緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

強化月間最終日

東海社会人1部リーグ 第10節

アスルクラロ沼津0-2マルヤス工業


得点者
マルヤス 正治 太田

沼津強化月間最終日は沼津ホームゲーム初観戦となる御殿場での試合。相手は隠れ首位のマルヤスだがマルヤスもここで負けたら相当苦しくなる。当然沼津はもう負けれない。ピッチが良好とは言い難い状態の御殿場。気温は午前は涼しかった。ところが試合が近づくと共に…移動の疲労が気になるマルヤス。試合前は7ー3で沼津有利と見ていたが…





沼津は真野が居ない。ベンチにすらだ。なぜならユニ着てメインでなんかしてたんだもん… 刈谷戦でイエロー貰ってないから累積ではない。したがって怪我なんだろう…そのせいだけとは言わないが沼津の動きに素軽さが無い。特にボランチ同士のセカンドボール争いは松下と日下に負けまくり。マルヤスの攻撃の軸の杉山を対面の鈴木康仁が捕まえきれず沼津の右が荒らされまくってすんでのシーンが再三続く沼津からするとつらいシーンが続く。

しかし沼津も新加入の山下と組んでから安定しだした奥田とのコンビがマルヤスのシュートを許さない。マルヤスもマルヤスでラストパスの精度を欠いて合えば1点…のチャンスをフイにするシーンが続く。沼津はやはりカウンターにもキレを欠いて前半は松井からのクロスのこぼれを前川が押し込もうとしたのをマルヤスの守備陣にライン上で阻まれるシーンがあっただけ。前半はどう見てもマルヤスのペースでスコアレスとなった。

沼津の死んだふり?が最初に浮かんだが沼津はそんな小細工出来るチームでもない。松下が負傷で退いてからも日下と杉山を抑えれないとこを顧みても「沼津が今日はダメ」って結論になるのに時間はかからなかった。もっともマルヤスもどうにもツメが甘いとこがあってイマイチ自信持ってマルヤス勝つとは言い切れない部分があった。

後半に入ってもやはり沼津は重たさが残っていてマルヤスにずっとポゼッションを許す苦しい流れ。前半と大きく展開は変わらなかったが正直時間の問題には感じた。つかこの沼津に勝てないならマルヤスはどのみち優勝は無理とも。

そうしたら先に動いたのは沼津。芹沢を投入してどうにか中盤のリズムを変えようと仕掛けてきた。ところが直後にマルヤスが杉山からのクロスを正治が倒れ込みながらもボレーで押し込みようやく先制。沼津はさらに横田を投入して中盤をボックスからダイヤに変えて打開を図るのだが逆にマルヤスに完璧に制圧されて逆効果。戦意を削がれたか足も止まって、エンドラインギリギリで止まりそうなボールを追いかけることもせずただ一人頑張って抑えた太田がそのまま切れ込みサイドネットに蹴りこんでチェックメイト。この沼津の失点は客も萎えてしまう代物で試合はそのまま終わって0-2。沼津は優勝が絶望的な5敗目をホームで喫してしまった。

全てにおいて今日はマルヤスが上回った試合だったと思います。沼津は先週までの切れ味はどこに行ってしまったのか…重たいの一言でした。真野の不在だけが原因ではないでしょう。しばらく試合も無いのでコンディションを戻すのに専念して残り試合を戦って欲しいです。一方マルヤス。鈴鹿、刈谷に連敗した時の悪い流れは断ち切ったか。2試合連続完封で首位戦線に踏みとどまりました。来週は春に負けてる蹴球団との初戦。蹴球団は今日刈谷を4得点で沈めたので勢いも戻ったでしょう。そして首位鈴鹿は次週刈谷を完全に終わらせるためにホームウェブスタに出陣。上位3チームの中でも刈谷が一段厳しい立場になりましたが次週も東海1部から目は離せません。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR