緑区生まれの緑区育ち。応援するのは緑のFC岐阜に競艇で穴を買うなら緑の6号艇!そんな緑にまみれた男のブログです。

積み重ねの差

東海社会人2部リーグ 第9節

トヨタ蹴球団6-2春日井クラブ


得点者
蹴球団 鈴木×3(1PK) 増田 杉山 片山
春日井 阿南 深澤

DSCF1558.jpg

1部も相変わらずの激戦だけど2部の2着争いも相当なマッチレースになるのは間違いなさそうな雰囲気。その片棒を担ぐのは1年復帰の為に1つも負けれない蹴球団。伊勢志摩との直接を終えたので「取りこぼした方が脱落」。そしてヴィアティンとの対戦も1つのカギになるのは間違いないでしょう。今日の相手、春日井は春に小牧で鈴鹿と戦った試合を見たけど明確な弱点があったので勝点取るのには絶対条件があったんだけど…



DSCF1546.jpg




DSCF1548.jpg

蹴球団は今年結構見てるが春に見た春日井ではぜってー勝てねぇだろうなぁ…と。勝点取るための絶対条件は「先制」だったんだけどそれには成功。加藤駿のCKから阿南が頭で合わせて蹴球団のネットを揺らし春日井が先制。

もう一つ必要だったのは「追加点」or「リード時間を可能な限り長く」だったけど先制してすぐに蹴球団の逆襲を浴びてPKを与えてしまい鈴木に決められアッサリ同点。こうなると厳しいなぁ…と思ったらゴール前で鈴木にキープされて落としたボールに増田が突っ込んで豪快なミドルを叩き込んで想像以上にアッサリと逆転を許してしまい2-1に。そこからはもう蹴球団の無慈悲な虐殺が始まり前半だけでさらに杉山、鈴木の2ゴール目と追加点を重ね前半終了時で4-1。もうこの時点で勝敗は決したも同然。伊勢志摩とのマッチレースの事を考えるともっと欲しいとこだけど…

冒頭に書いた春日井の弱点はズバリ「スタミナ」。普段の練習量を聞いてるのでむしろ今までずっとこの東海のステージで生き残ってるってのが賞賛に値するレベル。上手いんですよ。みんな。足下なんか特に。その筆頭が蹴球団「前」No10の加藤駿。
DSCF1552.jpg
蹴球団に居た時も正確なプレースキックで多くの得点を生み出していたけどこの日も前半のアシスト。そして後半もクイックリスタートで深澤の追撃弾をアシスト。しかし試合中に本人が言うように「走れない」。普段走れてない=練習量が足りない。個人の質もチームの質も練習量×練習の質で決まると思ってる。どうしても職業選手でない以上仕方ない部分はあるにしてもチームとして積み重ねている物の蓄積量の差はもうどうしようもないレベルで鈴木の「うめぇ…」としか言えない華麗なトラップボレーでのハット弾や片山のゴール等で春日井を終始圧倒。結果6-2で一蹴となりました。

とりあえず蹴球団に関してはヴィアティン以外には負けることはないでしょう。ドローで取りこぼす可能性があるとしたらあそこかなぁ…ってのはあるけど。それは伊勢志摩も同じことなので今日の2失点目のようなつまらん失点が命取りにならんように可能な限り取れるとこから取るの姿勢で挑みたいとこでしょう。春日井は未だ未勝利だけど残留に限って言えばどうにかなるかなぁ…とは感じてます。「ある事情」で春日井に落ちられては「僕が」結構困ることになるのでどうにかして欲しいとこだなぁ…

それでは次はCUFCvs矢崎です。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ジュニアの呟き
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC岐阜
ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 サッカーブログ FC岐阜へ にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへ
プロフィール

ジュニア

Author:ジュニア
FC2ブログへようこそ!

どちらからお越しですか?

ジオターゲティング
検索フォーム
RSSリンクの表示
東海のクラブの公式HP
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR