緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

2014東海1部総括 その4 矢崎バレンテ

今日は矢崎。間違いなく前期の主役でした。正直優勝すると思ってました。それだけの力はありました。
7月まではね。

後期はもう見るも無残な結果だったんだけど、その理由はどこにあるのか?

5位 矢崎バレンテ
6勝8敗 勝ち点18 得点19 失点21

チーム得点王 井口大輔 9得点 

2014 矢崎バレンテキーワード
「瓦解」


もうね、戦績見たら前期と後期でえらい違い…

対戦相手結果
Aセカンド4-1○
H鈴鹿3-0○
A蹴球団2-1○
H刈谷2-0○
HCUFC0-1×
A刈谷1-0○
A市役所1-3×
A鈴鹿0-1×
H蹴球団4-3○
H名古屋ク1-2×
ACUFC0-3×
H市役所0-2×
A名古屋ク1-2×
Hセカンド0-2×

得点者得点数
井口9
萩田3
河井3
納本1
石垣1
松村悠1
前川1

※色付きが生観戦試合です。

結論から言っちゃうと中島清登の離脱が全てだったかと。
(離脱はHCUFC戦での負傷から)
彼が離脱前は4勝1敗。離脱後は2勝7敗って数字から見てもその後の得点数からしても数字上明らかかと。
中島、萩田、井口の「三叉の鉾」の破壊力は東海の全てのチームを貫けるそれでしたが、刃が折れた鉾の破壊力が落ちるのは必然で攻撃力の低下がそのまんま守備力の低下に繋がっていったと思います。後期5連敗の内3つ見てるけどまんま去年の矢崎でしたもん。攻めれない守れないの。

チーム総得点の半分を井口が叩きだしたけどそれもフィニッシャーに徹せれた試合があった時期に集中してたもの。後期の完封負けが4つもあったようにチーム全体が息切れしたってのもあるでしょう。それにしたってその当の中島自体は去年の刈谷での8ゴールは消えて無得点なんですよ。それだけ相手を引きつけれたって事なんでしょうけど…ついでに言うと後期は完封ゼロで複数失点が6試合。守備陣の顔ぶれがガラッと変わって前期5勝の内3つは完封勝ちって良結果だっただけにこの後期での瓦解っぷりはただただ残念の一言のみ。

これは僕が個人的に疑ってるだけだけど、チーム内不和抱えてない?

試合見に言っても東海8チーム内でここが一番試合中の雰囲気が悪い。選手間の声の掛け合いも指示とか励ましより文句のが目につくのが多かったしラフプレーも相変わらず多かった。勝ってる時はそれがなかったから余計にその印象が強く残ってる。そう言う意味では精神的にまだ未成熟なチームであって、そういったチームは一度躓くと立て直しが効かないってのもまた真理でしょう。

昨年指摘した血の入れ替えは守備陣を中心にある程度成功したと思う。次は攻撃陣の血の入れ替えが問われるでしょう。いつまでもイグハギ頼りってわけにもいかないでしょうに。櫻井、大川といったFW陣が無得点だったってのはそういう意味で不安が残ります。けどそれ以上にこのチームはまとめ役になるキャプテンが早急に必要じゃねぇか?と強く感じます。クセのある選手が多いってイメージの矢崎ですがそういった選手の気持ちをまとめあげてピッチで構築できる存在がいればなぁ…そういった選手が現れてチームが一丸にもう一度なれればこのチームが全国で戦えるってのも夢物語ではないと思うのですが現実はまだまだ厳しいですね。もう一度やり直しです。

明日は刈谷。ここもとうとう飛べずに終わったなぁ…と。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR