FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

お気持ち表明

FC岐阜を応援するすべての皆様へ

思ってたよりは「遥かに」早くクラブからのお気持ち表明が出ましたね…
僕は7月くらいだと思ってましたわ。千葉戦、町田戦辺りからクラブにかなりキツい言葉が飛ぶようになってたし千葉戦、町田戦はハッキリと内容は悪いし何よりも千葉戦で「大木スタイル」を完全に壊され町田戦で「大木さんでなくたってできる」5-3-2にするくらいだったのにあの有様。危機感持たない方がどうにかしてるしひょっとしたら「進退伺い」もあったかもしれない。

けどこの時期にこれ出したって事は大木さんと心中の腹をクラブは括ったって解釈でいいと思いますよ。僕は少なくともそう解釈しました。ハッキリと不満ですがクラブの腹はわかったのでそれはそれで良しとします。

で、みなさんはどうします?付いてくのも自由です。見限るのも自由です。本来サポなんてそんなもんです。けどね、他人にそれを強いるなよ?最近ちょっと許せんツイートを目にしたけど。(許せんのはツイ主ではなく、ツイ主に言ったとされる内容。)

選民思想するようなゴール裏に未来なんかあるわけねぇだろ。バーロー。
もちろんこれがゴール裏の総意だなんて思わないがこんな思想な奴を産むために地域から頑張ってきたつもりじゃなかったんだけどなぁ…今じゃただの予備役兵に過ぎないけどさ。今の成績、今の状況。これでいいなんて岐阜サポ誰1人思ってないと確信しています。そのために出来る事はなにか?それを考えて実行することこそがサポートなんだと思います。

昨日の追記

トヨタ蹴球団1-3TokaiGakuenUniv

蹴球団 前田
TGU  中村 半田×2


中京大学FC0-1矢崎バレンテ

矢崎 藤田


長良クラブ1-0常葉大浜松FC

長良 坂居

東海リーグニュース2019 Vol5 ~梅雨空をゴールで吹き飛ばせ!~

もう今週末は6月。令和になってもやることは変わらない。働き学び週末をサッカーで楽しむ。
けどそれを最近素直に出来なくなってきてる自分がもどかしいのです。では先週の結果。

【1部】

トヨタ蹴球団1-3TokaiGakuenUniv

得点者 双方不明

中京大学FC0-1矢崎バレンテ

得点者 不明

【2部】

豊田自動織機0-3ChukyoUnivFC

CUFC 伊藤×2 浅井

長良クラブ1-0常葉大浜松FC

得点者 不明


【天皇杯東海関係分】

FC刈谷0-2カターレ富山

岐阜協立大学3-4北陸大学

ヴィアティン三重3-2(延長)関西学院大学

福井ユナイテッドFC2-4HondaFC


中京大行けずにすいません。天皇杯は2勝2敗ならまぁ合格点でしょう。では今週のお話。
今週は1部は1試合だけになります。2部は4試合組まれてます。
JFLは通常通り行われます。ではカードはこの通り。

【1部】

6月2日(

FC岐阜SECONDvs中京大学FC
@岐阜フットボールセンター 11時KO

【2部】

6月1日(

豊田自動織機vs名古屋クラブ
@織機大府 11時KO

6月2日(

ChukyoUnivFCvs常葉大浜松FC
@中京大 10時KO

リヴィエルタ豊川vs長良クラブ
@豊川市サッカー場 10時30分KO

FCBonboneraGIFUvsFC大垣K‘
@岐阜フットボールセンター 14時KO

【JFL】

6月1日(

HondaFCvsFC大阪
@都田 13時KO

FCマルヤス岡崎vs東京武蔵野シティFC
@豊橋岩田 13時KO

6月2日(
日)

松江シティFCvsヴィアティン三重
@松江市陸 13時KO

鈴鹿アンリミテッドFCvsホンダロックFC
@AGF鈴鹿 13時KO


全くノープランです。土曜はひょっとしたら都田もあり得ます。日曜は笠松か鈴鹿か決めてません。土曜も日曜も金曜日辺りまで体調と相談します。正直に言いますが今の体調とメンタルで1日2試合はかなり厳しいってのを先日の岡崎球場で叩き付けられました。とは言っても笠松なら午後のボンボvs大垣スルーで帰るのもなぁ…ってのも本音です。決まったらツイートでお知らせするつもりです。

今週もサッカーと共にある週末を。それでは。

PS 柏に行かない岐阜サポ諸氏へ。ボンボには小島と西脇。大垣には片桐と岐阜の歴史を刻んだ選手がいます。出場の保証はありませんが懐かしい顔を見に笠松へお越しになってはいかがでしょうか?

全てが後手後手

明治安田生命J2リーグ 15節

FC岐阜1-2FC町田ゼルビア


得点者
岐阜 粟飯原
町田 富樫(PK) ロメロ・フランク

千葉戦後半でそこそこ付け焼き刃にしては…ってレベルだった3バックでスタートだったけど3バックってWBの上下動が4バック以上にタフになるしWBが頑張っても中盤がズルズルしたらFWとの距離が開くばっかになって結局相手に中盤の主導権取られるだけ。役割はハッキリする分サボりとまでは言わないけど「やらない」と4バック以上にアラが出てくるんです。何が言いたいって付け焼き刃でいきなり機能するようなもんじゃねぇよってこと。

まぁそれにしても三島のあの与PKは解説の森山さんも呆れかえってたがあんなあからさまにユニ掴んで倒したらPKになるに決まってるだろうが。抜かれたら最後失点確定ってシチュエーションなら百歩譲ってまだ理解するけども。

それ以上に今の岐阜の一番マズいのはパターンを作ってないなってのが目に見えて伝わってくる事。だからプレーの1つ1つが少しずつ遅れる。遅れるから相手が間に合うor振り切れる。2点目はロメロを褒めないといけないんだけど3人も4人も寄せるは飛び込むはでエリア内で決められては話にならん。結局2週続けてATで追いつかない程度の反撃止まり。もうチームとしては半壊状態に近い。

やること全てが後手に回ってる。本当にこれでいいと思ってるんですか?>宮田社長様

優秀な興業団体=優れた会社=強いチームとは限らないんですよ。岐阜の客は良くも悪くも本当に正直だってのを数字で理解しているはずと僕は思っていますが。

負けには負けの理由がある

都市対抗野球東海地区二次予選

西濃運輸1-3山岸ロジスターズ


登板投手
西濃 ●嶽野 小久保
山岸 ○杉山

山岸120000000 3
西濃000001000 1


今日は宣言通り岡崎球場へ。5月で30度超えっておかしいって絶対。先週はテイオーブルゾンで震えてたのに…
10時開始だったとはいえ屋根ない岡崎のスタンドは風も殆どなくなかなかの苦行だったわけで…それでもスカッと勝てば我慢も出来る物も初回から先発嶽野の制球がメチャクチャ怪しく不安定。アンラッキーも追い打ちをかけてあっとゆうまに3失点。負けたらこれで終わりの西濃は慌てて2番手小久保が自責0で11奪三振を奪う好投で流れを引き寄せようとするがとにかく打線が薄味淡泊。6回の3安打での1点止まりで山岸先発左腕杉山の130kmの真っ直ぐと90kmのスローカーブでの40kmの緩急さに翻弄されヒットは先述の6回の3本のみ。最終回も四球のランナーを出したが好機までは作れず試合終了。西濃の都市対抗連続出場は優勝した2014から5年で途絶えました。

この後のホンダ鈴鹿vs東海理化も見て帰って来たんだけどこの試合はホンダ鈴鹿が7-0と圧勝。この2試合見て改めて思ったことは「負けるのには負ける理由が必ずある」って事。西濃は相手の四死球やエラーにつけ込めなかった。ヒットは6回の3本のみと再々書いてるが四死球は殆どの回で出していた。それでも送るでもなく走るでもなく。つけ込めなかったと書いたが正確にはつけ込まなかったのかもしれない。一方第2試合のホンダ鈴鹿は東海理化のエラー、記録に残らない守備のミスを悉く得点に直結させた。ミスが出ない試合はまずない。それは野球でもサッカーでも変わらない。そのミスに乗じてどれだけ相手を追い詰めるか。これも野球もサッカーでも変わらない。それをやるやらない出来る出来ないはあるがそれを追求することは勝利に直結するはずだ。小細工無しで正面突破で勝てればそれが一番王道なのかもしれない。けどレベルが上がれば上がっただけそれは難しくなる。だとすればやはり王道は相手の隙に乗ずること。になってしまう。ここで昨今の岐阜の戦いが「正面突破の王道」路線になってるなぁ…とも。帰りしなの東名でそんな事をうっすら思いながらの帰路でした。「王道」を進むには岐阜はあらゆるものが不足してるのは誰が見ても明らかなはずなんですけどね。

東海リーグニュース2019 Vol4 ~下克上を起こせ!~

日曜は土曜の強風で想定外のダメージを身体に浴びて一日休養。そしたらフクアリであのザマ。
なんの為の休みだったんだか…では結果を。

【1部】

FC刈谷1-0トヨタ蹴球団

刈谷 佐藤

TokaiGakuenUniv7-2中京大FC

TGU 野中×2 久米 森永 秋沢 半田×2
中京大 梶原 原田

FC岐阜SECOND1-6藤枝市役所

セカンド 岩永
市役所 中村龍 高橋祐×3 斎藤 木村

矢崎バレンテ3-1FC伊勢志摩

矢崎 浅野 井口 納本
伊勢志摩 飯嶋

【2部】

ChukyoUnivFC3-1長良クラブ

CUFC 大西×2 玉木
長良 渡邊

リヴィエルタ豊川3-1名古屋クラブ

豊川 吹田 高津 宮本
名古屋ク 石原

常葉大浜松FC5-0FC大垣K‘

常葉 OG×2 根元 鈴木 金井

FCBonboneraGIFU2-3豊田自動織機

ボンボ 佐藤×2
織機 中島 北川 野口


【JFL】

奈良クラブ0-1HondaFC

東京武蔵野シティFC4-1鈴鹿アンリミテッドFC

ヴィアティン三重0-0FCマルヤス岡崎


割と派手な試合が多かったって印象ですね。東学は行けばよかったなぁ…と後悔してます。
はい、今週は天皇杯1回戦が行われます。ですが敗退組でのリーグ戦も行われるので変則開催となります。
1部が日曜に中京5耐。2部が土曜日曜それぞれ1試合となってます。そして天皇杯も土日併催です。
カードはこうだ!

【1部】

5月26日(

トヨタ蹴球団vsTokaiGakuenuniv
@中京大 10時KO

中京大FCvs矢崎バレンテ
@中京大 13時KO


【2部】

5月25日(

豊田自動織機vsChukyoUnivFC
@織機大府

5月26日(

長良クラブvs常葉大浜松FC
@岐阜フットボールセンター 12時KO


【天皇杯東海関係分】

5月25日(

福井ユナイテッドFCvsHondaFC
@テクノポート福井 13時KO

5月26日(

カターレ富山vsFC刈谷
@高岡スポーツコア 13時KO

岐阜協立大学vs北陸大学
@長良川メドウ 13時KO

ヴィアティン三重vs関西学院大学
@三交鈴鹿 13時KO


土曜は岡崎球場でも行きましょうかねぇ…都市対抗野球の東海予選も始まりましたし。そして西濃運輸は緒戦でいきなり敗れて第3代表トーナメント送り…ここで山岸に負けると西濃は予選落ちになってしまうのでどうにか踏ん張って最悪でも第7までには滑り込んで欲しいとこですが…日曜は多分中京のどっちかには行きます。長良川は「よっぽどのこと」が無い限り行くことは無いと思います。

今週末もサッカーと共にある週末を。それでは。

言葉無し

明治安田生命J2リーグ 第14節

ジェフユナイテッド千葉5-1FC岐阜


得点者
千葉 船山×2 新井 クレーベ×2
岐阜 ライアン

前半で事実上終わったって試合っていつ以来だったかなぁ…後半で終わったって試合なら多々あるんだけど。
1点目4点目はこっちのヒューマンエラー。完全に相手にやられたって言えるのは2点目3点目。5点目はエラーってより故障ですわね。

ラモス最終年より状況はマズいです。交代の可能性がラモスの時以上に低いから。打開策はもう交代しかない。けど後釜の候補が本当に浮かばない。このままでは絶対にいけないんだけど…

♪向かい風に立ち向かえ~

東海社会人1部リーグ 第3節

FC刈谷1-0トヨタ蹴球団


得点者
刈谷 佐藤

折角の貴重な土曜の試合なのに今日の観戦コンディションは結構厳しい冷たい強風。ウェブスタで強風の時はだいたい逢妻川方面から吹いてくる(つまり刈谷ホーム側から)のが殆どなんだけど今日は中学校側からまぁ冷たいのなんの。いつものテイオーブルゾンではちょっとツラかったですね…ベンチコートでもどうだったかなぁ…ってコンディションでした。

で、開幕戦はハッキリ言って不出来だった刈谷。先週は金沢で出稽古だったようですが…一方蹴球団も開幕連敗。このままズルズル3連敗となると今後にも関わる。先日の愛知全社予選では刈谷が完勝だったわけですが…





コイントスで蹴球団が「そのまま」を選択。つまり風上取って前半勝負に。これは予想できることだった。追い風を背に蹴球団は前に大きく蹴れない刈谷のDF陣にしつこくプレスをかけそこから引っかかったボールを前に運ぼうとするが刈谷のDF陣もシュートだけはなかなか許さない。(結局蹴球団のシュートは前半の3本だけだった)しかし刈谷も強烈な向かい風のせいでなかなかボールも人も推進力がつかない。チャンスらしいチャンスは殆どどちらも作れないまま前半終了。

前半0-0って結果をもってこの試合は「刈谷勝ちorスコアレスドロー」だろうって結論は割とすんなり出た。あの向かい風の中で蹴球団が刈谷相手に得点をする画を描くのは困難極まりない。あるとしたら刈谷のやらかしくらいだろうなぁと。ただ前半の刈谷は控えめに言っても低調。こうゆう時に局面を一発で変えれそうな西原を怪我人とかもいる関係で先発で使ったのが惜しまれる…と思ったらその西原を下げて渡邊を投入。SBで起用して中野翔を1列上げることでなんとか推進力を付けようとしてきた。

これが当たった…って言うよりは想像通り蹴球団が後半は前半のようなサッカーが全然出来なくなりほぼほぼ刈谷のハーフコートゲームに。それでも気合いの入ったチャージや北川の好セーブもあり得点だけは許さない。75分を過ぎ競馬で言えば4コーナーを回ったところで蹴球団の手応えがいい。これは逃げ切るか!?と思われたが経験豊富なベテランがそれを許さなかった。



なんてことない再開からアッサリ折り返されマークを外していた佐藤が押し込んで刈谷が先制。結局これが決勝点となって刈谷は連勝。蹴球団は開幕3連敗となりました。

で、総評なんですが試合自体は低調と言わざるを得ません。刈谷はもう勝ったって結果だけ。それすら残らない可能性も十分あったのでこれでもまだマシではあったのですが。逆に蹴球団は気持ちプレスでどうにか勝ち点取ろうと頑張ってはいたけど前にボール運べない=シュートに持ってく事が出来ないって現実は厳しい。下位戦なら全然勝負にはなると思うけども少なくともこれだけでは上位には歯が立たないってのが今日の感想でした。

低調、凡戦と厳しい言い方になりましたがそれでも結果を出せるのが強いチーム。今日の刈谷はそういうチームだったと言えます。こうゆう結果で強さは後から付いてくるもんなんでしょうね。ただこのままではどっかで躓く気もしますけども…

東海リーグニュース2019 Vol4 ~いよいよリーグたけなわ!~

全社、天皇杯予選と終わり前哨戦は全て終了。ここからは「JFL」を目指すべくリーグに集中モードに入るところが殆どでしょう。
それではまず各県の天皇杯予選結果を。

【岐阜】

長良クラブ0-2岐阜協立大学

【三重】

鈴鹿アンリミテッドFC2-2(PK2-4)ヴィアティン三重

【静岡】

アスルクラロ沼津0-1HondaFC

【2部】

豊田自動織機0-5リヴィエルタ豊川

豊川 杉本 宮本 斉藤 米田 天野


では今週の話に。今週はようやく1部2部全チームが試合有り。2部は殆どのチームが緒戦となります。
JFLも東海対決あり。ではカードはこの通り!

【1部】

5月18日(

FC刈谷vsトヨタ蹴球団
@ウェーブスタジアム刈谷 16時KO

5月19日(

TokaiGakuenUnivvs中京大学FC
@東海学園みよし 11時30分KO

FC岐阜SECONDvs藤枝市役所
@岐阜フットボールセンター 12時KO

矢崎バレンテvsFC伊勢志摩
@藤枝陸 14時KO

【2部】

5月18日(

ChukyoUnivFCvs長良クラブ
@中京大 10時KO

リヴィエルタ豊川vs名古屋クラブ
@豊川市民のスクエア 10時30分KO

常葉大浜松FCvsFC大垣K‘
@有玉 12時KO

FCBonboneraGifuvs豊田自動織機
@グリーンフィールド中池 14時KO

【JFL】

5月19日(

東京武蔵野シティFCvs鈴鹿アンリミテッドFC
@武蔵野陸 13時KO

奈良クラブvsHondaFC
@橿原 13時KO

ヴィアティン三重vsFCマルヤス岡崎
@東員 13時KO


土曜は何にも問題無く刈谷なんだけど日曜だなぁ…東学か東員です。気持ち的には東員だけど立場的には東学ですよねぇ…
そしてグラウンドホッパーお待ちかねの新規会場となる豊川市民のスクエアと関中池がついに登場です。

先に言っとくよ。公共交通機関で来るにはどっちもちーとばかし気合と根性がいるからね?

もっとも僕の知ってるグランドホッパーはこのくらいなら屁でもないわ!と一蹴するんだろうけど。どっちがよりキツいか問われたら中池だろうなぁ…豊川は根性あれば八幡駅からなら歩けない距離ではない。まぁ国府駅からタクシーが一番無難だろうけどね…

今週もサッカーと共にある週末を。それでは。

この先にもたらすもの

三重県サッカー選手権決勝

鈴鹿アンリミテッドFC2-2(PK2-4)ヴィアティン三重


得点者
鈴鹿 野口 エフライン(PK)
三重 寺田 森主

※鈴鹿月成が一発退場。JFL武蔵野戦停止。

そうゆうわけで先週宣言した通り三重ダービー第2ラウンドに行ってきたわけですが結果から言えばヴィアティンが鈴鹿の退場後に土壇場で追いついてPKで勝利した…って劇的な結果であり、鈴鹿からしたらあとほんの僅かな時間を逃げ切れずに目前の勝利が逃げていった。ヴィアティンからしたら最高の形で鈴鹿を返り討ちにしたし鈴鹿からしたら最悪とまでは行かないにせよかなりこの先ダメージが残りそうな敗戦になったって印象は拭えない。120分の内容だけ取れば2-2って結果は極めて妥当だったし月成の退場も恐らく本人も覚悟の上での結果だったろう。そして120分の戦いはまさに戦いだった。技術的なアラは相当にあったけども戦う気持ちと姿勢はさっきの岐阜vs金沢よりもあった。そうゆう意味で満足はしている。東員での第3ラウンドに行くか否かはまだ決めてないが出来る事なら見ておきたい。東員なら全然近いし。

今日に限って言えばだよ。追いついてからPKまでの流れでの鈴鹿とヴィアティンの「流れ」にかなりの差があったのは確か。それはピッチもスタンドも含めた話。結果それが勝敗に直結したとも言っていい。そうゆう意味で今日のヴィアティンの勝利はある程度必然だったのかもしれない。けど僕の知ってる鈴鹿はこれで凹んで終わりのような軟弱なクラブでもサポでもないと信じている。だから今年は負け越しが決まったが3タテだけは絶対に許してはならん。そうゆう意地とプライドを東員で見れたらと思ってます。

数字善戦中身全然

明治安田生命J2リーグ 第13節

FC岐阜2-3ツエーゲン金沢


得点者
岐阜 前田×2
金沢 大石 OG×2

前田の2ゴールで一度は追いつくも追いついた直後にスローインからアッサリ失点。
それ以上に前半の内容が酷いどころかクソでしかなく、本来なら前半で試合が終わってても全然不思議な内容ではなかった。

シュートまで持ってくための手数が全然違う。崩すために遅いパス回しで相手の守備が間に合ってたら世話無いわ。

この試合を惜しかったと見る?僕はNOだ。残念ながら現状では金沢のサッカーの方が岐阜より洗練されてるとしか結論づけれん。そして今日でまた最下位逆戻り。J1では今日同じく下位低迷の清水がヨンソンを切った。現状ではないと断言出来るが僕は現状を変えるにはリスク承知でも交代すべきだと言う意見を出したい。

東海リーグニュース2019 Vol3 ~天皇杯の勝ち鬨を上げろ!~

今週は1部はお休み。愛知県内の2部1試合だけとなっており、愛知以外の3県は天皇杯ウィークとなります。
まずは先週のリーグ戦並びに岐阜の天皇杯予選結果を。

【1部】

トヨタ蹴球団2-0中京大学FC

蹴球団 金山 根来
※中京大に退場者がいる模様。詳細不明。

TokaiGakuenUniv1-2FC伊勢志摩

TGU 不明
伊勢志摩 西口×2

藤枝市役所2-0矢崎バレンテ

市役所 高橋祐 鈴木侃


【2部】

常葉大浜松FC1-0名古屋クラブ

常葉 金井


【天皇杯岐阜】

長良クラブ5-4FC大垣K‘

FC岐阜SECOND0-3岐阜協立大学


【JFL】

HondaFC3-0流経大ドラゴンズ龍ヶ崎

FCマルヤス岡崎2-1FC今治

鈴鹿アンリミテッドFC1-2ヴィアティン三重


はい、では今週は先に申し上げたように天皇杯の岐阜、三重、静岡の決勝が行われます。
愛知は既にお伝えしてるように刈谷が岡崎をPKで下して県代表となっております。そしてリーグは2部が1つのみです。試合は全て12日日曜日となります。カードはこの通り!

【2部】

5月12日(

豊田自動織機vsリヴィエルタ豊川
@織機大府 11時KO

【天皇杯岐阜】

5月12日(

長良クラブvs岐阜協立大学
@長良川メドウ 13時03分KO

【天皇杯三重】

5月12日(

鈴鹿アンリミテッドFCvsヴィアティン三重
@三交鈴鹿 13時05分KO

【天皇杯静岡】

5月12日(

アスルクラロ沼津vsHondaFC
@愛鷹 13時08分KO


なお刈谷は日曜日に静岡産業大とTM。伊勢志摩はまだ公式発表無し。岡崎は土曜日にTMとなってますが詳細はわかっていません。僕は昨日書いたとおり鈴鹿です。

皆様、サッカーと共にある週末を。それでは。

自ら逃がしたイニシャティブ

JFL 第7節

鈴鹿アンリミテッドFC1-2ヴィアティン三重


得点者
鈴鹿 遠藤
三重 塩谷×2(1つは坂井じゃないの?)

3年前のあの市原から天皇杯での試合はあれど同じ土俵に再び相まみえたこの2チーム。あの時市原で中立で見てた仲間はみんな今日は別の試合。だとしたら僕は行かねばならない。長良川も東海も蹴っ飛ばしても。そうゆうわけで今日は石垣池。GW渋滞嫌って電車で行ってきたけど玉垣でかなりの客が降りてそれがほぼほぼ全て僕と同じ道を歩いていた=石垣池が目的地。1300人と石垣池のキャパを大きく超えたであろう観客が見つめた三重ダービー・・・でしたが結果と結論は鈴鹿の自滅でしかありませんでした。
JFLの生配信もアーカイブもあるのでお時間ある方はそっち見てください。

鈴鹿に対して。
冒頭通りだよ。100%自滅。30分までのハイパー鈴鹿タイムで突き放せなかったのが全て。それでも最悪でもドローで済ませないといけない内容だった。あとセットプレーの攻守の甘さがかなり目についた。
試合後何人かのサポには伝えたが幸いにしてすぐ来週にリベンジの機会がある。そこでやり返せばいいだけの話。ちょっと悪いへこみ方をしてたので気になったから言うけど選手に切り替えろー!言ってて自分らが切り替えれなかったら意味ないよ?逆に来週返り討ち喰らったら当分尾を引く可能性大なのでマジに来週はネジ締め直してリベンジするように。そんだけの話だよ?

ヴィアティンに対して。
あの前半から2チャンスで2点取って逆転したのはお見事でした。ただし完成度に関しては大阪戦からほぼほぼ進化無し。まぁこれは想定内。鈴鹿に対して来週リベンジすればいいだけの話と伝えたのとリンクするように言うけど逆にヴィアティンは来週鈴鹿を返り討ちにしたら当分の間鈴鹿に対して精神的優位性を保てる。極論を言っちゃえば鈴鹿以外全部負けて降格って事になったとしても鈴鹿だけには絶対勝て!勝つ!ってのがダービーなんだと僕は思ってます。(僕は隣に対してそうゆう感情を持っている。だからこそ豊田で殺し損ねた事を未だに後悔している。)来週リベンジを許したら今日勝った意味の半分くらいは消えます。残るのは今日勝った数字だけになると言っても過言じゃない。ライバルってのはそうゆう存在なんです。

鈴鹿の運営に関して。宮崎戦の時にあらん限りのダメ出しが出たって話だったので心配してたけど箱の限界点って部分を割り引けば目に見えるとこは大体合格点だったかな…と思います。ダメ出しに対する対策スピードの速さは評価していいんじゃないでしょうか。我々の目に見えない部分でのダメ出しはあったようですが…(これは箱の限界に関わるとこなのでサポではどうにもならん)
これは現地でも言ったんだけど、ガーデンを使わせろ!に対してはもう石垣池じゃ物理的に無理ってのは目に見える形で立証する義務があると思ってます。もっともガーデンはガーデンで相当の問題課題は噴出するのですが。そのための実証としては満点に近かったとは思います。おそらく今日以上の動員は今年はこの先無いでしょうし。やれることをやってく他ないですよ。

とりあえず先に宣言。来週もこのカード見させて頂きます。この2チームが正しく健全なライバル関係を維持出来ますように…
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR