤枝市役所vsFC岐阜SECOND
@藤枝市民 14時KO

FC鈴鹿ランポーレvs常葉大浜松FC
@石垣池公園 15時KO


7月12日(

ChukyoUnivFCvs矢崎バレンテ
@中京大 14時KO


【2部】

7月12日(

トヨタ蹴球団vs春日井クラブ
@中京大 11時

TSV1973四日市vsFC川崎
@四日市中央緑地 13時KO


尚停止者は…

矢崎 石垣(累積)です。


それでは補強の話。刈谷が2日の日に山口から2名。鈴鹿が今日C大阪からのレンタルを発表しました。

刈谷がCBとOMF。鈴鹿がSBですね。正直刈谷はえ…?そこ…?ってイメージはあるのですが。鈴鹿はピンポイントですがまだ18だしすぐにどうこうはないと思うんだけどなぁ…即レギュラーって位置づけではなくバックアッパーだと思います。

んで東海だけでなく全国ルールの3分の1ルール。どっか現J2がムッチャクチャな直前補強を色々しでかして問題となって制定されたこのルール。東海は14試合なので9試合で〆切(10でOKとの指摘有りました)。刈谷も鈴鹿も消化数は「8」なので事実上の〆切は今週一杯。そして東海は「リーグに登録が完了してから2週間」出れないってルールがあるので今回発表のあった3名はこの週末の試合には出れません。刈谷の2名は19日。鈴鹿の温井は25日からになります。(鈴鹿は18~20は東日本社会人で北海道遠征。これは来週触れます。)

どちらも仕掛けてきましたねぇ…CUFCも7月に入替をするって話を聞いてるし上3チームは後期の陣容に変化が出る可能性が高いです。セカンド以下5チームは何も聞こえてないですが常葉は入替あるかもしれないなぁ…

あ、今週末は土曜は藤枝です。日曜は中京大で2つ見る予定でいます。グランスピアー呼んだり鈴鹿も色々今年になって仕掛けてますねぇ…こないだはミス・ユニバースの三重県代表呼んでるし。これも北勢の放火魔…もとい、ヴィアティンの刺激もあるんだろうなぁ…と。無論新会社の頑張りもあるんでしょうけど。春先に酷評したけど大分改善された思います。刈谷も今年に勝負賭けてるってのは伝わってきます。この上位2つで決まるのか?それともまだCUFC、そしてセカンドは食らいつくのか…?その答えはまだ先の話。それでは今週末は藤枝と豊田でお会いしましょう。それでは。


【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-05 13:33 | カテゴリ:東海リーグ
全社東海予選全試合終了。結果です。

FC刈谷4-1芙蓉クラブ

FC岐阜SECOND1-0名古屋クラブ

TSV1973四日市2-1矢崎バレンテ
(延長)

ChukyoUnivFC0-2ヴィアティン三重


以上の結果を持ちまして…

FC刈谷!

FC岐阜SECOND!

TSV1973四日市!

ヴィアティン三重!

以上4チームは岩手に向かってバンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!!!



【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-05 09:50 | カテゴリ:東海リーグ
昨日忘れてましたが今日の全社東海予選代表決定戦のカードです。

【愛知】

FC刈谷vs芙蓉クラブ

【岐阜】

FC岐阜SECONDvs名古屋クラブ

【三重】

TSV1973四日市vs矢崎バレンテ

【静岡】

ChukyoUnivFCvsヴィアティン三重


注目はやはり静岡ですかね。代表が決まったら再度更新します。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2015-07-04 21:33 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第21節

ジェフユナイテッド千葉3-1FC岐阜


得点者
千葉 キム・ヒョヌン 町田 ペチュニク
岐阜 難波

前半千葉が緩すぎた時間帯で2点目取れてればちっとは違う展開だったろうけど取られた時間帯が最悪過ぎて言葉も出ない。
つくづくこのチームはクローズが出来ねぇなぁ…と。

アンラッキーな要素は確かにあったけどよしんばあのシーンでPK貰えていたとしても勝点3を取れたかと言われたらNOだったろうなぁ…身も蓋もない言い方ですが今の岐阜をよーく表す負け方だったと思います。

んでこれで折り返し。
5勝4分12敗 勝点19。 21位。 得点23 失点42(!) -19。

1試合平均2失点?論外だ。論外。内3失点以上喰らったのが6試合。(岡山、大分、東京V、大宮、横浜、千葉)この中には5失点以上喰らったのも2つ(大分、大宮)ある。守備に問題がある。ではない。守備がそもそも成立してないってレベル。渡邊の補強はベストチョイスの選手だとは思ったけどそれだけでは追いつかないな…監督がラモスである以上組織的守備の構築ってのはハナからないもんだと考えるとなると残された道は「取られた以上に取る」くらいしかない。けどそれは悪手なんだよ…わかってんだよ…どうしたもんだかなぁ…

個人的には「交代」でも仕方ないと思います。少なくとも文句は言えん成績です。けどその可能性も低いでしょう。さぁどうするのでしょうかね…
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(1) | トラックバック(0)
2015-07-02 22:19 | カテゴリ:FC岐阜
相手がある程度予想つく県が相手ではあるけど、「県代表」とやんのが久方ぶりだしまぁいっか…

関西学院6、バンディオンセ加古川3、それ以外1くらいの可能性だと思ってます。希望はバンディオンセですが。では東海関係分を。

【愛知】
vs神奈川代表 (YS横浜?、相模原?東海大?神奈川大?) 勝てば湘南と。

【岐阜】
vs群馬 勝てば徳島vs岡山代表の勝者と。

【三重】
vsV大分 勝てば鳥栖と。

【静岡】
vs奈良代表(奈良クラブでしょうね) 勝てば清水と。

おまけ どっかのJ1様
東京代表(全く読めん)vs岩手代表(グルージャだと思うけどなぁ)の勝者と。

では各県の予選状況を。

【愛知】

マルヤス岡崎がスーパーシード。けど信頼度はどうだろうなぁ…この選手は出れるはずだけど…

【岐阜】

まだ詳細が出てません。

【三重】

TSV1973四日市vs三重の大学勢の一発勝負。どうせ四日市大だとは思うけど…

【静岡】

全国屈指の激戦区。東京と双璧レベルだと思う。

とりあえず岐阜の情報待ちですね。それでは。