緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

ラモスが水野を買ってる理由を考えてみた。

すごく評価も期待も高いことが伺い知れますよね。

正直言って僕は水野のボランチは見てて怖いってのが率直な感想です。理由は私的採点でも書いたけどとにかくプレーが軽くてキープ出来ずにボールを失うシーンが多発してるから。トップ下ならいざ知らず中盤の底であんなロスを繰り返していたらまた湘南戦のようなショートカウンター喰らって終わり。そのリスクをわかってないわけないのにこのようなコメントで使う理由ってのは何なのかを考えてみました。

1 一発で決めれるパスセンスが岐阜随一である点。
湘南戦の2アシストのスルーパスはこれまでの岐阜ではなかなかお目にかかれる代物ではありませんでした。J2での岐阜であのようなスルーパスからFWが抜けだしてゴールなんて過去にどんだけあったやら。あれを見せられたら使いたくなる理由も納得はするのです。

2 トップ下を置かない4-4-2なのでボランチでゲームを組み立てたい。
宮沢でも組み立ては出来ると思います。ただ宮沢は高地とも連動して中盤のバランスを取る事に重きを置いてるのであれもこれもってわけにもいかない。ラモスのこれまでの起用の傾向からして中盤の選手に突破力はそこまで要求はしてないなぁと。あくまでもパサーとしてのセンスを要にしてるのが伺えるのでSHよりもよりセンスを活かせるボランチに使いたいって考えもあると思います。

3 自分の現役時に一番近い選手だから?
今の岐阜の全選手で現役時のラモスに一番タイプが近いのは誰?って問われたら水野かなぁ…って気がします。全くそのレベルには到達してませんが。自分の分身に近いタイプの選手を置くことで自分のサッカーの投影をしてるのかなぁ…とも。これは少し苦しいかな。

いずれにしても一番の起用理由は「センス」なんだろうと思います。ただいかんせんなんでもかんでも中盤で関わろうとし過ぎなんでしょうね。もっと経済的なポジショニングやランが出来ればよりそのセンスは活きるって考えでその為の実戦でのOJTの意味合いもあるのかなぁと。持ってるものを磨き光らせるには実戦積ますしかありませんし。「上手くサボれ」って言葉は本当に的を射てると思うのです。去年服部とボランチで組んでたらまた学んでた物もあったのでしょうけどあのボールロスの多さでは怖くて行徳さんや辛島さんが使わなかったのも理解できますし僕もそっちに考えは近いです。(僕は現状では森安と宮沢がベストと思ってます。ヘニキが帰ってきたら話はまた変わるけど。)

さて、今更ですが水野はレンタルです。しかもユース上がりだから名古屋だってそうそう簡単にリリースもせんでしょう。この惚れ込みようなら買い取りもあり得ない話ではないと思いますがどうするのですかねぇ…育てるだけ育てて強制帰還ってのも癪な話なんでどうせそこまで使う気なら買い取って欲しいとも思うのですが。まぁまたその結論は本人のプレーで答は出ると思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR