FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

奴らの前で負けられねぇ!part2

東海社会人1部リーグ 第8節

矢崎バレンテ0-2鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
鈴鹿 キローラン 小西

刈谷は勝った。ならば鈴鹿も負けるわけにはいかない。玄人はだしの観戦者が多かった市役所戦から海外からの技術研修生?がスタンドで歓声を送るこれまでに経験の無いインターナショナルな環境になった第2試合。一方鈴鹿は選手はともかくサポが試合前からグロッキー気味・・・一番暑さのキツい14時台KOだから仕方ないんだけども・・・





鈴鹿は怪我人だけで控えメンバー分くらいは埋まる有様。野戦病院同然だが幸い選手層には恵まれているので今のところ大怪我には至っていない。ただ今のままではやはり台所事情は厳しい。夏補強があるか無いかはわからないが戻りが遅くなる選手が複数出るようだと補強も視野に入るのではないだろうか・・・それでもこの試合はこれまで出番のなかったキローランがコーナーから頭1つ抜け出したヘッドであっさり先制。市役所vs刈谷よりもさらに厳しい暑さの時間帯の中早い時間で先制出来たのは良かったがやはりこの試合もどちらとも精度が全然欠ける状況。けどそれは責めれない。見てるだけでキツいんだもん・・・どちらも雑な試合運びで前半はこのまま0-1。HTに鈴鹿サポの席まで足運んだがやはりしんどそう。サポーターにクーリングブレイクはないからなぁ・・・

後半になって攻守の切り替えの速度の遅い矢崎は鈴鹿に主導権をずっと握られる苦しい流れ。それでも左サイドの攻撃がそれなりに機能してシュートには持ち込めるが決定打になるようなシュートは無し。鈴鹿も守備の破綻は無けれど繋ぎや攻めの雑さは隠しようがない。特にフィニッシュは雑の一言。どうにか小西のドリブルシュートで追加点を奪って試合を決めたが内容考えたら2-0で済ませていい差では無い。鈴鹿はいつになく雑な試合をしたがそれでも完封。しつこいようだがこの暑さでは結果効率最優先でよかったとは思うがそうゆう部分では鈴鹿は刈谷より大人な部分があったとは思う。試合後のサポは2試合やったかの如き疲労感だったが試合後にさわやか行くって話になったときには獲物狙う獣のような目になってたしまぁ大丈夫でしょう・・・とにかくこの時期は応援も命がけになるので熱中症対策はやりすぎなくらいに怠りのないように・・・

どうにか2試合観戦を終え、瀬戸谷温泉から島田のさわやかでメシ食って帰ってきましたがダメージが今日に残ってしまい今日はシエスタどころか昼もガッツリ寝てしまって丸々一日無駄にしたようなもの。無理は出来なくなっちゃったなぁ・・・情けない話だけど。これからも暑さが続きますがどうか皆様サッカー観戦で健康を害することとかないように・・・

奴らの前で負けられねぇ!part1

東海社会人1部リーグ 第8節

藤枝市役所2-3FC刈谷


得点者
市役所 和田 高橋祐(PK)
刈谷 中野裕×2 OG


市役所、矢崎が1部の揃うと藤枝集結開催が何回か発生する。この事自体は別にいいことだがこの真夏にデーゲーム2本はやる側は無論の事、観る側も大袈裟ではなく命がけに近い。さすがにこの灼熱地獄において屋根無し観戦は更に命の危険度が増すので初手から屋根下観戦を選択したがサポーターは当然バックの屋根無し席。見てるだけで試合前から辛そうだったが2部はこの節、KO時間が午前だったりナイターだったりで工夫していたので1部も再考を願いたい。そのためには集結開催が犠牲になってしまうけれども・・・

この日藤枝を選択したのは集結戦に挑むアウェイが刈谷と鈴鹿という東海の両雄が揃ったって点。3連休の中日。この2点。当然取りこぼしは命取り。ましてやライバルの前で無様な試合は見せられない。それは選手もサポも同じ事。後期開幕初戦は真夏の藤枝で始まった。





開始早々に高橋祐に中央を抜かれて大ピンチとなったが何とかFK+イエローで済んだ刈谷。この暑さでは運動量も期待は出来ない。どれだけ頭使って効率いいサッカーするかだけどそれを考える頭もオーバーヒートになってしまう。正直言ってどちらも低調だった。単純にミスが多い。けどそれを責めるのも酷なコンディション。それでも地力に勝る刈谷は前半終了間際に縦に抜け出した中野裕が押し込んで先制。刈谷が1点リードで折り返し。

HTに市役所、刈谷共に1枚ずつ交代。市役所は1枚貰ったボランチ。刈谷は怪我の長野の代役に抜擢された磯貝から菅原。その菅原が後半開始早々にグラウンダーのクロス気味のシュートを決める大仕事。(公式記録はOG)これで楽になった刈谷だが市役所も黙っちゃいない。ダイヤの中盤で攻撃に厚みを増やしてる市役所は徐々に圧力を増しだしてHTに入った和田のスーパーミドルで追撃開始。2-0は危険なスコアって格言が日本にはあるが刈谷もこれで余裕が無くなってしまい市役所は攻勢に回って刈谷はたまらずPK献上。これを高橋祐が決め市役所は同点に。こうなると勢いは一気に市役所に傾いてきたが攻めに圧を掛けることは守りがどうしても薄くなる。刈谷はカウンターでゴール前が混戦になったが中野裕がねじ込んでこれが決勝点。刈谷がドタバタな試合を制して鈴鹿にプレッシャーかけて藤枝を後にした。

前日の夕方に行われた蹴球団vs伊勢志摩ですら20分過ぎにクーリングブレイクを3分も導入。ましてや正午KOのこの試合は言わずもがな。どちらもまともにサッカーやれって言うのは酷な話でした。その中でもどちらも持ち味は出た試合だったとは思いますが最終的には地力に勝る刈谷が押し切り。しかし反省点も多かったと思います。特に2-0を追いつかれったって点。鈴鹿戦もどうだったけど刈谷の課題は試合のトータルマネジメントの点。2-0にした時点で地力で考えれば塩漬けにする選択肢もあったはず。ましてこの暑さの中で無駄に消耗させる理由も無い。自分達で試合をわざわざ難しくする必要もないだろうに。刈谷はこの先もこの部分で失敗しないか心配です。市役所は一度は追いついてあの流れなら勝ちに行くのは仕方なかったかな・・・取られ方がどれも勿体なかったですが残留に向けて切り替える他ありません。まもなく自治体大会も迫ってますし・・・

勝ってこそ…

東海社会人1部リーグ 第8節

トヨタ蹴球団2-3FC伊勢志摩


得点者
蹴球団 藤井 山口
伊勢志摩 真野 溝田(PK) 石場

月曜に書いた通り全社ルートも断たれJFL昇格の為には負けは論外、引き分けでの勝ち点ロストすら致命傷つか即死と言っても過言ではない伊勢志摩。しかも仮に後期全勝したとしても鈴鹿、刈谷が直接対決以外に取りこぼしをしないと追いつき追い越す事は不可能な状況。2敗ならまだ望みも残ったが3敗って事実は重い。重すぎる。それでも可能性が残る限りは応援、支援してくれるサポ、スポンサーの為に全力を尽くす義務はあるし、目標を口にした以上はそれに向けて一生懸命やらないといけないしやってなければぶっ叩く他ない。目標の為には再三書いてるが「後期全勝」は絶対条件と言っていい。その7番勝負の第1ラウンドはトヨスポの薄暮戦。車の点検、オイル交換が予定より長引いて尾張横須賀から高速使い倒す羽目になったがギリギリにKO間に合ったところで着席…





試合当初から伊勢志摩がボールを保持して蹴球団を攻めて蹴球団は奪ったら手数をかけずに前に送ってくるが伊勢志摩がしばらく切り替えが遅く蹴球団が流れをつかみかける時間もあったが火力に勝る伊勢志摩が石場が浮き球に抜け出しシュートを放ち、一度は防ぐもこぼれを真野に押し込まれて先制は伊勢志摩。その後も蹴球団はサイドの守備が激甘で特に大野を自由に泳がせてしまい伊勢志摩の攻撃を次第に跳ね返せなくなりついにはPK献上でこの日伊勢志摩通産100試合目となった溝田がメモリアルゴールとなるPKを決め追加点。この後も流れは伊勢志摩が掴み前半終了間際に石場が決めて3点目。前半で0-3となってしまい勝敗の大勢は決してしまった。はずだった。

後半開始の際に伊勢志摩は3枚替え。ちょっと目を疑ったがやはり3枚替え。布陣も微妙に変わっている。この3枚交代の意図はわからない。考えれたのは2つあった。

1 この先の事も踏まえてマージンもあるし控えの底上げを図る。

2 単なる舐めプ。

1だったと思いたい。2ならもう話にもならん。ところがいきなりの3枚替えは伊勢志摩の良かった流れもぶった切ってしまって伊勢志摩はなんとチーム機能不全に。選手間の口は動けど身体がついてこないシーンが増えてシンプルなアタックを繰り返していた蹴球団にもチャンスが増えだしてくる。それでも最後方から昨年までの守護神だった大岩根とはまた違う意味で大声でチームを鼓舞する角屋が何とか整えようとするがなんとその角屋まで下げてGK交代。後半は蹴球団のレジェンド鈴木淳也と見てたんだが思わず「おい、これは辱めだろ…」と僕の口から出てしまった。

ただでさえ大量交代で機能不全になってた上にGKまで変えてしまった伊勢志摩は完全にチームがガタガタになってしまいここから蹴球団の反撃をモロに浴びてしまい2失点。前半のマージンがあっという間に風前の灯になったがここから弱気に引くのでなくボールも人も前に持ってくことで攻撃的に時間を潰してなんとか逃げ切り。7番勝負の初戦を辛くも逃げ切っての勝ち点3になったがどう考えてもこの勝ちを手放しで喜び褒めるのは僕には無理だ。ハッキリ言えば勝ち点3以外の収穫は皆無だ。その勝ち点3すら自ら放り出しかねなかった後半は話んならん。これがいい薬になって今後に繋がるならそれもありではあるけど…あの後半を見るに薬になるかと聞かれたら厳しいかな…と。それでもとりあえず第1ステージは抜けた。残り6つ邪念無しで勝ち続けていく以外にない。躓いた時点で終わりのサバイバル。これで伊勢に行こうって気にはなった。早ければ来週。それがダメなら9月頭になるけども…7つ全部勝つって命題をクリア出来るか否かはわからない。ただ行く末は見届けようと思いました。

東海リーグニュース2018 Vol9

全社東海も終わって東海リーグもいよいよ後半戦突入。昨日の結果で3強の1つと目されてた伊勢志摩が窮地に立たされちゃったけどそれは後述。まずはカードのご紹介!

【1部】

7月14日(

トヨタ蹴球団vsFC伊勢志摩
@トヨタスポーツセンター 17時KO


7月15日(

東海学園FCvsChukyoUnivFC
@東海学園三好 11時30分KO


藤枝市役所vsFC刈谷
@藤枝市民 12時KO


矢崎バレンテvs鈴鹿アンリミテッドFC
@藤枝市民 14時30分KO



【2部】

7月14日(

豊田自動織機vs名古屋クラブ
@ウェーブスタジアム刈谷 18時30分KO

7月15日(

FCゴールvsFC岐阜SECOND
@テラスポ鶴舞 10時KO


リヴィエルタ豊川vs常葉大浜松FC
@豊川陸 10時30分KO

長良クラブvs中京大FC
@岐阜フットボールセンター 11時30分KO


2部の方が観客の熱中症対策考えてるKO時間多い気するけど・・・藤枝市民では仕方ないかなぁ・・・照明もないしダブルヘッダーでは。と言うことなのでどこの会場でも当然必要ですが藤枝市民行かれる方は特に熱中症対策をお考えください。キツいと思ったら素直にメインの屋根有りスタンド行きましょう。そして2部のテラスポは今年最後の開催です。僕が知ってる限りのグランドホッパーは「とっくに」来訪済みのようですが念のために。

では後期の展望を。


FC刈谷 7 6 0 1 16 4 18 12
鈴鹿アンリミテッドFC 6 5 1 0 13 1 16 12
矢崎バレンテ 7 4 0 3 12 10 12 2
FC伊勢志摩 7 4 0 3 9 8 12 1
トヨタ蹴球団 6 2 1 3 8 15 7 -7
東海学園FC 7 2 0 5 9 15 6 -6
藤枝市役所 5 1 2 4 8 12 5 -4
ChukyoUnivFC 7 1 0 6 4 14 3 -10

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
中京大FC 7 5 1 1 24 15 16 9
FC岐阜SECOND 6 5 0 1 16 9 15 7
リヴィエルタ豊川 6 3 2 1 17 8 11 9
豊田自動織機 7 3 2 2 17 15 11 2
常葉大浜松FC 7 2 3 2 9 9 9 0
名古屋クラブ 6 2 1 3 9 11 7 -2
FCゴール 7 1 1 5 6 19 4 -13
長良クラブ 6 0 0 6 2 14 0 -12


まずは1部。伊勢志摩が刈谷、鈴鹿と連敗でここが踏ん張り処・・・と思っていたらあろうことか最下位CUFCにホームで完封負け。これで3敗目となっただけでなく、得失点差で矢崎にまで抜かれるって有様。そして昨日の全社でもPKまで粘ったけど刈谷に敗れて全社ルートも構築不能に。したがって伊勢志摩はリーグ終戦=今期終戦となります。なので伊勢志摩はもはやリーグを取る以外血路を拓く事も出来ない状況ですが鈴鹿との勝ち点差は実質「7」。刈谷との勝ち点差は実数で「6」。仮に伊勢志摩が後期全勝したとしても尚足りない状況です。負けは論外だし引き分け1つでもその瞬間終戦と言っても過言ではないでしょう。さぁどうする?路は自らでしか切り拓けないよ?僕から言えるのはこれだけです。それが叶わなければかなりの確率で優勝は9月23日の直接対決で決まるでしょう。

2部。セカンドが1試合少ないながらも1試合多い中京大との勝ち点差1なので実質的な首位はセカンドと言っていいと思います。ただセカンドの1敗はその中京大。さらに未消化の相手は現在3位の豊川。これを豊川が取ってしまうと途端に優勝、昇格争いが混沌化。数字的にチャンスがあるのは織機までだろうとは思いますが現在中位に甘んじてる常葉、名古屋クと言った1部経験のあるクラブもおいそれと勝ち点を供給するだけの立場になるとは思えません。中京大も得点は相当だけど失点の数も大概。およそ首位にいるチームの失点数ではない。最下位の長良より多いんだぞ!?2部は殆どのチームが未見なので力関係が正直わかりません。セカンドにしても1試合平均の失点数が1,5は正直多い。得点力よりも守備力に重きを置いた上位クラブが1部、そして優勝を勝ち得るのではないかな・・・と思ってます。

さて今週は3連休。藤枝行くならここが1番のチャンスかなぁ・・・岐阜もアウェイだし。先週は体調不良で土日両方休みましたが今週は藤枝行く方向で考えます。体調が回復しないようであれば三好か鶴舞にします。土曜はトヨスポ行く方向で考えてます。それでは3連休となる今週末。暑さや紫外線に気を付けてそれぞれのサッカーを楽しめたらと思います。それでは。

フィジカルもメンタルも

明治安田生命J2リーグ 第22節

FC岐阜1-2愛媛FC


得点者
岐阜 阿部
愛媛 前野 有田

TL上でもみんなわかってたけど明らかに良かったときのコンディションからは落ちてますね。フィジカルもそうだけどメンタル面も。
先週の山形戦は見てないけど閉塞感は伝わってきてたのでどうゆう試合だったかは想像出来ます。

去年も夏場からダダ滑りになって結果残留争いまでは行かなくてもおよそ満足の行く数字にはならなかったって事を顧みるとここからしばらくは我慢を強いられるかもしれません。たらればになるけど天皇杯でベスメン出して怪我人出した挙げ句PKまでやって負けたってのはダメージ結構あったろうなぁ・・・とも。それもこれも選手層の薄さが一番の要因になってしまうのですが・・・

阿部は停止明けになったけどビクトルがリーチ。原田と岡本は目の色変えて練習に取り組んでくるでしょう。チャンスは恐らく回ってきます。それよりもFPの金属疲労が気になります。今週一週間まともに練習出来なかった可能性もあるけどそれは愛媛も同じ事。移動も考えたら愛媛のほうが岐阜以上にキツかったはず。それでいて走り負けフィジカル負けは深刻。特に中盤。そして風間も今の段階ではわからないけど肉離れならしばらくは出れない。こうゆう状況下では今まで出番に恵まれなかった選手が頑張ってくれないと底上げにならない。って言うより今の岐阜の課題は選手層もあるからこれをチャンスにしてくれないといけないんだけど・・・

しんどい時期ですが我慢も必要です。ちょっと頑張りましょう。

全社東海結果

東海4県各地で行われた全社東海予選が終了。大雨特別警報も出てるさなかお疲れ様でした。

【愛知】

FC刈谷12-0ShimizuWanted

FC伊勢志摩3-0岳南Fモスペリオ

FC刈谷1-1(PK5-4)FC伊勢志摩


【岐阜】

FC岐阜SECOND5-0富士通沼津

藤枝市役所0-0(PK4-1)中京大FC

FC岐阜SECOND1-3藤枝市役所


【三重】

鈴鹿アンリミテッドFC5-0静大クラブ

名古屋クラブ1-0矢崎バレンテ

鈴鹿アンリミテッドFC4-1名古屋クラブ


【静岡】

常葉大浜松FC1-1(PK14-13)ChukyoUnivFC

芙蓉クラブ1-0FC大垣K‘

常葉大浜松FC4-0芙蓉クラブ


この結果、東海地区代表として茨城行きを決めたのは・・・

FC刈谷!

藤枝市役所!

鈴鹿アンリミテッドFC!

常葉大浜松FC!


以上4クラブです!さぁ4チーム、茨城に向かってバンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!

東海リーグニュース2018 vol8

鈴鹿の劇的勝利で折り返しになった東海リーグ。1部は完全にマッチレース。2部もこのままでは時間の問題かなぁ・・・では結果。

【1部】

FC伊勢志摩0-1ChukyoUnivFC


CUFC 椿井

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC刈谷

鈴鹿 泉 小西
刈谷 藤本

トヨタ蹴球団3-2東海学園FC

蹴球団 佐藤×2 根来
東海学園 岩永 青島

藤枝市役所0-2矢崎バレンテ

矢崎 畑 藤田


  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
FC刈谷 7 6 0 1 16 4 18 12
鈴鹿アンリミテッドFC 6 5 1 0 13 1 16 12
矢崎バレンテ 7 4 0 3 12 10 12 2
FC伊勢志摩 7 4 0 3 9 8 12 1
トヨタ蹴球団 6 2 1 3 8 15 7 -7
東海学園FC 7 2 0 5 9 15 6 -6
藤枝市役所 5 1 2 4 8 12 5 -4
ChukyoUnivFC 7 1 0 6 4 14 3 -10


【2部】

中京大FC3-1名古屋クラブ


中京大 高津 小泉 森
名古屋ク 宮前

FC岐阜SECOND2-1常葉大浜松FC

セカンド 古市 常岡
常葉 高橋雄

リヴィエルタ豊川4-1FCゴール

豊川 宮本×3 福居
ゴール 遠近

ゴール 伊藤がイエロー2枚で退場。セカンド戦停止。

豊田自動織機3-1長良クラブ

織機 今野×2 北川
長良 山本

  試合数 勝ち数 分け数 負け数 得点 失点 勝ち点 得失差
中京大FC 7 5 1 1 24 15 16 9
FC岐阜SECOND 6 5 0 1 16 9 15 7
リヴィエルタ豊川 6 3 2 1 17 8 11 9
豊田自動織機 7 3 2 2 17 15 11 2
常葉大浜松FC 7 2 3 2 9 9 9 0
名古屋クラブ 6 2 1 3 9 11 7 -2
FCゴール 7 1 1 5 6 19 4 -13
長良クラブ 6 0 0 6 2 14 0 -12


今週はリーグはお休み。全社予選となります。例年のように愛三岐静の4県で土日連戦。各県の生き残りが今年は楽しい茨城行き。そして今年の全社の大きな変化として挙げられるのが「全社枠ゲットの条件は前提として各リーグで3位以内」となったこと。もっとも全部が全部全社枠の為に全社に出たいってチームばっかではないのでこればっか煽るのもなんなんですが・・・では各県の組み合わせを。愛知と三重は今年は土日共人工芝!灼熱地獄の勝ち上がりは果たしてどこだ!?

7月7日(
全て上段は11時30分KO
下段は14時KO
7月8日(

全て11時KO

【愛知】@口論議

FC刈谷vsSHIMIZUWanted

FC伊勢志摩vs岳南Fモスペリオ


【岐阜】@メドウ

FC岐阜SECONDvs富士通沼津

中京大FCvs藤枝市役所



【三重】@NTN桑名運動公園

鈴鹿アンリミテッドFCvs静大クラブ

矢崎バレンテvs名古屋クラブ


【静岡】@有玉

常葉大浜松FCvsChukyoUnivFC

芙蓉クラブvsFC大垣K‘


やはり一番の激戦が予想されるのは愛知ではないかと・・・先の鈴鹿戦を落として保険の意味でもどうしても茨城行きの切符が欲しい刈谷。そしてリーグ3連敗となりもう完全に崖っぷちの伊勢志摩。ここで切符を失えばもう終戦と言っても過言ではなくなる状況。それは刈谷とて同じ事。口論議決戦はどうなるのか!?

で、僕ですがまだなんにも決めてません。本当に決めてません。少なくとも日曜はどっか行きます。土曜は動かない可能性のが高いかなぁ・・・とりあえず愛知岐阜三重会場からなら長良川のハシゴは可能です。さすがに浜松行ったら長良川はないです。尚日曜夕方は長良川の岐阜vs愛媛だけでなく、JFL後期開幕戦の岡崎vsロックも港であります。

あ・・・昨日の出待ちでロック戦行くわってリュージに約束しちまった・・・てなわけで日曜夕は長良川はないです。僕は港です。なので一番あり得るのは口論議かなぁ・・・三重会場を選んだ場合、桑名~東員でヴィアティンvsFC大阪とのハシゴも出来ます。根性出せば桑名11時~東員15時~港18時も理屈上は可能です。東員終了後フルダッシュで新名神乗らないといけませんけどね。一昔前なら考えたけど今これやる根性はないなぁ・・・まぁ頭の片隅には入れておきます。

そうゆうわけですので熱中症、日焼け対策をしっかりした上でみなさんサッカーを楽しんで貰えれば・・・と思います。今週末もサッカーと共にある週末を。それでは。

意思の疎通

東海社会人1部リーグ 第7節

鈴鹿アンリミテッドFC2-1FC刈谷


得点者
鈴鹿 泉 小西
刈谷 藤本

6連勝の刈谷。市役所相手にスコアレスドローの取りこぼしはあれどここまで5戦全て無失点の鈴鹿。戦前の予想通り東海社会人の優勝争いをリードする両チーム。まだ折り返しではあるがここで刈谷が勝利をすれば鈴鹿は自力優勝に黄信号。ましてやホーム戦。絶対に負けられないのは鈴鹿。刈谷はここで鈴鹿を叩けば致命傷に近いダメージを与えれるし引き分けでも前期首位ターンは確実となる。試合の入り方の予想が立てにくいが圧倒的な差は出ないだろうって予想をしていた。






試合の入りは予想に反して鈴鹿猛攻、刈谷防戦一方。刈谷は右の長野を高く置いて攻撃時は後ろ3枚に近い布陣だったが1アンカー脇のスペースを鈴鹿に入り込まれ波状攻撃を浴び続けて最後はエリア内でクリア仕切れずに泉に押し込まれ失点。その後も鈴鹿の攻撃は続いたが藤沢のナイスセーブもあって追加点とはならず。



鈴鹿の猛攻を浴びて窒息寸前の刈谷だったがヴィラ監督がたまらず「引かずに前出ろ」ってジェスチャーで前に出ろって指示を送り、刈谷は徐々に戦線を回復して状況は五分かやや刈谷寄りの展開に。しかしここまで全て無失点の鈴鹿DF陣。中野裕を中心とした東海ナンバーワンの攻撃力を誇る刈谷OF陣の攻撃も跳ね返して来たが前半の終了間際にポストからコースが空いてしまい藤本のミドルを浴びてしまい同点に。この時の喜びようが前半でのそれではなく、いかにこの前半苦しい戦いだったかが伺い知れる物であった。



1-1でHT。戦況はほぼ五分。この時点では両軍に引き分けOKって選択肢はなかったはず。試合は必ず動く。ただどちらに傾くかはわからない。ただ鈴鹿は堀河、小澤と影響力の強い攻撃の駒を怪我で欠いている。刈谷はヴィラ監督の交代での修正手腕はこれまでの試合で実証済み。膠着したらしただけ刈谷に優位に働くと見ていた。しかしHTでの交代は無し。このまま様子見なのか打つ手をまだ見いだし切れてなかったか。しかし風上に立った刈谷は前半とは打って変わって攻勢に立ち鈴鹿を攻めるが今度は曳地の好セーブ等もあり決定打に至らず。そして打開を図るべく西原、河野、坂本と勝ちにいくべく中盤、前線とテコ入れを図るが攻め疲れも出だして鈴鹿が巻き返してくる。そして試合は終了間際になるまで進むがこの時点で刈谷のベンチの迷いが見て取れた。勝ちにいくべく戦力を投下したが打開は図れず。引き分けで良しとするか。それともリスクを負ってでも勝ちに拘るか。これは断言していいと思ってる。ベンチとピッチの意思疎通は噛み合っていなかった。正確に言えばベンチがピッチに意思を伝えきれてなかった。中途半端な迷いは死を呼び込む。等々鈴鹿はラストプレーで小西がゴールをこじ開け鈴鹿勝ち越し。そして間もなく終了。東海首位攻防戦はホーム鈴鹿が勝ちきって1試合少ないながらも失った勝ち点で考えれば首位ターン。後期に向けて取りこぼしを取り戻す大きな勝ち点3を得た。



先にも書いたが刈谷の敗因はこの試合に限ればベンチワークだ。個人的には引き分けOKのメッセージを伝えきれなかったのか、それとも全く頭にその選択肢がなかったかはわからない。ただシチュエーション、勝ち点差、東海での相手関係を考えればここは勝ち点1で鈴鹿の勝ち点を2つ削るって選択肢がなかったのであれば拙速としか思えない。あまりに攻撃的が過ぎたベンチワークだったと思う。とは言えこの先どちらも取りこぼしがないって前提で考えれば後期のウェブスタでひっくり返す事は可能だ。刈谷は鈴鹿以上に取りこぼしが許されない立場になったがまだ終わったわけでは無い。試合後にスタッフ陣がかなり時間を掛けて話し合っていたがこの試合の反省会であろう。しっかり意思の疎通を図るべく立て直して欲しい。

鈴鹿は先制後は苦しい試合運びだったが最後の決勝点で大きく状況を引き寄せる勝ち点3を手にした。どちらかと言えばクールな印象の辛島さんだったが小西のゴール時になんとピッチに入って抱きついてくる有様。あれ?そんなキャラだったっけなぁ・・・?と思ったが逆に言えばそのくらい嬉しいゴールであり勝利だったとも言える。これで優勝争いに大きなアドバンテージを得たがまだこちらにしても終わったわけではない。刈谷戦前に前期は取りこぼしがあったが後期はそれが命取りになりかねない。割って入ってきそうなチームが潰し合いや取りこぼしで脱落したので恐らくはこれでマッチレースになると思われる。つまりウェブスタ決戦になる可能性は極めて高い。もちろんその前にやらなきゃいけない、勝たなきゃ行けない相手はある。しかし決戦に向けて大きなアドバンテージを得た。連覇、そして悲願の昇格に向けてこの先もチームの練度を高めないといけない。

東海首位攻防戦は見応えある内容でホーム鈴鹿が勝利。しかし差はあったとは思わない。刈谷のベンチワークミスと鈴鹿のサポーターの熱量で勝ちきった試合だったと言える。ウェブスタ決戦になればこの熱量は逆転する。それでも鈴鹿が勝ちきるか。刈谷がひっくり返すか。いずれにしてもこの試合で優勝の行方は9割方決まると思う。その決戦を見逃す手はない。東海サッカーファンである以上は。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR