緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

2014東海1部各チーム総括 その3 FC岐阜SECOND

今日はセカンド。開幕でのショッキングな負け方がずっと尾を引いて、このチームに対して悲観的な見方しか出来なかったけど後期に巻き返してギリギリで残留。足し算引き算で考えれば一番強烈なマイナスだったしよく巻き返したってのが率直な感想です。

6位 FC岐阜SECOND 
5勝2分7敗 勝ち点17 得点26 失点29

チーム得点王 渡辺一也 6得点

2014 FC岐阜SECONDキーワード
「反攻」


まずは戦績と得点者を。

対戦相手結果
H矢崎1-4×
HCUFC2-3×
A名古屋ク3-2○
H鈴鹿1-6×
A蹴球団1-2×
A市役所1-3×
H刈谷2-2△
H市役所1-1△
ACUFC6-1○
H名古屋ク2-0○
A鈴鹿0-1×
H蹴球団2-1○
A刈谷2-3×
A矢崎2-0○

得点者得点数
渡辺一6
5
レオナルド4
磯辺3
海野2
木下1
橋詰1
萩原1
岩本1
塚本1
木田1


見てもハッキリわかるように後期の巻き返しでどうにか残留が叶いました。今だから言うけどアウェイの市役所戦で「最下位降格」を覚悟つか確信してました。キッカケがあれば変わる可能性は感じたけどその可能性を得るキッカケがどうしても見えてこなかったし。そのくらい絶望感しかなかったんですよ。アウェイ市役所戦の内容が。

開幕矢崎戦の時に書いたと思うけど、この試合前の選手のアップの指揮を取ってたリュージの焦燥感溢れる表情のまぁ凄かったこと。後から本人に聞いたらこの時期はマジで焦ってたってのを認めてた。この開幕の前に全社予選でジョカクラに負けて去年の鈴鹿同様に全社ダメ、天皇杯ダメが4月で確定。それを踏まえてたのかな?思ったけど矢崎戦の90分で「チームそのものがまだ全然じゃねぇか!」と僕もその危機感をようやく理解。3戦目名古屋ク戦でようやく片目が開いたけどそこから怒涛の3連敗。しかもその3試合での失点が11!もう本当にダメだとこの時には絶望感しかありませんでした。

これも焼津でリュージ本人に聞いたんだけど夏くらいから少しづつチームでの共通理解が出来てきたと。この頃からボックスの4-4-2を諦めてダイヤの4-4-2にシステムを替えたって話だけどそれを初めて見た瑞穂北でのCUFC戦で大爆発。これで間に合うかな?と少し希望を見出して直近の残留争いのライバル2つにきっちり勝ち点3を奪い取って最後の最後で逆転残留。桑名が来るであろう来期の2部に降格したら結構マズい事になると思ってたので来期の巻き返しに向けて今からもう来期の為の青写真を描く必要があると思ってます。

戦力面で言うと、レギュラー7人も引っこ抜かれたらそらこうもなるわ…と。それだけでなく海外に道を求めて去った選手もいたので実際は去年の骨組みは殆どゼロに等しかったと言ってよいでしょう。そんな中ユースからセカンドに入団した渡辺がチーム得点王と奮戦をしたけど、じゃあ去年の遠藤みたいにトップで戦えるかと問われたら迷わずNO。去年の遠藤はまだ早いけどあと1年くらいセカンドで結果出せば…くらいの感じだったけど渡辺に関しては「まだ全然」と言うのが僕の見立てです。1人セカンド登録でありながらほぼほぼトップでずっと練習を重ねてるって選手がいるんだけど、その選手はプレー全然見てないからどうもこうもわかんない。昇格があるとしたらその選手のみで後は可能性は無いと言っていいでしょう。

昨今F東京やG大阪にもセカンド構想があり、F東京に至ってはいきなりJ3から?って噂も出てるけど率直な感想は「ざけんな…」です。せめて都1や府1からだろ!ってのが本音ですが今F東京やG大阪が抱えてる余剰戦力をそのまんまそこにスライドさせて戦わせたとこでだーれも幸せにはならないってのも解るのです。この辺のセカンドに関する考えは岡山ネクスのそれに近いのかな…と思います。岐阜セカンドから去年トップに3人昇格してその3人共一定レベルの戦力としてなりたってるのでどうしてもセカンドをトップへの登竜門としたいって考えは解るんだけど、それだけでセカンドチームって考えとなるとなぁ…ってなります。この辺は一概に正解があるとも思えないし仮にF東京セカンドがJ3スタートってなったとしてもそれはそれで受け入れざるを得ないのかなぁとも。まだこれに関しては考えがまとまりきってないですね。

去年は母屋があまりにアレって事で色々煮え湯を飲まされる事があったけど今年以降は多少なり改善されていくでしょう。少なくとも金無いから地域決勝辞退なんて事態にはならないと思いたい。岐阜アマチュア選手の受け皿としての役割も当然そうだけどプロを目指す野心を持った才能を磨く場所としてもFC岐阜セカンドってチームの存在理由、存在意義は絶対にある。来期以降の方針はまだわかんないけど岡山ネクスのような前座試合とかで衆目に見てもらうなどこのチームを盛りたてる方法はあると思います。色んな可能性を見出してこのチームが必要だってのを自らの力で証明して貰いたいと思っています。

明日は矢崎。もうね…どうしてこうなったと…
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR