FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

まだだ!まだ終わらんよ!!

東海社会人1部リーグ 第11節

マルヤス工業0-2トヨタ蹴球団


得点者
蹴球団 杉本 片山(?)増田

前回のシビレた試合の再戦は会場も同じトヨスポ。違うのはこの試合にマルヤスが勝てば混沌の東海に決着が付くってこと。トヨスポで名古屋vs刈谷があったから刈谷サポが来ることは想定内だったが鈴鹿のサポも4人!あんたら好きだねぇ…もぉw

アップの様子は殆ど見てないけどマルヤスの選手の表情に特に固さはない。むしろ蹴球団の選手のほうが険しい…?リベンジに燃えてるだろうしなんせまだ蹴球団にも優勝の目が残ってるんだもんなぁ。当然蹴球団も牙を剥いて襲いかかるのは必定。ここで決めないとマルヤスは逆に相手を待つ立場になって少し嫌な空気になっちゃうのが…






始まってすぐにあれ?ってなったのが濱崎と杉山の位置がずーっと逆って事。本来なら濱崎右、杉山左だ。なんかの意図があってのことだろうけどこの意図は不明。そのせいだけではないとは思うが蹴球団はFWの加藤も下がり目の位置で試合を動かして中盤の主導権を握る。マルヤスは2トップが孤立気味になり苦しい時間が続く。
蹴球団は右の秋山、増田がアップダウンを繰り返しマルヤスの左にボディブローを浴びせ続け徐々にマルヤスにダメージを蓄積しだしていく。マルヤスは正治までボールが入らないのでどうしても前に重心がかからなく守勢一方。そしてここを凌げばと言う前半半ばのCKをニアで杉本に豪快に決められ失点。加藤のボールが完璧すぎたのもあるが打点も高くマルヤスは為す術無し。それでも慌てる素振りはなかったし前半はよしんばこのまま0-1でも良い。後半の立ち上がりで追いつけば全然問題無いとは思ったんだが蹴球団の寄せが厳しい上に2トップへの配球源を徹底的に潰す守備で攻守の分断に成功。パスの精度にも欠いたマルヤスは殆ど何も出来ない前半を終えた。

マルヤスが前回同様に逆転するには後半の立ち上がりで追いつくのが必須条件。とりあえず濱崎と杉山の位置を変えるのが一番ベストとは思ったが後半もそのまま。大丈夫かなぁ…と思った矢先に増田の縦一発で片山(最後触ったよな?)に詰められていたーい2失点目。これで今日の優勝はないな…どんだけ蹴球団がヘタ打っても引き分けまでと確信。そもそも今日の蹴球団がそんなヘタ打つようなサッカーなんかしてなかったし…逆にマルヤスは2点目を失ったのに正治を早々に諦めて2トップを平野と濱崎に。地上戦でラン勝負にしようって意図だったんだろうけど…これは残念ながら不発。それどころか蹴球団は前後半1つずつオフサイドや事故のようなハンドで2つゴールをフイにしてる。これが優勝へのプレッシャーだったのかな…そうは思いたくないけど。結局マルヤスは見せ場殆どゼロの完敗。今日の優勝はおあずけとなり残り5チームは希望を残す結果になった。

蹴球団はどちらかと言うとムラ駆け傾向のあるチームなんだけど今日はそれだけではない強かさを感じた。前回の負けからマルヤスを徹底的に洗った戦術で封殺。刈谷戦に大量点で勝てば優勝への希望が繋がる。今日のサッカー出来れば十分やれる思うけど、その前に名古屋と戦った刈谷もどえらい出来が良かったからなぁ…(2-1で刈谷勝ち)

本当なら次の土曜は刈谷にするつもりでしたが、現在首位を自力奪取出来るチームは…そう、セカンド。現在東京国体で東京滞在中ですが勝ち進めば東海に影響が出る。かといって国体の大舞台でやらずは出来ん。コンディションの悪化は免れないとは思うけどそのセカンドを見に藤枝に行く構えです。詳しくは明日!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR