緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

耐え忍び耐え忍び…

東海社会人1部リーグ 第9節

マルヤス工業1-0藤枝市役所


得点者 
マルヤス 正治

真夏と言える時期になりただでさえ暑い愛知の夏も本格化。
先週の3連休を山形で3連戦と言う荒行を優勝と言う結果で終えたマルヤス。
残留の為にはどうしてもここで勝ち点が欲しい市役所の試合は人工芝の照り返しもキツい東海学園で行われた。





開始早々に鈴木大のオーバーラップから上がったクロスで決定的なシーンが生じたがサイドネット。この先制パンチで後手に回ったマルヤスはしばらくの間、市役所の攻撃に晒されるのだが危なかったシーンはその最初だけで少しずつマルヤスも試合に入り出せれた。
この試合の何が心配だったって山形で3連戦をこなして帰って次の日から仕事。なおかつコンディションを回復しきれたとも思えないマルヤスがどこまで動けるか?だった。案の定春先の運動量なんかない上にコンディション面を重視したかスタメンも結構動かしてきた。とは言え試合には出てたメンバーだったので大きな混乱にはならなかったが。
市役所は前半はとにかく鈴木大。彼が絡まないと攻撃にすらならないような状況。こっちもどっかで連戦したの?ってくらい運動量に欠けてたがバス移動&気温と人工芝のコンボでは仕方もないか。頼みの林内も先日の全社予選で負傷したとかでキレがない。

そうなると1つカギになるのがセットプレーになるんだけど、今日の試合を左右したのはスローイン。鈴木大が半端な位置で上がっていた際に左サイドのスローインから正治が千切ってサイドネットに流しこんでマルヤスが先制。どちらかと言うと劣勢だったマルヤスが先制をしたことで市役所は前掛かりにならざるを得なくなった。

この先制の直後にコーナーの跳ね返りからマルヤスが大チャンスを迎えたのだが最後のトラップをしくじって追加点はならず。これを物にできればマルヤスはもっと楽になれたのだけど…ともあれワンチャンスを物にしたマルヤスがリードで折り返しとなった。

先述したように市役所は鈴木大が絡まないと攻撃が成り立たないんだが後半もそれがスタミナ面で出来るとは思えない。当然やり方は替えるはず。マルヤスがそれに対応できるかがカギかなぁ?と観戦仲間内で話はしていたのだがやはり市役所は後半は鈴木大をほとんど使わず中央戦に出てきた。

ただいかんせん運動量に乏しい市役所はボールは動かせても人が重たく、ゴール前の厚みに欠ける。マルヤスも途中から河本を入れて松井をFWに上げ本職CBでコンビを組んで森と二人で空中は制圧。サイドを使ってきても釣り出されることなくゴール前で対応したことでゴールを固め市役所に決定打を許さない。市役所もラストパスとシュートで精度を欠くのが続いてついに時間切れ。マルヤスが優勝争いにしがみつく貴重な勝ち点3をもぎ取った。

正直見せ場に乏しい試合ではあったんですがマルヤスの粘りが勝った試合だったと思います。夏場の暑さでは常にフルスロットルでは戦えない。上手に試合の中で押し引きが出来たと思います。市役所は運動量の乏しさと淡白さが目立ちました。残留の為にはもう負けられない試合だったのですが…

これより刈谷に向かいます。刈谷vs沼津のナイターです。その試合のレポは今夜までお待ちください。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR