FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

岐阜の総括 今年もお世話になりました。

昨日同様に質問箱に来ていた質問の回答も兼ねて今年の岐阜の総括を。

29a2d343.jpg

8377969f.jpg

FC岐阜 2018成績
11勝22敗9分 得点44 失点62 リーグ20位

天皇杯 1回戦敗退


端的に言って論外です。残っただけ。古橋を抜かれてからあまりにチームを立て直すのに時間が掛かりすぎた。
そして夏に弱いってチーム全体の弱点を今年も払拭出来ずに時間だけが過ぎ去っていった。幸いにして夏までの貯金が生きて21位以下に落ちることはなかったにせよその貯金の立役者古橋はもう居ない。脱古橋。脱パス「だけ」のサッカー。古橋と共に攻撃を引っ張ったパウロも山口に引き抜かれた。まだ2019岐阜の全容がわかってないけど今日の段階で判ってるメンバーを貼っていきましょうか…


GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 会津 柳澤 タビナス
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本 川西 
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 
WG フレデリック ミシャエル 富樫
CF ライアン 石川 村田 粟飯原


サネが鈴鹿にレンタルとなり、韓国の大学生が新たに加入。紹介文を見る限りボランチっぽいけど…風閒、山岸が共に残ればって前提になるけどこれで28人。両方残るならこれで終わり…かなぁ。正直言って両方残る可能性はそこまで高くない気がするんですが…どっちかが移籍となっても27人なので人数としては十分ではあるんだけど…ただリーダー的存在、キャプテンシーの強い選手ってのが居ないですね。竹田か川西がその存在でなくてはならないんだけどこの2名にしても現状でポジション確約とまでは居たってないんじゃないかなぁ。最有力には違いないにせよ。夏の連敗の原因もその辺りはあったんだと思ってます。

で、質問への回答としてですが強化担当に関しては正直不満はあります。補強の是非ではなく、前面に出て言葉を発さない事に。
編成って言うのは予算があって監督の要望があって余所との兼ね合いがある。全てが全て思い通りに行くわけもなく、むしろ思い通りにならないことのほうが多いでしょう。だからこそどういったコンセプトとテーマで集めたか。どうゆうサッカーを指向するのか。それを大木さんに全部投げてない?って思いが拭えないのです。古橋とパウロが引き抜かれたことに関しては一切不満はないです。単純に岐阜よりいいサラリーを提示されれば移るのは当たり前のことですし。特に山口はともかく神戸とは金銭面では勝負にすらならないのは誰もがわかることでしょうし。ただ風閒、山岸が残るとしても芯がちょっと心許ないなぁ…ってのが正直なとこ。プロパーの選手が今年並みのパフォーマンスしか出せないならせいぜい14~15位。新加入がみんな外れたら降格もあり得ない話ではないかなと思ってます。だからこそ早い始動と3回にも渡るキャンプで落とし込みを早くしたいんでしょうけど。ここでしくじったら今年みたいな春先の貯金も積めないでしょう。だからこそ怪我人を出さないことを最優先に尚且つ戦術を早期に落とし込んで欲しい一心です。そのためにはバイタルで足下ばっかで待つシーンを減らして走ってスペース作って二の矢三の矢をどんどん飛ばす動きを作る事です。それは出来そうな編成にはなってるはずです。うまく行けば一桁もあるんでしょうけど…残念ながら今現在昇格って文字は僕の中には浮かんできません。

長良川行く回数も東海行く回数も今年は物凄く減りました。体調面の不安が年々高まってきていて今まで出来てた事が出来なくなってるのが現実です。悲しい話ですが。そして今現在での話ですが来年は刈谷市に居ない可能性があります。今の会社に残るためには引っ越しが必要になりました。刈谷に残るのであれば転職必至になります。気持ちは半々です。若干だけど(会社に)残る方に傾いてはいますけど…ひょっとするとしばらくサッカーどこではなくなるかもしれないです。まだ少し時間が許されてるのでしっかり考えたいとは思ってますが…

今年も結局公私とも大きな成果はない1年でした。そろそろ何らかの変化が欲しいのですが…そろそろ2018も終わります。皆様良いお年を…

東海リーグや岡崎、三重の色々。

質問箱ってサイトがあり、ツイッター上で簡単な質問を答えるってツールがあるのですがこんな質問をいただきまして…

1e1963d4.jpg


こんなもん140文字で答えれる質問でもないですし今年は総括もしてなかったのでまとめて執り行いたいと思います。

ではカテゴリー、そして順位順にヴィアティン、岡崎、鈴鹿、刈谷、伊勢志摩の順で行きたいと思います。

【三重】

1stステージ 5勝5敗5分 得点18 失点20 9位
2ndステージ 4勝8敗3分 得点22 失点32 12位
トータル 9勝13敗8分 勝ち点35 得失点-12 総合順位11位
僕の採点 60点


見に行けたのが1st2nd合わせて3試合程度。天皇杯込みでも4つくらいかな…?そうエラそうなこと言えるほど見れてはいませんが数字だけ追えば2ndステージで派手に負け越して失点も重ねてしまった。自分達より順位が下の相手にはそうそう取りこぼすことはなかったけど格上相手には借りてきた猫のような結果ばっかで典型的な中堅下位のチームだったってのが率直な印象です。特にソニーに2試合で1-8。ホンダに至っては0-7。トータルでのマイナスはほぼほぼこの2チームのせい。大きな絶望感はなかった代わりに全く躍動感を感じさせなかった1年だったんじゃないでしょう。ピッチでは。ヴィアティンに関してはピッチよりもスタンドのほうの成長速度のが早いと感じました。サポーター数の急速な増加(これは実は鈴鹿もだが)、求心力のあるリーダーの出現。これらはひとえに今居るメンバーの頑張りの成果なんでしょう。来年は鈴鹿が上がってきます。スタジアム問題が一向に解決の目処が立ってないのですぐにJ3ってのを口に出来ない状況ですがそれを逆に地力作りにあてがう他ありません。で、来期の補強状況だけど大卒、JFL、J3とある程度進んでは居るけど一度満了にした2選手と再契約。正直順調とは思えないです。新監督がまさか上野さんになるとは思ってなかったけど要求する物が高い監督だし合う合わないはハッキリ分かれる監督だと思います。出来れば中盤で試合をしっかり作れるボランチがもう一枚欲しいかなぁ…って印象はあります。FWは余所と比べても強いチームなのでそれをどう活かすかはそこから後ろ次第じゃないかなぁ?

【岡崎】

1stステージ 4勝8敗3分 得点21失点30 14位
2ndステージ 5勝7敗3分 得点12 失点16 10位
トータル 8勝15敗7分 勝ち点31 得失点-13 総合順位13位
僕の採点 55点


開幕3戦くらいかな…リードしたのに守り切れずドローにするとかひっくり返される試合を連続でしでかして今年「も」開幕ダッシュに大失敗。結果振り返りながら思い出していたが今年は僕は岡崎の勝ち試合を1つとして見ていない。ヴィアティンみたいに良くも悪くも順位相応の安定感ってのがなく、ホンダに引き分け、ソニー、今治に勝ちとか上位喰いもした代わりに女川にホームで分け、MIOや武蔵野って苦手のチームを作っていること。順位が下の龍ヶ崎にホームで負けとかムラッ気甚だしい一年だったと思います。
夏場の試合後、確か八戸戦だったかなぁ…試合後にリュージを捕まえて帰りしな少し話したんですが「自信喪失」って言葉が出てた。ちょっとした歯車のズレだったんだろうと思うけど一度負のスパイラル入ると全然取り戻しが利かないのがこのチームの常。1tステージ15試合で失点30は正直あり得ない数字。2ndステージは一転失点が半分近くなったが得点も半分近くに減ってしまう有様。よく残れたな…ってのが正直な気持ちです。いよいよもって来年こそ危ないと思ってますが東海リーグ優勝メンバーがここに来て一斉に引退。東海リーグからの生き残りが正治と城内くらいになってしまいました。最近の状況はよくわかんないけど社員選手が年々減って行ってる気がしています。それが何を意味するのかはわかりかねますが…来年さえ凌ぎきれば再来年から岡崎市で試合が出来るようになります。そうゆう意味で本当に正念場なのは来年。ヴィアティンと比べても連れてくる選手の質は劣ってないどころか上だとも思ってます。このチームの一番の課題は練習環境なんだけどそれが改善されるには課題も多いなぁ…

【鈴鹿】

リーグ成績 12勝1敗1分 得点37失点6 リーグ優勝
全社 2回戦敗退 
天皇杯 1回戦敗退
地域CL 予選1位 決勝2位 昇格達成
僕の採点 90点


市原で悔し泣きして2年。市原で歓喜の涙を流し遂に昇格。この一点だけ持ってして今年の鈴鹿は合格だったと言っていいと思います。リーグ開幕前の天皇杯予選で既にリーグが始まってたヴィアティンをボコボコにした辺りである程度手応えは感じてたんですがリーグもその通り殆ど躓くことなく優勝。全社こそお京都に屈したけどCLでは浅間戦の逆転勝ちや刈谷との3回目の死闘を制し一番乗りでの昇格決定。その刈谷戦で怪我人を大量に出して松江に屈して優勝は逃したけど残した結果としてはケチの付けようがありません。
ただ全社直前の醜聞。そして公式ツイッターでの暴走スレスレ、ともあればアウトだろ?って負の一面も覗かされた一面がありました。悪名は無名に勝るをスローガンに攻めの姿勢を崩さないプロモーションをしてきた鈴鹿だけど来年以降、さじ加減間違えたら火傷どころか大怪我するぞ?って心配になる部分があったのも確かです。そして今日現在まだ指揮官の発表がないのもマイナスポイントです。もうある程度絞れてはいるはずなんだけど…ともあれ来期は初の全国。まずは落ちない事を目標に1年戦い抜くのが大事です。

【刈谷】

リーグ成績 12勝1敗1分 得点33失点9 リーグ準優勝
全社 準優勝
地域CL 予選1位 決勝3位
僕の採点 85点


鈴鹿との5点の差は昇格の可否だけの差だけの話。新体制1年目としては十分及第点と言っていい1年だったと思います。
新しい事実上のオーナーが現れ、ブラジルから指導者を連れてきてフィジカルコーチも連れてきた。即効性のある結果を求めるのであればこっちではなく、選手全振りするくらいでもいいんだけどこのルートを選択したことからしても刈谷は時間かけてでも「刈谷スタイル」の構築を選択したんだろうと思ってます。主力の大半の慰留にも成功していますしこのベースからの肉付け味付けで来年のスタイルが決まってきますけど先日も言ったように来期は最低でも無敗。優勝ではなく、全勝優勝を目標って言うよりノルマにしたい思いもあります。今年CL優勝の松江は中国リーグ全勝優勝。全社も優勝。CLも刈谷戦以外全勝。公式戦の負けがわずか1つだけでした。このくらい圧倒できないと力だけでの昇格は難しいのがCLです。おそらくJリーガーを拾ってくるとかはしないだろうけどどういったコンセプトでどういった選手を連れてくるか。そこを注視したいなと思ってます。

【伊勢志摩】

リーグ成績 6勝6敗2分 得点21失点30 リーグ4位
僕の採点 40点で不合格


ハッキリと言います。失望しか感じさせない1年でしかありませんでした。鈴鹿、刈谷の一騎打ちになるのはある程度予想は立ってましたがそこに伊勢志摩がどこまで食い込むか。どちらかを倒してリーグのキャスティングボートを握る立場になること。これを期待していたにも関わらず優勝争いどころか後期は負け越して結果も五分。あげく昇格組の矢崎にまで遅れを取る始末。どこを持って合格点をつけれるのか。どこにもそんな要素はありません。今のままでは来期刈谷の対抗として推すことなんか出来ません。させません。ほぼほぼ全部にメスを入れる必要があるでしょう。内外ともに。
中田総監督が京都の監督(これも大概驚いたが)になり、後任の責任者としてあの小倉隆史。現場の監督は引き続き金守さんなんだろうけど外からは「小倉の伊勢志摩」と見られるのは確実。地理的なハンデは否めないしヴィアティン、鈴鹿と同一県にNFLが既に2つ。課題は書き切れないくらいある。それでも一言でって言うのであれば「全部」だ。全部。マイナーチェンジくらいでは差は埋まらないどころか開く一方になってくだけ。今伊勢志摩がやらねばいけないはフルモデルチェンジでしかないんです。そのチャンスはあるんですから。

以上になります。大晦日は岐阜について思いを書きたいと思ってます。







半分当たって半分外れて

宮本が延長。

中島更新。

順天堂大からDF柳澤亘選手加入。

イヨハも延長。

藪内が盛岡にレンタル。

青木が群馬にレンタル。

川崎からDFタビナス・ジェファーソン選手レンタルで加入。

正直宮本は半分諦めてたので延長とは言え来年もやってくれるのは非常に有り難い。中島も持ってかれたら困る選手だったので更なる成長を期待したいです。イヨハは出来れば借りパクしたいんだけどなぁ…岐阜のレンタル選手はユース上がりが多いから買い取りとなると値段が余分にかかるからなぁ…
藪内はJ3レンタルだろうな…と思ってたので驚きはありません。甲斐が結果出せば帰ってこれるって実証したので盛岡で結果出して帰ってきて欲しい所ですが…
青木は驚いた。青木まで出す余裕はあるんかなぁ…と思ったけど…ボランチにせよCBにせよSBにせよもうワンパンチ足らなかったのも事実なので群馬で育成指導に実績のある布監督に適正を引き出してもらえれば…と思ってます。
新加入がこの先あるとしたらDMだと思ってたんだけどSBが新卒1名レンタル1名。左右1名ずつ。これで阿部はCBに戻せるでしょう。ここではSBで区分しますが。タビナスは2年間公式戦出場無しだけど川崎で高卒2年目で出れるならそもそもレンタル出来ない。この上ないロマン枠の選手なので期待と怖さが半々くらいです。つか外国人枠じゃないよね?桐光学園卒なら。柳澤はすぐ出番あるんじゃないかな。会津と位置が被るけど会津はもう1枚前でも行けそうではあるので…正しい競争は正しい成長を産む。会津vs柳澤も期待したいです。

GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 会津 柳澤 タビナス
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本 川西
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 全
WG 島村 ミシャエル フレデリック 富樫
CF ライアン 石川 村田 粟飯原


緑 更新済
赤 新加入
青 レンタル処遇不明
黄 レンタル加入、延長
黒 未更新

もうちょっと入れ替わりはあるでしょうね…ただ今未更新の選手は持ってかれるとかなり困る名前が多いのですが…

大きな動き

大分からMF川西翔太をレンタルで獲得。

長沼は広島に返却の後、広島から愛媛にレンタル。

阿部と更新。

琉球よりFW富樫佑太を完全で獲得。


この他にも長島コーチが松本に引き抜かれその席にはお帰りなさいの米田さん。昨日更新出来なかったけど昨日今日でこれだけの動きがありました。一個ずついきましょうか。

まず川西。前目のイメージが強かったけど恐らくボランチ起用になると思います。フォルスナインで使う可能性も捨てきれないけど前の選手は揃ってきたし今の岐阜で使うならボランチの方が絶対生きる。って言うより宮本を回収されたら川西はこっちで使う以外になくなる。理には適った補強だと思います。

長沼はハッキリ言って3バックのチームのがいいんでしょう。4バックの右SBでは春の時点で「ダメ!」って判定だったし前で使うにはパウロにも古橋にも風閒にも勝てなかった。そうゆうことではしょうがありません。愛媛戦以外で活躍してくればそれで構いません。

阿部は抜かれる心配は殆どしてなかったので問題なし。

そして富樫。パウロの穴はここでってことなんでしょう。個人的にはパウロアウト富樫インなら最悪でもトントンだと思います。大卒ルーキーと同い年なのでまだ伸び代もあるでしょう。恐らく右ウイングかなと思います。そしてこの選手を引き抜いた意味はもう一個あるはずだけどそれはここでは言うまい…ってことで。

GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 青木 会津
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本 川西
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 全
WG 藪内 島村 ミシャエル フレデリック 富樫
CF ライアン 石川 村田 粟飯原

確定20人
未更新6人
レンタル処遇不明3人

緑 更新済み
赤 新加入
青 レンタル処遇不明
黄 レンタル新加入
黒 未更新

山岸、風閒、中島と中盤、前目の主力級がまだってのが気がかりです。恐らく全員残る可能性より一人ないし最悪二人居なくなる可能性のが高いと思います。竹田もまだってのが引っかかるけど多分大丈夫でしょう。藪内とサネは…残るorレンタルでJ3ないしJFLかなぁ…レンタルの残り3人に関してはイヨハは楽観視。宮本は悲観視。島村は正直分かりません。この先なんか発表があるならMFの選手でしょう。明日明後日であるかなぁ…?どっちかではあると思いますが。それでは。

そこに驚きはなく、ただやっぱり…と。

パウロが山口へ完全移籍。

ついでにサンホも愛媛がそのままお引き取り。

こないだも書いたけど、未更新のメンバーがそのまま残ったら29人になるのでそんなわけはねぇわな。そしてどっかに抜かれるとしたら一番危ないのはパウロだわなぁ…と思っていたので出て行くことには驚きはないです。行き先が山口ってのは少し驚きましたが。

これ、今年の夏に出た「昨年度」の決算報告書。僕、思い違いをしていて、岐阜>山口だと思っていたんだけど人件費総額は岐阜<山口なんですね…だとすれば単純に山口の方が岐阜よりいい条件のオファーを出した。そんだけの話だと思います。今年の補強、外国人の残し方から前目が飽和気味だな…とは思っていたんだけど恐らく早い段階でパウロに山口からオファーがあったんじゃないかな?そうだとすればある程度辻褄が合ってきます。フレデリックを連れてきたこともライザを残したのも粟飯原を取ったのも。

代理人が…って声も聞こえるけど代理人は選手の一番いい条件を引き出すのが仕事であって、最優先に現契約クラブを優先して交渉するわけでもない。極論言えば「転がしてなんぼ」の商売です。パウロも3年在籍してたし売り時としては頃合いだったとも言えますし。そうゆう意味ではある程度心の準備はあったのでショックはないけど痛いなぁ…ってのが率直な感想であります。本音言えば「もうちょい」上のクラブであって欲しかったけど…今更行っても詮無きこと。山口戦で抑えればいいだけの話です。サンホに関してだけど大木さん続投って時点で帰ってくる可能性は限りなくゼロだと思っていたのでもう居ない者扱いしてたけどそう言えば貸出だったんだよな…残念ながら大木さんのサッカーと合わなかったのでしょう。愛媛で活躍を願うだけです。そして北谷を完全で確保。永島に続いて「借りパク」に成功したわけですが来た当時の夏のプレイで正直信用落としていたので最悪両方から切られるまであるかも…と思ってたけど秋からようやく持ち味が出るようになったので完全で…となったのでしょう。長崎は降格で若手を必要以上に抱える必要もなくなりましたし…
あ、そう言えば甲斐が岐阜史上初のレンタルバックで帰ってきます。鳥取でしっかり試合経験を積めたし現状岐阜はCBはまだ脆弱。イヨハの動向次第だけど2番手か3番手のCBが今の立ち位置だと思います。これを来年頭からの練習でどこまで上下するかでしょうね。期待してます。

で、こうなります。

GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 青木 長沼 会津
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 全
WG 藪内 島村 ミシャエル フレデリック
CF ライアン 石川 村田 粟飯原


緑 更新済み
赤 新加入
青 レンタル
黒 未更新

あと一人くらい抜かれるかもね…そしてレンタル組もあまり過度の(残ってくれるって)期待はしないほうがいいかも。特に宮本は清水の動向に注視しておいたほうがいいようです。それでは。

人生三度目の救急車

今日は岐阜も東海も岡崎も三重勢も関係無く私事。

タイトルそのまんまです。先週の土曜日(正確には金曜から土曜の未明)に救急車で運ばれました。

時系列で説明します。

CL予選ラウンドの辺りから右脇腹に違和感。
→痛みも多少あったが我慢出来る範囲だったので様子見。
→今月頭辺りから朝起きてからの尿の色が茶色掛かってきた。
→さすがに?となるも医者に行く時間がなくそのまま。
→先週金曜朝の出勤時に痛みが急激に襲ってきて出勤時にその事を訴えたら即帰って医者行けと帰らされる。
→その足で刈谷の一番大きな総合病院行くも紹介状が必要とのことで地元戻って町医者で紹介状を書いて貰う。(この時点で尿潜血+反応あり。異常発生はここで確信。)総合病院で内科受診しようと思うも泌尿器科行けと言われ問診を受けた後CT撮影。結果は火曜にとの事で金曜日はここで終了。
→金曜夜就寝後深夜に強烈な痛み(金曜を8としたら10レベル)で一発で目が覚めて殆ど迷うこと無く救急要請。ここまでの時系列を説明できたのでそのまま総合病院へ搬送。
→金曜に撮ったCTの結果、尿管結石だったと判明。ただそこまで大きい物でも無く自然排出が望めるレベルなので入院や特殊な治療の必要性は薄いとのジャッジ。
→医者の指示でしばらく休めと言われ金曜含め5日間家で療養。今日から職場復帰。このような流れです。

尿管結石舐めてました…もっのすごく痛いのね…僕は盲腸か結石のどっちかだろうとは思ってたんですが、医者曰く盲腸なら触診の時点でもっと痛がるはず。痛み訴えてる場所とも少し違うとの事。なので結石かなぁ?とは思ってたそうです。CTですぐわかったけどそうは大きな石ではなかったと言われ安心はしました。それでも自然排出するまでは安心出来ないんですけども…

これまで生きてきて不惑過ぎるまで一度も乗ったこと無かった救急車に不惑過ぎて3年で早3回。しかも去年今年とほぼ同じ時期。(去年の急性腸炎は忘れもしない12月10日。)これが年を取るってことなのか…と少々滅入ってます。結石は再発率も結構あるとの事なので食事等も見直して行こうと思ってます。全てが若いときのままでは済まないとは分かっては居たけど現実は厳しい物です。

とりあえずはサッカーはオフだし東海関連は全て先日の東海トーナメントを持って終わってます。後は愛知の県リーグ関連くらいですがさすがにそこには行かないでしょう。しっかり水分取ってさっさと排出出来るように頑張ります。僕の周辺に関わる人は所謂「いい年」が増えて来てます。決して笑い事でなく、健康にはお互いに気を付けてください。楽しい事は健康な身体と心があって初めて成り立つ物です。健康は全ての原点なのだと痛感しました。

取り急ぎでしたが状況としては以上です。皆様も健康にはくれぐれもお気を付けください。年の瀬で忙しいでしょうけど異常を感じたら大袈裟過ぎるくらいで丁度いいかもしれないです。それでは。

言った側から…

近畿大学よりFW粟飯原尚平選手新加入。

またFW!?って思わず口に出たけど「岐阜の」1トップが出来るか否かで決まるんじゃないかなぁ…
左足に自信があるようだけど左オンリーで戦えるほどJ2は甘く無い。もしCFで戦える選手であればライアンをサイドに回すって選択肢も出るし石川とはまた違うタイプみたいなのでどうゆう個性を見せてくれるか楽しみにしたいです。

GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 青木 長沼 会津
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 全
WG パウロ 藪内 島村 ミシャエル フレデリック
CF ライアン 石川 村田 粟飯原


緑 更新済
赤 新加入
黒 未更新
青 レンタル
黄 貸出中

未更新があとプロパー9人、レンタル5人。全員残れば29人なので終わりって考えていいんだけどそんなに甘くはないと思うがなぁ…

岐阜の件 東海の件

何事も癖を付けておかないといざって時に動けなくなるってものでして…

岐阜も東海もオフに入り人事の動きがチラホラしてきました。(正確にはまだ岐阜は練習やってるんだけど)
毎年恒例の岐阜の人事テンプレを作っておきます。

GK ビクトル 岡本 原田 
SB 阿部 青木 長沼 会津
CB 竹田 藤谷 イヨハ 北谷 甲斐
DM 三島 宮本
OM 山岸 風間 小野 永島 中島 全
WG パウロ 藪内 島村 ミシャエル フレデリック
CF ライアン 石川 村田


緑 更新済み
赤 新加入
黒 未更新
青 レンタル
黄 貸出中


ハムを返却してフレデリック加入。ビクトル、ライアン、ミシャエルを残した。サネがまだだけど基本残すでしょう。貸出はあり得る思いますが。外国人はサネを残すと5人になるしもうないんじゃないかなと思ってます。したがって補強は国内選手。それも後ろが中心になるんではないかと思います。そしてレンタル選手の処遇は永島だけ早期に決着したけど残りはこれからかと。監督が替わった京都、降格して同カテになった長崎は特に時間かかると思います。広島組は割と楽観視してるんですが確信までは至りません。
レンタル組で一番最優先で確保に走らないといけないのは全員一致で宮本だとは思いますが北谷を除くまだ決着ついてないレンタル組は全員ユース上がり…少なくとも買い取りは現実的ではありません。永島のように向こうがリリースしてくれれば話は別ですが。貸出先の鳥取で大活躍したとされる甲斐は回収したいけど鳥取のサッカーで活躍しても岐阜でそのままやれるかと言われると自信は無い。特に岐阜は特殊なサッカーと言われますし。鳥取も素直に返してはくれないだろうしこっちも少しかかるでしょうね。
今日のトライアウトに田森は出てて福村は不在。福村はもう声掛かってるのかな?J2以下だとは思うけど。そして強化部長が北西部に居たって話なのでトライアウト組からの補強は多分無いかな…=清本も多分無い。
例年になく出入りは少ないと思います。未更新選手の引き抜きだけは怖いですが。年内で完了するとは思えないので動きがあれば随時やってこう思います。

東海の件
先日の東海昇格トーナメントでボンボネーラは小島。大垣は片桐と岐阜サポには馴染みの名前がそれぞれ先発出場して共に東海昇格に貢献する働きを見せてくれました。2人に共通してたのはフィジカルは衰えても頭と技術はまだ錆びてないって事。やってきた場所。くぐってきた修羅場の差、経験値は県、地域レベルのそれではありませんでした。これで東海リーグの顔ぶれも決まりました。

【1部】
FC刈谷 愛知県刈谷市
矢崎バレンテ 静岡県島田市
FC伊勢志摩 三重県志摩市
東海学園FC 愛知県みよし市
藤枝市役所 静岡県藤枝市
トヨタ蹴球団 愛知県豊田市
FC岐阜SECOND 岐阜県岐阜市
中京大FC 愛知県豊田市

【2部】
ChukyoUnivFC 愛知県豊田市
リヴィエルタ豊川 愛知県豊川市
名古屋SC 愛知県名古屋市
常葉大浜松FC 静岡県浜松市
豊田自動織機 愛知県刈谷市
長良クラブ 岐阜県岐阜市
FCBonboneraGIFU 岐阜県関市
FC大垣K‘ 岐阜県大垣市 


例年のテンプレだと開幕カードはこうなるはずです。
【1部】
刈谷vs中京大
矢崎vsセカンド
伊勢志摩vs蹴球団
東海学園vs市役所

【2部】
CUFCvs大垣
豊川vsボンボネーラ
名古屋クvs長良
常葉vs織機

東海名物の「アレ」も開幕節でいきなり発動はあんまりなかったはず…発動してHA裏表になる可能性はありますが。
鈴鹿をようやくJFLに追い出せたので1部は刈谷一強にならなくてはおかしいんだけど伊勢志摩を筆頭に刈谷独走を阻止しない限り東海のレベルアップは望めない。1部に関しては刈谷vs7チームって視点にしようと思ってます。2部は…混戦かなぁ…と。昇格組は平均年齢がどちらも気持ち高めなので遠征&試合数増はマイナスに働く可能性大。人員確保と練習量の確保。どちらも県リーグの感覚でやったら真っ逆さまだよ?と伝えておきます。こちらの人の動きはしばらくはないでしょう。年明けになったら少し見えてくると思ってます。

それではまた。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR