緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

やれたが故に悔しい。

JFL 1stステージ 第6節

FCマルヤス岡崎0-1奈良クラブ


得点者
奈良 伊澤

軽く昼食とって湾岸で港へ。開門前に着いたけど奈良サポしかおらん…知ってる顔居たからまだよかったけど…
明確に上を目指すと公言する奈良。そうではない岡崎。正直言って去年市原で観た時には「あかん…勝てん…」思ったが今年の岡崎は結構な補強を敢行。上位戦が続いて結果こそ出てないけどそろそろ…の思いも持って試合に…


DSCF1054.jpg



DSCF1053.jpg

日下がSP京都戦でケガをしたとの事でボランチに左利きの2名が並ぶ形。そして王様の位置に佐野。熊澤の守備力を活かすためにCBにスライドさせて前線はスピード型の正治。狙いは守ってカウンター。攻撃は基本佐野に預けて。がコンセプトなんでしょうね。んで入りから風上を取った岡崎は佐野にサポートする形で両ボランチがカバーに入って左右両翼も距離を近く取って河本、安藤も果敢にオーバーラップを図る。JFLに上がってから一番いい立ち上がりと言っても過言ではなかったけど前半最大の決定機を逸してから少しずつ奈良に潮目が変わり、HT間際に野本のコーナーキックから折り返されて伊澤に詰められ失点。それまでずっと岡崎ペースだったのがちょっとしたミスを起因に取られたコーナーで失点…もったいない。

後半頭から正治に替えて築館に。攻め方を変えて打開を図る。一緒に観戦してた友人と「追いつくには奈良が1-0でいいか追加点狙うかあやふやなうちでないとキツい。1-0でOKと割り切られたら多分ゲームオーバー。」って意見でほぼ一致。山村も心得たもんで即座に地主園も投入して攻撃の意思をハッキリ見せるも風下になった後半は運動量も落ちてSBの攻撃参加も減って手詰まりに。しかも築館が腰を傷めて様子で再度FWの交代…これで完全に手詰まりになって時間切れ。奈良の逃げ切り勝ちでした。

観戦仲間は岐阜でも一緒に見る仲間なので試合中の会話でも自然と岐阜の話題にもなるんだけど、「勝つ負けるは勝負だからいい。負けるにしたって負け方がある。」って話に。その観点で言えば昨日の岐阜はサイテー極まりないし今日の岡崎は負けたにしたってやるべき事をした上でその結果負けた。そのせいだとは思うが同じ負けにしたって昨日みたいなショックとかではなく前向きに負けは受け入れれた。けど「きちんとやった上で負けた」ってのは純然に悔しい。怒れるとか呆れるって感情は全くなく悔しい。同じ1点差の負けにしたって昨日と今日とじゃ全然質も内容も違う。これは間違いない感情。今日の岡崎のサッカーの内容で決めた。19日の栃木戦はパス。(この日はセカンドvs大垣@杭瀬川)29日の長崎戦(この日は岡崎vsMIO)もパス。GWの京都戦まで長良川は行かないつもりです。10日愛媛戦はその日次第かなぁ…(東海開幕)

お金を払って試合を見せる以上、その「対価」ってのは示す義務が全国レベルのクラブにはあると思うのです。それは必ずしも結果だけではないとも思うのです。昨日の岐阜と今日の岡崎なら岡崎のがそれは出来た。繰り返すけど同じ1点差負けでも中身が全然違うんだよ!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR