緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ1部2016総括その4 FC岐阜SECOND

総括4つめはすっかりBクラスのこの辺りが定位置になった感もあるセカンド。開幕前に「とてもじゃないが優勝候補には推せない」とは確かに言ったがトップ顔負けの怒濤の連敗街道まで歩むとはさすがに思ってなかったぞ…

5位 FC岐阜SECOND
5勝9敗 勝ち点15
得点13 失点23

チーム得点王 2得点で4名

2016FC岐阜SECONDキーワード「存在理由」


今季リーグ戦績
A中京 2-1○
H藤枝 2-1○
H鈴鹿 1-4
H刈谷 0-2●
H伊勢 0-1●
A三重 1-4
A刈谷 1-2
H中京 0-2●
A藤枝 3-2○
A鈴鹿 0-1●
A伊勢 0-1●
H三重 0-1●
A常葉 2-1○
H常葉 1-0○

全社県予選
vs太平洋工業 5-0○
vs若鮎FC 4-0○
vsボンボネーラ 1-1(PK4-2○)
vs可児 1-0(延長)○
vs川崎 2-1
優勝

全社東海予選
vs東海学園FC 3-0○
vs伊勢 1-2●

天皇杯県予選
vs川崎 2-0○
vs可児 6-1○
県代表獲得

天皇杯本戦
vs磐田 0-7●

得点13はリーグワースト。チーム得点王が2点ってのは複数いるとは言えいくらなんでも寂しいと言う他無い。とりあえず平均得点が1,0切ったのはどうかと思うぞ。

ここも御多分に漏れずラスト15分での失点が全時間帯で最大の7。そして目立つのは開始15分での失点も5と少なくないこと。こんなとこまでオヤジの真似をする必要はないんだけどファビアノのチームもオヤジのチームも似た傾向があったなぁ…

年々チームのスケールの縮小化、弱体化は否め無い。でもそれはファビアノの手腕のせいだけってわけではなく、FC岐阜そのものにあるんじゃないか?って疑念のが強い。スタッフは出してくれてる。ちゃんとHPに結果も載せてる。けどそれはFC岐阜SECONDを名乗らせるならやって当たり前の事であって、当たり前以上の事をしてるとは全くもって思わない。(株)岐阜フットボールクラブにおいて、FC岐阜SECONDをどう活用したいか、どう岐阜県サッカーにあるべき姿にしようって姿勢が全く見えてきてこない。正直明日いきなり「お取りつぶし」にしたとしても全然驚かない。「お取りつぶし」はさすがにないにせよ「FC岐阜からの分離」は全然あり得る。むしろそうしたほうのが岐阜サッカーにおいてはプラスになるんじゃねぇか?って思いもあるくらいだ。

身もふたもない言い方になるけど、このチームがFC岐阜SECONDである理由ってのは年々無くなってる。今現在ほぼ無いと言っても言い過ぎではないと思う。けどこのチームが岐阜県に必要ないかって問われたら「んなわけあるか阿呆ぉ!」と即答する。今現在岐阜県のアマサッカーは切磋琢磨してリーグも白熱している。けどこの先FC岐阜のライバルになり得る存在が出るか?となるとうーん…である。僕はFC岐阜のライバルになる可能性が一番高いのはこのチームでは無いか?って思いがある。ただトップの体たらくも含めて今現在このチームの立ち位置はすっごく不安定でどうなるか全然わかんないって思いもある。それがいいことだとは全然思わないんだけど…

今更言うことでもないが僕が見た限りトップに推薦出来るパフォーマンス見せれた選手は無し。ちょっと気になる悪い内容のタレコミもあった。(信憑性は高いと思ってる)今のままでこのチームが今以上強くなれる気はしない。それが岐阜サッカーにおいていいことであるわけがない。トップの状況に左右されないチームであって欲しいけどトップ降格のしわ寄せが来ないか正直怯える部分もある。不健全な状況がいつまでも続いていいわけは無いし好転して欲しいんだけど…見通しは少し暗いのかな…

明日からはAクラスのチームの総括に入ります。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR