緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグニュース2016 Vol5

知ってる人は知ってるけど金曜の仕事中に後ろから追突喰らって頭をしたたか打ち付けて救急車で病院送りになるトラブルが発生してこの土日はまーーったく何もしないまま終わりました。現地で実況、観戦していただいた皆様ありがとうございました。

そして見舞いのコメント頂いた方にも感謝します。とりあえずは無事です。

ではサクッと先週の結果を。

【1部】

FC岐阜SECOND0-2FC刈谷

刈谷 稲葉 坂本


常葉大浜松FC1-2ChukyoUnivFC

常葉 森
CUFC 坂居 開発


ヴィアティン三重5-3藤枝市役所

三重 岩崎×3 荒木 川村
市役所 後藤純 中村 高橋祐


  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 4 4 0 0 11 2 12 9
ヴィアティン三重 4 2 1 1 10 8 7 2
FC伊勢志摩 3 2 0 1 6 3 6 3
FC岐阜SECOND 4 2 0 2 5 8 6 -3
鈴鹿アンリミテッドFC 2 1 1 0 6 3 4 3
ChukyoUnivFC 4 1 0 3 3 8 3 -5
藤枝市役所 4 0 1 3 6 10 1 -4
常葉大浜松FC 3 1 2 2 7 1 -5

得点者 所属 得点者
岩崎 三重 5  
稲葉 刈谷 3
内田 刈谷 3
坂本 刈谷 2
伊勢志摩 2
高橋祐 市役所 2


【2部】


東海学園FC1-4トヨタ蹴球団

東海学園 上田
蹴球団 池上 鈴木 川上 杉本泰


春日井クラブ1-4豊田自動織機

春日井 末吉
織機 渡辺 野口×2 森田


名古屋クラブ1-1矢崎バレンテ

名古屋ク 坂脇
矢崎 松村


大同特殊鋼2-3長良クラブ

大同 早川 今野
長良 内木 山本 中條



  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
トヨタ蹴球団 4 4 0 0 14 4 12 10
豊田自動織機 4 2 2 0 8 3 9 5
矢崎バレンテ 4 1 3 0 4 2 6 2
長良クラブ 4 2 0 2 8 10 6 -2
東海学園FC 4 1 2 1 7 5 5 2
名古屋クラブ 4 1 1 2 4 6 4 -1
大同特殊鋼 4 0 1 3 5 11 1 -6
春日井クラブ 4 0 1 3 3 12 1 -9

得点者 所属 得点数
野口 織機 5
鈴木 蹴球団 3
藤田 東海学園 3
片山 蹴球団 2
遠藤 蹴球団 2
川上 蹴球団 2
渡辺 織機 2
井口 矢崎 2
山本 長良 2
後藤 長良 2
上田 東海学園 2
磯村 大同 2


試合数がまちまちの1部はともかく2部がだいぶ上位組と下位組の差が出てきましたね…中位組は食らいついていかないといけませんが…では今週のカードです。今週は1部が4試合。2部は1試合です。

【1部】

6月5日(


FC岐阜SECONDvsFC伊勢志摩
@岐阜フットボールセンター 12時KO

常葉大浜松FCvsヴィアティン三重
@有玉 12時KO

FC刈谷vsChukyoUnivFC
@ウェーブスタジアム刈谷 13時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvs藤枝市役所
AGF鈴鹿陸上 13時KO 
  



【2部】
6月5日(

矢崎バレンテvs豊田自動織機
@裾野 14時KO


1部は実況人の確保には困ることはないですね…ほぼダイレクトに情報が入ってくると思います。2部は…矢崎の公式は比較的仕事早いからそっち待つか…とりあえずこんな体調なので日曜は刈谷の可能性大です。決定ではないです。動くとしたらAGFかな。まだ市役所だけ見てないので。

今日は手短ですいません。では日曜日にどこかでおあい出来ますように…

今週の警告状況

続きを読む

東海リーグニュース2016 Vol4

なんか今日30℃超えたとか超えてないとか…本気?まだ5月だよ??
今週末すごく嫌な予感する会場があるんだけど…まずは先週末の結果から。

【1部】

藤枝市役所1-2FC伊勢志摩

市役所 横山
伊勢志摩 飛騨 溝田


FC刈谷4-0常葉大浜松FC

刈谷 内田 OG 稲葉 坂本

FC岐阜SECOND1-4鈴鹿アンリミテッドFC

セカンド 井上
鈴鹿 泉 野口 吉川 パブロ


ChukyoUnivFC0-2ヴィアティン三重

三重 加倉 岩崎


【2部】

豊田自動織機0-0東海学園FC

長良クラブ0-1名古屋クラブ

名古屋ク 原田

矢崎バレンテ1-1春日井クラブ

矢崎 大川
春日井 高塚


トヨタ蹴球団5-2大同特殊鋼

蹴球団 根来 遠藤 鈴木 片山 杉山
大同 磯村×2




  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 3 3 0 0 9 2 9 7
FC伊勢志摩 3 2 0 1 6 3 6 3
FC岐阜SECOND 3 2 0 1 5 6 6 -1
鈴鹿アンリミテッドFC 2 1 1 0 6 3 4 3
ヴィアティン三重 3 1 1 1 5 5 4 0
藤枝市役所 3 0 1 2 3 5 1 -2
常葉大浜松FC 2 0 1 1 1 5 1 -4
ChukyoUnivFC 3 0 0 3 1 7 0 -6


  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
トヨタ蹴球団 3 3 0 0 10 3 9 7
東海学園FC 3 1 2 0 6 1 5 5
豊田自動織機 3 1 2 0 4 2 5 2
矢崎バレンテ 3 1 2 0 3 1 5 2
名古屋クラブ 3 1 0 2 3 4 3 -1
長良クラブ 3 1 0 2 5 8 3 -3
大同特殊鋼 3 0 1 2 3 8 1 -5
春日井クラブ 3 0 1 2 2 8 1 -6

1部ゴールランキング
得点者 所属 得点数
内田 刈谷 3
稲葉 刈谷 2
伊勢志摩 2
岩崎 三重 2

1得点者は除外。

得点者 所属 得点数
藤田 東海学園 3
野口 織機 3
鈴木 蹴球団 2
片山 蹴球団 2
遠藤 蹴球団 2
井口 矢崎 2
後藤 長良 2

1得点者は除外。

1部も2部も戦前の予想にほぼほぼ近い状況になってるかな…ってのが率直な感想です。強いて言えば三重が少しモタモタしてる感はありますが。

では今週のカードをお知らせします。

今週は1部はサミットの関係で伊勢志摩vs鈴鹿が無し。この試合は7月に行われます。2部は大府セントラル。大府に6チームが集まり3試合が組まれてます。試合は全て日曜日です。

【1部】

FC岐阜SECONDvsFC刈谷
@岐阜フットボールセンター 12時KO


常葉大浜松FCvsChukyoUnivFC
@有玉グランド 12時KO

ヴィアティン三重vs藤枝市役所
@NTN総合運動公園 13時KO


【2部】

東海学園FCvsトヨタ蹴球団
@東海学園三好 12時KO

春日井クラブvs豊田自動織機
@織機大府 10時KO

名古屋クラブvs矢崎バレンテ
@織機大府 12時45分KO

大同特殊鋼vs長良クラブ
@織機大府 15時15分KO


今週は有玉!笠松行ったらバカ正直過ぎます。1部優先主義がある以上大府は全く眼中無し。桑名も気にはなったけど、有玉の実況人確保の可能性の低さ考えたらこっちを優先したほうがいいよねぇ…って結論に。ついでにさわやかボチボチキメておきたかったしねぇ…というわけで今週日曜は浜松までドライブします。刈谷からなら鈴鹿行くのと大して感覚変わんないはずだけどなぁ。23バイパスで豊橋まで出れば後は流れで行けます。帰りは新東名乗っちゃう可能性あるけど。

そして僕は行きませんがNTNではヴィアティンスポーツフェスティバルとしてこのようなイベントが用意されてます。



今回の目玉はMs.OOJAのライブイベントでしょう。鈴鹿が川嶋あいなら三重はMs.OOJA。とことん張り合うねぇwもっとやれw
ヴィアティンスポーツフェスティバルは9時から行われてます。お時間ある方は早めにご来場して楽しんで行ってくださいね。

ではさすがに今週僕と有玉で握手する人はいねぇよなぁw土曜は気が向いたら長良川行きます。

詰まった中身と僅かな蛇足

東海社会人1部リーグ 第3節

FC岐阜SECOND1-4鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
セカンド 井上
鈴鹿 泉 野口 吉川 パブロ

昨日の刈谷は肌寒く今日の笠松はクソ暑い。これからどんどん厳しくなるのはわかっているが紫外線対策と熱中症対策を怠るとエラい目に遭うのは避けれそうにない。1週空いてこの試合終わったらまた1週空く鈴鹿。試合前に話したが最終的に消化する試合数は同じなれど「何もしなくても勝ち点差が開くのは精神衛生上良くない…」って言葉が複数。この試合の結果如何では刈谷とセカンドとの差が「8」になる鈴鹿。これはさすがにズシンと来ても不思議ではない。そして開幕の鈴鹿はお世辞にもいい内容とは言えなかったが小澤と北野がスタメンに戻ってきた。そしたらまた怪我人ですって…?なかなかしんどい状況ですね…






ご覧のように同じ4-2-3-1のミラーゲーム。ただし1トップ、トップ下のタイプがそれぞれ全然違う。セカンドはネットがどこまで鈴鹿DF相手に踏ん張れるか。鈴鹿は北野と小澤でセカンドDFを翻弄できるか。焦点はここと思ってたら開始早々に試合が動く。



鈴鹿の右サイドで矢野が奪ってサイドを変えて泉に預けてワンツー一発でセカンドDFを切り裂いてカットインシュート。これで鈴鹿が早々に先制。

しかしこの試合のセカンドは先日酷評した川崎戦よりも球際で戦えていて激しいチェックで中盤の攻防が続く。しかしながらセカンドはバイタルまでは運べてもそこから最後の仕上げに至ることが出来ず局地戦でだんだん鈴鹿が勝つようになり自ずと試合も鈴鹿のペースに。追加点だけはあかんぞ…と思っていたらやっぱりセットプレーで抜ける悪癖が出てしまい追加点は鈴鹿。



この後も大勢に変わりはなく前半は0-2で鈴鹿。しかしまで今日のセカンドなら1-2にさえすればメがないわけではない。ただし0-3にされたらさすがに「詰み」だ。前半のセカンドはネットが藤井と野口に勝てずに2列目と連動しきれないシーンが多く、裏抜け要員の渡邊の投入が必須の状況。ただし当然リスクを伴うことになるしできれば1-2にしてから投入したい。時間によっては0-2でも仕方なし…って主旨の話をHTにしてたんだが後半開始早々にまたまたセカンドの悪癖が出てしまい…



これも競った後のボールにセカンドは全く反応できずに後手を踏んでの物。セットプレーの守備での脆さは直ってなかった…これで0-3。「詰んだ」。後は得失点差をどこまで広げるかの話になる。

ところがセカンドは折れること無く歯向かって来てショートカウンターから井上のリーグ初ゴールが決まりセカンドも追撃態勢に。



あーぁ…これは蛇足だった。これで2点差。残りは20分弱。「全く無い」って時間でも無い。ただ力の差は時間が立つにつれて鈴鹿>セカンドなのは浮き彫りになってたので変に慌てなければ逃げ切れる。ただ出来れば3点差にはしたいなぁ…と思っていたら試合のラストシーンで途中交代のパブロが先週の汚名を挽回するトドメの一撃を決めてこの直後に試合終了。鈴鹿は2戦目で今季初勝利を挙げた一戦でした。



これ、刈谷サポには言わずに鈴鹿サポにだけ言ってたんだけど今正直に書きます。

「今の」刈谷と鈴鹿が戦れば7割の確立で鈴鹿が勝つと踏んでます。

これは開幕の時点での話だったけど昨日の刈谷と今日の鈴鹿を見てもその気持ちに変わりは無いです。現時点でよりチームとしてできあがってるのは鈴鹿で間違いないです。その大きな要因はセンターラインの大駒3つ。北野。小澤。野口。特に開幕の三重戦に居なかった小澤がトップ下に入ったことで2列目の活性化甚だしく。これで堀河の停止も明けるので鈴鹿の選手層はかなり分厚い状況に。ただ今日聞いた怪我人2名がいつ帰ってくるかによってはそこは暗雲になる可能性も…そして鈴鹿はもう一個ウィークポイントになるであろうポイントがある。杞憂に終わればいいんだけど。

どちらにせよ今日の試合に関しては鈴鹿の完勝と言い切って差し障りないでしょう。1失点は蛇足だったけど昨日の刈谷より中身の詰まった4得点でした。試合後の鈴鹿サポのミーティングで何故か僕が今日のMOMを指名することになったんだけど小澤と即答させてもらいました。得点はなかったけど2アシスト。それも一撃で仕留めるラストパスの精度。試合のコントロール。ハッキリ言ってこのカテでは別格の選手です。怪我だけが本当に怖いとこですが…

一方セカンド。川崎戦ではかなり手厳しく書いたけど今日の試合を悲観する必要はないですかね…鈴鹿との力の差は時間が立つにつれて如実に出たんだけどこの試合戦えていたか否かで問われたら「戦えてた」と言い切れます。この試合見る限りやはり優勝となると厳しいけど1部で十分戦えるレベルはあるでしょう。後はあの悪癖さえどうにかすれば…

情けない話なんですが冒頭に書いたように暑さで少し参ってしまい本来なら見る予定だった長良vs名古屋クは前半で中座して刈谷に帰って千葉戦見よう思ったのですがソッコーで2点やられたの見て疲れと失望で寝てしてしまいまして…面目ありません。とりあえず1部得点者は全部把握済みなので明日の作業後に東海リーグニュースにとっかかります。それでは皆様良い一週間を。

厳しく言えば中だるみ!

東海社会人1部リーグ 第3節

FC刈谷4-0常葉大浜松FC


得点者
刈谷 内田 OG 稲葉 坂本

連勝スタートの王者刈谷。先週は三重を前半で一蹴したはいいがどうも後半がアレで選手もサポも浮かない表情だったとか。今日の相手の常葉は三重よりは客観的に見ても力が上とは思えないし刈谷が負ける画は正直描けねぇなぁ…ってのが第一印象。もし刈谷がやらかすとしたらカウンターかセットプレー一発で0-1逃げ切りくらいしかないはず…逆に刈谷が先制したら9割方刈谷は勝つと踏んでウェブスタへ。なんで今日に限って駐車場使えないんだよ…往生こいたわ…



DSCF2207.jpg




DSCF2206.jpg


この試合、コイントスで勝った常葉がエンドで「風下」を選んだ。これで常葉の狙いは前半耐えて後半風上に立ったところで1点もぎ取って勝とうってプランだった可能性が高い。ところがそれは「秒速」で瓦解…



これ完全ノーカット映像だぞ!開始30票足らずで内田のミドルが刺さって刈谷先制。常葉のゲームプランはここで僕は9割方終わったと思ってる。
その後も刈谷は常に中盤で数的優位を形成してパスワークで常葉の守備網をズタズタに切り裂くが決定機までは作りきれず。しかし試合自体は一方的な流れになりこの追加点。



うーん…単純な処理ミスですね…刈谷は労せずして追加点。開始15分も立たずに2-0とヤバい予感も漂いだしたがここから刈谷が悪い意味での余裕を持ったか試合が中だるみ傾向に。しかし常葉の攻めのバリエーションが貧しすぎて刈谷の守備陣も余裕で応対。常葉は攻撃チームと守備チームが分断されてしまって攻めにも守りにも厚みが無い。前は守備しない。後ろは攻めの後詰めをしないだもん。これで刈谷相手にどうこうできるわけも無く。奪ってもSH走らせるフィードかFWに預けて単騎で運ぶしか手立てがない常葉は前半は何一ついいとこ無し。刈谷も2点取ってからはパスに意図も意思も感じれるけど肝心の所でヒューマンエラーが出たり常葉も踏ん張ったりで3点目までは至らず。前半は2-0で折り返し。

女子高生のチアを無視して刈谷サポと前半の感想戦に臨んだけど浮かれた顔は皆無。だろうなぁ。あの前半の常葉のダメっぷりならもう1点は欲しかったはず。失点したら何点取ろうと反省部屋。2-0で終わっても反省部屋。個人的には2-0が最低限。失点は論外ってスタンスだったけど刈谷サポの要求は3-0ないし4-0。後々考えたらこれがノルマって言いたくなる気持ちは確かにわかるけど…後半は常葉が風上。風のいたずらで刈谷がポカしでかしらどうなるかなぁ…普通にやりゃ刈谷の勝ちは動きようがないけど…って感じで後半開始。

結論から言いますと後半開始から70分までの刈谷はお粗末の一言でした。開幕戦で見せたパスが手段で無く目的になるシーンが増え出して目がようやく慣れた常葉の網に掛かり出す。しかし常葉の攻めのパターンは前半と変化は無し。したがって刈谷のDFに余裕で捌かれる。後半の半ばに常葉に流れが来た時間帯が来て前半全くなかったショートパスの崩しが出来るようになったはいいけど前半と同じような真似をして潮目を自ら放棄してしまいさすがにこれではマズいとばかりの刈谷の逆襲をモロに浴びて続けざまの2失点。





もうこうなると刈谷が夢スコ行くか否かしか焦点は無くなっちゃうんだけどそこまでは至らず試合終了。刈谷が開幕3連勝と最高のスタートを切ったと言っていい一戦が終わりました。

先にも書いたけど常葉は秒殺喰らった時点でもう試合は壊れてたと思う。風下耐えて後半勝負って選択自体は悪手とも思わん。とにかくその秒殺喰らう試合の入りが悪すぎた。一番気になったと言うかアカンだろ思ったのは切り替えの遅さと味方探しに時間かかるシーンが散見されたこと。そして攻撃時に「3人目の動き」があったシーンは後半にちょろっとあっただけ。前4人の誰かに預けてその人に運ばすだけで点が取れる程刈谷は甘くも優しくも無いよ。来週の有玉にも見に行くけどもうちょっと「チーム」になってる事を期待します。

刈谷。どっかの相撲じゃあるまいに「立ち会い激しく後は流れで…」みたいなサッカーしてんじゃありません!4-0自体は評価していいと思うけど中身に満足できる内容では今日もありませんでした。それでも伊勢志摩戦よりはマシでしたけどね。とりあえず来週のセカンド戦については明日のセカンドvs鈴鹿見て判断しよう思います。ただ今の刈谷の完成度はまだ低いです。これだけは言い切っていいと思います。

明日は笠松です。それでは。

居そうで居ないダメ外人GK

昼にふと思いつきで呟いた一言

ゆる募
Jリーグダメ外人列伝を作るとして推薦出来るGK。

要はネタ外人GKって誰か居たっけ?って問いかけだったんだが僕の中ではJに来る外人GKってって総じて優秀なのばかりってイメージを持ってたんですわ。東海界隈のチームだけでもディド、シジマール、ヴァンズアム(この人だけはダメ外人って推薦もあった)…他にもジルマールなんかもおりましたな。んで夕方まで放置してたら仕事上がり間際に見たらまぁまぁレスがついてまして…集計結果がこれ。

ミロ(浦和) 4票

リー・バクスター(神戸) 2票

ヴコビッチ(仙台) 2票

ジウバーニ(C大阪) 2票

アレックス・サンターナ(湘南) 1票

ジョーイ・レオーニ(長野) 1票

ヴァンズアム(磐田) 1票

チョン・ソンリョン(川崎) 1票

無効票 パランパン(磐田) ←日本人じゃねぇか!!

2人ガチで知らんつか見たことないのが居るなぁ…ちなみにリー・バクスターはベンチに入ってHTにアップしてるの一度見たはずだぞw

うーむ…えー?って名前もありますね。まだジャッジ早くね?って感じ。けどGKに外人枠使ってそれがハズレだとフィールド以上にキツいかもなぁ。てなわけで今日は小ネタでした。

居そうで居ないダメ外人GK

昼にふと思いつきで呟いた一言

ゆる募
Jリーグダメ外人列伝を作るとして推薦出来るGK。

要はネタ外人GKって誰か居たっけ?って問いかけだったんだが僕の中ではJに来る外人GKってって総じて優秀なのばかりってイメージを持ってたんですわ。東海界隈のチームだけでもディド、シジマール、ヴァンズアム(この人だけはダメ外人って推薦もあった)…他にもジルマールなんかもおりましたな。んで夕方まで放置してたら仕事上がり間際に見たらまぁまぁレスがついてまして…集計結果がこれ。

ミロ(浦和) 2票

リー・バクスター(神戸) 2票

ヴコビッチ(仙台) 2票

ジウバーニ(C大阪) 2票

アレックス・サンターナ(湘南) 1票

ジョーイ・レオーニ(長野) 1票

ヴァンズアム(磐田) 1票

チョン・ソンリョン(川崎) 1票

無効票 パランパン(磐田) ←日本人じゃねぇか!!

2人ガチで知らんつか見たことないのが居るなぁ…ちなみにリー・バクスターはベンチに入ってHTにアップしてるの一度見たはずだぞw

うーむ…えー?って名前もありますね。まだジャッジ早くね?って感じ。けどGKに外人枠使ってそれがハズレだとフィールド以上にキツいかもなぁ。てなわけで今日は小ネタでした。

次節停止者。並びにリーチ者。

東海公式がいいペースで更新をしてくれているので2節終わった段階ですが1部は出場時間や得失点時間帯まで集計が取れている状況です。(2部は公式記録が貼られてないので得点者と警告状況のみ)これがずっと続けば総括でよりいいデータを提供出来るんじゃないかな…と思っています。

では今週末の出場停止。並びにリーチの選手を発表します。

出場停止

鈴鹿 #13堀河 三重戦での退場処分のため。セカンド戦停止。
セカンド #4木田 市役所戦での退場処分のため。鈴鹿戦停止。


リーチ

無し


老婆心ながら申し上げますと名古屋クは2試合で警告6枚と全16チームの中でもダントツで頂戴している状況です。カードが溜まると自ずと戦い方も狭まれます。ご注意を…

1部は各チーム2部より貰ってる傾向なので既に1枚頂戴している選手はご注意を。

東海リーグニュース2016 Vol3

先週末は管理人の体調不良で土日ともパスして方々にご迷惑をおかけしました。

特に日曜の中京大の実況を行ってくれた2名には感謝いたします。体調の方はまだ引っかかる部分はあるけど快方には向かってる感触はあります。けど大厄の年だし油断出来ないです。これが年を取るってことなんですね…では先週の全結果を。

【1部】

ヴィアティン三重1-3FC刈谷

三重 岩崎
刈谷 伏木 稲葉 内田


FC岐阜SECOND2-1藤枝市役所

セカンド 木下 土田
市役所 高橋祐


※セカンド木田がイエロー2枚で退場。鈴鹿戦停止。

ChukyoUnivFC0-3FC伊勢志摩

伊勢志摩 森 白井 甲斐

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 2 2 0 0 5 1 6 3
FC岐阜SECOND 2 2 0 0 4 2 6 2
FC伊勢志摩 2 1 0 1 4 2 3 2
鈴鹿アンリミテッドFC 1 0 1 0 2 2 1 0
常葉大浜松FC 1 0 1 0 1 1 1 0
藤枝市役所 2 0 1 1 2 3 1 -1
ヴィアティン三重 2 0 1 1 3 5 1 -2
ChukyoUnivFC 2 0 0 2 1 5 0 -4



【2部】

東海学園FC0-0矢崎バレンテ


大同特殊鋼1-1豊田自動織機

大同 高橋
織機 野口


春日井クラブ1-4長良クラブ

春日井 平山
長良 後藤×2 山本 藤盛


トヨタ蹴球団2-1名古屋クラブ

蹴球団 鈴木 佐藤
名古屋ク 坂脇


  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
トヨタ蹴球団 2 2 0 0 5 1 6 4
東海学園FC 2 1 1 0 6 1 4 5
豊田自動織機 2 1 1 0 4 2 4 2
矢崎バレンテ 2 1 1 0 2 0 4 2
長良クラブ 2 1 0 1 5 7 3 -2
大同特殊鋼 2 0 1 2 1 3 1 -2
名古屋クラブ 2 0 0 2 2 4 0 -2
春日井クラブ 2 0 0 2 1 7 0 -6


得点ランクの方も着手しようかなぁ…と思ってましたが現在1部は2得点が刈谷の内田と伊勢志摩の森の2名のみ。その他1得点が多数ってことで省略。2部も3得点が織機の野口と東海学園の藤田の2名。2得点が矢崎の井口で残り1得点が多数って状況です。来週にはさすがに着手します。

では今週末のカードを。今週は土日併催で8試合全て行われます。ただし東海名物魔日程はこの週も牙を剥いていて1試合のみ第10節扱いです。1部が土曜2試合日曜2試合。2部は全て日曜です。カードはこの通りだ!

【1部】

5月21日(

藤枝市役所vsFC伊勢志摩
@藤枝市民 14時KO

FC刈谷vs常葉大浜松FC
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO


5月22日(

ChukyoUnivFCvsヴィアティン三重
@中京大学 11時KO

FC岐阜SECONDvs鈴鹿アンリミテッドFC
@岐阜フットボールセンター 11時KO


※第10節扱い

【2部】

5月22日(

豊田自動織機vs東海学園FC
@織機大府 11時KO

長良クラブvs名古屋クラブ
@岐阜フットボールセンター 13時30分KO

矢崎バレンテvs春日井クラブ
@藤枝市民 14時KO

トヨタ蹴球団vs大同特殊鋼
@中京大学 14時KO


土曜は刈谷。日曜は笠松2つの予定です。ただし体調次第って但し書きをせねばならない状況ですが…1部も2部も連勝スタートと連敗スタートと明暗別れたチームが出ましたが連敗スタートになったチームはここで負けたらケツに火が付くどころの騒ぎではなくなります。危機感と緊張感を持って1週間を過ごしてなんとか早期に勝ち点ゲットして一息ついて欲しいところです…

それでは僕はこの1週間回復に励んで復帰できるよう頑張ります。土曜には刈谷で。日曜には笠松でみんなとお会いできますように…

勝ちに不思議の勝ちあり。

明治安田生命J2リーグ 第13節

ファジアーノ岡山0-1FC岐阜


得点者
岐阜 エヴァンドロ(PK)

※レオナルド・ロシャが4枚目で千葉戦停止


セカンド全然拾えない。試合は終始劣勢。それでも虎の子のPK一発を守り切ってアウェイで貴重なウノゼロ勝ち。

しかしわかってるだけでオフサイドで2点。バーに1つ。個人的には3~4点取られてても全然不思議には感じない試合でした。

ハッキリ言っちゃえば何で勝てたかよくわからん。それでも勝ちは勝ち。これで勝ち点20到達。当面の目標「45」まで約半分。今んとこは望外の好ペース。

ご報告

血液検査の結果はシロとのことでした。

とりあえず内臓のダメージは現状ないと言っていいとのこと。

ただし胃腸系の働きが極端に落ちてて食欲不振、お腹の張りで体調は最悪。結局桑名はパス。明日もこんな調子なら中京はパスしないと月曜に差し障るレベルです。とりあえず薬飲んで大人しくします…

これはちょっとまずいかもなぁ…

月曜からずっと続く体調不良。
火曜に軽い胃潰瘍の診断が出て投薬中で底は脱した感はあったけど昨日今日で別の症状も。
とりあえず今日血液検査。医者が急ぎでやるから明日にはわかるようにするとのこと。
明日明後日は体調次第。不安が生じたらどちらもパスの可能性有り。現状では明日はパスか行くかは五分五分ですね…

東海リーグニュース2016 Vol2

東海リーグも開幕8試合が無事かどうか怪しかった試合もあるけどとにかく終了。
まずは開幕戦の全結果を。

【1部】

藤枝市役所1-1常葉大浜松FC

市役所 林内
常葉 浅野


FC刈谷2-1FC伊勢志摩

刈谷 内田 中野
伊勢志摩 森


※伊勢志摩 西村が一発退場。規律委員会のお裁き待ち。

ChukyoUnivFC1-2FC岐阜SECOND

CUFC 加藤
セカンド 萩原 渡邊


鈴鹿アンリミテッドFC2-2ヴィアティン三重

鈴鹿 堀河 北野
三重 荒木 岩田


※鈴鹿 堀河がイエロー2枚で退場。「22日」岐阜SECOND戦停止。

【2部】

豊田自動織機3-1名古屋クラブ

織機 渡辺 野口×2
名古屋ク 酒井亮


長良クラブ1-6東海学園FC

長良 蓮池
東海学園 荻野 上田 鈴木 藤田×3


矢崎バレンテ2-0大同特殊鋼


矢崎 井口×2


トヨタ蹴球団3-0春日井クラブ

蹴球団 川上 遠藤 片山



では第一節ではありますが順位表を。

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 1 1 0 0 2 1 3 1
FC岐阜SECOND 1 1 0 0 2 1 3 1
鈴鹿アンリミテッドFC 1 0 1 0 2 2 1 0
ヴィアティン三重 1 0 1 0 2 2 1 0
藤枝市役所 1 0 1 0 1 1 1 0
常葉大浜松FC 1 0 1 0 1 1 1 0
ChukyoUnivFC 1 0 0 1 1 2 0 -1
FC伊勢志摩 1 0 0 1 1 2 0 -1
  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
東海学園FC 1 1 0 0 6 1 3 5
トヨタ蹴球団 1 1 0 0 3 0 3 3
豊田自動織機 1 1 0 0 3 1 3 2
矢崎バレンテ 1 1 0 0 2 0 3 2
名古屋クラブ 1 0 0 1 1 3 0 -2
大同特殊鋼 1 0 0 1 0 2 0 -2
春日井クラブ 1 0 0 1 0 3 0 -3
長良クラブ 1 0 0 1 1 6 0 -5


得点に関しては来週から取りかかります。

では今週のカードを。
いきなり来たぞ!東海名物魔日程が!!

いきなりだもんなぁ…もぉホント勘弁してよ…今週は1部が常葉vs鈴鹿が休み。2部は4試合一応ありますが、蹴球団vs名古屋クは第9節扱い。もう訳わからん。ではカードをお知らせします。1部2部共に土日開催です。

【1部】


5月14日(

ヴィアティン三重vsFC刈谷
@NTN総合運動公園 13時KO


5月15日(

FC岐阜SECONDvs藤枝市役所
@岐阜フットボールセンター 12時KO


ChukyoUnivFCvsFC伊勢志摩
@中京大学 16時KO


【2部】

5月14日(

東海学園FCvs矢崎バレンテ
@東海学園三好 11時KO


5月15日(

大同特殊鋼vs豊田自動織機
@織機大府 11時KO

春日井クラブvs長良クラブ
@織機大府 14時KO


トヨタ蹴球団vs名古屋クラブ
@中京大学 13時KO


今週は土曜が桑名。日曜が中京大です。決定事項です。体調でパスはありますが変更はありません。
ではその土曜、ヴィアティン三重のホームイベント情報を。

ヴィアティン三重開幕イベント案内

あのNTNで大丈夫かぁ?ってなる部分はあるんだけど屋台村設営。まだ誰か未発表ですがライブイベントあり。あと女性向けのエステコーナーや選手と遊べるイベント等昨年同様に顧客満足度向上に勤めてきます。と言うよりここは試合もあくまでイベントって姿勢なんですよね。普通は試合はメインディッシュなんですけど。あくまでもサッカー、スポーツのイベントって姿勢は結構挑戦的な姿勢だとは思ってます。その辺も伝えて行ければ…と思ってます。

ではちょっと管理人の体調が悪化傾向ですがなんとか頑張っていこう思います。今週は桑名と中京大でお会いしましょう。



プラス1?マイナス2?

東海社会人1部リーグ 第1節

鈴鹿アンリミテッドFC2-2ヴィアティン三重


得点者
鈴鹿 堀河(PK) 北野
三重 荒木 岩田(PK)

DSCF2142.jpg

宣言通り今日は鈴鹿。長島渋滞を恐れて8時前に刈谷を出たはいいけどスカスカで10時少し前には鈴鹿市内。あまりにもやることないので海岸をボケーッとしてたけど写真のセンスのあまりの無さに閉口。少し早いがまぁいいか…と三交鈴鹿へ。気温が高め。風が舞うからまだマシだが無風になったら厳しい環境になりそう…

昨日の刈谷の事そこいらで聞かれたなぁ…w 正直に思ったまま伝えたがどう解釈するかは皆様次第ってことで。

とは言っても昨日の刈谷の勝ちで三重はもしも今日負け。そして来週も刈谷に負けとなると刈谷6三重0って最悪のスタートになってしまう。鈴鹿は9月10月まで刈谷戦はない。したがってそこまで刈谷と差が極端になければよいだけのこと。そうゆう意味でより負けが許されないのは若干三重かな?と。後々を考えたらどちらも3が欲しいに決まってはいるんだがこの2チームは直近に三重社会人で戦ってるばっか。(鈴鹿2-1三重)並びも入りも漠然とは出来ない。特に入りは三重のが来るだろうって予想はしてた。
そして鈴鹿サポから衝撃の情報…「小澤怪我。今日は大事取って欠場。北野も多分サブ。」うひゃーwそしてふた開けたら三重も三重で藤牧がCB登録!おいおいおいおい…この2週間で何があったんだよ…



DSCF2162.jpg



DSCF2159.jpg

え?4-1-4-1はいいとして右ワイドに守備サボるパブロ?嫌な予感しかしねー…と思ったらそれが的中。鈴鹿はソッコーでパブロの裏に的を絞って吉川を引きずり出しにかかってさらに渋谷まで下げさせるハメになり中盤のスペースは三重に使われ放題。ズタズタに回されて前半開始早々に鈴鹿の右サイドは崩壊。それがこれ。




開始早々にビハインドを負った鈴鹿だがパブロの裏を三重に執拗に狙われ中盤のバランスがボロボロ。攻めに移ろうにも柿本が孤立するし守備に追われる中盤のサポートも薄い。パブロが持ったときの突進力はさすがの物があったにせよそれが連動した攻撃を生むかと言われると…しかしなんであろうとゴール前までボールを持っていけば何かが起きるかもしれないってよく言うがそれが効をを奏したのがこのシーン。




偶発の加藤のハンドを呼び込み鈴鹿にPK。北野も小澤も居ないので蹴るのは堀河。難なく決めて鈴鹿同点。試合自体は完全に三重の物だったのに勿体ない失点を呼び込んでしまい前半は1-1。しかしチャンスメイクもボール支配もどっちが2部上がりかわからんくらいに前半は三重優勢の内容でした。

HTに「パブロ完全に狙われてんぞ?」と鈴鹿サポに振ったが概ね同意を得た。「悪いことは言わん。さっさと換えろ。」とまで言ったがパブロは続投。一応小沢さんも手を打って泉とパブロの位置を変えパブロのお守りをより守備の強い藤田に任せるが10分足らずで北野投入。ここで鈴鹿は4-1-4-1からダイヤの4-4-2に変更して試合を巻き戻して来た。しかし若干鈴鹿の流れになってきた矢先にヤバい位置で与えたセットプレーからまたもPKを呼び込んでしまい…




堀河はこれでイエロー。岩田はこのPKを決めて御役御免で加倉にスイッチ。この流れは完全にアカン奴や…と思ったら試合を振り出しに戻したのは鈴鹿のスーパースター。




セットプレーのこぼれ球を嗅覚で呼び寄せ狙いを絞って振り抜いたコントロールショットは三重DFをすり抜けネットを揺らし鈴鹿再度同点に。この後に鈴鹿は矢野、福島と運動量と攻撃力に優れた駒を投入して逆転を狙うがここに落とし穴が。
すでに一枚もらっていた堀河がゴールエリア内に侵入してゴールライン間際で笛。PKは無い。絶対無い。けどなんか様子が変だ。堀河に2枚目。当然退場。このとき最初シミュレーション?と思ったが主審はなんか肘のジェスチャーも。肘入った?思ったが鈴鹿はこれで10人に。後から北野に聞いたら「出てないよ!」って言っただけで異議になったそうで…いずれにしても1枚貰ってる選手としては軽率な発言だったのは否めない。鈴鹿はこれで北野を前線に一人残して残り8人で中盤もボックスに変えて8人でブロック、奪ったら神頼み同然に北野めがけて蹴り出すのみ。こうなったら完全に三重のペースになって当たり前。しかし鈴鹿のブロックを崩しきるに至らずそれでいて鈴鹿はもう全く攻撃の形すら形成出来ず時間切れ。三重ダービー第一ラウンドはドローと言う結果に終わりました。

DSCF2175.jpg


鈴鹿は堀河の退場で主目的が「勝つこと」から「負けないこと」に切り替えざるを得なくなってしまい矢野との話の中でも「負けてたら行くけどあの状況では(リスク負って攻撃には)行けない…」との言葉が。鈴鹿は後々考えたら7枠8枠の昇格チーム相手に勝ち点落とすような事はしたくなかったろうけど事こうなってはあの選択は是非も無い選択だったと思います。

一方三重。こっちはハッキリ書きましょう。勝ち点2落とす結果だったと。2度リード。得点直後に2度の失点。退場で数的優位も出来ながらブロック崩せず時間切れ。冒頭に書いた理由でよりあの状況で勝ちに動いたのは三重で間違いなかったんだけど結局勝ち点1止まり。僕は「どっちも勝ち点1を得たって言うよりも勝ち点2を失った。」って結論に至ってけどより負けに等しいダメージを負ったのは三重だよなぁ…とも。これで次週刈谷に負けたら6-1。5差になるのでこの時点でもう他力任せになる。ミス、取りこぼし厳禁のスプリント戦で5差はもう危険信号。変な緊張感を持ちすぎないようにしないとはいけないけど…

とりあえず車前提の三交鈴鹿でシャトルバス無しで1200人弱。昨日の刈谷にわずかに届かずの数字でした。これで残りリーグのホームは全てAGF鈴鹿(石垣池)になるけどAGFだとこの数だとほぼ満員なはず。それを継続しないとなかなか三交鈴鹿ではリーグは出来ないだろうし今以上の集客も打てないと思う。課題は多いと思うけど結果だけを焦ること無くリーグを戦って欲しいとこです。

OKとしましょう…

明治安田生命J2リーグ 第12節

FC岐阜1-1清水エスパルス


得点者
岐阜 阿部
清水 大前(FK直接)

苅部のしょーもないチョンボから4分で失点した時には久々の大量失点負けの予感しかなかったがそこから粘り強くよく頑張って追いつきました。後半の序盤の岐阜の時間帯で勝ち越したかったけどまぁしょうがないかな…って感じです。昨年J1相手に追いついてドローなら決して悪い結果とも思いません。

結果として岡根投入の3バックは成功だったと思います。ただレオではなく下げるのは彼でない?と思った人は少なくない気がしますが。そこまで拘る選手なのかなぁ…どうにも理解が出来ない。とりあえず結果にも内容にも大きな不満はありません。

辛勝・心証

DSCF2120.jpg



東海社会人1部リーグ 第1節

FC刈谷2-1FC伊勢志摩


得点者
刈谷 内田 中野(PK)
伊勢志摩 森

※伊勢志摩西村が報復行為で一発退場。1試合で済めばいいけど…

ついに東海開幕。オープニングは前年優勝チームに経緯を払って刈谷を選択。(去年なんで鈴鹿蹴ったかは覚えてない)
2000人集めるために色々頑張ってきて天候にもどうにか恵まれた。今年の東海1部は「上」を狙うと公言するのが2チーム増えて全国でも屈指の激戦区に。けどそれが本当の激戦になるかはただのドングリの背比べになるかはここからの選手の頑張り次第。もちろん期待するのは前者。そのための第一歩…にしないといけないけどホーム刈谷は全社愛知で2部蹴球団に力負け。アウェイ伊勢志摩も三国志対決を落として天皇杯に失敗。ここで負けると公式戦連敗になる。一つの負け、取りこぼしが致命傷になる短期決戦。狙うはどこも勝ち点3。



DSCF2102.jpg




DSCF2103.jpg

僕は伊勢志摩の4バックの試合を観たことないがこれは刈谷の3トップ対策だろうってのは想像できる。4CBを並べてアンカーを添えるかなりいつもの伊勢志摩寄りも守備を重く置いてるなぁ…と思ったがやはりウイングを高く張ってる分中盤のスペースが刈谷のが多く使えるようになりそこを伏木がうまいこと突いて刈谷がチャンスを作ってくるが決定打が出ない。伊勢志摩は攻撃の選択の第一が溝田。刈谷も当然そこはケアをしていて対面の長野が常に目を光らせて単騎突破は許さない。そうなると伊勢志摩は手詰まり感が見え隠れしだして試合は刈谷ペースだが…って展開に。そうなると打開策の第一がセットプレーになりそれが実ったのが先制点。



大外の内田を見事に見逃してドフリーで合わせるだけ。これ、DF出身の監督からしたらありえねぇパターンだよなぁ…とにかく刈谷が先制に成功。しかし先制してからの5分10分が大事だってのは定石なのにこんなしょーもない失点をしでかして…



論外。かっさらってエンプティ決めた森は見事だったけど荒川と櫻岡は反省会物。10分もリード保てずあっさり振り出しに。この前後に伊勢志摩は西村と溝田の位置を入れ替えてサイドから中央突破に切り替えて刈谷のDFのギャップに森が顔を出し始めて完全に生き返ってしまいさらに後半は伊勢志摩の追い風。これどうなるかわかんねぇなぁ…って感じで後半スタート。

しかしこの追い風が伊勢志摩の砲台、森のキック精度にイタズラをして伊勢志摩の攻撃精度は前半よりダウン。後半も変わらず刈谷ペース。ベンチに寝かせてる戦力はほぼ互角か若干飛騨が居る分伊勢志摩かなぁ…?と思ってたが先に刈谷が仕掛けて伏木→安藤。この直後に得たCKから刈谷は虎の子の勝ち越し点をゲット。



一瞬スタンドの反応も「??」だったが完全に金守が中野を引きずり倒してましたねぇ…主審よく見てました。(金守はこのプレーでイエロー)このPKを中野が一度決めるも坂本のフライングでやり直し。しかし中野は動揺すること無く2度目もきっちり決めて刈谷勝ち越し。しかしまだ伊勢志摩にも反撃の余力も時間もあったのだけどこの後に稲葉のファウルに激高した西村が報復行為に及んでしまい一発退場。僕は視認していないが蹴りを入れたって目撃証言もあり試合後の公式記録も退場理由が「乱暴行為」だったので間違いなく規律委員会送りの案件に。1試合で済めばいいけどねぇ…蹴り入れたのが本当なら1試合で済まない可能性大だけど…この退場で反撃ムードに水が刺さってしまい伊勢志摩のチャンスは足立のロングキック一発からの偶発によるもの1つのみ。このまま刈谷がどうにか逃げ切って開幕白星と相成りました。

DSCF2123.jpg

DSCF2124.jpg

DSCF2122.jpg

蹴球団戦でも同じ感想だったしもうこれは断言しちゃっていいですがまだ刈谷は飯塚サッカーの吸収度は3割か4割程度あればいいとこでしょう。こと攻撃サッカーを標榜するチームが陥りやすい「繋ぎが手段でなく目的」になってる節がありあり。シンプルにいっていいとことそうでないとこの判別もせずに漠然と繋ぐシーンも多かった。試合後の飯塚監督から取れたコメントを抜粋だけすると「剥がせなかった事が一番の反省点」でした。実際流れで剥がしたシーンは皆無でした。ボールを動かして相手を動かして剥がれたフリーの選手を使うってのが主目的なんでしょうけどまだそこまで至ってないのが現状です。これ、完成するのに時間かかるだろうしそもそも完成に至るの…?って不安も生じる内容でした。正直どう見ても辛勝だったし僕の心証もあまり芳しいものではありません。それでも勝てたのだから地力が無いわけではありませんが。来週の桑名も観に行くつもりですが変わり身あるかなぁ…

伊勢志摩も来週改めて観るつもりです。次は多分3-4-3のいつもの並びだと思いますが…退場喰らった西村の位置に誰が入るかも含めてどう戦うかの選択が問われるでしょう。先日のTM観る限るでは差はあるように見えましたが…

明日は三重ダービーです。新生アンリミテッドvsヴィアティン。勝つのはどちらか!?

東海リーグオールメンバー 2部編

昨日の続き。今日は2部。

矢崎

OUT 前川 田中 荻野 フェルナンデス
IN 福田 小川

新卒1名移籍1名。うーん…

長良

OUT  冨田 夏原 西村 福川 藤橋  山鹿 棚瀬 下岡 山田 坂
IN 後藤 高垣 臼井 堺 石塚 小宅

OUTとINの数のバランスが良くないけどここは登録自体はかなり多いからなぁ…

蹴球団

OUT 山口 河村 久保田 中條 山口 大原 金谷
IN 杉本隼 水野 鵜飼 根来 佐藤 池上

やはり元J1の名前が際立ってるなぁ…OUTが思ってたより多いが主力のOUTは去年前期の正GK金谷だけ。

織機

OUT 森 中西 小佐井 栗田 山下 塩原
IN 小鷹 安井 本田 本多 池元 森田 河野 新美 酒井 横地 加藤 松下

INめっちゃおるな…殆ど新卒ではあるとはいえ。去年1部CUFCの森田がここに移籍してますね。

名古屋ク

OUT 下妻 神野 上村 山田 遠藤 宮前 永田 澤田 小嵐 磯部  阿蘇品 林
IN 平岡 石原大 石原卓 光持 亀澤 服部 望月 ロブソン 藤井 豊永 山田

予想はしてたがめちゃくちゃ入れ替わってるねぇ…しかも主力OUTもいるし。
INは目玉はこちらも元J1の石原卓。CUFC卒業組の石原大もいますね。

春日井   
OUT 高野 藤田 楫 野村 宮井 佐藤
IN 仮屋 松岡 越前谷 

出入りは少ない部類ですね。GKを探してるって話だけど…

大同と東海学園は前年の記録がないんで省略。




 

 




東海リーグオールメンバー 1部編

東海リーグ公式より今期開幕時のオールメンバーが発表されました。

1部

2部


ではここで各チームの出入りを昨年のパンフレットから参照してみます。

刈谷

OUT キム・ジョンソク 星 石堂 藤井 古澤 後藤 宮本 飯塚
IN 神谷 吉岡 内田 黒田 近藤 渡邊

この中で藤井が鈴鹿。星が関西リーグの滋賀。古澤はJFLの武蔵野。新戦力は新卒1名。残りは移籍。内田、神谷は既に愛知社会人でも出てましたね。レギュラーバリバリのOUTは飯塚だけでしたが移籍組で底上げが出来るかな?

鈴鹿

OUT 保崎 山之内 温井 北脇 柴田 水谷 高橋 臼井 冨田 鈴木 谷山 白鳥 渡辺
IN 芦田 月成 小西 堀河 藤井 渋谷 中野 泉 岡田 野口 原 福島 吉川

多すぎるわ! 大駒のOUTがかなり目に付くけど戦力自体は上がってると思います。Jからのレンタルは渋谷、岡田、福島、吉川の4人かな?

市役所

OUT 松下 鈴木大 長谷川
IN 森川 野中 井上寛

チームの性格上大幅な入れ替わりはそうは出来ないでしょうしね。

CUFC

OUT めちゃくちゃいっぱい。
IN とってもいっぱい。

昨年のメンバー表から残ってる選手が3人かそこら…ハッキリ言って総入れ替えの状況です。
鈴鹿より多かったんでもう書くのここは止めます。

岐阜セカンド
OUT 足立 崎原 塚本 鈴木貴 森 入山 レオナルド 海野
IN 長谷 星野 加藤 井上 高橋 河原 岡田

うーん…足立と森を伊勢志摩に取られたのは結構痛い気がするなぁ…
こないだ観た感じでは井上は結構以上に活躍する予感はあったけど…

常葉
OUT 中京ほどでは無いけどかなり多い。
IN 上に同じ。
40人近く登録してるけどホントに使う気あんの?

三重

OUT 松原 佐藤 荒木健 服部 岩谷 ジブリン 
IN 稲森 川村 藤井 川本 谷口 飯田 田中 伊藤 岩崎

新卒中心。元J1名。(田中)ここはそれまでがド派手ではあったけど今年は名より実の方針なんかな?
なお松原が伊勢志摩。服部が名古屋クラブ。ジブリンが九州リーグの宮崎へ移っています。

伊勢志摩


OUT 高塚 森本 辻 古西 
IN 甲斐 黒沢 松原 西村 森 森崎 深澤 白井 岡田 足立 朴

結構取ったなぁ…JFLや地域で実績ある選手が多いです。

とりあえず1部は終わり。ポジションとか細かいのは後回しで。





結果>内容 今日は評価。

明治安田生命J2リーグ 第11節

FC町田ゼルビア1-1FC岐阜


得点者
町田 中島
岐阜 レオナルド・ロシャ

よく言うボクシングのような判定勝負なら文句なしのストレート負け。ロシャのゴラッソでなんとか勝ち点1拾った試合だったと思います。
試合前に名前呼んだらアカン監督の「派手にやりたい」の真意だけど結局はブラジル人に攻撃丸投げでブラジル人の技術とセンスで力押しすることだけだったんじゃないの?今日の先発の並び見たらそれしか僕には浮かんでこなかった。

山口戦を一切見てないけど山口の攻撃の組織の完成度たるや口の悪いメイン族すら絶賛してたほどだし、去年の金沢の守備の完成度も…そしてそして落ちた2チームの今年のJ3でのモタつき具合を見てるとね…「落ちて一旦リセットしてやり直そう」なんてのは本当に絵空事に過ぎないことだとよくわかった。現状僕は「落ちなきゃいい」のスタンスで「上がりたい」ではない。そのためには弱い相手だけでなく強い相手からも勝ち点を奪わないといけないし、現状上位のアウェイ戦で追いついてドローなんであればこの内容からしても褒めこそすれど非難するもんではないと思います。今日は素直に褒めていいでしょう。

それにしてもね…「きちんと作れる監督にきちんと託せば」チームになるんですよ。何が言いたいかって?みんなが思ってることとおんなじですよ。

東海リーグニュース2016 Vol1

GWにようやく入って東海リーグもいよいよ開幕。

今年の1部の目玉になるのは今年こそ帰るべき場所に帰るべく体制を作った王者刈谷に挑む三重三国志勢。二度の優勝を誇る新生鈴鹿アンリミテッド。天皇杯での活躍も記憶に新しいヴィアティン三重。そして虎視眈々と三重第一党を狙うFC伊勢志摩。それぞれの個性を持つ三国志3チーム。そして準優勝2回、全社ベスト4経験有りの岐阜セカンド。説明無用の最強公務員藤枝市役所。若さと豊富な練習量で社会人に挑むCUFCに常葉大浜松。この8つのプライドが東海4県各地に散らばり雌雄を決します。5ヶ月間の短い戦いですが今年も僕は「東海を伝える者」としてこの東海リーグの選手の頑張りを少しでも伝えれれば…と思ってます。今年もよろしくお願いします。

そして2部リーグも同時に今週末に開幕。今年は愛知県に6チーム、静岡と岐阜に各1チームとかなり歪な構成になり、会場確保で相当の苦労があったと聞いてます。それが故のこの日程発表のドカ遅れになったのですが…
1部から無念の降格となった古豪矢崎に新鋭長良。先の愛知社会人を全国4位の刈谷を破って制した蹴球団。地道に力を着けて3年目の2部で1部を目指す織機。1部復帰に失敗して再起を期す名古屋ク。10年ぶりの1部を目指し体制強化に望む春日井。そして新たに東海の門を叩く大同と東海学園。1部昇格を目指す戦いも併せてお伝えできれば…と思ってます。

では今週末の開幕カードをお伝えしたいと思います。
今週は1部は土日併催です。2部は全て日曜日となります。ご存じの通り、東海は「東海名物魔日程」なる厄介者が存在していて全16チームが試合を行う週はハッキリ言って極わずかです。その貴重な1週がこの開幕ウィーク。8つの戦いが6会場で繰り広げられます。開幕カードはこの8試合だ!!

【1部】

5月7日(

藤枝市役所vs常葉大浜松FC
@藤枝総合 14時KO

FC刈谷vsFC伊勢志摩
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO


5月8日(

ChukyoUnivFCvsFC岐阜SECOND
@中京大学 11時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsヴィアティン三重
@三交鈴鹿メインG 13時KO


【2部】

豊田自動織機vs名古屋クラブ
@織機大府 11時KO

長良クラブvs東海学園FC
@岐阜フットボールセンター天然芝 13時30分KO

矢崎バレンテvs大同特殊鋼
@藤枝総合 14時KO

トヨタ蹴球団vs春日井クラブ
@中京大学 14時KO


何回でも繰り返すけどこの土日は土曜刈谷、日曜鈴鹿でもう動きません。実況、速報関係でかなり苦戦が予想されるカードがありますが情報が入り次第ツイートでもお知らせしますしこのブログでも可能な限り原則月曜に全情報が伝えれるようにはしたいと思ってます。

ではこの土日のカードでのイベント情報などを抜粋します。
まずは土曜の刈谷vs伊勢志摩。際だったイベントはありませんが、刈谷はこの試合に2000人を集めるために刈谷駅をはじめとした刈谷の要所でチラシ配りや熊本地震への募金活動などを行い宣伝に勤しんでました。
先着500人にレッドブルの無料配布があります。その他刈谷勝利の場合に限って協賛店でのサービスの提供などが今年も行われます。

そして日曜の鈴鹿。ビックリするゲストが来ます。川嶋あいさんがゲストでライブを行います。
やはり代表曲はこれだとは思うのですが何を唄われるかは当日までのお楽しみで…



なお管理人の今月の予定はこのようになってます。

7日 刈谷vs伊勢志摩
8日 鈴鹿vs三重
14日 三重vs刈谷
15日 蹴球団vs名古屋ク CUFCvs伊勢志摩
21日 刈谷vs常葉 
22日 岐阜セカンドvs鈴鹿
29日 有玉かNTNかまだ決めてません。笠松は無いです。
しばらくの間、岐阜と岡崎からは足が遠のくと思います。少なくとも今月はこの2チーム行く予定はありません。

それではいよいよ東海リーグの戦いが始まります。今週は刈谷と鈴鹿でお会いできれば…と思ってます。それでは。

引き出し-脆さ=??

岐阜県社会人サッカー選手権決勝

FC岐阜SECOND2-1FC川崎


得点者
セカンド 工藤 ネット
川崎 安西

去年は刈谷~メドウで3時間かかった。今年は2時間で済んだがやっぱり清洲から木曽川までは全く全然話にならず。来年こそ電車にしよ…そんなGW真中の岐阜県決勝で全社東海予選出場の16チームが決まります。
なお、3位決定戦のNK可児vsFCXEBEC岐阜は前半に可児が直接FKを沈めて先制し終始XEBECを寄せ付けず後半終了間際に突き放して2-0で勝利。16番目の椅子に滑り込んだのは昨年の岐阜県1部王者NK可児となりました。

さてオーラスとなった岐阜決勝。カードは昨年と同じ岐阜セカンドvs川崎。東海1部vs降格で岐阜県1部となった川崎。昨年のこの対決はセカンドが3-0勝利。戦前はどう考えてもセカンド有利。ボコボコにする可能性は低いけど負ける画は全く想像つかず。けど毎年セカンドはスロースターターぶりが酷くそれが祟ってこの大会を取りこぼした事も。川崎にも全くメがないことはないけど…うーん…って感じで入った決勝戦。



一応補足するとセカンドは「今日の4-2-3-1は実戦未経験」だったらしい。ここまでは4-1-4-1とのことだったけど牧野を1列下げて初手からボランチ2枚のバランス重視の布陣に。



川崎は元岐阜所属が多い。全員の番号と名前が一致しないが今日のスタメンだと中村と安西がいる。そして肉離れで今日は出れないが東海2部時代の岐阜トップにいた岩田がまだ現役など懐かしい名前も。

試合は1トップのネットを経由する攻撃が基本となるセカンドがそのネットのフィジカルで川崎を押し込むが川崎もきちんとネットに身体を寄せて自由にはさせず。それがダメならとサイドにネットが逃げたとこに2列目が複数ゴール前に突っ込むなどセカンドが優勢に進めるもいきなりズッポリと落とし穴に。



絶句もんの酷い取られ方。寄せない競らない触れない。ゾーンで責任の擦り合いするくらいならマンツーのがマシなんだけど…前半にもう一つ失点は免れたが同じようなセットプレーでの大ピンチを招くシーンがありセカンドの重篤な弱点がいきなり露わに。しかしセカンドはこの失点から10分もしないうちにネットのポストプレーから落としたボールを工藤がミドルで打ち抜いて同点に。



※動画投稿者の承諾を頂いて載せています。

先制されてもすぐにいい形で追いついたセカンド。その後もネットのポストやネットがサイドに流れた際の2列目のアタックで川崎を責め立てるが決定機逸だらけ。前半だけで試合決めれたはずが先制は許すは決定機逸だらけはとお世辞にも褒めれた試合運びとは言えず前半は1-1。これは2-1とかでは済みそうもないなぁ…って予感しかしないHT。この試合に偵察来てた鈴鹿や刈谷のサポもHTの時点でほくそ笑んでる有様。勝てるとは思ったが勝っても今日は叩く…とこの時点で決めていた。

試合は後半開始早々秒殺にほど近い時間でルーキー井上の切り返しからのシュートを川崎GKが弾いたところをネットが詰めてセカンドが勝ち越して結局これが決勝点。

DSCF2065.jpg

打ち合いの予感は外れて2-1でセカンドが連覇は果たした。果たしたはいいんだけど…後半は前半以上にお粗末なミスがあちらこちらで発生して頭抱えたくなる40分だったとだけは記しておく。これで静岡2つを除く1部6チームを一通り1試合は見た形になるがセカンドはとてもじゃないが優勝候補としては推せない。攻撃力と攻撃の引き出しの多さは上位級。けどセットプレー守備の脆さ、試合運びの拙さはBクラス。三重三国志3チームや刈谷に一槍入れれる力はあると思うけどこの試合運びの拙さ見てると安定したシーズンを戦える感はゼロ。変わり身がなければ中位…下手すると残留争いかも…って印象でした。上位進出には変わり身必須。とにかく苦手の前期を五分以上で終わらせたいとこですね…

川崎はさすがに去年東海にいただけあって愛知県リーグのそれよりは力がある印象でした。今年に限って言えば東海4県リーグで一番厳しい戦いになるのは岐阜で間違いないでしょう。試合観戦は物理的に無理ですが今年は東海4県1部の情報も折りを見てお伝えできれば…と思ってます。

明日はいよいよ今年最初の東海リーグニュースシーズン版。1部2部開幕8カードをお伝えしたいと思います。繰り返すけど開幕週は土曜刈谷。日曜鈴鹿で確定です。
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR