FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

奴らの前で負けられねぇ!part2

東海社会人1部リーグ 第8節

矢崎バレンテ0-2鈴鹿アンリミテッドFC


得点者
鈴鹿 キローラン 小西

刈谷は勝った。ならば鈴鹿も負けるわけにはいかない。玄人はだしの観戦者が多かった市役所戦から海外からの技術研修生?がスタンドで歓声を送るこれまでに経験の無いインターナショナルな環境になった第2試合。一方鈴鹿は選手はともかくサポが試合前からグロッキー気味・・・一番暑さのキツい14時台KOだから仕方ないんだけども・・・





鈴鹿は怪我人だけで控えメンバー分くらいは埋まる有様。野戦病院同然だが幸い選手層には恵まれているので今のところ大怪我には至っていない。ただ今のままではやはり台所事情は厳しい。夏補強があるか無いかはわからないが戻りが遅くなる選手が複数出るようだと補強も視野に入るのではないだろうか・・・それでもこの試合はこれまで出番のなかったキローランがコーナーから頭1つ抜け出したヘッドであっさり先制。市役所vs刈谷よりもさらに厳しい暑さの時間帯の中早い時間で先制出来たのは良かったがやはりこの試合もどちらとも精度が全然欠ける状況。けどそれは責めれない。見てるだけでキツいんだもん・・・どちらも雑な試合運びで前半はこのまま0-1。HTに鈴鹿サポの席まで足運んだがやはりしんどそう。サポーターにクーリングブレイクはないからなぁ・・・

後半になって攻守の切り替えの速度の遅い矢崎は鈴鹿に主導権をずっと握られる苦しい流れ。それでも左サイドの攻撃がそれなりに機能してシュートには持ち込めるが決定打になるようなシュートは無し。鈴鹿も守備の破綻は無けれど繋ぎや攻めの雑さは隠しようがない。特にフィニッシュは雑の一言。どうにか小西のドリブルシュートで追加点を奪って試合を決めたが内容考えたら2-0で済ませていい差では無い。鈴鹿はいつになく雑な試合をしたがそれでも完封。しつこいようだがこの暑さでは結果効率最優先でよかったとは思うがそうゆう部分では鈴鹿は刈谷より大人な部分があったとは思う。試合後のサポは2試合やったかの如き疲労感だったが試合後にさわやか行くって話になったときには獲物狙う獣のような目になってたしまぁ大丈夫でしょう・・・とにかくこの時期は応援も命がけになるので熱中症対策はやりすぎなくらいに怠りのないように・・・

どうにか2試合観戦を終え、瀬戸谷温泉から島田のさわやかでメシ食って帰ってきましたがダメージが今日に残ってしまい今日はシエスタどころか昼もガッツリ寝てしまって丸々一日無駄にしたようなもの。無理は出来なくなっちゃったなぁ・・・情けない話だけど。これからも暑さが続きますがどうか皆様サッカー観戦で健康を害することとかないように・・・

奴らの前で負けられねぇ!part1

東海社会人1部リーグ 第8節

藤枝市役所2-3FC刈谷


得点者
市役所 和田 高橋祐(PK)
刈谷 中野裕×2 OG


市役所、矢崎が1部の揃うと藤枝集結開催が何回か発生する。この事自体は別にいいことだがこの真夏にデーゲーム2本はやる側は無論の事、観る側も大袈裟ではなく命がけに近い。さすがにこの灼熱地獄において屋根無し観戦は更に命の危険度が増すので初手から屋根下観戦を選択したがサポーターは当然バックの屋根無し席。見てるだけで試合前から辛そうだったが2部はこの節、KO時間が午前だったりナイターだったりで工夫していたので1部も再考を願いたい。そのためには集結開催が犠牲になってしまうけれども・・・

この日藤枝を選択したのは集結戦に挑むアウェイが刈谷と鈴鹿という東海の両雄が揃ったって点。3連休の中日。この2点。当然取りこぼしは命取り。ましてやライバルの前で無様な試合は見せられない。それは選手もサポも同じ事。後期開幕初戦は真夏の藤枝で始まった。





開始早々に高橋祐に中央を抜かれて大ピンチとなったが何とかFK+イエローで済んだ刈谷。この暑さでは運動量も期待は出来ない。どれだけ頭使って効率いいサッカーするかだけどそれを考える頭もオーバーヒートになってしまう。正直言ってどちらも低調だった。単純にミスが多い。けどそれを責めるのも酷なコンディション。それでも地力に勝る刈谷は前半終了間際に縦に抜け出した中野裕が押し込んで先制。刈谷が1点リードで折り返し。

HTに市役所、刈谷共に1枚ずつ交代。市役所は1枚貰ったボランチ。刈谷は怪我の長野の代役に抜擢された磯貝から菅原。その菅原が後半開始早々にグラウンダーのクロス気味のシュートを決める大仕事。(公式記録はOG)これで楽になった刈谷だが市役所も黙っちゃいない。ダイヤの中盤で攻撃に厚みを増やしてる市役所は徐々に圧力を増しだしてHTに入った和田のスーパーミドルで追撃開始。2-0は危険なスコアって格言が日本にはあるが刈谷もこれで余裕が無くなってしまい市役所は攻勢に回って刈谷はたまらずPK献上。これを高橋祐が決め市役所は同点に。こうなると勢いは一気に市役所に傾いてきたが攻めに圧を掛けることは守りがどうしても薄くなる。刈谷はカウンターでゴール前が混戦になったが中野裕がねじ込んでこれが決勝点。刈谷がドタバタな試合を制して鈴鹿にプレッシャーかけて藤枝を後にした。

前日の夕方に行われた蹴球団vs伊勢志摩ですら20分過ぎにクーリングブレイクを3分も導入。ましてや正午KOのこの試合は言わずもがな。どちらもまともにサッカーやれって言うのは酷な話でした。その中でもどちらも持ち味は出た試合だったとは思いますが最終的には地力に勝る刈谷が押し切り。しかし反省点も多かったと思います。特に2-0を追いつかれったって点。鈴鹿戦もどうだったけど刈谷の課題は試合のトータルマネジメントの点。2-0にした時点で地力で考えれば塩漬けにする選択肢もあったはず。ましてこの暑さの中で無駄に消耗させる理由も無い。自分達で試合をわざわざ難しくする必要もないだろうに。刈谷はこの先もこの部分で失敗しないか心配です。市役所は一度は追いついてあの流れなら勝ちに行くのは仕方なかったかな・・・取られ方がどれも勿体なかったですが残留に向けて切り替える他ありません。まもなく自治体大会も迫ってますし・・・

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR