緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

エースとジョーカー

東海社会人2部リーグ 第7節

トヨタ蹴球団4-0名古屋クラブ


得点者
蹴球団 鈴木×3 片山

DSCF1494.jpg

水曜の夜から風邪をひいてしまい昨日はボロボロの体調だったけど約束もあってダブルヘッダー敢行。もう無理が効かん年もあって帰ってから咳が止まらず更新断念。翌日になったけど申し訳ありません。

先に書くけどマルヤスvs栃木Uは見たけど更新する気ありません。思い出したくも無い。

三重の2強を追いかけるには勝ち続ける以外に無い降格組2チーム。三重2つに負けたがそれ以外は順調に得点を重ね勝点を積む蹴球団。伊勢志摩に引き分けたはいいが織機に敗れヴィアティンにも負け。もう崖っぷちの名古屋ク。この試合は「挑戦者決定戦」の性格が強いと考えました。




DSCF1489.jpg



DSCF1490.jpg

試合は去年1部でも戦ってるのもあって手の内はわかってる同士なので一進一退気味ではあったけど攻守の切り替えで少しずつ蹴球団のほうが早い場面が出るようになり、カウンターから奥村のループスルーパスが鈴木に完璧な形で渡って抜けだした鈴木が阿井を交わして蹴りこみ先制。
 DSCF1491.jpg

これで名古屋クは攻めざるを得なくなったけど秋田のポストは杉本に高さ負けするシーンが目立ち磯部がサイドを攻めようにも上げきれず攻め手が無い。そうしたら蹴球団は織機戦でも見せたゴール前のパス交換から最後は片山が阿井のニアをぶち抜き追加点。
DSCF1493.jpg

これで試合を完全に優位に進めた蹴球団はこの日も奥村と鈴木が名古屋クの守備を引き裂いて名古屋クに反撃の糸口を掴ませない。2-0でも十分な差ではあったけど前半終了間際に蹴球団は鈴木のヘッドを阿井が一度は抑えるもファンブルしてしまいこぼれたボールを鈴木が押し込んで3点目。前半で試合はほぼ決してしまった。

HTで名古屋クは2枚変えを敢行して打開を図り、まずは1点と目論むがこの日の蹴球団DFは球際で負けることなく名古屋クに大きなチャンスを掴ませず逆に鈴木がハットトリックを達成して終わってみれば4-0。想像以上の大差となって、三重2強への挑戦権を事実上獲得した形になりました。

見ていて4-0になるほどの差は感じなかったけど勝ち負けだけで言えば蹴球団勝ちは妥当だったかなぁ思います。
やはり奥村、鈴木の2枚は2部では図抜けた技量を持ってると言わざるを得ません。三重の2チームの存在がなければ余裕で帰ってこれるチーム力はあると思いますが後期の三重2戦に勝てなければ来期も2部になるのは間違いなし。来週の伊勢志摩戦が大きな山場になるでしょう。

名古屋クは織機戦で文句ばっか言って自爆したとの話を聞いたけどこの日は我慢はしてた思います。しかし現状のチーム力は2部の中の上が精々かなぁ…得点を取るためのアイデアが足りてません。鈴木や奥村と言ったスペシャルなカードの存在の有無だけではないとは思いますが…

とりあえずこれから刈谷向かいます。今日は刈谷vsCUFCと磐田vs岐阜の試合感想も書こう思います。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR