FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグ1部総括2017 その2 FC岐阜SECOND

昇格3羽ガラスの時をピークに年々成績を落としてきてたセカンド。
昨年も結構危ない状況ではあったけどこの順位まで落とすことはなかった。しかし今年は開幕前から低空飛行で心配していたんだけど不安は的中。どうしちゃったんだろうなぁ…

7位 FC岐阜SECOND 

2勝4分8敗 勝ち点10

得点15 失点33

チーム得点王 石川勇翔 7得点

2017FC岐阜SECONDキーワード「細」


今期リーグ成績

H中京 0-3●
H伊勢 0-0△
H東学 2-4●
A常葉 0-0△
H鈴鹿 0-6●
A豊田 1-1
A刈谷 1-2●
A伊勢 0-3●
A東学 1-1
A中京 0-3●
H常葉 4-1○
A刈谷 1-4●
A鈴鹿 1-3●
H豊田 4-2○

天皇杯予選
vsBonbonera GIFU 2-1○
vs岐阜経済大 0-3●

全社岐阜予選
vsテクノ渡辺 1-0○
vsBonbonera GIFU 3-0○
vs可児 0-1●

全社東海予選
vs岳南 8-1○
vsCUFC 0-2●

セカンドが1部に上がってから開幕前の全社岐阜予選で取りこぼしたのは1回だけ。正確に言えば1部に上がってから開幕前に公式戦で負けたのはその時だけだったはず。それが今年は開幕前に岐阜経大に負けただけでなく県1の可児にまで不覚を取った。今年はセカンドの試合が殆ど都合つけれず行けなかったんだけど開幕前に県内の格下に2度も負けたって事実は僕の中で危険アラートが全開鳴り響き。案の定リーグでもエンジンはかからず初勝利がリーグ最遅の11試合目。チーム総得点15の内10点がラスト4試合での数字だったって事を見ても遅すぎたなぁ…って印象しか持てないです。

2試合しか今年は見れなかったけどその中での感想を言えばチームとしての線が細すぎた。フィジカルではなく、チーム構築として。例年スロースターターってのはわかってたし今年はさらにメンバーが減った。春の開幕前の2敗もさもありなん。そして負け試合の大半が3失点以上の大敗。立ち直りの効かないメンタル的な細さもあったんじゃないかなぁ…

チームを見た感想としては金銀桂馬はいたけど飛車角格の選手が居なかったと思います。少なくとも他の7チームにはそれに相当する選手は居た。そういった選手が1人でもいれば他の選手も活きたかもしれないけどやりくりだけでの限界ってのもやっぱりあって…常葉の時にも書いたけど得点も失点もブービーではやっぱり最終順位もブービーだよね…そしてリュージを岡崎にみすみす渡すハメになったのは失策だったとしか思えない。岡崎がリュージを監督に据えてから一気に残留争いを勝ち抜いたのを見てもなぁ…

で…現時点では来期は2部。すんなり帰れるかどうかは正直強気には出れない。最低限今をキープってのが最低条件にはなると思うけど…それが出来なかったら「垂直落下」って可能性も否定できなくなる。さすがにそれは最悪の最悪な状況にならなきゃ避けれるとは思うけど…現況このチームに対して前向きな言葉は出しにくい。結局去年一昨年と母屋に対して言ってきた事を殆ど改善出来てないどころか部分部分では悪化させてるんでは…こうなるともう持ち株会で宮田社長に直球投げる他無いかなぁ…とも思ってます。仮に1部に残れたとしても現状では延命でしかないかな…とも思ってます。キツい言い方で申し訳無いですが。

再三言ってきてるけどこのチームの在り方はそのまんま岐阜アマチュアサッカーの在り方だと今でも思ってるけど昨今の岐阜県リーグは群雄割拠状態。きっかけ1つで成り上がってくるチームはあると思うしそうならないと岐阜のアマチュアサッカーの向上にも繋がらない。このまま沈むのはあまりに忍びない。何か刺激がないといけないのかなぁ…

明日は大黒柱を失った蹴球団。大変だぞ~…来期はここも。

東海リーグ1部総括2017 その1 常葉大浜松FC

まぁボチボチ始めていかないとCL始まっちゃうし今年も総括に入りたいと思います。
今年も下から上に。従って常葉→セカンド→蹴球団→東海学園→CUFC→伊勢志摩→刈谷→鈴鹿となります。
途中どっかで2部の総括も出来れば…と思ってますが。てなわけで今日は常葉から。

8位 常葉大浜松FC

1勝2分11敗 勝ち点5

得点11 失点40

チーム得点王 坂井拓也 高橋光 2得点

2017常葉大浜松FCキーワード 「力不足」


今期リーグ戦績

H伊勢 0-3
H東学 2-0○
A刈谷 0-6●
H岐阜 0-0△
H豊田 3-3△
H中京 1-3●
A豊田 1-4
A伊勢 1-5●
A東学 0-3
H刈谷 1-2●
A岐阜 1-4●
H鈴鹿 1-3●
A中京 0-3●
A鈴鹿 0-1

天皇杯予選
vs岳南 7-1○
vs矢崎 1-4●

全社予選
vs東学 2-3●

終わってみれば9連敗で最下位。昨年のブービーから更に順位下げてしまったことを考えてもやっぱり全般的に1部で力不足だったと結論づける他ありません。得点数も失点数もリーグワーストでは最下位もさもありなんとしか言いようがないってのが現実です。しかも今年2部の矢崎に4失点負けって結果もねぇ…

けど観に行った4試合での印象だけで言えばそこまで悪い印象は今年は無かったんですよ。少なくともなんじゃこれは…ってなった試合は無い。特に「ウルトラス常葉」が現れた最後の鈴鹿戦は4年の引退試合ってモチベもあったとは言え地域2冠の鈴鹿とも十分戦えてる物だった。けどそれが結果に結びつかないってのがそのままの地力だったんでしょう。冒頭に書いたように1部では力不足だった。これは動かしようがないです。

昨年は助かったけど今年は助からないって前提で来季を見据えますが来季が正念場だと思ってます。今年の矢崎、市役所級の相手は2部に来季は居ない。上がってきそうな県リーグ勢見ても即1部ってとこは無い。正しく2部相当の力のチームばっかになると思うがここで戦えるなら2部以上1部未満が今の常葉の立ち位置になる。いつも書いてることだけど東海は1部と2部に明確な壁があり、地力の裏付けなく1部に上がってきた所は例外なく2年以内にお帰りとなってる。それどころか1部で力不足を露呈して2部に落ちたら勝ち方を忘れたのかそのまま県まで垂直落下していったところもある。常葉の戦力ならさすがに垂直落下は無いと思うけどじゃあすんなり1年で帰ってこれるかどうかはなぁ…少なくとも市役所、矢崎レベルは必要になるけど…

学生チーム故チーム作りに継続性が持ちにくいってのはCUFC、東学も同じハンデなんだけど去年も書いたように「常葉のサッカー」が全然見えないってのが一番のマズい点じゃないかなぁ…これをしっかり確立して戦えば帰ってこれる可能性は高いとは思うけど…道は正直険しいって気がします。

来季はとにかく最低でも中京大FCには負けちゃダメ。今年は東海トーナメントに学生チームが出る気配はないので大学生チームは2部は中京大と常葉の2つだけ。なので少なくとも中京大に勝ってそれより上にいること。それが出来れば自ずと帰れる可能性も上がってると思います。

明日は岐阜セカンド。どうしよう…ポジれる要素殆どつかほぼ無いんだけど…

あー悔しい…

明治安田生命J2リーグ 第39節

松本山雅FC2-1FC岐阜


得点者
岐阜 田中パウロ
松本 高崎(FK直接) パウリーニョ

先制したはいいけどセットプレー2つで逆転負け。
岐阜がセットプレー弱いのは今に始まったことではないし松本がセットプレー強いのもJ2見てりゃ誰でも知ってること。
わかっててやられたってのが本当に悔しい。結局向こうの試合だったわけでして…
イライラするので今日はここまで。

地域CL組み合わせ決定!

本日行われた地域CL組み合わせが決定しました!

【A組@栃木グリーン】

松江シティFC
VONDS市原FC
サウルコス福井
鈴鹿アンリミテッドFC

1日目
松江vs市原
福井vs鈴鹿

2日目
松江vs福井
市原vs鈴鹿

3日目
松江vs鈴鹿
市原vs福井

【B組@アスパ五色】

三菱水島FC
FCTIAMO枚方
アミティエ京都SC
高知ユナイテッドFC

1日目
水島vs枚方
アミティエvs高知

2日目
水島vsアミティエ
枚方vs高知

3日目
水島vs高知
枚方vsアミティエ

【C組@鹿児島県立サッカー場】

コバルトーレ女川
FC刈谷
テゲバジャーロ宮崎
十勝FC

1日目
女川vs刈谷
宮崎vs十勝

2日目
女川vs宮崎
刈谷vs十勝

3日目
女川vs十勝
刈谷vs宮崎


【ファイナルラウンド@市原】

1日目
WCvsC組
A組vsB組

2日目
WCvsA組
C組vsB組

3日目
WCvsB組
C組vsA組



予想、展望は鋳造総研にて!!

決め手とモチベーション

明治安田生命J2リーグ 第38節

FC岐阜1-2東京ヴェルディ


得点者
岐阜 古橋
東京V ドウグラス・ヴィエイラ×2

前半終わった時点でこの相手とは「手が合う」とは感じた。その前の徳島戦の時みたいなどうしようも無い勝てない感はなかったんだけどあのコンディションでこういった展開なら「最後の決め手」の差が出るだろうなぁ…思ったら案の定ドウグラス・ヴィエイラに2つやられて負け。FWだけの責任ではないんだけどああいったごちゃついた中でも決めきれる嗅覚と決定力はそのまま個のゴール数に直結するわなぁ(ドウグラス・ヴィエイラはリーグ3位の18得点)…とも。(岐阜のトップは難波の9得点)

昇格も降格もなくなった岐阜とまだ昇格に希望が残ってる東京Vのモチベーションの差も若干あったんじゃないかなぁ…って気もします。ただそれでも全然ダメな試合ってわけではなかったしこの順位クラスとなら全然勝負にはなるくらいにはなってる。けど現実の数字はその中身に見合ってる物とは言い難い。そのなぜ数字が残せないのか?をまだまだ追求する必要はあるんでしょうね。とは言っても今のメンバーでの天井ってのは前から言ってるように見えては来てるんですけどね…

福井全社最終日 ~東海に全国タイトルが帰ってきた!~

待つだけの身ってやっぱ嫌ですねぇ…負けるにしたって現地のがよっぽどいい。けど勝ちの空気の特権はライブの特権。
さすがにもうそろそろみんな帰ってるだろうけどきちんと「ただいま」を言えるまでが遠征です。そしてみんな良く頑張ってくれた!!

3位決定戦

FC TIAMO枚方1-4VONDS市原

決勝

鈴鹿アンリミテッドFC2-1松江シティFC


25年ぶりに東海社会人に全社のタイトルが帰ってきました。僕が東海に関わりだして初めての全国タイトルです。昇格とはまた違う喜びがここにあります。鈴鹿の選手、そしてサポのみんな。ありがとう!そしてお疲れ様!!

これで残すは地域CLのみになりました。今回のCLに地域王者でありながら欠席(予選で負けた、もしくはそもそもエントリーしてない)したのが3つ。しかしその3つだって地域王者。ぞんざいな扱いするわけにはいきません。可能性は12分の2。昇格確立は等しく16,6%!その全チームを紹介します。

北海道リーグ代表

大いなる大地、大いなる希望!
十勝FC!


https://www.facebook.com/tokachi.footballclub/

東北リーグ代表

復興の旗印となれ!コバルトの鴎達よ!
コバルトーレ女川!


http://www.cobaltore.com/


関東リーグ代表

天の利、地の利、時の利。全てを活かし神殿で凱歌を!

VONDS市原FC!


http://vonds.net/

北信越リーグ代表

ファイナル2回は伊達じゃない!今こそ吠えろ!恐竜の咆哮!

サウルコス福井!


http://www.saurcos-fukui.jp/

東海リーグ代表

三冠王手!終わりなき無限力!

鈴鹿アンリミテッドFC!


http://suzuka-un.co.jp/

関西リーグ代表

古都にそびえし緑の獅子!

アミティエ京都SC!


https://amitie-sc-comtop-teamhp.jimdo.com/


中国リーグ代表

輝きを失う事なきもう一つのダイヤモンド!

三菱水島FC!


http://www.red-adamant.com/

四国リーグ代表

幾度の融合を経ていざ見せよ!高知最終形態!

高知ユナイテッドFC!


http://kochi-usc.jp/

九州リーグ代表

太陽の国の新たな力!

テゲバジャーロ宮崎!


http://www.tegevajaro.com/

全社枠1

咲かせ椿!咲かせ昇格の大輪!

松江シティFC!


https://football.matsue-city.com/

全社枠2

関西の新たなる刺客!その沿線に風穴を!

FC TIAMO枚方!



http://www.fctiamo.net/

補充枠

三度蘇りし赤襷!何度でも蘇ってみせる!

FC刈谷!


http://www.fckariya.jp/

なお組み合わせ抽選会は22日の14時より東京のJFAハウスにて行われますが、さすが信頼と実績のKSLTV。ライブ中継で組み合わせの抽選を行います。
僕らの時は地域サッカー界最大のブラックボックス扱いだったんだがなぁ…>組み合わせ

この福井全社に携わった全ての人に感謝。そして東海に全国タイトルを持って帰ってきてくれてありがとう。これを手にした以上残りはただ1つ。わかってるよね?ではみんなおやすみなさい。お疲れ様でした。

福井全社4日目

全社枠が決まったことで終戦モードになったりこの大会そのものの意義にまで言及してきた「選手」(!)までいたけど全社って「そうゆう大会」じゃないんだよ?と改めて。では結果を。

鈴鹿アンリミテッドFC5-0FC TIAMO枚方

松江シティFC0-0(PK4-2)VONDS市原


これで鈴鹿は2年連続の決勝進出。奇しくも決勝は2年連続で「東海」vs「中国」の戦いとなりました。
去年もおんなじこと書いたけど東海リーグ所属で全社タイトルを取ったとなると1992年のPJMフューチャーズ(現J1鳥栖)まで遡らないといけない。(1999年になぜかこの年だけ参加OKになったJFL所属のホンダが取ってるけども)27年だぞ。27年。どんだけ取ってないんだよ。地域決勝にしても昇格はあれど優勝となると1996年のジヤトコまで遡らないといけない始末。こっちにしても21年だぞ?僕が東海リーグに関わりだして10年弱だけど全社は2007年の矢崎と去年の鈴鹿の準優勝が最高。地域決勝も2位昇格が岐阜、MYFC、ヴィアティンの3つ。(岐阜はさらに入替戦回り)優勝昇格はジヤトコが最後。東海はタイトルと縁遠い土地になってるのが現実です。だからね。どうしても東海でタイトルが欲しい。日本一のチームは東海からだ!と声高々に言いたい。去年この時期無職だった僕は愛媛全社参戦して権利は取ったけど優勝は叶わなかった。その忘れ物。現地の鈴鹿サポに託します。お願いします。東海にタイトルを。

では明日の組み合わせ。明日は3位決定戦と決勝です。KO時刻が早くなってるのでご注意を。3位決定戦は10時KO。決勝は12時30分KOです。

FC TIAMO枚方vsVONDS市原

鈴鹿アンリミテテッドFCvs松江シティFC
続きを読む

福井全社3日目 

どうしたって全社枠ばっか気になるのはしょうがないんだけど今日の勝者は水曜まで福井居残り決定=5連戦確定。
これを乗り越えて結果出したチームが一枚も二枚も剥けるのは必然。その経過、経緯を見届けるのもウォッチャーの醍醐味だと思うんです。では結果を。

【A組】

鈴鹿アンリミテッドFC2-0アミティエSC京都

【B組】

FC TIAMO枚方2-0JAPANサッカーカレッジ

【C組】

松江シティFC2-1アルティスタ東御

【D組】

VONDS市原3-2アルテリーヴォ和歌山


これで4強が揃いその中に権利持ちは2つ。よって補充枠での刈谷の復活が決定!仕事で試合の流れ追えなかったけど結果知ってまずは安堵しました。けどね…刈谷には言いたいことが多々ある。今からちょっと口語調で口汚くなりますがご了承ください。

とりあえず刈谷が出れる事なって安心しました。まずは鈴鹿、アミティエ、そして市原に海より深く感謝するように!そもそも君らは全社において勝負駆けを自分達でしないといけない立場だったにも関わらず、東海予選どころか愛知県予選の!それも初戦で!負けてる時点で本来なら全社のぜの字すら口にする資格もねぇんだよ!!しかも助け船出してくれた片割れが同じ東海の鈴鹿ってどうなんだよ!?どう思ってんだ!?マジでよぉ!?この補充枠のカード。東海に回ってきて3年目でようやく切ったけど一度切った以上「次」はねぇぞ!それはこんなチャンスはもう二度とねぇってことだ!ならこのチャンス一発でツモってこい!ただ待ち、ただ耐えた事で得たこの切符。無駄遣いしてしょうもない試合をCLでしでかしたら承知しねぇからな!!君らは「一度」じゃない。「二度」死んでる身なんだよ!なら今更出し惜しむ物なんかないよな?出し切って出し切って鈴鹿と一緒に勝ち取ってこい!!

失礼しました。では明日の件を。最初に書いたように4強進出チームは明日敗れても3決があるのであと2試合戦う事になります。
今日の時点でCL出場が全て確定してるのでここからは手の内見せるか隠すかの駆け引きも生じてくるんでしょうけど見てきた経験上手の内隠さずこの大会押し切ってしまうチームがそのままCLでも結果出してる気がします。ヘタな小細工するより堂々と王道を行く方が強いチームだしそうゆうチームは余裕があるんじゃないかなぁ…とも思います。では組み合わせを。会場はテクノポートに戻ります。明日、明後日と会場は共にテクノポートです。KOは上が11時。下が13時30分です。

鈴鹿アンリミッテッドFCvsFC TIAMO枚方 

松江シティFCvsVONDS市原


東海王者vs関西2位。中国2位vs関東王者。そして補充の刈谷は東海2位。ここ数年CLには地域3位以下のチームが権利ゲットで乗り込んでましたが今回は王者プラス各地域2位。実力面でも文句なしでCLになる…はずです。その前哨戦になる残り2日間。手の内は如何に…?

残留のあれこれ

今日の長崎vs山口の試合で長崎勝利のため山口が岐阜を勝ち点で上回ることが不可能になったため岐阜の残留が他力とは言え確定。早い段階で来季の戦うカテゴリーが確定できたことで色々と先手を打つことが出来る。この時期での新卒内定シーチケの先行発売も打てる。J1もJ3も無くなった今、来季J2で今以上に上がっていくためには今からもうやることは一杯。先手を打つってのはこうゆうことを言うのです。

で…だ。岐阜がもう残留決めた思ったら岡崎が「今年も」ヒィヒィ言ってる件。さらにはヴィアティンまで青息吐息ときたもんだ…参ったなぁ…

現在のJFLのボトム状況

12 三重 勝ち点25 -10
13 岡崎 勝ち点24 -14
14 滋賀 勝ち点24 -16
15 栃木 勝ち点19 -28
16 浦安 勝ち点17 -25

残りの試合はこの通り
三重 H浦安 A栃木 Hロック Aソニー
岡崎 H栃木 A武蔵野 H滋賀 Aロック
滋賀 H武蔵野 A奈良 A岡崎 H浦安
栃木 A岡崎 H三重 Aソニー A八戸
浦安 A三重 H龍ヶ崎 H大分 A滋賀 

直接対決が存外多いですね…特にボトム2を両方残してるヴィアティンは結果次第であっという間に降格圏ってのもあり得ない話では無い。岡崎とヴィアティンは残り4試合でボトム2との差が6と5なので次の週末でそれぞれボトム2を倒せば少なくともビリは完全回避可能。で、上の方が八戸、今治が大阪を差せるか微妙な空気。このまま大阪に逃げ切られたらブービーも降格。って考えるとやはりブービーより上の14位以上を確実に確保しないといけない。となると次の週末の東海vs関東のボトム決戦はJFL、そして関東リーグ、東海リーグの来季にもめっちゃ影響を及ぼしてくる。さて、どうなることやら…

とりあえず次の日曜は港ですかねぇ…とりあえず栃木叩いてまずは岡崎を安全圏持って行きたい。リュージが監督になってから岡崎は内外で変わったって評価貰ってるし数字も上向いてる。ここで決めときたいなぁ…その次の週はヴィアティンかなぁ…

とにかく一度送り出した以上は東海への出戻りは断じて許さん。しがみついてでも生き残れ!!

福井全社2日目

強風吹きすさぶ中現地観戦、及び実況をして頂いた皆様ありがとうございます。
多くの人が今日までの観戦だったと思います。もう帰宅されてる方もそうで無い方も無事に帰ってこその遠征です。明日以降も残られる方。明日から参戦の皆様方、良き試合、良き出会いに恵まれますように…では今日の結果。

【A組】

鈴鹿アンリミテッドFC4-0東京国際大ドリームス

いわきFC1-1(PK3-5)アミティエSC京都

【B組】

FC TIAMO枚方3-1ChukyoUnivFC

東京23FC1-1(PK6-7)JAPANサッカーカレッジ

【C組】

札幌蹴球団1-2松江シティFC

アルティスタ東御3-0矢崎バレンテ

【D組】

テゲバジャーロ宮崎1-2アルテリーヴォ和歌山

VONDS市原4-3サウルコス福井


九州王者T宮崎が勝負駆けの和歌山に屈してここで敗退。この結果今日の刈谷復活は無し。明日の結果に、明日の市原に全てを託す他ありません。では明日の組み合わせを。明日はA組B組とC組D組で会場が別れます。A組B組が三国。C組D組が丸岡になります。KO時刻は今日と変わらず上段が11時。下段が13時30分になります。

【A組 B組】@三国

鈴鹿アンリミテッドFCvsアミティエSC京都

FC TIAMO枚方vsJAPANサッカーカレッジ

【C組 D組】@丸岡

松江シティFCvsアルティスタ東御

アルテリーヴォ和歌山vsVONDS市原


※色つきが現在権利持ち

A組が権利持ち同士のカード。Dが権利持ちvs勝負駆け。BとCが勝負駆け同士。したがってBとCの勝者は自動的に全社枠ゲット。
問題はD。T宮崎が勝ってれば今日で刈谷の復活が確定だったのですが…和歌山勝利の場合はB、Cの勝者と和歌山が全社枠になります。刈谷復活のためには市原勝利が絶対条件になります。
ならば刈谷サポが念じる思いはただ1つ。恥も外聞もあったもんじゃない。望みを繋ぎたいのなら市原に全て託すんだ!それを笑い誹る奴がいたって知ったことではない。望みが繋がらなければ未来も無い。望みを繋ぐ為に足掻きもがく姿を笑う奴を僕は許さない。だから僕も念じます。市原の勝利を。刈谷の復活を。

福井全社初日

さぁ、東海が終われば次は全国の戦い。福井全社開幕です!

【A組】

鈴鹿アンリミテッドFC5-1沖縄SV

東京国際大ドリームス1-1(PK4-3)バンディオンセ加古川

いわきFC4-0エリース東京FC

アミティエ京都SC6-1SRC広島

【B組】

トヨタ自動車北海道0-6FC TIAMO枚方

多度津FC1-2ChukyoUnivFC

環太平洋大学FC0-4東京23FC

JAPANサッカーカレッジ2-1J FCMIYAZAKI

【C組】

札幌蹴球団3-2海邦銀行SC

早稲田ユナイテッド1-3松江シティFC

アルティスタ東御5-0アイン食品

富士クラブ2003 0-2矢崎バレンテ

【D組】

FCISE-SHIMA0-1テゲバジャーロ宮崎

アルテリーヴォ和歌山2-1ヴェルフェたかはら那須

高知ユナイテッドSC1-3VONDS市原

札大GP1-3サウルコス福井


大きな波乱…は生じなかった初日だったんじゃないかと思います。C組のダークホース視されていた富士クラブを矢崎が一蹴したのは少し驚きましたし、伊勢志摩が九州王者と互角の勝負が出来たってのも東海のレベルを計るに当たってプラス要素だったように思えます。そしてその東海代表は4分の3で緒戦突破。3分の3で突破した北信越に続く勝率です。では明日の組み合わせ。KO時刻は全て上が11時。下が13時30分です。

【A組】@テクノポート福井

鈴鹿アンリミテッドFCvs東京国際大ドリームス

いわきFCvsアミティエSC京都

【B組】@テクノポート芝生広場

FC TIAMO枚方vsChukyoUnivFC

東京23FCvsJAPANサッカーカレッジ

【C組】@三国陸

札幌蹴球団vs松江シティFC

アルティスタ東御vs矢崎バレンテ

【D組】@丸岡

テゲバジャーロ宮崎vsアルテリーヴォ和歌山

VONDS市原vsサウルコス福井


※色が付いてるチームは権利持ち

権利持ちが直接対決の高知U以外全て勝利。刈谷の復活の為の条件的には最高の結果でした。
改めて刈谷の復活の条件を。

鈴鹿、アミティエ、テゲ宮崎全てが明日勝利。

これをクリアすれば刈谷の復活は明日に決まります。ただし、鈴鹿、アミティエ両方明日負けたらその瞬間刈谷の希望は潰えます。

待つしかない刈谷に取って明日は長い1日になることでしょう…それでは。

ド完敗

明治安田生命J2リーグ 第37節

FC岐阜0-2徳島ヴォルティス


得点者
徳島 内田 岩尾(FK直接)

思い出したくもない名古屋戦でも完敗って表現したけど名古屋戦は暴力的な個に屈した形だった。けどこの徳島戦は紛れもなく組織での敗北。岐阜の新しい殺し方をこうゆう風に提示されるとはなぁ…まさか岐阜に「持たせないサッカー」で勝ちきるとは…プレスの位置、連動、奪い、奪ってからの切り替え全てにおいて岐阜を上回ってました。ハッキリ言って0-2でよく済んだ試合だったと思います。

残り5試合。明日山口(vs長崎)が負ければ残留が確定。とは言っても残り5つ全部負けていいって話でも無い。今年の大木サッカーの天井はハッキリ見えてしまったけどその天井を来年以降超えるためには今やらないといけないことはたくさんある。残り5試合はそれの見極めだと思うのです。

東海リーグニュース2017 Vol24

昨日の試合をもって今期の東海社会人リーグの全日程が終了しました。
本年もリーグ関係者、選手、スタッフ各位のご尽力によって無事に終わったことを感謝します。

そして戦いの常ではありますが勝者が居る以上敗者も当然存在します。未だ現在未来は決まっては居ないけどそれはもはや自分達ではどうにもならない状況になっていることは間違いありません。では全結果を。

【1部】

トヨタ蹴球団2-0東海学園FC

蹴球団 遠藤 佐藤

【2部】

長良クラブ1-3中京大FC

長良 小寺
中京大 小泉×2 竹村

藤枝市役所12-0春日井クラブ

市役所 高橋祐×6 村松×3 白井×2 OG

矢崎バレンテ4-0豊田自動織機

矢崎 石垣×2 坂田×2


  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 14 11 1 2 35 11 34 24
FC刈谷 14 10 3 1 35 15 33 20
FC伊勢志摩 14 8 1 5 30 20 25 10
ChukyoUnivFC 14 8 1 5 28 22 25 6
東海学園FC 13 5 1 7 24 28 15 -4
トヨタ蹴球団 14 3 3 8 24 31 12 -7
FC岐阜SECOND 14 2 4 8 15 33 10 -18
常葉大浜松FC 14 1 2 11 11 40 5 -29

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 14 13 1 0 59 11 40 48
矢崎バレンテ 14 11 2 1 45 9 35 36
中京大FC 14 7 2 5 47 27 23 20
名古屋クラブ 14 7 1 6 30 32 22 -2
豊田自動織機 14 4 1 9 22 41 13 -20
長良クラブ 14 4 1 9 16 42 13 -26
春日井クラブ 14 3 2 9 24 64 11 -40
TSV1973四日市 14 1 2 11 26 43 5 -17


1部2部それぞれの得点王ですがすいません。リーグ途中から集計が間に合わなくなりました。
とりあえず1部は刈谷の中野。2部は市役所の高橋祐で間違いないとは思いますが正確な数字が今出せないです。リーグ公式でこれスッと出ないってのが非常に問題だとは思うのですが…

とりあえず現時点で確定しているのは…

1 1部2部の各3位~6位の来季の残留。

2 2部1位の市役所。2位矢崎の1部昇格。

これだけです。7位、8位の運命は現時点では決まっていません。
この4チームの運命は今週末から始まる全社。そして来月行われる地域CLの東海勢の結果によって決まります。

ではまず今週末から始まる福井全社の件から。

これが全社の組み合わせ。

http://www.jffms.jp/uploads/2017/08/mos2017-tournament.pdf

7位、8位が助かる条件を書きます。

7位→東海リーグから1チーム昇格が発生する。

8位→東海リーグから「2」チーム昇格が発生する。

つまり8位は今週末からの全社で東海勢が全社枠を1つ獲得出来なければその時点で降格が確定します。

東海勢が全社枠を確定させるにはまず全社で最低でも4強入り。これは大前提。A組の鈴鹿。B組のCUFC。C組の矢崎。D組の伊勢志摩。ただし鈴鹿は東海リーグ優勝で既にCLの権利を持っています。そして全社枠3つが権利無しで埋まらなかった場合=権利持ちのチームが2つ以上4強に入った場合は東海リーグ2位の刈谷に出場権が回ってきます。そして権利持ちチームはこのようになってます。

A組 鈴鹿(東海)アミティエ京都(関西)
D組 市原(関東)福井(北信越)高知U(四国)T宮崎(九州)

刈谷出場の為にはA組の鈴鹿、アミティエのどちらか。D組の市原、福井、高知U、T宮崎のいずれかが4強にそれぞれ入る。が必要になります。仮に4強が鈴鹿、CUFC、矢崎、伊勢志摩となった場合、全社枠はCUFC、矢崎、伊勢志摩となるので刈谷には権利は回ってきません。つまり刈谷と伊勢志摩の同時出場だけは絶対に無いって事になります。そして先に書いたように全社枠を確保出来なかった時点で常葉と四日市の降格は確定になります。

とりあえず東海代表の4チームの健闘を祈るしかありません。僕は福井には行きません。多分ですが市原も無いでしょう。今週はここまで。それでは。

スパイクを置いた帝王

東海社会人1部リーグ 第5節(最終節)

トヨタ蹴球団2-0東海学園FC


得点者
蹴球団 遠藤 佐藤

いきなり手前味噌で恐縮だが僕がこの東海社会人リーグの事をブログで書くようになって10年近くなる。そういった点を認めて貰えたのか、はたまたただのネタで呼ばれているかは定かじゃ無いけど「東海帝王」の2つ名で呼ばれるようになって4~5年くらいにもなる。そんな僕が唯1人そのチームにおける「帝王」と称した選手がこの東海リーグに存在した。

鈴木淳也。超の付く名門である清水商業から蹴球団に入団して14年。愛知県リーグからキャリアが始まり東海2部。そして東海1部とカテゴリーの上下移動はあったが蹴球団の中心も中心となりこの東海リーグにおいて有力MFを挙げろと言われれば必ず東海ウォッチャーから名前が挙がる存在でもあった。静岡育ちらしい高い基礎能力とFWとしても高い得点能力を持つ。チームの状況に応じてボランチからFW。果てはCBまで勤めるマルチロールであったが今朝彼からのメッセで「今日で引退します。」って旨の連絡があった。昨年のスクール立ち上げもあって恐らく今年一杯だろうとは思ってはいたが律儀にわざわざ連絡をくれた事に感謝。蹴球団が生き残る=セカンドが降格の窮地に立つってジレンマはあったけどそんな蹴球団の帝王のラストゲームを飾れない結果は望めない。望まない。複雑な想いは僕の中に存在していた。

岐阜セカンド 勝ち点10 -18
トヨタ蹴球団 勝ち点9 -9

これがこの試合が始まる前の順位状況。セカンドは先週既に全試合消化しているので蹴球団は勝ち点1さえ積めば得失点差でセカンドを上回る。したがって「引き分け以上。負けなければOK。」って状況ではあるがこの対戦、前回は東海学園が圧勝(3-1)している。地力はほぼ五分。残留&(鈴木の)引退試合ってモチベーションの分若干だけど蹴球団有利って予想だった。



20171008185000744.jpg



20171008185129086.jpg

予想は当たり序盤から普段エンジンのかかりが遅い蹴球団が積極的に遠藤を中心に押し上げていって東海学園に迫る。東海学園も我慢して守りカウンター…と思ったが東海学園もどちらかと言えば今日は遅攻が中心。ただその遅攻が結構に運べてしまい蹴球団もピンチに晒されるシーンは多く、試合は10月にしてクーリングブレイクを挟むような厳しいコンディションの中、一進一退の状況だった。序盤の攻勢以降は負けなければいいって蹴球団は遠藤以外は重心が後ろに傾きだし得点以上に失点をしないことを優先する試合運びに。前半はスコアレスかな…と思われたが、東海学園のDFが後ろでのボール処理をもたついてしまい、その刹那、遠藤がそのボールを奪って単騎で切り込んでゲット。これで蹴球団が先制って形で折り返し。

この先制点がこの試合の潮目だったと言っていいと思う。時間帯も相手のミスでのプレゼントに近いゴールって意味でも東海学園のダメージは相当な物があったはず。これで蹴球団は2失点しなければOKと気持ちの部分での余裕も出来た。俄然残留争いって意味で蹴球団が有利にはなったと思ったがその矢先に東海学園のHTでの交代に「!?」となった。

「1」の文字が4thオフィシャルから燦然と。GK!?大澤!?怪我してる訳でもなく何で!?だったがこれは僕の推測だが交代選手も4年だったって事を考えると有終の出場だったって線が一番強いと思われる。僕はこの時点で蹴球団の残留を確信した。東海学園はこの試合を何が何でも勝つって意識はそこまでは持ってないって確信したからだ。後半も前半と同じような試合展開だったが佐藤の追加点で蹴球団が2-0とした時点で勝負は付いていました。鈴木淳也の有終の美のゴールって漫画みたいな事は起きなかったけど蹴球団の残留って置き土産を残して彼の東海リーグラストゲームは完封勝利って最高の形で終わりました。

20171008185150957.jpg
20171008185227944.jpg
20171008185305136.jpg
20171008185338895.jpg

冒頭に書いた彼からのメッセージの返答として僕は「これで終わりなのなら残して終わろう。そして子供達に何かを伝えれるプレーを見せてくれることを期待します。」と返した。あまり触れることでもないと思い触れなかったが蹴球団の中京大で行われる試合には彼の立ち上げたスクールの子供達がいつからか来るようになっていた。そして試合後は子供達が人工芝の上でボールを蹴ってるシーンってのが蹴球団の試合後の風景として定着してきていた。剣道の言葉で「見取り稽古」って言葉がある。文字通り「見て学ぶ」って意味だ。どうしても子供達の自分達の練習時間って物に時間を割きがちになるしそれが間違ってるとも言わない。しかし普段自分達にサッカーを教えてくれる大人のプレーを見るって事はプレーの意味。理由。イメージを学ぶって意味では100の言葉より効果がある。そして彼のスクールの教え子達は試合をちゃんと集中してみている。飽きて遊んだりする子は皆無だ。この点だけでもきちんとやってるって証拠になる。そして僕が彼に送った「何かを伝えられるプレー」を彼の中で出来たかは分からない。それが子供達に伝わっているかはもっとわかんない。けど試合後に子供達が各々書いてた手紙を彼に渡していたシーンは見逃さなかった。もちろんその中身を知る由も無いが彼が正しく道を子供達に示していたのであればその中身はきっと僕の期待に添う物であったろうと思ってる。この時期に僕が必ず一度は口にする言葉がある。「引退と宣言して、周りに祝福して貰いながらキャリアを終えれる選手は本当に極一部だ。そしてそれが叶った選手はそれだけでも幸せで有り、正しい道を歩んで来た選手だったって言い切れる。」と。このカテゴリーにおいてここまで引退を周りに祝福されて送り出される選手ってのは僕は記憶に無い。そういったシーンを過去に見ていないわけでは無いにせよここまでの人数に送り出されたのは本当に記憶に無い。それは彼がプレーだけで無く普段の日々も周りから尊敬される物だったからなんだろう。そう思うに十分たる試合後の光景でした。14年間お疲れ様。君の残して来た道を教え子達がさらに繋いでくれる日を僕は心待ちにすることにします。それが「東海を伝える者」としての在り方じゃないか…と思ってます。

まだまだ未完成。

明治安田生命J2リーグ 第36節

大分トリニータ3-3FC岐阜


得点者
大分 OG 後藤 川西
岐阜 風間 難波 阿部

完全に今年の王道負けパターンの試合だったんだけど引き分けになったとは言え一度はひっくり返した事は評価していいと思います。ハッキリ言って大分ベンチの采配ミスにも多分に助けられたってのはありますけども。

とりあえず今年の岐阜の良い部分悪い部分をこれ以上無いくらいに浮き彫りにはした試合だったんじゃないかと思います。攻撃力に反比例した守備の脆さ。この試合、3失点でもMOMはビクトルを推すけどGKビクトルでなかったら惨殺されててもおかしくない。特に前半の2失点は論外レベル。こういった試合してるうちは上位って言葉は出せないですよね…仮に取っていたとしても…です。

とりあえず塹壕戦挑まれてもそれを剥がせる傾向が出てきたってのがこの試合の一番の良かった部分だったんじゃないですかね。先にも書いたけど前期なら間違いなく負けてたパターンの試合でしたよ。それを勝ち点1取れたって事でよしとするか反省点をしっかり次に活かせるか。今の岐阜なら大丈夫だとは思いますけどね…

東海リーグニュース2017 Vol23

鈴鹿の優勝と相成った東海1部。2部の優勝も決まりました。しかしまだ全てが終わったわけではありません。
東海リーグは今週末をもって全日程を終了となります。では結果から。

【1部】

鈴鹿アンリミテッドFC1-0常葉大浜松FC

鈴鹿 近藤


【2部】

中京大FC9-0春日井クラブ

中京大 高津×3 佐藤×2 谷岡 塩谷 鈴木 千石 

長良クラブ3-2TSV1973四日市

長良 曽根×2 池田
四日市 菅原 高野

藤枝市役所7-0豊田自動織機

市役所 村松 高橋祐×6

矢崎バレンテ1-0名古屋SC

矢崎 畑 

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
鈴鹿アンリミテッド 14 11 1 2 35 11 34 24
FC刈谷 14 10 3 1 35 15 33 20
FC伊勢志摩 14 8 1 5 30 20 25 10
ChukyoUnivFC 14 8 1 5 28 22 25 6
東海学園FC 13 5 1 7 24 28 15 -4
FC岐阜SECOND 14 2 4 8 15 33 10 -18
トヨタ蹴球団 13 2 3 8 22 31 9 -9
常葉大浜松FC 14 1 2 11 11 40 5 -29
  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
藤枝市役所 13 12 1 0 47 11 37 36
矢崎バレンテ 13 10 2 1 41 9 32 32
名古屋クラブ 14 7 1 6 30 32 22 -2
中京大FC 13 6 2 5 44 26 20 18
豊田自動織機 13 4 1 8 22 37 13 -15
長良クラブ 13 4 1 8 15 39 13 -24
春日井クラブ 13 3 2 8 24 52 11 -28
TSV1973四日市 14 1 2 11 26 43 5 -17


冒頭に今週末で全日程が終わると書きましたが1部はもう残りは1試合のみ。2部は3試合となってます。
そして今週末の結果によって、6位と7位。生きるか死ぬかが決まります。ただし1部は片方は結果を待つばかり。2部は三方の結果次第。ではまず今年最後のカードはこうだ!

【1部】

10月8日(

トヨタ蹴球団vs東海学園FC
@中京大 11時KO


【2部】

10月8日(

長良クラブvs中京大FC
@岐阜フットボールセンター 11時30分KO

藤枝市役所vs春日井クラブ
@藤枝市民 12時KO

矢崎バレンテvs豊田自動織機
@藤枝市民 14時30分KO




では1部、2部それぞれの残留争い状況のおさらいを。
1部は現在6位の岐阜セカンドは既に全日程終了。勝ち点10で得失点差は-18。一方7位の蹴球団は勝ち点9で得失点差は-9。従って蹴球団の残留の条件は「引き分け以上」になります。
2部。生き残りがかかっているのは5位織機。6位長良。7位春日井。とは言った物の織機と長良は春日井が勝たない限りはどんな結果であろうと残留です。そして春日井は勝たない限り7位です。春日井が勝った場合、織機と長良はそれぞれの結果次第になります。織機は負けた場合、長良引き分け以上。春日井勝ちで7位転落。長良は春日井勝ち、長良負けとなったら7位転落です。春日井勝ち、長良引き分けだと勝ち点で並びますがその場合は春日井は4点差勝ちが必要となります。現状春日井が対戦相手も含めて極めて厳しい状況と言わざるを得ません。

さて、最終週ですが僕は中京大です。1部のオーラスを見届けてきます。そして東海が終わったら全社。そして地域決勝となります…本当の戦いはここからなのです。それでは今週末もサッカーと共にある週末を。それでは。

お察しください。

明治安田生命J2リーグ 第35節

FC岐阜2-6名古屋グランパス

得点者
岐阜 大本 難波
名古屋 田口 ガブリエル・シャビエル×3 青木 永井

完敗です。惨敗ではなく完敗。それは認める。受け入れる。
けどそれと湧き出る感情は全く別物。悔しくて悔しくて仕方ない。

心情はお察しください。以上。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR