FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

乾坤一擲

GREEN-WIND-100429_1419~01.jpg


愛知県サッカー選手権決勝


FC刈谷0-1マルヤス工業


得点者

マルヤス 若山(?)山村


午前にやっぱり強く降ったので午後のこの試合だけに絞って行ってきました。


ちなみに午前の試合はPK戦でトヨタ蹴球団が勝利したとのことです。


まず昨日、刈谷がガチかサブか?って疑問の正解はサブメンが正解でした。


さすがにアマも中1日では・・・って判断でしたね。


ダイヤの4-4-2の刈谷とボックスの4-4-2のマルヤス。試合開始序盤はマルヤスが中京大FC戦同様にサイドを主体として攻め込むが徐々に個々の技術に勝る刈谷がボールを支配し始める。刈谷は中山を裏に走らせる戦術に徹底してマルヤスのDFラインが下がりだしたら間延びした中盤のスペースを完全に掌握して試合の主導権を握った。


しかしマルヤスのCB、山村と大下が最後の一線は越えさせず前半は双方決定的なシーンを演出できずに0-0の折り返し。


後半に入っても刈谷の攻勢は続くが決定的なシュートは篠川のミドルくらい。中山とコンビを組んだ新卒の北川もファーストチョイスが常にシュートと小気味良いプレーを見せてくれたがミートした当たりがなく結果を出すには至らず。痺れを切らしたアマが酒井、ヒョイルとレギュラー級を続けて投入してさらに攻勢に出るが35分の波状攻撃もものに出来ず。


こりゃPKだなぁ・・・って空気が出始めたその時。


マルヤスのなんでもないFKから乾坤一擲のヘッドが刈谷ゴールを揺らす!よもやよもやのマルヤス先制。刈谷も慌てて攻撃に出るがマルヤスのゴールを脅かすまでは至らず試合終了。マルヤスが愛知社会人の頂点に立った。


試合自体はサブメン主体でも刈谷のものだった。去年よく見た刈谷の負けパターンに近い負け方だったと思う。けど先述の北川をはじめとして先日の刈谷よりもシュートで終わる意識の高さを感じさせてくれた。結局のところ、決めるべき所で決めれないからこうなったのですよ。って典型的な試合だったが刈谷の選手にはいい薬になっただろう。


これで愛知社会人の最終順位はマルヤス、刈谷、トヨタ蹴球団、中京大FCとなった。この4チームが全社予選並びに天皇杯愛知予選への出場権を獲得した。


それで・・・だ。


刈谷が愛知2位となったことで、全社予選は他県で戦うことが決まったが「例年通りだと愛知2位は岐阜県のはず・・・」って「!」ってなる言葉が飛んできた。

要するに岐阜ブロックは岐阜1位、愛知2位、静岡3位に静岡7位か8位だかとのことらしい。

しかも「静岡3位は藤枝MYFCのはずだよ」と。


「!!」


つまり岐阜1位がセカンドになった場合、岐阜セカンド、刈谷、藤枝MY、静岡県リーグのどっか。って全社東海予選史上稀に見る死の組が誕生することになる。こうなるとリーグの行方もさることながらこの予選の結果如何で地域決勝への切符の行方も左右しかねないことになる。


全社予選はおそらく7月17、18辺りでしょう。しかもこの週はトップは試合なしの節!もしこの組み合わせが現実になったらちょっと楽しみな2日間になるかもしれませんね。


コメント
1 ■無題
全社予選は7/3・4ですよ('-^*)/
で、刈谷の組はランポーレ・MYFC・東芝で鈴鹿が会場ですヽ(゚◇゚ )ノ
2010/04/30(金) 10:00 | URL | FC #79D/WHSg[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR