FC2ブログ

緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

2013東海1部総括その1 矢崎バレンテ

ボチボチと東海の総括に入ろうと思ってます。

今年も下から順に。今日は最下位に終わった矢崎から。

8位 矢崎バレンテ
3勝11敗 勝ち点9 得点14 失点41


チーム得点王
前川孝司 井口大輔 共に4得点


観戦数 4試合
観戦時成績 1勝3敗 



2013矢崎バレンテキーワード
「守壊」


2年連続6位で踏みとどまったがとうとう持ちこたえきれず今季は最下位。町田ゼルビアをあと1歩まで追い詰めJFLにも指のかかったチームだったんですがついにこのような順位で終わってしまったのは1つの時代の変化なのかもしれないです。

兎にも角にも失点がブッチ切り過ぎ。1試合平均ほぼ3失点ではどうしようもないってば。最後のマルヤス戦でも思ったのだけどDF陣のスタミナ不足、スピード不足は顕著だったかと。それ以上に不足してたのはメンタル面だったかなぁ…失点すると途端に空気しぼんだ試合ばっかしてた気がします。それでいて1ボラでバイタルのスペースのケアが出来てなかったのでここを自由に使われすぎてたのかなぁ…とも。結局のところ去年も一昨年も言ったんだけどチームの平均年齢が毎年1上がってくばっかではこうなるのも必然だったかと思います。新戦力自体は加入はあったのですが、それが有効に働いてたかというと…試合行く度に監督兼任の松尾がキレながら試合に臨んでる状況だったってのも気の毒だったかと。せめて松尾をどっちかに専念させてあげれなかったかなぁとも思うのです。負担半端なかったし。

攻撃陣はイグハギでトータル5点だったんだけど去年ほど衰えた?と感じるシーンは少なかったと思います。むしろベテランらしいな…ってプレーのが多かったような。けど2列目のフォローやSBの攻撃参加が有効だったかと言うと…この辺は運動量とも直結してたのでしょうね。

立て直しのための条件は守備の整備、チームの血の入れ替え。この2点。どっちも火急の案件です。2部はむしろ若いチームが多いので運動量勝負になると安穏とはとても出来ない。1部に帰ってこれるのか。それとも…そして東海はどちらかと言うと多いのは後者なのです…地力自体は十分あるチームなのですが恐らく来年戦う2部でどこまで気持ちを維持するかも含めて心配な要素のほうが多かったシーズンだったと思います。

それにしても何度でも言うけどあの布施での町田戦がこのチームの分水嶺だったんだなぁ…あの試合を取ってれば今矢崎はJFLに居た可能性がすごく高かったのです。1試合の怖さってのをこのチームは僕に教えてくれました。願わくばまた再来年会えることを。もちろん来年会えればそれに越したことはないのですが…



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR