FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

怒声ステレオサウンド



東海社会人リーグ第11節

トヨタ蹴球団1-4FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 成田
伊勢志摩 村上 飛騨 森(FK直接) 溝田

優勝の望みは数字上あれど現実味は既にない伊勢志摩。未だ降格の影はあれど残りの相手的には比較的恵まれてる蹴球団。
さもすれば消化試合っぽいイメージになるがまだ何も決まってない以上消化試合はあり得ない。そんな中残暑厳しい中京大での一戦に行ってきました。





どちらも開始からプレスがうまくかからずにゴール前に運ぶシーンが増えるが最後の一線は割らせないって展開。若干蹴球団が3バックの脇を突いてのサイドアタックからチャンスを作るシーンが目立ったが大岩根が立ちはだかる伊勢志摩ゴールを割れない。東海リーグウォッチャーならみんな知ってる大岩根はノッてくればプレーにも口にもエンジンが掛かってくる。相当に怪しい自作自演のファインセーブもあってだんだん絶口調に。こうなるとだんだん流れが伊勢志摩に流れていって一瞬の隙を突いて裏を取った村上に先制を許すと完全に伊勢志摩ペースに。そしてその流れを活かして飛騨がドリブルからの華麗なループで0-2に。しかし前半終わり間際に蹴球団の反撃で裏を奪われるとなぜか大岩根が大飛び出し。それを吉田に交わされ万事休すとなったが後詰めが間に合い吉田も詰め切れず最後は大岩根のセーブ。このさっき以上に怪しい自作自演セーブで前半終了。

正直0-2とはいえ伊勢志摩DFの不安定さを見ると蹴球団が先に1-2にしたらどうなるかわかったもんじゃない。さすがに0-3にすれば詰むだろうけど…と思い後半へ。伊勢志摩は最終ラインがダメ。蹴球団は中盤の守備が全くダメ。そして奥村が必要ないファウルで与えたFKをFKの名手森が豪快に決めて0-3。これで勝敗の流れはほぼ決した。そして途中出場の溝田もコーナーから決めて0-4にしたが蹴球団も途中出場の成田の怒りの左が炸裂したが時既に遅しで試合は1-4で終了。どっちも相当に守備の不出来が目に付いたけどチャンスをしっかりモノにした伊勢志摩に軍配は上がりました。

さて表題の件。大岩根がやかましいのは東海ウォッチャーならみんな知ってる事だけど今日はそれ以上に中田一三監督の怒声が四六時中響いていたわけで…中田監督が黙ってりゃ大岩根。大岩根が黙ってたら中田監督。まさに怒声のステレオサウンドが響き渡っていたわけで…もっともその怒声もそら出るわなぁ…となるくらいには伊勢志摩の守備はお粗末な部分目立ちましたけどね…蹴球団の敗因はそこに付け込みきれなかったって事一点。布陣見ても相当攻撃的な布陣だったし先手取って傘に掛かりたかったのが不発に終わったかなぁ…って印象です。お目当ての新戦力は今日はメンバー漏れしてたけどまだ絞れてる印象無かったなぁ…間に合うのかなぁ…伊勢志摩は守備の整備が緊急課題レベルだと思います。少なくともこの出来では全国レベルでは厳しい。あと1回は伊勢志摩見れそうだけどどこまで修正出来るかなぁ…それが全社の結果に直結すると僕は思ってます。

蹴球団は…残留「だけ」ならどうにかなると思います。問題は未来にどう繋ぐか?じゃないかなぁ…

やっぱりすんなり行かなかった…

明治安田生命J2リーグ 第31節

FC岐阜2-1愛媛FC


得点者
岐阜 風間 難波
愛媛 有田

前半は全くケチつける内容ではなかったが後半もこのまますんなり行かせてくれる相手とは思わない。って思ってたら案の定後半にサイド修正されて後半は逆の展開に。そして追いつかれるまではいつもの岐阜だったけどそこからセットプレーで押し切った辺りは成長と進歩なのかなとも思います。引き分けまでは許容できたけど負けてたらさすがにぶっ叩くつもりでいましたけどね。

懸念されるのは後半早々に退いたシシ-ニョと足を大分痛そうにして退いた小野の状態。どちらも最終的には自分の足で歩いてたらしいんで怪我だとしても軽度だとは思いますが…そして阿部が8枚目との事なのでコレで2試合停止。恐らく第一選択肢は青木でしょうけど…

磐瀬が途中出場したことで今年岐阜でまだプレー時間がゼロなのはGK2名を除くと甲斐、鈴木、藪内の3名だけ。まだ1~2年目なので猶予はあるにせよ…奮起して欲しいとこです。

マグロの勢いは60分止まり

東海社会人1部リーグ 第11節

鈴鹿アンリミテッドFC5-0東海学園FC


得点者
鈴鹿 芦田 OG×2 冨士 藤田

8月がまるっと試合無しになり久しぶりの試合、そしてホームゲームとなった鈴鹿。魔日程の関係で刈谷より2試合消化数が少ない状態で開いている勝ち点差は5。つまり刈谷と並ぶ状態になるまで全部勝てば刈谷は抜く。けど取りこぼしたら…の状況下において残り試合は来週以外はずっとホームで戦える。これは十分なアドバンテージ。そして刈谷以外はBクラスが相手。来たるべき決戦においてこれ以上のアドバンテージはないのだが鈴鹿はホームでCUFCに2-0から逆転負けって大失態を演じている。今年の鈴鹿はホーム戦で色んなイベントを打ってるがそれもこれもあくまで試合における付加価値品でしかなく、肝心な試合でやらかしたらヘタすれば逆効果にすらなりかねない。先週刈谷相手に数字こそ0-3だが80分過ぎるまで刈谷を苦しめ抜いた東海学園。Bクラスの中では実力は上位クラス。さて、刺客となるか否か…






試合はいきなり動きを見せて、冨士のロングフィードで裏を取ったエフラインに東海学園DF2枚がどちらも中途半端な対応をしてフリーで落とされたところが花道となってドフリーの芦田が豪快に蹴り込みアッサリ先制。地力考えると先制されたら厳しいと思われた東海学園はいきなりキツい一発を浴びてしまった。

今日の東海学園はFWが1枚で沓名がトップ下に近い位置取りで中盤を厚めにしてそこで奪って素早く前線に…の狙いだったのだろうけど奪ってから味方を探すシーンが多く、素早い攻撃にはなかなか移りきれず。それでもパスワークで崩すシーンもありオフサイドでノーゴールにこそなったが目を引く崩しもあった。先制を許してからしばらくは東海学園の時間帯だったのだがその流れをセットプレーからOGを献上したことで勢いが止まってしまいここから前半の残り時間は鈴鹿の圧倒的な力の差を感じさせる結果と内容だった。3点目はCKからゾーンで守るも棒立ちの選手だらけの中に冨士が身体で押し込み、4点目はラインがデコボコの中、裏を簡単に取られて最終ラインで粘られてまたもOG。これで前半は4-0。多分に不運な要素もあったが数字上は完全に勝敗はついてしまった。

ただ前半で鈴鹿は守備の軸であるキローランが恐らくトラブル発生で原と交代。程度はわからないが心配されるところ。この交代で藏川がボランチに。藤田が1列下りてCBに。原が藏川の位置って布陣になった。後半開始早々にコーナー返しからカウンターを狙った東海学園からボールを奪って全く守備の布陣が出来てなかったところに残っていた藤田がフリーで受け取り決めて夢スコ達成。ここからまだ入る予感はあったのだがここから鈴鹿はペースダウンして残り時間は抑揚のない物になり不覚にも眠さで落ちそうになってしまうほどだった。結局東海学園も後半は何一つ見せ場なく試合は5-0で終わり。数字と中身がイマイチ一致しない試合となってしまった。

試合後のサポの締めで中西さんが「5-0の試合ではない。これで選手が調子乗って次しょうもないパフォーマンスだったら意味が無い。」って主旨の発言をして終わらせたが全く同感。少なくとも5-0の中身ではない。実戦がしばらく遠ざかっていた点。主力である吉田、柿本等が万全の状態ではないとの事で今日は欠場した点。そして前述のキローランの件。手放しで喜べる状況ではない。思っているより鈴鹿の置かれてる状況は厳しい物と思っていて欲しい。刈谷との決戦まであと2試合挟むがそのどちらも現在降格圏。生き残るために足掻いてくる。決して楽勝できる相手ではない。気を引き締め直して挑んで欲しい。

さて、表題のマグロの件。58kgのマグロの解体ショーで解体したマグロをその場でマグロ丼にして「無料」で振る舞い。どー考えたって採算面では真っ赤っかでしかない。けどこういった集客のイベントは投資であって、評価は後から付いてくる物。それよりも問題に思ったのはタイムテーブル。解体ショーでサポを除く観客がそっちに集中してるのと同時に選手が練習の為に登場。解体ショーとサポの選手を迎える声援との不協和音。これはタイムテーブルのミスだ。イベント事大いに結構。しかしスタジアムにおける最大の商品は選手達のパフォーマンスだって事は絶対に忘れてはならない。鈴鹿にはこれは苦言として提言する。それでもアイデアと地域を巻き込む為にあの手この手を打つ姿勢は十分評価せねばならない。この撒いてる種がいつか芽を出してくれればいいのですが…

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR