2016-04-29 21:19 | カテゴリ:東海リーグ
愛知県社会人サッカー選手権決勝

FC刈谷1-2トヨタ蹴球団


得点者
刈谷 中野
蹴球団 鈴木×2

GW初日。ウダウダし過ぎて刈谷出るの遅れたので湾岸乗ったら大府で渋滞。湾岸で詰まった経験ないんで焦ったけど港には織機vs東海学園KO直後程度に到着。ダウンコート着てきて正解でした。風が舞う舞う。風が無ければ快適な春空だった思いますがこの風は4月下旬にしては少々厳しい。織機vs東海学園は前半は全く見せ場無く、後半に織機のSBが中絞りすぎたスペースを東海学園に突かれて2失点。結局東海学園3位。織機4位となりました。

では決勝を。刈谷は先日の織機戦見た感じでは派手さが感じれず堅実に織機を殺したって印象しかなく、それはそれである意味強さは感じた。ただ割と正直な刈谷サポがみんなして渋面だったのが少し気になっていた。確かに1部優勝、全国4位が2部の中位に慎重な試合して2点差ってのは…とも思うけどそこまで…?ってのが僕の気持ちだった。ここで一気に相手強化になるが言っても2部最上位級、1部では中堅下位レベルの蹴球団に手こずるようでは「帰るべき場所」に帰るどころの話でもない。ただ今年の蹴球団は「素でエグい」補強をして2部ではなく1部仕様のチームに仕立て上げてきた。戦前予想はそれでも6対4で刈谷だったけど…





奥村と田村亮を停止で欠く蹴球団はボランチに川上。2列目に吉田を据えてきて東海学園戦はベンチ外の遠藤をFWに起用。刈谷はどうもベスメンではないとのことだったが…

この日の港のピッチはデコボコ。上空は風が舞いまくって風下ではハイボールは垂直落下。ハイボールはダメ。グラウンダーで繋ぐのも一苦労。鍵になるのは「低く速いボール」になる。ところが刈谷は4-2-1-3のショートパスに拘るシーンが多く、ボールのコントロールに苦しみ攻撃を構築できない。このコンディションに柔軟に対応したのは蹴球団。鍵になる「低く速いボール」で縦パスを出してシンプルに2トップに預けるが2列目のサポートが薄い。それが噛み合ったときにテンパイ級のチャンスを得て田村直がフリーで撃って山下の手を抜けるが内田が間に合って間一髪。刈谷もゴール前のクロスの処理を蹴球団がもたついたとこに安藤が詰めるがこれもダメ。双方大決定機を一回ずつ逸して前半終了。けど贔屓目無しでこの前半は「風下の蹴球団」の判定勝ちだった。

どうすんべ…前半風上でありながらそれを利用せずにこの有様で後半風下に立って試合優位に運べんのか?と思った後半早々に蹴球団は今日の鍵をきちんと使って先制に成功。



風に乗らない低いボールをニアで擦らせた鈴木のヘッドがそのままゴールに吸い込まれ蹴球団が先制。これで一気に苦しくなった刈谷は選手のイライラもスタンドに伝わってきていらんカードを頂戴する始末。とにかく刈谷はパスの意図と選手の意図が噛み合わないシーンが多く、中盤の守備の構築もまだ足りてない。そして懸念していた「風下」が影響して喰らった2点目がこれ。


もうね…タイマンで負けるのは論外だがそれ以前にこのコンディションを頭入れてた?って感じの刈谷目線で見たらorzとしかならん失点。蹴球団目線で言えばワンチャン逃がさない「蹴球団の帝王」鈴木の技術と得点嗅覚を褒める他ないのだがこれで0-2と刈谷の立場は一層窮地に。というか現地での感覚で言えばこの鈴木の2点目で「詰み」でした。だって刈谷のやることなすことてんでちぐはぐでチームになってなかったもん…それでも終了間際に得たPKを1部得点王中野が沈めて一矢は報いるが時は既に遅し。そのまま笛は吹かれて蹴球団が2013年以来3年ぶりの優勝となり終わりました。



※3本の動画は投稿者の承諾を得て使用させていただいてます。

結果も内容も刈谷目線で言えば論外以外の言葉が無い。やろうとしてるサッカーしか頭に無く、与えられた環境を考えていたとは思えない。まだ飯塚監督のサッカーが全然落とし込めてないってのを露呈する結果になってしまった。相手が強化されてこの内容では正直1部優勝候補として現状刈谷は「推せない」。前期で取りこぼす試合が出てくる予感しかしなかった。完成まで我慢できるか。そもそも完成に至るのか。完成すればかなり魅力ある内容が見れそうな気もしたが現状ではまだ程遠い。今日のこのピッチでこのサッカーになんで拘ったのかな?もう少し工夫が欲しかったし蹴球団の先制点のようなボールをもっと使えばもう少し違ってたんじゃないかな?繰り返すが今日の刈谷はあまりに工夫がなさ過ぎた。蹴球団との差はそこだったと思います。

さて、これで優勝となった蹴球団。どうも港では天皇杯以外2年ほど負けた覚えがないらしい。それも気持ちの部分でのアドバンテージだったのかな?今日に関しては終始刈谷を上回る完勝でした。これで気持ちよく2部の開幕を迎えれる事でしょう。1部優先主義を掲げる以上2部の蹴球団の試合を見に行くのはある程度条件が必要になりますが今年も2部に関しては蹴球団を贔屓に見ていこうと思ってます。(ぼーっと日程見てるが6月12日がチャンスかな…?)とりあえず優勝して帰ってこい。出来るよね?これで天皇杯予選の権利も取ったので大学代表との試合も時間あれば見に行こう思います。当然岡崎と決勝になれば最優先です。

これで明後日岐阜セカンドを見たら静岡2つを除く1部6チームを開幕前に見れた事になります。岐阜セカンドが僕の中でどの位置に入るかはわかんないけど開幕前での力の序列は僕の中ではほぼ固まりました。果たしてそのまんまリーグの順位になるのかな?なったら面白くないなぁ…
2016-04-25 21:08 | カテゴリ:東海リーグ
冒頭にまずごめんなさい。

刈谷vs織機書こう思ってたけど昨晩21時に座椅子で「寝落ち」と言う失態を演じてしまいました…鮮度も落ちちゃったので詳細は書きませんが刈谷に関して言うならば「堅実」って試合運びの試合でした。頭と最後できっちり奪っての2-0勝ち。盤石に見えたけど刈谷サポはまだ満足気ではなかったとだけ伝えておきます。29日にもう一度チャンスあるんでその時はもうちょいマシなこと書けるようにします…

では昨日の全結果を。

【愛知】

トヨタ蹴球団3-1東海学園FC

FC刈谷2-0豊田自動織機


【岐阜】

FC岐阜SECOND1-0(EX)NK可児

FCXEBEC岐阜0-3FC川崎


【三重】

FC伊勢志摩6-1TSV1973四日市

鈴鹿アンリミテッドFC2-1ヴィアティン三重


三重がこれで最終順位確定。
鈴鹿が優勝。ヴィアティンが準優勝。伊勢志摩が3位。この3チームが全社東海へ進出。さらに上位2チームは天皇杯予選に進みます。鈴鹿の選手、サポーター、関係者の皆様おめでとうございます。

続いて愛知。愛知は「優勝チームのみ」天皇杯予選へ。したがって昨日特段決まったことはありません。全社東海予選には既にこの4チームの出場が確定しています。

岐阜はまずセカンドと川崎の全社予選出場が確定。XEBECと可児で最後の椅子を争います。岐阜は天皇杯枠は2つで良かったっけなぁ…?

では今週よりGWに入りますが全社県予選はこれで最終週になります。愛知と岐阜で開催日が異なります!お間違えないように!どちらの県も午前が3位決定戦。午後が決勝です。

【愛知】

4月29日()@港


豊田自動織機vs東海学園FC 
10時30分KO

FC刈谷vsトヨタ蹴球団
13時KO


【岐阜】

5月1日()@メドウ


FCXEBEC岐阜vsNK可児
11時KO

FC岐阜SECONDvsFC川崎
13時30分KO


両方行くつもりです。去年の岐阜はGW渋滞でエラい目に遭ったなぁ…その後に春日井vs鈴鹿のTM@小牧って強行軍だったから帰ってからグッタリした覚えしかないけど…今年はメドウ行くルート変えます…

あ、ようやく東海日程出ましたね…ホンマえー加減にせーよ…ってドタバタがあったのは聞いてますがこれは現体制のままでは永遠に解決しないよ。待ち回り止めて常設の事務局と選任のスタッフ置かないと絶対ダメですってば…それを出来る人的リソースがあるかは自信ありませんが…

それではいよいよ次週より東海リーグニュースもシーズンバージョンになります。一応開幕週は土曜刈谷、日曜鈴鹿の予定でいます。今週は金曜に港。日曜にメドウでお会いしましょう。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-24 19:02 | カテゴリ:東海リーグ
愛知県社会人サッカー選手権準決勝

トヨタ蹴球団3-1東海学園FC


得点者
蹴球団 佐藤×2 奥村
東海学園 9番?

水曜木曜辺りは肌寒かったのが今日は一転小春日和に。

KO時間間違えて港行ったら僕と綺麗な外人の女性がいただけ。KOまでにほまぁまぁ人来たけど気まずかったぁ…

3試合で23点と大爆発の蹴球団。東海学園はまだメンバーを把握していないがCUFCを破ってるように地力はあると思われます。

そしてこの時にも触れた33番と34番が今日も先発。東海2部って5部の枠の割には選手層が豪華な蹴球団。そうポッと出で出れるチームでもないと思ってたが試合後に蹴球団の選手から正体聞いてビックリ!



DSCF1994.jpg

答先に出します。33の正体は元名古屋の佐藤将也との事でした。OCEAN'S戦でも切れ味違うなぁ…新卒とは思えないけど…とは思ってたけど想像以上の回答だったので驚いてます。そして34は去年F大阪に居てポーランドでの経験が長い池上宏亮との事でした…今年蹴球団2部だぞ…むっちゃ補強してるやないの…先日の浜大のルーキー遠藤なんかベンチ外だったし…



DSCF1995.jpg

とりあえず試合の件。最初の10分は東海学園が1トップの12番を狙ってそこに2列目が突っ込んでくるがシュートまでは持って行けない。けど支配はしてるかな?思った矢先に蹴球団のカウンターが炸裂して細かいパスから抜け出た所からさらに大外を駆けてきた佐藤にはたいてそのまま切れ込んでサイドネットに刺して蹴球団先制。

DSCF2002.jpg

この時点で33の正体知らんかった僕は「誰や!?」となった。そしたらさらに蹴球団のCKに動き出しでフリーになり合わせたのはまたも佐藤。左SBの2ゴールで蹴球団がサクッと2点先制。

DSCF2003.jpg

東海学園は攻めが単調な上に球際が弱く試合は完全に10分過ぎの先制から蹴球団の物に。チャンスらしいチャンスは特になく前半終了。ちょっとこの前半見る限りこの2点差はセーフティと言って問題ないかな…と。

そして後半。東海学園は弱点が露呈してしまいそこを奥村に突かれてGKとの1vs1に近い状況を3回連続で浴びる始末。その中にはPK即退場くさい止め方もあったが怒りの奥村が3回目で決めてこれで3-0。もう詰みと言っていい思ったが東海学園も蹴球団のシュートの跳ね返りからカウンターで一矢を報いてそのまま終了。蹴球団が決勝に駒を進めました。

正直1失点は蛇足。3得点は妥当。東海学園はあの弱点他にバレたらエラいことなる悪感もした。直せない弱点ではないはずだけど…今年蹴球団2回と6分の1見てるが(端数はCUFCvs伊勢志摩の帰りに顔出しただけ)1部にほど近い戦力でしょう。2部では抜けた存在と言ってもいいかもしれません。怪我や油断がなければ帰ってこれるはず…です。東海学園はとりあえず残留目標かなぁ…この後見た刈谷vs織機見て思っても…
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-23 19:38 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第9節

ツエーゲン金沢1-2FC岐阜


得点者
金沢 山崎
岐阜 エヴァンドロ 風間

前半ラストの風間のゴールが大きな意味を持ってどうにか逃げ切り。強い勝ち方とは口が裂けても言えない試合でしたね。特に中盤守備の不安定さたるや…ダブルボランチにしたら途端にこれだ。田森復帰したらまたアンカーシステムにしたほうがいい気がしますね…そのためにはレオロシャの順応も条件になってくるとは思いますが…

ここからは数字の話。まだ9試合と言いますがもうすぐリーグの4分の1を消化します。現在岐阜の勝ち点は15。最下位金沢と今日の勝ちで13の差をつけました。ブービー山形と12差。4ゲーム差つけてる形ですね。とりあえずこの差をキープすれば残留は可能。僕はあくまでも残留に目処が立つまでは残留以外の目標は立てないつもりです。というか僕は残留するための数字の計算は出来るけどPOや昇格のことなんかしたことないからわかんないんで…とりあえずはまず「勝ち点45」に到達するために1試合1試合を大事に戦いそこにたどり着くようにすること。まずはここからでしょう。内容には不満点あるけどとにかく勝つことでしか光は射してこない。連敗も止めたし今日は選手らをたたえるとしましょう…

とりあえず今日だけは「エ」からエヴァンドロに昇格させておきます。まだ信頼はしてません。「フ」や「レ」はゼロのまま帰りましたしね…

【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-21 20:40 | カテゴリ:ブログ
もうこの年で誕生日もクソもないのですが多くの方にお祝いのお言葉を頂き感謝をしています。

今日から大厄になります。前回の厄年の時は…あんまり思い出したくないことのが多かったですね…

数えで大厄。満年齢で41。俗に言う「不惑」に突入していますが精神の円熟には未だほど遠く、日々迷い戸惑う日々です。20代、30代の時よりは多分にマシだとは思ってるけど自分の中での自分は未だに幼稚なガキだとも思っています。成熟しきる前に多分死ぬだろうなとも。それがいつになるかはわかんないけど人生の折り返しを過ぎて未だこんな人間でいいのか?とも思ってるし多分ダメなんだってのもわかってます。それでもこんな自分を慕ってくれたり構ってくれたり優しくしてくれたりしてくれる人々がいるからこそ僕は我を保てているし、自死って選択肢が今は無いんだろうとも思ってます。もちろん一寸先は闇だし明日僕は事故で死ぬかもしれない。だから折り返しを過ぎた今、1日1日今まで以上に大切にしたいって思いを持ってます。

どこからとなく「東海帝王」と呼ばれるようになりしばらくたちますが見返りを求めずやってきたことのご褒美なのかな?と少しだけ思ってます。心と身体が保てる内はサッカーと向き合っていたいしその中心はやはり「東海」なのです。ホント言うと色々投げ出して逃げ出して関東に身を潜めようと思ってた時期もありました。割と最近です。けど今は出来ればこの刈谷の街で死にたいな…と。看取ってくれる人がいればいいけどその望みは薄いでしょう。自虐的過ぎるのかもしれませんが。

今でも僕への見返りは求めてません。求めている見返りは「東海リーグの、ノンリーグの発展向上」のみです。プロリーグの発展とノンリーグの発展を同じ軸で動かさないといずれ衰退する。プロリーグですら発信量が足りてないのに況やノンリーグは…その流れには細やかです。本当に細やかだけどもう少しだけ抗わせてください。今はまだ気持ちも身体も保ててます。でも僕のような人がもう少しだけ増えてほしい。伝える人が増えることは人々の視界に入れる機会が増えることとイコールですから。それは我がのチームの事だけでもいい。我がの愛するクラブ。我がの愛するスポーツ。想いだけでは伝わらない。伝わりきれない。多くの「発信」が必要だと心から思ってます。

多くの人の支えと愛で今まで生きてこれました。これからも僕からも愛を。
2016-04-18 23:15 | カテゴリ:東海リーグ
全社県予選も正念場の8強4強。今回も東海勢が県リーグ勢に首を取られる事案が…早速全結果。

【愛知】

東海学園FC4-0東レ名古屋

FC刈谷5-0愛知朝鮮蹴球団

トヨタ蹴球団3-1春日井クラブ

豊田自動織機1-1(PK5-3)豊田AFC


【岐阜】

FC岐阜SECOND1-1(PK4-2)FC Bonbonera GIFU

長良クラブ0-1FCXEBEC岐阜

FC川崎6-1岐阜教員

NK可児2-1FC養老


【三重】

鈴鹿アンリミテッドFC2-1TSV1973四日市

ヴィアティン三重2-1FC伊勢志摩


はい、長良が東濃の強豪XEBECに首を取られました。最近監督がブログ再開してたけど何書くか恐ろしいのですが…それ以外は概ね順当…じゃねぇよ!特にセカンド!一昨年の悪夢思い出したわ!まぁとにかくトーナメントは勝ってこそ。勝って初めて次の課題を口に出来るのです。では愛知と岐阜の準決勝。三重の決勝と3位決定戦のカードをお知らせします。試合は全て24日の日曜日です。

【愛知】
※会場は港


トヨタ蹴球団vs東海学園FC
10時30分KO

FC刈谷vs豊田自動織機
13時KO


【岐阜】
※会場はメドウ

FC岐阜SECONDvsNK可児
11時KO

FCXEBEC岐阜vsFC川崎
13時30分KO


【三重】
※会場は三交鈴鹿第3G


FC伊勢志摩vsTSV1973四日市
10時45分KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsヴィアティン三重
13時30分KO


はい、今週は港です。王者刈谷はここまでは絶対来ると確信してたので取っておきました。相手は一気に強化されて織機になりますが「全国4位」の看板に賭けて2部に負けは許されない。もう愛知勢はこの4チームに東海予選の切符は配布されましたが愛知でやるには優勝必須。勝ち以外はあり得ません。もう一つの山は3試合で23点と驚異的な破壊力の蹴球団vs東海ニューカマーの東学大。蹴球団は先日見たけど「素でエグい」状態ですがここも相手強化でどうなるか。愛知はこの準決勝勝利で「天皇杯予選出場権」ゲットになります。

岐阜もこの4チームは3位決定戦までやりきるのであと2試合必然的にやることになります。毎年スロースターターのセカンドが少し不安ではあるんですが…

三重はこれで東海まで試合が開きます。決勝が東海開幕戦と同じカードになったのが両軍にどんな心理影響を及ぼすのでしょうか。身体が2つあればこっちも行くとこなんですが…

岡崎は今週は欠席します。ごめんなさい。

あー、あと昨日の松本戦は結果知って録画をそっ消ししました。ですので何も言うつもりはありません。

それでは今週末は港でお会いしましょう。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-17 23:11 | カテゴリ:東海リーグ
三重県社会人サッカー選手権準決勝

ヴィアティン三重2-1FC伊勢志摩


得点者
三重 藤牧 加倉
伊勢志摩 溝田

この2チーム、三重県リーグから仲良く揃って昇格を繰り返して今年はついに東海1部。仲がいいと言うか腐れ縁と言うか…この東海1部がゴールではないと再三公言する2チーム。全社コースで両方昇格するって可能性はゼロではないが普通に考えればこの東海から昇格出来るのは1チームのみ。それ以前に刈谷もいれば鈴鹿もいる。2部とは違うんだよ!2部とは!!いよいよ始まるサバイバルレースだが今日ここに来た目的はこの三国志3チームの値踏みを同時に出来るからって1点。これまで伊勢志摩はヴィアティンに未勝利らしいが先日のCUFCvs伊勢志摩見た限りでは伊勢志摩の過小評価は許されない。どうしてもやってることの派手さでヴィアティン>伊勢志摩な見られ方になりがちだが僕は=じゃね?ってのが正直な印象。せいぜい≧だ。ひょっとしたらそれが今日<になるか≦になるかもしれないよ?ってな感じで弁当食い終え観戦開始。今回は伊勢志摩寄りで見ました。





うーん…これが本当にベスメン?怪我人がどっちもいる気がします。つか伊勢志摩は居ます。間に合わなかったか…
試合はいきなり伊勢志摩がヴィアティンのSBとCBの間のギャップを突いて森崎が鈴木とタイマンに持ち込むも鈴木の勝ち。これが今日の分水嶺だったかもなぁ…この後も伊勢志摩ペースだったけど先制はヴィアティン藤牧の技ありシュート。これでイニシャティブはヴィアティンに。しかし伊勢志摩は溝田と岐阜セカンドから移籍した森優也が切れ込みと強烈なFKで鈴木を襲うが今日の鈴木は最初のストップで乗ったか好セーブ連発。伊勢志摩はテンパイまでは持って行くが最後のツモが悪いって良くない流れでHT。この以前に中田監督は動いてイエローもらった中田を下げて徳地をボランチに据えて3バックにメスを入れてきました。CUFC戦でも思ったけど仕掛けが早いなぁ…この大会は5人代えれるからかもだけど。

この時間になると鈴鹿は天気はよけれど風が巻きまくってどっちの風になるかわかんない状況に。そしてこの手の試合の常套句である「次の1点」は伊勢志摩の溝田が相手DFからかっ攫い単騎駆けを成功。鈴木もこれには勝てずに伊勢志摩同点。これで伊勢志摩に流れは向き後半も森優也のエグいFKが襲いかかるも鈴木がまたも好セーブ。この後も鈴木は伊勢志摩のシュートを跳ね返し続けそれにヴィアティンのフィールド陣も応え攻め疲れの兆候が出た伊勢志摩の隙を突いて伊勢志摩のGKとDFが被ったところに加倉(本当に?岩田に見えたんだけど…)が頭で押し込みヴィアティン勝ち越し。これが決勝点になり伊勢志摩はまたもヴィアティンに勝てず。決勝は鈴鹿vs三重。伊勢志摩は四日市と3つめの椅子を争うことになりました。

この準決勝。取るか落とすかで変わるのは今年は天皇杯だけだけど去年までは全社の出場枠そのものだったので敗戦後の挨拶もそこまで悲壮感はなかった。つか組み合わせの前から僕は「最悪四日市に勝てばOK」と言ってきたしおそらく選手もそれですぐ切り替えれる。失ったのは「三重での試合権」だけ。愛知、岐阜、静岡のどこに飛ばされるかまだわかんないしまず四日市に勝たないとなんだけどまぁリスペクトしてきちんとやれば大丈夫でしょう…断言まではしませんが。

ヴィアティンにも。
ここまで来たら勝ちっ放しってわけにはいきません。負けることもちょくちょく出るでしょう。それをどう切り替えれるかが課題になるんじゃないかな。勝った時でなく負けた時に初めて出る物なのであまりピンとは来ないでしょうけど…今日見た3チームの感想をざっくり言えば「優勝は可能だが昇格には運の助けがいる」って辺りです。少なくとも06年岐阜、11年藤枝みたいな絶対的な力はまだどこも至ってません。これをこのシーズンでどこまで高めるか。一番伸びきったとこが優勝でしょう。まだ伸びしろがあるはずです。出し惜しみ無しですよ。シーズンは。開幕戦での変わり身を期待しています。

ヴィアティン、伊勢志摩。そして鈴鹿。正史三国志は結局勝者は出ました。この三重三国志の勝者はどこになるか。今はまだわかりません。それを見極める1年になるかな…とも思ってます。

【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-17 21:20 | カテゴリ:東海リーグ
三重県社会人サッカー選手権準決勝

鈴鹿アンリミテッドFC2-1TSV1973四日市


得点者
鈴鹿 小西 OG
四日市 花井久保山

僕の予定ではこの週で三重三国志3つを見て来週で刈谷。その次でセカンドを見て静岡以外の6チームを一通り見終えるつもり。それまでにどちらかがやられたら見れないわけだがまぁ多分大丈夫だろうとタカ括ると大抵アテが外れるってパターンなんだけど…

とにかく開幕週の土曜は刈谷vs伊勢志摩。日曜は鈴鹿vs三重と決めてるので一足先に三重vs伊勢志摩見たいってのがあって今日は悪天候の予報の下鈴鹿行き。23号がフリーウェイ状態だったので下道でもアルバム1枚分で鈴鹿に着いて準備完了。双方のサポに挨拶して鈴鹿からはいつものキツいイジりを喰らい試合開始。相手は県落ちの四日市。普通に考えたら負けは論外だし苦戦でもダメなんだけど…





10分もしない内に「鈴鹿の方が技量も運動量も上」は確信。四日市もリトリートからのブロックで防戦体制を整え水際での攻防が続くが鈴鹿の真ん中の渋谷からの長いパス、小澤のポジションチェンジなどに翻弄され北野、小西、泉がゴールに突進していくスタイルに四日市は為す術無し。失点は時間の問題と思ってたら先制はなんと四日市。バイタル手前の寄せが甘く四日市花井久保山が右を振り抜いたらこれがドライブがかかってバーを掠めてインゴール。岡田も油断あったような気がしたが撃った花井久保山を褒めるべきシュートでとにかく先制したのは四日市。これで試合のスパイスは入った。これを四日市が長い時間保てば試合もわからんくなる思ったが即座に入れ替わった小澤が右に開いて上げたクロスに小西が身体で押し込んであっさりと鈴鹿が同点に。これで四日市に流れかけた試合の空気は無慈悲に巻き戻し。ところが鈴鹿の小沢監督は前半で2枚換えを敢行して4-4-2に。
それがこれ。



この4-4-2にした意図は聞いてないが僕は力押しに来たなぁ…と。4-2-3-1よりもさらに攻撃にシフトした鈴鹿は練習量の差もあれば気温の急上昇でスタミナを奪われた四日市を圧倒するが四日市も最後の一線は守って膠着気味に。さらに鈴鹿はパブロを投入して力攻めにさらに拍車をかけるが試合を決めたのは柿本の頭。打点で競り勝って撃たれたヘッドはバーに阻まれるが跳ね返りを四日市DFが身体に当ててこれがOG。結局これで力尽きた四日市にもう反撃のお釣りはあるわけもなくこのまま鈴鹿勝利。決勝進出と東海予選、天皇杯県代表決定戦に駒を進めました。

スコアも試合の経緯も正直アレ。けどこの試合での肝を「終始相手に試合のイニシャティブを渡さなかった点」だったと思います。ズバリ言っちゃえば先制されて即座に追いついたって点。これが前半0-1とかだったら相手もウノゼロ上等に亀の子やった可能性もあったろうけどそれを即座に1-1に巻き戻した事で相手に流れを渡さなかった事。四日市の敗因であり鈴鹿の勝因はこのシーンだったと思います。

四日市の話を。
県落ちして再起を期す1年になるけど今年の東海県1勢は4県共骨のあるとこがあるなぁ…ってのが率直なとこ。先日見た豊川もそう。片桐擁する大垣もそう。岐阜には他にも強豪がいるし明日改めて書くが長良が今日XEBECに首取られました。そして静岡にも常連もいれば新鋭岳南もいる。その前に三重1にも伊勢YAMATOもいれば伊賀もいる。正直東海に帰る道が平坦とは思えない。それでも帰るためにはそれらに打ち勝たないといけない。その覚悟が選手にもサポにもありますか?それがあるならきっと12月にあなたらと僕は岐阜で会えるでしょう。今言えるのはここまでかな…

鈴鹿に関しては先にも書いたけど数字も経緯もアレな試合だったけどそれでも勝ってこそなんです。2度やらかしてるし3度目は許さない。そうゆう意味で今日の勝ちは意味はあった。と僕は思ってます。それの真価はこれから出るでしょう。

三重vs伊勢志摩は次の記事で。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-12 20:32 | カテゴリ:東海リーグ
朝書いたように長良がダブって川崎を失念してました。岐阜準々決勝の組み合わせは正しくはこうなります。

【岐阜】

※会場は大垣杭瀬川

FC岐阜SECONDvsFC Bonbonera GIFU
9時30分KO

FC. XEBEC岐阜vs長良クラブ
11時20分KO

岐阜教員FCvsFC川崎
13時10分KO

FC養老vsNK可児
15時KO


愛知と三重は訂正ございません。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-12 07:52 | カテゴリ:東海リーグ

昨日の記事で間違いがあったのでお知らせします。

岐阜大会の岐阜教員vs長良は正しくは岐阜教員vs川崎です。

帰ったら再掲します。すいませんでした。

2016-04-11 23:02 | カテゴリ:東海リーグ
三重もいよいよ三国志3チームが登場。愛知と岐阜は8強。三重は4強が決定。では各県の結果を。

【愛知】

東海学園FC9-0岩倉FCフォルテ

FC刈谷4-0中京大学FC

春日井クラブ1-0リヴィエルタ豊川

知多クレスク2-2(PK0-3)豊田AFC

豊田自動織機3-0守山CFC

トヨタ蹴球団8-0ラジルFC東三河

FCLEONE1-1(PK3-4)愛知朝鮮蹴球団

東レ名古屋4-1FCゴール



【岐阜】

FC岐阜SECOND4-0若鮎FC

FC Bonbonera GIFU3-1FC. Zatt

FC養老4-0テクノ渡辺

NK可児3-0Power Up BURIBAREES

FC. XEBEC岐阜2-1AC

長良クラブ2-1大垣FCコーガンズ

岐阜教員FC4-2FCオリベ多治見

FC川崎4-1池田FC



【三重】

鈴鹿アンリミテッドFC4-0古河電工三重

TSV1973四日市3-1ホンダ鈴鹿FC

FC伊勢志摩8-0鈴鹿クラブ

ヴィアティン三重4-1伊勢YAMATOFC


この週で首取られた東海所属はゼロ。もっとも生で見てた春日井は正直怪しかったけど…これで冒頭に書いたように愛知と岐阜は8強。三重は4強が揃いました。では今週末のカードを。愛知は2会場。岐阜と三重は1会場。カードはこの通り!試合は全て4月17日日曜日になります。

【愛知】

東海学園FCvs東レ名古屋
@中京大 10時KO

FC刈谷vs愛知朝鮮蹴球団
@中京大 12時KO

トヨタ蹴球団vs春日井クラブ
@口論議 10時KO

豊田自動織機vs豊田AFC
@口論議 12時KO

【岐阜】
※会場は大垣杭瀬川

FC岐阜SECONDvsFC Bonbonera GIFU
9時30分KO

FC. XEBEC岐阜vs長良クラブ
11時20分KO

岐阜教員FCvs長良クラブ
13時10分KO

FC養老vsNK可児
15時KO


【三重】
※会場は三交鈴鹿第3グランド

鈴鹿アンリミテッドFCvsTSV1973四日市
10時45分KO

FC伊勢志摩vsヴィアティン三重
13時30分KO


さぁ鈴鹿サポ、「塩」用意して待っとれ。今週は鈴鹿!疫病神が満を持しての参戦じゃ!とは言っても2カテ差のついた四日市に文字通りのしょっぱい試合するようでは先が不安ではあるんだけど…そしてまだ僕は刈谷を見ていない。1部で見たのは第2試合の2チームのみ。片やTMでJFLを手玉に取ってもう片方は同カテをやはりTMで半殺し。間違いなくリーグ本番でも印を背負う2チームの対決。正直言うと目当てはこっち。当然2つ見るように出発しますけどね。

岐阜サポの皆様は杭瀬川でセカンド見てからでも松本戦には十分間に合うはずだけどこの日はミスチルのライブが隣であるので駐車場が少し心配です。クラブの発表を待って可能であればこの試合はバスなり乗り合いをオススメします…

では一部歓迎しない節もあるでしょうけど日曜日は鈴鹿でお会いしましょう。


【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-10 22:59 | カテゴリ:東海リーグ
愛知県社会人サッカー選手権2回戦

春日井クラブ1-0リヴィエルタ豊川

得点者
春日井 高塚(PK)

今日は最初っから3試合と決めて平日と同じルーティンで朝起きて弁当作ってさらに洗濯済ませてからの東海元浜公園。
まだ少し風が冷たいですね…海に近いから潮の匂いもほのかにするし。そんな今日の1試合目つかこれが今日の実質メインだったんだけど去年は綱渡りの残留の春日井と岡崎から3名補強してチーム名もユニも一新して望む豊川。春日井は2週前の初戦でやはり岡崎からの移籍組を抱えるシャークスに苦戦を演じ辛くも逃げ切り。そして何よりこのカードは昨年の準々決勝で当たって豊川勝利。先週2チームが県リーグに首を取られる失態を演じてる以上3つめは許さない。(つかその首取られた2チームが本来この次のカードだったんだがな!)





開始から春日井は右サイドを支配してそこから攻撃を仕掛けるが詰めの甘さが目立って決定機まで至らず。豊川は岡崎組がまだフィットしてないのかプロパー組との連携がまだまだで組織的には劣勢も個々のレベルは遜色なく局地戦では勝つシーンも多々。そうこうしてる内に春日井の中盤がしびれきらして前がかってしまい最終ラインとの間にスペースが空いてきてそこを豊川に突かれるシーンが出だすが今日の春日井は最終ラインが大きな破綻を見せずに豊川に決定機すら許さない。けど春日井の中盤が空きだしてからは若干豊川優勢かな?と感じた前半はスコアレス。

実況ではHT交代無しと伝えたけどどうも春日井はこの時点で高塚を入れていたようで修正を図っていた。それが即座に当たったのかどうかは判断つかないが豊川がエリア内でハンドを犯して春日井PK。ところがこれを平山が失敗。その後も春日井は一方的に攻めるも豊川守備陣が体張って守り、流れは少しずつ豊川に。「この流れは豊川かなぁ…」と思っていたが豊川はこの日2回目の与PK。しかもこれは豊川CB井上が一発退場と言う厳しい判定。(後から聞いたらエリア内で掴んで倒しての機会阻止or著しい不正によるもんだったとのこと)このPKを後半から入った高塚が今度は決めて春日井先制。この後豊川は後ろを削って攻撃に転ずるも春日井の守備を最後まで割り切る事は出来ずに時間切れ。春日井が昨年のリベンジを果たすと同時に東海の意地を見せて準々決勝に駒を進めました。

正直言ってどっちに転んでもおかしくない試合でした。つか僕はこの試合は豊川が取ると思ってました。そのくらい春日井は自分らで流れ悪くしてたのですがどうにか1カテ上の意地を見せたかな…という感じでした。ここを見てる選手もいると聞いたので書くけど今日の出来では来週の蹴球団相手では厳しいかな…去年勝ったときのいいイメージを持って先制出来れば多少はわかんなくなるけど…

そして豊川。一番印象に残ってるのは退場の判定を受けた井上が戻ってからずっと同じ姿勢でうずくまって後悔の念を露わにしてた事。強い気持ちが見て取れたしそれが故に退場もんのプレーしてまでも…だったのかもしれない。試合後も全く動くことなくチームメイトに促され我に戻った感じだったけど悔しさはこの後のプレーで示すほか無い。この後の2チームと比較しても地力は豊川のが上。願わくば12月に岐阜で会いましょう。

その後の2試合は簡単にさらっと。

【知多クレスク2-2豊田AFC(PK0-3)】


前半開始早々にセットプレーで先制した知多が常に優位に進めるも取れば中押し下手すりゃだめ押しになる2点目が奪えない。力的には知多の方が上に感じるも豊田は粘り強く戦いついに追いつくも退場者を出して数的劣勢。しかし一旦は逆転に成功。知多も数的有利をどうにか生かして追いついたまではいいけどPK戦で3人連続失敗で万事休す。今季1部初昇格の豊田が1部常連の知多を下し8強進出となりました。

【FCマルヤス岡崎0-1HONDAFC】

松本、レオジーニョの縦の2トップでポイント作ってそこでレオジーニョでかき回していこうって山村の狙いは不発に終わって前半は酷いとかムカつくとかを超越した「地獄や…」って表現に至る嬲り殺し。ホンダのプレスに岡崎は一切合切なにも出来ずに最終ラインもパスコースを限定されてそこに出したら地獄直行ってとこに出さざるを得ない「ハメられた」状態から脱せずホンダのシュートの雨あられ。木下の好セーブ連発もあったけど1失点で済んだのが奇跡のような内容。後半になってホンダの鬼プレスもパージされたけどこの日の岡崎は最後まで決定機の演出すらままならずこれでホンダに5連敗。正真正銘の東海アマサッカーの盟主の壁は未だ高く険しいもの。それにしても今日3試合目の僕にあの前半は地獄以外の何者でもなかった…地主園見たさで集まってくれた岐阜サポ仲間がいなかったら心折れてたかも…そのくらいでした。そしてその地主園は接触で足首やって即座に×でて交代の憂き目に。試合後のお見送りにいたので最悪の事態は避けれそうですが怪我の程度は明日以降にならないと…です。

とりあえず今日中に愛知岐阜三重3県の次戦のカードは判明したので詳しくは明日に…あーしんどかったけど充実した1日だった…奴ら負けたし。
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-09 15:18 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第7節

カマタマーレ讃岐3-2FC岐阜


得点者
讃岐 永田 馬場 木島兄
岐阜 鈴木ブルーノ×2

2-0を2-2にして流れは完全にこっちだったけどエアポケットに嵌まってサヨナラ負け。勿体なかった。けどあの流れでは引き分け上等には持ってくのは難しいわなぁ…けど上を目指すにはギア落として引き分けで勝ち点積むって選択肢も生じるパターンも出てくるだろうからこの負けでの0は不満っちゃ不満。けど試合全体の流れは納得も満足もしています。

とりあえずセットプレーですね。2つ和正にお礼参り喰らっての負けってのはちょっとキツい。特に後半の馬場を大外で泳がしての失点ってのは要反省。今日の3失点は見てて「あ!あかん!!」って俯瞰で見たら全部わかるもんでしたよ。

とりあえず次ホーム帰っての松本戦。ここまで下位戦が多かったけど昨年J1で地力付いてる松本はそうは生半可な事を許してくれるとは思えない。ここでまた連敗となったら火種はまた再燃するでしょうねぇ…
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-06 21:01 | カテゴリ:東海リーグ
東海リーグ全日程未だ出ず。

おーい…常葉ぁ…

もう一ヶ月前だぞ…余所ではもうリーグ自体始まってる言うのに…

ちなみに自軍のみでも発表済みが

1部 刈谷 鈴鹿 三重

2部 矢崎 織機 春日井 

の計6チーム。

半分にも満たないでやんの。参ったなぁ…

さすがに今週には出るよね?出るよね!?
2016-04-04 20:06 | カテゴリ:東海リーグ
結構な波乱が生じた昨日の1回戦東海関係分の全結果。

【愛知】

FC刈谷6-0FC津島

名古屋クラブ0-1知多クレスク

豊田自動織機5-0三菱東京UFJ銀行

トヨタ蹴球団12-0OCEAN'S

大同特殊鋼0-1リヴィエルタ豊川

ChukyoUnivFC1-1(PK3-5)東海学園FC


【岐阜】

長良クラブ2-2(PK5-3)岐阜可児FC

県リーグ勢に首取られたのが名古屋クと大同の2部勢。2部に首取られた1部勢がCUFC。都合3チームが緒戦で消えました。ここまで消えるのはあまり例が無いなぁ…岐阜の長良も0-2にされた挙げ句にATでやっと追いついてのPK勝ちとまぁ反省もんの試合結果。2回戦も波乱あるかもなぁ…

今週から三重も二次予選と言うことになります。三国志3チームプラス県落ちで再起を期す四日市が登場です。では2回戦からは各県の「全カード」をお知らせしよう思います。カードと会場は次の通り!試合は全て4月10日日曜日です。

【愛知】

@中京大学

東海学園FCvs岩倉FCフォルテ

FC刈谷vs中京大学FC

@東海元浜公園

春日井クラブvsリヴィエルタ豊川

知多クレスクvs豊田AFC

@織機大府

豊田自動織機vs守山CFC

トヨタ蹴球団vsラジルFC東三河

@合成稲沢

FCLEONEvs愛知朝鮮蹴球団

FCゴールvs東レ名古屋


※キックオフ時間は全て上段10時下段正午。

【岐阜】

@各務原勤労

FCオリベ多治見vs岐阜教員FC

FC岐阜SECONDvs若鮎FC

@各務原スポーツ広場

FC川崎vs池田FC

ACvsFCXEBEC岐阜

@杭瀬川A

FCBonboneraGIFUvsFC.Zatt

長良クラブvs大垣FCコーガンズ

テクノ渡辺FCvsFC養老

NK可児vsPowerUpBURIBAREES


※キックオフ時間は各務原2会場は上段11時。下段13時。
杭瀬川Aは上から9時30分、11時20分、13時10分、15時。


【三重】

@三交鈴鹿第3グランド

鈴鹿アンリミテッドFCvs古河電工三重

TSV1973四日市vsホンダ鈴鹿FC

@三交鈴鹿第4グランド

FC伊勢志摩vs鈴鹿クラブ

ヴィアティン三重vs伊勢YAMATOFC


※キックオフ時間は上段11時。下段14時。

昨日も書いたけど僕はこの日は東海市の元浜公園からの港です。元浜2試合か1試合かは当日の天気と体調で決めます。正直今の体調だと3つは結構ギリギリではあるんだけど…そして先に行っておくけど17日は鈴鹿です。山雅戦はパスします。三国志3チームが全滅したら長良川だけどその可能性はゼロと言って差し障りないでしょう。
それでは今日は手短でしたがここまで。今週は元浜公園と港でお会いしましょう。
2016-04-03 23:32 | カテゴリ:東海リーグ
愛知県社会人選手権1回戦

豊田自動織機5-0三菱東京UFJ銀行

トヨタ蹴球団12-0OCEAN'S
DSCF1966.jpg

DSCF1968.jpg

まだ寒いですねぇ…今日は大府に行きましたが風が冷たいのなんの。この風のいたずらで刈谷ではえらいことなったそうだし…(詳細は明日)
一昨年は豊橋で極寒の中ラジル相手に大苦戦。去年に至っては豊田AFCにPK負けとこの初戦が鬼門になってる蹴球団。ホームどころかアウェイ戦までこの大府でやる羽目になり14試合中10試合大府になった織機。トヨタグループの看板2社が揃って登場となりましたがどちらもまぁえげつない結果に…

【織機5-0UFJ】
織機はまだメンバー表が更新されてないので出入りもよくわかんないけど去年同様にベーシックなサッカーするなぁ…って印象。次の試合のために早く来ていた蹴球団の帝王鈴木と世間話してる内にあっさり織機先制。5分耐えれず。しかしまだ県リーグ以下の西尾割リーグ所属のUFJ。ショートパスを繋いで攻め上がるスタイルでスキルは高い。しかし試合巧者織機の守備網を破りきるまでは至らず織機もその後は少し攻めあぐねて2点止まり。どちらか言えばUFJの善戦って印象。
しかし後半早々に得点を重ねてUFJもさすがに心が折れて結局夢スコ。織機としてはまぁ順当っちゃ順当だったけどUFJはそう遠くない内に県リーグには上がれるし県リーグの上位級になれるポテンシャルはあると感じました。

【蹴球団12-0OCEAN'S】

先述したように初戦が鬼門になってた蹴球団。相手は織機の相手UFJよりも格上の県2部OCEAN'S。しかしメンバーギリギリのアップ見て不安になったらそれがモロに…前半だけで帝王鈴木にハットは食らうわハーフコート同然の袋だたきにされるわで蹴球団は2年分の鬱憤とこないだ刈谷にボコられた鬱憤を一気に晴らす大虐殺。前半だけで夢スコにしたと思ったら後半も全く容赦なし。やりたい放題にDFライン上げて押し込みまくってポジションチェンジを繰り返してOCEAN'Sをズタズタに切り裂きSBのオーバーラップにミドルと多彩な攻撃を披露して終わってみれば12点。しかもこれはPK失敗もあってのもの…この試合だけで言うのもアレだけど2部の本命はやっぱりここだろうなぁ…と。とりあえず片山君へ。33番と34番の詳細をはよお願いします。

次の日曜の予定はすでに決定済みです。元浜公園→港です。その他の詳細はまた明日。


【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)
2016-04-03 18:54 | カテゴリ:FC岐阜
明治安田生命J2リーグ 第6節

徳島ヴォルティス1-3FC岐阜


得点者
徳島 冨田
岐阜 苅部 鈴木ブルーノ 風間

※徳島冨田がイエロー2枚で退場

逆転勝利で4連勝。5位まで浮上。
断言してもいいんだけど去年の岐阜なら0-1か0-2にされて負けだったでしょう。先制されてからひっくり返す反発力ありませんでしたもん。選手もサポも。押して先制できずにセットプレーで失点して負けってこれまでの岐阜の王道パターンの負けでしたからね…そうゆう意味での勝因は即座に追いつけた点でしょう。決して調子よくない徳島とはいえアウェイで先制されては厳しい流れになったかなぁ…って印象でしたし。

岡根アンカーを押してた身としては今日の成功って結果は少し安心しました。岡根か秋葉だろうとは思ってましたがより守備を優先なら岡根でよかったと思います。

残留まではあと10勝。


【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:サッカー
コメント(0) | トラックバック(0)