緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

混沌の東海

東海社会人1部リーグ 第6節

マルヤス工業0-2FC鈴鹿ランポーレ

得点者
鈴鹿 北森 矢野

一昨年来た時も柳川瀬は灼熱だった。
今日も暑かった…

4連勝。それも全試合3得点と攻撃爆発のマルヤス。
開幕前のボロボロの状態からどうにか立て直して負けなしで首位を肉薄する鈴鹿。

東海首位攻防シリーズ第2弾は岡崎との市境になる豊田市の柳川瀬で行われました。





試合は一進一退の様相。加藤のポストから杉山への展開でチャンスを作るマルヤス。縦パスを多用しDFの裏をしつこくつっつく鈴鹿。最初はマルヤスのペースに思えたけど、鈴鹿がマルヤスの攻撃の寸断に成功してここから鈴鹿の時間帯が増えた。

今日のマルヤスは加藤へのポストが多く見られたんだけど、3センターの中盤と前線、DFラインが連動して挟み込んで加藤を自由にさせない。加藤本人も原や榊と言った経験値の高いDF相手に競り勝てない。そうなると次第に鈴鹿にボールが渡るようになって、善家のスピードの乗ったカウンターにマルヤスが手を焼き始める。前半は決定機こそマルヤスが作れていたが全体で見ると鈴鹿の試合の様相だった。

後半になってマルヤスは平野を投入して打開を図ってくるんだが如何せん単騎で打開できるのは杉山だけ。その杉山からの展開がだんだん見切られてくるとマルヤスは攻撃が手詰まりに。とうとうゴール前を短く繋がれ北森に先制を食らって俄然苦しい状況に。加藤を諦めて田中を投入して2トップをまるっと入れ替えたが功を奏せず。逆に矢野に中央から追加点を許してしまいこれで詰み。マルヤスは今季初黒星で1試合少ないながら奪い取った首位をあっさり今度は鈴鹿に明け渡してしまった。

4-3-3に戻して鈴鹿は去年の良さを取り戻したか。ブルーノって強烈な個はないけど連動して絡めとる硬い守備で4試合連続3得点のマルヤスを完封。マルヤスは前半の決定機を1つでもゲット出来てればなぁ…攻撃を見切られる前にリードが欲しかった。リードを許してからの戦い方に課題が出たような試合だったと思います。

6節と前期ももう折り返しですが東海1部は毎節首位が入れ替わる超混戦となってます。優勝のボーダーは毎年「2敗以内」でしたが刈谷が既に2敗。セカンドに至っては今日の敗戦で3連敗2連敗で3敗。負けのない鈴鹿が首位に立つのは必然の数字ではあったのですが…

蹴球団vs市役所の結果がまだ入ってないのですが残り3試合の結果は把握済です。それが入り次第次の作業に入りますが少し時間かかるかもなぁ…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR