緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

スリックとレイン

J2リーグ 第39節

FC岐阜2-3大分トリニータ


得点者
岐阜 ナザリト×2
大分 林 キム・ジョンヒョン 為田

※阿部が累積で2試合。水野も累積で1試合停止。

スタメン見ていや~な予感はあった。このスタメンはスリックタイヤ仕様のセッティングだったと思う。案の定止まるピッチへの対応が完全に後手になって終始相手に主導権を渡すまずい試合運び。大分がレインタイヤ履いたかのような浮き球中心のサッカーに切り替えたと思ったらこっちはドリブルで止まるわピッチの特徴を掴めずパスは流れるわ…ラモスがセカンド組を名指しで勉強になったはずと言ってたがラモス、あなたももうちょい何とかならんかったのかと。

この試合前の取材で高地だったかな…チーム全体の引き出しの無さを指摘してたがこの終盤に来て個人主導のサッカーに限界が来てるかなぁと。個々の能力は大分と比べて極端に劣ったとは思えない。けどサッカーに対する地頭の差は明確にあったなぁ…

DFは全員ダメ。中盤も正直好評化出来る材料があまりない。と言うより能活とナザリト以外全員ダメ。ラモスも例外にあらず。その中でも若手は全員赤点として評価します。

あー、あと全然話変わるけど松本の昇格が決まりました。そして富山の降格も決まりました。したがってトップオブ北アルプスは強制解散です。

松本に関して少し語るか。

個人的には松本が僕は本当の意味で「同期」と思ってます。熊本じゃない。熊本は正確には先輩。
2005年に岐阜は口論義の奇跡で劇的な昇格を遂げたけど松本も北信越2部の最終戦で昇格。
2006年に岐阜は東海1部。松本は北信越1部にそれぞれステージを変えたけどここからしばらくは岐阜が先行してたのは周知の通り。2011年にJFLをクリアして岐阜に並んだ松本は3年で岐阜をついに追い越して行きました。

そしてFC岐阜よりも「後に」J2に昇格したクラブとして初のJ1として来期を戦うことが決まりました。

ザスパ草津。今の群馬がJを目指すって狼煙を上げてしばらく。地域からJへ!のムーブメントが各地で発生した中で松本はどちらか言えば乗り遅れたクチです。けど一足飛びで駆け上がるでもなく、挫折もしながらもここまで上り詰めたのは「人の輪の力」だったろうなと思うのです。何か特定の輪を指すのでなく、五輪の輪のように輪に輪が重なる事で大きくなる輪。残念ながら岐阜をはじめとした第二次ムーブメントで上がったとこは負けを認める以外にないでしょう。「人の輪の力」に。

悔しいとか妬ましいって気持ちはないけど、おめでとうって気持ちはもっとない。掛ける言葉は一つだけ。

「行っておいで。」

願わくば岐阜がJ1行くまでそっちで待ってて。その内追いつくようにします。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR