緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

ベストorベター

東海社会人1部リーグ 第14節

FC刈谷2-2マルヤス工業


得点者
刈谷 江口 大石
マルヤス 正治 杉山

優勝へのマジックが現在「6」のマルヤス。この刈谷戦に勝てば昼の結果も合わせて3チームを一気に葬れる大チャンス。そしてマジックを一気に3つ減らして悲願の初優勝に向けて進撃したいところ。しかしながら刈谷には前期にかなり悪い内容で逆転負け。セカンドに負け、鈴鹿は退けた。この刈谷戦ははたしてどうか…このカード毎回毎回撃ち合いになる傾向があるんだけど…





優勝がチラつき始めたのかマルヤスは入りがイマイチ固い。ボールが収まらずズルズルと下げられて2トップに引きずられてシュートコースが丸裸。突っ込んで来た江口が躊躇いなく振りぬいていきなり刈谷先制。

これでようやく目が覚めたかマルヤスは正治が1トップ気味になりとにかく刈谷のDF陣を追い回してミスを誘う。そうしたら刈谷のバックパスが正治への絶妙なスルーパスに…これで抜け出して流し込んであっさり同点。その後も正治が追い回して刈谷がミスればチャンス。そうでないなら刈谷が押しこむって展開に。ところがスローインのボールを刈谷が被って後ろにこぼしてしまい、そのボールを杉山に掻っ攫われて切れ込まれて逆転を許す始末。刈谷はDF陣の自爆で前半をビハインドで折り返す。

後半になってさすがにバックパスは禁止令が出たか刈谷のDFも落ち着きを取り戻した。照明慣れしてないマルヤスはポジショニングやパスでの精度を欠いて精彩がない。大石と中島、そして松葉に対してはそれなりに対策をしてきたが日下vs高橋のボランチのマッチアップで日下が負けてたのもあって中盤以降は刈谷に抑えこまれマルヤスは防戦一方。結局後半15分で左右に振り回されて最後は大石のヘッドがマルヤスのネットを揺らしこれで同点。

ここからは木下と鈴木の両GKの奮闘しか覚えてない。特に木下は大石と2回。中島と1回の1対1の局面に全部勝ち。その他にも好セーブの連発。鈴木もマルヤスのカウンターでのピンチを冷静に対処してチャンスの芽を積んだ。刈谷は等々追いついて以降木下の壁を超えれず痛恨のドロー。優勝がかなり厳しい状況になってしまった。

とりあえず今日の段階での優勝可能性完全消滅クラブは無し。ただし沼津と刈谷と蹴球団は相当に苦しくなった。

沼津 全日程終了 勝ち点25 -1

刈谷 あと1試合 最大勝ち点25 +11

蹴球団 あと2試合 最大勝ち点25 +4


マルヤスは負けなかったことでマジックを1つ減らせた。これはなんとか最低限の結果かな。そして来週での優勝に可能性を残した。

マルヤス来週での優勝条件

明日セカンドvs鈴鹿でセカンドが勝ちor引き分け→29日にマルヤスが蹴球団に勝ち。


セカンドが勝っても最大27。鈴鹿は明日負けたら最大26。引き分けになるとセカンドは最大25。鈴鹿は27。この場合マルヤスが勝てば28に到達するのでこの時点で決定。鈴鹿勝利の場合は29日に勝っても優勝は確定しません。明日は鈴鹿の運命を決める笠松の戦い。可能性を残す限り鈴鹿もセカンドもアキラメナイ。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR