緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

人事は尽くした。後は天命。

東海社会人1部リーグ 第10節

藤枝市役所1-2FC岐阜SECOND


得点者
市役所 中島
セカンド 田中✕2

先週の土曜から東京に5日間。内試合4日。水曜に帰岐して木曜オフで金曜が軽いリカバリーのみ。その上で仕事も待っている。セカンドのコンディションが最悪に近い状態なのは想像に難くない。そして市役所は毎年自治体大会で5連戦して帰ってくる。連戦でどんなコンディションになるかは彼らは体で知っている。順位と近況だけ考えれば圧倒的にセカンドが優位なはずだが不安の要素は津々浦々。セカンドの優勝に向けての最後のひと踏ん張りとなる試練の市役所戦は藤枝総合の陸上競技場で行われた。





セカンドは東京国体でのダメージの深い鈴木梓や緑、林をベンチに。高卒ルーキーの遠藤に木下を揃って出してきた。市役所も高卒ルーキーの鈴木侃がいる。東海で高卒ルーキーがこんなに揃う試合もないので彼らも合わせて見てたんだが…セカンドが分っていたけど重たい。連戦のダメージは想像以上だった。具体的に言うと一歩目が遅い。ドリブルでの仕掛けが得意な比嘉を前半はほぼ封印して仕掛けは右の柳澤が中心。疲労はあれでキックの精度は高かったのだが受け手がいつもなら受けれたであろうタイミングでも通らない。市役所も市役所でまさか1トップのドン引きを初手で敢行するとは思わなかった。前半はどちらも全く見せ場なくスコアレス。HTでの感想はセカンドが先に取れば全く問題なくセカンド。しかしこの動きの重さでは先に取れるかは五分五分。どちらが勝っても1-0だったんですが…

後半開始早々に市役所のCKから中島が競り勝って叩きつけ市役所が先制。セカンドが唯一完封負けを食った市役所に先制を許してどうなるかと思われたが直後に田中が得意のペナルティエリアぎりぎりの位置からのミドルが相手の虚を突いてインゴール。即座に同点に追いついたセカンド。これが大きかったか。市役所は1-0逃げ込みに図る前に追いつかれプランを失ったかそこから動きが鈍くなり今度は縦一本でDFを交わされ田中に逆転弾を被弾。この後市役所も取り返して勝ち点を得ようとカウンターに活路を見出だすが超決定機を逸すなだツキにも見放され後期はここまで全敗と言う有り様。セカンドが優勝に望みを繋ぎ、それと同時に沼津、刈谷、蹴球団、鈴鹿のわずかな望みの糸を断ち切る逆転勝利を挙げた。

セカンドのコンディションは本当にギリギリだったと思います。国体が嬉しくも複雑な誤算だったようで…しかし肉体がギリギリでありながら精神がまさに絶頂期にあるのか精神が肉体を凌駕した試合だったかなとも思います。
市役所は…どうしたんだろう…ここまで負けこむチームではないはずなんだけど…これで8連敗になるのかな…7位なら助かる可能性が高いのはこれまでも行ってきたけどその7位の座も怪しくなってきて…その矢崎の試合はこの直後。相手は望みの糸を目の前で断ち切られた鈴鹿…このことは影響を及ぼすのか?この後すぐ。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR