FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

東海リーグニュース2018 プレシーズン号Vol3

全社戦線は岐阜も開幕。愛知は準決勝が終わり後は順位付け。静岡の天皇杯予選も鬼の住み処への挑戦権まであと少し。ではそれぞれの結果を。

【愛知】

FC刈谷2-2(PK5-4)中京大FC

名古屋クラブ4-0ChukyoUnivFC



【岐阜】

FC岐阜SECOND4-0県警らぴぃず


【静岡】

常葉大学サッカー部1-0矢崎バレンテ

藤枝市役所5-1静岡大学サッカー部


とりあえず昨日愛知の2試合を見た感想を。

【刈谷vs中京大】

刈谷がサイドから崩してあっさり先制したときは中京大に明確なウィークポイントがあったので大量点かな・・・と思った。しかしそこを修正してペースを取り戻したらこちらもサイド崩してあっさり同点。動画見直したらボランチを1枚増やしてた割には中盤の守備が棒立ち。1部リーグ戦ではこれやったら酷い目に遭うぞ・・・勝ち越したはいいけど2失点目は改めて見直しても噴飯物の集中欠如。まだ仕上がり途上なんでしょう。危うく去年の恥の上塗りをするところだったけど今度はリベンジを果たして決勝進出。伸び代はまだ全然ある雰囲気なので様子見でいいと思います。

【名古屋クvsCUFC】

正直全くの予想外の結果としか言えない。名古屋クが勝つならロースコアだと思ってたけど80分終始名古屋クの試合。4点全て偶然性はなく必然と言っていいファインゴール。CUFC何してんの?ってなったけどこっちもまだ仕上がり途上なんだと思いたい・・・まぁあの監督のこったからリーグには間に合わせるとは思うけど・・・
名古屋クラブは元気良かったでしたね。ベテランが多いチームだけど走り負けせずしっかり身体ぶつけて最後もチョン・テセの実兄であるチョン・イセがしっかりゴールを守り完封勝利。1部復帰に向けていい出足だったと思います。

では今週のカードを。愛知は決勝と3位決定戦。岐阜は1回戦の残り。静岡は天皇杯1次予選の準決勝。試合は全て日曜日です。

4月1日(

【愛知】

中京大FCvsChukyoUnivFC
@織機大府 10時KO

FC刈谷vs名古屋クラブ
@織機大府 12時KO


【岐阜】※東海関係分のみ

長良クラブvs池田FC
@大垣南公園 11時20分KO


【静岡】

藤枝市役所vs静岡産業大サッカー部
@竜洋スポーツ広場 10時KO

常葉大学サッカー部vs常葉大浜松FC
@竜洋スポーツ広場 12時30分KO


今週は僕はどこにも行きません。免許の書き換えなんです・・・すいません。結果収集だけはしますので月曜の更新は大丈夫だと思います。それでは今週末もサッカーと共にある週末を。それでは。





悪夢の払拭

明治安田生命J2リーグ 第6節

愛媛FC1-3FC岐阜


得点者
愛媛 近藤(PK)
岐阜 田中パウロ×3

アウェイでハットトリック決めて3-0にした時点で「あの試合」がよぎった岐阜サポは少なくなかったと思う。
意味のわからんPKで3-1になったときにはかなりビビった。けどどうにか最後の愛媛の抵抗にも屈する事無く逃げ切って今年2勝目。少なくとも今年6試合見た中では一番攻守ともに内容は良かったと思います。これであの味スタの悪夢も少しは振り払われたんじゃないかな・・・そう思いたい。

愛媛の3バックの脇がスカスカでしたね。そこに岐阜のストロングポイントがバッチシハマったので裏抜け2発が綺麗に決まった。先制点も寄せが激甘だったとは言えシンプルに中に入れての跳ね返りを一発で決めた。結局決まる時ってのは大して手数はかかってないんですよ。一番怖かった後ろでビルドアップしてるのをミスってショートカウンター喰うってリスクは相変わらずあるんだけど「決まるときは手数はかかってない」ってのを忘れずに手段と目的をはき違えないポゼッションサッカーが出来れば・・・と思ってます。

妥当であれど不満あり

明治安田生命J2リーグ 第5節

FC岐阜1-1栃木SC


得点者
岐阜 古橋
栃木 西河

内容からしたら1-1は妥当だったと思います。ただこの先の事を考えるとどうしても勝っておきたい相手だったので心としては限りなく取りこぼしだと思ってます。こんな日に限って雨でボール止まるもんなぁ・・・

まだ11人の選択の正解が出ないですね。ライアンがある程度目処が立ってきた気はしますがそれはチャンスメーカーって意味であってフィニッシャーではない。こうゆう日だと尚のこと相手のペチュニクのようなターゲットがいれば・・・と忸怩たる気持ちも。試合を重ねてく度にやはり補強戦略に疑問が生じて仕方が無い。と言っても詮無きことではあるのですが・・・

DFラインを弄ったのは良かったかと。正直言って今現在長沼はSB失格。とりあえずこのDFラインでしばらくやってみたほうがいいかと思います。ヘンリーもSBよりはCBのうが良いかと。サンホ、ハムが未だベンチにも入ってこないってのは怪我かコンディションか戦術不適応か。練習見てない以上わからないけどこの辺りの誤算もあったなぁ・・・

しばらくはこういった試合しか出来ないでしょうね。それにしても5戦して完封ゼロではやっぱり勝ち点積めないって・・・

重大な事実誤認

昨日の東海リーグニュースで更新直後に怒濤のツッコミが。

三重の件ですが、「全社予選」ではなく、「天皇杯予選社会人代表決定戦」だったようで・・・

したがって夏の全社東海進出決定は愛知の4つと静岡の8つだけ。岐阜と三重はまだこれからの決定となります。

三重全社予選は4月1日開幕。鈴鹿と伊勢志摩は4月28日に1日の勝者と。これは次週改めて触れます。

完全に確認不足でした。ごめんなさい。

東海リーグニュース2018 プレシーズン号vol2

昨日で全社東海進出チームの内16分の14が決定。残るは今週から始まる岐阜の2つのみ。
ではまず愛知と三重の全社予選結果から。

【愛知】

FC刈谷3-0春日井クラブ

中京大FC2-2(PK4-2)トヨタ蹴球団

名古屋クラブ1-0東海学園FC

ChukyoUnivFC3-2ワイヴァン


【三重】

準決勝
鈴鹿アンリミテッドFC10-0FCRIOT

FC伊勢志摩2-0TSV1973四日市


決勝
鈴鹿アンリミテッドFC0-0(PK5-4)FC伊勢志摩


鈴鹿vs伊勢志摩が延長後半まで戦ってスコアレスってのが興味深いですね。ちょっと内容までは想像が出来ないですが。
愛知は1部勢が2つ2部のクラブに敗れる小波乱。とはいえまぁまぁ納得は行くメンツではありますが。

そして静岡の天皇杯予選結果。1つ訂正事があって、常葉に関する表記でキャンパスFC(東海の方)とサッカー部(所謂1軍)をごっちゃにしてました。シードになってるのはキャンパスFCです。つまり今戦ってるのは1軍です。ではそれも踏まえてスルガカップの結果を。

【静岡】

常葉大学サッカー部4-0BlackKitty

矢崎バレンテ1-1(PK3-0)焼津FC

藤枝市役所2-0ShimizuWanted

静岡大学7-0SS伊豆


では今週末の東海関連の試合のお知らせ。
愛知は全社準決勝。岐阜は全社1回戦。静岡はスルガカップ代表決定戦の準々決勝。
岐阜に関しては準々決勝までは東海所属の2チームだけのお知らせとします。長良クラブの初戦は来週になります。

【愛知】

3月25日(

FC刈谷vs中京大FC
@港 10時KO

名古屋クラブvsChukyoUnivFC
@港 12時30分KO


【岐阜】

3月25日(

FC岐阜SECONDvs県警らぴぃず
@杭瀬川公園Bグランド 15時KO


【静岡】

3月25日(

藤枝市役所vs静岡大学
@有玉 10時KO

常葉大学サッカー部vs矢崎バレンテ
@有玉 12時30分KO



三重の2チームは鈴鹿が名古屋経済大でアミティエ京都とTM。13時45分KO予定との事です。
伊勢志摩もTMとなってますが相手は未定となってますね・・・とりあえず今週末は港です。土曜は歯医者の予定を変えれれば港行くつもりです。無理なら無しです。それでは今週末もサッカーと共になる休日を。それでは。

堪え忍び堪える時

JFL 1stステージ 第2節

ヴィアティン三重2-3FC今治


得点者
三重 加倉 北野
今治 玉城 桑島 OG 有間

港を1試合だけで撤収して湾岸走って四日市へ。1号線入るのが早すぎて富田で渋滞引っかかったけどどうにか間に合い観戦場所も確保。

昨年後期、岡崎と三重が揃って降格か?って危機に陥ったけど岡崎はリュージが直して一桁残留。一方三重は前期の貯金でどうにかこうにかの青息吐息残留。で、その三重はこれまでのような派手な補強は無く地味な新体制。強いて上げれば野垣内くらい。もっとも今日四日市行った理由は野垣内でもあったんだけど・・・

こっちも箇条書きで。

1 試合は終始今治ペースも前半に三重がリーチ一発ツモを2つ決め内容からは完全に想定外の2-0折り返し。

2 しかし一緒にいた「口の悪いメイン族」からは今治はまだ全然余力ありのジャッジ。僕はそれに半信半疑だった。

3 後半25分過ぎに今治の玉城が「すんげぇ」ミドルをぶち込んで2-1。ここで三重は選択肢として「3点目を取りに前に出る」or「籠城で逃げ切り」の2つの選択肢があったが交代も含めて明確なメッセージが伝わらず。

4 挙げ句ATで追いつかれただけに飽き足りずOGで逆転まで許して1000人以上の観客の8割強は呆然自失。

口の悪いメイン族を近鉄四日市まで送ったので三重のサポとは話せなかったけど開幕の大阪戦も逆転で落としてる辺りチームの雰囲気も相当に悪い事が想像出来る。試合後の見送りコーナーで北野とだけ話せたがいつもの歯切れの良さはまるで無し。苦悩を窺える。ただ今日に関しては戦犯の1は海津さんだ。交代の人選のミスっぽい事を言っていたがそれ以上に2-1の時点でおよそ残り15分。籠城の選択肢もあったはず。半端に打って出た挙げ句に逆転負けとは采配としては最低の結果だ。2試合続けて先制したにも関わらずの逆転負け。苦難は耐えるしかないし打破するのは結局自分達の努力でしかなし得ない。それが出来なきゃ東海に帰ってきて僕の嫌味をさんざ浴びるだけの話だ。それで鈴鹿と入れ替わった日には笑い話にもならん。

結構に厳しいことを言ったが危機感を持って取り組まないと結構まずい事になる予感がした。同期の今治との差はちょっと埋めがたい状況。ハード面のハンデを昨年も触れたけどそれは言い訳には出来ない。これを乗り越えればクラブとして一歩成長出来る。この試練はどこも通ってるはずの道。頑張って乗り越えて欲しい。

今治についても少しだけ。
今治と岐阜のサッカーは似てる。しかし相手のレベル差があるってのは差し引いても縦に勝負する意識は今治のほうが上だ。
そして2-0から15分でひっくり返すまで至ったトリガーはこの動画の3分55秒過ぎの玉城のミドル。



見えたら打つは鉄則のはず。口の悪いメイン族は終始今治と岐阜の勝負の意識の差を嘆いて帰って行ったがこれに関しては僕も言い返しようが無い。ただ経験上優勝する、昇格するチームってのはその年に必ずこういった試合を1つ2つ経験する。今治は今年は昇格出来るかなぁ・・・って印象は持った。

来週は岡崎のホーム戦行きます。詳しくは明日の東海リーグニュースプレシーズン号で。それでは。

ノンリーグの始まる春

愛知県社会人サッカー選手権準々決勝

FC刈谷3-0春日井クラブ


得点者
刈谷 中野裕 坂本 中野翔

寒さが大の苦手&2月の追突喰らった影響&岐阜の内容の極寒ぶりでサッカーに対するモチベーションが昨今ないくらい落ちてたけどここで行っとかないとダラダラになるのは目に見えてるので少しネジ巻いて今日はハシゴすると決めて港へ。監督交代だけで飽き足りず大幅な体制変更となった刈谷を鈴鹿より先に見ることに。

まだ初見なので箇条書きの感想だけ。

1 システムは4-1-4-1。怪我人が出ない限り基本はこれだろうと。

2 昨年までのような「結局最後は中野裕だろ?」ってサッカーとは明白に違う。

3 基本戦術はサイドアタックかな?と。春日井の両SBを結構にやっつけてたって印象だった。

4 鈴鹿、伊勢志摩等をまだ見てないので比較は不可能。来週CUFCは見れるのでそこでどうかなと。

5 ラストピースは?って聞かれたらパサーかなぁと。

こんな感じ。来週再来週でもうちょい見れれば・・・と思ってます。

試合は春日井が思いの外抵抗をして前半はスコアレス・・・だったんだけど春日井はその前半でPKを失敗。これが決まっていればもう少し刈谷も手を焼いたかなぁ・・・と思ったけど最終的には実力差がそのままの数字になったかな・・・とも思います。とりあえず今日の刈谷に関してはここまで。

必然と偶然の差

明治安田生命J2リーグ 第4節

京都サンガFC2-1FC岐阜

得点者
京都 小屋松×2
岐阜 古橋

きちんと相手の守備を崩してきちんとチームで決めきった京都と相手のチョンボってアシストでしか取れなかった岐阜との差がそのまま試合の数字になったかなと思います。決めた古橋は勿論褒めないといけないんですが。

ホント真ん中固められるとバイタルで渋滞起こしてしまってパスミス引っかけられてカウンター喰らうってパターンが多すぎる。この4試合ずっとアンカー宮本で小野と永島の2列目で戦って来てるが小野くらいしか打開のパス出せる選手が居ない上にその小野もどうにも精彩を欠いてる感が強い。とは言っても当分このままかなぁって気もします。少なくともダメだからすぐ変えるって監督ではないってのは去年でわかりきってる事だし選手が練習で納得させて勝ち得るしかありません。ちょっと大人しいイメージの選手が多いからそこは心配なんだけど・・・

とりあえず千葉京都2つで勝ち点1ならOKとは言ったけど結果は3。なのでまぁ良し。ただ次は絶対3がマスト。そうでなくてもホームのが成績悪いってのはいい加減改善してく必要がある。ただ内容はやっぱり低調・・・だな。


東海リーグニュース2018 プレシーズン号vol1

事故の治療や岐阜の内容のアレ具合でちょっとサッカーへのモチベーションが下がってきてましたがボチボチネジ巻いていかないと本当に乗り遅れちゃうのでボチボチと初めて行きたいと思います。ちょうど全社各県予選も始まった来ましたので・・・では今日はその全社予選の件を。

【愛知】

昨日の結果で8強が決定。東海昇格組のゴール、豊川は敗れましたが元東海の春日井は8強入り。
しかし目を引くのは織機を破って8強入りしたワイヴァンFC。僕が知ってるのは元刈谷の選手が何人かいる刈谷市のクラブで今年から愛知県3部に昇格してくる・・・ってとこまで。如何せんまだ未見のクラブなので言えるのはここまで。元刈谷組が当時の力のまま戦えるのであれば台風の目もあるかも・・・?では準々決勝組み合わせ。勝者は夏の東海予選権利獲得です。

3月18日(

FC刈谷vs春日井クラブ
@港 10時

東海学園FCvs名古屋クラブ
@港 12時KO

ChukyoUnivFCvsワイヴァンFC
@中京大 10時

中京大FCvsトヨタ蹴球団
@中京大 12時


【岐阜】

来週より開幕ですが本日組み合わせが岐阜協会より発表。

岐阜大会組み合わせ

昨年はセカンドが取りこぼして岐阜県内での予選参加件を失い岐阜からの本戦出場がゼロ。組み合わせの印象としては有力チームがほどよくばらけたかな・・・って感じです。セカンドは1回戦2回戦は大丈夫だと思うけど3回戦で恐らくジョカトーレ。その次がボンボネーラもしくは長良。一気に相手強化となるので山場はこの辺かなぁ・・・反対の山は可児か大垣で間違いないとは思いますが・・・

【三重】

一足早くこちらは4強。とはいってもいつものメンツ+1なんですけどね・・・では組み合わせ。
土曜の勝者2つが東海予選出場権獲得です。

3月17日(

鈴鹿アンリミテッドFCvsFCRIOT
@三交鈴鹿 10時KO

FC伊勢志摩vsTSV1973四日市
@三交鈴鹿 14時


三重は今週で決着です。決勝は日曜にこの勝者が10時30分より同じ三交鈴鹿で戦います。

【静岡】

静岡で現在行われているのは「天皇杯予選」です。全社予選は存在しません。


東海リーグ勢が今週より登場。この大会を勝ち抜いても待ってるのが沼津、藤枝のJ3勢に泣く子をさらに泣かすホンダ・・・険しいなんてどころではない道ですがそれでもこの大会を戦い抜く意義はあると思うのです。では組み合わせ。

3月18日(

常葉大浜松FCvsBlackKitty
@有玉 10時KO

矢崎バレンテvs焼津FC
@有玉 12時30分KO

静岡大学vsSS伊豆
@静岡大学 10時KO

藤枝市役所vsShimizuWanted
@静岡大学 12時30分KO


日曜は愛知のどっちかにはいると思います。どっちにするかはまだ決めていません。土曜は歯医者があるんで三重は無し。岡崎のホーム開幕もあるけど京都vs岐阜もあるからなぁ・・・土曜は岡崎の試合に行かないならDAZNだけです。それでは花粉も舞う中大変ですが暖かくなって少しずつサッカーの季節になってきました。今週もサッカーと共にある週末を。それでは。

思ってたより早かった初日

明治安田生命J2リーグ 第3節

ジェフユナイテッド千葉2-3FC岐阜


得点者
千葉 茶島 清武
岐阜 田中パウロ 永島 風間

ここまでの2試合見てたらちょっと去年みたいなことしてたら落っこちる可能性も否定出来なくなるなぁ・・・思ってたけど今日は3得点中2点が縦に早いパスからの速攻。ポゼッションを否定する気はないが一番肝心な「ゴールへの道筋」はやはり速攻の方が道は立つ。去年もそうだったんだけど最終的にはゴールに結びつけないと結果を出したとは言えない競技である以上、そこへの探求は永遠に終わらせちゃならないわけでして・・・もうちょいかかると思ってたけど3戦目で初白星はとりあえず素直に喜んでいいと思います。中身はまぁ危なっかしい代物ではありましたけどね・・・

ライアンが初出場。10分ちょいの出場時間だったけど見せ場っぽいプレーも。思ってたよりゴツゴツはしてないかな・・・?もうちょい様子見。ハムが全然出てきてこないのと小野が去年の良かった時期のパフォーマンスが全然見せれてないのが気になります。ポゼッション率の低下は即ち中盤の質の低下と=です。宮本も頑張ってるけどバランス取るだけで汲々としてるし・・・ここが一番の泣き所になってると思います。とにかく1つ勝ったことで固さや変な重圧は取れたと思うのでこれからの向上に期待したいと思います。





深刻な火力不足・・・

明治安田生命J2リーグ 第2節

FC岐阜0-1横浜FC


得点者
横浜 イバ

宣言通り長良川で試合見てきましたが・・・

ハッキリ言っちゃっていいでしょう。「去年より弱い」と。特に攻撃の火力不足は深刻そのもの。認めたくなかったけど庄司、シシ-ニョの抜けた穴は今現在全く埋まってない。

もうちょっと具体的に書くと相手の嫌がるパスが無い。効果的なサイドチェンジがない。スイッチ入れる縦パスも無い。そして一番肝心なアタッキングゾーンでの人数が足りない。故に波状攻撃が撃てない。ようやく終わり間際にそれっぽいことが出来てたけど遅すぎるしそれにしたって火力の強い物ではなかった。

2試合見た上での感想は「現場以上に編成の責任のが重たい」ですがとりあえず5試合目の栃木戦までは我慢しようと思ってます。千葉と京都のアウェイ2戦はどっちかで勝ち点1拾えればOKとします。

怒りも憤りも無いけど終わったときに残った感情は憂鬱感ただ1つ。今年はあまり楽しめそうにない1年になりそうな気がしています・・・
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR