FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

「共に戦う」って言葉の意味。

三重県社会人サッカー選手権準決勝       

FC鈴鹿ランポーレ0-0ヴィアティンFC
EX0-0 PK1-2

昨年末から始まった三重県内での群雄割拠状態。
それもこれもこうなった原因は先頭を走る鈴鹿の現状における頼りない部分があるからに他ならないわけで。
これまでも書いてきたけど鈴鹿は三重県内の先頭ってだけでなく「東海社会人」の先頭を走るクラブとしての立場をわきまえた試合をしろと書いてきた。それは鈴鹿の立場を示すことにも同時になるわけだから。

話題のヴィアティンは三重県出身の元Jを3名補強。しかしながらカテゴリーは鈴鹿の3つ下の三重県2部。負けは論外。苦戦だってダメと散々言ってきたんだけど…



工藤と大坪は逆だったかもしれん。それはともかくスタメン11人の内新加入が6名。昨年の鈴鹿のイメージを持てってのが無理な話。しかも前は北川以外全員新加入。連携面の心配はあった。
試合が始まってしばらくは鈴鹿がいつでも入るって余裕を感じるシーンが多々あり実際決定機も多々あった。しかしバーに弾かれたりシュートの力の無さでGKの正面に収まるようなものばかり。そうしたらだんだんヴィアティンも飛騨を中心にカウンターで活路を見出しはじめて鈴鹿優勢ながらも3カテ差の試合とは思えない有様。フラストレーションの溜まる前半はスコアレス。

HTにヴィアティンは10の力出てる。鈴鹿はまだ8くらい。つまりまだ鈴鹿には余力があるって見方をした。しかしながらその余裕に根拠を感じなかった。ヴィアティンは確かにどっかでガス欠しそうな気配はあったけど…

後半になるとヴィアティンは案の定のガス欠。ゴール前に人数をかけて守るだけになってしまう。けどゴール前に人数がかかる守備を剥がすのにはそれなりに工夫が必要になる。今日の鈴鹿にはそれがなく、各々が自分のやることだけやってるってまるでどっかのJ2みたいなサッカーしかしない。無為な時間ばかりが過ぎていって後半は大きな見せ場もなくそのまま終わり。これはまずい。いくらなんでも東海王者として許される試合ではない。延長も全く双方見せ場なし。試合はまさかのPK戦に。

ツイッターで呟いたけどPKに入った時点でメンタル的には圧倒的に鈴鹿不利になった。と言うのもヴィアティンはそもそも負けても失う物はない。鈴鹿は負けたら全社と天皇杯がその場で終了。天皇杯はJとガチで戦える機会。全社は説明するまでもない。しかし今日見た鈴鹿は重圧を跳ね返す底力など皆無。結果双方あわせて10人蹴って7人も失敗なんて今まで見たこと無い低レベルなPK戦を制したのはヴィアティン。鈴鹿はこれで全社と天皇杯がパー。上に行くには東海制覇以外道が早くも消えてしまいました。

当たり前の話だけど試合後の鈴鹿サポの荒み具合ったらもうね…鈴鹿サポはみんな大人なんで暴れるとかそういったのはないんだけど試合後はずっと出待ちをしてました。2時間くらいだったかなぁ…本来ならこれは居座り行為なんだろうけど今日はスタジアム使ってないんですよね…公園内の人工芝グランドだったので…ミーティング終わって出てきた成太監督。憔悴した表情でした。

鈴鹿サポは今日負けたってだけで成太監督を詰めたわけでは絶対にないと思う。これは確信がある。詰めた理由は何か。チームとサポーターの距離なんだと思う。

鈴鹿は昨年の東海制覇の立役者となった選手が大量に抜けた。その理由は僕が知る由もない。けどそれは鈴鹿のサポが納得行くものではないだろう。たとえどんな理由があったとしても。鈴鹿が行った施策は非難覚悟での作り直しだった。それでも同じ県内の3カテ下にこんな覇気のない試合をして挙句負けて全社と天皇杯が絶たれたって現実を粛々と受け止めろなんて無理がある。サポは本当に鈴鹿が自分達と「共に戦う」って意思を知りたかったと思うのです。やった手段を是認することはなかなか難しいんだけど。そのくらい今の鈴鹿はバラバラって危機感が早くもはないでしょうか。そして今の段階で言うべきことではないんだけど、今のレベルの鈴鹿では絶対に東海連覇なんて無理。チームに芯がない。鈴鹿は成太監督の考えをプレーで伝えれる選手の必要性があるかな…あまりにチームに元気も覇気もないんで心配です。

いずれにしても鈴鹿は連覇以外に上行く道がなくなってしまった。これはもう動かない。そしてそれは相当に厳しい道になる。これも間違いないと思う。この試練に飲まれるか。それとも跳ね返してチームとして1つ上の高みを見るか。それはサポとクラブが「共に戦う」って事がまず最初の試練になるのではないでしょうか。
コメント
昨日はお疲れ様でした
そして私たちの気持ちを色々と代弁していただき、ありがとうございました。
気持ちも頭も整理できず、思いを言葉にすることが難しい状態でしたので、助かりました。

今回のこの結果をふまえてクラブがこれからどうしていくつもりなのか。
それによって、私たちのとるべき態度も変わってくると思います。
一体誰の為、何の為のクラブなのか。
そのことをよくよく考えていただいた上で判断を誤らないでいただきたいと切に願います。

クラブの中の人たちは私利私欲でやっているはずがないと信じていますし、私たちも愛するクラブを批判するようなことはしたくないです。

それにしてもジュニアさんの呪い(?)は強烈すぎです・・・。
持ってきた塩、本当に撒けばよかった(爆)
2013/04/15(月) 18:14 | URL | MIE #9ddgPdqs[ 編集]
Re: 昨日はお疲れ様でした
MIEさん>
コメントありがとうございます。そしてお疲れ様でした。
サポーターとクラブの距離は永遠の課題だと思います。
喧嘩するのを推奨する気はないし、御用団体になることはもっと良くない。
クラブにダイレクトに気持ちを伝えれるのは現場にいたサポーターしか出来ないと思います。ですのでどんどん声は出してくべきかと。ただし窓口はきちんと作った上で。
今年は本当に難しい年になると思いますよ。クラブとサポでいいクラブを作っていってください。


2013/04/15(月) 22:55 | URL | ジュニア #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR